インフォ デミック 意味。 インフォデミックとは何か?SNSで広がる善意が恐ろしい誤解を生む|ペンデリオン

デジタル時代の新しいリスク インフォデミックとは?|デジタルリスクラボ

インフォ デミック 意味

インフォデミック infodemic とは、「根拠のないの広範囲にわたる、それに伴うの」をす言葉である。 特に感染症に関するについて使われることが多い。 の流行期にはこの言葉が存在しており()、にが流行した際、圏で「infodemic」の使用例がで多くみられた()。 初頭には、の流行を受け、()がこの言葉を使用し、にもこの言葉が広まった。 事例 感染症についての根拠のないのは、インフォデミックという言葉が生まれる前からある。 例えば、19世紀初めに種痘(痘の予防接種)が普及していった時期には、「接種するとになる」という噂が一部で広まったとされている。 また、のシ・氏によると、熱病の流行の際にも「接種するとが1週間飲めなくなる」という噂が広まり、接種する人が減ったとされている()。 のの流行期には、によって 以下のが 根拠がない、または誤りとされた()。 「を飲めばは治る」• 「を肌に塗るとが防げる」• 「がの予防に効果がある」• 「口内洗浄液がの感染予防になる」• 「食で鼻を洗浄することがの感染予防になる」• 「肺炎用ワクチンがに効く」• 「やなどのに感染する」(発表当時には全くかったが、他の感染症を防ぐため、に触った後は手をで洗っておく必要はあるとしている。 なお、初頭にによってへの感染確認が発表された()が、どちらにしろ対応はこれまでと変わらない。 触れた後のが重要である )• 「から届いた荷物からに感染する」 また、「がの予防になる」というについても、のシ・氏は「 必ずの着用は感染予防にはならない。 他にも対策を講じないと十分ではない」としつつ「 に感染した人は、流行を広げないためにをすべきだ」とした()。 他の対策として、を使ったや、肘で咳を押さえるといった複数の方法がから挙がっている()。 関連項目•

次の

新型肺炎のデマに注意 WHO、正しい10の情報を公開 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

インフォ デミック 意味

インフォデミック infodemic とは、「根拠のないの広範囲にわたる、それに伴うの」をす言葉である。 特に感染症に関するについて使われることが多い。 の流行期にはこの言葉が存在しており()、にが流行した際、圏で「infodemic」の使用例がで多くみられた()。 初頭には、の流行を受け、()がこの言葉を使用し、にもこの言葉が広まった。 事例 感染症についての根拠のないのは、インフォデミックという言葉が生まれる前からある。 例えば、19世紀初めに種痘(痘の予防接種)が普及していった時期には、「接種するとになる」という噂が一部で広まったとされている。 また、のシ・氏によると、熱病の流行の際にも「接種するとが1週間飲めなくなる」という噂が広まり、接種する人が減ったとされている()。 のの流行期には、によって 以下のが 根拠がない、または誤りとされた()。 「を飲めばは治る」• 「を肌に塗るとが防げる」• 「がの予防に効果がある」• 「口内洗浄液がの感染予防になる」• 「食で鼻を洗浄することがの感染予防になる」• 「肺炎用ワクチンがに効く」• 「やなどのに感染する」(発表当時には全くかったが、他の感染症を防ぐため、に触った後は手をで洗っておく必要はあるとしている。 なお、初頭にによってへの感染確認が発表された()が、どちらにしろ対応はこれまでと変わらない。 触れた後のが重要である )• 「から届いた荷物からに感染する」 また、「がの予防になる」というについても、のシ・氏は「 必ずの着用は感染予防にはならない。 他にも対策を講じないと十分ではない」としつつ「 に感染した人は、流行を広げないためにをすべきだ」とした()。 他の対策として、を使ったや、肘で咳を押さえるといった複数の方法がから挙がっている()。 関連項目•

次の

インフォデミックとは (インフォデミックとは) [単語記事]

インフォ デミック 意味

インフォデミック infodemic とは、「根拠のないの広範囲にわたる、それに伴うの」をす言葉である。 特に感染症に関するについて使われることが多い。 の流行期にはこの言葉が存在しており()、にが流行した際、圏で「infodemic」の使用例がで多くみられた()。 初頭には、の流行を受け、()がこの言葉を使用し、にもこの言葉が広まった。 事例 感染症についての根拠のないのは、インフォデミックという言葉が生まれる前からある。 例えば、19世紀初めに種痘(痘の予防接種)が普及していった時期には、「接種するとになる」という噂が一部で広まったとされている。 また、のシ・氏によると、熱病の流行の際にも「接種するとが1週間飲めなくなる」という噂が広まり、接種する人が減ったとされている()。 のの流行期には、によって 以下のが 根拠がない、または誤りとされた()。 「を飲めばは治る」• 「を肌に塗るとが防げる」• 「がの予防に効果がある」• 「口内洗浄液がの感染予防になる」• 「食で鼻を洗浄することがの感染予防になる」• 「肺炎用ワクチンがに効く」• 「やなどのに感染する」(発表当時には全くかったが、他の感染症を防ぐため、に触った後は手をで洗っておく必要はあるとしている。 なお、初頭にによってへの感染確認が発表された()が、どちらにしろ対応はこれまでと変わらない。 触れた後のが重要である )• 「から届いた荷物からに感染する」 また、「がの予防になる」というについても、のシ・氏は「 必ずの着用は感染予防にはならない。 他にも対策を講じないと十分ではない」としつつ「 に感染した人は、流行を広げないためにをすべきだ」とした()。 他の対策として、を使ったや、肘で咳を押さえるといった複数の方法がから挙がっている()。 関連項目•

次の