トイレ の 黒ずみ ふち。 トイレ便器の黒カビ黒ずみ!落とし方取り方や掃除方法に予防対策は?

【掃除のプロが教える】トイレ用洗剤のおすすめ人気ランキング10選

トイレ の 黒ずみ ふち

トイレ汚れの原因は? トイレの 黄ばみは、尿石が原因です。 黒ずみは、黄ばみにカビが入り込んだものです。 また、見落としがちですが、 服などのホコリもトイレには蓄積しています。 汚れを放置しておくと菌がたまっていくので、衛生上良くありません。 臭いの原因もやはり、尿。 なかなか掃除したくないトイレですが、やはり掃除をしないと良くないんですね…。 汚れが溜まりやすい部分 掃除をしているつもりでも、なかなか汚れが落ちていない場所もあります。 便器の淵の裏側 トイレの便器の淵の裏側は、 尿石が溜まりやすい箇所です。 ササッと便器をブラシで掃除しただけだと、縁の裏側までは掃除しないですよね。 便座の裏 また、便座の裏も汚れが溜まりやすい場所です。 便器は見えるため、掃除をしよう!という気にもなりやすいですが、見落としやすいのが便座の裏。 ここも見落としがちなだけで、汚れが溜まりやすいのです。 便器にできるサボったリング 「サボったリング」と呼ばれる、輪っかのような汚れが便器にできてしまうこともあるのではないでしょうか。 これは 尿石と水垢の混ざったものです。 この リングに菌が溜まりやすく、汚れはさらに増えていくという悪循環が生まれてしまいます。 掃除の手順 それでは、プロの行うクリーニングの手順を見ていきましょう。 便座を外す 取り付け型の洗浄機能付き温水便座は、上部の便座を外します。 ほとんどの取り付け型の洗浄機能付き温水便座横部分にボタンがあり スライドさせて外すことができます。 洗剤で掃除 トイレはほとんど水垢に対する掃除をしないので、溜まりやすくなっています。 まずは、 酸性洗剤をかけて、ホコリを落とし、こすって掃除をします。 酸性洗剤は市販されているトイレ用洗剤などがありますが、扱いが危険なので気をつけましょう。 また、周りの素材によってはダメージが残るので、極力避けます。 ゴム手袋などを使用しないと軽いやけどをしてしまう恐れがあります。 ゴム手袋で塗りつけて、暫くの間放置して水垢や石鹸カスを柔らかくしていきます。 クエン酸などの使用を推奨する掃除方法もありますが、 クエン酸は酸性が弱いので簡単なものは取れますがしつこい水垢はあまり取れません。 効果が高いのは酸性の洗剤になりますので、シンク、浴室、トイレなど水垢が発生しやすい水回りの掃除はこちらを利用した方が綺麗になります。 しかし、 扱いが難しく火傷の恐れもありますので、扱いが不安な方はプロに頼まれると良いでしょう。 気になる 尿石を取る方法ですが、これも酸性洗剤がベストです。 黒ずみはカビが含まれますが、尿石にくっついているので、酸性洗剤で尿石を取るのがベストといえます。 先程紹介した、汚れが溜まりやすい便器のふちの部分もブラシで掃除します。 拭き取り 全体を拭き取ります。 手洗い部分も掃除 トイレの手洗い部分も水垢がたまることがあります。 こちらは酸性洗剤をかけますが内部を傷めてしまうことがあるので、 布を染み込ませたものでこすりとるなど内部に流れないように注意してください。 プロは養生して流れないようにしています。 普段のお手入れ 自分でできるトイレ掃除は、 市販の洗剤とブラシでこすることになります。 蓋の取り外しを自分で行うことも可能ですが、壊してしまうのが不安な方はプロにおまかせするのが良いでしょう。 そして、 意外と溜まりがちなのが、ホコリです。 ハタキでホコリを落として、掃除機をかけます。 クイックルワイパーなども効果的です。 週1回まとめて掃除する方法 トイレの汚れは時間が経つにつれて落ちにくくなります。 最低でも週1回、曜日を決めて掃除するようにしましょう。 使用する道具は3つ 週1回の掃除に使う道具はお掃除シート、トイレブラシ、トイレ用中性洗剤の3つです。 お掃除シートは トイレ用の厚手で除菌タイプのものを選びましょう。 トイレブラシにはスポンジタイプとブラシタイプのものがあります。 毎日こまめに掃除する場合にはやわらかいスポンジタイプでいいのですが、掃除頻度が週1回の場合には、 しっかりと汚れを落とせるブラシタイプが適しています。 掃除手順 トイレ掃除はトイレの本体、壁、床の順番で行います。 お掃除シートで上から順番に、トイレタンク、便座、便座の外側と拭いていきます。 次に便器の中に中性洗剤を吹きかけてトイレブラシでこすります。 ウォシュレットのノズルも忘れずに ウォシュレット便座の場合、ノズルや便座の裏に汚れが溜まっていることもあるので忘れずに掃除しましょう。 お掃除シートで壁の両側の腰より低い位置を拭き、最後に床を拭きとって完了です。 毎日ちょっとずつ掃除する方法 毎日こまめに掃除をする習慣をつけておくと、週1回時間をかけて掃除するよりも負担が少なくて済みます。 忙しくて毎日掃除するのは面倒だという人は、 1日1ヶ所だけ掃除をすると決めておくのも一つの方法です。 1回の負担を減らす 便座をお掃除シートで拭く、便器の中をブラシでこする、タンクと便器の外側を拭く、床を拭く、壁を拭く、といったように作業を細かく分類。 1日にやることはほんのちょっとの作業で済むので、負担なく続けられるのではないでしょうか? 気が付いた時に掃除する 用を足したときに 目に見える汚れが付いた場合はその場ですぐに掃除するようにしましょう。 汚れは時間が経つほど落としにくくなります。 強力な洗剤が必要になったり掃除の手間が増えたりするので、なるべく早く落とすことがポイントです。 普段の掃除で落ちない頑固な汚れの掃除方法 トイレの汚れで最も厄介なのが尿が石化してできる尿石です。 ブラシの届きにくい便器のフチ裏などに尿が残り、それを長く放置すると、中性洗剤とブラシでこすっても落とせない頑固な汚れになります。 尿石はブラシでこする 尿石を落とすには酸性洗剤を使ってブラシでこするのが効果的です。 それでも落ちない頑固な汚れには、酸性洗剤とトイレットペーパーでパックするという方法があります。 トイレットペーパーでパックする 尿石ができた場所にトイレットペーパーを何枚か重ねて覆い、その上から酸性洗剤をかけます。 トイレットペーパーがひたひたになるくらいしっかりとかけましょう。 酸性洗剤はとても強い薬剤なので、 使用の際は換気をし、他の場所には付かないように注意が必要です。 汚れを防止するためには週に1度の掃除を クイックルワイパーなどで1週間に1回程度きちんとトイレ掃除をすることです。 汚れを拭き取れば尿石の蓄積は抑えることができます。 トイレはご家庭では意外と気づかない部分に汚れがたまっている部分です。 洗浄機能付き温水便座を外すこともなかなかないでしょう。 プロにしかなかなか気づけない部分を綺麗にしてもらうのは、プロに依頼するメリットかと思います。 プロにお任せする 仕事で忙しくなかなか掃除をする時間が取れない、大掛かりな掃除は面倒くさいという方には、プロにクリーニングを任せる方法もおすすめです。 トイレのみならず、キッチンやエアコンなど家中の掃除をおまかせすることができます。 カジタクのトイレクリーニング では、汚れの種類や場所に合わせてプロが機材・洗剤を使い分け、 黒ずみや水垢等のしつこい汚れを徹底洗浄し、ピカピカにします。 ふだん手の回らないタンク内、ノズルなどすみずみまでお掃除します。 申し込みから予約まで全てネット上で完結するため利便性が高く、 仕上がりに満足いただけない場合はもう一度やり直しができる品質保証付きで、質の高さという点でも安心です。

次の

トイレのふち裏の黒ずみ掃除に効果的な洗剤とクエン酸を使う方法

トイレ の 黒ずみ ふち

便器の黒ずみの原因 便器内についてしまう黒ずみの主な原因は、空気中のカビが便器内の細菌やホコリ、水垢などの汚れと合わさること。 トイレタンク内で発生したカビや汚れが、便器内に流れて黒ずみの原因になることもあります。 他にも、水道水に鉄分が多く含まれている場合は、水垢汚れが鉄分と合わさり酸化して黒ずみになることも。 常に水が溜まっていて湿度が高く、空気の流れが悪いトイレ内はカビが好む環境です。 特にトイレは使用頻度も高く汚れやすいため、細菌や汚れを栄養源にカビが繁殖しやすくなります。 汚れに合わせた洗剤を使用して効率的に黒ずみを除去しましょう。 【参考記事】 黒ずみを取る方法 黒ずみ除去に有効な洗剤や方法はいくつかあります。 ごく軽い汚れであれば、トイレ用の中性洗剤をつけてブラシでこするだけで、簡単に汚れを落とすことができます。 こびりついた頑固な黒ずみは、汚れ具合に合わせて適切な洗剤を使用しましょう。 予め取扱説明書などで使用できる洗剤の種類を確認してください。 黒ずみ除去のコツ 頑固な黒ずみは、洗剤を直接汚れに密着させることがコツです。 便器内の水が溜まっている個所は、洗剤をつけてもすぐ水で薄まってしまうため、予め水位を減らしておくと良いでしょう。 簡単に水位を減らすには、トイレ詰まりに使用するラバーカップ(すっぽん)が便利です。 トイレが詰まった時のように排水口に当てて、数回押し引きするだけで水が押し出され、数センチ水位が下がります。 黒ずみ除去に効果的な洗剤 黒ずみの除去にはドメストやカビキラーなどの「塩素系アルカリ性洗剤」が有効です。 塩素系アルカリ性洗剤には、黒ずみの原因となる黒カビの胞子や菌を分解し、カビに含まれるタンパク質を分解する効果があります。 除菌効果が高く即効性があるのが特徴です。 原液を汚れにかけ、数分放置してから水で流すタイプの洗浄剤が市販されています。 混ぜて使用したり、塩素系を使用したあとに洗い流さないまま、酸性タイプの洗剤を使うことは絶対にしないでください。 万が一混ぜてしまった場合は、すぐに窓を開けるなど換気をしてその場を離れ、刺激臭が無くなるまで近くに寄らないでください。 刺激臭が無くなったら十分に水で洗い流しましょう。 黒ずみ除去に効果的な天然エコ洗剤 家中の掃除に使える重曹とクエン酸でも黒ずみを落とすことができます。 強力な洗剤を使わずに汚れを落としたい方におすすめです。 弱アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸を併用することで、黒ずみだけでなく尿石による黄ばみも落とすことができます。 便器内全体に重曹の粉をまんべんなく振りかけ、クエン酸の粉は水が溜まっている個所に適量入れて溶かします。 ブラシを使ってクエン酸水と重曹が混ざるようにすると、発泡し炭酸ガスが発生します。 この泡が強力な洗浄剤となり黒ずみや黄ばみの除去に効果を発揮します。 黒ずみを再発させない予防方法 便器の黒ずみ防止に効果的なのは、重曹を使ったトイレタンク内洗浄です。 タンク内は湿度が高くカビや雑菌が発生しやすいため、水を流すたびにタンク内の汚れが便器に流れ、便器内の黒ずみの要因となります。 黒ずみを再発させないために、1ヶ月に1度を目安に重曹でタンクを掃除しましょう。 重曹を使ったタンクの洗浄は、カップ1杯程度の重曹の粉をそのままタンクに入れて、6時間程置いたあと水を流すだけ。 タンク内のカビや汚れの成分を分解させるため、外出時や就寝時などトイレを使用しない時間を利用して、浸け置き洗いすると効果的です。 重曹には消臭効果もあるため、タンク内と便器内を一度に洗浄でき、輪染みなども防止できます。 プロのトイレクリーニングもおすすめ 定期的に掃除をしていても、目の届かないところで知らない間に蓄積している汚れもあります。 トイレ内に発生する黒カビ菌は、低温や乾燥にも強く繁殖のスピードも早いため、定期的な掃除が必要です。 何年もきちんと掃除をしていない、こすってもこすっても汚れが落ちないなどの場合は、プロのクリーニングを依頼しましょう。 無理に便器内を強くこすって傷を付けると、傷の中に細菌が繁殖することで、新たなカビのエサとなり益々掃除が難しくなります。 くらしのマーケットでは、税込5,000円前後の料金でを依頼することができます。 明確な料金表示と口コミで比較し、オンラインで予約することが可能です。 サービス内容や料金についての質問など、事前にスタッフとコミュニケーションを取れるので安心です!.

次の

トイレの黒ずみ完全除去するには?掃除方法と予防法を解説

トイレ の 黒ずみ ふち

酸性のトイレ用洗剤を何度も染み込ませたことによって、黒ずみヨゴレはかなり分解して掃除しやすくなっています。 ここまで来たら、あとひと押しです。 今度は、研磨剤が入ったトイレクレンザーを使用してみましょう。 ここで注意してほしいのが、各トイレメーカーは研磨剤が入った洗剤を推奨していない、ということです。 トイレは陶器でできており、研磨剤入りの洗剤を使うことで微細なキズができてしまうからです。 目に見えないほどの細かいキズですが、何度も繰り返し使用することで便器にダメージを与えてしまいます。 ひどい場合には、便器が割れてしまうことも考えられます。 そのため各社ともトイレメーカーは研磨剤入りのトイレ掃除用クレンザーを推奨していないのです。 研磨剤入りのトイレ掃除用クレンザーとしては、「トイレマジックリン強力クレンザー」が有名です。 便器の説明書をよく読んでから使用するようにしてください。 以上の方法でも落ちなければ、今度は重曹とクエン酸を一度に使ってみましょう。 通常、アルカリ性の洗剤と酸性の洗剤は混ぜて使用することはオススメしません。 一緒になることでガスが出るため、場合によっては気分が悪くなるケースも考えられるからです。 そのため、重曹とクエン酸を一緒に使用する時には、念のために換気を良くしてから使ってください。 重曹とクエン酸で掃除をする前に、便器の水たまりの水は必ず抜いておきましょう。 水を抜いておかないと、黒ずみの輪の部分にせっかく重曹とクエン酸をふりかけても水に溶けてしまいます。 使用方法ですが、まず重曹の粉を気になる黒ずみ部分にふりかけます。 うまくペタッとくっつかないようでしたら、重曹の粉を水で少しだけ溶かして重曹ペーストを作ると良いでしょう。 重曹が黒ずみヨゴレの部分にくっつけることができたら、その上からクエン酸水をスプレーします。 すると、アルカリ性の重曹と、酸性のクエン酸が反応してシュワシュワと泡がたってきます。 この泡が黒ずみヨゴレを分解してくれるのです。 もしも重曹の量が多くて乾いてくるようでしたら、クエン酸水を多めにスプレーしてください。 ここまでしても黒ずみヨゴレが落ちない場合は、最後の手段です。 耐水性サンドペーパーや、陶器用の研磨パッドで、黒ずみヨゴレを削って落とします。 削って落とすので、必ずヨゴレは落ちますが、その分便器も削れてしまうので注意が必要です。 黒ずみが落ちたら削るのを止めておかないと、最悪の場合は便器が割れて使い物にならなくなってしまいます。 耐水性サンドペーパーは、100円ショップでも時々扱っています。 サンドペーパーには番号が書いてありますが、なるべく目の細かいものにしてください。 1500番以上が目が細かいのでオススメです。 トイレ掃除のプロが使用しているのが「陶器用研磨パッド」です。 これはホームセンターでもあまり見かけないので、近所で販売していない場合はインターネット通販などで購入すると良いでしょう。 こちらは耐水性サンドペーパーよりもやわらかく、水アカよりも硬い材質でできています。 陶器用研磨パッドでも陶器にキズがついてしまうことには変わりありませんが、ダメージの程度が低くなっているのです。 酸性のトイレ用洗剤や、研磨剤が入ったトイレ用洗剤でも落ちない黒ずみヨゴレには、アルカリ性の塩素系トイレ用洗剤を使用してみましょう。 アルカリ性の塩素系のトイレ用洗剤は、カビ菌やヨゴレの中のタンパク質を強力に分解してくれます。 商品としては、「花王 除菌洗浄トイレハイター」や「ドメスト」などがあります。 除菌の力も強く、ヨゴレが落ちるスピードも早いので、何をしても効果が無かったという場合に試してほしい洗剤です。 使用する時には、薄めずにそのまま黒ずみヨゴレが気になる部分にふりかけます。 そして、数分間放置して洗剤がヨゴレを分解するのを待ちます。 最後は水に流すだけなので、使い方もとても簡単です。 これらを使用する時の注意としては、酸性の洗剤と一緒に使わないようにしてください。 サンポールなどの酸性洗剤と一緒に使うと、有毒ガスが発生してしまうからです。 吸い込むと体調が悪化することもありますので、酸性の洗剤が残っていないか十分に気をつけてください。 トイレにサボったリングがあったり、まばらに黒ずみヨゴレがあったりすると、お客様が来た時にみっともないですよね。 トイレを少しでも落ち着いた場所にするためにも、日頃のお掃除が大切です。 トイレは家族で使うものなので、できればトイレ掃除は家族で役割分担して行いたいものです。 以前はトイレ掃除というと、汚物や排泄物が顔にかかるりそうで心配でした。 しかし最近は、手を汚さなくても短時間でできるお掃除グッズが販売されるようになっています。 ドラッグストアなどでもトイレ掃除グッズは広く扱われるようになったので、家族でも参加できるトイレグッズをチェックしてみると良いですよ。 どうしてもトイレの黒ずみヨゴレが自分では落とせなかったという場合は、トイレ掃除のプロに頼むのも一つの方法です。 料金的には5,000円前後が多いようです。 業者に頼む時には、出張代込みの値段なのかどうかといったことや、黒ずみヨゴレだけでなく黄色い尿石のヨゴレも完全に落としてくれるのか、便器以外のトイレの天井や壁、床も掃除するのかといったことも聞いてみましょう。 何となくキレイになったけれども、肝心のサボったリングは薄くなっただけ、というのでは何のためにプロに頼んだのかわかりませんよね。 そして、1社だけで決めるのではなく数社から見積もりをとりましょう。 水まわりの掃除や工事は、業者によっては非常に高額な請求をしてくるところがあります。 最低でも3社から見積もりをとって、それから業者に頼むかどうか決めましょう。

次の