老人ホーム 荒川区。 【ホームメイト・シニア】荒川区の老人ホーム/サ高住/グループホーム

【荒川区】有料老人ホーム・介護施設一覧|LIFULL介護(旧HOME’S介護)

老人ホーム 荒川区

認知症の老人が地域社会とのつながりの中で、安全に、共同生活を行うことを基本に、認知症対応型共同生活介護の提供を行います。 1 入居者の人格を尊重し、常に入居者の立場に立った介護サービスの提供に努めるとともに、個別の介護予防認知症対応型共同生活介護計画及び認知症対応型共同生活介護計画を作成することにより、入居者が必要とするサービスを適切な介護技術をもって提供します。 2 入居者及びそのご家族に対し、介護サービスの内容及び提供方法について解り易く説明します。 3 入居者の身体的、精神的状況の把握に努めるとともに、症状に応じて医療機関への受診を図るなど、適切な対応を致します。 4 常に提供した介護サービスの質の管理、評価を行います。 事業の実施に当たっては、利用者の人格を尊重し、常に要介護者の立場に立ったサービスの提供に努めるものとする。 事業所の職員は、認知症の要介護者及び要支援2の方に対して、共同生活住居で、家庭的な環境と地域住民との交流の下、入浴・排泄・食事等の介護などの日常生活上の世話と機能訓練を行い、利用者それぞれの能力に応じ自立した日常生活を送ることができるよう、必要なサービスの提供に努めるものとする。 事業の実施に当たっては、地域との結びつきを重視し、関係区市町村、地域の保健・医療福祉サービスとの綿密な連携を図り、総合的なサービスの提供に努めるものとする。 また、懇切丁寧にサービスを提供し、利用者・家族に対しサービス提供等について理解しやすいように説明を行うものとする。 もともと荒川区は、大工場を擁する工業地帯でしたが、時代の変革に伴って工場は移転。 その跡地が住宅地や公園として整備されており、特に南千住をはじめとした地域では 大規模なマンションの建設が相次ぎ、若いファミリー層の移住が多くなっています。 そんな荒川区は、住宅街化してきたという背景から、入居一時金が平均で約500万円、月額利用料が20万円前後という施設もあるなど、江戸川区や東京東部のほかの区よりも若干高めの料金設定になっているようです。 そのぶん医療や看護サービスが充実しており、 健康面に不安のある人にとっては、荒川区の有料老人ホームに入居するメリットは大きいでしょう。 荒川区は、1万人当たりの薬局数が第7位、1km当たりの街灯の設置基数が第7位、1km当たりの防火水槽・貯水池等設置数が第4位となっているなど、 健康面、安全面、衛生面での住みやすさは23区内でも上位です。 また、交通事故件数も少数となっており、高齢者が安心して健康に暮らすための素地は整っているといえるでしょう。 荒川区の高齢化率は23. 1%と高い 荒川区の人口は、今世紀に入ってからは少しずつ増加している状況です。 2010年に、約30年ぶりに人口20万人突破を達成したことはまだ記憶に新しいところです。 これは、 南千住地域や日暮里駅の周辺で実施された、再開発計画の成果だと推測されています。 年代別に調べると、65歳以上の世代が占める割合は徐々に上がり、2014年の時点で、高齢化率23. 1%という計算結果が発表されています。 2010年に高齢者人口は4万人を超え、それからわずか5年で4万8,000人を上回った反面、15歳未満の年少者が占める割合は、非常にゆっくりとではあるもののこの20年で確実に低下しています。 出典:荒川区 2018年3月時点 このように、 区内では少子高齢化が着実に進行していることは疑いのない事実。 2025年になると、団塊の世代がすべて後期高齢者の仲間入りをするため、高齢化の影響が一段と顕著になることは間違いないでしょう。 荒川区には、住宅地として使われている地区がたくさんありますが、 地域によって高齢者が多い地区と少ない地区に分かれています。 例えば、尾久はもともと人口が密集している地域ですが、高齢者の人口も区内で一番多く、1万3,000人を超える高齢者が暮らしています。 日暮里や南千住も多く、両地域を合わせると高齢者人口は2万人近くに達するほどです。 また、要介護・要支援認定された高齢者も増加。 初めて7,000人を超えたのは2007年で、それからわずか4年で8,000人を超えました。 出典:荒川区 2018年3月時点 利用者の内訳については、 早くから居宅サービスを利用する人が一番多く、例年70%以上を記録しており、今世紀に入ってから80%に達した年は2度確認されています。 その一方、施設サービスについては微減傾向にあります。 今世紀に入ってからしばらくの間は20%台を記録していましたが、2000年代後半に入ると、15~20%の間で推移するようになっています。 居宅サービスの利用者の間で一番人気があるのは、居宅介護支援サービス。 毎月4,000人以上が利用しており、ときには5,000人を超えることがあるほどです。 施設サービスに関しては、介護老人福祉施設の利用者が一番多く、全体の5割近くを占めています。 介護療養型医療施設については徐々に利用者が減少。 2009年に全体の20%を割り、その4年後に10%未満に落ちました。 また、地域密着型サービスについて 早くから人気があったのは、認知症対応型共同生活介護です。 約10年前からの記録を振り返ると、利用者全体の40~60%くらいが利用していることが判明します。 その次に人気が高いのは、認知症対応型通所介護ですが、徐々に利用者は減少。 2011年には全体の40%を占めていましたが、2013年になると30%未満に落ちました。 通所型サービスはたくさんの種類で成り立っており、「第1号通所介護」を用いると、 デイサービスセンターで食事や入浴といったサービスを受けられ、運動の指導や栄養改善の指導などを受けることも可能です。 デイサービスセンター以外の場所でも、通所型サービスは随時行われており、区内の各地を会場にして「低栄養予防教室」や「口腔保険教室」が開催されています。 運動と会食がセットになった「おげんきランチ」や、運動・栄養指導・認知症予防など、たくさんの内容が盛り込まれている「まるごと元気アップ教室」は、大変人気があります。 このほかにも、料理が苦手な高齢者を対象とした「簡単料理教室」、地域を代表する運動「荒川ころばん体操」を習うことができる「荒川ころばん体操リーダー養成講座」などが開かれています。 1本目の柱は、「高齢者の社会参加の促進と生活支援の推進」です。 高齢者が社会活動に参加しながら、生きがいを感じられるように促すことと、在宅生活の充実化を目指します。 2本目の柱は、「介護予防と重症化予防の推進」です。 高齢の区民が自主的に介護予防に没頭できるように、次々と施策を行います。 3本目の柱は、「介護サービスの充実」で、要介護・要支援の認定を受けた高齢者が、必要なサービスを受けられず苦しむことがないよう、 ケアマネジメントや地域密着型サービスを適正化していきます。 4本目の柱は、「高齢者の住まいの確保」。 高齢者が安心して暮らせる居住環境の提供を目指し、民間の賃貸住宅などの整備事業がすでにはじまっています。 5本目の柱は、「在宅医療・介護・福祉の連携推進」です。 健康で文化的な生活をあらゆる高齢者が最後まで送れるように、 医療・介護・福祉のすべてが密接に協力できる体制づくりを進めます。 すでに区内では、これらのプランを実現するために具体的な活動を開始していますが、日常生活圏域を、5圏域から8圏域に変えたのはその一環。 圏域を細分化することで、これまでより短い時間で必要なサービスの提供が可能となり、介護や医療といった、高齢者にとって必要性の高いサービスが、どの地域でも円滑に受けられるようになることが一連のプランの目標です。 荒川区では、区民が福祉事業についてどんなことでも躊躇せず相談できるように、窓口をたくさん設置してきました。 介護サービスを必要とする高齢者に対しても、何種類もの相談窓口が開かれ、 区役所の高齢者福祉課では、常に電話による相談を受け付けています。 高齢者にとって、入院や専門医による診察が突如として必要となることは日常茶飯事ですが、そのときになって戸惑うことは少なくありませんが、このような場合は、高齢者福祉課の地域包括支援係に相談するのがおすすめです。 また認知症については、荒川区の介護予防事業係では専門医や保健師が相談を受け付けるようにしています。 荒川区の社会福祉協議会も、高齢者向けのために相談窓口を設けています。 相談するだけなら費用はかからず、福祉サービスを利用するためのアドバイスはもちろん、成年後見制度の利用方法の指導や、財産管理サービス、金銭管理サービスなどがこれまでに行われてきました。 都立精神保健福祉センターでは、精神科医や看護師が、希望者の自宅に訪問して相談に応じる取り組みを行っています。 その必要があるときは、精神保健福祉センターに問い合わせてみましょう。

次の

荒川区の有料老人ホーム・介護施設一覧

老人ホーム 荒川区

認知症の老人が地域社会とのつながりの中で、安全に、共同生活を行うことを基本に、認知症対応型共同生活介護の提供を行います。 1 入居者の人格を尊重し、常に入居者の立場に立った介護サービスの提供に努めるとともに、個別の介護予防認知症対応型共同生活介護計画及び認知症対応型共同生活介護計画を作成することにより、入居者が必要とするサービスを適切な介護技術をもって提供します。 2 入居者及びそのご家族に対し、介護サービスの内容及び提供方法について解り易く説明します。 3 入居者の身体的、精神的状況の把握に努めるとともに、症状に応じて医療機関への受診を図るなど、適切な対応を致します。 4 常に提供した介護サービスの質の管理、評価を行います。 事業の実施に当たっては、利用者の人格を尊重し、常に要介護者の立場に立ったサービスの提供に努めるものとする。 事業所の職員は、認知症の要介護者及び要支援2の方に対して、共同生活住居で、家庭的な環境と地域住民との交流の下、入浴・排泄・食事等の介護などの日常生活上の世話と機能訓練を行い、利用者それぞれの能力に応じ自立した日常生活を送ることができるよう、必要なサービスの提供に努めるものとする。 事業の実施に当たっては、地域との結びつきを重視し、関係区市町村、地域の保健・医療福祉サービスとの綿密な連携を図り、総合的なサービスの提供に努めるものとする。 また、懇切丁寧にサービスを提供し、利用者・家族に対しサービス提供等について理解しやすいように説明を行うものとする。 もともと荒川区は、大工場を擁する工業地帯でしたが、時代の変革に伴って工場は移転。 その跡地が住宅地や公園として整備されており、特に南千住をはじめとした地域では 大規模なマンションの建設が相次ぎ、若いファミリー層の移住が多くなっています。 そんな荒川区は、住宅街化してきたという背景から、入居一時金が平均で約500万円、月額利用料が20万円前後という施設もあるなど、江戸川区や東京東部のほかの区よりも若干高めの料金設定になっているようです。 そのぶん医療や看護サービスが充実しており、 健康面に不安のある人にとっては、荒川区の有料老人ホームに入居するメリットは大きいでしょう。 荒川区は、1万人当たりの薬局数が第7位、1km当たりの街灯の設置基数が第7位、1km当たりの防火水槽・貯水池等設置数が第4位となっているなど、 健康面、安全面、衛生面での住みやすさは23区内でも上位です。 また、交通事故件数も少数となっており、高齢者が安心して健康に暮らすための素地は整っているといえるでしょう。 荒川区の高齢化率は23. 1%と高い 荒川区の人口は、今世紀に入ってからは少しずつ増加している状況です。 2010年に、約30年ぶりに人口20万人突破を達成したことはまだ記憶に新しいところです。 これは、 南千住地域や日暮里駅の周辺で実施された、再開発計画の成果だと推測されています。 年代別に調べると、65歳以上の世代が占める割合は徐々に上がり、2014年の時点で、高齢化率23. 1%という計算結果が発表されています。 2010年に高齢者人口は4万人を超え、それからわずか5年で4万8,000人を上回った反面、15歳未満の年少者が占める割合は、非常にゆっくりとではあるもののこの20年で確実に低下しています。 出典:荒川区 2018年3月時点 このように、 区内では少子高齢化が着実に進行していることは疑いのない事実。 2025年になると、団塊の世代がすべて後期高齢者の仲間入りをするため、高齢化の影響が一段と顕著になることは間違いないでしょう。 荒川区には、住宅地として使われている地区がたくさんありますが、 地域によって高齢者が多い地区と少ない地区に分かれています。 例えば、尾久はもともと人口が密集している地域ですが、高齢者の人口も区内で一番多く、1万3,000人を超える高齢者が暮らしています。 日暮里や南千住も多く、両地域を合わせると高齢者人口は2万人近くに達するほどです。 また、要介護・要支援認定された高齢者も増加。 初めて7,000人を超えたのは2007年で、それからわずか4年で8,000人を超えました。 出典:荒川区 2018年3月時点 利用者の内訳については、 早くから居宅サービスを利用する人が一番多く、例年70%以上を記録しており、今世紀に入ってから80%に達した年は2度確認されています。 その一方、施設サービスについては微減傾向にあります。 今世紀に入ってからしばらくの間は20%台を記録していましたが、2000年代後半に入ると、15~20%の間で推移するようになっています。 居宅サービスの利用者の間で一番人気があるのは、居宅介護支援サービス。 毎月4,000人以上が利用しており、ときには5,000人を超えることがあるほどです。 施設サービスに関しては、介護老人福祉施設の利用者が一番多く、全体の5割近くを占めています。 介護療養型医療施設については徐々に利用者が減少。 2009年に全体の20%を割り、その4年後に10%未満に落ちました。 また、地域密着型サービスについて 早くから人気があったのは、認知症対応型共同生活介護です。 約10年前からの記録を振り返ると、利用者全体の40~60%くらいが利用していることが判明します。 その次に人気が高いのは、認知症対応型通所介護ですが、徐々に利用者は減少。 2011年には全体の40%を占めていましたが、2013年になると30%未満に落ちました。 通所型サービスはたくさんの種類で成り立っており、「第1号通所介護」を用いると、 デイサービスセンターで食事や入浴といったサービスを受けられ、運動の指導や栄養改善の指導などを受けることも可能です。 デイサービスセンター以外の場所でも、通所型サービスは随時行われており、区内の各地を会場にして「低栄養予防教室」や「口腔保険教室」が開催されています。 運動と会食がセットになった「おげんきランチ」や、運動・栄養指導・認知症予防など、たくさんの内容が盛り込まれている「まるごと元気アップ教室」は、大変人気があります。 このほかにも、料理が苦手な高齢者を対象とした「簡単料理教室」、地域を代表する運動「荒川ころばん体操」を習うことができる「荒川ころばん体操リーダー養成講座」などが開かれています。 1本目の柱は、「高齢者の社会参加の促進と生活支援の推進」です。 高齢者が社会活動に参加しながら、生きがいを感じられるように促すことと、在宅生活の充実化を目指します。 2本目の柱は、「介護予防と重症化予防の推進」です。 高齢の区民が自主的に介護予防に没頭できるように、次々と施策を行います。 3本目の柱は、「介護サービスの充実」で、要介護・要支援の認定を受けた高齢者が、必要なサービスを受けられず苦しむことがないよう、 ケアマネジメントや地域密着型サービスを適正化していきます。 4本目の柱は、「高齢者の住まいの確保」。 高齢者が安心して暮らせる居住環境の提供を目指し、民間の賃貸住宅などの整備事業がすでにはじまっています。 5本目の柱は、「在宅医療・介護・福祉の連携推進」です。 健康で文化的な生活をあらゆる高齢者が最後まで送れるように、 医療・介護・福祉のすべてが密接に協力できる体制づくりを進めます。 すでに区内では、これらのプランを実現するために具体的な活動を開始していますが、日常生活圏域を、5圏域から8圏域に変えたのはその一環。 圏域を細分化することで、これまでより短い時間で必要なサービスの提供が可能となり、介護や医療といった、高齢者にとって必要性の高いサービスが、どの地域でも円滑に受けられるようになることが一連のプランの目標です。 荒川区では、区民が福祉事業についてどんなことでも躊躇せず相談できるように、窓口をたくさん設置してきました。 介護サービスを必要とする高齢者に対しても、何種類もの相談窓口が開かれ、 区役所の高齢者福祉課では、常に電話による相談を受け付けています。 高齢者にとって、入院や専門医による診察が突如として必要となることは日常茶飯事ですが、そのときになって戸惑うことは少なくありませんが、このような場合は、高齢者福祉課の地域包括支援係に相談するのがおすすめです。 また認知症については、荒川区の介護予防事業係では専門医や保健師が相談を受け付けるようにしています。 荒川区の社会福祉協議会も、高齢者向けのために相談窓口を設けています。 相談するだけなら費用はかからず、福祉サービスを利用するためのアドバイスはもちろん、成年後見制度の利用方法の指導や、財産管理サービス、金銭管理サービスなどがこれまでに行われてきました。 都立精神保健福祉センターでは、精神科医や看護師が、希望者の自宅に訪問して相談に応じる取り組みを行っています。 その必要があるときは、精神保健福祉センターに問い合わせてみましょう。

次の

荒川区の有料老人ホーム・介護施設一覧

老人ホーム 荒川区

募集職種 看護職 雇用形態 正職員 勤務地 東京都荒川区町屋7-18-11 給与例 【正看護師】 月給:285,000円〜 <内訳> 基本給:180,000円〜 資格手当:80,000円 オンコール手当(自宅で... 仕事内容 入居者の居室に訪問して行う具体的な仕事としては、・病状の把握(病気や障害の状態、血圧、体温、脈拍などのチェック)・医師の指示による医療処置(嘱託医やかかりつけ医等の指示に基づく医療処置)・褥瘡予防(褥瘡防止の工夫や指導、褥瘡の手当)・機能訓練(拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練等)・薬の医療機器の管... 必須または優遇資格 ・無資格、未経験の方も大歓迎です! ・月4回〜11回の勤務が出来る方 ・「ありきたり、画一的な介護」ではなく、「生きる事... 仕事内容 身体介助や生活援助を含む夜間の介護業務全般。 具体的には・ケアプランの作成・入居者ご家族とのやりとり・サービス担当者会議の開催・通院補助など少人数が対象であるため、より密にケアマネ業務が可能です。 また、より広い視野で特養や、介護業界を見れるようになるお仕事です。 募集職種 介護職・ヘルパー 雇用形態 正社員 勤務地 東京都荒川区南千住 給与例 月給223,000円~235,000円 内訳 基本給 183,000円~195,000円 介護福祉士手当10,000円 夜勤手当30,000... 募集職種 介護職・ヘルパー 雇用形態 正社員【職業紹介】 勤務地 東京都荒川区南千住 給与例 月給253,000円〜 〜給与内訳〜 基本給:183,000円〜200,000円 介護福祉士手当:10,000円/月【資格がな... 仕事内容 【ユニット型特養でのヘルパー業務】 清掃、シーツ交換、配膳・下膳、食事介助、 リクリエーションサポート、身体介助など、 施設のご利用者の身の回りのお手伝いを通じて、 支えとなってさしあげてください。 具体的には、ご希望や経験、ご就業先の業務内容などにより調整いたします。 もっと見る 閉じる 東京都荒川区の資格から介護求人を探す• 東京都荒川区の職種から介護求人を探す• 東京都荒川区の就業形態から介護求人を探す• 東京都荒川区のサービス形態から介護求人を探す• 東京都荒川区のその他条件から介護求人を探す• 東京23区から介護求人を探す• 東京23区内から介護求人を探す• 東京都の市町村から介護求人を探す• 都道府県から介護求人を探す• 介護業界の就職・転職ノウハウ•

次の