今後 とも よろしく お願い いたし ます 英語。 今後ともよろしくお願いしますの意味って?英語表現と使う際の注意点

「今後ともよろしくお願い致します」の訳について

今後 とも よろしく お願い いたし ます 英語

今後とも。 今後ともお付き合いの程よろしお願いします。 今後ともお引き立てのほうよろしくお願いいたします。 今後ともご愛顧(ごあいこ)の程よろしくお願いいたします。 今後ともご指導の程よろしくお願いいたします。 「お引き立て」や「」は、「する」という意味の丁寧な表現で、常日頃からお世話になっていたり、よくしてもらっている相手に対して使う言葉です。 例えば、取引先の会社がいつも自分の会社の商品を注文してくれているという場合などは、「これからもどうぞうちの商品をご贔屓にしてくださいね。 」というニュアンスを込めて挨拶しましょう。 また、「今後ともご指導の程よろしくお願いします。 」は、特に上司や社長さんなどビジネス上での先輩、指導をしてくれている人に使います。 上司などにも「今後ともよろしくお願いします。 」と使うことはできますが、「今後ともご指導の程よろしくお願いします。 」の方が、より丁寧な言い方です。 2-2.結びの言葉(手紙を締めくくるための言葉) 「今後とも」は、口頭でも使う言葉ですが、手紙やメールなどの書き言葉として使われることが多く、一番最後の結びの言葉として使われます。 本来、ビジネスメールや丁寧な手紙文書などは、初めの挨拶と終わりの挨拶を入れるのが基本です。 初めの挨拶は「いかがお過ごしでしょうか」や「はありがとうございました。 」など、過去や現在のことに触れた挨拶をします。 そしてメール・手紙の本題に移り、 最後に「今後とも」というフレーズで、これからの未来もよろしくお願いします、というように結ぶと非常にスムーズな流れ。• 1回だけのお付き合いの相手には、「 また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。 」などといった「次回またお付き合いすることがあれば」というニュアンスで締めましょう。 」と締めるのは非常に違和感があります。 相手によっては、今回のミスをに受け止めていないのではないか、と不快な思いをさせてしまう可能性もあるので、使わないようにしましょう。 トラブル対応などで迷惑をかけている時には「 この度は大変でした。 」「 重ねて。 」など、しっかり反省していることを伝えるフレーズにしましょう。 また、問題などが既に解決した時には、「この度は誠にありがとうございました。 」など感謝の気持ちを伝えることも大切です。• これから先も仲良くしていこう。 将来的にもいい関係が気づけたらいいと思っています。 以後も同様の手順で進めることとします。 ビジネスのメールや挨拶などではこれらの類語よりも 「今後とも」の方がフォーマルな言い方で使いやすいですが、「今後とも」を使うとかえって不自然になる場合もあります。 そんな時は、同じニュアンスで使える類語を使ってみてください。 4.「今後とも」の英語表現 英語で「今後とも」と表したい時には、 continued(引き続いた)のワードを用いることが多いです。 ビジネスメールの締めのフレーズとして、「今後ともよろしくお願いいたします。 」をそのまま直訳した英語はありません。 しかし、同じようなニュアンスで書きたい時には、以下のフレーズを使うことができます。

次の

今後ともよろしくお願いしますの意味って?英語表現と使う際の注意点

今後 とも よろしく お願い いたし ます 英語

日本語の「よろしくお願いします」は 表す意味が広いので、英語にする時は 注意が必要です。 この場合はビジネスシーンで、取引先や 顧客の方に言うとのことですので、 I'm looking forward to working with you. ご一緒にお仕事を出来ることを楽しみにしています I'm looking forward to doing business with you. 御社とお取引きが出来ることを楽しみにしています I'm looking forward to seeing you next time. 又お目にかかれることを楽しみにしています のように言いたいことを具体的にして 言うようにして下さい。 もし上記の表現のようにあまり具体的に 言いたくないのであれば、 It was nice meeting you. お会い出来て良かったです と言うと良いかもしれません。 参考になれば幸いです。 今後ともよろしくお願いします I look forward to working with you. 電話ありがとうございます。 今後ともよろしくお願いします。 Thank you for the phone call. I look forward to working with you. 今週の水曜日に会議をスケジュールしましょう。 今後ともよろしくお願いします。 Let's schedule our meeting for this Wednesday. I look forward to working with you. 今後ともよろしくお願いします。 これは非常に収益性の高いビジネスベンチャーになります。 I look forward to working with you. This will be a very profitable business venture.

次の

「お世話になります」英語でなんて書く?【英語ビジネスメール】

今後 とも よろしく お願い いたし ます 英語

本当にこの人にお世話になっているかと吟味する必要すらなく、ビジネスマナーとして書かれていると思います。 英語のビジネスメールに関する指南書にも「用件のみでOK、短く簡潔に!」と書かれています。 とは言うものの、いきなり用件を書くことに慣れていない日本人の感覚ではなかなか難しいですよね。 失礼にならないか心配だし、せっかくなら取引先や上司・同僚とのコミュニケーションツールとしても有効に使いたいもの。 ネイティブの書くビジネスメールも必ずしも用件だけではありません。 あいさつ代わりのちょっとしたひとことがあり、それが親しさを演出するのに効果的だったりします。 (高橋由美と申します。 このあいさつのメール版で、最近は 「Nice to e-meet you」という言い方もあるようです。 日本語で言えば「初めてメールいたします」「突然のメールにて失礼します」といったフレーズに当たりますが、ネイティブのビジネスメールでは好みが分かれる表現です。 無難に書きたいときは無理に使わない方がいいかもしれませんね。 (お久しぶりです) ・I am sorry I haven't been in contact lately. (ご無沙汰しており、すみません) ・I hope things are going well with you. (諸事順調なことと思います) ・I hope all is well with you. (諸事順調なことと思います) ・I hope business is good at your end. (ご清祥のことと思います) ・I hope everything has been going smoothly. (お変わりなくお過ごしのことと思います) ・I hope you are doing well. (お元気のことと思います) ・How is everything going? 最後に挙げた「How is everything going? 」は親しい間柄で使われる表現ですので、使う相手に注意してください。 ・Thank you for your continuous support. ・I hope you are doing well. って『お久しぶりです』の訳でも出てきたぞ?」と気づいた方も多いでしょう。 「お世話になります(なっております)」は、 非常に日本語的な表現。 いろんなニュアンスが交じっていて、英語に直訳するのは不可能なのです。 ですが、いろんなニュアンスが込められているだけに、場面に応じた言い回しに意訳することができます。 書き出しにワンクッション置きたいという使い方であれば、「Thank you ~」が便利です。 も参考にしてみてください。 ・Thank you for your continuous support. ・We would appreciate your continued cooperation. (今後ともよろしくお願いいたします) ・I am looking forward to working with you. (ご一緒にお仕事できるのを楽しみにしております) ・I hope you will enjoy our services. (今後とも弊社サービスをよろしくお願いいたします) ・Thank you. (よろしくお願いいたします) ・Thank you for your assistance. 「よろしく」のひとことにもさまざまなニュアンスが込められますが、主にメール本文結びに使われる場合を想定して英語に言い換えてみました。 いずれも一般的に使われる表現です。 英語メール本文の結びの書き方は、 でもまとめています。 ということは、そのフレーズ自体には実はそれほど重要な意味はないとも考えられます。 直訳するとおかしな英語になってしまうのもそのためです。 日本語では何気なく使い、相手にも何気なく読んでもらえる表現ですが、どんなニュアンスを伝えたいのかを自分であらためて汲み取ってみて英語に意訳するのがポイントです。

次の