ニュース ダイジェスト コロナ 感染 マップ。 新型コロナ「感染報告された場所」がピンポイントでわかる!「マップ」の提供開始

新型コロナ感染 日本国内・世界各国マップ

ニュース ダイジェスト コロナ 感染 マップ

JX通信社 国内外のリアルタイムな新型コロナウイルス感染者数データをAPIで提供 報道ベンチャーの株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役 米重 克洋 以下 「当社」)は、弊社速報ニュースアプリNewsDigestやAI緊急情報サービス「FASTALERT」を通じて公開している、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の国内外のリアルタイムな感染者数データのAPI提供を開始しました。 新型コロナウイルス感染症の感染者数データについては、国内でも発表主体により集計の方法や発表のタイミングが異なっていたり、途中で発表方法が変更されるなどしています。 加えて、感染者数自体の増加もあり、 常にリアルタイムな状態で正確な数値を捕捉することは困難になりつつあります。 当社では、報道ベンチャーとして報道各社にAI緊急情報サービス「FASTALERT」を提供するなど、ニュース速報を専門的に取り扱っています。 こうしたノウハウをもとに、最も速く、詳細で正確な感染者数の集計データをAPIで提供します。 PR 2016年9月のリリース後7ヶ月で、全ての民放キー局とNHKで採用。 各局ニュース番組における「視聴者提供」動画定着の原動力になりました。 2018年の日本新聞協会 技術開発奨励賞を受賞。 現在は全国の大半のテレビ局に採用されているほか、新聞社や警察、消防、自治体、一般企業でも幅広く導入実績があります。 詳細は下記URLをご参照ください。 『テクノロジーで、今起きていることを明らかにする報道機関』であることをミッションに、AIをはじめとするテクノロジーで企業や消費者に価値ある情報を届ける、新しいかたちの報道機関を目指しています。 【JX通信社 会社概要】 会社名:株式会社JX通信社 住 所:東京都 千代田区 一ツ橋 2-6-3 一ツ橋ビル8階 代表者:米重 克洋 代表取締役 資本金:1億円 事業内容:インターネットによる各種情報提供サービス 1. 速報(ニュース速報・リスク情報の配信) 2. メディアプラットフォーム(世論調査・選挙情勢調査) 3. ニューステクノロジー(ニュースエンジンの提供・研究開発) URL: 【主要株主】 主要株主:役員・経営陣 共同通信グループ(一般社団法人 共同通信社/株式会社共同通信デジタル) グローバル・ブレイン株式会社 株式会社QUICK 株式会社サイバーエージェント・キャピタル SBIインベストメント株式会社 株式会社ベクトル 株式会社テレビ朝日ホールディングス 株式会社フジ・スタートアップ・ベンチャーズ(フジテレビグループ) ほか.

次の

新型コロナ「感染報告された場所」がピンポイントでわかる!「マップ」の提供開始

ニュース ダイジェスト コロナ 感染 マップ

アプリを開いてすぐの画面の主要ニュースの欄に、「新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数」の欄があるのでタップします。 もし、主要ニュースの欄に新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップがない場合は、上の方にある、「新型肺炎」のタブに切り替えると、一番上にあります。 新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数を開いて少し下の方にいくと、地図が出てきます。 これが、コロナウイルスの感染状況マップ(地図)です。 この地図は拡大可能なので、見たい地域を選んで見ることができます。 新型肺炎の感染者が出た場所は、色のついた丸が表示されます。 丸の色ごとに人数が異なり、• 赤:10人以上• 濃いピンク:5人以上• オレンジ:2人以上• 黄色:1人以上 を表します。 施設ごとの感染状況を確認する方法 色のついた丸をタップすると、施設ごとの詳細を確認できます。 感染者が出た施設名、住所、人数、発表日、最終更新日がそれぞれ表示されます。 右上の「現在地」をタップすると、位置情報を取得して、現在地の近くの感染状況を調べることも可能です。 既に報道されているケースでも、国や自治体、企業からの 発表が確認できないものは掲載しません。 ニュースダイジェストのアプリがインストールできない場合はウェブサイトからも見ることができます。 ただし、施設情報の詳細は、NewsDigestアプリ(無料)内でしか見られないので、細かい施設まで見たい場合はアプリをインストールすることをおすすめします。

次の

GPSで近所の感染事例をチェック。NewsDigestアプリ「新型コロナウイルス感染状況マップ」が位置情報に対応

ニュース ダイジェスト コロナ 感染 マップ

声優としても活躍中の鈴村健一(月〜木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。 3月31日(火)までに全国で確認されたクラスターは、14都道府県・26ヵ所となりました。 報道ベンチャー企業「JX通信社」が提供しているアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」内でも、新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始しました。 今回は、同社の代表・米重さんに伺いました。 鈴村:こちらの反応はいかがですか? 米重:新型コロナウイルスの感染事例が報告された場所の情報を、地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を、4月2日(木)に開始しました。 リリース後、金曜〜土曜にかけて、App StoreとGoogle Playで、それぞれ総合1位までランキングが上がりました。 ユーザーからは、「家の周りで起こっていることを知らなかった感染事例がわかった」といったお声をいただいています。 鈴村:このマップには、どういう情報が掲載されているのですか? 米重:新型コロナウイルスの感染事例が発表された情報をもとに、確認が取れた発生場所を掲載しています。 無用な風評被害を防ぐために、例えば「消毒が済んでいる」という情報があれば、そちらも含めて掲載します。 鈴村:このマップは、何を期待して作られたものですか? 米重:まずは「行動抑制」ですね。 むやみに動き回るのを止めてもらいたい。 そして「風評被害やデマの問題」です。 鈴村:今回紹介したマップ「感染事例が報告された場所の情報」は、JX通信社さんが手がけたものです。 (本来であれば)政府がこのようなものを作る必要があると思いつつも、なかなか難しいという状況で、民間企業が作っています。 でも、今とにかくほしいのは、こういうマップやアプリなど、正確な情報を入手できるものです。 こういったマップが出たことは、本当にすごく素敵なことだと思います。 今、SNS上で、新型コロナウイルス感染に関するデマが非常に広まっていて、そういうときにこのマップで確認すれば、現在、感染が広がっている地域が一目でわかる。 正しい情報の集約に、すごく役に立っているなと思いました。 tfm. 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の