相棒 mtg。 相棒デッキの作り方って何かある?

EDHにおける”相棒”の存在

相棒 mtg

2020年4月17日に発売したマジック・ザ:ギャザリングのエキスパンション 「イコリア:巨獣の棲処」 このセットから新しいカード効果のメカニズムが採用されています。 「変容」と 「相棒」です。 発表された時は個人的に色々と複雑な感じやなーと思って見てました。 特に 「相棒」は面白い効果だけど、そんなにゲームに影響を与えるほどではないのかな? むしろドラマの相棒かな?シーズンなんぼやねん? くらいの感じで楽観視してたくらいです。 しかし! 発売された当日から、この「相棒」という効果がヤバすぎると話題に! 特にレガシー環境が大変なことになっていました。 とても目立って悪さしているのは 「深海の破滅、ジャイルーダ」 深海どころかフォーマット破滅させてます。 今回はどんな感じで悪さしているのか調べてみた内容をまとめます。 「深海の破滅、ジャイルーダ」の相棒条件が、「デッキ」の中のカードのマナコストが偶数しかない場合という比較的達成しやすいことがポイントです。 相棒というメカニズムは相棒カードは「常に手札にある」ような状況を作ります。 なので最初の7枚+1枚という状況で、戦いを始められることが大きなメリットです。 そしてジャイルーダの能力が、メリットばかりの壊れ性能なのが問題になっています。 ・お互いのライブラリーの上から4枚を墓地へ これに関してはお互いなためメリットだけではありません。 ・その4枚(お互いなので8枚)の中から偶数マナコストのクリーチャーを1体自分の場に召喚できる これが非常に強力です。 ここで、クリーチャーのコピー効果を持つ偶数マナコストのクリーチャーカードを引けば、さらに「ジャイルーダ」の効果を使うことができます。 レジェンドルールにより、元のジャイルーダは墓地に送られますが、コピージャイルーダで召喚連鎖が可能になるのです。 ちなみに「騙り者、逆嶋」は「騙り者、逆嶋」という名前で能力だけコピーするので、元のジャイルーダは墓地送りにならないのもポイントです。 1ターンにジャイルーダが2体場に残る状態が可能! マジックオンライン(MO)ではこの「虚空の力線」が効くバグが発生しているために2020年4月19日時点で「ジャイルーダ及びガイガン」が一時的に使用禁止措置になりました。 レガシー以外の環境でもジャイルーダの脅威 「深海の破滅、ジャイルーダ」を出してしまえば、ほぼ勝ちに繋がるのでレガシー以外でも大変なことになってました。 マナ加速クリーチャーを使えば4ターンくらいでジャイルーダを召喚できます。 スタンダードでは ・灯の分身 ・深海住まいのタッサ などでコピーや効果の使いまわしが可能になります。 さらに同じイコリアのモスラ「光明の繁殖蛾」も強力なカードとして採用されます。 何らかの要因で死亡したジャイルーダやコピーカードは、モスラのおかげて飛行を持って戻ってきます。 そしてまたジャイルーダの効果も発動・・・。 スタンダードで使用可能なコピーや効果の使いまわしができるカードがあるということは、全フォーマットが「ジャイルーダ」の脅威に晒されているということになります。

次の

『イコリア:巨獣の棲処』のメカニズム|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

相棒 mtg

各ゲーム中に1度だけ、あなたはソーサリーを唱えられるとき(あなたのメイン・フェイズの間でスタックが空であるとき) に3マナを支払うことでサイドボードからあなたの相棒をあなたの手札に加えることができる。 これは特別な処理であり、起動型能力ではない。 結果、プラス3マナでしたね。 まあまあの良調整なのではと思いましたが、相棒によってはしんどいですね。 特に ルールスや オボシュのような素早く攻め切りたい相棒はきつくなりました。 これから相棒を活用するデッキは 厳しい制約がつくことになりそうです。 一応、解説すると3マナ払う処理は 特別な処理ということで、 カード名を指名して封じるようなカードでも止めることはできません。 ただし、手札に加えた後のキャストを制限するカードにはもちろん引っかかります。 ひとまず速報としてここで更新します。 相棒については・・・別記事にしようと思っている次第です。 ちなみに投資的な予想はありませんので、ご了承ください。 個人的にはとても残念な改定でした。 まず、笑ったのは 裏切りの工作員の禁止理由ですね。 笑 以下、公式の原文まま引用。 次に、最近 銅纏いののけ者、ルーカや 軍団のまとめ役、ウィノータで 裏切りの工作員を直接戦場に出すアーキタイプが増えてきています。 これらのカードのデザイン意図には強力な高マナ・コストのクリーチャーを展開する創造的な方法を提供することも含まれていますが、これらを使って序盤に 裏切りの工作員を出すことは相手ににしていて 極めて腹立たしく巻き返すのが困難になり得ることが分かりました。 ただただ、好き。 極めて腹立たしく。 笑 これからのスタンダードになりそう。 そー言えば、「みんなが嫌いと言ったから」っていう理由で禁止になった人いたよね。 笑 それに近いかな。 創案の火は少し残念。 相手ターンでの行動が制限されるのは相当なデメリットのはずですが、 スタンダードだと影響が少なく、仕方ないかなと思います。 というかね・・・ 3テフェ、お前が悪い。 今日は少しこの 時を解す者、テフェリーについて話します。 マジックで嫌いなカードランキング。 3位 神々の憤怒 2位 罠の橋 ・ ・ ・ 1位 時を解す者、テフェリー こいつはただただ嫌い。 というか好きな人いるのかな? 様々な使い道がありますが、今回関連しているところでいうと、 創案の火の弱点を埋められるのが凶悪ですね。 なので、個人的には テフェリーの方を禁止にして欲しかった。 何故、嫌いかとかというと以前も書いた気がしますが、 マジックの魅力がなくなるからです。 私は元々、遊戯王プレイヤーでした。 最近は手札から発動できる効果が増えたものの、 遊戯王の弱点は 相手ターンでの行動に制限があり、 干渉できないことでした。 ルールをご存じの方は分かると思いますが、 相手ターンに動けるのは手札誘発以外だと 場に伏せたカードのみで、 伏せたカード分しか干渉できません。 相手が どれくらい干渉してくるのかが分かってしまうのです。 しかも、その場に伏せたカードをまとめて対処するカードがいくつもあります。 (マジックで言い換えると「相手はインスタント、瞬速持ちを全て捨てる」と同義です。 ) その点、マジックは相手ターンでも 手札からインスタントタイミングで干渉することができます。 また、ほとんどの起動効果が相手ターンでも起動できますよね。 これが とにかく面白い。 遊戯王が悪いと言っているわけではありません。 カードゲームは相手より得をすれば勝てるゲームです。 相手の行動に対応することで、相手よりも得をし、 出し抜き、有利になる行動を手札から とれる。 また、手札から とられることがあるのはマジック最大の魅力であり、 奥深さだと思います。 3テフェはそれを封じるわけです。 今まで語ってきた魅力が失われることになります。 個人的にはスタンダードをほとんどやらない一つの理由でもあり、 使うことはないと決めている1枚です。 禁止にするなら今回の改定しかなかった気がするんだけどなー。 残念です。 まあ、ローテーションまでスタンダードをやることはなさそうです・・・。 気を取り直して、楽しく投資活動に勤しみます。 まとめ 本日は禁止改定のお話でした。 少しでも参考になればうれしいです。 コメントでご意見などぜひとも。 なんせアカデミーを名乗ってますもので、 知識はぶつけ合って高めていくものだと思っております。 メールアドレスなしでもコメントできるようになりました。 このブログも立ち上げたばかりなので、 記事の形式やサイトの見易さなどにもご意見なども頂けると嬉しいです。 それでは、今日もマジックで稼いでいきましょう。 MTGアカデミーのジンでした。

次の

相棒メカニズムのルール変更による影響を考えてみる【MTG】|カード暮らし

相棒 mtg

最新セット『イコリア:巨獣の棲処』では、皆さんのような冒険好きなプレインズウォーカーも思わず息を呑むような、他にはない光景が広がる「イコリア」次元を訪れます。 巨大なクリスタルの地層や底の知れない洞窟、そびえ立つ高峰など、雄大な自然が皆さんを待ち受けているでしょう。 ですが今回のセット名は『イコリア:厄介な観光客の棲処』などではありません。 この世界は「巨獣の棲処」なのです。 あなたは巨獣とともに生きられるでしょうか? それとも彼らのエサになるでしょうか? 今回新たに登場する能力への習熟度が、運命を分けるでしょう。 サイクリング 「サイクリング」は、ライブラリーの上の方にある切り札を手に入れる助けになる人気のメカニズムです。 サイクリングは、手札のカードを入れ替える能力です。 ゲーム後半に、手札にある《》では勝利を掴めないとき。 《》をコントロールしていて、あと1点のダメージが必要なとき。 そんなときに、サイクリングは必要なものを引き込むチャンスを増やしてくれます。 サイクリング能力は、この能力を持つカードがあなたの手札にあるときに起動できます。 サイクリング能力はコストを持ちます。 今回のセットではマナのみですが、過去のカードの中にはマナ以外のサイクリング・コストを持つものもありました。 コストを支払いそのカードを手札から捨てれば、サイクリングを起動できます。 サイクリング能力が解決されたら、あなたはカードを1枚引きます。 サイクリングを持つカードの中には、サイクリングしたら追加の効果を発揮するものもあります。 それらは「[カード名]をサイクリングしたとき、[効果]」の形で書かれています。 追加の効果はサイクリング能力によるドローの前に発揮されます。 また、《》のようにあなたが他のカードをサイクリングしたときに誘発する能力を持つパーマネントもあります。 それらは、あなたが他のカードをサイクリングした時点でその能力を持つパーマネントが戦場にある場合のみ誘発します。 キーワード・カウンター 『イコリア:巨獣の棲処』では、「キーワード・カウンター」が登場します。 これにより、一部の呪文や能力がいくらか持続するようになります。 どのクリーチャーがどの能力を持っているのか記録しやすいように、パンチアウト・カードをご用意しました。 使用は任意ですが、さまざまなキーワード・カウンターが盤面に広がった状況でとても便利なのでおすすめです。 これらのカウンターは同じものが複数個置かれる場合もありますが、その場合も特に追加効果はありません。 これらがクリーチャーでないパーマネントの上に置かれた場合はすぐに機能するわけではありませんが、そのパーマネントがクリーチャーになったら機能しますので、ご注意ください。 (ただし接死カウンターと絆魂カウンターは例外で、クリーチャーでないパーマネントの上に置かれてもそのパーマネントがダメージを与えれば機能します。 ) 変容 「変容」は、クリーチャーを新しい方法で組み合わせてより強力な怪物を作り上げる、新たなキーワード能力です。 もちろん、楽しく刺激的ですよ。 変容を持つクリーチャーはすべて、2通りの唱え方があります。 1つは、皆さんご存知の通りマナ・コストで唱える方法です。 安全安心の方法ですね。 きっとあなたの役に立つでしょう。 もう1つは、ちょっとわくわくする唱え方です。 そのクリーチャー・呪文をただ唱えるのではなく、戦場にいるクリーチャーを「変容」させるのです! どうなるのか詳しくお伝えしましょう。 あなたがクリーチャー・呪文を変容コストで唱えるとき、挙動がいくつか変わります。 まず、支払うのはマナ・コストではなく変容コストになります。 それから、その呪文は対象を取るようになります。 対象を具体的に言うと、「あなたがオーナーであり人間でないクリーチャー1体」です。 イコリア次元の人間は生き残ることだけに全エネルギーを消費しているため、彼らの細胞は変容に対応していないのではないかと私は考えています。 変容はその呪文を唱える場合のみ使えます。 変容を持つクリーチャーが他の方法で戦場に出る場合は、単にそのクリーチャーが戦場に出るだけです。 変容で唱えたクリーチャー・呪文が解決されると、それは戦場に出る代わりに対象にしたクリーチャーと1つに混ざります。 変容で唱えたクリーチャー・呪文のコントローラーは、それを対象にしたクリーチャーの一番上か一番下に置きます。 そのクリーチャーは一番上のカードの特性をすべて持ち、さらにその下に置かれているカードすべての能力もすべて持ちます。 例えば、《》を対象に《》を変容コストを支払って唱えたとしましょう。 《》が解決されて、あなたは《》を《》の上に置きました。 大抵の場合、上か下かを決める基準はパワーとタフネスになると思います。 ですが、クリーチャーの名前や点数で見たマナ・コスト、色、クリーチャー・タイプはすべて一番上のカードにもとづいて決められることにはご注意ください。 珍しいケースですが、大型クリーチャーを倒したり追放したりできる呪文を回避するためにあえて小さい方のクリーチャーを選ぶ場合もあるでしょう。 変容で唱えたクリーチャー・呪文は、解決されても戦場に出ることはありません。 すでに戦場にあるクリーチャーの特性を変化させるだけです。 元のクリーチャーがタップ状態であれば、その新しいクリーチャーもタップ状態です。 元のクリーチャーの上にカウンターが置かれていたり、オーラや装備品がつけられていたりしても同じです。 そして変容させたクリーチャーは引き続き「あなたがオーナーであり人間でないクリーチャー」であるため、それを対象にまた別の変容を持つクリーチャー呪文を唱えて3枚重ねにすることもできます。 この場合もルールは同じです。 新たに追加されるカードを一番上か一番下に置いて、変容先のクリーチャーの特性を変化させます。 でも、同じクリーチャーを何度も変容させる理由は? 「このクリーチャーが変容するたび」の誘発型能力がその1つです。 変容で唱えたクリーチャー・呪文が解決されたら、変容後のクリーチャーが持っていて条件を満たした誘発型能力がすべて誘発します。 (変容前の)戦場にあるクリーチャーが持っている能力も、新たに重ねて置かれるクリーチャー(変容で唱えたクリーチャー・呪文)が持っている能力も誘発します。 それらの能力すべてが誘発し、好きな順番でスタックに置かれます。 この《》のように、自身のカード名が書かれた能力を持つものもあります。 ですがルール上、能力に自身のカード名が書いてあった場合、それは「それ自身」を指すだけなのでご注意ください。 例えば、変容で《》の上に《》が置かれた場合でも、《》の能力は機能します。 すべてうまくいけば、あなたの手で変容した巨獣が対戦相手を打ち砕き、あなたに勝利をもたらすでしょう。 しかし、相手が運良くあなたのクリーチャーを戦場から取り除く方法を持っているかもしれません。 除去された場合はどうなるのでしょう? 変容したクリーチャーが戦場を離れると、それを構成するカードはすべて移動先の領域に置かれます。 つまり変容したクリーチャーが死亡すれば、すべてのカードが墓地に置かれるのです。 なお「あなたがコントロールしているクリーチャーが1体死亡するたび」などの誘発型能力は、1回しか誘発しません。 追放される場合も手札に戻る場合も、ライブラリーに置かれる場合も同様です。 ライブラリーの一番下や、一番上から3枚目など、特定の場所に置かれる場合は、置く順番をあなたが決めます。 さて、ここまでは変容で唱えたクリーチャー・呪文が解決された場合の挙動をご説明しました。 では解決されなかった場合は? スタック上にある間は変容で唱えたクリーチャー・呪文も呪文であり、打ち消せます。 それが打ち消されたら、皆さんの予想通り墓地に置かれます。 さて、ここからは予想と異なるかもしれません。 クリーチャー・呪文を変容で唱えたものの、その対象が不適正だったり戦場になくなっていたりする場合は、変容で唱えたクリーチャー・呪文はそのまま解決され、戦場に出ます。 だから「オールイン」のリスクは大きくありません。 ただし1つだけご注意ください。 その呪文は解決され、クリーチャーが戦場に出ますが、「このクリーチャーが変容するたび」の誘発型能力は誘発しません。 それから、クリーチャーを変容で唱える際の対象の要件は「あなたがオーナーであり人間でないクリーチャー」であることを思い出してください。 (厳密に言えば、変容で唱えたクリーチャー・呪文とオーナーが同じであり人間でないクリーチャーとなりますが、あなたがオーナーでない変容を持つ呪文を唱えるケースは極めてまれです。 )要件の中に「トークンでない」の文言は含まれていません。 つまりトークンも、トークンでないパーマネントと同様に変容できるのです。 変容したクリーチャーの一番上がトークンなら、そのクリーチャーはトークンです。 トークンでないカードが一番上なら、それはトークンでないパーマネントです。 変容はルールに多くの革新をもたらすキーワード能力であり、馴染みにくいかもしれません。 ですがこれだけは言わせてください。 あなたが率いる怪物たちをかけ合わせて超強力な怪物に育て上げ、ライバルを蹴散らすのはこの上ない快感です。 皆さんがどんな組み合わせを見せてくれるのか、楽しみで仕方ありません。 相棒 『イコリア:巨獣の棲処』には10体の「相棒」がいます。 どれも伝説のクリーチャーであり、それぞれデッキ構築のルールに関わる相棒能力を持っています。 あなたの開始時のデッキがそのルールに沿っていれば、その伝説のクリーチャーはあなたの相棒として戦ってくれます。 例えば、壮大なる友人のケルーガを相棒として選ぶ場合、あなたの開始時のデッキに点数で見たマナ・コストが1や2のカードを入れることはできません。 相棒として選べるのは、1ゲームに1体のみです。 選ばれた相棒は、ゲーム開始時にはメインデッキに入りません。 代わりに、サイドボードに入ります。 (サイドボードを用いないカジュアル・プレイでは、ゲーム外部のコレクションに置いておきましょう。 それで同じルールが適用されます。 )つまり、プレイしているフォーマットの最小デッキ枚数を満たすには、相棒を含めずにその枚数にする必要があります。 構築フォーマットでは、相棒は15枚のサイドボードのうち1枠を占めることになります。 ゲームを始めるに際し、あなたは相棒として選んだカードをすべてのプレイヤーに公開します。 そしてゲーム中に一度、あなたは選んだ相棒をサイドボードから唱えることができます。 その行動にはクリーチャー・呪文を唱えるための通常のルールが適用されるので、唱えられるのはあなたのメイン・フェイズ中だけです。 選んだ相棒をサイドボードから唱えたら、あとはそのままゲームに残ります。 その呪文はスタックに置かれ、解決されればあなたのコントロール下で戦場に出ます(イエーイ!)。 打ち消されれば墓地に置かれます(えー!)。 そのゲーム中は追放されたり、手札に戻ったり、ライブラリーに戻ったりします。 ゲームが終了するまではサイドボードに戻りません。 相棒のデッキ構築ルールが適用されるのは、あなたの開始時のデッキ、つまり各ゲームでプレイを始めるときのデッキだけです。 サイドボードに入っているカードは考慮されないので、サイドボードまでデッキ構築ルールに従う必要はありません。 加えて、デッキ構築ルールを無視して相棒を持つクリーチャー・カードをメインデッキに入れることもできます。 これは特に、デッキ構築ルールに沿うのが恐らく不可能なブースタードラフトに関係するでしょう。 もしドラフトで実現できれば、栄光の勝利が待っていますよ。 さて、相棒は伝説のクリーチャーで、開始時のデッキに入っておらず、デッキ構築に大きな影響を与えるとのことでした。 どこかで聞いたことがあるような? そう、統率者戦ですね。 統率者戦を楽しむ皆さんは、サイドボードがなくても相棒との戦いを楽しめます。 「統率者デッキ」には相棒が含まれているのです。 それはゲーム開始時にはゲームの外部にあり、デッキの100枚に含まれません。 なお相棒を使うにはデッキの他のカードと同様に、あなたの統率者もデッキ構築のルールに沿ったものである必要があります。 怪物が闊歩するイコリア次元では、人間の存在などちっぽけなものかもしれません。 ですが少なくとも、あなたはひとりではありません!.

次の