さも あ ろう 意味。 さもありなんの意味とは?さもありなんむべなるかな等の使い方・例文!

さもや【然もや】〔連接語〕

さも あ ろう 意味

さもありなんとはなにか 「さもありなん」は漢字で「然もありなん」と書きます。 どこか方言のような響きに感じることがあるかもしれませんが、方言ではなく古文に由来しているものです。 見聞きしただけだと意味を想像しにくいのはその為だといえるでしょう。 また口語 話し言葉 より文語 書き言葉 として多く見られるのは、古文でよく取り上げられているからだといえます。 「さもありなん」は分解して考えるとその由来や意味がよく分かるので、それぞれ確認していきましょう。 さもありなんの意味 「さもありなん」は「いかにもそうであろう」や「確かにそんなことだろう」、「当然だろう」という意味です。 また状況や使い方によっては「そうであるに違いない」や「そうであることはもっともだろう」という意味で使われることもあります。 なお「さもあらん」と表現がありますが、これも「さもありなん」と同じ意味です。 さもありなんの語源 「さもありなん」は複数の品詞が組み合わさってできた言葉です。 品詞は「ひんし」と読み、「単語を形態と職能によって分類した種別」という意味があります。 品詞の例としては名詞や動詞、形容詞や副詞等があり、「さもありなん」も品詞分解して考えた方が分かりやすいです。 「さもありなん」を品詞分解すると「さ・も・あり・な・む」に分けられます。 「さ」と「も」と「あり」が合わさると推量や許容の意味がある複合助動詞「さもあり」になり、完了の助動詞「む」の未然形「な」と推量の助動詞「む」と合わせたものが「さもありなん」です。 なお「む」は発音の都合上「ん」とされる場合があり、「さもありなん」の場合も「ん」が使われています。 専門的な用語が並んでいますが、ここで肝心なのは推量を意味するものが複数使われていることです。 推量は「すいりょう」と読み、「物事の事情や人の心等を推し量ること」という意味があります。 送り仮名を入れると「推し量る」と書くので連想しやすいかもしれません。 推量の意味がある言葉が混じっているからこそ「さもありなん」は先述のような意味になるのです。 そのまま意味を覚えるより、このように品詞分解して覚えた方が記憶として定着しやすいかもしれません。 文法上のさもありなん 文法上で「さもありなん」と考える際には、語源で取り上げた品詞分解が最も効果的で分かりやすいといえるでしょう。 古文では「そのようになると思った」や「予想通りになった」等の意味で使われています。 例えば日本三大随筆の一つ「徒然草」には次のような表現があります。 「久米の仙人の、物洗ふ女の脛 はぎ の白きを見て、通を失ひけんは、まことに手足・膚(はだえ)などのきよらに、肥えあぶらづきたらんは、外の色ならねば、さもあらんかし。 」 上記を現代語訳すると以下のようになります。 「昔久米の仙人が、川で洗濯している女の、裾をたくし上げてあらわになった脛 すね を見て神通力をなくし、空中から落下したという伝説がある。 女の手足や肌がきめこまかく、むっちり脂がのっているのは他の色と違い女の色香だから、そこそこ人間臭さを残していた仙人が心惑わされたのも当然といえば当然であった。 」 この場合「さもありなん」は「さもあらん」と表記されており、末尾に「かし」がついています。 「かし」は強意の補助動詞として使い、今回は「当然といえば当然であった。 」のように意味を強める為に使われています。 また文法上でよく取り上げられるのは、「むべなるかな」です。 末尾に「むべなるかな」とつけて「さもありなん むべなるかな」とすることで、「心から納得した」や「そうだったんだ」という意味で使われます。 さもありなんの類語 「さもありなん」の類語として、次のようなものが挙げられます。 ・もっともだ 漢字では「尤もだ」と書き、「道理にかなっている」や「当然」という意味で使われます。 品詞上は「もっとも」だと副詞、「もっともだ」では形容動詞です。 なお「最も」も「もっとも」と読みますが、「一番の」や「最上の」のように英語でいう「best」の意味で使われます。 ・無理からぬ 「無理からぬ」は「無理ではない」や「もっともな」という意味があります。 「良からぬ」のように末尾に打消の助動詞「ず」の連体形「ぬ」がついている為、無理を否定した意味になるというわけです。 ・当然だ 「当然だ」は「当たり前」や「誰が考えてもそうであるはずだ」という意思を表す時に使う言葉です。 上記以外では「不思議ではない」や「想像に難くない」、「理にかなっている」や「織り込み済み」等が考えられるでしょう。 類語の例文 上記の類語の例文としては、次のようなものが考えられます。

次の

「さもありなん」の語源と意味は?使い方と類語も併せて解説

さも あ ろう 意味

さもありなんとはなにか 「さもありなん」は漢字で「然もありなん」と書きます。 どこか方言のような響きに感じることがあるかもしれませんが、方言ではなく古文に由来しているものです。 見聞きしただけだと意味を想像しにくいのはその為だといえるでしょう。 また口語 話し言葉 より文語 書き言葉 として多く見られるのは、古文でよく取り上げられているからだといえます。 「さもありなん」は分解して考えるとその由来や意味がよく分かるので、それぞれ確認していきましょう。 さもありなんの意味 「さもありなん」は「いかにもそうであろう」や「確かにそんなことだろう」、「当然だろう」という意味です。 また状況や使い方によっては「そうであるに違いない」や「そうであることはもっともだろう」という意味で使われることもあります。 なお「さもあらん」と表現がありますが、これも「さもありなん」と同じ意味です。 さもありなんの語源 「さもありなん」は複数の品詞が組み合わさってできた言葉です。 品詞は「ひんし」と読み、「単語を形態と職能によって分類した種別」という意味があります。 品詞の例としては名詞や動詞、形容詞や副詞等があり、「さもありなん」も品詞分解して考えた方が分かりやすいです。 「さもありなん」を品詞分解すると「さ・も・あり・な・む」に分けられます。 「さ」と「も」と「あり」が合わさると推量や許容の意味がある複合助動詞「さもあり」になり、完了の助動詞「む」の未然形「な」と推量の助動詞「む」と合わせたものが「さもありなん」です。 なお「む」は発音の都合上「ん」とされる場合があり、「さもありなん」の場合も「ん」が使われています。 専門的な用語が並んでいますが、ここで肝心なのは推量を意味するものが複数使われていることです。 推量は「すいりょう」と読み、「物事の事情や人の心等を推し量ること」という意味があります。 送り仮名を入れると「推し量る」と書くので連想しやすいかもしれません。 推量の意味がある言葉が混じっているからこそ「さもありなん」は先述のような意味になるのです。 そのまま意味を覚えるより、このように品詞分解して覚えた方が記憶として定着しやすいかもしれません。 文法上のさもありなん 文法上で「さもありなん」と考える際には、語源で取り上げた品詞分解が最も効果的で分かりやすいといえるでしょう。 古文では「そのようになると思った」や「予想通りになった」等の意味で使われています。 例えば日本三大随筆の一つ「徒然草」には次のような表現があります。 「久米の仙人の、物洗ふ女の脛 はぎ の白きを見て、通を失ひけんは、まことに手足・膚(はだえ)などのきよらに、肥えあぶらづきたらんは、外の色ならねば、さもあらんかし。 」 上記を現代語訳すると以下のようになります。 「昔久米の仙人が、川で洗濯している女の、裾をたくし上げてあらわになった脛 すね を見て神通力をなくし、空中から落下したという伝説がある。 女の手足や肌がきめこまかく、むっちり脂がのっているのは他の色と違い女の色香だから、そこそこ人間臭さを残していた仙人が心惑わされたのも当然といえば当然であった。 」 この場合「さもありなん」は「さもあらん」と表記されており、末尾に「かし」がついています。 「かし」は強意の補助動詞として使い、今回は「当然といえば当然であった。 」のように意味を強める為に使われています。 また文法上でよく取り上げられるのは、「むべなるかな」です。 末尾に「むべなるかな」とつけて「さもありなん むべなるかな」とすることで、「心から納得した」や「そうだったんだ」という意味で使われます。 さもありなんの類語 「さもありなん」の類語として、次のようなものが挙げられます。 ・もっともだ 漢字では「尤もだ」と書き、「道理にかなっている」や「当然」という意味で使われます。 品詞上は「もっとも」だと副詞、「もっともだ」では形容動詞です。 なお「最も」も「もっとも」と読みますが、「一番の」や「最上の」のように英語でいう「best」の意味で使われます。 ・無理からぬ 「無理からぬ」は「無理ではない」や「もっともな」という意味があります。 「良からぬ」のように末尾に打消の助動詞「ず」の連体形「ぬ」がついている為、無理を否定した意味になるというわけです。 ・当然だ 「当然だ」は「当たり前」や「誰が考えてもそうであるはずだ」という意思を表す時に使う言葉です。 上記以外では「不思議ではない」や「想像に難くない」、「理にかなっている」や「織り込み済み」等が考えられるでしょう。 類語の例文 上記の類語の例文としては、次のようなものが考えられます。

次の

漏刻(ろうこく)とは

さも あ ろう 意味

さ+は+さり・ながらですね。 「さ」は「そう」、「それ」などの意味ですね。 文語調ですが、今でも「さしもの会長も」「さもないと死んでしまう」「さぞ怖かったでしょう」「さしたる理由はない」などで使ってますね。 「さりながら」は「そうではあるけれど」とか「しかしながら」という意味です。 やはり文語調です。 つまり二つあわせて「そうれはそうではあるけれど」というような意味ですね。 口語の中で使う人もたまにはいそうです 60歳以上エリート。 現代文でも、ちょっとした強調とかアクセントにはまだまだ使えるでしょう。 自信がないと使うにはちょっと勇気がいりますね。 A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。 大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。 名文として後に有名になったのは 1.先ず海戦に勝ったこと。 (負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。 2.これから出撃します。 と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。 つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。 後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。 即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。 砲撃戦に理想の天気である。 しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。 本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。 ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。 しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。 読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。 やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。 この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。 大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。 名文として後に有名になったのは 1.先ず海戦に勝ったこと。 (負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。 2.これから出撃します。 と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。 つまり、兼ねて準備していた連... A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

次の