落第 賢者 の 学院 無双 二 度 転生 小説 家 に な ろう。 なろう小説「二度目の勇者は復讐の道を嗤い進む」が規約違反BAN

異世界コミック作品まとめ

落第 賢者 の 学院 無双 二 度 転生 小説 家 に な ろう

<落第賢者の学院無双 ~二度転生した最強賢者、400年後の世界を魔剣で無双~について> 現代から転生した後、人生のすべてを魔導の研究に費やした大賢者エフタル。 それから400年後の世界。 二度目の転生を遂げた彼は、 前世で得た魔術の知識と力をそのままに生まれ変わり、再び魔導の頂を目指し始める。 彼の向かうところまさに敵なし! 転生賢者の爽快学院ファンタジー、開幕! 文芸• 新書・実用• コミック• ライトノベル• ゲーム• 写真集• カタログ・フリーペーパー• ガールズノベル• レーベル一覧• 出版社一覧• の商標です。

次の

【2019年最新】アニメ化してない小説家になろう人気作品まとめ【小説・コミック版刊行済み】|とりもげ.com

落第 賢者 の 学院 無双 二 度 転生 小説 家 に な ろう

小説家になろうの作品は、今やライトノベル作品でも人気の最中にありますよね。 アニメ化、原作の売れ行き、劇場版、OVA、スマホゲームに、各種グッズ展開に。 異世界ファンタジージャンルに限って結果を見れば、 受賞作品よりも成果が出ているんじゃないか、そんな風にも見えます。 さてそんななろう作品、まだアニメ化はされていない+出版物は出ている作品に絞って人気作品を集めてみました。 異世界ファンタジー多め。 量が多いので、ちまちま更新していきます。 ジャンル分けはざっくりです。 既にアニメ化がされているなろうないしweb出身の人気作品、またはアニメ化が予定されている作品の方は、下の記事をご覧ください。 (こちらも合わせてちびちび更新) ブラック企業で働く社畜・佐野ユージがいつも通りに自宅へ持ち帰った仕事をしていると、突然PCに見慣れないウィンドウが表示された。 異世界で彼が得た職業は、冒険者になることさえ難しい不遇職『テイマー』。 ……しかし、ユージにはテイマーの力の他に、圧倒的な魔法使いとしての才能があった。 ユージは仲間にしたスライムと共に、世界で誰も読むことのできなかった魔導書の全てを一晩で読破する。 こうしてユージは、無自覚なまま世界最強の魔法使いとなり、第二の職業『賢者』まで得てしまった。 (作者:進行諸島) 備考:無自覚系主人公。 ふと自分の身体を見れば、緑色の肌、鋭く尖った黒い爪…俺、どうも小鬼になっちゃったらしい。 離乳食は洞窟で捕れる芋虫。 (作者:金斬 児狐) 備考:ゴブリンに転生しちゃった系。 各設定がかなり細かく練られています。 2009年に執筆開始とあり、かなりの古株作品。 なろうは削除され、外伝のみ。 マンガ版が人気です。 怪しげなウェブサイトから、なぜか異世界に転移してしまった。 一見平和そうな村だが、多数の盗賊が襲ってくる。 道夫は、キャラメイクで設定した武器を活用して、盗賊を撃退した。 この世界は、キャラメイクで設定した武器やスキルなどが実際に使える現実の世界だったのだ。 道夫は魔物と戦い、迷宮に入って、自分がこの世界でも生きていけることを確認する。 そんな道夫が、ロクサーヌという女奴隷を紹介される。 地球ではお目にかかれないほどの美しい少女。 ロクサーヌを手に入れるため、道夫の活躍が始まる。 (作者:蘇我捨恥) 備考:ストレートなタイトルのままの内容。 その実、日常から奴隷との触れ合いから戦闘から、武骨に、だが確実に描いている作品。 マンガ版が大人気。 ところがある日、彼女は生命維持装置の停止によって命を落としてしまう。 しかし、ふと目を覚ますとそこは自らがプレイしていた『リアデイル』の世界…の更に200年後の世界!? なろう連載開始から刊行までに実に8年もの月日が流れてます。 人を、精霊を、神々すらも滅ぼしながら、延々と続く闘争に飽き、平和な世の中を夢見て転生した暴虐の魔王アノス。 しかし二千年後、転生した彼を待っていたのは平槇に慣れて弱くなりすぎた子孫たちと、衰退を極めた魔法の数々だった。 誰からも格下と侮られる中、ただひとり親身になってくれる少女ミーシャを配下に加え、不適合者 魔王 が魔族のヒエラルキーを駆け上がる!! (作者:秋) 備考:魔王のブレなさ加減や突き抜け加減は、劣等生達也の優等生っぷりに通じる部分がある。 アニメ化待ったなしだろうけど量産系になる可能性も。 こうしてソーマは冒険に出ることもなく、国を再建するための人材募集を始める。 備考:現実主義のタイトル通り、経営戦略や国家論をベースにズバズバ英断していく作品。 最初から王様なのでサクサク進みます。 小説版は絵が内容と合ってなくて残念。 なろうの方は削除済み。 pixivに移動。 魔王討伐という面倒な使命を避け続け、彼は探し求めた「転職の書」の前に立っていた。 僕は魔王じゃありません! 隠居したい元勇者は、夢のほのぼのスローライフを実現できる…のか? (作者:筧 千里) 備考:勇者が転職して魔物使いに。 戦闘描写が好きな人にはオススメ。 「はぁ、あんときは辛かったなぁ」レッドが抜けた事で賢者達が大パニックになってるとは露知らず、当の本人は辺境の地で薬草屋を開業しようとワクワクした気分で過ごしていたのだが……「私もこのお店で働いていいかな? 今ではおっさんと言われる歳になり、体は衰えてボロボロに。 ダグラスはギルドから冒険者ライセンスを剥奪され、流れ者へと身をやつした。 放浪の途中、呪われた少女ラビと出会ったダグラスは彼女を救うが、自分も呪われていたことが分かり、最強の力を取り戻す。 星空の下にテントを張ってスープを飲んだり。 稲穂の揺れる街道をてくてく歩いたり。 立ち寄った先で人助けをするためうっかり無双したり。 仲良し父娘の冒険は今日も続く。 (作者:斧名田マニマニ) 備考:おっさん系はともかく子連れ系という珍しいジャンルの作品。 おっさん系は職人肌や卑屈な人物像になっていることも多いけど、そうでなく、誠実で謙虚系。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。 現状に不満を抱きつつも、奉公が明けるまでおとなしくしていようと思うのだが、彼女の好奇心と知識はそうはさせない。 ふとした事件を解決したことから帝の寵妃や宦官に目をつけられることになる。 早く市井に戻りたい、猫猫はきょうも洗濯籠を片手にため息をつくのだった。 (作者:日向夏) 備考:小説・マンガ共に女性人気の高い人気作品の一つ。 練られたミステリーは普通に読み応えがあるので、男性でもオススメ。 中国、薬学、後宮というなろう界隈では貴重な三点を突き詰めていて、完成度も高いです。 アニメ化は十分に可能性あり。 その瞬間、彼の頭の中に声が響いた。 ある日のこと。 日課の薬草狩りをしていたケインは、偶然にも超レアアイテム「蘇生の実」を手に入れる。 だが、無欲なケインは、売れば城が建つほど高価な「蘇生の実」を、仲間を救うために奔走していた少女に僅かな銀貨で譲ってしまった。 (作者:風来山) 備考:だいぶ良いおっさん系。 もしも、あなたに超絶美人なお母さんがいたらどうしますか? それも……とびっきり過保護で、とびっきり優しくて、とびっきりの寂しがりや。 「小説家になろう」発! (作者:茨木野) 備考:主人公の少年にお母さんがついてきてしまう、という話ですが、母は最強の竜という設定。 マンガの絵の質含め、色々と振り切れてる。 マンガアプリ「マンガUP! 」で人気沸騰中。 だが「飲まずにやってられっか!」と飲んだくれたある夜のこと、酔った勢いで今まで誰も抜くことができなかった伝説の剣を引き抜いてしまう。 下と言っても、諸々の下品な言葉と使い方が、一種の美学のように感じられるほど清々しい。 ラノベ・アニメ界隈における寸止めにいつもモヤモヤさせられている人にはおそらく痛快な作品。

次の

落第賢者の学院無双 WEB版取り下げについて|白石 新の活動報告

落第 賢者 の 学院 無双 二 度 転生 小説 家 に な ろう

小説家になろうの作品は、今やライトノベル作品でも人気の最中にありますよね。 アニメ化、原作の売れ行き、劇場版、OVA、スマホゲームに、各種グッズ展開に。 異世界ファンタジージャンルに限って結果を見れば、 受賞作品よりも成果が出ているんじゃないか、そんな風にも見えます。 さてそんななろう作品、まだアニメ化はされていない+出版物は出ている作品に絞って人気作品を集めてみました。 異世界ファンタジー多め。 量が多いので、ちまちま更新していきます。 ジャンル分けはざっくりです。 既にアニメ化がされているなろうないしweb出身の人気作品、またはアニメ化が予定されている作品の方は、下の記事をご覧ください。 (こちらも合わせてちびちび更新) ブラック企業で働く社畜・佐野ユージがいつも通りに自宅へ持ち帰った仕事をしていると、突然PCに見慣れないウィンドウが表示された。 異世界で彼が得た職業は、冒険者になることさえ難しい不遇職『テイマー』。 ……しかし、ユージにはテイマーの力の他に、圧倒的な魔法使いとしての才能があった。 ユージは仲間にしたスライムと共に、世界で誰も読むことのできなかった魔導書の全てを一晩で読破する。 こうしてユージは、無自覚なまま世界最強の魔法使いとなり、第二の職業『賢者』まで得てしまった。 (作者:進行諸島) 備考:無自覚系主人公。 ふと自分の身体を見れば、緑色の肌、鋭く尖った黒い爪…俺、どうも小鬼になっちゃったらしい。 離乳食は洞窟で捕れる芋虫。 (作者:金斬 児狐) 備考:ゴブリンに転生しちゃった系。 各設定がかなり細かく練られています。 2009年に執筆開始とあり、かなりの古株作品。 なろうは削除され、外伝のみ。 マンガ版が人気です。 怪しげなウェブサイトから、なぜか異世界に転移してしまった。 一見平和そうな村だが、多数の盗賊が襲ってくる。 道夫は、キャラメイクで設定した武器を活用して、盗賊を撃退した。 この世界は、キャラメイクで設定した武器やスキルなどが実際に使える現実の世界だったのだ。 道夫は魔物と戦い、迷宮に入って、自分がこの世界でも生きていけることを確認する。 そんな道夫が、ロクサーヌという女奴隷を紹介される。 地球ではお目にかかれないほどの美しい少女。 ロクサーヌを手に入れるため、道夫の活躍が始まる。 (作者:蘇我捨恥) 備考:ストレートなタイトルのままの内容。 その実、日常から奴隷との触れ合いから戦闘から、武骨に、だが確実に描いている作品。 マンガ版が大人気。 ところがある日、彼女は生命維持装置の停止によって命を落としてしまう。 しかし、ふと目を覚ますとそこは自らがプレイしていた『リアデイル』の世界…の更に200年後の世界!? なろう連載開始から刊行までに実に8年もの月日が流れてます。 人を、精霊を、神々すらも滅ぼしながら、延々と続く闘争に飽き、平和な世の中を夢見て転生した暴虐の魔王アノス。 しかし二千年後、転生した彼を待っていたのは平槇に慣れて弱くなりすぎた子孫たちと、衰退を極めた魔法の数々だった。 誰からも格下と侮られる中、ただひとり親身になってくれる少女ミーシャを配下に加え、不適合者 魔王 が魔族のヒエラルキーを駆け上がる!! (作者:秋) 備考:魔王のブレなさ加減や突き抜け加減は、劣等生達也の優等生っぷりに通じる部分がある。 アニメ化待ったなしだろうけど量産系になる可能性も。 こうしてソーマは冒険に出ることもなく、国を再建するための人材募集を始める。 備考:現実主義のタイトル通り、経営戦略や国家論をベースにズバズバ英断していく作品。 最初から王様なのでサクサク進みます。 小説版は絵が内容と合ってなくて残念。 なろうの方は削除済み。 pixivに移動。 魔王討伐という面倒な使命を避け続け、彼は探し求めた「転職の書」の前に立っていた。 僕は魔王じゃありません! 隠居したい元勇者は、夢のほのぼのスローライフを実現できる…のか? (作者:筧 千里) 備考:勇者が転職して魔物使いに。 戦闘描写が好きな人にはオススメ。 「はぁ、あんときは辛かったなぁ」レッドが抜けた事で賢者達が大パニックになってるとは露知らず、当の本人は辺境の地で薬草屋を開業しようとワクワクした気分で過ごしていたのだが……「私もこのお店で働いていいかな? 今ではおっさんと言われる歳になり、体は衰えてボロボロに。 ダグラスはギルドから冒険者ライセンスを剥奪され、流れ者へと身をやつした。 放浪の途中、呪われた少女ラビと出会ったダグラスは彼女を救うが、自分も呪われていたことが分かり、最強の力を取り戻す。 星空の下にテントを張ってスープを飲んだり。 稲穂の揺れる街道をてくてく歩いたり。 立ち寄った先で人助けをするためうっかり無双したり。 仲良し父娘の冒険は今日も続く。 (作者:斧名田マニマニ) 備考:おっさん系はともかく子連れ系という珍しいジャンルの作品。 おっさん系は職人肌や卑屈な人物像になっていることも多いけど、そうでなく、誠実で謙虚系。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。 現状に不満を抱きつつも、奉公が明けるまでおとなしくしていようと思うのだが、彼女の好奇心と知識はそうはさせない。 ふとした事件を解決したことから帝の寵妃や宦官に目をつけられることになる。 早く市井に戻りたい、猫猫はきょうも洗濯籠を片手にため息をつくのだった。 (作者:日向夏) 備考:小説・マンガ共に女性人気の高い人気作品の一つ。 練られたミステリーは普通に読み応えがあるので、男性でもオススメ。 中国、薬学、後宮というなろう界隈では貴重な三点を突き詰めていて、完成度も高いです。 アニメ化は十分に可能性あり。 その瞬間、彼の頭の中に声が響いた。 ある日のこと。 日課の薬草狩りをしていたケインは、偶然にも超レアアイテム「蘇生の実」を手に入れる。 だが、無欲なケインは、売れば城が建つほど高価な「蘇生の実」を、仲間を救うために奔走していた少女に僅かな銀貨で譲ってしまった。 (作者:風来山) 備考:だいぶ良いおっさん系。 もしも、あなたに超絶美人なお母さんがいたらどうしますか? それも……とびっきり過保護で、とびっきり優しくて、とびっきりの寂しがりや。 「小説家になろう」発! (作者:茨木野) 備考:主人公の少年にお母さんがついてきてしまう、という話ですが、母は最強の竜という設定。 マンガの絵の質含め、色々と振り切れてる。 マンガアプリ「マンガUP! 」で人気沸騰中。 だが「飲まずにやってられっか!」と飲んだくれたある夜のこと、酔った勢いで今まで誰も抜くことができなかった伝説の剣を引き抜いてしまう。 下と言っても、諸々の下品な言葉と使い方が、一種の美学のように感じられるほど清々しい。 ラノベ・アニメ界隈における寸止めにいつもモヤモヤさせられている人にはおそらく痛快な作品。

次の