エクセル 0は表示しない。 エクセル 0 を表示しない

【Excel】 特定セルだけに「ゼロ値」を表示したい。

エクセル 0は表示しない

セルの書式設定 0を消したいセルをクリック。 数式バーに計算式入ってるでしょう。 計算式入れたままで、0を消していくからね。 セルの書式設定を表示させます。 上にあるメニューバーから、ホームをクリックしてフォントの右角の印をクリック。 マウスを右クリックしても出てくるよ。 右クリックして出てきた中から、セルの書式設定をクリックでもOKだよ。 表示形式 書式設定の上のシートから、表示形式をクリック。 分類-ユーザー定義 左側の分類からユーザー定義をクリック。 種類 右側の種類の下の中から0を探してクリック。 見つからなかったら、右側のスライドバーでスライドさせて見つけてね。 0を表示させないように設定する 0を表示させないように設定していくよ。 種類の文字のすぐしたも0になってるでしょう。 ここに入力していくよ。 0の後ろにセミコロンを2つ入れてね。 0;; 出来たらOK押してね。 エクセルに戻ると、0は消えてるでしょう。 知らないときは、計算式消したりしてたけど いちいち面倒だし、間違えの元だからね。 これって、リンク貼り付けする時にも使えるよ。 リンク元に何も入れてなくても、この方法をしておけば リンク先も0の表示はなくなるよ。

次の

【Excel】 特定セルだけに「ゼロ値」を表示したい。

エクセル 0は表示しない

=IFERROR 任意の数式, "任意の文字列" とします。 エラー対処の際の注意点 本物のエラーが見えなくなる エラーを非表示にするのも良いのですが、エラー表示の「本来の目的」はユーザーに数式や参照の不整合を知らせるためのものです。 エラーを非表示にすると、資料の見た目は良くなるのですが 「本当のエラー」が発見しにくくなる リスクもあります。 エラーを表示しない仕様にするときはエラーが想定の範囲でしか発生しないようなケースだけにしましょう。 主なエラー値の一覧 最後に、主なエラー値とその意味をまとめておきます。 除算(割り算)で「割る数」が 0 または空白の場合に表示されます。 などで検索結果の値が見つからない場合など。 NAME? 定義されていない関数やが入力されたときや、文字列を "(ダブルクウォーテーション) で挟み忘れたときに表示されます。 関数のミスタイプがありがち。 NULL! 数式に参照演算子として半角スペースが使用されている場合に、それぞれの範囲に共通部分がないときに表示されます。 まずは数式に使用されている半角スペースをチェックしてみましょう。 NUM! 数値に問題がある場合に表示されます。 Excelで扱えない範囲の数値であったり、反復計算をさせて解が見つからない場合など。 REF! 数式中のセル参照が無効な場合に表示されます。 参照セルやシートを削除した場合によくみられるエラーです。 VALUE! 数式で数値の入ったセルを指定するところを、文字列のセルを指定した場合などデータの種類を間違えたときに表示されます。 以上で、エクセルのエラー表示対策のトピックは終了です。 関連記事と合わせて活用してください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 LEN関数・LENB関数 Excelでデータの全角・半角をチェックする方法を解説。 カタカナやアルファベットの中には、フォントによって見た目の全角・半角の区別が難しい文字もあります。 条件付き書式・COUNTIF関数 エクセルで重複するデータに色を付ける方法を解説します。 Excelでダブりチェックをする方法はいくつかありますが簡単に設定できるのでぜひ挑戦してみましょう。 名前の管理・INT関数 名前の管理とその削除、また非表示になった名前の削除方法もピックアップします。 エクセルのセル(範囲)に任意の名前をつけて管理すると数式が理解しやすくメンテナンスも楽になります。 フィルター・SUBTOTAL関数 エクセルのフィルタで抽出された値の合計を求める方法。 列にフィルタがかかっているときは「フィルタで抽出された値の合計」を表示させる方法です。

次の

エクセルでエラー(#DIV/0!や#VALUE!など)を表示させない方法

エクセル 0は表示しない

セルの書式設定 0を消したいセルをクリック。 数式バーに計算式入ってるでしょう。 計算式入れたままで、0を消していくからね。 セルの書式設定を表示させます。 上にあるメニューバーから、ホームをクリックしてフォントの右角の印をクリック。 マウスを右クリックしても出てくるよ。 右クリックして出てきた中から、セルの書式設定をクリックでもOKだよ。 表示形式 書式設定の上のシートから、表示形式をクリック。 分類-ユーザー定義 左側の分類からユーザー定義をクリック。 種類 右側の種類の下の中から0を探してクリック。 見つからなかったら、右側のスライドバーでスライドさせて見つけてね。 0を表示させないように設定する 0を表示させないように設定していくよ。 種類の文字のすぐしたも0になってるでしょう。 ここに入力していくよ。 0の後ろにセミコロンを2つ入れてね。 0;; 出来たらOK押してね。 エクセルに戻ると、0は消えてるでしょう。 知らないときは、計算式消したりしてたけど いちいち面倒だし、間違えの元だからね。 これって、リンク貼り付けする時にも使えるよ。 リンク元に何も入れてなくても、この方法をしておけば リンク先も0の表示はなくなるよ。

次の