一人暮らし 電気 おすすめ。 一人暮らしの電気会社おすすめ5選|迷ったらこれを読んでね!

東京ガスの電気は一人暮らしも安くなる!けど1番のおすすめではない!

一人暮らし 電気 おすすめ

寒い冬が過ぎ去り、暖かくなる春から新生活のシーズンが始まります。 実家を離れ初めて一人暮らしをするなんて人も多いのではないでしょうか。 新居の物件が決まってホッとひと息ついたら、引っ越しの準備を整えつつ、新しい家具や家電を揃えておかないと引っ越し先で「アレがない! どうしよう……」と困ったことになってしまいます。 一人暮らしを始めるあなたに必要な家電を厳選! そんな人たちに、家電のプロが集まる価格. comマガジンが、一人暮らしを始めるのに必要な家電を紹介します! 「とりあえずこれさえ揃えれば安心」という家電を厳選したので、これから新生活を始める人は、ぜひチェックしてくださいね。 《目次》 一人暮らしの家電を揃えるのに注意しておきたいこと 初めての新生活ということで、気分が高揚してアレやコレもと買ってしまいがちですが、まずは必要なものだけ揃えて、足りないものは後から購入すれば問題ありません。 まずは、何が必要なのかを把握するのが大切です。 一人暮らしの家電を揃えるのにもうひとつ注意したいこととして、それほど大きな家電は必要ない、ということがあります。 多くの人が、1ルームや1K、もしくは1DKといったお部屋を検討されていると思われますが、そういったお部屋の多くは洋室が6〜10畳くらい。 キッチンが廊下に設置されている物件も多くあります。 そのため、家電を選ぶ際には、サイズに気をつけましょう。 大きい家電だと設置できなかったり、収納できなかったりするので、事前に部屋やキッチン、収納の幅や奥行、高さを採寸してから、それに合った家電を選ぶようにしましょう。 火を使わないので安全 ・炊飯器:自炊派にはマストの家電 ・オーブントースター:パン派の人にはマストアイテム ・アイロン:社会人なら1台は持っておきたい ・ドライヤー:女性には必須のアイテム ・シェーバー:ヒゲ剃りを毎日行う男性の社会人は持っておきたい ・ノートパソコン:スマホよりも断然便利。 配信サービスなども楽しめる これだけの家電があれば、新生活のスタートを問題なく切れるはずです。 もちろん、新生活のスタート時には、家賃や家具にもお金がかかるので、そのあたりは自分の予算と相談しながら、揃える家電を決めましょう。 予算をオーバーするなら、「あったら便利」の家電は後回しにしたり、価格が下がる買い時の時期まで待つのもアリでしょう。 一人暮らし向けおすすめ家電をチェック 揃える家電が決まったら、次は製品選び。 先にも述べましたが、一人暮らしにさほど大きな家電は必要ないため、省スペースの小型家電を中心に選びましょう。 comマガジンでは、一人暮らし向け家電の選び方や、おすすめ小型家電をピックアップした記事を多数掲載しているので、買い物の参考にしてください。 冷蔵庫 一人暮らしの場合は小容量タイプの冷蔵庫で十分です。 ただし、自炊する人と、自炊しない人では、必要な容量が変わってきます。 自分の用途に合わせた冷蔵庫を選びましょう。 一人暮らし向け冷蔵庫の選び方とおすすめ製品はコチラから! 洗濯機 洗濯機にはさまざまなタイプがありますが、一人暮らしの場合は洗濯容量の小さい低価格モデルが人気です。 設置されている洗濯機パンだけでなく、水栓の高さも採寸するなど、チェックするポイントがたくさんあるので、以下の記事を参考にしてみてください。 一人暮らし向け洗濯機の選び方とおすすめ製品はコチラから! 掃除機 一人暮らしで人気の掃除機は、ズバリ、コードレススティック掃除機です。 キャニスター型とは違いコードがじゃまにならない上に、コンパクトサイズで収納にも困りません。 コードレスのためキャニスター型よりも駆動時間が短いですが、一人暮らしのお部屋なら十分。 1万円台で購入できるコスパモデルから、高機能モデルまでを厳選しました。 コードレススティック掃除機の選び方とおすすめ製品はコチラから! 電子レンジ 温めるだけでなく調理までお任せできる多機能なハイエンド電子レンジが多数登場していますが、一人暮らしの場合は温めるだけの「単機能タイプ」か、オーブン機能の付いた「オーブンレンジ」で十分な場合が多いです。 特にハイエンドのものは設置面積が大きいので気をつけましょう。 一人暮らし向け電子レンジの選び方とおすすめ製品はコチラから! テレビ コンパクトな部屋に住む一人暮らしの人には、20〜32インチ前後のサイズのテレビが主流です。 昨今は、ジェネリック家電と呼ばれるコスパ優秀な小型テレビが多数登場しています。 地上波放送以外にも映画や動画、ゲームなども映せるので、汎用性は高めです。 テレビは1度購入するとなかなか買い換えないため、以下の記事から選び方をしっかり理解するのがベターです。 一人暮らし向け小型テレビの選び方とおすすめ製品はコチラから! 炊飯器 食事は外食か総菜で済ませるという人には必要ありませんが、自炊はなら欠かせないのが炊飯器。 一人暮らしの場合は、少量炊きできる小型モデルがおすすめです。 ただし、おいしく炊ける「IH式」や、低価格の「マイコン式」など炊飯方式による違いがあるので、自分の希望を満たす炊飯器を選びましょう。 一人暮らし向け炊飯器の選び方とおすすめ製品はコチラから! オーブントースター トーストを焼くなら、時間がかかりがちなオーブンレンジよりオーブントースターが便利です。 一人暮らしであれば2枚焼きモデルがちょうどいいサイズでしょう。 省スペースで設置できるモデルや、スチームと温度制御で究極のトーストが焼けるモデルまで、幅広い製品をピックアップしました。 オーブントースターの選び方とおすすめ製品はコチラから! ドライヤー 女性にとってドライヤーはマストなアイテムです。 髪の毛の長さや量によって製品を選ぶ際の目安が違うので確認しましょう。 最近では、髪や頭皮へのダメージが少ない高級モデルもあります。 ドライヤーの選び方とおすすめ製品はコチラから! ノートパソコン スマートフォンの普及により、パソコンを持たない人も増えているようですが、やっぱりノートパソコンが1台あると便利です。 大学生にしろ、社会人にしろ、レポート作成や仕事はパソコンで行ったほうが断然便利。 これら以外にも調べ物をしたり、動画を見たりなど、ノートパソコンがあれば家でできることの幅が広がります。 以下の記事ではコスパが高いモデルを厳選したので、ぜひチェックしてみてください。 ノートパソコンの選び方とおすすめ製品はコチラから! 大学や会社など新しい環境への対応や、たくさんの人たちとの出会いなど、新生活の始まりは何かと忙しくなりがちです。 そういったときに、住んでいる場所で問題が起こるとストレスが倍増してしまいます。 新生活を気持ちよくスタートできるように、事前準備はしっかり行ってくださいね。

次の

関西電力のプランで一人暮らしにおすすめは?電力会社を変更した方がお得?|ココシレル

一人暮らし 電気 おすすめ

北海道でお得な電気の選び方 2016年の電力自由化以降、『新電力』と呼ばれる電力会社がたくさん誕生し、従来の電力会社である北海道電力よりも安いところを選べるようになりました。 北海道電力エリアにお住まいの方が新電力を選ぶ際は、とにかく電気料金が安い新電力を選ぶことが鉄則です。 後ほど料金比較のところでもわかりますが、実はセット割はお得ではありません。 なぜならセット割引がある電力会社はもともとの電気料金が高い場合が多いからです。 北海道電力エリアは電気料金の中でも特に基本料金が全国で最も高額。 そのため安い電気料金を選ぶ際は基本料金が0円の電力会社を選ぶことがポイントになるのです。 北海道でおすすめの電力会社ランキングTOP3 北海道電力エリアで、特に電気代が安くなっておすすめな電力会社を3つ厳選しました。 この3社は評判やサービス内容はもちろん良く、基本料金0円で安さにとにかく力を入れている電力会社なのでここを選んでおけば間違いありません。 ではランキング形式で1位から3位まで紹介していきます。 おすすめポイント ・電気料金がとにかく安い ・基本料金が0円 ・解約金、違約金が0円 ・料金プランがシンプルでわかりやすい ・利用者の評判がいい ・自然に優しいエネルギーを利用 Looopでんきはとにかく電気料金が安く、北海道の方に今最もおすすめできる新電力です。 中でも最大のメリットは、基本料金が0円なこと。 基本料金というのは電気の契約自体にかかる料金で、電気を使っていない月でも必ず支払わなければいけません。 北海道は全国で一番基本料金が高いですが、それがまるまる無料になるというのはかなり魅力的ですよね。 また一般的に電気の使用量によって複雑に変動する単価も一律なので、料金体系が非常にシンプルなのも大きなメリットです。 さらにLooopでんきは自然に優しいエネルギーを利用していて、使用する電気の4分の1を再生可能エネルギーでまかなっているのも大きな魅力。 電気料金の安さ、シンプルでわかりやすい料金プラン、自然に優しいエネルギーで多くの方に選ばれている電力会社です。 Looopでんきには契約期間の縛りもないですし、いつ解約しても違約金はかからないので、検討されている方はお試し感覚で申し込むこともできますよ。 おすすめポイント ・基本料金0円で安い ・解約金、違約金が0円 ・夜の電気代を安くできる ・使用スタイルに合わせたプランが選べる 親指でんきの一番人気のプランは、Looopでんきと同じく基本料金無料・一律従量料金単価の「いいねプラン」です。 従量料金単価もLooopでんきと同じなので、1位のLooopでんきと同じだけお得になります。 さらに親指でんきには、ペットショップの割引などの特典が受けられる「わんにゃんプラン」や、夜間の料金が安くなる「日曜から夜更かしプラン」、契約すると化粧水などのサンプルがもらえる「ビューティープラン」などユニークなプランが用意されています。 中でもおすすめは 「日曜から夜更かしプラン」で、夜間(22時~)に電気をたくさん使う方では1位のLooopでんき以上の電気代の削減が期待できます。 一人暮らしで日中は家を空ける方、仕事柄夜間に電気を使う割合の多い生活をしている方には特にピッタリです。 親指でんきは自分の生活にあったプランで賢くお得にしたいという方におすすめです。 6月末までの期間限定でもれなく 3,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です! 契約期間の縛りや解約金もないので、気になる方はお試し感覚で利用できますよ。 他にも北海道でおすすめな電力会社を紹介 北海道エリアで特に電気代が安くなる電力会社を3社紹介しましたが、他にも北海道電力エリアでおすすめな電力会社はたくさんあります。 例えば「地元の電力会社と契約したい」という方や、「寒さが厳しい北海道だからこそガス会社が提供する電気のプランがいい」という方など、電力会社を選ぶ上でどんなことを重要視するのかは人によって違います。 様々な選び方からおすすめできる電力会社だけを厳選したので、自分にピッタリなところを見つけてください。 北海道ならではでおすすめは? 新電力の中には、そのエリアで誕生して地元で愛されている電力会社もあります。 これから紹介する2社は北海道で誕生した電力会社で、且つ北海道だからこそ受けられるサービスもあるのが特徴です。 従って、生まれ育った地元の電力会社を契約して北海道ならではのサービスも受けたいという方におすすめな電力会社になっています。 トドック電力 トドック電力はコープさっぽろが運営している新電力です。 料金はどちらも北海道電力よりも安く、「FIT電気メニュー」より「ベーシック電気メニュー」の方が少し安いです。 そしてコープさっぽろの灯油配達やプロパンガスを利用している方は割引が効くため、より安く電気を利用できます。 地域に密着した電力会社でセット割もあり、電気代が安くなるのでおすすめです。 エゾデン エゾデンとは株式会社コンサドーレと株式会社リージョナルマーケティングが共同出資で運営している新電力です。 セット割がない代わりに料金プランが安くてシンプルなことが特徴。 従量料金は一律になっているため、たくさん電気を使うほどお得になっていく仕組みです。 そしてエゾデンでは、毎月の電気料金の0. 「EZOCAポイント」を貯めているという方はもちろん、北海道にお住まいの方全員におすすめできる電力会社です。 北海道のガス会社の電気でおすすめは? 北海道のガス会社のいくつかは電気の供給も行っています。 電気を供給している代表的なガス会社は北海道ガス、いちたかガスワンの2社です。 北海道ガスの電気 北海道ガスは北海道で従来から使われている都市ガス会社です。 対象のガス機器を使っている場合に適用されるセット割で、4つのうちどれかを適用でき、割引額は下記の通りです。 LPガスならエネワンでんき エネワンでんきはLPガスを提供しているサイサンのグループ会社「株式会社いちたかガスワン」が運営している新電力です。 そのためいちたかガスワンが提供しているLPガスを併せて利用することでガスのセット割が効き、電気代が毎月200円安くなります。 その他、エネワンが提供するウォーターサーバーなどを利用している方は追加で割引が適用されるなどもあります。 地元の団体を応援できる電力会社でおすすめは? 新電力の中には、電気代の一部が特定の団体に寄付されるプランがあるところもあります。 丸紅新電力ではサッカーチームやバスケットボールチームなどを応援できるプランがあるので、特定の団体を電力会社を通じて応援したいという人におすすめです。 丸紅新電力 丸紅新電力では特定の団体を応援するための3つのプランがあり、中でも「レバンガプラン」を選ぶと毎月100円がレバンガ北海道に寄付されます。 電気料金は北海道電力と比べて基本料金も従量料金も安いので、電気代を安くしつつ好きな団体を応援できます。 地元のバスケットボールチームを応援したいという方におすすめです。 北海道電力エリアで安い電力会社10社比較 今まで紹介した電力会社10社は、北海道エリアで安くなる電力会社です。 この10社の1ヵ月間の電気料金を実際にシミュレーションして、比較していきます。 今回比較する10社 Looopでんき 親指でんき 楽天でんき トドック電力 エゾデン 北海道ガスの電気 エネワンでんき 出光昭和シェル 丸紅新電力 北海道電力 なお、お得になる金額は電気の使用量によっても変わるので、以下の3つのケースに分けて計算しました。 1~2人暮らし• 3~5人暮らし• 5人以上の家族 それぞれ料金が安いものから順に並べています。 従って、安い電力会社を利用したい人はこの2社のどちらかを選べば間違いないでしょう。 なお、親指でんきは通常のプラン(いいねプラン)で計算していますが、夜に電気をたくさん使う生活の方は「日曜から夜更かしプラン」にすることでこれよりさらにお得になれる可能性大です。 まとめ 北海道でおすすめの電力会社を紹介してきました。 電力会社の切り替えは検針票など電気の契約情報が手元にあればWEBから5分程度でできますから、気になった方は気軽に切り替えてみるのがおすすめです。 この記事を読んで、みなさんがお得な電力会社を見つけられたらとても嬉しいです。 , ,•

次の

東京ガスの電気は一人暮らしも安くなる!けど1番のおすすめではない!

一人暮らし 電気 おすすめ

注意点 と、その前に。 一人暮らしの人が電力会社を乗り換える際は、特に注意が必要です。 乗り換えによって かえって料金が高くなる可能性があります。 ちゃんと選ばないと、逆に割高な料金を支払うことになるので気をつけてください。 例えば一人暮らしの人が東京電力から 東電系の新電力 の「たっぷりプラン」に乗り換えると、 年間で2. 8万円も高くなります。 また、一人暮らし世帯は 選べる電力会社が少ないです。 一人暮らし世帯に多い「20A以下」の契約を受け付けていない電力会社も多いためです。 以上の注意点をふまえて、おすすめの電力会社を紹介します。 一人暮らしにおすすめの電力会社はここ! 地域ごとに安い電力会社が異なるので、地域ごとに紹介します。 東北・中部・九州はENEOSでんき 東北・中部・九州エリアのワンルームや1Kで一人暮らしをしている場合は、ENEOSでんきが最安値クラスとなります。 2年契約プランはお得ですが、縛りが無い(違約金無し)プランでも各地域でトップクラスの低料金です。 関連記事• 関東ならCDエナジー 関東(東京電力エリア)で一人暮らしをしている場合は、CDエナジーダイレクトの「ベーシックプラン」が安いです。 中部電力と大阪ガスが共同で設立した新電力会社です。 15A〜30Aで契約している一人暮らし世帯の平均的な使用量では、関東エリアで最安値水準の料金プランです。 解約時の違約金などもありません。 関連記事• 関西・中国・沖縄ではシンエナジー 関西と中国地方、沖縄電力エリアでは、神戸に本社を置く中堅新電力のシンエナジーの「きほんプラン」が最安値クラスです。 月170kWhの電力を使用する場合、関西では年間2478円、中国では年間3158円、沖縄では年間1656円の節約になります。 解約時の違約金もありません。 関連記事• 北海道・北陸ではピタでん 北海道・北陸で一人暮らしをしている場合は、新電力最大手のF-Powerが運営している「ピタでん」が安いです。 ピタでんは全国的に、使用量が多い場合に「最安クラス」の低料金のプランを提示していますが、北海道と北陸電力のエリアに限っては20A・月170kWhという一人暮らしの使用条件でも最安値クラスとなります。 関連記事• 四国では熊本電力 四国電力のエリアでは、が安いです。 月170kWhの使用量で四電よりも年間4千円程度安い料金プランです。 他社では2千円程度の削減に留まるので、圧倒的に安いと言えます。 名前のとおり九州の会社ですが、2020年から四国電力のエリアにも対応しました。 関連記事• 広々一人暮らしならLooopでんき 1Kやワンルームではない「広い家」で一人暮らしをしている人には、がおすすめです。 家が広くなると、契約アンペア数が大きくなり「基本料金」が高くなる傾向があります。 Looopでんきは 基本料金0円のため、契約アンペア数が大きい場合にお得になります。 一人暮らしの場合、30A以上なら概ねお得です。 なお、アンペア制ではない関西・中国・四国・沖縄エリアでは、かえって割高になることもあるので注意してください。 離島・沖縄を除く全国対応。 関連記事• ガス会社も比較しよう 2017年4月からは、ガス会社(都市ガス)も選べるようになりました。 電気と同様に、乗り換えることでガス代が月100〜300円程度安くなるほか、1000〜3000円程度の「入会特典」(割引)がある会社も多いです。 注意点としては、 ・選べるのは「都市ガス」 プロパンは乗り換え不可 ・参入企業が少ないため、乗り換え先が無い地域が多い この2点です。 東京ガス、大阪ガス、東邦ガスのエリアでは複数の新規参入があり、その中から安い料金プランを選ぶことが出来ます。 それ以外の地域では参入が1社のみ、あるいは新規参入ゼロというところが多いです。 関連記事• 電気代を安くするコツ 電力会社を乗り換える以外で、一人暮らしの電気代を安くするコツを教えます。 関連記事• アンペア数を見直そう 関西・中国・四国以外の地域にお住まいの人は、契約の「アンペア数」を見直してください。 アンペア数は、室内のブレーカーのところに書いてある「20A」とか「30A」といった数字のことです(新築だと書いていない場合もある) アンペア数が大きいと、同時にたくさんの電気を使ってもブレーカーが落ちにくくなる一方、基本料金が高くなります。 小さくし過ぎると生活に不便しますが、大きすぎても無駄なだけです。 年間でバイトの時給3時間分の節約になります! 1Kやワンルームの部屋なら、20Aでも私は全く問題ありませんでした。 IHコンロや、電気式の浴室乾燥機がある場合は30Aは欲しいところです。 エアコンはこまめに消さない ちょっとコンビニに行ったり、ご飯を食べに行って外出することがありますよね。 そんな時に、エアコンをこまめに消していませんか? 実は、30分〜1時間程度の外出ならエアコンは付けっぱなしの方がエコです。 自転車に乗っている時に、停止した状態から動き出す時や、速度を上げる時にペダルを漕ぐ力を強くしますよね。 一方、平坦な道を同じくらいの速度で走っている時は、それほど力がいりません。 エアコンも自転車と同じで、 設定した温度まで上げたり下げたりする時が、一番電気を消費します。 だから、少しの外出なら付けっぱなしにしておいた方が、消費電力は少ないです。 そんなの信じられない!と、思う人も多いでしょう。 私も最初は半信半疑でした。 電力会社を乗り換えると、一部の電力会社では 30分ごとの電気の使用量をネットから確認出来る「見える化サービス」を提供しているので、それを使って確認すれば事実だと納得出来るでしょう。 関連記事• 関連記事•

次の