山形銀行 カードローン 審査。 山形銀行カードローンの審査、返済まとめ|カードローンのいろは

愛媛銀行(ひめぎん)カードローンの審査やメリット・デメリットを解説|カードローンのいろは

山形銀行 カードローン 審査

申し込み資格 20歳以上70歳未満 融資限度額 10万円~500万円 金利 4. しかし、同行の基準を満たしている方という申し込み基準があり、実質的には収入がなかったり、かなり低かったりする場合には申し込みはできても、審査には通らない可能性があります。 また、ある程度の収入があっても、審査がありますので、通るとは限りません。 申し込みのできるエリアも規定されていませんので、 全国どこからでも申し込みは可能です。 ただし、山形銀行の口座開設は、インターネット支店でも、東北各県 山形県、宮城県、秋田県、福島県 と関東地域 栃木県、埼玉県、東京都 で、支店のある地域に限られており、それ以外からの申し込みは審査に通ることは比較的難しいと考えられます。 融資限度額について 山形銀行カードローンの融資限度額は、 500万円までとなっています。 銀行系カードローンとしては平均的な金額です。 そのため、融資限度額をカードローン選びの参考にする必要はあまりないでしょう。 融資金利の詳細 山形銀行カードローンの融資金利は、 融資限度額に応じて下がっていきます。 上限金利の14. また、融資限度額による金利区分も大まかになっており、特に融資限度額が低くニーズも多い100万円未満の区分は14. 融資限度額ごとの融資金利は、下表のようになっています。 融資限度額 金利(年) 100万円未満 14. 反対に、融資限度額は平均的であり、社会属性が高く、高額ローンを期待される方にはあまりメリットにはなりません。 ただし、ニーズの多い融資限度額が100万円未満の方にとっては申し込み上のメリットがあるカードローンといえるのです。 例えば、地方銀行などで融資限度額が100万円の場合の金利を比べると、下表のようになります。 銀行名 金利 年 山形銀行 14. したがって、比較的社会属性が高い方で、融資限度額は低くても良いという方の場合には、向いていない商品でデメリットといえます。 山形銀行カードローンの申し込みとその手順について 山形銀行カードローンの申し込みは、山形銀行に口座のある方対象の「 口座あり型」と口座のない方対象の「 口座レス型」に分かれています。 どちらも、スマホやパソコンでインターネットからWEB上でできるようになっており、 契約までWEB上で完結させることができるのです。 地方銀行によっては、口座の有る方のみ、完全なWEB完結になっている場合も多く、口座のあるなしに関係なく、契約までできるのは珍しいといえるのです。 ただし、口座のあるなしで申し込み方法が違っており、やはり口座のある方のほうが審査は有利になっていると考えられます。 「口座なし型」の場合には、借入も返済もすべてローン専用カードでおこないます。 「口座あり型」の場合には、ローン専用カードは発行されますが、口座からの自動引き落としによる返済や同行口座での引き落とし時の不足金の自動融資機能もあるので、便利です。 インターネットによる申し込み 山形銀行カードローンは、口座のあるなしに関わらず、WEB上で完結させることができるので、 スマホであれば、場所、時間を気にすることなく申込めます。 また、山形銀行カードローンには、増額ができるようになっており、これもWEB上で契約までおこなうことができます。 審査結果後の契約手続き 山形銀行カードローンは、WEB上で必要項目を入力して申し込みボタンを押せば、審査が始まります。 審査結果が出ると、あらかじめ登録した電話番号に結果連絡がきます。 審査に通りますと、次は契約手続きです。 契約書の約定や 必要書類の提出など、契約手続きもWEB上ですべて完結させることができます。 契約書や必要書類も、スマホなどのカメラで撮影して、そのままアップロードでき、WEB上で完結できるのです。 契約が完了すれば、あとはカードが作成されて、 簡易書留で郵送されますので、受け取れば、いつでもカードでATMからお金を引き出すことができます。 ただし、カード作成や郵送に時間がかかるため、 契約終了からカードが手元に来るまでは、数日から1週間程度はかかります。 申込に際しての必要書類 山形銀行カードローンの必要書類は、商品説明書や案内ページには記載されていませんが、カードローン申し込みにおいては、 本人確認書類が必須です。 本人確認書類は、原則として運転免許証かパスポートなどの、住所、氏名が確認できるものになります。 また、希望融資限度額が50万円を越えている場合には、 収入証明書が必要です。 申し込み時の必要書類• 山形銀行カードローンの審査時間 山形銀行カードローンの申し込みから審査結果が出るまでは、通常1~5日程度です。 ただし、契約後手続きに時間がかかるため、 申し込みからカードが届くまでは最短でも1週間、通常は10日以上が必要になります。 特に口座のない方の場合には、初回の振込みキャッシングもないため、実際にお金を引き出せるのには確実に10日以上かかります。 なお、「口座あり型」の場合には、初回申し込み時に限り、振込みキャッシングで指定の口座にお金を振込んでもらえるサービスがありますので、お金を手にできる期間は短くできます。 ただし、お金が急に必要という場合で、金額も50万円以下の場合には、金利はやや高くなりますが、大手消費者金融系カードローンを申込むほうが早く借りることが可能です。 また、 大手消費者金融のアイフルやアコム、レイクALSAなどは初回契約時に無利息期間を設けています。 そのため、短期での返済が見込める方であれば、消費者金融を利用したほうが、かえって総支払総額を抑えることができる可能性があります。 銀行系カードローンには審査ノウハウがない 日本の銀行は、明治時代から企業に対する融資を中心におこない、しかも担保融資がほとんどでした。 銀行は、個人向けの無担保無保証人の融資はおこなっていなかったのです。 そのため、 日本の銀行には、無担保無保証人のカードローン融資に対する審査ノウハウはありません。 銀行系カードローンは保証会社の保証が不可欠 銀行は、一方で、銀行法によって資金の運用が縛られています。 預金として集めた資金は、リスクの高い運用に回すことを制限されているのです。 そのため、銀行系カードローンは、銀行の独自審査とは別に、保証会社の保証が必要になっています。 銀行の独自審査と保証会社審査の二重審査をおこなう必要があるため、 銀行系カードローンは、審査が厳しく、時間もかかるのです。 山形銀行カードローンの審査内容 個々の銀行では、それぞれに独自の審査項目とそれに対する基準を持って審査をしています。 基準が緩いか厳しいかは別にして、一般に銀行自身がおこなう審査項目としては、次のようなものがあります。 一般的な審査内容• 申込み時に入力された社会属性が基準に達しているか 融資対象かの確認も• 収入金額が銀行の最低基準に達しているか• 収入金額が銀行の最低基準に達しているか• 居住内容 持ち家か、賃貸かの区分と居住年数など が基準に達しているか それぞれの項目に対する 審査の基準は、各銀行の事情によって変わってきます。 例えば、利益率の悪い銀行や基盤の弱い銀行は、審査が緩くなり、収入が100万円程度と少なくても審査に通る傾向が強いのです。 一方、利益率が高く、基盤もしっかりしている銀行では、最低収入基準を250~300万円以上などのように高く設定している場合もあります。 山形銀行カードローンの信用情報審査は厳しい カードローンは、銀行以外にも消費者金融会社やクレジットカード会社から発行されていますが、その審査で一番に重視されるのは信用情報になります。 信用情報は、他社の借入金残高確認と、その借入に延滞がないかの確認であり、指定信用情報機関の個人信用情報によって確認します。 したがって、山形銀行カードローンの審査でも、 申込者の個人信用情報は必ず確認するのです。 山形銀行カードローンには在籍確認がある 山形銀行カードローン審査では、他の銀行や消費者金融会社と同様に、 在籍確認が行われています。 カードローン審査では、申込みをした方の安定した収入を保証してくれるのが勤務先であり、大切な要素なのです。 借入をした場合に、継続して返済を続けていくことができるか 返済能力 を判断する上でとても重要な情報なのです。 山形銀行の審査担当者は、最初に入力された勤務先に実際に勤務しているかどうかを確認するために、会社に電話するのです。 ただ、カードローンを申込む場合には、会社に電話があると、上司などに借入を申込んだことを知られてしまうのではないかと不安です。 でも心配はいらないのです。 在籍確認をする際の電話は、専門の担当者が、個人名を使って、友達やセールスなどを装って、カードローンとわからないように確認します。 山形銀行カードローンの保証審査 山形銀行カードローンの保証会社は、 アコム 株 がおこなっています。 一般に、保証会社を大手消費者金融会社がおこなっている場合には、過去の莫大な融資情報を分析して構築したスコアリングシステムで機械審査をおこないます。 アコム 株 も大手消費者金融会社の一つであり、迅速な審査が可能となっています。 山形銀行カードローンの借り入れ方法 山形銀行カードローンの借入は、「口座あり型」でも「口座レス型」であっても、送られてくるローン専用カードで、同行のATMか、提携先のATMから借りる形になります。 なお、「口座あり型」では、同行にある口座で公共料金やクレジットカードなどの自動引き落としをする場合に、預金残高が不足となった際には、融資限度額の範囲で自動的にその口座に融資がおこなわれる機能があります。 ATMによる借入 ATMでは、画面の指示にしたがい操作していくだけで簡単に借り入れが可能です。 コンビニの提携ATMは24時間利用可能です。 ただし、コンビニの提携先ATMを利用する場合には、利用手数料がかかります。 また、山形銀行のATMでも、平日時間外と休日の場合には、利用手数料がかかりますので、注意が必要です。 山形銀行カードローンの提携ATMはどこ? 山形銀行カードローンでお金を引き出せるATMは、 自行ATMと、コンビニに設置している提携ATMになります。 すべて借入・返済とも利用可能です。 提携先とATM設置場所は次のようになっています。 借入残高 返済額 借入残高 返済額 2千円未満 残金額 70万円超~80万円以下 16,000円 2千円以上~10万円以下 2,000円 80万円超~90万円以下 18,000円 10万円超~20万円以下 4,000円 90万円超~100万円以下 20,000円 20万円超~30万円以下 6,000円 100万円超~110万円以下 21,000円 30万円超~40万円以下 8,000円 110万円超~120万円以下 22,000円 40万円超~50万円以下 10,000円 120万円超~130万円以下 23,000円 50万円超~60万円以下 12,000円 130万円超~140万円以下 24,000円 60万円超~70万円以下 14,000円 150万円超 25,000円~ なお、返済金額は、他の地方銀行カードローンに比べますと、残高の区切りが10万円単位で設定されており、わかりやすく、返しやすい設定になっています。 これは、「口座あり型」でも「口座レス型」でも同じです。 ただし、随時返済では、「口座あり型」の場合、ATMからの入金は任意返済となり、毎月定期返済はそのまま引き落としされます。 そして、「口座レス型」の場合、3日の返済日から15日前までの入金は約定返済とみなされ、それ以前の場合には任意返済扱いとなります。 そのため、15日よりも前にATMから返済した場合、3日の定期返済日にも返済金額を入金する必要があります。 山形銀行カードローンのまとめ 山形銀行が発行するカードローンの商品概要、申込み手順、審査方法、借入と返済方法などについて詳細にご紹介しました。 山形銀行は銀行のカードローンのなかでは金利が高めに設定されていますが、その分審査難易度が低い可能性があるカードローンです。 山形銀行カードローンを借りるために必須となる口座開設は、インターネット支店でも、東北各県 山形県、宮城県、秋田県、福島県 と関東地域 栃木県、埼玉県、東京都 となっているので、この地域にお住まいの方や通勤している方であれば検討したいカードローンといえます。 学生時代には月間1,000万PV規模のWebメディアでインターンを経験。 SI系のベンチャー企業での勤務を経て、2017年に株式会社サイバーエージェント入社ののち株式会社CyberSS 現:CyberOwl に異動。 クレジットカードはアメリカン・エキスプレス・カード グリーン とJAL Global WALLET、キャッシュレスではLINE Payを愛用中。 釣りが趣味で船、陸問わず釣りに行く。 どこかにマイルを使って南の島に釣りに行くのが目標。 山形銀行カードローンの融資条件 融資額 貸付利率 実質年率 遅延損害金 利率 公式サイト参照 公式サイト参照 年18. 必要ありません。 アコム㈱が保証いたします。 5%~18. カードローン基礎知識• おすすめのカードローン•

次の

山形銀行カードローンの口コミ・評判は?審査や金利、お金借りるワザ。カンタン5分申込で借りれるカードローン

山形銀行 カードローン 審査

山形銀行は、山形県山形市に本店を置く、県内トップの地方銀行になります。 山形銀行カードローンは、パート・アルバイトでも借り入れできるほか、口座を持っていれば来店不要でお金を借りられます。 希望をすればカード到着前の振込融資にも対応してもらえるため使い勝手が良いです。 この記事では、山形銀行カードローンの「特徴」から「審査ポイント」までを解説しています。 山形銀行カードローンの基本スペック 実質年率 借入限度額 審査時間 4. 利用地域に該当しない場合は、他社のカードローンを利用しましょう。 山形銀行カードローンの3つの特徴• 口座を持っていると即日融資に有利• 口座があるとスマホ完結もおこなえる• 自動融資機能があるから契約しておくと便利 口座を持っていると即日融資に有利 山形銀行カードローンは、口座を持っていると契約手続きがスムーズにできますので、即日融資に有利になります。 その一方で、口座を持っていないと書類をFAXや郵便で送付する必要があるため、時間や手間がかかり即日融資に不利になります。 口座があるとスマホ完結もおこなえる 山形銀行カードローンは口座があると、スマホなどのインターネット上で契約手続きがすべておこなえます。 わざわざ来店したり郵送でやり取りする必要がないので、口座があるなら山形銀行カードローンをおすすめします。 自動融資機能があるから契約しておくと便利 山形銀行カードローンを契約しておくと、口座の引き落とし残高が不足している場合に自動的に融資をしてもらえます。 もしもの時に役立つカードローンなので、一枚持っておくと便利です。 山形銀行は、すでに口座を持っている人向けのカードローンです。 山形銀行カードローンの審査ポイント 専業主婦・パート・アルバイト・年金受給者OK 山形銀行カードローンは、パートやアルバイトにより収入がある人はもちろん、専業主婦や年金受給者の人でも審査対象になります。 他行のカードローンは、アルバイト・パートは50万円までなどのリミテーションが設定されているケースがありますが、山形銀行のカードローンは幅広い性への貸付に対応しているほか、年収が低くても利用限度額の制限がありません。 保証会社はアコムになる 山形銀行カードローンの保証会社、いわゆる審査を担当しているのは消費者金融系のアコムになります。 一般的にはローンの滞納記録などは5年あれば情報が消えるといわれていますが、過去にアコム関連のカードローンを利用して滞納をしていた場合、個人情報機関の情報は消えていたとしても、アコムの審査システムにはその情報が残っているかもしれません。 アコムの保証が受けられなければ、当然ながら山形銀行カードローンの審査に通過するのも難しくなると考察されます。 心当たりのある人は、たとえ信用情報が回復していたとしてもアコムが保証会社ではない他社のカードローンの利用をおすすめします。 審査落ちは書面ハガキで結果が送られてくる 山形銀行カードローンは審査に通過すると電話で、審査落ちすると書面ハガキにて審査結果が送られてきます。 ハガキが郵送されて自宅に届くまでに3〜4日かかり、審査結果が分かるのが遅くなります。 あらかじめ山形銀行へ連絡をしておけば、万が一審査に落ちてしまった場合でも電話で結果を知らせてもらえます。 審査に通過するかどうか不安な場合は、申込後に「電話で審査結果を伝えて欲しい」という旨を伝えておくといいでしょう。 今日中に山形銀行カードローンでキャッシングする方法 山形銀行カードローンは、口座がなくても申込当日の融資に対応してもらえます。 即日融資を希望する場合は、振込がおこなえる平日15:00までにカードローン契約を完了させましょう。 土日祝日は振込融資がおこなえないため、即日融資が受けられるのは平日のみとなります。 山形銀行カードローンは急ぎで融資を受けたい場合、口座があってもなくてもローンカードが届く前に振込融資をしてもらえます。 先ほども説明がありますが、即日融資をおこないたい場合は、振込融資がおこなえる平日15:00までに手続きを完了させましょう。 必要書類について 山形銀行カードローンは、本人確認書類(運転免許証等)を提出するほか、利用限度額が50万円を超える場合は、所得を確認できる書類(源泉徴収票等)の提出が必要になります。 口座を持っていない場合は、仮審査結果後に必要書類を持参したうえで来店し、口座開設の手続きをする必要があります。 山形銀行カードローンの返済方法 山形銀行カードローンは、 毎月3日に次の金額が自動引き落としされます。 毎月の返済額 借入残高 毎月の返済額 〜100,000円 2,000円 100,001〜200,000円 4,000円 200,001〜300,000円 6,000円 以降10万円増すごとに 2,000円ずつ追加 900,001〜1,000,000円 20,000円 1,000,001〜1,100,000円 21,000円 1,100,001〜1,200,000円 22,000円 1,200,001〜1,300,000円 23,000円 以降10万円増すごとに 1,000円ずつ追加 4,900,001〜5,000,000円 60,000円 毎月の約定返済のほかに、山形銀行ATMまたはコンビニATMより随時返済をすることも可能です。 10万円以下のキャッシングの場合、月々2,000円の返済で利用することができます。 返済負担が少ないカードローンなので、ゆとりをもった返済がおこなえます。 山形銀行カードローンは家族や会社にバレないでキャッシングできる? 家族や会社にキャッシングがばれてしまう理由として、自宅に届く郵送物や勤務先への在籍確認があげられます。 いずれにしても山形銀行カードローンは、郵送物や在籍確認を避けることはできません。 山形銀行カードローンの在籍確認 カードローン契約をおこなうときに、山形銀行から勤務先へと在籍確認の電話連絡がはいります。 在籍確認を避けることはできませんが、銀行名ではなく個人名で在籍確認をおこなってもらうことができます。 そのため郵送物を避けることはできませんが、本人受取限定郵便で送られてくるので家族に郵送物を受け取られてしまうことはありません。 口座があれば契約手続きがとても簡単で、スマホなどのWEBのみで手続きが終わります。 口座がない場合は、口座開設をおこなう必要がありますので、署名をしたり捺印したり、このやり取りに時間がかかります。 山形県内で一押しのカードローン 金利 口座が無くても来店不要 年2. 5%引き下げます。 引き下げ適用後の金利は年1. 口座を持っていない場合は、来店して手続きをする必要があるため、オンラインで開設手続きができる、または口座開設不要なカードローンを選択されてはいかがでしょうか。 山形銀行カードローンの貸付条件 融資額 実質年率 利用対象 10万円〜500万円 4.

次の

山形銀行カードローンの審査申し込み方法は?即日は可能?

山形銀行 カードローン 審査

山形銀行カードローン詳細情報(スペック表) 申し込み条件 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方 必要書類 本人確認書類 審査時間 最短2営業日程度 利用用途 自由(事業性資金は除く) 契約期間 1年間 限度額 10万円以上500万円以内 保証会社 アコム株式会社 山形銀行カードローンのメリット• 申し込みから融資までWEBで完結できる• 10万円以下の借り入れなら2000円から返済可能• 山形銀行の口座を持っていれば事前振り込みしてもらえる 申し込みから融資までWEBで完結できる カードローンは会社によって申し込み方法が変わります。 山形銀行カードローンは、店頭や電話での申し込み以外に、WEBからの申し込みに対応しています。 また融資まで全てWEB上で完結できるので、手続き中に店頭に出向く必要はありません。 山形銀行カードローンを利用したいけれど、近くに店舗がなくて申し込みに行けない方もいるでしょう。 そういう方でも、ネット上から気軽に手続できるのは大きなメリットです。 カードローンの中には、WEBから申し込みができても契約時に店頭に出向かなければならないものもあります。 そういったカードローンに比べると、手続はかなり楽です。 なかなか店頭に出向く時間がない方も、山形銀行カードローンなら気軽に申し込みできるでしょう。 10万円以下の借り入れなら2000円から返済可能 カードローンでお金を借りた時、毎月いくら返済するかはカードローンによって変わります。 無理なく返済するためには、無理のない範囲で返済できるようなカードローンを選ばなければなりません。 山形銀行カードローンは借入額によって毎月の返済額が変わるのですが、10万円以下の借り入れなら2000円から返済することができます。 他のカードローンに比べても少額なので、返済しやすいカードローンと言えるでしょう。 返済額が固定されているのも、初めてカードローンを利用する方には嬉しいポイントです。 返済額が変動しないので分かりやすく、返済計画が立てやすくなります。 山形銀行の口座を持っていれば事前振り込みしてもらえる カードローンは申し込みをしたからといって、必ずしもすぐに融資が受けられるわけではありません。 融資までのスピードはカードローンによって変わります。 特にローンカードを使って借り入れを受けるようなカードローンは、カードが自宅に届くまで融資を受けられないことがあります。 山形銀行カードローンもローンカードで借り入れするのですが、事前振り込みサービスにも対応しています。 これを利用すれば、ローンカードが届く前に振り込みで融資が受けられるので便利です。 少しでも早くお金が必要な方は、事前振り込みサービスを利用しましょう。 ただし、これは山形銀行の口座を持っている方が利用できるサービスです。 口座がない人は利用できないので注意してください。 山形銀行カードローンのデメリット• 即日融資には対応していない• 営業地域内に住んでいる方しか利用できない• コンビニのATMだと手数料がかかる 即日融資には対応していない カードローンを利用する人の中には、少しでも早く融資して欲しい方もいるでしょう。 そういう方に便利なのが即日融資です。 即日融資に対応しているカードローンなら、申し込みしたその日に借り入れすることができます。 しかし、山形銀行カードローンは即日融資に対応していません。 申し込みしてから融資を受けるまで、数日はかかってしまうので注意しましょう。 即日融資に対応しているのは、消費者金融のカードローンのみです。 山形銀行に限らず、銀行系のカードローンは即日融資に対応しなくなりました。 どうしても申し込みしたその日に融資を受けたいなら、消費者金融のカードローンを利用するしかありません。 営業地域内に住んでいる方しか利用できない 全国から申し込みを受け付けているカードローンもありますが、山形銀行カードローンは全国対応していません。 申し込みできるのは、山形銀行の営業地域内に住んでいる、もしくは勤務している方のみです。 山形県以外では、宮城県、秋田県、福島県、栃木県、埼玉県、東京都の特定地域に住んでいる方が申し込みできます。 申し込みできる人が限定されているのはデメリットになるでしょう。 山形銀行カードローンの利用を検討しているなら、まずは自分が住んでいるエリアが営業地域内か確認しておきましょう。 地方銀行のカードローンは、申し込み条件で住んでいる地域が限定されていることが多いです。 全国どこからでも申し込みできるカードローンを探しているなら、大手の消費者金融カードローンを探してみるとよいかもしれません。 コンビニのATMだと手数料がかかる カードローンは借り入れや返済などで、ATMを利用することが多いです。 そのため、ATMを無料で利用できるかどうかが重要になります。 山形銀行カードローンの場合、銀行のATMなら無料で利用できますが、コンビニのATMを利用する時には手数料がかかってしまいます。 コンビニのATMは設置数も多いですし、24時間利用できるので非常に便利です。 身近に山形銀行のATMがない方は、コンビニATMを利用する機会が多くなるでしょう。 その時、毎回手数料がかかってしまうのはデメリットです。 1回の手数料は少なくても、使用する回数が多くなると大きな負担になります。 山形銀行カードローンの審査基準は他社より甘い? カードローンの審査基準は、基本的に公開されていません。 それぞれに審査基準があり、A社で融資が受けられなかった人が、B社で融資を受けられることもあります。 申し込み条件や金利の高さなどを見ると、ある程度審査基準が甘いかどうかが推測できます。 山形銀行カードローンは、正社員だけでなくパートやアルバイトの方、さらには専業主婦や年金受給者も申し込み可能です。 申し込みの対象が広いため、特別審査基準が厳しいとは言えないでしょう。 金利に関しては低ければ低いほど、審査基準が厳しくなる傾向があります。 山形銀行カードローンは他銀行に比べても平均的な金利です。 色々な面から見て、審査基準はそれほど厳しくないと考えてよいかもしれません。 山形銀行カードローンの金利は他社より高い? 【金利一覧】 山形銀行カードローン 4. 他の銀行系カードローンと比較すると、山形銀行カードローンは上限金利も下限金利も平均的な数字です。 プロミスやアイフルなど大手消費者金融と比べると、上限金利は低く設定されています。 金利が高ければ高いほど、返済する時の利息額も大きくなるため見逃せないポイントです。 返済の負担を減らすためには、なるべく金利の低いカードローンを選ぶほうがよいです。 山形銀行カードローンは、金利が低く利用しやすいカードローンと言えるでしょう。 山形銀行カードローンの利息一覧 利息額は金利や借入期間、借入額などによって変動します。 同じ金額を借り入れていても、利用するカードローンによって支払う利息額が変わるので注意しましょう。 山形銀行カードローンは、利用限度額によって金利が変わります。 100万円未満なら14. 借り入れする時は、返済時に利息額がいくらかかるのか把握しておくとよいでしょう。 山形銀行カードローンで7日間借り入れを受けた場合の利息額の一例は以下の通りです。 【7日間借り入れた場合の利息額】 借入額 利息 1万円 26円 5万円 134円 10万円 268円 20万円 536円 50万円 1342円 100万円 2301円 150万円 3452円 200万円 3068円 300万円 4602円 500万円 4315円 山形銀行カードローンは返済しやすい? カードローンを選ぶ時は、返済しやすいかどうかもチェックしておくとよいでしょう。 対応しているATMが少なかったり、用意されている返済方法が限定されていたりすると、返済がしにくく遅延などのトラブルが発生しやすくなります。 山形銀行カードローンは毎月決まった額を返済する約定返済と、好きなタイミングで返済できる任意返済が可能です。 約定返済も最低毎月2000円という少額から可能なので、返済しやすいカードローンと言えるでしょう。 山形銀行のATMだけでなく、コンビニのATMから返済可能なのもポイントです。 対応しているATMが多ければ、それだけ返済もしやすくなります。 ただし、コンビニのATMを利用する場合手数料がかかってしまう点には注意してください。 返済方式 山形銀行カードローンの返済方式はいくつかありますが、基本的な返済方式は約定返済です。 約定返済は多くのカードローンで取り入れられている返済方法で、毎月決められた日に指定口座から自動引き落としで返済します。 返済する金額は借り入れ残高によって決まります。 一定範囲内なら返済額が変わらないのが大きな魅力です。 何度か借り入れしても、決められた範囲内なら返済額が変動しないため、返済計画も立てやすくなるでしょう。 約定返済とは別に、任意返済することも可能です。 任意返済はローン専用カードを使い、ATMから返済する方法です。 約定返済とは違い、自分の好きなタイミングで返済することができます。 山形銀行カードローンを利用した場合、この2つの方法で返済することになります。 返済日 山形銀行カードローンの毎月の返済日は3日です。 3日に指定口座から自動引き落としで返済することになります。 もし3日が休日の場合は、翌営業日が返済日になるので注意しましょう。 返済する金額は、返済日前日の借入残高に応じて決定されます。 残高不足で3日に引き落としが行われなかった場合、遅延扱いになってしまうので注意してください。 カードローンで返済の遅延を起こしてしまうと、様々なトラブルが発生します。 遅延損害金が発生した場合、年18. それだけでなく、あまりに遅延が酷い場合には信用情報に傷がつく可能性もあります。 新たにローンが組めなくなったり、クレジットカードが発行できなくなったり、大きなリスクを負うことになるので返済は遅れないように気をつけましょう。 毎月の返済額 毎月の返済額を事前にチェックしてカードローンを選ぶことも大切です。 返済方法や金利によって、毎月の返済額は変わります。 無理のない範囲で返済できるカードローンかを見極めないと、返済に困ることもあるので注意しましょう。 山形銀行カードローンは、借入残高によって毎月の返済額が変わります。 借入残高 返済額 1万円 2000円 5万円 2000円 10万円 2000円 20万円 4000円 50万円 1万円 100万円 2万円 150万円 2万5000円 200万円 3万円 300万円 4万円 500万円 6万円 毎月の返済額は上記の通りです。 10万円までの借り入れなら、2000円と少額の返済になるのが大きな魅力でしょう。 借入残高が増えると、毎月の返済額も大きくなります。 限度額いっぱいの500万円を借り入れした場合でも、毎月の返済額は6万円です。 他のカードローンと比べても、特別大きな返済額ではありません。 返済の負担が少ないカードローンを探している方にも、利用しやすいカードローンと言えるでしょう。 山形銀行カードローンの借り入れ方法 山形銀行カードローンでは、3つの借り入れ方法が用意されています。 ATMを利用した借り入れ 山形銀行カードローンに申し込みすると、専用のローンカードが発行されます。 このローンカードを使えば、ATMから限度額の範囲内で融資を受けることができます。 山形銀行ATMの他に、ローソン銀行やセブン銀行などコンビニのATMも利用可能です。 コンビニのATMなら、銀行の営業時間外でも融資が受けられます。 ただし、手数料がかかってしまうATMもあるので、利用前にチェックしておきましょう。 振り込みによる借り入れも可能 振り込みによる借り入れに対応しているのも魅力の1つです。 ただし、これは初回のみのサービスなので注意してください。 カードローンの申し込みをした時、ローンカードが届く前に融資を受けたい方向けのサービスです。 申し込みすれば、返済用の指定口座に限度額の範囲内で融資金を振り込みしてもらえます。 自動融資機能を利用した借り入れ 山形銀行カードローンには、自動融資機能というサービスがあります。 これは公共料金やクレジットカードの支払いを、山形銀行の口座からの引き落としで行っている時に利用できるサービスです。 口座の残高が不足していた時、利用限度額の範囲内なら不足分を自動的に融資してもらえます。 公共料金の支払日に入金を忘れてしまった時、支払いできなくなるのを防ぐことができます。 ただし、カードローンの返済やつみたて投信の購入代金など、自動融資できないものもあるので注意してください。 山形銀行カードローンへ申し込んだ人の口コミ 30代 会社員.

次の