ダブル バインド 意味。 【悪用禁止】人の判断力を奪うダブルバインド|NOが言えない心理テク

ミルトン・エリクソンの逸話と治療的ダブルバインド│本当の自分とつながるメディア

ダブル バインド 意味

エリクソン幼少期のダブルバインド逸話 ミルトン・エリクソンが提唱した「治療的ダブルバインド」とは、セラピストが意図的にクライアントに二重拘束状態(二者択一的な状況)を発生させ、心理(催眠)療法として積極的に活用するものです。 二重拘束の構造自体はベイトソンの否定的ダブルバインドと同じように見えますが、クライアントが二者択一のどちらを選んだとしても結果的に問題解決へと導かれるのが特徴です。 ミルトン・エリクソンが初めて意図的にダブルバインドを使ったのは、彼がまだ少年の時でした… 息も凍るほどの寒い冬の日、ミルトンの父親は牛舎にいる子牛たちを外の水飲み場まで連れて行きました。 子牛たちは喉の渇きを満たした後、牛舎まで戻っていきましたが、そのうちの1頭は牛舎の入り口で足の爪を立て頑なに動こうとしませんでした。 父親はその子牛に抱きついて必死に動かそうとしましたが、子牛は抵抗して一歩も動こうとはしません。 その時、外で雪遊びをしていたミルトンは、困り果てた父親の姿を見ながら笑い転げていました。 それを見た父親はミルトンに「子牛を納屋に引き込むことに挑戦してみたらどうだい」と問いかけました。 頑なに抵抗している子牛の様子を見て、ミルトンは、「 明らかに抵抗したがってる子牛には、抵抗する最大のチャンスを与えてやろう!」と決心しました。 父親が子牛に抱きついて内側に引き込もうとしている間、ミルトンは子牛のしっぽを掴むと 納屋から外に出る方向に引っ張りました。 この時、ミルトンは生まれて初めて意図的に「ダブルバインド」を利用したと回想しています。 子牛は即座に父親に比べて 力の弱い ミルトンを引きずって納屋の中へと進んで行きました。 この逸話から、ミルトン・エリクソンの驚くべき観察力と柔軟性、リソースの創造的な利用が幼少期から始まっていたことが分かります。 エリクソンは大変勉強熱心な少年でしたが、色盲、音痴など複数の感覚障害や読字障害などのハンディキャップがありました。 例えば、エリクソンが6歳の時「3」と「m」の記号の違いが分からず、担任が何時間もかけて教育してやっと理解したというエピソードがあります。 その時、エリクソンは目もくらむような閃光の中で、「3」と「m」の違いが理解できたそうです。 エリクソンはそれらの経験から「治療的ショック」というテクニックや「リオリエンテーション(新たな方向づけ)」の利用などの臨床的戦略を生み出していきました。 エリクソンはクライアントの個性をセラピーの重要な一部として利用し、クライアントのやりたいことを認めてセラピーの目標にうまく結びつけています。 シンプル・バインドとは? シンプル・バインドとはその名前の通り選択肢がひとつのバインドで、エリクソンはダブルバインドと同様にセラピーの中で頻繁に活用していました。 これは、「Aを望むなら、Bをしましょう」という単純明快なバインドで、重要なポイントはクライアントの現状の強い動機(欲望)を利用することです。 これによってクライアントのセラピーに対する抵抗が解消され十分な動機が発揮されます。 シンプル・バインド:親子の事例 親子間でのシンプル・バインドの事例として、エリクソンの娘・ベティ・アリスが語った子供時代のエピソードがあります… 子供たちがまだ小さかったころ、エリクソンはよく子供たちに、「お前たちはまだ小さいからホウレンソウは食べられないんだよ」といったという。 子供たちはこれには少々動揺した。 そこで、エリクソン夫人は助け舟を出し、たぶん缶詰のホウレンソウなら食べてもいいくらいにはもうなってますよと主張した。 子供たちは明らかに大きくなりたがっていた。 もっと年上になりたいと思っていた。 そのため、このバインドに対して、椅子にはできるだけ背筋を伸ばして座り、もっと大人びて見えるようにしようとした。 この場合、エリクソンは「早く年上になって大きくなりたいという子供たちの欲望を利用することによって、「早くホウレンソウを食べたい!」と子供たちを渇望させています。 更にエリクソン夫人が、「缶詰のホウレンソウなら食べてもいいくらい…」と、ホウレンソウを身近な位置に持ってくることによって「ホウレンソウ缶を開けてすぐに食べたい!」という子供たちの情動を決定的なものにしています。 ベティ・アリスは、今でもホウレンソウ缶が好きで、冷たい缶から直接食べていると語っていることから、このバインドは生涯続いていると言えるでしょう。 このバインドの結果、エリクソン夫妻、ベティ・アリスと姉妹全員が勝者となっています。 子供に栄養価の高いホウレンソウを食べて欲しいエリクソン夫妻が創り出した「バインド」が、早く大きくなりたい娘たちの欲望に見事に働いてWin-Winの結果を生みだしたのです。 次の事例は、エリクソンが「もっと成績を上げないと容赦しないぞ!」と親からプレッシャーを与えられている子供との面談で使ったシンプル・バインドです。 「どれだけ学ぶかを決めるのは君の権利だから、君が学びたいと思うこと以外、ひとつたりとも余計に学んでほしくないと私は思います。 」 このバインドは、「もっと成績を上げろ!」という親の感情と相反する「親の言うことなんて聞きたくない!」という子供の気持ちを利用したもので、子供が自らの意思で学んでいくことを選択させています。 親子間では「~しなさい」とか「~すべき」などの直接的な命令口調が多く、その結果、子供に強い抵抗感とストレスを生じさせ、衝突に発展する可能性もあります。 それに対し、相手の望みを尊重しながら強力な動機づけをするエリクソンの手法は子供の主体性を生み、結果的に親の望みも叶えることができ誰も敗北者となりません。 エリクソンの技法と治療的ダブルバインド ミルトン・エリクソンの治療的ダブルバインドは、クライアントをコントロールするテクニックではなく、クライアントの選択肢を広げるものです。 ダブルバインドによって生じる「二者択一」的な縛りは、どちらを選んでもクライアントの望む未来へとつながってます。 エリクソンの治療には天才的な観察力と柔軟性があり、常にクライアントの個性に合わせたアプローチを行っていました。 そのためエリクソンは理論に基づいた技法の体系化を好んでいませんでした。 また、「治療に抵抗するクライエントなどいない、柔軟性にかけるセラピストがいるだけだ。 」という彼の言葉が象徴するように、クライアントに備わっている価値観の中で治療に利用できるものは何でも柔軟的に 利用( utilization)してました。 多くのクライアントは、セラピストに自分のことを知ってもらいたいし、受け入れて欲しいと渇望してやってきます。 エリクソンは先ずクライアントを完全に受け入れ、変化を強要せず、歩調を合わせ、自ら変化するような心身的状況を創り出す心理(催眠)療法家でした。 治療的ダブルバインドと否定的ダブルバインドの違い 治療的ダブルバインドも否定的ダブルバインドも共に二者択一的な状況で、そのどちらを選んでも同じ結果に繋がるという意味では同じです。 しかしながら、エリクソンのダブルバインドは「二者択一のどちらを選んでも最終的にクライアントの望む所へ到達する」希望的結果を招き、ベイトソンのダブルバインドは「あちらを立てれば、こちらが立たず、逃げることもできない!」選択すること自体に葛藤しストレスを生じます。 両者の違いを端的に言えば、治療的ダブルバインドは「良い結果」、否定的ダブルバインドは「悪い結果」を導くことです。 治療的ダブルバインド:親子の事例 ミルトン・エリクソンは、ダブルバインドの使い方の基本原則を以下のように説明しています。 「治療上の考えを患者に提示し、それらが、これから起きることに伴って発生するようにする ことだ」 エリクソンはクライアントの未来における行動を予測された結果として捉え、治療に利用していました。 多くのケースの中でエリクソンは必然的な時間の流れをクライアントの未来の行動と絶妙に結び付けています。 次の事例では治療的ダブルバインドがとてもシンプルかつ有効に利用されています。 「お父さんとお母さんは、きみにね、ジミー、爪噛みをやめなさいって、ずっといってきたよね。 けど、お父さんもお母さんも、きみがまだたったの六歳だってこと、わかっていないようだね。 きみが 七歳になるちょっと前にごく自然に爪噛みをやめることもわかっていないようだ。 だから、お父さんとお母さんが爪噛みやめなさいっていったら、 とにかく知らんぷりしなさい」 上記のダブルバインドケースをまとめると次のようになります。 【一次的命令】七歳になるちょっと前にジミーは爪噛みをやめる。 *あと数か月でジミーが七歳になるのは逃れようのない事実で、エリクソンは「七歳になるちょっと前」に「爪噛みをやめる」とジミーの未来行動を必然的な時間経過と結び付け(バインド)ています。 【二次的命令】両親から爪噛みをやめろといわれても無視しなさい。 (一次的命令と矛盾した命令) *ジミーが今でも爪噛みをしているのは、両親のいうことを今まで無視し続けていたからで、もし聞いていたならば、爪噛みはとっくにやめていたはずです。 つまり、エリクソンはジミーは今後も「両親のいうことを無視する」だろうと彼の未来行動を予測し、両親のいうことを聞かなくても、七歳になるちょっと前には「爪噛みをやめる」という治療目的にバインドさせています。 ジミーは、両親のいうことを聞いても聞かなくても、いずれにしても時間が経てば「爪噛みをやめる」という治療的(肯定的)ダブルバインドを創り出しています。 その結果、ジミーは七歳になるちょうど一か月前に爪噛みをやめました。 参考文献;『ミルトン・エリクソン心理療法〈レジリエンス〉を育てる 治療的ダブルバインドまとめ エリクソンの治療的ダブルバインドは、セラピストがクライアントを思い通りにコントロールするためのものではなく、クライアントの望む未来にロックオンしていく技法です。 また、クライアントはセラピストが指示したことを必ずしも実行する必要はなく、クライアント自身の癒しに取り組む力がセラピーの原動力になります。 巷では… 「この商品の支払いは現金、それともクレジットにしますか?」 「フレンチとイタリアンだったらどっちを食べに行きたい?」 などが、エリクソニアン・ダブルバインドを使った話術としてよくあげられています。 しかし、これらは質問者が二者択一のどちらを選んでも自分にとって有利な設定をしているだけで、そこには対象者への命令もダブルバインド(きつい縛り)も存在していません。 結局、対象者が「どちらも興味ありません!」と一蹴すればそれで終わってしまう二者択一の質問でしかありません。 ヒトは、しばしば自分に有利な環境を作るために他者を支配し、コントロールしようと試みますが、そこには必ず抵抗が生まれます。 ヒトの潜在意識(無意識)は、本能的に生命維持の基本である「安全と安心」を最優先とするため変化を嫌い現状維持に努めようとします。 エリクソンのアプローチはクライアントの現状を否定して変化させるものではなく、現状で利用できるものはすべて、問題となっている症状も含めてセラピーの中に取り入れました。 そのすべてを、クライアントの「希望とレジリエンス(回復力)」を活性化させることにフォーカスして… 「うまくいっても、うまくいかなくてもうまくいく、どちらにしてもうまくいく」.

次の

ダブルバインドとは?【心理学用語をわかりやすく簡単に。】

ダブル バインド 意味

ダブルバインドの意味とは 「ダブルバインド」とは、「ダブル Double =二重の」「バインド Bind =拘束」という二つの意味から「二重の拘束」となります。 ですが、ここでは「二重のした指令の拘束」となります。 ダブルバインドの由来 1956年にグレゴリー・ベイトソンが、総合失調症の患者を研究した際に、ある一定の傾向がる事に気づき発表されました。 それは、「ダブルバインド」の意味の通り、「二つのした指令・命令の拘束」の下に長時間人間が居続けることで、精神的なダメージを受け、総合失調症に陥ってしまうという事です。 例えば、ある家族で一人の子供を育てる際に、父親は「今、勉強しなさい!!」というのに、母親は「今はこっちを手伝いなさい!」という、二つのした指令を出します。 子供はどちらをやっても怒られる結果があるという拘束があります。 これが家庭内の典型的な「ダブルバインド」の形と言えます。 これを何も考えずにずっとやってしまうと、子供の精神に大きなダメージを与え、自信が無くなったりし、結果として総合失調症になってしまうという事です。 ダブルバインドの文章・例文 例文1. ダブルバインドの患者を、正常に戻す事は難しいとされている。 例文2. 会社内でのダブルバインドで、精神が崩壊しそうだったため、カウンセリングに行った。 例文3. 隣に子供が総合失調症だと感じ、両親に話を聞くとダブルバインドだと思い、気を付けるように話をした。 例文4. コミュニケーションが上手くいかない事に悩み、カウンセラーに相談したら、ダブルバインドによる総合失調症だと言われた。 例文5. 幼い頃のダブルバインドは精神の強さではどうにもできない。 「ダブルバインド」は知らず知らずの間にやってしまう可能性があるので注意しないといけないです。

次の

ダブルバインドとは|選んで欲しくない選択肢をあらかじめ消去して誘導する

ダブル バインド 意味

例えば、図のように「わからなかったらすぐ聞いて」と言われたにもかかわらず、聞きに行くと「それくらい自分で考えて」と怒られ困惑してしまうといった状況があげられます。 どちらを選択しても一方には背くことになってしまうため、受け手側はどう対応していいかわからなくなってしまいます。 結果、どの命令に従っても怒られてしまうという精神的な束縛状態に陥ってしまい、強いストレスを感じるのです。 ダブルバインドはメンタルヘルス不調の原因となる可能性 ダブルバインドは文化人類学・精神医学の研究者であるグレゴリー・ベイトソン氏が、統合失調症の子どもがいる家庭を調査していく中で発見し、名付けました。 ベイトソン氏は、「家庭」という逃げ場のない空間でダブルバインドが繰り返し行われると、統合失調症を発症するとまで主張しています。 統合失調症とは、何かしらの原因で情報や刺激に対して敏感になってしまい、それらに脳が対応できなくなることで精神機能が上手く働かなくなってしまう精神疾患の一つです。 この状態になると、感情や思考をうまくまとめることができなくなってしまいます。 環境によっては幻覚や被害妄想のような症状が出てしまい、コミュニケーションや日常生活に支障をきたすこともあるのです。 現在の精神病理学では、正式に「ダブルバインドが統合失調症の原因」とは認められていませんが、精神的なストレスを与える要因にはなるため、 ダブルバインドが様々な精神疾患につながってしまう可能性があるということは認識しておく必要があります。 特に、 親子関係は家庭という逃げ場のない空間にあるため、そのような環境でのダブルバインドが与える影響は非常に大きいと言えるでしょう。 実際に親子間でダブルバインドとなってしまった具体例を見ていきましょう。 <具体例1>子どもが何かを壊してしまった時 第一のメッセージ:「怒らないから正直に言いなさい」 第二のメッセージ:「なんでそんなことしたの!」 「正直に言えば怒らない」というメッセージに従い、正直に申告したら怒られるという矛盾が発生しています。 このような矛盾するメッセージは、典型的なダブルバインドの例と言えるでしょう。 <具体例2>ゲームをしている子どもに対して 第一のメッセージ:「勉強しなさい」 第二のメッセージ:「少しは手伝いなさい」 勉強中にお手伝いはできませんし、お手伝い中は勉強できませんよね。 両立できない命令が発せられているため、この場合もダブルバインドとなります。 <具体例3>レストランでの注文時 「好きなものを頼んでいいよ」 「そんなものより、もっと栄養のあるものにしなさい」 「自分で選べ」というメッセージに対してその通り好きなものを選んだところ、親の期待した行動を取らなかったことで否定されています。 立場の差の典型的な例としては「上司と部下」が想像しやすいですね。 「上司と部下」の関係においてダブルバインドがあると、 自分の選択によって「怒られるのではないか」と萎縮してしまい、自信や主体性がなくなっていくことが考えられます。 また、言い方がきついとパワハラと捉えられかねません。 ここでは、ビジネスシーンでのダブルバインド具体例を見ていきましょう。 <具体例1>新入社員に対して 第一のメッセージ:「分からないことは、必ず聞くこと」 第二のメッセージ:「それくらい自分で考えて」 一方では「わからないことがあったら聞いて」と言っているにもかかわらず、実際に聞いたら「自分で考えて」と言われてしまっています。 こういった両立しないメッセージは、ビジネスシーンの典型的なダブルバインドです。 <具体例2>ミスをした部下に対して 第一のメッセージ:「どうしてミスをしたか説明して」 第二のメッセージ:「言い訳するな」 ミスの理由を聞かれて答えると、言い訳をするなと言われてしまっています。 これだとどうしたらいいのか分からなくなってしまいますよね。 部下にとって、ミスをした報告をすること自体が非常にストレスのかかる行為です。 さらにこのようなダブルバインドまで起きてしまうと、委縮してしまって本来の力が出せなくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。 <具体例3>同僚と私語をしている部下に対して 第一のメッセージ:「喋っていないで仕事をしなさい」 第二のメッセージ:「もっと積極的にコミュニケーションを取りなさい」 私語を注意された部下が黙々と仕事をこなしていると、コミュニケーション不足を指摘されています。 もちろんどの程度の私語であったかなどケースバイケースではあるものの、上記のような指示だけだと正しく判断ができずにダブルバインドとなってしまう可能性が高いです。 ダブルバインドによって発生する悪影響 実際のダブルバインドの例をシーン別にみてみました。 例を見てわかる通り、ダブルバインドは受け手側に大きなストレスを与えてしまうため様々な悪影響があります。 具体的には下記のような悪影響が考えられます。 ・ メンタルヘルスを損なってしまう ・ パフォーマンスが低下してしまう 一番わかりやすいのが1つ目の「メンタルヘルスを損なってしまう」ということです。 ダブルバインドは矛盾した2つ以上のメッセージを受け取るため、受け手側は混乱・緊張してしまいます。 このようなダブルバインドの状態が長期間続いてしまうと、自分の感覚が麻痺してしまい「すべて自分が悪いのだ」と考えこんでしまうようになります。 こうして大きなストレスがかかってしまい、メンタルヘルスを損なってしまうのです。 このような状況が続くことで、先述したように精神疾患にもつながってしまいます。 2つ目の「パフォーマンスが低下してしまう」ことに関しては特にビジネスシーンにて問題となります。 ビジネスシーンにおいてダブルバインドが続いてしまうと受け手側は「また怒られるのではないか」と考え、必要以上に相手の顔色を窺うようになります。 次第に自分の判断がすべて間違っているように感じてきて身動きが取れなくなり、受け手側の自信や主体性が失われていってしまいます。 結果として、「より良い成果を出す」という動きではなく「怒られないように」という動きになってしまうためにパフォーマンスが低下してしまうのです。 つまり、長期間に渡って繰り返し行われるダブルバインドは、そのストレスによってメンタルヘルスが損なわれるだけでなく、受け手側の主体性や自信を奪ってしまうことでパフォーマンスの低下も招いてしまうのです。 ダブルバインドで失敗しないために気を付けること ダブルバインドが続くと悪影響を引き起こしてしまうことがわかりました。 では、そもそもダブルバインドにならないためにはどうしたらいいのでしょうか。 ダブルバインドは無意識でなってしまっていることがほとんどです。 なので、これを防ぐためには当事者が自身の言動を意識することが重要になります。 自身の言動を意識することによって発言に責任を持つようになるため、言動の矛盾にも気づきやすくなるでしょう。 また、周囲の人との協力もかかせません。 自身では気づけなかった矛盾にも、周囲の人であれば気づいているはずです。 自分はダブルバインドにはなっていないと過信せず、まずは周囲の人に相談してみましょう。 ダブルバインドで失敗するのは、それを発している人が無意識に受け手側にストレスを与えてしまっていることがあげられます。 まずは自分の発言が適切なのかを周囲に相談し、自身の言動について正しく理解することから始めてみましょう。 【おまけ】実はダブルバインドが効果的に働くことも!? 今まで説明してきたダブルバインドは、どちらを選んでも不正解となる否定的なものでしたが、逆にどちらを選んでも正解になる肯定的な使い方をすることで、交渉の場などでも活用できるのです。 ここでは、ダブルバインドでプラスの効果を得るダブルバインドについてご紹介します。 「YES」を引き出すエリクソニアン・ダブルバインド エリクソニアン・ダブルバインドは、たくさんあるはずの選択肢を限定して質問することで、意図に沿った選択をさせやすくなる心理テクニックです。 例えば「猫と犬どちらが好みですか?」と聞かれたら、本当は別の生き物が好きでも「猫」か「犬」と答えてしまいませんか? 質問した側は他にも生き物がたくさんいるにもかかわらず、「犬or猫が好き」という前提で尋ねていますよね。 このような誤った前提で選択肢を与えて答えを導く方法がエリクソニアン・ダブルバインドです。 「誤前提暗示」と呼ばれることもあります。 上手く活用することで、恋愛での駆け引きの際やビジネスでの交渉時に効果を発揮しますよ。 ビジネスシーンで使うエリクソニアン・ダブルバインド ビジネスシーンで使えるエリクソニアン・ダブルバインドの例をご紹介します。 <具体例1>ジャケットを試着している人に対して 「ネイビーのジャケットと黒のジャケット、どちらがお手持ちの服に合いそうですか?」 必要・不要の質問をスキップして、どちらかのジャケットを着る前提で質問していますよね。 不要の選択肢を外し、コーディネートをイメージさせることで「どちらかを購入してもらう」よう誘導しているのです。 <具体例2>利用者に対して 「アンケートに答えるだけでクオカードをプレゼント!」 よく見かける文言ですが、実はこれもエリクソニアン・ダブルバインドのひとつです。 アンケートに答えないとクオカードは貰えないことを暗示しています。 <具体例3>仕事を依頼したい時 「資料作成かデータ集め、どちらかお願いできない?」 仕事を頼む前提で質問していますが、「データ集めお願い」と一方的に言われるよりも、受け入れやすいですよね。 依頼された方は自分で受ける仕事を選択したと感じられるため、負担が軽くなります。 ご紹介した例のようにエリクソニアン・ダブルバインドは、営業や仕事の依頼などの交渉にも役立つダブルバインドですが、使い方を間違えると相手は「選ばされた」と感じてしまうため、使う際は十分注意しましょう。 ダブルバインドをなくして良好な関係を築きましょう! 矛盾するメッセージで相手を混乱させてしまうダブルバインドは、コミュニケーションをする中でお互いにとって悪影響を与える可能性が高いものです。 相手にストレスを与えないためにも、自分の言動には責任を持ち、より意識して発言するようにしましょう。 ダブルバインドについての理解を深めて今後のコミュニケーションに活かしてみてくださいね。

次の