ジャガイモ 食中毒。 小学校で栽培したジャガイモで食中毒、なぜ起こりやすい?

知っておきたい食中毒シリーズ③ 植物性食中毒

ジャガイモ 食中毒

この記事の目次• 以前はソラニンと言われていましたが、ソラニンはグリコ アルカロイドの1種です。 この毒の成分は、舌で苦みとかエグみとして感じられるので ちょっと注意していればわかると思われます。 5mmまでにほとんどの毒が含まれている) 可食部100g当たり:1. 5mg(熟し具合や種類によってバラつきがある) グリコアルカロイドはジャガイモの芽に一番多く含まれ 通常のジャガイモ(塊茎)全体では、100 gあたり平均7. 5 mg (0. 0075 g)のグリコアルカロイドを含んでいます。 そのうち3~8割が皮の周辺にあります。 一方、光に当たって緑色になったところは緑色100 gあたり100 mg(0. 1 g) 以上のグリコアルカロイドを含んでいるといわれています。 ジャガイモは茎が進化して芋になったので光に当たると緑色になるの だそうです。 おとなと比べて、こどもはその10分の1の量で中毒を起こすので 注意しなければなりません。 5mgしか無いのですから、 1kg食べても15mgにしかならず子供でも大丈夫です。 芽と緑の部分を除去して、皮ごと食べた場合は、ジャガイモ 100g当たり7. 5mgに近づきますので、子供は300gが限度に なりますが、 大人は1kg食べても中毒にはなりません。 まず一度にジャガイモ1kgは普通食べないですよね。 ジャガイモを食べたあとにこのような症状が出たときは、急いで お医者さんに診てもらうことです。 症状は、早い時には数分後から出始め、遅い時には数日後に出る こともあります。 大量に摂取した場合は、昏睡状態に陥り、死亡する場合もあるそう ですが、 今まで生きていてジャガイモの食中毒で死亡した例は 聞いたことがありません。 めったにないことだと思われます。 症状が悪化するようならやはり病院にいくことです。 病院では、胃洗浄、吸着剤投与、下剤や解毒剤の投与などの 対症療法を行います。 土寄せをすることで、空気が良く入り、良いジャガイモにもなるのです。 私は少なくても2回やっています。 しかし、冷蔵してはいけません。 冷蔵すると糖分が変化し、冷蔵した ジャガイモを高温で揚げたり炒めたりすると発がん物質ができる そうです。 芽は根本まで取り除くこと。 テレビでは金属の計量スプーンの小さじで取っていました。 とにかく昔から言われているように、ジャガイモの芽と緑の部分 は食べないことですね。 お子様の場合は他の皮も食べないようにすると安心ですl 未熟なジャガイモはグリコアルカロイドが少し多いようなので お子様は注意ですね。 でも芽と緑の部分は除去しなくちゃいけないそうです。 それでも中毒かなと思ったらお医者さんに診てもらうこと。 これで安心してジャガイモが食べられますね。 人気記事ランキング• - 28,104 views• - 24,288 views• - 23,152 views• - 22,446 views• - 18,737 views• - 17,909 views• - 16,496 views• - 14,791 views• - 11,604 views• - 10,537 views• - 9,362 views• - 8,533 views• - 8,193 views• - 7,680 views• - 7,386 views• - 6,928 views• - 6,576 views• - 6,469 views• - 6,451 views• - 6,339 views.

次の

ジャガイモの食中毒症状と対処法!栽培と保存や調理法の注意点!

ジャガイモ 食中毒

大収穫! でも食べる前にこの記事を読んでくださいね ジャガイモは老若男女問わず好まれる野菜で、 世界中で食べられている野菜ですね。 栽培もそれほど難しくないということもあり、 近年では、保育園や幼稚園、小学校などでも栽培することがあるようです。 子どもたちが自分たちの育てたジャガイモを食べることで、 食育にもつながるということで、実践する学校は増えているようです。 ところが、実施校が増えることで増加してきたのが、食中毒です。 これは学校で栽培したジャガイモに限らず、 家庭菜園で育てたジャガイモでも起こりますし、 購入したジャガイモでも食中毒は起こります。 ジャガイモの食中毒は、何が原因で起こるのでしょうか。 また、食中毒を防ぐために、できることはあるのでしょうか。 ジャガイモを食べて食中毒が起きる原因のほとんどは、 ジャガイモに含まれている毒のためです。 ジャガイモには、 ソラニンや チャコニンと呼ばれる毒性が含まれています。 これらの毒は、常にジャガイモに多く含まれているわけではありません。 ジャガイモが特定の状態になることで、毒が増えます。 ソラニンやチャコニンが特に多く含まれているのは、 緑化した部分、芽、未熟なイモです。 ・緑化 ジャガイモのイモの部分は、光に当たることで、表面や内側が緑色になります。 こういった状態を「緑化」と呼びますが、この緑化した部分には、 毒が多く含まれています。 緑化は栽培中、収穫後に関わらず起こるので、 食べる前には必ず緑化していないかどうかのチェックが必要となります。 また、緑化した部分は、厚めに皮を剥くなどして、除去しておきます。 ・発芽 ジャガイモを放っておくと、いつの間にか芽が出てくることがあります。 家庭菜園で育てたジャガイモでも、購入したジャガイモでも、 芽が出るというのは変わりません。 このジャガイモの芽にも、毒が多く含まれています。 芽が出ている場合は、表面に出ている芽の部分を取り除くのはもちろん、 イモの身を少しえぐるようにして、深めに取り除くようにします。 ・未熟 市販されているジャガイモではあまりありませんが、 家庭菜園で育てたジャガイモなどでは、 未熟なジャガイモを食べたことによる食中毒も多いようです。 ジャガイモの未熟なイモの中には、芽や緑化した部分と同じように、 毒が多く含まれます。 親指よりも小さい未熟なイモは、タネイモに使うこともできないので、 処分した方が良いでしょう。 家庭菜園でも人気がありますが、 家庭菜園で育てたジャガイモにも、注意は必要です。 ・土寄せを行う ジャガイモ栽培では、土寄せと呼ばれる作業が不可欠です。 ジャガイモは、タネイモから芽が出て、その芽が地上に出て葉を広げて生長します。 その時、地中に伸びた茎の途中から、ストロンと呼ばれるものが発生し、 その先に新しいイモができます。 ストロンに先にできる新しいイモは、たいていタネイモの上にできます。 そのため、地表に近い部分でイモが育つようになります。 栽培中であっても、イモが光に当たれば緑化します。 これを防ぐのが、土寄せの作業なのです。 土寄せをすることで、土の領域が広がってイモが肥大しやすくなるとともに、 日陰を作るので緑化を防げます。 土寄せの代わりに、黒色のビニールマルチを利用するのもお勧めです。 黒色が光を遮断するので、土寄せの必要がなく、 地表に近いところに新しいイモができる分、収穫の作業も楽になります。 ・小さいジャガイモは処分する 市販されているジャガイモは、農家ですでに仕分けされているため、 小さくて未熟なジャガイモは取り除かれています。 ところが家庭菜園の場合は、収穫したものはすべて自分の手に残るため、 注意が必要です。 大切に育てた分、小さくても食べたい気持ちが出るのは分かりますが、 未熟なジャガイモは毒性が強いので、食べないようにします。 タネイモとしても小さすぎるので、収穫してすぐに小さすぎるものは取り除いて、 処分した方が良いでしょう。 もし緑化や発芽があったとしても、きちんと処理すれば食べられる場合も多いです。 ・緑化や発芽がないかチェックする ジャガイモの表面がうっすら緑色になっていないか、 皮を剥いた時に中が緑色っぽくなっていないかを、まずチェックしましょう。 収穫した後のジャガイモは、暗所で貯蔵するのが鉄則です。 けれど、スーパーなどに並んでいたジャガイモは、 室内の明るい場所に置かれているため、緑化の危険性があります。 また、ジャガイモの表面をよく見て、芽が出ていないかも見ておきましょう。 ・皮や芽を取り除く 緑化した部分や芽が出ている部分は、毒が多く含まれていますが、 きちんと取り除けば食べることができます。 皮は厚めに向き、芽の部分は深めにくりぬいて除去します。 もし緑化の範囲が広すぎる場合は、思い切ってそのジャガイモは処分しましょう。 ・気になる場合は処分する いくら取り除いたとしても、気になる時は気になるものです。 病は気からという言葉もあるように、気にしたまま食べると、 それだけで不調を起こすこともあります。 緑化した部分や芽を取り除いても、どうしても気になるのであれば、 潔く処分して新しいジャガイモを使いましょう。 今起こっている食中毒の原因が、ジャガイモであるとは限りません。 もし食事の後に不調を感じたら、すぐに病院に行きましょう。 症状がひどくなってからでは、回復までに時間がかかったり、 ひどい場合は手遅れになることもあります。

次の

【今の時期は危険?】食中毒について | 大阪市東淀川区の介護タクシーリンク

ジャガイモ 食中毒

じゃがいもの危険性 毒 はどこにあるのか じゃがいもの危険な部分というと、真っ先に「芽」が思い浮かぶのではないでしょうか。 それも正解ですが、「皮」にも毒が含まれていることがあります。 古くなったじゃがいもや、暖かいところに置いておいたジャガイモからは、芽が出てきます。 芽の部分には毒があるので食べてはいけません。 また、それ以外に気をつけるべきなのが「 皮」の部分。 じゃがいもは皮付きの料理もありますので、必ずしも食べてはいけないわけではありませんが、 皮の色を注意してチェックしてください じゃがいもは太陽の光に当たりすぎると、緑色になります。 皮が緑色になっている場合、そこには毒があるので食べてはいけません。 全体が緑になっている場合や、一部分だけ緑っぽくなっている場合もあります。 どちらの場合も、 緑の部分には毒素が多く含まれているので食べることができません。 けれど、 緑ではない通常の色の皮にも微量ですが毒が含まれています。 もちろん、緑の時よりは少ない量ですが、子供がたくさん食べるのは危険な場合も。 大量に食べる場合や、小さいお子さんが食べるじゃがいもは、しっかりと皮をむくのをお勧めします。 またそれ以外にも、じゃがいもについた 傷にも毒がある場合もあるので、痛んでいたり傷が付いているところは食べないほうがいいです。 どのくらい食べたら危険があるの?どんな症状が起こる? じゃがいもの芽・緑になった皮には、ソラニンやチャコニン(カコニン)と呼ばれる天然毒素が含まれています。 ではこれらの中毒量(症状が出る量)はどのくらいでしょうか。 大人の場合は200~400mg、子供の場合は15. 6~40mgが中毒発症量とされています。 子供は大人より少量でも中毒になってしまうので、より注意が必要です。 実際に毒素の含まれたじゃがいもを食べてしまった場合、次のような症状が出ることがあります。 吐き気• めまい• 疲労感• 脱力感• 喉の痛み• 呼吸困難 原因のじゃがいもを食べてから、20分〜1時間ほどで症状が出ます。 このような症状になった場合には、早急に病院に行きましょう。 じゃがいもの芽や緑の皮はどうやって取るの? 毒の含まれている芽や皮はしっかり取り除かないと危険です。 じゃがいもの芽が出ている場合、根元からしっかりと芽を取り除きます。 芽だけではなく、 まわりの部分も少し取り除いたほうが安全です。 皮が緑色になっている場合、皮を通常よりも少し厚めにむきます。 緑色の部分を完全に取り除き、まわりも少しだけ多めに取ります。 皮は緑色ではなくとも、できるだけむいたほうが安全です。 加熱したら毒は消える? じゃがいもの毒で気になるのが、加熱によって消えるかどうかです。 残念ながら、 じゃがいもを茹でたり煮たりしても、毒は分解されません。 揚げたり焼いたりする場合、多少分解されると報告がありますが、確実に減ったり完全になくなることは期待できないそうです。 そのため、じゃがいもの毒素であるソラニンやチャコニンを食べないようにするには、原因となっている芽や皮を取り除く方法しかありません。 煮たり焼いたりするから大丈夫だと過信せず、しっかりとその毒自体を取り除きましょう。 家庭菜園や学校で育てたじゃがいもは市販物よりも危険 じゃがいもは家庭菜園にも適した野菜で、幼稚園や保育園、小学校などでも育てたりしますよね。 けれどもそうしたじゃがいもは、お店で売られている農家が作ったじゃがいもよりも危険が潜んでいたりします。 実際に、学校で育てたじゃがいもによる食中毒は毎年全国各地で起こっており、ニュースでも報じられています。 また、東京都健康安全研究センターの記事では、このように書かれています。 1998年から昨年までの8年間に、児童たちが栽培したジャガイモによる食中毒は全国の小学校で8件、 幼稚園で1件起きています。 なお、この期間に市販のジャガイモによる食中毒は報告されていません。 このことからも、市販のじゃがいもでは起きない食中毒が、学校などでは度々起きているのがわかります。 ではなぜ家庭菜園や学校で育てたじゃがいもが危険なのでしょうか。 それは以下の通りです。 未熟で小さいじゃがいもを収穫する• 栽培中のじゃがいもが十分に土に覆われておらず、太陽の光に当たる• 収穫する時にじゃがいもに傷がつく• 収穫後、乾燥させるために太陽の光に長い間当てる• 収穫したじゃがいもを皮が付いたまま食べる 上記に当てはまる場合は、食中毒の危険があります。 全国の小学校や幼稚園が全てこれらに当てはまっているわけではありませんが、食中毒で苦しむ子供が毎年のようにいるのも事実です。 栽培時や収穫時に、これらのことを気をつけましょう。 詳しい栽培方法や収穫時の注意など、農林水産省の作成したリーフレットを参考にしてみるのもいいと思います。

次の