ガトー ショコラ 作り方 簡単。 混ぜるだけで簡単 ガトーショコラ 作り方・レシピ

バレンタインに 牛乳で簡単ガトーショコラ 作り方・レシピ

ガトー ショコラ 作り方 簡単

ガトーショコラの作り方【基本の簡単レシピ】 材料• ミルクチョコレート…100g• ビターチョコレート…100g• 全卵 …4個• 無塩バター …150g• グラニュー糖 …80g チョコレートを細かく刻む Point! チョコレートはなるべく均等に細かくすることで、より早く溶かす事が出来ます。 Point! 湯煎の温度が高すぎるのは 要注意!! 湯煎している間にチョコレートが分離してしまう可能性が…。 グラニュー糖を2回に分けて加える バターを溶かしたチョコレートの中に、グラニュー糖を2回に分けて入れます。 ここではグラニュー糖を溶かし切らないで大丈夫です。 軽く混ぜ合わせて… 全体を軽く混ぜたあと、続いて2回目のグラニュー糖を入れ、再び混ぜ合わせましょう。 混ぜ合わせる卵の準備 チョコレートとは別のボールで、次に混ぜ合わせる卵の準備をします。 僕は全卵4個使いました。 黄身と白身がしっかりと合わさるまでよ~く溶いてください。 卵をこす 溶いた卵をきめの細かいザルでこしましょう。 このちょっとした一工程を行うだけでもガトーショコラの仕上がりが変わります!! 卵を2回に分けてチョコレートに混ぜる チョコレートへ、卵を2回に分けて入れていきます。 テンパリングしていきます。 Point! テンパリングとは、チョコレートの温度調節をしてツヤを出すことを言います。 ツヤツヤでとろ~りです。 これくらいになるまで混ぜ合わせます。 ツヤがあることを確認したらガトーショコラをあとは焼くだけです! チョコレートを焼き型に入れる 焼き型にクッキングシートをひき、チョコレートを だいたい8分目くらいまで入れてください。 クッキングシートはしっかりと形を作っておくことがキレイに仕上がるコツですよ。 焼き上がり! 冷蔵庫でしっかり冷やしてから、型を抜くようにしてくださいね。 ガトーショコラが冷えたら、型から抜き包丁でカットします。 一口サイズのガトーショコラも喜ばれそうです。 おすすめの仕上げのトッピングは、通称 「泣かない粉糖」と呼ばれる 「溶けにくい加工がされた粉砂糖」があると便利です! まるで雪景色のよう。 見映えの美しさだけでなく、ちょっと焼き過ぎてしまった場合でも目立たなくすることが出来るところがポイントです。 ガトーショコラの盛り付け例 バレンタインデコプレート 今回はバレンタインがテーマでもあるので、バレンタインを意識したデコプレートにしてみました!この文字、僕が頑張って書いたんですよ。 クッキングシートで即席デコペンを作りました。 クッキングシートを半分に 三角の形になるように 切って、真ん中の山で折り目を付けます。 折り目に向かって両サイドからクルッと巻いてペン状にします。 ペン状に出来たら湯煎したチョコレートを注ぎ、尖った先を少し切って、デコペンとして使えます! 僕は太い字が好きなので、切り口を大きくした方が書きやすかったです。 生クリームも添えてみました。 この写真のような ぽってりとした生クリームの作り方は、液体のものをホイッパーでかき混ぜるともちろん出来るのですが、市販で売っているホイップに生クリームを混ぜ合わせると簡単にできます! 2本のスプーンを使って、丸くなるように盛り付けるとプロの生クリームの形が出来ますよ。 スプーンで形作るのが少し難しいんですが、ここは慣れです! 粉糖を使ってお皿におしゃれな演出 溶けない粉砂糖を使ってフォークのシルエットを描きました。 お皿にフォークを置いて、そのうえから粉糖をかけて、フォークをまっすぐ持ち上げるだけです。 好きなキャラクターの形に紙を切り抜いてシルエットを作っても楽しいですね! 上級者っぽく見える盛り付けですが、仕組みは簡単です。 なので、 ガトーショコラは「チョコレートケーキ」という意味になります。 ちなみに「ガトーフレーズ」の「フレーズ」はいちごという意味なので、「ショートケーキ」という事になります。 ちょっとした豆知識! あとがき 今回の記事では、ガトーショコラの作り方をご紹介いたしました。 僕の先輩の棚原さんが書いたバレンタインのためのレシピ集もあるので、あわせて読んでみてくださいね!何を作ろうか考え中の方の参考になれば幸いです。 2019-12-24 16:13 余談ですが、僕のバレンタインの思い出は…中学生のあの時ですかね…。 このブログ記事を書いている時に朝礼のスピーチの当番が回ってきたので、あの甘酸っぱい思い出を披露しました。 みんなニマニマしながら聴いてくれたので、大好評だったんだと思います。 これからも季節の料理をテーマにして記事を更新します。 インスタグラムはスタッフ一同で毎日更新中です! ぜひフォローやイイネしていただけると嬉しいです。 励みになります。 応援よろしくお願いします。 フードコーディネート事業部の料理撮影サービスについて知りたい方は下記のページをご参照くださいませ。

次の

混ぜるだけで簡単 ガトーショコラ 作り方・レシピ

ガトー ショコラ 作り方 簡単

作り方• 無塩バターは常温に戻しておきます。 牛乳は常温に戻しておきます。 耐熱ボウルにビターチョコレート、無塩バターを入れ、湯せんにかけて溶かします。 別のボウルに卵黄、グラニュー糖を入れてホイッパーで混ぜ合わせます。 白っぽくなったら牛乳を加えて混ぜます。 1を加えてゴムベラで混ぜます。 2に粉類をふるい入れ、ゴムベラで混ぜます。 別のボウルに卵白を入れて電動ミキサーで泡だてます。 グラニュー糖を少しずつ加え、ツノが立つまで混ぜます。 残りのメレンゲを2回に分けて加え、その都度さっくりと全体がなじむまで混ぜます。 耐熱性の紙の型に流し入れ、表面をゴムベラでならします。

次の

「ガトーショコラ」失敗から学ぶ、成功するお菓子レシピ

ガトー ショコラ 作り方 簡単

【ポイント1】チョコレートは製菓用を使う ガトーショコラの味わいの決め手となるのが原料のチョコレート。 【ポイント2】材料の温度管理に注意 「チョコレートは加熱しすぎない」「卵、生クリームは必ず室温に戻す」など、温度管理に気をつけることで、出来上がりに差がつきます。 【ポイント3】メレンゲはしっかり立てる しっかりと立ったメレンゲを作ることも重要なコツ。 グラニュー糖を加えるタイミング、使う調理道具の大きさなど、さまざまな点に注意を払いましょう。 それでは実際にガトーショコラの作り方を見ていきましょう。 【徹底解説】濃厚ガトーショコラの作り方 <材料>(直径15cmの丸型1台分)• バター(食塩不使用)…60g• グラニュー糖…40g• 卵黄…3個分• 生クリーム…70ml 【メレンゲ】• 卵白…2個分• グラニュー糖…30g 【飾り用】• 「製菓用のチョコレートは、写真のようにフェーブ状だったり、パレットやダイス状だったりすることが多いので、あらかじめ細かく刻む必要はありません。 板チョコレートの場合は、包丁で刻んでからボウルに入れてください」 3.8割ほど溶けたらゴムべらで混ぜて溶かす チョコレートの形がなくなってきたら、ゴムべらで混ぜて溶かします。 「チョコレートは加熱しすぎると成分が劣化します。 8割ほど形がなくなってきたら、あとはゴムべらで混ぜれば溶けるので、様子を見ながら加熱するようにしましょう。 チョコレートは水分も大敵。 湯せんにかける際は、絶対に水が入らないよう気をつけてください」 4.湯せんから外し、グラニュー糖を加えて混ぜる チョコレートが溶けたら湯せんから外し、ボウルの底の水分を拭き取ります。 グラニュー糖を加え、泡立て器で混ぜます。 「グラニュー糖は一度に加え、チョコレートが熱いうちに溶かします」 5.卵黄を加えて混ぜる 卵黄をひとつずつ加え、その都度泡立て器でよく混ぜます。 ただし、卵黄は必ず室温に戻しておいてください。 温かいチョコレートに冷蔵庫から出したての卵黄を加えると、チョコレートが固まるなどして、うまく混ざらないこともあります」 6.生クリームを少しずつ加えて混ぜる 泡立て器で混ぜながら生クリームを少しずつ加えます。 「生クリームも卵黄と同様、温度管理がポイントなので、室温に戻してから使いましょう。 」 7.メレンゲを作る。 ボウルに卵白を入れ、泡立てる ボウルに、まずは卵白だけを入れ、泡立て器で白っぽくなるまで泡立てます。 「卵を卵黄と卵白に分ける際、卵白には絶対卵黄を入れないよう気をつけてください。 卵黄が少しでも入ってしまうと、メレンゲが立たなくなります。 またボウルは大きめのものを使用してください。 角が立ったらグラニュー糖の残りの半量を加え、さらに泡立てます。 同様に残りのグラニュー糖を加え、しっかり角が立つまで泡立てたらメレンゲの完成です。 「グラニュー糖を一度に加えると卵白は泡立ちにくいので、最初にある程度泡立ててから、複数回に分けて加えるのがポイントです。 ケーキの固さを左右するので、なるべくいいメレンゲを作ることを心掛けてください」 つやがあり、キメが細かくしっかり角が立っているのが理想のメレンゲの状態。 9.6. のチョコレート生地にメレンゲを2回に分けて加え、混ぜる 6. のボウルにメレンゲの半量を加え、泡立て器ですくうようにやさしく混ぜます。 「時間が経ってチョコレート生地が固まってしまうと、メレンゲを加えても混ざりにくいので、なるべく手早く作業するよう心掛けてください。 それでもチョコレート生地が固まってしまった場合は、少し湯せんにかけて生地をゆるめてからメレンゲを加えましょう」 10.ゴムべらで生地を混ぜ、仕上げる 最後はゴムべらに持ち替えて、ムラなく全体を混ぜます。 「ゴムべらを使って、ボウルの底から全体を均一に混ぜます。 粗く混ぜすぎるとメレンゲがつぶれてしまうので、やさしく作業しましょう」 11.1. の型に流し入れ、表面を平らにならす 生地を型に流し入れ、ゴムべらを使って表面をそっと平らにならします。 中心までふくらんだら焼き上がりです。 型のままケーキクーラーにのせ、完全に冷めるまで置いたら、型から外します。 「焼き立てはふくらんでいますが、冷めると中央が沈みます。 熱いうちは形が崩れやすいので、必ず冷めてから型から取り出すようにしてください」 口溶けなめらかで絶品! 本格ガトーショコラの完成 完成したガトーショコラに溶けないタイプの粉砂糖をふれば、高級感のある見た目に。 切り分けて器に盛り、ホイップクリームやベリー系のフルーツを添えると、まるでカフェに出てくるような素敵なプレートが完成します。 メレンゲを使っているので、外側の食感はサクッと軽やか。 中心にいくにつれ、しっとり濃厚な味わいが楽しめるガトーショコラです。 「冷蔵庫で冷やしてから召し上がるのもおすすめです。 より生地がしっとりして、生チョコレートのような味わいが楽しめますよ。 小麦粉を使用していない分、原料のおいしさがダイレクトに堪能できるので、いろいろなメーカーのチョコレートを使って試してみてください」.

次の