市川 いっか さ つがい 犯人。 『市川一家4人殺人事件』残された長女と関光彦(犯人)のその後【実名写真】

市川一家4人殺人事件の犯人「関光彦死刑囚」や生き残った長女の現在とその後

市川 いっか さ つがい 犯人

市川・一家4人殺害事件 市川・一家4人殺害事件 【事件概要】 1992年3月、千葉県船橋市の無職S(当時19歳)が、以前レイプした女性の家(市川市)に強盗目的で侵入し、一家4人を次々と殺害。 少年事件ながら、その残虐な犯行から死刑判決が出ている。 少年S 【大柄な少年】 1992年3月6日午前9時ごろ、千葉県市川市の写真スタジオ店役員Yさん(42歳)宅で、通報を受けた警官が駆けつけたところ、この家の4人が殺害されているのを発見、現場にいた長女X子さん(当時15歳)と船橋市内の無職S(当時19歳)に事情を聞き、翌日にSが殺害を認めたため逮捕した。 一家はYさん、妻(36歳)、母親(83歳)、X子さん(当時15歳)、次女(4つ)の5人暮らしだが、X子さん以外は全員死亡、遺体はそれぞれ別々の部屋に置かれていた。 またX子さんも数回にわたって強姦されたり、切りつけられたりして全治2週間の怪我を負っていた。 事件の発端は、前夜、SがX子さんと同伴して、Yさん夫妻の経営する編集プロダクションを訪れて、社員から預金通帳などを奪ったことだった。 社員の通報で、警官がYさん宅に踏みこんだのである。 Sは巨漢と言ってもいい体格の少年だった。 犯行の動機について、Sは「女性問題でやくざに200万円払えと脅されていたためお金が欲しかった」と供述。 あまりの残虐な犯行に、一部報道機関は少年事件でありながらSを実名報道した。 【悪の履歴書、愚かな父親の存在】 Sは千葉県松戸市のサラリーマン家庭に生まれている。 まだ幼い頃、市内の公団住宅の団地に当たったので父親の実家からそこに移り住んだ。 歩けるようになってからはスイミングスクールに通い、運動神経は抜群だった。 小学校2年の時、団地を出て東京・江東区越中島のマンションに引越し、学校も転校した。 父親は会社を辞め、母方の祖父の店を任されていた。 このマンション購入費用も祖父の援助によるものである。 だが父親は高級品を買い漁るなど遊び惚け、任された店の売上は落ちていった。 この頃両親が不仲であり、父親が母親の頭を水の張った浴槽に浸けているのを度々目にしていた。 この父親は子どもに対しても体罰、というより八つ当たりのようなかたちで暴力をふるった。 母親の方も子どもに軽く平手打ちするなどしており、「手を洗え」などと口うるさく言った。 そうしたことからSは、週末は勉強道具を持って祖父の家に遊びに行った。 祖父母はSを大変かわいがっていた。 3年生の終わり頃、母親とS、その弟の3人は家を出て、母方の実家に戻った。 だがすぐに葛飾区内にある風呂もない台所共用の質素なアパートに移っている。 父親の借金により暴力団員などの取りたてに追われるようになったためである。 後に知り合いの区議の紹介で区内の別のアパートに移ったのだが、ここも銭湯通いだった。 結局、膨大な借金は祖父が清算した。 まもなく両親の離婚が成立し、Sは母方の姓に代わった。 母子の生活ぶりは、勉強するのにも段ボール箱を机代わりにする状態だった。 Sは友人たちに引け目を感じ、父親を恨むようになっていった。 新しい小学校では、「汚い」「臭い」といじめられるようになっていた。 連絡網をつくる時、「うちにはそんなもの(電話)はありません」と言って笑われた。 貧乏をからかわれたのである。 当時Sはいじめ自殺のニュースを見て、その子の気持ちがわかるような気がしたという。 中学校に入る頃になると、Sは体が大きくなり、いじめられてもやり返すようになった。 行動も積極的になり、野球、水泳、空手などを習った。 ただ悪い方面への好奇心も旺盛で、同じような育ち方をした友人と付き合い、飲酒、煙草、シンナーを覚えた。 しかしながらそういう行動は校外でしかせず、学校では目立つことを嫌い、普通に過ごしていた。 3年の時には学級委員にも選ばれている。 家族との生活の方は、やっと風呂のあるアパートに引っ越し、別れた父親も訪ねてくるようになった。 母親は「子どもの教育上、男親が必要だから」と元夫と付き合うのだが、Sからしてみれば、とうてい父親を受け入れる気にはなれなかった。 中学3年の秋、Sは自動車事故で負傷、入院して手術を受けた。 そのあいだの学内テストが受けられず、「公立高校受験のための偏差値が出せない」と言われた。 そのため、いくつかの私立高校を受験し、野球で有名な高校に入学した。 元々野球部のエースだっただけに、希望に満ち溢れた入学だったはずだが、硬式野球部には入れず、軟式野球部でも先輩のしごきにより怪我をすることがあった。 それまで運動に関しては自信を持っていたSだけに、かなりの挫折を味わったと思われる。 Sは次第に悪の道を踏み出し始める。 日常的に喧嘩に明け暮れた。 そして勝つと金が貰え、負けると取られるという習慣が身についた。 暴力は家族にも向かい始める。 中学時代から母親に指図することが多かったSだが、高校生になって気に入らないことがあると母と弟を殴った。 あまりに激しい暴力のため母親は何度も警察署に相談に出向いた。 高校2年の時、喫煙、恐喝などで学校から自宅謹慎を命じられる。 さらに学校からの連絡の時間に家にいなかったことで自主退学させられた。 その夏、恋人の親が、Sとの仲を裂くために娘を田舎に預けたが、Sは彼女を追って行き、その親を恐喝するという事件を起こした。 Sはナイフ所持の軽犯罪法違反で、書類を家庭裁判所に送られた。 退学後のSは、運送会社でアルバイトをしたり、ギターを習ったり、バイクの免許をとなどしていた。 その後、母方の祖父の店に勤め、雑用の後、料理の修業をした。 昼間はその仕事で、夜にも水商売の店員をするなど精力的に働いている。 祖父は若くして亡くなった親の家業を引き継ぎ、一代で年商10億円の事業に発展させた。 支店も数多くある。 Sのいた店には跡目を狙う親戚が働いていた。 その親戚からすれば、祖父にかわいがられるSのことは当然快く思わない。 ある日、「Sが出勤する日には金がなくなる」とある従業員が祖父に訴えた。 身に覚えがなかったSは、誤解を晴らそうと祖父の家に怒鳴りこみ、寝ていた祖父の顔面を蹴った。 祖父は片目の視力を失うという重傷を負った。 この一件に関して、Sは入院中の祖父を見舞い、謝罪している。 18歳になったSはローンで「クラウン」を購入。 車で頻繁に出かけるようになった。 また父親が出入りする実家を嫌い、マンションを借りて1人で住んだ。 入居に必要な金は母親が出した。 その夏、フィリピンパブで知り合った女性と同棲、10月に帰国した女性を追って2度渡航、現地で結婚の手続きをし、日本でも婚姻届を出した。 女性は翌年1月に再来日、4人殺害事件の後に子どもを産んだ。 【野獣】 Sは4人殺害事件の半年前から1週間前の間に、以下のような事件を起こしている。 傷害、強姦致傷、窃盗罪にあたるもので、いずれも自動車で移動中の出来事である。 うち1件のレイプ以外は、相手の運転マナーに腹をたてたもので、S自身は「相手が悪いのだから、懲らしめなければならない」と思っていた。 (1)自動車を運転中、前を走っていた車に「走り方が遅い」と文句を言いに行き、運転者を引きずり降ろして殴り、鉄製の棒で背中などを殴打した。 (2)深夜、運転中に見かけた通行中の女性(24歳)に、ナイフで脅したり、鼻骨が骨折するほど顔面を殴りつけ、自動車に乗せて自分のマンションまで連れていき強姦した。 Sは「レイプしたい」と思ったのではなく、「暴れたい」と思って家を出たという。 (3)自動車を運転中、後ろの車にフラッシングされたことを怒り、運転者を引きずりおろして、鉄製の棒で数十回殴り、運転免許証を奪った。 (4)自動車を運転中、危険な割りこみ方をされたことに怒り、相手の車の運転席に乗りこみ、ナイフで数十回切りつけたり、刺すなどし、運転免許証を奪った。 フィリピン女性と結婚したSは、妻が帰国している間に別のフィリピン女性と関係を持った。 彼女もフィリピンパブに勤めていた。 Sはこの女性を店から無断で連れだし、2日間過ごした。 結局、女性は店に戻ったが、店が関係する外国人ホステス斡旋業者らは、この一件の落とし前をつけるために、Sから金を取りたてるのに暴力団幹部に依頼した。 2月10日、依頼を受けた暴力団員が、船橋市のSのマンションまで押しかけ、彼の自動車の窓ガラスを叩き割った。 その翌日には、2名の暴力団員から激しいリンチを受け、「君がしたことで店の損害は300万ぐらいになる」と解決金を要求された。 2月12日午前2時過ぎ、車を運転していたSは、自転車に乗っていたX子さんと接触。 これがSとX子さんの初対面である。 Sは以前レイプしたことを思い出して「もう1度やろう」と車を走らせており、X子さんの方はシャープペンシルの芯を買おうとコンビニに向かっていた。 Sはいったん病院に連れていって治療を受けさせたが、長いあいだ待たされたことに腹をたて、その帰り道に車内でナイフで脅し、頬や手首を切りつけたうえで、自分のマンションに連れこみ強姦した。 その際、X子さんの生徒手帳から、住所氏名をメモしている。 3週間後の午後4時半頃、高層マンションのX子さん宅に強盗目的で侵入した。 その時、家の中では祖母が1人で寝ていた。 Sは祖母を蹴り、現金8万円を奪って、「通帳はどこだ」と尋ねた。 途中、Sはトイレに入ったが、その隙に祖母は警察に通報しようとした。 Sはあわてて電話機を奪ったが、祖母はSの顔に唾を吐きかけたため、コードで首を絞めて殺害した。 Sはいったんエレベーターを降り、自分の車に戻ったり、ジュースを飲んだりしたが、再びX子さん宅に戻り金品を物色した。 午後7時頃、X子さんとその母親(36歳)が一緒に帰宅。 Sは包丁を突きつけて脅し、母親をうつ伏せにしたまま通帳の在り処を尋ねたが、知ることができなかったので背中に数回突き刺した。 母親はX子さんに別の部屋に運ばれたが、まもなく失血死した。 さらにX子さんの妹が保母に連れられ保育園から帰宅。 SはX子さんに命じて、テレビを見させている。 Sはさらに夕食の準備を用意させ、3人で食事。 弟を別の部屋に移してから、X子さんを強姦した。 午後9時半頃、父親Yさんが帰宅。 Sはその時行為中であった。 Sは父親の肩に1度包丁を突き刺し、「俺はヤクザだ。 おまえの書いた記事で迷惑している」「通帳でも現金でもよいから、300万円くらいを出せ」と脅し、現金16万円、郵便貯金通帳(額面258万円)、銀行預金通帳(額面103万円)を奪った。 さらに母親名義で経営する会社の通帳があることを知り、X子さんと同伴して部屋を出た。 だが再び1人で戻ったSは、父親の背中を刺し失血死させた。 その後SとX子さんは、両親が経営する編集プロダクションへ赴き、X子さんが「ヤクザが、お父さんの書いた記事が悪いとお金をとりに来ている」と、残業中の男性社員から預金通帳7冊と印鑑7本を受け取った。 その帰り道にはラブホテルに寄って、通帳の額面などを調べた。 ここでも3度、X子さんを強姦している。 未明、X子さん宅に戻ったSは、寝ていた次女の泣き声を耳にして、事件が近隣の住民に発覚するのではないかと恐れ、背中を包丁で刺して殺害した。 そしてこれを非難したX子さんの腕や背中も切りつけている。 X子さんが抵抗らしい抵抗をしたのはこの時だけで、おそらくずっと恐怖に支配されていたものと思われる。 午前9時ごろ、警察官がX子さん宅に駆けつけると、Sは血のついた包丁をX子さんに持たせ、「今、女友達の家を訪問したらみんな死んでいて、少女が包丁を持っていた」などと、罪をなすりつけて逃走しようとしたが逮捕された。 【裁判】 1992年10月27日、千葉家裁は「刑事処分相当」と千葉地検に逆送致。 1994年8月8日、千葉地裁・神作良治裁判長は「犯行は残虐、冷酷。 金目当てに何の落ち度もない4人もの命を理不尽にも奪うという身勝手な動機で、たぐいまれな凶悪犯罪」として求刑通り死刑を言い渡す。 当時、死刑廃止論議が活発になるなかでの判決だった。 少年への死刑適用をめぐる司法上の論争では、での1983年の最高裁が「死刑の選択も許される」と判示して区切りをつけた。 この前後の少年への死刑判決は、1988年の(一審で主犯に死刑、二審で無期に)、1994年の(一審で主犯に、二審で3人全員に死刑判決)がある。 1996年7月2日、東京高裁で控訴棄却。 2001年12月3日、最高裁上告棄却。 少年事件での死刑確定は永山則夫以来だった。

次の

うそ発見器には応じなきゃならないの?|刑事事件手続きのQ&A

市川 いっか さ つがい 犯人

西組では児童が次々に襲われ、8人の児童が死傷しました。 (この先生が、その後「逃げた教師」として批判の対象となった先生です) 続けてその隣の2年南組に犯人は侵入しましたが、南組は既に休み時間に入っていたため教師がおらず、5人の児童が死亡しました。 花壇に水をまいていた2年南組の男性教師(27)は助けを求める児童の声に気付き、教室に向かいました。 その間、犯人を捕らえようとした二人の男性教師のうち一人が刺され、重傷を負いました。 その後、犯人は西端の1年南組に侵入しました。 その場で、切りつけられながらも2年南組の男性教師は犯人と格闘し、やがて副校長(43)が加勢し犯人を取り押さえました。 約15分間の無言の凶行でした。 宅間守は兵庫県伊丹市にて生まれ育ちました。 幼少の頃から三輪車で国道の中心を走って渋滞を引き起こしたり、動物を虐待するなどの異常な行動が見られていました。 小中学校の学校生活は荒んでおり、いじめられることもあれば、自らもいじめや暴行を行っていたといいます。 なお、附属池田中学の受験を宅間守は希望したものの、成績を理由に受験させてもらえなかったというエピソードがあるようです。 地元の中学を卒業後、工業高校に進学したものの、入学早々に教師を殴って退学させられています。 その後、18歳のときに航空自衛隊に入隊しましたが、1年後に家出少女への強姦未遂で除隊処分となりました。 その後、十数社の転職を繰り返すも定着することはありませんでした。 宅間守は母親に連れられ精神科を受診、入院しましたが、院内にて建物から飛び降りて重傷を負っています。 それにより、統合失調症(当時の病気の名前は精神分裂病)の診断を下されました。 その後、強姦事件や傷害事件、薬物混入事件など多数の罪を犯し、3年の服役を経験してはいますが、精神障害を理由に「責任能力なし」と判断され多くの刑事処分を免れてきました。 理由は定かではありませんが、母親は宅間守を身ごもったとき、「これはあかん」「おろしたい」と父親に訴えていたといいます。 母乳をあげることすら嫌がっていたとのことです。 母親は家事や育児が苦手であり、家事のほとんどを父親が代わりに行っていました。 中学受験時には「お前なんて産まれてこなければよかった」と母親から言われたと、宅間守はノートに記録していました。 亡くなった被害者のうち7名が2年生の児童、1名が1年生の児童でした。 新聞記事には被害児童のあどけない笑顔と名前が掲載されました。 突然刃物を持った男に襲われる恐怖がいかほどのものであるか、伺い知ることはできません。 亡くなった児童はもちろんのこと、助かった児童も死と隣り合わせの恐怖をその身に刻まれてしまったことでしょう。 トラウマ体験のフラッシュバックといったPTSDの症状による苦しみもまた、消し去ることのできない被害となりました。 それだけでなく、「なぜ自分は助かってしまったのか」「自分は生きていていいのだろうか」など、周りの人が死んだのになぜ自分は助かったのかという事件や事故などの生存者に特有の罪の意識、サバイバーズギルトもまた附属池田小事件の被害と言えるでしょう。 宅間守は尊い命を奪っただけでなく、多くの児童の人生に暗い影を落としました。 この逃げた教師を通じて、学校の先生は非常事態においてどんな行動を取るべきか、考えさせられることとなりました。 ネット上では、「学校の先生とて学校に従事する従業員であり、先生だからといって自分の命を張ってよその子の命を守れるわけではないだろう」といった意見もあったようです。 しかし、子どもを預かる学校においては、子どもを守ることのできる大人は先生しかいません。 先生を信頼しているからこそ、学校に子どもを預けられるでしょう。 この事件をきっかけとして、非常時において、先生がリードして子どもの安全を守る重要性が示されたと言っていいでしょう。 その後、先生が応急処置を学ぶ機会が増えるなど、学校による先生への研修が導入されたようです。 宅間守は多くの犯罪歴があるにも関わらず、附属池田小事件を起こすまでの間、精神病患者を装い刑罰を逃れてきました。 当時の法律では、心神喪失と認められ無罪、もしくは不起訴処分となった犯罪者は措置入院制度が適用されてきました。 措置入院では、症状による他害の疑いがなくなれば、退院させることが義務付けられていました。 宅間守は措置入院の経歴があったこともあり、事件をきっかけとして法整備に向けた議論が行われました。 結果として、心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律(通称医療観察法)が2003年に制定、2005年に施行されることとなりました。 同法律により、心神喪失により無罪、不起訴処分となった犯罪者は、社会復帰調整官による医療観察や指導を継続的に行い、病状の改善と再犯の防止、さらには社会復帰を促進することとなりました。

次の

附属池田小事件で逃げた教師のその後と事件の詳細・真相に迫る!

市川 いっか さ つがい 犯人

26日夜、長野県坂城町の住宅で、男女3人が頭にけがをして倒れているのが見つかり、16歳の少年を含む2人の死亡が確認されました。 現場では拳銃のようなものが2丁見つかっていて警察は殺人事件として捜査しています。 少年銃殺…謎の拳銃殺人事件 26日午後11時半ごろ、坂城町の市川武範さんの住宅で「男女3人がけがをしている」などと消防に通報がありました。 救急隊員が駆けつけると屋内に10代から30代の男女3人が頭にけがをして倒れているのが見つかりました。 3人は長野市と上田市内の病院に搬送されましたが、その後、男性2人の死亡が確認されました。 このうち1人は市川直人さん16歳だということです。 女性も重傷だということです。 現場には、拳銃のようなものが2丁発見されていて、警察が殺人事件として調べています。 消防によりますと、搬送時、3人とも意識不明の状態だったということです。 意識のない状態で搬送された男女3人のうち、少年と20代の女性の2人の身元が断定されました。 2人は、事件現場となった住宅の家主・市川武範さんの息子の市川直人さん(16歳)と娘の市川杏菜さん(22歳)です。 直人さんは既に死亡が確認されていましたが、重傷と報道されていた女性は市川さん宅の娘の杏菜さんで、搬送先の病院で死亡が確認されました。 残り1人の死亡者の男性の身元はまだ分かっていませんが、「35歳」という年齢だけが判明しています。 県警組織犯罪対策課は、暴力団関係者が絡んだ殺人事件と見て男性の身元や死因を調べています。 現場は「しなの鉄道テクノさかき駅」から南西約1キロの閑静な住宅地。 近くに住民の女性は「救急車の音で起きたが、夜間の騒音などは気づかなかった。 武範さんには子どもが3人いたと聞いている。 家族間でのトラブルなどはわからない」と話しています。 yahoo.

次の