アセスメント 評価。 教育アセスメント

ヒューマン・アセスメントとは? 導入で人事評価はどうなる?

アセスメント 評価

福祉分野でのアセスメントの意味は、基本的には介護分野とほぼ同じ意味ですが、あえて福祉分野と定義するならば、相談援助技法の一つとなります。 その中でも、アセスメントは利用者宅への訪問時の本人もしくは家族との話や背景を聴きながら問題解決への道筋を探っていく過程を指します。 アセスメントのポイントはいくつかありますが、特に重要なのは相手とともに考えて、解決していくという姿勢です。 そのような意識を持つことで、本人または家族の自助能力も促進されるきっかけとなります。 介護分野のアセスメントと共通して重要な要素はやはり定量化できない利用者の心へ寄り添う事です。 例文:アセスメントはケースワークの一つです。 看護 アナムネーゼはドイツ語で、意味は既往歴を指します。 これは入院にあたって患者の入院歴や病歴を聞くことで、使い方は「アナムネをとる」「アナムネーゼ聴取」などと使われます。 各病院で指定の用紙があり、その質問事項に沿ってアナムネーゼは行われますが、情報を収集することに専念するあまりに入院する人に答えを急かしたり、詰問口調になると相手の不安感を助長するおそれがあります。 重要なのはまず相手との信頼関係を構築することにあります。 そのため話しやすい雰囲気を作ったり、相手の気持ちや意思を尊重する姿勢が必要です。 また開かれた場所で話を聞くよりも、相手と聴取する人のみの場所で個人情報の漏れない配慮も重要です。 スクリーニング.

次の

自動車アセスメント/独立行政法人自動車事故対策機構 NASVA(交通事故)

アセスメント 評価

問:環境アセスメント 環境影響評価 とは何か、150字以内で説明しなさい。 ダメな解答例: 環境アセスメントってのはなあ・・・まあなんか評価するんだよ。 解答例: 環境アセスメント 環境影響評価 とは、公共事業や工業団地、都市計画などの開発にあたって、その結果が自然環境や人の健康などに与える影響を事前に調査・予測・評価し、結果を住民などに公開して意見を集め、事業計画に反映させることで環境の保全をはかる制度である。 126字 解説: ・環境アセスメントの趣旨 ・そもそもアセスメント assessment とは ・環境アセスメントの歴史 ・環境アセスメントの課題 ・学習におけるワンポイントアドバイス 《環境アセスメントの趣旨》 交通の便をよくするために道路や空港を作ること、水を利用するためにダムを作ること、生活に必要な電気を得るために発電所を作ること、これらはいずれも人が豊かな暮らしをするためには必要なことではあるが、それによって環境に悪影響を及ぼしては本末転倒である。 実際に、こういった大規模公共事業によって大気汚染・水質汚染といった顕在化しやすい被害だけでなく、生態系の破壊や生物多様性の喪失、思わぬ経済損失といった、ある程度時間が経ってからその重大性に気付くような被害をもたらしたケースは多数確認されている。 諫早湾干拓事業が有名 このような被害を最小限に抑える為に導入されたのが環境アセスメントである。 大規模公共事業を実施する前に、その事業によって自然環境や人間の健康にどのような影響を与えるのか、不可逆的な損失は生じないか、費用に見合う成果が得られるのか、といった事を調査・予測・評価することが狙いである。 また、調査するだけでなく、その分析結果を当該地域住民に公開した上で議論を重ね、事業計画に反映させることで環境の保全を図ることが肝要だとされている。 アセスメントの対象となるのは、国が関与する事業のうち、規模が大きく環境に著しい影響を及ぼすおそれがある13の事業(道路、河川、鉄道、飛行場、発電所、廃棄物最終処分場、公有水面の埋立及び干拓、土地区画整理事業、新住宅市街地開発事業、工業団地造成事業、新都市基盤整備事業、流通業務団地造成事業等)である。 《アセスメント assessment とは》 アセスメントはラテン語由来の英語であるため、少しニュアンスが掴みづらい。 assessmentを辞書で引くと、「評価」「査定」といった訳が出てくるが、日本人が通常用いる「評価」という言葉に対する印象とは少し異なる。 assessmentには、「見積り」や「最終評価の前の段階で進行中」という意味合いがある。 環境アセスメントなどはまさにこの通りで、事業実施の最終決定を下す前にアセスメントをしないと意味がない。 一方で「評価」というとevaluationが先に連想される方もいるだろうが、こちらは「価値付ける」という語源からして、相対的な価値を数学的に表す最終的な評価プロセスであると言える。 教育に当てはめて考えると、新しい指導方法の良し悪しや成果の見込み等を分析するのがアセスメント、テスト結果を受けて「これはA」「あれはB」と価値付けていくのがエバリュエーションということになる。 日本語における「評価」という語はこれらを混合した概念であるが、英語においては区別して用いられるので、外国の論文等を読む際は留意しておくべきであろう。 優れた点を認めている、高く買っている 」というような時に用いる「評価」はappreciateである。 《環境アセスメントの歴史》 環境アセスメント制度化の端緒は、アメリカ合衆国で1969年に制定された国家環境政策法(1970発効)であるとされている。 その後、各国がこれに続き、日本でも法律化されることとなった。 日本では1972年の閣議了解「各種公共事業に係る環境保全対策について」や、工場立地法、公有水面埋立法、港湾法、瀬戸内海環境保全特別措置法で、公害事前調査ともいうべき初歩的な環境アセスメント制度が定められ、関西国際空港や苫小牧 とまこまい 東部などの工業基地開発に際して公害予測調査が行われた。 環境庁(現環境省)は中央公害対策審議会(現中央環境審議会)の答申に基づき、環境影響評価法案を提案してきたが、事業官庁と財界などの反対のため長らく国会提出に至らず、ようやく1981年に提出された法案も、結局1983年に廃案になった。 反対理由は、環境影響評価の技術手法が確立していないことと、この制度が訴訟を増加させ、公共事業の進行を妨げるという点にあった。 そのかわりに、政府は1984年8月に環境影響評価を行政措置として行うことを決定し(いわゆる閣議アセス)、建設省(現国土交通省)は1985年4月、一定規模の道路やダムをつくる際は事前に環境影響評価を行うよう通達を発した。 法律の不十分さを行政手続きによって補おうとしたのである。 しかし、この通達を根拠とするアセスメントは対象事業が少ない、住民参加が不十分、いざ問題が発生した際に訴訟で争う方法がない等多くの問題があり、アセスメントの法制化が必要であった。 他方、日本各地では公共事業の弊害や環境問題が深刻化していた。 地方自治体は国の立法を待ちきれずに環境影響評価を制度化し始め、早くより川崎市、北海道、東京都、神奈川県などかなりの地方公共団体が条例や要綱(行政内部的な定め)を制定していた。 判例では、環境影響評価をしていない屎尿処理場やごみ処理場の建設差止めの仮処分が認められたケースがある。 その後、1993年(平成5)11月に制定された環境基本法に、環境影響評価の推進に係る条文が盛り込まれ、1994年12月の環境基本計画において「環境影響評価制度の今後の在り方については、法制化も含め所要の見直しを行う」との政府方針が示された。 この方針に沿って、内外の制度実施状況、技術手法などについて調査研究が行われ、中央環境審議会に諮問した。 同審議会は1997年2月首相に法制化を求める答申を出し、環境影響評価法(環境アセスメント法)はようやく同年6月に成立し、1999年6月に施行された。 《環境アセスメントの課題》 大きな必要性と期待感をもって法制化された環境アセスメントであるが、依然として課題も多い。 以下、箇条書きで主な問題点を挙げていく。 ・実質的意義の空洞化 事業者がアセスメントを行うので、「影響は軽微」という結論を導きやすい。 ある種当然とも言えることであるが、事業者側はその事業を実施したいから計画を進めているのであって、事業への反発を引き起こすようなデータはなるべく出したくない。 つまり、「事業を実行する」という結論が先にあって、その結論を補強し正当化するようなデータばかりを集めてしまう、ということが往々にして起きる。 ・アセスメントの時期 アセスメントを行う時期が特定の事業段階であって、もはや代替案を採用するには遅すぎる場合がある。 大規模公共事業は様々な利害対立や政治的駆け引きを経て決定されるものであるため、計画が頓挫したからといってすぐに代替案を用意することはできない。 ・情報の非対称性 住民や専門家・関係自治体の意見を広く聴く機会が何度も用意されるが、それでも実際には住民の意見反映の機会は足りないという意見もある。 そもそも当該地域住民は利害関係者ではあるが、建設の専門家ではない。 データを公表されたところで全てを理解することはできず、結局は専門家の言うことを信じる外ない。 事業者側と住民側では持っている知識量があまりに異なるのである。 法律の制定年度を闇雲に覚えるのではなく、高度経済成長や公害問題の深刻化といった当時の時代背景を考えながら環境意識の変遷を想像すると覚えやすいと思います。 近現代の政治史・経済史と並行して学習するのがオススメです。 また、ここで挙げたような課題については未だに明確な解決法が確立されていないので、議論のテーマになることもあります。 各自で自分なりの意見を用意しておきましょう。

次の

「アセスメント」の意味とは?業界別に使い方を解説!

アセスメント 評価

「アセスメント」とは? 「アセスメント」という言葉は、 「被験者・環境・物事の状態などを、各種の専門的な方法やテストで検査 診断 すること」を意味しています。 さらに 「アセスメント」は、 「介護において利用者の心身の健康状態・要介護度を把握してから、必要な介護サービスの計画を立てること」という介護用語としての意味も持っています。 「モニタリング」とは? 「モニタリング」という言葉は、 「人・物事の状態や経過を観察すること」を意味しています。 さらに 「モニタリング」は、 「介護において利用者が介護サービスを利用した後の経過や変化を報告・連絡すること」という介護用語としての意味合いも持っています。 「アセスメント」と「モニタリング」の違い! 「アセスメント」と 「モニタリング」の違いを、分かりやすく解説します。 「アセスメント」という用語は一般的に環境アセスメントや心理アセスメントで使われるように 「人・環境などの状態を詳しく検査・診断すること」を意味していて、 「経過・様態を観察すること」を意味する 「モニタリング」とは異なります。 介護用語として使われる 「アセスメント」には 「事前に利用者の心身の健康状態をチェックしてから介護計画を立てる」という意味がありますが、 「モニタリング」というのは 「事前のチェックではなく、介護サービスの事後の利用者の状態・変化の報告をすること」を意味しているという違いを指摘できます。 まとめ 「アセスメント」と 「モニタリング」の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「アセスメント」という言葉は、 「被験者・環境の状態などを各種の方法で検査すること」や 「介護で利用者の心身の状態を把握してから必要な介護サービスを計画すること」を意味しています。 それに対して、 「モニタリング」というのは 「人・物事の状態 経過 を観察すること」や 「介護で利用者が介護サービスを利用した後の経過を報告・連絡すること」の意味を持っています。 「アセスメント」と 「モニタリング」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。

次の