ソフトバンク ショップ 予約。 ソフトバンク オンラインショップの機種変更・予約が実店舗よりお得な理由

ソフトバンク オンラインショップの機種変更・予約が実店舗よりお得な理由

ソフトバンク ショップ 予約

来店予約のメリット 東京都からの週末(3月28日・29日)の外出自粛要請を受けて、NTTドコモは3月27日から4月1日まで、東京・埼玉・神奈川・千葉の全ドコモショップ468店舗の営業時間を10~16時に短縮する。 期間は今後延長される可能性もある。 auショップ、ソフトバンクショップ、ワイモバイルショップも、期間や対象エリアが異なるものの、同様に営業時間短縮をアナウンスしている。 予約完了通知が届くオンライン予約がおすすめ ここ1、2年、各社とも「家にいながら買えるオンラインショップでの購入」、PCやスマホから24時間いつでも可能な「オンライン手続き」、事前に要件を伝えて店舗カウンターの枠を抑える「来店予約」に力を入れてきた。 来店予約の方法は、電話またはインターネット。 ドコモショップの来店予約は、dアカウントでログインすると、各ショップの店舗情報ページから、日を選び、15分ごとの時間帯で予約可能。 「近隣店舗の来店予約空き状況検索」という機能も用意しており、例えば、第一希望のドコモショップの予約が埋まっている場合、同じ日程で近隣の他の店舗に空きがないか簡単に探せる。 auショップの来店予約も、ドコモショップとほぼ同じ。 au IDでログインし、来店希望のショップの空いている日・時間(1時間ごと)を選んで誰でも予約できる。 ドコモショップの来店予約は、これまでは、時期によって1~2週間先まで埋まっていた。 キャリアショップでの手続きは、「不要不急の外出」にあたると判断し、先延ばしが増え、逆に通常時より予約が空く可能性もあるが、「学割の加入」など、店頭以外不可の契約手続きのためにショップに出向く必要がある場合、できるだけ(強くいうならば「絶対に」)、事前に来店予約をしておこう。 (BCN・嵯峨野 芙美).

次の

ソフトバンク オンラインショップの機種変更・予約が実店舗よりお得な理由

ソフトバンク ショップ 予約

「以前から注目していた新機種が発売された」「そろそろ機種変更を考えている」などの理由があってソフトバンクショップを訪れたものの、目当ての端末が売り切れだったときには、お店に行くまでの交通費や労力、時間がもったいないと感じてしまうかもしれません。 実は、 ソフトバンクはインターネットから端末の在庫状況を確認できるのです。 この機能を利用すれば、確実に端末が手に入るタイミングを見計らうことができますよ。 さらに、ソフトバンクのオンラインショップであれば、ショップ購入よりもより便利に、端末の購入が可能です。 そこで今回の記事では、 ソフトバンクの在庫状況をインターネットで確認する方法について、詳しく解説していきます。 新規契約、乗り換え、機種変更 の相談をしたい方はこちら ソフトバンクの在庫確認の方法 端末の在庫状況を事前にチェックしよう! ソフトバンク端末の在庫確認は、インターネットから行え、購入をする場所がソフトバンクショップ(実店舗)なのか、ソフトバンクオンラインショップであるかで方法に違いがあります。 それぞれでの在庫状況の確認方法を解説します。 ソフトバンクショップでの確認方法 街中にあるソフトバンクショップでの購入をお考えの場合は、以下のリンクから各店舗の在庫状況を確認できます。 まずは購入したい端末の機種、カラー、メモリ容量を選択し、該当する端末の在庫がある店舗を検索します。 店舗の検索方法は「指定のエリアから」や「フリーワード」または「現在地に近い店舗を探す」の3つが可能です。 端末の在庫状況は店舗によって異なるため、希望の店舗が「在庫なし」であっても、諦めずエリアを変えて探してみるのがおすすめです。 注意点としては、「在庫あり」と表示されていても残り台数までは具体的に表示されないという点です。 店舗にいる人がすれ違いで購入をしまう可能性があるため、詳しい在庫状況の確認を行うには、その店舗に直接電話してみるといいでしょう。 在庫さえあればその日のうちに目的の端末を持ち帰れる、という点がショップ購入のメリットです。 このメリットを最大限に活かすためには、在庫状況の確認を行うのが大切です。 ソフトバンクオンラインショップでの確認方法 ソフトバンクオンラインショップでの在庫確認は、希望端末の購入操作を進めていく中でわかります。 機種やカラー、メモリ容量を選択していく中で、項目が表示されなかったり「在庫なし」「予約商品」と表示されたりするものは、既にオンラインショップに在庫がない端末となります。 項目が一切表示されないものに関しては、残念ながら今後購入できる可能性は少なく、「在庫なし」「予約商品」となっているものは現在入荷待ち、という意味です。 通常、在庫ありの商品であれば購入手続きから3営業日ほどで手元に端末が到着しますが、入荷待ちの商品であればそれ以上の日付がかかります。 また、まだ発売日が来ていない予約商品については、もちろん発売日以降の到着です。 サイト上で予約手続きを行ったとしても、必ず端末が手に入るということではありません。 商品入荷後にそのお知らせ案内が届き、本申込の手続きが必要です。 このときに手続きを行わなければ、予約はキャンセルされてしまいますので注意してください。 ・運転免許証 ・日本国パスポート ・住民基本台帳(マイナンバーカード) ・健康保険証 ・障がい者手帳 など この中で、顔写真がないものを提出する場合は、補助書類として公共料金の領収書や住民票、ソフトバンクの領収書などを用意しなくてはなりません。 「MNP予約番号」とは、現在ソフトバンク以外のキャリアで回線契約をしている方が、その電話番号を引き継いでソフトバンクに乗り換えを行う場合に必要な情報です。 この情報は現在契約中のキャリアの問い合わせ窓口にて即日発行してもらえます。 しかし、これらがすぐに必要であるのは、在庫がある端末の購入手続きであり、在庫がない商品・予約商品に関しては急ぐ必要はありません。 MNP予約番号はその番号自体に有効期限があるため、予約商品の場合、早めに取得してしまうと再取得が必要になる可能性があります。 したがって、MNP予約番号は購入直前の取得がおすすめです。 予約の手順 在庫がある端末の購入は、画面の案内に沿って操作を進めていくと申し込みを完了できます。 しかし、現在入荷待ちである端末や発売前の機種に申し込む場合は、一度予約申し込みを行い、在庫確保ができたあとに本申し込みの手続きを行わなくてはなりません。 予約手続きの流れは以下のとおりです。 ) 2. 受け取りの方法を選択 19歳以下の場合、受け取り方法はソフトバンクショップ店舗での受け取りのみですが、満20歳以上であれば自宅への郵送も選択可能 3. 希望端末のカラーやメモリ容量、端末料金の分割回数を選択 4. 氏名や電話番号、E-mailアドレスなどを入力し確定 以上で端末の予約は完了です。 最後に発行される予約番号を必ず控えておきましょう。 また、登録したメールアドレス宛に、予約完了の通知が届くので確認してください。 在庫の確保ができたら本申し込み用の案内メールが届きます。 本申し込みの申し込み方法は、以下のとおりです。 データプラン、通話プランを選択 2. 氏名や生年月日、契約住所や電話番号など顧客情報を入力 ここでは、今後各契約情報変更時に必要となる数字4桁の「暗証番号」の設定を行いますので、必ず忘れないように控えておきましょう。 クレジットカードなどの支払い情報を入力 4. 同意規約を確認 5. 契約内容の最終確認 6. 本人確認書類の送付 ここでは本人確認書類をスマホやカメラなどで撮影し、データをアップロードすることで提出が完了します。 住所が一致していない場合、または顔写真付きでないものを本人確認書類として提出する場合は、住民票や公共料金の領収書などの補助書類も合わせて写真に撮り、提出します。 以上で本申し込みは完了です。 機種変更での申し込みとなる場合は、料金プランを選択する前に「My SoftBank」へのログイン操作が必須となっているため、氏名や住所、支払い情報の入力を省くことができます。 端末の購入審査は本申し込み手続き完了後に行われます。 そのため、本申し込みのあとに「収入が低い」や「料金滞納があった」などの理由で購入を断られてしまう場合もあるため注意が必要です。 ソフトバンクオンラインショップで予約をするメリット オンラインショップで予約をするメリットとは? ソフトバンクオンラインショップでの予約購入は、実店舗であるソフトバンクショップでの購入とは違う、オンラインならではのメリットが存在します。 並ばずに契約できる オンライン上で申し込みが完結するため、実店舗のショップで発生する場合がある長時間の順番待ちの必要がありません。 また、サイトのメンテナンスを除き、24時間365日手続きが可能であるため、営業時間を気にすることなく、ご自身の都合のいいタイミングで手続きができます。 在庫切れになりにくい ソフトバンクショップでの予約だと各店舗それぞれの在庫があり、数は限られてしまいますが、オンラインショップだと日本全国に対応しているため在庫の数が多く、在庫切れを起こしにくいといえます。 しかし、人気端末になれば予約が集中するので、早めの予約が重要になってきます。 受け取り方法を指定できる ソフトバンクオンラインショップでの購入であれば、端末の受け取り方法を「自宅への郵送」と「指定の店舗での受け取り」の2とおりから選択できます。 そのため、日中仕事で在宅が難しいという方の場合は、職場の近くのショップを受取店舗に指定し昼休みに受け取りに行く、というようなライフスタイルに合わせた方法を選べます。 また、スマホ端末の購入であれば配送料・代引き手数料は日本全国無料です。 ただし、端末利用者の年齢が19歳以下である場合、選択肢は店舗の受け取りのみに限定されるので注意が必要です。 まとめ 契約を希望したい端末の在庫状況は、ソフトバンクショップ(実店舗)、ソフトバンクオンラインショップのどちらもインターネットから確認できます。 ソフトバンクショップの在庫確認を行う場合、具体的な端末の残り台数までは記載されていませんから、あわせて店舗への電話確認をしておくと確実です。 在庫がないまたは発売日前の端末に関しては、予約をして入荷待ちをすることも可能です。 予約には実店舗への訪問の手間がなく、在庫数も比較的多め、端末の受け取りを自宅か近隣ショップのどちらにも指定ができます。 ただし、19歳以下の方は店舗での受け取りしか選択できませんので、ご注意ください。 購入したい端末が決まっている人であれば、待ち時間もなく、入れ違いで在庫がなくなってしまう可能性もなく、自分のタイミングで在庫確認から端末購入の予約や購入まで行えるソフトバンクオンラインショップからの手続きがおすすめです。 ぜひ、この記事を参考にソフトバンクオンラインショップを利用してみてください。

次の

【待ち時間回避】ソフトバンクショップの来店予約について詳しく解説【画像つき】

ソフトバンク ショップ 予約

新規契約 ソフトバンクオンラインショップでは新規契約や他社からの乗り換えの申し込みができます。 まずは手続きをスムーズに行うためにも、次のものを準備しておきましょう。 クレジットカードまたはキャッシュカード• 身分証明書• MNP予約番号 乗り換えの場合 新規契約なら口座振替もできますが、クレジットカードを選択して、身分証明書の「画像アップロード」を提出したほうが、商品の注文から到着までの時間が早くなります。 しかし他社から乗り換える場合、支払い方法は「クレジットカード」本人確認書類の送付は「画像アップロード」のみ対応となっているため口座振替は利用できません。 また乗り換えには「MNP予約番号」が必要なので、現在加入している携帯電話会社から申し込んで、MNP予約番号を受け取ってください。 MNP予約番号には有効期限があり、予約当日を含めて15日間を経過すると無効となってしまうので、期限が切れる前に手続きを行いましょう。 機種変更 機種変更手続きをオンラインショップから行う場合、「My SoftBankアカウント」または「携帯番号と暗唱番号」のどちらかが必要になります。 機種変更の際は商品の注文や発送の連絡はすべてメールからお知らせが届くので、迷惑メールと認識されないよう設定しておきましょう。 次に、変更手続きが完了したら「受け取り方法を選択」しますが、自宅へ端末を配送してもらうか、またはショップへ端末を取りに行くという方法から選ぶことができます。 ただし、自宅へ端末を配送してもらう場合は、対面による手渡しが必要ですので、郵便ポストや宅配BOXでの受け取りはできません。 正午までに申し込み手続きを済ませると、最短なら当日中には発送されます。 オプション品購入ができる スマホなどのオプション品をオンラインから購入するには、My SoftBankにログインして、商品選択画面から希望のオプション品を選びます。 オプション品は「5品」まで個数は「9個」まで入力可能ですが、購入金額が5,000円 税抜 未満の場合、送料が500円 税抜 かかりますので覚えておきましょう。 また商品以外にも「プリペイドカード」や、1年以上同じ機種を利用すると、電池パックが1個無料でもらえる「電池パック無料サービス」が申し込めます。 支払い方法はクレジットカード 1回払い 、または現金支払いのいずれかを選択し、注文が確定したら3営業日ほどで指定先の場所に配送される流れとなります。 オンラインショップのメリット オンラインショップを利用すると、店舗に出かける時間や交通費などが節約できるというメリットのほか、手続きをすべて自分で行うので不要なオプションを勧められることもありません。 このほか送料が無料になるといったメリットもありますが、店舗で購入した場合と比較して、どのようなことがお得になるのか詳しくみていきましょう。 24時間受付可能・事務手数料無料 オンラインショップは24時間365日、毎日営業していることから、いつでも好きなときに利用できるのが、オンラインならではのメリットといえるでしょう。 実際にソフトバンクショップの場合、土日などの休日または平日でも、夕方の時間帯は混雑していることが多く、長い時間待たされることも少なくありません。 これに対し、オンラインショップなら土日はもちろん、平日の遅い時間でも手続きができるので「帰りが遅いので平日はお店に行けない」「待ち時間が苦手」という人にはおすすめです。 またソフトバンクショップなどの店舗で手続きをすると事務手数料がかかりますが、オンラインショップなら事務手数料はかかりません。 そのため少しでも購入費用を安くしたいのであれば、店舗からではなくオンラインショップを利用したほうがよいでしょう。 送料無料・独自のキャンペーンがある スマホや携帯電話・その他のモバイル端末、プリペイドカードなどをオンラインショップで購入した場合、日本全国どこでも送料が無料で代引手数料もかかりません。 オプション品はお買上げの合計金額が5,000円 税抜 以上であれば送料は無料ですが、5,000円 税抜 未満の場合は、送料が全国一律500円 税抜 かかります。 また商品購入の際には自宅での受け取りか、近くの店舗を指定して自分で受け取りに行く方法が選べます。 そのため初期設定のサポートや店員さんに聞きたいことがあれば、店舗受け取りを選ぶとよいでしょう。 またオンラインでは店舗では行っていない独自のキャンペーンなども開催しています。 オンラインショップのデメリット オンラインショップのデメリットとして、ネットショッピングを使い慣れていなければ手続きが難しく感じるかもしれません。 また製品の実物が見られないなどのデメリットもありますが、工夫次第ではメリットのほうが大きいので、様々なデメリットの対処方法について解説していきます。 自分で手続を進めないといけない 店舗の場合わからないことは店員さんに相談しながら手続きを進められますが、オンラインショップではすべて自分で手続きを行わなければなりません。 特に初めてオンラインショップで新規契約や機種変更を行う人は、不安になるかもしれません。 しかし、サイト上では手続きの説明文が詳細に書かれているので、案内通りに進めていけば初心者の方でもできるようになっています。 どうしてもわからない場合は、ソフトバンクオンラインショップでチャットが用意されています。 また電話でも問い合わせられるので、うまく活用して手続きを行いましょう。 実際の機種を確認できない オンラインショップを利用する際のデメリットとして、機種の画像を見ることはできますが、実物を触って大きさや質感を確認することができません。 これに対し、店舗で購入する場合は実際の機種を手に取って触りながら、店員さんに使い方を質問することができるというメリットがあります。 そのため、購入を希望する機種が決まっているのであれば、ソフトバンクショップまたは家電量販店に出かけて、実際に触ってみましょう。 あとで「思っていたのと違っていた」などと後悔しないよう、まずは店舗で確認して、気に入ったらオンラインショップで購入することをおすすめします。 オンラインショップでの機種変更の流れ ここでは、ソフトバンクオンラインショップで機種変更を行った場合、端末の購入手続きの流れや、新しい電話に切り替える「開通手続き」の手順について詳しく解説していきます。 このほか機種変更の手続きが完了すると、審査が行われますが審査内容にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。 機種とプランを決める 公式サイトから「購入機種をさがす」をクリックしたら、購入したい端末を選び「購入する」へ進みましょう。 続いて「機種変更」を選び、受け取り方法を選択したら「機種選択」に進み、購入する端末のバリエーションを決定します。 次に、支払い方法を決めますが「24回払い」「48回払い」「一括払い」のいずれかを選択してください。 ここで、分割払いを選ぶと毎月の支払額が表示されますので、確認しておきましょう。 支払い方法を決定し「料金プランを選ぶ」をクリックすると、My SoftBankのアカウントにログインする必要がありますが、ほかに電話番号と4桁の暗証番号でもログインが可能です。 必要事項を記入する 画面に沿って料金プランや有料オプション加入のほか、名前・住所・支払い方法などの必要事項を入力して、申し込み手続きを進めていきます。 また、機種変更の際には身分証明書が必要となりますので、下記のいずれかのものを用意しましょう。 運転免許証• 日本国パスポート• 個人番号カード マイナンバーカード• 健康保険証• 身体障がい者手帳または療育手帳または精神障がい者保健福祉手帳 これらの身分証明書は、スマホで撮影してアップロードを選択して提出したほうが、郵送やFAXを利用するよりも商品が早く到着するでしょう。 審査が入る 手続きが完了したらソフトバンクの審査が入りますが、審査基準となるのは信用情報やクレジットヒストリーの確認だといわれています。 当然、審査に落ちてしまったら契約は成立しません。 特に審査に落ちやすい原因として、携帯電話料金を滞納したことがある場合で、未納の履歴も10~20年まで遡られることがあります。 このほかの理由として、クレジットカードの支払いが返済期日を超過したり、自己破産の経験があったりなど、金融事故を起こしているケースでも審査に落とされやすくなります。 もしも自分の信用情報を確認したいのであれば、ローンやクレジット情報に関する個人信用機関 CIC で、自分の支払い上の情報を調べてみましょう。 CICの開示は手数料を支払えばパソコンやスマホでも申請できるので、滞納や未納の履歴が気になる人は、機種変更を行う前に確認しておくことをおすすめします。 端末が届いたら開通手続きを開始 審査に通ったら、指定した住所に端末が送付されるので、新しいスマホへの開通手続きを行いましょう。 まずは購入したスマホにUSIMカードが同梱されている場合、切り替え作業を実施しますが、あらかじめデータのバックアップを行っておくことをおすすめします。 次に購入した端末に新しいUSIMカードを差し込みますが、先に電話機の電源を切った状態にしておきましょう。 またUSIMカードの差し込み方法は端末の種類によって異なりますので、取扱説明書を参考にしながら作業を行ってください。 続いて電話またはWebサイトから開通手続きを行いますが、通常なら30分程で完了します。 しかし混雑時は2~3時間かかる場合があります。 オンラインショップで新商品を予約する方法 新商品を予約する場合は店舗よりも、オンラインショップを利用して手続きを行ったほうが手間もかかりません。 特にiPhoneなどの人気商品は店舗で予約すると混雑している可能性が高い反面、オンラインショップなら24時間いつでも予約できますので、なかなか時間が取れない忙しい人にはおすすめです。 予約開始日の確認をする 新発売が予定されている端末は、発売前に予約開始日や日時が定められていますので、まずはその確認をしておきましょう。 特に、新発売予定のiPhoneシリーズ端末は日本に入ってくる在庫が限られているため、しばらくは希望するストレージ容量やお好みのカラーを手に入れることが難しくなるでしょう。 そのため新発売のiPhone端末を手に入れたいと思っている人は、予約開始日と同時にソフトバンクオンラインショップから予約することをおすすめします。 また、予約開始日を過ぎている端末の場合は、いつでも予約できます。 もちろん、店舗での予約も可能ですが、タイミングによっては長時間待たされることもあるので、自分の好きな時間で予約ができるオンラインショップをうまく活用しましょう。 予約画面へ進む ソフトバンクオンラインショップでの予約は、画面に従って手続きを進めていけば、それほど時間はかかりません。 予約が可能になったら、商品購入ページから予約画面に進みましょう。 手続きの流れは以下の通りです。 機種選択画面が表示されるので、予約したい機種の「予約する」をタップします。 お手続き内容を選択してくださいと表示された画面に切り替わるので、「手続き方法」「利用者の年齢」「端末の受け取り方法」の項目を選択して「次に進む」をタップします。 予約情報入力画面に切り替わるので、端末の「カラー」「容量」を選択し、契約者名や電話番号・メールアドレス・生年月日などを入力し「予約内容の確認に進む」をタップしたら完了です。 なお、予約完了後に「予約番号」が画面表示されるので、メモを取ったりキャプチャに撮ったりして、購入が完了するまで保管しておきましょう。 予約状況の確認 予約が確定したら、購入したい端末の機種やカラー、またはストレージ容量の選択に誤りがないか、予約内容の確認をしておきましょう。 まずソフトバンクオンラインショップの「ご利用ガイド」にアクセスし、画面を下にスクロールして、お申し込みの確認・キャンセルの「お申込内容の確認」をクリックします。 画面が切り替わったら、機種変更の場合は予約番号を入力して次へをクリックし、新規・のりかえ MNP なら、予約番号と登録したメールアドレスを入力して次へを入力します。 最後に予約した商品が画面に表示されたら、手続きが正常に完了していることになります。 購入の確定をする 予約していた端末を購入できる準備が整ったら、ソフトバンクから「本申し込みの連絡メール」が届きますので、早めにURLにアクセスして本申し込みの手続きを行う必要があります。 この理由として、「本申し込みの連絡メール」を受け取って、数日経過しても手続きを行わない場合、予約が自動的に取り消されてしまうからです。 なお、本申し込み手続きの期限は、メール本文に記載されていますので、忘れずに購入手続きを行いましょう。 対象商品は、500円・1,500円・3,000円・5,000円・10,000円のほか、500円~50,000円まで1円単位から購入できる「バリアブル」のギフトカードが選べます。 ただしギフトカードを購入するにはパソコンからではなく、スマホかタブレット端末から「Wi-FiをOFFの状態」でアクセスする必要がありますので注意しましょう。 のりかえPayPayキャンペーン ソフトバンクオンラインショップか電話から対象の機種に乗り換えを行うと、 最大で20,000円相当のPayPayボーナスがもらえるキャンペーンが開催されています。 しかし、申し込み方法の条件以外にもPayPayボーナスをもらうには一定の要件を満たす必要があるので、以下にまとめました。 契約区分が乗り換え MNP であること• 契約時に「データプラン50GB+」に加入すること• 対象機種を48回払いで購入し、「トクするサポート」への加入が条件• 購入する対象機種は「自宅受け取り」の選択が必要 また、2020年3月12日の午後2時より「PayPayギフトカード最大2万円相当」から、「機種値引き」 税込21,600円 へ特典が変更されます。 申込内容の確認・変更の方法 ソフトバンクオンラインショップを利用して新規契約や機種変更、または乗り換え手続きを行ったあとに、申し込み内容を確認したいときは、公式サイトから調べることができます。 また、申し込み内容を変更したい場合、いったいどのような手続きをすればよいのか、あわせてみていきましょう。 申込内容の確認方法 申し込み内容を確認するには、ソフトバンクオンラインショップのご利用ガイドをクリックし、「ご予約内容の確認・キャンセル」へ行きます。 「予約内容の確認画面」に切り替わったら、予約時に受け取った予約番号の入力をして確認を行います。 このとき、正常に手続きが完了していれば「本申込みのお手続きが必要です」と表示されるでしょう。 申込内容の変更方法 申し込み内容に誤りがあるのに気づいても、いったん申し込みが確定したら、内容を変更することはできません。 そのため、内容を変更したい場合は、予約が確定している申し込みをキャンセルして、再度申し込み手続きを行いましょう。 また、商品の準備状況によってはキャンセルできないことがあるので、この場合、ソフトバンクオンラインセンターに連絡することをおすすめします。 ソフトバンクオンラインショップのおすすめ端末 ソフトバンクオンラインショップでは、様々なスマホ端末が販売されています。 ここではおすすめの「エントリーモデル」「ミドルレンジモデル」「ハイエンドモデル」のスマホをそれぞれ紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 エントリーモデル 初心者向けの製品で、低価格で手軽に利用できるスマートフォンですが、安いからといって品質が悪いわけではありません。 スマホにそこまで性能を求めない人や、メインとは別に2台目、3台目のサブ機として利用されることが多い傾向にあります。 arrows U 2019年夏モデルとして富士通が販売しているスマホで、スペックが抑えられていることから価格も安いのが特徴です。 また、初心者向けに画面のアイコンや文字を見やすくする「シンプルモード」が搭載されています。 このほか、防水・防塵機能が搭載されているため、水回りや高温多湿で利用するなど、ビジネス用のスマホとしては最適です。 しかし、通信性能は他のスマホに比べて遅いので、ゲームや動画をよく利用するスマホユーザーにはおすすめできません。 カメラにはAI対応機能が搭載されているので、シーンに合わせて画質が調整できるほか、様々な場面で映像を楽しめることでしょう。 ここでは、ソフトバンクオンラインショップで販売されている、おすすめのミドルレンジモデルには、どのようなものがあるのか見ていきましょう。 また、カメラ性能にも優れており、一眼レフカメラのように被写体の背景をぼかすことができる「ポートレートモード」や、暗い場所では「夜景モード」を使えば、全体的に明るい映像が撮れることでしょう。 ディスプレイは6. 1インチの液晶ディスプレイが採用されており、大画面でゲームや迫力ある動画を楽しみたいという人にも満足できる万能型の端末となっています。 ただし、価格は高い傾向にあるので、購入して後悔しないためにも、しっかりと品質や性能を見定めてから選ぶようにしましょう。 また、新しいGoogleアシスタント機能を利用すれば、声をかけるだけで素早く写真を見つけることができるでしょう。 さらに、画面にタッチしなくても操作ができる「クイックジェスチャー機能」が動きを探知することから、食事中やランニング中でも操作が可能です。

次の