あさり 砂 抜き 開か ない。 あさりが開かない理由は?生きてれば確実に口を開かせる方法はあるよ

あさりの砂抜きをしたのに開かない!あさりトラブル解決法!

あさり 砂 抜き 開か ない

スーパーのあさりは砂抜きが必要? スーパーに売っているパックに入ったあさりや、発泡スチロールに入ったあさり。 あさりは出汁がでて美味しいですよね〜! スーパーで売っていると、つい晩ご飯の一品にしたくなります^^ ところで、スーパーのあさりって砂抜きが必要なのでしょうか? 商品によっては「あらかじめ砂抜きがしてあります」との表記があるのも。 記載のあるものは、砂抜き済みだと思いますが、書いてないものもありますよね。 そんな場合も、砂抜きは必要なのでしょうか? わたしは色んなスーパーで売っているあさりを買って料理したことがあります。 先日もスーパーで買ったあさりは砂抜きしてあるようでしたが、念のため砂抜きして食べました。 砂の残った感じもなく、美味しいあさりのお味噌汁にして頂きました^^ 経験上も踏まえて言うと、絶対とは言えませんが、だいたいスーパーに売っているあさりは砂抜きしてあります。 ただ、スーパーのあさりは完全に砂抜きすると鮮度が落ちてしまうことから完全に砂抜きされていないということもあるようです。 また「砂抜き済み」との表記があるあさりでも、砂を吐ききれていなかったり、砂抜きで吐いた砂をもう一度吸ってしまっている可能性もあります。 スーパーで買ったあさりは、ときどき残った砂がジャリっとしたり、完全に砂抜きができていないときがあります。 なので、絶対砂抜きが必要というわけではないけれど、する方が安心して食べられるということです。 あさりは二枚貝なので、貝殻二枚で閉じていますよね。 二枚の貝殻は、貝柱でくっついています。 生きている間は開いたり閉じたりと動きますが、死んでしまうとだらーんと筋肉が伸びきった状態になります。 なので、口が開かないあさりは何らかの原因で貝柱で口をしっかりと閉じている可能性があるということです。 また、砂抜きの方法があさりにとって良くなく、あさりが口を開けない環境を作ってしまっている可能性もあります。 あさりがリラックスして(笑)砂を吐き出せる状態にしてあげることが必要です。 スーパーで売っているあさりではあまりないと思いますが、もう一つのあさりが口を閉じたままの原因として考えられるのは、 中身が入れ替わっているということです。 あさりの中身が砂やヘドロといれかわっていると、中にあさりはいませんので中が詰まった状態になり開かないです。 スーパーのあさり 砂抜きで死んでるのはどうする? スーパーのあさりが死んでいるように見える場合、食べられるのかどうか知っておきたいですよね。 また、あさりが死んでいるのかどうかわからないときがありますよね。 死んでるかどうかの見分け方法は、こちらに詳しくかいていますので、この見分け方で確認してみてください。 ちなみに、時々スーパーのあさりは死んでいるものが売られていると思っている方がいますが、スーパーのあさりは生きています。 生きているから、新鮮なまま、家で料理して食べることが出来るのです。 貝は腐敗の進行が早いので、スーパーで既に死んでいるあさりが売っている場合、家で料理するときには既に腐っている…ということがあります(体験済^^;) 腐敗臭がしなければ、死んでいるあさりを食べても大丈夫といえることの方が多いでしょう。 なぜなら、魚やお肉など普段わたしたちは死んでいるものを加熱料理して食べていますよね。 なので、死んでいる=腐っている ではないのです。 ということで、死んでいるあさりも加熱すると貝が開き、食べれます。 なので、まだ腐っていない新鮮な部類に入るあさりは、死んでいても加熱調理で食べても大丈夫ということになります。 どのタイミングで死んだかは誰にもわからないので、なんとも言えませんが、死ぬ前に砂抜きしてあるあさりだったら、 中から砂が出てくることはなく食べれます。 すでに死んでいるアサリの場合は、砂抜きすることはできません。 ただ、勘違いしがちなのは、砂抜きのときに生きていても口を開かないあさりって結構います。 加熱しても開かないあさりは、何らかの衝撃などで貝の蝶番部分が壊れてしまい、開かなくなってしまったものです。 加熱で自然に開かないものは、食べない方が無難だと思います。 死んでるあさりをどうするかですが…これには賛否両論あり、人によって認識が結構違うんですよね^^; わたしは以前、スーパーで買ったあさりのパックをあけたら、キッチンに充満するくらいの腐敗臭がしたことがあります。 それはもう、明らかに腐っているとわかるほどでしたので、間違えることはまずないですw 腐っている臭いがしない場合、上記に書いた通り恐らく食べれますが、 不安になりながら食べるのは体にも心にも良くないと思います。

次の

緊急~です!あさりの砂抜きしてるのですが、アサリが口を開いてくれ...

あさり 砂 抜き 開か ない

あさりって美味しいですよね!私も数年前からあさり料理を作る様になって、作る度にあさりの美味しさに感動しています。 そのミスのせいで、半分ぐらいのあさりの口が開いてなかったんですが、息子が無理やりこじ開けて食べようとしていました。 買った時からすでに死んでいた• あさりをこすりすぎて蝶番が壊れたから• 解凍したから これらの理由が考えられます。 では、それぞれの理由についてみていきましょう! 買った時からすでに死んでいたあさり まず、死んでいるあさりは口が開きません。 なので、砂抜きしようがお湯で茹でようが何してもダメです。 なので、口を閉じているあさりはサヨナラしてしまいましょう。 あさりをこすりすぎて蝶番が壊れたから 調理する前は、あさりをゴシゴシと強くこすりすぎると、あさりの蝶番 二枚の貝が付いている部分 を壊してしまう可能性があります。 そうなるとあさりの口が開かなくなるのでこすり洗いする際は注意しましょう。 解凍したから あさりは冷凍してもOKですが、解凍すると開く力が残らず、開かなくなります。 と、それぞれの理由であさりの口が開かない事があるんですが、これだけではちょっとわかりづらいので、もう少し細かくあさりの口が開くシステムについて掘り下げていきましょう! あさりの口はどうなったら開くの? あさりは生きていないと基本的には開きません。 口が開かない貝と初めからずっと口を開けていて何しても閉じない貝は死んでいます。 あさりの口が開く理由は蝶番と貝柱の関係にありました!それは・・・・• 解凍は絶対NG• 水から茹でる事もNGです はい、ここまでであさりの口を開く方法のお話をしてきましたよ。 せっかく買ってきたあさりちゃん。 出来れば全部口を開かせて美味しく頂きたいですよね! 実は、今回の冒頭に書いた私のミスとは、 水からあさりを茹でてしまったから口が開かないあさりが多かったんです。 ではでは、最後にもうひとつだけ、息子からの質問でもあった、開いていない貝は食べられるのか?についてお話していきますね! 口が開いていないあさりは食べられるの? 結論から言うと、 食べられるけど食べない方が良いです。 口が開いていないあさりは死んでいるとお伝えしましたが、実は生きていてもうまく口が開かなくて閉じたままのあさりもいます。 だから、見た目だけでは生きているか死んでいるのかわかりません。 でも、口が閉じているあさりの中身として考えられるのは・・・ お笑いが大好きな関西出身の二人の男の子のママのhanekkoです。 毎日、笑って生きていきたい!楽しい事大好きなお気楽主婦です。 日々のちょっと気になった事や、やってみて良かったこと等。 主婦目線でのお役立ち情報なども盛りだくさんですよ~! このブログで、少しでもあなたのお役に立てればうれしく思います。 アーカイブ• カテゴリー•

次の

スーパーのあさりは砂抜きが必要?開かないのは死んでるの?

あさり 砂 抜き 開か ない

スポンサーリンク あさりを砂抜きしたら動かない。 これは死んでる?食べれない? 潮干狩りで採ったあさりをいただき、砂抜きをしたつもりだったが、白い長いものがビローンとのびたまま、さわってもひっこまない。。。 これはあさりが死んでるって事?食べても大丈夫なのかな? と、判断に困ったことはありませんか? 食べれるかどうかの判断のポイントをいくつかご紹介します。 ・あさりの口が開きっぱなしの物は死んでるので食べない! ・クサいにおいがすれば、死んでいる可能性が大きいので食べないで捨てる! ・白い長いべろーんとしたもの(出水管、入水管といいます)が、伸びたまま引っ込まなくても、においがせず、加熱して、貝が開けば食べれます。 水管を伸ばさない塩分濃度は 2%以上。 (砂抜きに適している濃度は3%) 水管を伸ばす塩分濃度は1%から1. 2%です ・チョットだけ、ホントにほんの少しだけ、塩を直接水管にかけてみましょう。 生きていればびっくりするほど急に反応します。 あさりの砂抜き失敗したらどうすればいい? 塩の濃度が薄すぎでも、濃すぎても、あさりは砂出ししてくれません。 塩分が濃いと、口を開かなくなります。 薄いと、白い水管がビローンとのびたままになります 砂出ししたつもりだけれど、あれ?砂を吐いていないみたい…。 そんな時は… あさりの砂出しを失敗した…!と思ったら。 もう一度やってみましょう。 スポンサーリンク 再度砂抜きする場合は、3%より、もうチョット濃いめの塩水にあさりを浸してみましょう。 ちなみに、濃い塩分濃度の水で塩抜で砂抜きした場合は「砂抜き」したあとで、「塩抜き」しないと、しょっぱくて食べれないときがあります。 【あさりの塩抜きの方法】 砂出ししたあさりを塩水から上げてしまいます。 それだけ 笑 砂抜きが終わったあさりをそのまま塩水から上げてしまうだけでいいんです。 貝が水をぴゅーと吹きますので、周りが濡れないように新聞を引いたりしましょう。 よほど暑い日じゃない限り、冷蔵庫には入れず室温で1時間程度でOK! 潮干狩りで採ったあさりの砂抜き・失敗しない簡単な方法 あさりの砂出しを失敗しない方法 あさりは海の中に住んでいるので、あさりを海水程度の濃度(の塩水に浸し、新聞などをかぶせて暗くして静かなところに置いておくと、ぴゅーっと水を出して砂出しします。 <基本的なあさりの砂出しの方法> 海水と同じ3%の塩水を作ります。 1カップのお水に小さじ1の塩、位ですね。 あさりをざるに入れてから塩水に浸す。 (吹いた砂を再度すわせないため) 浸す水は多すぎるとぴゅーっと吹きません。 あさりがちょっと顔を出すくらいひたひたでいいです。 新聞などをかぶせ暗く、静かにしておきます。 冷蔵庫には入れないで、室温で3時間以上置きましょう。 ここで砂抜きのポイント! 潮干狩りから取ってきたあさりは、ついついすぐガシャガシャと洗ってしまいがちですが、最初は、サッと水を掛け、大まかな汚れや砂を取る程度にした方がいいです。。 砂出し&塩出してから、こするようにあらって汚れやぬめりをとる方が、砂をしっかり吐いてくれます。 塩水の濃度3%というのは海水と同程度と言う事。 潮干狩りの時は帰りにペットボトルに海水をもって帰ってきましょう。 その海水で水で砂出しをすると間違いないです! まとめ 簡単なようで、意外に難しいあさりの砂出し。 とにかく、「塩水濃度」がポイント! もし、死んじゃった?と思ったら、「におい」がポイントのようですね。 貝類は死んだり、腐ると、強烈なクサいにおいがします。 まず、クンクンとにおいをかいで、 チョットでも、腐敗臭がしたら、捨ててしまいましょう。

次の