郵便 土曜日 配達。 元郵便局員が教える!日曜日や祝日にも配達される郵便物と荷物

2020年祝日等における郵便物等の集配業務(配達されない通配休配日)

郵便 土曜日 配達

速達郵便は例外。 平日とは月~金曜日のことを指し、もちろん定形外郵便の配達はすべて実施される。 土曜日もまた配達日であり、平日と同じように届けられる。 日曜日と祝日はお休み。 普通郵便は完全に休業日ということで、配達は行われない。 例外となる条件は「速達便」。 なお、定形外郵便と類似する輸送商品「レターパック(プラス・ライト)」は土日祝でも配達される。 速達郵便と同じだ。 参照: 土曜日は平日と同じように配達 日本郵便の配達に関しては、普通郵便の配達日は月曜日から土曜日までと法律で定められている。 正確に言うと、事業には総務省の認可が必要となっている。 定形外郵便も郵便法で定められた「郵便物」であり、ゆうパックなどの宅配便とは別物である。 ヤマト運輸や佐川急便のサービスとも全く異なる。 国で定めている法定休日とは日曜日と祝日のことを指す。 今でこそは完全週休二日制が根付いていて、土曜日も休みとしている学校や職場が多いが、法律ではあくまでも土曜日は平日と同じ扱いになっている。 このため、普通郵便の配達も土曜日は実施されている。 よって、定形外郵便も土曜日の配達が行われている。 日曜日と祝日は配達不可 日曜日と祝日は「休日」ということで、郵便法で定められた普通郵便の配達は行われていない。 したがって、最低料金が120円である定形外郵便も配達は不可となっている。 ハガキや定形郵便と同じように、切手が貼ってある郵便物として扱われる。 したがって、木曜日や金曜日に定形外郵便の発送を行うと、宛先に届くのは週明けの月曜日もしくは火曜日になると考えてよい。 基本的に日曜日の時点で配達担当の郵便局に到着していれば、翌営業日である月曜日の午前中か午後には届け先へ配達されるはず。 しかし、配送量が多い時期だと翌日にあたる火曜日に持ち越される可能性が出てくる。 特に年末の12月や年度末である3月になると、このように所要日数から遅れる可能性が出てくる。 それでも、「普通郵便」の定形外郵便が日曜日や祝日に配達されるということはない。 日曜日・祝日でも配達される条件=速達郵便 ただし、これには例外がある。 あくまでも平日と土曜日だけの配達というのは普通郵便に限られる。 安い値段で送れるサービスということで、届けられる日が限られている。 日曜日・祝日でも配達される条件があり、それが「速達郵便」である。 定形外郵便でも、速達料金を支払えば優先的に最短日数で宛先へ届けられる。 >>速達の場合 曜日 定形外郵便の配達の可否 詳細 月~金 可 速達郵便の配達日は年中無休 曜日はまったく関係ない 土 可 日・祝 可 速達郵便には曜日の違いは関係ない。 月・火・水・木・金・土・日のいつでも年中無休で配達が行われている。 金曜日に発送した場合、速達だと翌日配達可能エリアだと土曜日に、翌々日配達可能エリアでは日曜日に早速届けられる。 速達郵便は付加価値のついたサービスとなっている。 普通郵便よりもスピードを優先した郵便輸送手段となっている。 このような点が、土日祝に関係なく1年間365日無休で配達が実施されている理由と考えられる。 速達料金は重量で違う ところで、定形外郵便というくくりでは同じでも速達料金は重量によって値段が違う。 以下が定形外郵便の速達料金の表である。 速達料金の違いはあくまでも重量の大きさによる違いだけである。

次の

土曜配達廃止また延期 郵便法改正案提出見送り :日本経済新聞

郵便 土曜日 配達

「 夕方になってしまったし、今日はもう配達されないのかな…。 」 大事な手紙や荷物などの郵便、 そろそろ届く頃なのにいくら待っても届かないことってありますよね。 いつ届くのか、ソワソワと気持ちが落ち着かなくなってしまいます。 夕方になってしまったら、今日はもう届かないのでしょうか。 そして、明日以降になるなら、朝何時くらいから配達されているのでしょう。 いつかは届くと分かっていても、楽しみにしている郵便物の配達時間ってすごく気になりますよね。 そこで、郵便の配達時間を詳しく調査してみました。 「 配達時間は朝何時から何時まで?」 「 土日祝日は配達される?」 「 配達時間を変更したいときはどうすれば良い?」など、気になる郵便配達の『 ?』を徹底解説します!• 午前中• 12時頃~14時頃• 14時頃~16時頃• 16時頃~18時頃• 18時頃~20時頃• 19時頃~21時頃• 20時頃~21時 このように、配達時間の指定ができるサービスの場合、配達時間の最終は基本的に21:00となります。 また、ゆうパックには『』があります。 ゆうパックラベルのお問合せ番号から、配達状況を随時調べることができるので、時間指定と併せて、だいたいの到着時間を事前に把握することができます。 レターパックは朝9時~夜21時まで! レターパックは、信書を含む、A4サイズ・4kgまでの荷物を届けられる配達サービスのことです。 荷物が手渡しされ、受領印 または署名 が必要となる『 レターパックプラス』と、郵便受けに届けられる『 レターパックライト』の2種類があります。 このレターパックの基本的な配達時間は、朝9時~夜21時まで!ただし、 時期によっては21時をすぎる場合もあります。 レターパックは、ゆうパックのように配達時間の指定ができないサービスですが、速達扱いとなるので、21:00頃までは配達されています。 また、配達時間の指定はできませんが、『』があるので、 いつ頃届くのかだいたいの目安はつけられますよ。 ゆうメールは朝9時~夕方17時まで! ゆうメールは、1kgまでの書籍や雑誌 冊子とした印刷物 、CD・DVDなどが届けられる配達サービスのことです。 このゆうメールの基本的な配達時間は、普通郵便と同じ朝9時~夕方17時頃までです。 ただし、お住まいの郵便局や、その日の郵便物の量によって 30分~1時間程度のズレが生じる場合もあります。 郵便の配達時間を変更する方法 ポストに投函される郵便物であれば問題ないのですが、受領印の必要となる手渡しのゆうパックが届く場合、配達時間に家にいなければなりません。 しかし、いつも家にいられるとは限りませんし、ゆうパックに時間帯指定をしていた場合であっても「 配達予定日に急な仕事が入ってしまった!」など、 急用で不在となってしまうこともありますよね。 そんな時は、ポストに投函された不在届から再配達の手続きをするしか荷物を受け取る方法はないのでしょうか。 いいえ! 実は、ゆうパックの配達時間を変更する、という方法があるんですよ!都合に合わせて事前に配達時間を変更できれば、二度手間にならずに荷物が受け取れてとても便利ですよね。 そこで最後に、ゆうパックの配達時間を変更する方法について詳しくご説明します。 配達時間の変更はネットで簡単手続き 日本郵政では、随時『』が行われており、自宅で確実にゆうパックを受け取るサービスの一環として、2018年3月1日より、『』ができるようになりました。 配達時間帯を指定をしないで発送されたゆうパック、事前に配達時間帯の指定をして発送されたゆうパック、どちらの場合であっても、ご都合に合わせて配達日時を指定 または変更 することが可能です。 配達時間の指定・変更は、日本郵政のホームページ『』画面より行います。 尚、変更手続きには『 お問い合わせ番号』が必要となるので、予め発送先に確認しておきましょう。 ネットショッピングなどでは、発送完了の連絡メールに記載されていることが多いですよ。 まとめ 郵便は、朝9時頃から一斉に配達が開始されますが、配達サービスによって終了の時間が異なります。 手紙やはがきなど、郵便受けに投函される普通郵便は夕方17時頃まで。 速達やレターパック、時間帯指定のできるゆうパックなどは21時頃までとなりますよ。 さらに、お住まいの郵便局や一日の配達量によって、30分~1時間程度のズレが生じる場合もあります。 配達時間や配達状況をしっかり把握しておけば、いつ届くのかと無駄にソワソワすることも無くなりますよね。 楽しみにしている郵便物、ストレスフリーで受け取りましょう!.

次の

土日を挟む郵便の配達日数とは?【普通郵便・速達・定形外郵便】

郵便 土曜日 配達

定形外郵便を必ず日曜日・祝日に受け取る方法 仕事などの都合で定形外郵便を平日ではなく日曜日や祝日に受け取りたい方に方法が2つあります。 郵便受けに不在票を入れて欲しくない方にも便利な方法になります。 配達日指定で発送してもらう。 発送元の方に「定形外郵便の配達日指定」で発送してもらうようにお願いして下さい。 郵便局にある オプションで送料に追加210円が必要になります。 この配達日指定オプションを追加する事でご希望の日曜日と祝日に配達してもらえるので便利です。 郵便局留め発送にしてもらう。 発送元の方に一番近い管轄の大きな郵便局(集配局)宛に局留め発送をお願いして下さい。 大きな郵便局は、日曜日と祝日も「ゆうゆう窓口」という窓口営業をしていますので直接取りに行く事ができます。 局留め指定は無料です。 局留め指定は、「局留め」と大きく書いてもらって宛先は、郵便局の住所とご自身の氏名で大丈夫です。 集配局の指定は、受取側が住所を調べて連絡をした方が良いです。 下記の専用サイトから郵便局を住所から探すことができます。 【ゆうゆう窓口を探す】 大きな郵便局というのは、広い駐車場があって荷物のトラックが出入りしているのが目印です。

次の