ジダン 久保。 久保、魅せた3人抜き ジダン監督称賛「俊敏 常にゴールに向かってプレーしている」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

ジダン監督「久保は素晴らしい試合」も将来明かさず(日刊スポーツ)

ジダン 久保

エイバル戦で3点目。 ただレアルのアタッカー陣は「オーバーブッキング」気味。 [スペイン1部 27節] エイバル 1-2 マジョルカ/2020年3月7日/エスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーア スペイン(ラ・リーガ)1部リーグ、RCDマジョルカの日本代表MF久保建英がSDエイバル戦で1ゴールを決め、さらにドリブル突破から先制点につながる直接FKも獲得し、チームの2-1の勝利に貢献した。 この活躍によって、改めて注目を集めるのが、久保の来夏の去就だ。 現在はレアル・マドリードからのレンタル移籍で、その期間があと3か月で終わる。 そうしたなか移籍を中心に扱う情報サイト『Fichajes. net』が、久保のレアル・マドリード復帰に関するレポートを掲載した。 記事では、久保はこれまで1431分に出場し、約500分に1ゴールを決める「印象的な数字」を残していて、レアル・マドリードに復帰する可能性も高まっている。 ただジネディーヌ・ジダン監督とフロレンティーノ・ペレス会長は、久保の「管理」に問題を抱えそうだというのだ。 移籍マーケットではさまざまな動きが出ている。 しかし久保がレアル・マドリードに復帰した場合、アタッカー陣は「オーバーブッキング」により、なかなか出場機会を与えられないのではないか、と報じている。 無論、それは誰の目にも明らかなことではある。 そのなかで今シーズン、エデン・アザールの負傷離脱などの影響もあり、序盤は久保と同じ2001年生まれのブラジル代表FWロドリゴ、そして最近は19歳の同じくブラジル代表に選ばれるFWヴィニシウスがレギュラーポジションを掴んでいる。 ノルウェー代表FWの22歳マルティン・ウーデゴールは、レアル・マドリードからレアル・ソシエダに2年契約で期限付き移籍をしている。 本人は腰を据えて結果を残したいという意向だ。 ただしレアル・マドリードが1年での復帰を画策しているとも言われる。 ウーデゴールはオランダで2シーズン、スペインで1シーズン、これまでレンタルでプレーしてきている。 そこで記事では、レアル・マドリードは久保についても「ウーデゴールモード」で、レンタルを延長したうえで成長を後押しする考えがあるのではないかというのだ。 レアル・マドリードはレンタル移籍中の選手たちのパフォーマンスを常にチェックしている。 久保が活躍すればするほど、ジダン監督は間違いなく喜んでいる。 ただ、チームの構成を考えるうえでは、嬉しい悲鳴になるか? マジョルカは7勝4分16敗(28得点・44失点)の勝点25。 降格圏の18位にいるが、直接対決で勝利を収めた16位のエイバルとは勝点2差に縮めた。 久保はリーグ24試合・3得点・3アシスト。 マジョルカは次節3月14日(日本時間15日2:30)、FCバルセロナをホームで迎える。 [文:サカノワ編集グループ].

次の

レアル・ジダン監督 久保建英の“帰還”を望む 地元メディア報じる― スポニチ Sponichi Annex サッカー

ジダン 久保

マジョルカ・久保建英をジダンが絶賛「彼のパフォーマンスに私が驚くことはない」 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英(19)が自身の所属元となるレアル・マドリード戦(24日)で果敢なドリブル突破を仕掛けるなど存在感を発揮したが、その活躍に絶賛の嵐だ。 敵将となるRマドリードのジネディーヌ・ジダン監督(48)は久保のパフォーマンスについて「彼は素晴らしい試合をした。 彼がどういう選手なのか我々は知っていて今日はそれを証明した。 非常に技術が巧みで常に相手ゴールへ向かう。 彼のパフォーマンスに私が驚くことはない」と最大級の賛辞を贈った。 現地メディアも軒並み高評価だ。 ボールを自在に操り、全ての目が彼に集まり、そして彼は期待に応えてみせた」とたたえた。 「マルカ」や「ムンドデポルティーボ」など大手紙もこぞって高い評価を与えた。 スペイン国外でも、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は「レアルに問題を引き起こした。 日本人がボールを持ったときは耐えるだけだった」と称賛。 世界中にその存在をアピールした。 54 ジダン久保に拍手してたな。 そろそろかな。 右足のシュートはすでに取り組んでいて実際に3点中2点は右足で取ってるからね。

次の

「久保建英とハメスを入れ替えたい」ジダン監督の意向をスペイン・メディアが報じる!「驚異的なペースで成長」

ジダン 久保

のジネディーヌ・ジダン監督が、日本代表MFの去就について言及した。 レアル・マドリーは、17日に行われるリーガ・エスパニョーラ開幕節でセルタとのアウェー戦を迎える。 この試合に向けた記者会見に出席したジダン監督は、バジャドリーのレンタル移籍の可能性が近日に伝えられていた久保建英について、「残ることを期待している」とコメント。 今季はラウール・ゴンサレス監督が率いるレアル・マドリー・カスティージャ(スペイン3部)に在籍することを望んでいる。 「久保はここの、レアル・マドリーの選手で、未来がある。 8月31日までは色々なことを話せるし、どんなことでも起こり得る。 しかし私は久保がここに残ることを期待している。 ここで練習して、成長していくことをね。 最初にプレーするのはカスティージャの試合となるが、それも大切だ。 彼はマドリーの未来なのだからね」 編集部のおすすめ•

次の