テラマイシン ドル マイシン。 ドルマイシン軟膏

【ドルマイシン軟膏】を徹底解説!

テラマイシン ドル マイシン

とびひへのテラマイシン軟膏の効果や効能はコチラ!? とびひは細菌による感染症なので、一般的に抗生物質入りの塗り薬と飲み薬で殺菌と細菌の増殖を防ぐ必要があります。 そして、テラマイシン軟膏には「オキシテトラサイクリン塩酸塩」と「ポリミキシンB硫酸塩」という2種類の抗生物質が配合されており、2つが同時に作用することで優れた効果が生じます。 それぞれの作用を簡単に説明すると、オキシテトラサイクリンは細菌の蛋白質の合成を阻害して増殖を抑える働きをし、ポリミキシンBは細菌の細胞膜をこわして殺菌をするそうです。 つまり、「オキシテトラサイクリン=抗菌」、「ポリミキシンB=殺菌」とダブルの働きで、菌を殺しながら新たな菌の発生を防ぐ効果があるようです。 とびひにテラマイシン軟膏を使う時の注意点や副作用はコチラ!? とびひにテラマイシン軟膏を塗る際には、1日数回患部に直接塗るか、無菌ガーゼなどにのばして貼りつけます。 注意点として、過去に抗生物質を使用して過敏症状を起こした経験がある人は、原則として使用できません。 また、長期的(2週間程度)に利用を続けると、体内に抗生物質に対する耐性ができてしまい、今後、抗生物質の効き目が弱くなるので注意しましょう。 そして、テラマイシン軟膏には副作用はほとんど無いと言われていますが、まれに赤みやかゆみが悪化することがあるそうなので、その場合は使用を中止して医師に相談してくださいね。 テラマイシン軟膏にはステロイドは入っている? テラマイシン軟膏は2種の抗生物質が主成分で、ステロイド剤は入っていませんので、ステロイドの副作用を心配する必要はありません。 ただ、テラマイシン軟膏は殺菌作用と抗菌作用には優れていますが、炎症を抑える効果は少ないため、炎症を抑える効果のあるステロイド剤入りの軟膏を併用して使うことはあるようです。 また、かゆみが強い場合には抗ヒスタミン剤の塗り薬も併用することで、掻きこわしを防ぐこともあるそうです。 とびひの症状にも個人差があり、進行具合に適した薬を病院では処方してくれているので、人によって処方される薬が違うというのは納得できますよね。 スポンサーリンク テラマイシン軟膏の代わりにテラコートリル軟膏でも良い? テラマイシン軟膏に名前の似た「テラコートリル軟膏」をとびひの治療に使う人もいるそうです。 ただ、テラコートリル軟膏の成分を調べてみたところ、オキシテトラサイクリンは一緒ですが、その他にヒドロコルチゾンというステロイド剤が入っています。 ステロイド剤は強さを5段階で表すのですが、ヒドロコルチゾンは5群の弱い部類にあたる成分なので、副作用の心配は少ないかもしれませんが、念のため注意してくださいね。 そして、もし、ステロイド剤を含んでいない市販の塗り薬を探しているのであれば、「ゲンタシン軟膏」がおすすめです。 ゲンタシン軟膏は「コリスチン硫酸塩」と「バシトラシン」という2つの抗生物質を含んだ塗り薬なので、テラマイシン軟膏に似た効能があります。 【Amazon. jp アソシエイト】 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、とびひにテラマイシン軟膏を使う時の注意点や効能と副作用についてをご紹介いたしました。 テラマイシン軟膏は「殺菌」と「抗菌」作用のある2つの抗生物質がダブルで働くので、とびひに効果があり、副作用もほとんど無いようなので、安心して使用することができて良いですね。 そして、テラコートリル軟膏は名前も成分も似ていますが、ステロイドを含んだ薬なので、副作用が気になる方は自己判断での使用を避けるようにしてください。

次の

ドルマイシン軟膏

テラマイシン ドル マイシン

身近な湿疹・かぶれなどの手当てには、抗炎症作用のある塗り薬がよく用いられます。 抗炎症薬には大きく分けて、 ステロイド系抗炎症薬と 非ステロイド系抗炎症薬があります。 一般的にステロイドの方が速やかに効果を発揮しやすく強い抗炎症効果を示しますが、感染が原因の場合には使えないことや、長期の連用、広範囲への使用には注意が必要などの制限があります。 非ステロイドは、ステロイドのように広範囲への使用や長期使用への制限がなく、感染部位にも使用できるなどのメリットがありますが、効果がマイルドなので一般的には軽症の場合に使用します。 ステロイドというと副作用が強いというイメージから使用を怖がる人もいますが、弱い薬を使用してなかなか治らず悪化したり跡が残ったりする場合もありますので、原因がはっきりしている場合には、ステロイドを使用した方が安全で確実に治療できることも多いのです。 ステロイドは作用の強さによって ウィーク(弱い)から ストロンゲスト(最も強い)の5段階に分類されます。 症状や使用部位に応じて適切な強さのステロイド薬を選ぶことが完治への近道です。 副作用を恐れ、重い症状なのに弱いステロイドを使用すると症状の悪化や慢性化を招いてしまうことがあります。 OTC医薬品には、ウィークからストロングまで3タイプの薬があり、ベリーストロングとストロンゲストの成分は市販されていません。 一般的には大人はストロング、子供にはウィークかマイルドを選択します。 また、顔や陰部などのデリケートな部位にはウィークを選んでください。 OTC医薬品は軽度の皮膚炎の治療に適しているため、症状が重い場合は医師の診察を受けましょう。 また、原因不明の湿疹等にステロイドを使用すると悪化させることがありますので、原因がハッキリしている場合に限って使用してください。 効果の強さ 成分名 ストロンゲスト(最も強い) 市販薬なし ベリーストロング(非常に強い) 市販薬なし ストロング(強い) ベタメタゾン吉草酸エステル、 フルオシノロンアセトニド マイルド(おだやか) プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、 ヒドロコルチゾン酪酸エステル、デキサメタゾン ウィーク(弱い) プレドニゾロン ステロイドと言うと、「一度使うとやめられなくなる」、「体に蓄積する」、「皮膚が薄くなる」などのマイナスイメージを挙げる人がいますが、用法を守って正しく使用すれば決して怖い薬ではありません。 長期に渡って大量に使用すると副作用の心配も出てきますが、用量・用法を守っているのに副作用が現れることはめったにありません。 また、塗り薬の使用で体に蓄積したり全身的な副作用が出ることもありません。 ステロイド外用剤は患部だけに使用します。 患部以外には使用しないでください。 予防的に使用するのも良くありません。 使用回数は、1日2~3回、清潔な患部に薄く伸ばすようにして塗ります。 ゴシゴシと擦り込むのは皮膚への刺激になるため良くありません。 保湿剤と併用する場合には、保湿剤を塗った上から患部にだけ塗るようにします。 患部をかき壊している場合には、薬を薄くのばしたガーゼで覆う方法が適しています。 使用量は多すぎても少なすぎても効果が薄れるので、必ず適量を使いましょう。 一般的に使用量の目安とされているのが「フィンガーチップユニット」といわれているもので、これは、大人の手のひら2枚分の広さの患部に対して、大人の人差し指の第一関節の長さくらい(約0. 5グラム)の薬の使用が適しているという指針です。 湿疹や皮膚炎にかゆみはつきものです。 かき壊してしまうとジュクジュクしてきたり、水ぶくれができたり、白いウミが出てきたりすることがあります。 皮膚には本来バリア機能があって細菌が繁殖しにくくなっていますが、かき壊すことで欠損した表皮から細菌が入り込んで繁殖し化膿してしまうのです。 化膿した皮膚では更なる炎症が起こり、症状が悪化してしまう恐れがあります。 このような場合には炎症の根本に作用するステロイド薬できちんと炎症を抑えることが必要ですが、前述したようにステロイドには免疫抑制作用があるので、細菌と戦う生体の免疫を抑制してしまい逆に細菌の繁殖を助けてしまう心配もあります。 従って、化膿している場合には、細菌の増殖を防ぐ働きのある抗生物質が配合されたステロイド薬が有効です。 抗生物質配合のステロイド外用剤の使用方法も通常のステロイド外用剤と同じです。 免疫抑制作用がなく作用もマイルドなので顔、唇や陰部などのデリケートな部分にも安心して使え、赤ちゃんのおむつかぶれや、よだれかぶれなどに繁用されています。 デリケートな部分や小さなお子さんにステロイド外用剤を使用する場合には、できるだけ使用期間を短くすることが望ましいので、症状が改善してきたら非ステロイド剤に切り替える使い方もあります。 ただし、細菌を抑制する効果はないため、化膿性の皮膚炎に用いることはできません。 非ステロイドの外用剤には痒み止め効果のある抗ヒスタミン薬や局所麻酔薬などと配合されていることが多いので、痒みなどの症状もすばやく鎮めてくれます。 使用回数や期間もステロイドほど気を使う必要がありませんが、ごく稀に薬の使用で接触皮膚炎を起こすことがあります。 塗布直後の一過性の軽い刺激感や熱感は心配いりませんが、症状が続くようなら使用を中止してください。

次の

商品詳細 [【第2類医薬品】ドルマイシン 軟膏 12g]

テラマイシン ドル マイシン

ドルマイシン軟膏 12g (第2類医薬品) ゼリア新薬 【ドルマイシン軟膏の特徴】 ドルマイシン軟膏は、二種類の抗生物質を配合しているので、多くの菌に対して抗菌作用を示します。 グラム陽性・陰性菌による単独又は混合感染症はもちろん、一般外部疾患の感染予防並びに治療に効果を発揮する皮膚疾患治療薬です。 有効成分のコリスチン硫酸塩(硫酸コリマイシン)は、グラム陰性菌・緑膿菌に有効です。 また、医療用の「バラマイシン軟膏」と同じ有効成分の「バシトラシン」を配合した市販薬です。 【こんな人におすすめ】 ドルマイシン軟膏は、ケガやかき壊しなどによる皮膚の化膿の治療や化膿の予防におすすめの薬です。 ペニシリンと近似の抗菌スペクトルでグラム陽性菌・陰性菌に感染した皮膚の治療にも使用できます。 また、おでき(せつ、ちょう)にも効く塗り薬です。 どうしても心配な場合は妊娠中であることを医師、薬剤師などに伝え確認をとってください。 どうしても心配な場合は授乳中であることを医師、薬剤師などに伝え確認をとってください。 安心してお使いください。 薬効・薬理 【コリスチン】 グラム陰性菌、緑膿菌に効果的な抗菌成分です。 【バシトラシン】 グラム陽性菌と、一部のグラム陰性菌に効果的な抗菌成分です。 化膿やとびひなどは、 皮膚が細菌に感染して炎症を起こす症状です。 ドルマイシン軟膏に含まれる有効成分「コリスチン」と「バシトラシン」は、グラム陽性・陰性菌、緑膿菌など、皮膚に感染する細菌に対して殺菌作用を発揮し、傷口の化膿やおできなどの予防・治療に使用できます。

次の