みたまうつし。 みたまうつしの儀とは?小林麻央さんのお通夜がとり行われる

みたまうつしの儀とは?儀式の基本や進行方法を解説

みたまうつし

天理教は、奈良県の天理市に本部神殿を置いている宗教です。 日本で江戸時代末期に開かれた新宗教のひとつで、教祖である中山みきがこの世を創造した神である「天理王命(てんりおうのみこと)」の啓示を受けたことが始まりだとされています。 天理教について 天理教では 教祖である中山みきを「教祖(おやさま)」と呼び慕っており、人々を救済するために自ら働いた生き方を手本としています。 そして、天理教の教えとはこうした人間本来の生き方をすることにあります。 全人類を兄弟姉妹とし、お互いを助け合って仲良く暮らすことで 「陽気ぐらし」の世界を目指します。 教義の基礎は 「おふでさき(御筆先)」「みかぐらうた(神楽歌)」「おさしづ(御指図)」という3種類の啓示書にて示されています。 これらの書物は天理教では「原典」と呼ばれており、人間の考えが混じっていないとされている点でほかの書物とは大きく異なります。 そして、この3種類の原典をもとに教会本部が編述したものが 「天理教教典」です。 この教典には、親神の救済意志および救済実現までの道筋が体系的に記されています。 天理教の教会 天理教の教会は教会本部および一般教会から成り、一般教会はその規模によって大教会と分教会の2つに分類されています。 信者数は1,199,955人、教会の数も169,677あります(文部科学省「宗教統計調査」2017年度より)。 韓国、台湾、ブラジルなどをはじめとした海外にも多くの教会が存在します。 なお、参拝は昼夜を問わず誰でも行うことができます。 天理教は、教派神道の一種です。 そのため、天理教の葬儀の内容は仏式よりも神式に近いものだといえます。 とはいっても、一般的な神式とは異なる点もあります。 もっとも大きな違いは、「死」を「出直す」と捉えるということだといえるでしょう。 天理教での葬儀の意味 天理教では、現在の身体は神から借りているものだと考えます。 そのため、 葬儀は「借りていた身体を神に返し、新しい身体が見つかるまで自分の魂を神に預かっていただくための儀式」だとされています。 天理教では「亡くなる」という言葉は用いず 「出直す」という言葉を使います。 また「命日」という言葉も使われず、その代わりに 「出直し当日」といいます。 葬儀においてお悔やみの言葉を使わないのは、天理教の大きな特徴だといえます。 天理教でのお通夜とは? 天理教での通夜は「みたまうつし」と呼ばれます。 みたまとは魂のことで、「今まで使っていたからだから魂(みたま)を移す」という意味から名付けられました。 みたまうつしは天理教においてとても重要な儀式で、告別式以上に優先されることもあります。 天理教で葬儀を行うとき 天理教の葬儀はやはり仏式とは異なりますが、遺体の搬送方法などは仏教と変わりません。 病院で亡くなったら、葬儀社へ連絡をして寝台車で運びましょう。 ただし、天理教の葬儀をする場合は祭官や楽人を依頼する必要があります。 仏教とは違いお坊さんではないので、 葬儀社には天理教の信者であることをしっかりと伝えるようにしましょう。 仏教の葬儀とは用意するべきことが異なるため、準備に時間がかかる可能性があります。 天理教では、生きれること、死すること、出直すこと、すべてが良いことだとされています。 このように、天理教は神道に近い宗教でありながら、日本古来の神道の考え方とも大きく異なる部分もあります。 このことから「新しい神道」として位置づけられているようです。 天理教の通夜の一般的な流れ・式次第は以下の通りです。 ・入場 葬儀に参列する人々が入場、着席します。 ・祓詞奏上(はらえことばそうじょう) 神事で最初に唱えられる「祓詞(はらえことば)」が述べられます。 ・うつしの詞奏上および「みたまうつし」の儀 故人の身体から魂を移すための儀式です。 この儀式の最初に「うつしの詞」が唱えられます ・献饌(けんせん) 神様に供え物をする儀式です。 なお、献饌は仏教の葬儀にはありません。 ・玉串奉献(たまぐしほうてん) 仏教でいう、焼香の儀式です。 心を玉串にのせ、神にささげるという意味があります。 ・しずめの詞奏上 「しずめの詞」が唱えられます。 ・斎員列拝 斎員とは、神式の葬儀において斎主の助手として働く人々のことです。 斎員列拝では、葬儀関係者が揃って礼をします。 ・遺族、親族、一般参列者 玉串奉献および列拝 喪主、遺族、一般参列者の順に、玉串奉献および列拝 をします。 ・撤饌(てっせん) 神様への供え物を下げます。 なお、献饌および撤饌は参列者は時間の関係によっては省略されることもあります。 ・退場 葬儀に参列した人々が退場します。 気を付けなければいけないのは、天理教では数珠は必要ないということです。 天理教では、そもそも数珠という概念はありません。 ・香典 天理教の葬儀に参列するときの香典は、 基本的には市販されている香典袋や封筒に包んで問題ありません。 しかし、ここでいくつかの注意点があります。 まず、 蓮の花が描かれている香典袋は避けましょう。 蓮の花はお釈迦様、仏教を表しているからです。 また水引の色にも注意が必要で、水引は白黒、あるいは白黄でなければいけません。 水引の形は、ほかの宗教・宗派の葬儀と同様に結びきりです。 香典の表書きは、「御玉串料」「御榊料」「御霊前」などが一般的です。 なお天理教では、仏教でいう仏様のことを「霊様(みたまさま)」といいます。 そのため仏式でよく用いられる 「御仏前」という表書きは使えません。 香典に納める費用については、仏式とほぼ同様と考えてよいでしょう。 香典として包む金額の相場は、故人との関係性や付き合いの深さ、参列者の年齢などによって異なります。 初めて参列するときには不安があるかもしれませんが、そこまで構える必要はないでしょう。 「数珠を持たない」「お悔やみの言葉を使わない」など、重要な作法やマナーを確認しておけば何も問題ないはずです。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

天理教の葬儀|流れや作法

みたまうつし

御霊を御霊代にうつす、みたまうつしの儀 神道や天理教において、死者の魂は神様となってこの世に残り、遺族などの守り神になるとされています。 あくまで1つの考え方ですが、亡くなった人の魂がいつまでも自分を見守っているという言葉は、正にこの、神道や天理教の考え方の元、定着しているといえるでしょう。 そんな神様となる死者の魂ですが、亡くなったらそのまま何もしなくとも良いという事では無く、新しい体が見付かるまでの間、別の依り代を見つける必要があります。 亡くなった体は神様にその分お返しして、新しい体を見つける間、魂を神様に預けておくという考えの元行われる儀式が、みたまうつしの儀です。 このみたまうつしの儀では、亡くなった方の魂である御霊を、依り代となる御霊代にうつしていく儀式になります。 鏡が利用されたり、故人の名前と生年月日が書かれた白木を利用したりと、御霊代の種類は色々とありますが、故人の魂を保管しておく、祀っておくのです。 仏教で言うところのご位牌がこちらに近いとされており、家に魂を持ち帰り、神棚などに祀るための儀式として知られています。 みたまうつしの儀の流れ みたまうつしの儀は夜に行われることが通例ですので、時間帯に関わらず、式場を真っ暗にします。 式場内を真っ暗にしたら、親族、参列者の順に入場し、神職による祓詞奏上を行ったのち、献灯、斎院列拝の後、喪主、遺族、参列者の順に玉串奉献、列拝を行って、退場になるのです。 覚えること、やることが意外と多いため、慣れていないうちは大変ですが、ある程度なれてしまえば、他の葬儀に参列したときにも戸惑わずに済むでしょう。 退場後、御霊が御霊代にうつり、故人は神様となって、謚がおくられ、晴れて故人は神様として認められます。 御霊が無事に移されたら、式場内を明るくし、斎主による祭詞奏上、参列者によって玉串が捧げられた後、忍び手で二礼に拍手一例を行うまで、みたまうつしの儀の流れです。 慣れていない方はこれらのポイントを抑えて みたまうつしの儀は、天理教や神道の方であれば馴染みが深い儀式ですが、慣れていない方の場合、どうしても戸惑ってしまいがちです。 服装などは他の葬儀と同じように、女性は喪服、男性も黒のスーツに黒ネクタイで問題ありません。 数珠は持ちませんので、その点は仏教との違いになります。 みたまうつしの儀で抑えるポイントは、一連の流れもそうなのですが、不祝儀袋の選び方の時点で、異なる点が特徴です。 無地の白い袋、もしくは水引が白黒か相銀の袋で、蓮の花などが入っていないタイプを用意し、表書きに、御霊前や、御榊料、御霊串料と言うように書きましょう。 投稿ナビゲーション.

次の

天理教の葬儀/流れや香典・玉串奉奠についてを徹底解説|葬儀・お葬式なら【公益社】

みたまうつし

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 天理教の葬儀に対する考え方 天理教は、奈良県天理市に本部神殿を置いている新宗教のひとつで、全人類を兄弟姉妹とし、悩みや苦しみのない世界を実現するという思想が根本にあります。 創始は1838年で、天理王命という親神様からの教えを教祖の中山みきが説いたことが始まりとされています。 天理教は教派神道の一種であるため、葬儀全体の内容は神式に近いものになります。 天理教における葬儀の考え方は、神から借りていた古い身体を返し、新しい身体が見つかるまで魂を神に預かってもらうための儀式だとされています。 天理教での通夜は みたまうつしと呼ばれ、これは「古い身体から魂(みたま)を移す」ことからつけられた名前です。 天理教徒にとっては、告別式よりもみたまうつしが優先されることもあります。 みたまうつしの儀とは? 亡くなった人の魂を身体から移す儀式がみたまうつしの儀です。 漢字にすると 「御霊移し」、もしくは 「御霊写し」という表記が使われています。 魂を故人の身体から有体物に移して神様に預けるための儀式です。 みたまうつしは正式名称では「遷霊祭」といいます。 魂を移す先は決まっているわけではありません。 魂を鏡に移すこともあれば、白木で作られた霊璽(れいじ)に移すこともあります。 魂が移された先が一般的に御霊代(みたましろ)と呼ばれるものです。 神道では一般的に故人の魂は夜間に動くと考えられています。 そのことから、みたまうつしの儀は 夜に行うことが一般的です。 みたまうつしの儀を行う宗派は天理教だけ? 故人の魂を移す儀式であるみたまうつしの儀は天理教だけが行うものではありません。 神道と金光教でも、みたまうつしの儀という儀式があります。 別の宗派にもかかわらず、同じ儀式を執り行うということに疑問を抱く人もいるかもしれません。 基本的にはそれぞれの宗派がそれぞれ独自の儀式を執り行うものですが、天理教、神道、金光教では教派神道の一種であるために同様の儀式を執り行うのです。 ただ、同じ神道の一種ではあるものの、儀式の流れや作法といったところでは異なる部分もあります。 細かい部分で混同してしまわないように注意しましょう。 それぞれの宗派で行われる儀式の特徴や流れ、作法をしっかりと把握してマナーを守ることが大切です。 天理教の通夜 天理教の通夜(みたまうつし)について、流れと作法についてご紹介します。 しずめの言葉は、みたまうつしの儀の終わりに捧げる言葉です。 斎員から玉串を受け取り、左手に葉側がくるように両手で持って祭壇の前に行きます。 次に葉側を祭壇に、枝側を自分に向けて一礼します。 最後に左手を枝側、右手を葉側に移し、時計回りに玉串を回して枝側を祭壇に向け、玉串台に献じます。 天理教では、二礼四拍手一拝四拍手一礼です。 一般的な神道では「しのび手」といって音を立てないようにしますが、天理教では音を立ててもよいとされています。 礼と拝の違いですが、礼は軽いお辞儀であるため30度程度の角度、拝は最敬礼であるため90度腰を折ります。 天理教の告別式 天理教の告別式は、発葬儀・葬場儀 そうじょうのぎ ともいいます。 流れと作法についてご紹介します。 告別式の流れ 告別式の流れは、通夜の場合とあまり変わりません。 ただし、仏式の葬儀で用いられることがある蓮の花が書かれたものは使用しないようにしましょう。 蓮の花は仏教を表すものであるため、天理教では利用できません。 水引は白黒のもの、あるいは黄白のものを選びましょう。 表書きは、「御玉串料」「御榊料」「御霊前」などが一般的です。 仏式でよく見られる「御仏前」は使用しないようにしましょう。 仏教での仏様のことは、天理教では霊様(みたまさま)と呼ばれます。 天理教の香典で包む金額 天理教の儀式の際に包む金額に関しては、仏式でいうところの香典と同様に考えて問題はありません。 故人との関係によって包む金額の相場が異なります。 この金額でなければならないといった決まりはありません。 そのときのライフステージや経済状況を鑑みて金額を決めましょう。 ただし、遺族の経済的負担を軽減したり、故人への想いを表現したりするものでもあるため、 金額だけに目を向けないことも大切なことです。 金額に関して迷ったことがあれば、ほかの参列者に相談してみてもよいでしょう。 天理教の葬儀に参列する際の服装 参列者は、天理教の葬儀だからといって一般的な葬儀と異なる服装をするわけではありません。 ほかの葬儀と同様に黒の礼服に男性は黒いネクタイやバックを身に着け、女性は黒ストッキングを履きます。 イヤリングやネックレスは真珠のものであれば間違いありません。 ひとつ違うところとして、 天理教では数珠は持たないことを覚えておきましょう。 女性はあまり肌が露出しないような服装を心がけましょう。 場をわきまえて服を選ぶことは礼儀として守っておきたいものです。 天理教の葬儀でもほかの葬儀と同じように注意すべきポイントを意識した服装を心がけましょう。 あまりにもカジュアルな服装だとマナー違反になりかねないので注意が必要です。 天理教と神道の葬儀や考え方の違いは? 天理教と神道では同じみたまうつしという同じ言葉を使っていても考え方が異なります。 天理教では身体は神様からの借物であるので亡くなったときに返して、新しい身体が見つかるまでは神様に魂を預かってもらうものと考えます。 一方、神道では亡くなった人の魂そのものは神様となるもので、神となった魂が家族を守るべく御霊代に移すと考えます。 神道のお葬式の特徴は神社で行うことがほとんどないということです。 死は穢れという考えがあり、神社に穢れを持ち込むことはできません。 しかし、 天理教は告別式よりもみたまうつしの儀を重要視しています。 これは、神様に亡くなった人の魂を預かってもらう大切な儀式という考え方によるものです。 天理教の五十日祭とは一体? 天理教の五十日祭とは仏式で行う場合の 四十九日に該当する儀式です。 天理教では魂を神様に預かってもらうという考えがありますが、五十日祭までの50日間、魂はその人の家に残ります。 五十日祭が境目となり、神様のところに魂が行くということです。 五十日祭に関して留意しておきたいポイントは、 参列者がこの日に玉串料を用意することです。 包む金額は仏式の香典と同じように考えます。 表書きは 「御玉串料」、「御霊前」といった言葉です。 仏式での香典返しにあたるものもあり、天理教の場合は 偲草と呼ばれるものとなります。 五十日祭が終わった後はお供えしたものを参列者でいただきます。 直会(なおらい)といわれる故人を偲ぶ大切な時間です。 根本の考え方は異なるものの、流れとしては四十九日と同じようなイメージになります。 まとめ みたまうつしの儀は 天理教だけではなく、神道と金光教も執り行う重要な儀式です。 しかし、それぞれの宗派ではみたまうつしに対する考え方や形式、作法に異なる点があります。 その宗派ならではの見識の確認やマナーを守ることが大切です。 馴染みのある宗派の常識を適用することが他の宗派でのNG行動になっている可能性もあります。 参列者として参列するときはほかの宗派との違いを把握した上で適切な対応を行うようにしましょう。 みたまうつしや五十日祭に参列する際の気になる部分や不安な点は「」にご相談ください。 宗派ならではの作法や流れなど、実績を踏まえた細かなアドバイスをさせていただきます。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の