名古屋 経済 大学 メロス。 名古屋大学経済学部を受験する人は、一般にどこの大学を併願校...

名古屋経済大学経済学部の口コミ

名古屋 経済 大学 メロス

滋賀大は、戦前の彦根高等商業学校と滋賀師範学校が合わさってでいた大学ですが、特に、彦根高商は戦前そこそこの名門だったので、経済学部が看板です。 名古屋市大は、戦前は、名古屋女子専門学校でしたので、看板は医学部になります。 どちらも伝統はそれなりにあります。 名古屋市大は、看板は医学部と言えますが、たとえば、中央大のように法学部だけすごくて、あとはサッパリというようなことはなく、経済学部も、名古屋では、学力的にも、就職的にも旧帝の名古屋大学に次ぐ地位です。 滋賀大は、名門と言えば、名門ですが、関西の大学という、くくりになってしまうので、どうしても、京大・阪大・神大より下、大阪市大と同等か、場合によっては大阪市大より下の評価になってしまいます。 名古屋では、日本の中でも特に就活の売り手市場なので、就職は名古屋の中だけで済ますことも可能です(日本を代表する企業、特にメーカーが多いですが、え、ここも本社が名古屋だったのとか思うような企業も意外に多いです)。 著名な大企業の場合、ほぼ全てが名古屋に支店や支所を持っており、名古屋でも採用活動をしてますが、そこでは名古屋市大の枠があったりします。 金融機関や許認可業(建設・土建その他)は、特に、名古屋市と仲良くやっていく必要がありますから、名古屋市大からの採用が少ないと色々と言われたり、仕事の受注で不利になったりするので結構な名古屋市大の枠があったりします。 かつて、国民金融公庫(今の日本政策金融公庫)の名古屋採用の半分が名古屋市大卒だったこととかがあります。 滋賀大と名古屋市大は、偏差値的には同等ですが(予備校によりますが、平均すると名古屋市大の方が若干高い)、学生のトップ層や中間層は名古屋市大の方が上です。 滋賀大の場合は、大阪市大の合格が微妙な人が受けるケースが多いですが、名古屋市大は、旧帝の名古屋大の合格が微妙な人が受けるケースが多いからです。 滋賀大の経済は、彦根高商以来の伝統で、知ってる人は知ってる有力な学部ですが、名古屋市大の経済も知ってる人は知ってるというそこそこの知名度です。 ファイナンスの分野に「金融工学の悪魔」という、金融工学やファイナンスを学ぶ人や学者であれば、知らない人は皆無であるくらい有名な本がありますが、これを書いたのは、名古屋市立大卒の経済学者です。 また、名古屋市大経済卒の学者が旧帝の名古屋大学の経済学部長だったこともありますので、経済学の学会から一定の評価を受けていると言えます。 それに何より、 たとえば、京大生は、リアルなビジネス、リアルな現実に直接触れることが少ないので、東大生や一橋大生より見劣りがするなどと特に外資系の著名企業の採用担当者から言われることあ多かったりしますが、 滋賀大も滋賀という地域にこもることが多くなるので、リアルなビジネスやリアルな現実に触れる機会は少ないです。 名古屋市大の場合、大学自体が名古屋都心部に近い場所にありますし、周辺はトヨタ関連の大企業の本社(トヨタ自動車、デンソー、アイシン、豊田合成、豊田通商)やそれぞれの業界を代表するような著名企業(三菱航空機、ヤマザキマザック、リンナイ、パロマ、ノリタケ、ブラザー、イナックス等々)の本社もあります。 東大生が就職したい三大企業の一つであるボストンコンサルティンググループ(あとの二つはゴールドマンサックスとマッキンゼー)の西日本支社(中部・関西オフィス)も大阪ではなく、名古屋にあります。 MRJやH2ロケットも名古屋とその周辺市町の大工場で作っています(工場といっても、中小工場の作業場という雰囲気ではなく、最先端の技術中枢場所と言った方が良いでしょう)。 なので、企業見学、工場見学、インターンなど貴重な体験ができる機会は、滋賀大に比べれば名古屋市大の方が圧倒的に多いです(本人にその気があればですが)。 実際、ハーバード、コロンビア、ウォートン、ロンドンなど、欧米の超一流ビジネススクールの日本見学のコースの中に名古屋や愛知県の大企業本社や大工場が入っていることも多いです。 なんか名古屋市大押しみたいになってしまいましたが、 できれば、オープンキャンパスなどで実際に大学を見たり、在学生の話を聞いたりして、自分に合っていると思う方にするのが最良かもしれません。 市立は市立です。 国立は国立です。 滋賀大はむしろ中京地区から通学している割合が多いです。 阪神圏には関関同立なる私大も多く、そちらに流れる為です。 関東圏の傾向もそうですが、旧帝大以外は国立より私大を選択する傾向にあります。 まあ、阪神圏は関東圏よりお金なシビアな家庭が多いので神戸や市立あたりの人気が半端ないですが、就職時評価されるか?と言われると、関東圏では無意味に近い評価です。 つまり旧帝大以外の国立はどれも同じ扱い、本人次第です。 あくまで文系の話しですよ。 つまり、入試時の偏差値とおりに世間は評価しないのです。 まあ、あたりまえなんですけどね。 だから、軽量入試の私大選択が増えるのです。 滋賀大の場合、二期校であったため、 国立には珍しく後期からもかなりの合格者をだします。 市立と比較して生徒レベルが下がる事はないでしょうし、就職で国立が市立より下に扱われる事はまずないです。 少子化です。 あなたが卒業する頃はどちらの大学に縁があっても大学名で不利になる事はないでしょう。

次の

名古屋大学経済学部を受験する人は、一般にどこの大学を併願校...

名古屋 経済 大学 メロス

月: 年: 6. 2020 月 月曜日 火 火曜日 水 水曜日 木 木曜日 金 金曜日 土 土曜日 日 日曜日 1 2020. 01 2 2020. 02 3 2020. 03 4 2020. 04 5 2020. 05 6 2020. 06 7 2020. 07 8 2020. 08 9 2020. 09 10 2020. 10 11 2020. 11 12 2020. 12 13 2020. 13 14 2020. 14 15 2020. 15 16 2020. 16 17 2020. 17 18 2020. 18 19 2020. 19 20 2020. 20 21 2020. 21 22 2020. 22 23 2020. 23 24 2020. 24 25 2020. 25 26 2020. 26 27 2020. 27 28 2020. 28 29 2020. 29 30 2020. 30 1 2020. 01 2 2020. 02 3 2020. 03 4 2020. 04 5 2020.

次の

名古屋経済大学強化クラブ公式サイト

名古屋 経済 大学 メロス

滋賀大は、戦前の彦根高等商業学校と滋賀師範学校が合わさってでいた大学ですが、特に、彦根高商は戦前そこそこの名門だったので、経済学部が看板です。 名古屋市大は、戦前は、名古屋女子専門学校でしたので、看板は医学部になります。 どちらも伝統はそれなりにあります。 名古屋市大は、看板は医学部と言えますが、たとえば、中央大のように法学部だけすごくて、あとはサッパリというようなことはなく、経済学部も、名古屋では、学力的にも、就職的にも旧帝の名古屋大学に次ぐ地位です。 滋賀大は、名門と言えば、名門ですが、関西の大学という、くくりになってしまうので、どうしても、京大・阪大・神大より下、大阪市大と同等か、場合によっては大阪市大より下の評価になってしまいます。 名古屋では、日本の中でも特に就活の売り手市場なので、就職は名古屋の中だけで済ますことも可能です(日本を代表する企業、特にメーカーが多いですが、え、ここも本社が名古屋だったのとか思うような企業も意外に多いです)。 著名な大企業の場合、ほぼ全てが名古屋に支店や支所を持っており、名古屋でも採用活動をしてますが、そこでは名古屋市大の枠があったりします。 金融機関や許認可業(建設・土建その他)は、特に、名古屋市と仲良くやっていく必要がありますから、名古屋市大からの採用が少ないと色々と言われたり、仕事の受注で不利になったりするので結構な名古屋市大の枠があったりします。 かつて、国民金融公庫(今の日本政策金融公庫)の名古屋採用の半分が名古屋市大卒だったこととかがあります。 滋賀大と名古屋市大は、偏差値的には同等ですが(予備校によりますが、平均すると名古屋市大の方が若干高い)、学生のトップ層や中間層は名古屋市大の方が上です。 滋賀大の場合は、大阪市大の合格が微妙な人が受けるケースが多いですが、名古屋市大は、旧帝の名古屋大の合格が微妙な人が受けるケースが多いからです。 滋賀大の経済は、彦根高商以来の伝統で、知ってる人は知ってる有力な学部ですが、名古屋市大の経済も知ってる人は知ってるというそこそこの知名度です。 ファイナンスの分野に「金融工学の悪魔」という、金融工学やファイナンスを学ぶ人や学者であれば、知らない人は皆無であるくらい有名な本がありますが、これを書いたのは、名古屋市立大卒の経済学者です。 また、名古屋市大経済卒の学者が旧帝の名古屋大学の経済学部長だったこともありますので、経済学の学会から一定の評価を受けていると言えます。 それに何より、 たとえば、京大生は、リアルなビジネス、リアルな現実に直接触れることが少ないので、東大生や一橋大生より見劣りがするなどと特に外資系の著名企業の採用担当者から言われることあ多かったりしますが、 滋賀大も滋賀という地域にこもることが多くなるので、リアルなビジネスやリアルな現実に触れる機会は少ないです。 名古屋市大の場合、大学自体が名古屋都心部に近い場所にありますし、周辺はトヨタ関連の大企業の本社(トヨタ自動車、デンソー、アイシン、豊田合成、豊田通商)やそれぞれの業界を代表するような著名企業(三菱航空機、ヤマザキマザック、リンナイ、パロマ、ノリタケ、ブラザー、イナックス等々)の本社もあります。 東大生が就職したい三大企業の一つであるボストンコンサルティンググループ(あとの二つはゴールドマンサックスとマッキンゼー)の西日本支社(中部・関西オフィス)も大阪ではなく、名古屋にあります。 MRJやH2ロケットも名古屋とその周辺市町の大工場で作っています(工場といっても、中小工場の作業場という雰囲気ではなく、最先端の技術中枢場所と言った方が良いでしょう)。 なので、企業見学、工場見学、インターンなど貴重な体験ができる機会は、滋賀大に比べれば名古屋市大の方が圧倒的に多いです(本人にその気があればですが)。 実際、ハーバード、コロンビア、ウォートン、ロンドンなど、欧米の超一流ビジネススクールの日本見学のコースの中に名古屋や愛知県の大企業本社や大工場が入っていることも多いです。 なんか名古屋市大押しみたいになってしまいましたが、 できれば、オープンキャンパスなどで実際に大学を見たり、在学生の話を聞いたりして、自分に合っていると思う方にするのが最良かもしれません。 市立は市立です。 国立は国立です。 滋賀大はむしろ中京地区から通学している割合が多いです。 阪神圏には関関同立なる私大も多く、そちらに流れる為です。 関東圏の傾向もそうですが、旧帝大以外は国立より私大を選択する傾向にあります。 まあ、阪神圏は関東圏よりお金なシビアな家庭が多いので神戸や市立あたりの人気が半端ないですが、就職時評価されるか?と言われると、関東圏では無意味に近い評価です。 つまり旧帝大以外の国立はどれも同じ扱い、本人次第です。 あくまで文系の話しですよ。 つまり、入試時の偏差値とおりに世間は評価しないのです。 まあ、あたりまえなんですけどね。 だから、軽量入試の私大選択が増えるのです。 滋賀大の場合、二期校であったため、 国立には珍しく後期からもかなりの合格者をだします。 市立と比較して生徒レベルが下がる事はないでしょうし、就職で国立が市立より下に扱われる事はまずないです。 少子化です。 あなたが卒業する頃はどちらの大学に縁があっても大学名で不利になる事はないでしょう。

次の