ノア コイン プラチナム。 旧ノアコイン消滅「cclab.collaborativeconsumption.comUM」新ノアコインの今後は?

NOAH COIN(ノアコイン) BTCNEXTに新ノアコイン「cclab.collaborativeconsumption.comum」出現!!

ノア コイン プラチナム

ノアコイン=NOAHP は現状プラチナムQDAOエンジニアリングが運営する BTCNEXT でのみ取扱われ プラチナムが現在開発しています。 プラチナムが過去携わったクリプトは ナゲゼニ スピンドル ノアコイン ミンドル など有名どころが揃っています。 platinum. そして何故かホルダーに渡ったノアコインは、新しい供給量に対して2分の1でスワップされ かつ運営のトークンはロックされる事なく、何故かホルダーの99.5%が取引所にロックされる事になりました。 運営操作の下、ホルダー達は毎月0.1%~0.01%の間で解除率を決めるのに奮闘しているようです。 一方運営は、市場に流通させないと取引できないだろうという考えの元、運営が保有するトークンに関しては取引所で売買されています。 ただし、運営の損失になるような『指値』を使った取引が行われ利益が、トレーダーに渡ってしまっている場合は定期的にメンテナンスを 行いその度に取引のキャンセル、履歴の削除、指値全解除をしています。 最近は新しく出来合い取引所を他から買ってきた様ですが、素晴らしい仕様に変更されています、いや技術力が無くて設定変えられないのかもしれません。 例えばチャートの銘柄を変えると普通の取引所であれば、板情報などその他の情報も指定された銘柄に自動的に変わります。 しかしBTCNEXTの場合は、全ての項目を自分で変えければならないという、とてもこの業界の人が作ったとは思えない新しい仕様を採用しています。 必見です。 そして極めつけは、いつも似たような問い合わせが多いテレグラムの様ですが、プラチナムが行った操作や変更に異議を唱えると テレグラムのアカウントとBTCNEXTの口座アカウントを紐づけし、お客様の資産が入っている口座を削除するという仕様が最近加わったようです。 プラチナムが新しく始めたバーチャルノアシティなる商品に関しても、市民権購入者に対し毎回ミートアップを行う時は 年齢層の高いお友達を2名以上連れてきてください。 とりあえず、連れてきて頂ければ詳しい説明はこちらで案内しますので大丈夫です。 連れてきて頂いた際は、トークンを差し上げますし、市民権購入者はあなたのツリーの下に付くので、そのお友達が買った分の 利益も分配されますよといった何処かで聞いたことがあるような事を今もされている模様です。 現在はオンラインでも開催されている様です。 とても長くなりましたが、この他にもマスターカードと提携という嘘を謳ったノアペイカードなる 新たなトラップが作られて皆さん歓喜されているようです。 ノアコインのエクスプローラーで適当にブロック情報ひらいたけど・・・ 何これ中身全然ないけど…送金した量とか…金額とか普通あるはずの情報が 何も無くない?中身無いな…承認も1... BLOCK DETAILS Information Hash nhblk5a4d9153f33021a55a9eca23ccf9e219d0d01a56a1445271 Height 2657 Confirmations 1 Previous Block Hash 54cfd1d39a7df0e1cbc9dc3f745c60dfa23760bbd0c400b525501246c8370884bb2c3b28cb2cdd3c3b492e400f01156d6f007dffab9e1e589eb683f5d3ebd514 Time 2019-11-04.

次の

2019第一回目NOAH Coinノアコイン配当ボーナスの運用・受け取り方!単利?複利?どっちにする!?

ノア コイン プラチナム

前回に引き続きプ社の不思議をQ&A方式で解いていこうと思います• 、よく、『まもなく実装されるからお待ち下さい』と言われていつまでも経っても実装されないことありますよね。 そこはどうなの? この場合は、ソフトウェア開発が多くあり、中途半端なものを世に出しても意味がありません。 そして、時間に追われて作るのも良いものはできるとは限りません。 本当は間に合った方が良いのですが・・・・ でも、 時間に問われないで価値を確認しましょう。 Q11、プ社はどのようなサービスを提供しているのでしょうか ・創造的なグラフィックスおよびメッセージを書いて宣伝することができます ・使用者のために面白くて便利なウェブサイトやします ・弊社の最高のツールを使用してあなたのプロジェクトに商標登録をするお手伝いをします ・満足する製品やサービスを提供できることと同時に、人の心を揺さぶることができるコミュニティを提供することができます Q12、プ社の専門知識はどんなものでしょうか ・資金調達ができる ・ターゲットに向けたコンテツ記事を書くことができる ・メディアを柔軟に活用でき、ニーズに答えることができる ・宣伝をうまくでき、戦略的にできる ・弊社とお客様の連携がうまくでき、いつでもコンタクトできるツールを持っています ・やデザインをうまく使い、世界中から注目をされている ・を完全に駆使して、すぐ見たい情報をゲットするように構成されている Q13、プ社は、QDAOンを開発しました。 なぜこのコインを必要なのでしょうか? 暗号通貨は、日々世の中の情勢によって変化します。 その通貨を支払いや国のコインとして使えるのでしょうか?答えは、使えないです。 そのために、ステーブルコインを考え出しました。 このコインはと同じ扱いであるので、 暗号通貨の避難場所として使われます。 事実、プ社の給料はこのステーブルコインで支払いを行われています。 現在、QDAOンを筆頭に出てきているのが、 ・日本のJPYQ ・韓国のKRWQ ・カのUSDQ ・香港のHKDQ ・ロシアのRUBQ ・のSGDQ ・中国のCNYQ が出てきています。 また要望があれば増えてくるでしょう Q14、現在プ社は瀕死のノアコインを救済したのでしょうか このノアコインは、フィリピンを救済するために2017年登場しました。 会社はノアファンデーションという会社であり、で莫大な資金調達に成功しました。 だが、フィリピン政府との提携と会社のずさんな管理をしていたためにノアコインが1サトシ(約0. 01円)というところまで落ちました。 ここで救済したのがプ社です。 なぜ救済したのでしょうか? ・コミュニの多さ ・ほかっておけなかったから ・事業展開に魅力を感じたから ・やることにより会社が拡大する このような理由でしょう! Q15、現在プ社が推しているノアコインの事業展開は? まず、ノアコインの価値をあげることに専念して、その先は、持っている人がお金にゆとりあ る生活を送って欲しいから、いろいろな積立投資方法の戦略を練っています。 ・ノアコインをロックして毎月投票によってロック解除率を決める ・QADODeFiを開発し、独自の取引所(BTC NEXT)に預けることにより資金が増える仕組みを作る ・ノアシティの構想を練り、そこでのサービスと元本回収できるような仕組みづくりをした ・より多くのコインを持つことにより特典をつけることをした ・投資者の疑問対応するために24時間365日という驚異的なサポート体制をオンラインで展開している ・今やっていることを報告するためにプ社の方が日本に来て、オフラインミートアップをやってくれること Q16、プ社のチームはどのように構成されているのでしょうか? 1、代表者 ・ジャントコフスキイ・アントン CEO ・ホメンコ・ボクダン エンジニアリングの共同創設者 ・メルズリキン・アレクセイ 営業部のマネージャー ・ダニロワ・マーシャ BTC NEXTのプロジェクトマネージャー ・伊藤 猛 ビジネスー兼アドバイザー ・クリロワ・アレクサンドラ 人事部長 2、各部署の紹介 様々な管理部門に分かれております 管理部 3名 財務部 3名 及びPRチーム 10名 コミュニ管理チーム 14名 プロトタイプ部署 4名 法務部 3名 コミュニティ成長チーム 9名 セールスチーム 2名 人事部 3名 ITチャンピオンチーム 12名 BTC NEXTチーム 8名 取引チーム 11名 ノアプロジェクトチーム 3名 銀行アプリケーションチーム 2名 など 多くの社員が必死に働いています Q17、プ社の代表的な開発してきたものとは? ・LOTUS ・ ・CRYPTER1UM ・NOAH COIN ・Karuma などの会社と関わりを持ちました。 Q18、プ社が独自開発した媒体は? ・アジア銀行モバイルアプリケーション ・ノア ・Roseonウォレット ・QDAOボード ・NOAHウォレット ・プラットホーム ・Q MATRIX モジュール ・QDAOエコシステム ・UBAIーオンライン教育プラットホーム の開発をしました Q19、ノアプ社のエンジニア部門はどのようなことしているのでしょうか? ・モバイル開発 ・DevOpsを用いてプロジェクトへの時間やコストを削減 ・ソフトウェアのテストをして最低限使えるかのテストとセキュリティ ・ITコンサルをしてお客様の欲しいものをより忠実に提供 ・専用開発チームを作り、より素晴らしい製品を作ることに専念している ・ソフトウェア開発で、より良いものを作るために改善 ・UIやUXサービスを用いてクライアントの魅力やユーティリティと組み合わせた機能を提供 ・開発でやDAppの開発をしている 以上です。 まとめ 今回はパート2として、取り上げてみました。 いかがでしたでしょうか? 日々、社員人柄が違い、そして仕事に熱心な人が多いです。 プ社のことをこの記事で知っていただいたら幸いです 毎回最後までお読み頂きありがとうございます yoshinoridream1014.

次の

【やったぜ!】ノア(コイン)プラチナム価格が急回復中!

ノア コイン プラチナム

詐欺、ポンジ疑惑のノアコインプロジェクトですが、ついに 黒幕が判明したのでは?という情報が入って来たので紹介しますね。 どうも、ユウタです。 泉忠司氏がローンチし日本でも広く拡散したノアコインですが、現在は ポンジスキーム疑惑が濃厚になっています。 そして、実際に 詐欺であり黒幕がいるとの がネットで公開されたので、今回徹底検証してみました。 ちなみに運営はこの記事に対して 公式に何も発表していないので、どこまでが真実であるのかは保証できませんのでご了承ください。 ノアコインプロジェクト ノアコインとは、フィリピンの貧困問題や海外労働者の送金手数料などの社会問題を改善するプロジェクトで、立ち上げたのは 「ノアファウンデーション Noah Foundation 」というフィリピンの非営利団体です。 主要メンバーに日本人はおらず、2017年にICOが行われ、日本でのマーケティングは リアルドラゴン桜で有名な 泉忠司氏が行い多くの投資家から資金を集めました。 架空プロジェクトだった? ノアコインの立ち上げに関して、フィリピンの社会問題解決の為に泉氏は協力する形でプロジェクトに関ったと言われていますが。 実はこのノアプロジェクト自体が 「日本人によって作り出され、架空の非営利団体による架空プロジェクトだった」と言うことが暴露されました。 つまり、NOAH PROJECTは 100億円を集めるための見せかけのものだったんですね。 もし、本当だとしたらかなりヤバいですね 黒幕 暴露記事の中で黒幕とされているのは、 松林克美、川尻征司、泉忠司、土屋ひろしの4人です。 NOAH FOUNDATION自体が彼らによって作り出された架空の非営利団体だったようです。 マニラの晩餐会にて 2016年10月にフィリピンドゥテルテ大統領の晩餐会がマニラで行われ、黒幕4人を含むノアコインの日本人関係者が集まり、恵まれない子供たちのために 黒幕たちから1000万ペソが寄付されました。 記事では 「常套手段の手口である寄付イベントで、ドゥテルテ大統領を含むフィリピンの要人たちを安心させるためのイベントを開催した。 」と書かれていて、 NOAH PROJECTへの仕込みだったと考えられてますね。 つまり、この黒幕達は 慈善事業を行う非営利団体として寄付をすることで、要人たちを巧みに寄せ集め、投資家にはプロジェクトの協力者であるとアナウンスし信用させ、出資者を集めていたのです。 ノアコイン黒幕疑惑の理由 黒幕とノアの関係性 暴露記事ではSNSにあげられている情報や会社の登記簿などを検証して、 黒幕達とノアコインプロジェクトの関係者に深い繋がりがあることを証明しています。 ちなみに、NOAHコミュニティのtelegramアカウントから、松林克美氏は 「MAX OWN」で、川尻征司氏はOWNERアカウントである 「Black Swan」ではないかと言われてますね。 own-inc. 川尻征司 2016年10月11日NOAH FOUNDATIONのフィリピンで寄付イベントが行われ、 NOAHの運営売り主犯格と思われる人物と親しく写真に写っていたそうです。 さらに、川尻征司のプライベートイベントにNOAH FOUNDATIONの主要人物が出席していたそうですね。 泉忠司 NOAH PROJECTのプロモーターで、川尻征司が代表をつとめる 「Filix Holding Management INC. 」の取締役に就任しています。 また、泉忠司のフェイスブックでは、NOAH運営の関係者と繋がっていることがわかっています。 そして、一般社団法人日本作家協会では、泉忠司が代表理事をつとめ、川尻征司が理事に就任しているそうです。 公式サイトに日本語 ノアファウンデーション Noah Foundation の過去の公式サイトの英語レベルが低い事、運営会社の住所がホテルであること、HTMLソースに日本語が混ざっていたことから、 日本人が海外のサイトを装って作った疑いがあると書かれてますね。 暴露記事の信憑性 今のところ、記事の内容だけで架空のプロジェクトだと言い切るには難しいですが、これが 事実だとすればユーザーが黙っていないでしょうね。 運営がこのまま何も対応しなければ、疑惑を払拭できずノアコインの信頼性が下がるので 公式からの事実関係の説明が待たれますね。 プラチナム社 現在、運営から請負契約のような形でノアコインを開発しているのが プラチナム社ですが、ノア運営から資金提供を受けて開発しているため、下記の問題によって ユーザーからの信頼性が低下しているそうです。 総発行枚数が倍増 ノアコインは ノアプラチナムというコインに変わりましたが、旧コインの総発行枚数が 915億枚だったのが、新コインになって 2160億枚に勝手に増やされた挙句、その増加した分が 運営のコインになりました。 一応、 毎月0. そこで、 ホルダーの投票によって解除率が変更できるようになりました。 不可解な投票ルール しかし、10月27日に公開された投票のルールに記載されている内容を確認すると、 不可解な点がいくつも出てきたそうです。 泉忠司の「完全保存版 仮想通貨バイブル DVD 5巻 」を6万円で購入した。 ノア・コインは怪しいコインだった。 購入の魅力をふんだんに盛り込んで、実現の見込みもないノアProject をでっちあげ、資本金100万円の集金会社を急ごしらえして、金を集めた。 私もその被害者、年金暮らしの高齢者93歳である。 老後生活に大事な 200万円振込送金したのに、コイン現物も領収書も何も送ってこない。 集団訴訟で泉忠司が裁判所に出頭する日に出頭せずに海外旅行というズウズウしさ。 彼に良心のかけらでもあるなら自称100億円の個人資産を被害者に弁済すべきである。 さもなければ、泉忠司をネットビジネス業界から永久に追放しなければならぬ。 アコイン.

次の