どんなときもwifi 縛りなしwifi。 【注意】縛りなしWiFiが故障・紛失・水没し、後悔する前におすすめしたい2つの対策

縛りなしWiFiを3ヶ月使った評価|他社ポケットWiFiと比較してわかった安さ

どんなときもwifi 縛りなしwifi

なんだかんだ言いながらもポケットWiFiの一強状態だったWiMAXに一石を投じたサービスが「どんなときもWiFi」ですね。 WiMAXでも実現できなかった「ギガ無制限・短期制限もナシ」を実現してしまった、真の「使い放題ポケットWiFi」です。 そして、どんなときもWiFiの登場から半年後、2019年後半に入り相次いで同じようなサービスが続けて開始されました。 「よくばりWiFi」「MUGEN WiFi」「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」です。 おそらく「どんなときもWiFi」は最初からギリギリの収益で価格設定していたのか、各社の料金も安く見せる努力はしていますが実はどれもほぼ同じです。 この記事では「安いっぽい表示にだまされるな!」という意味で、本当の価格比較・サービス比較を行っていきます。 おすすめポイントなし、海外飛び回る人にはいいかも ギガ無制限のポケットWiFiは2年使って乗り換えるべき! まず最初に、「最近はやりの ギガ無制限ポケットWiFiは2年使って乗り換えるべき」なのです。 クラウドSIMという特別な仕組みを使って国内・海外でのギガ無制限通信を実現しているポケットWiFiの専用端末はあなた専用の端末です。 専用端末が壊れた・無くした場合など、WiMAXなどのように「アマゾンで同じものを買えばいいや!」とはなりません。 「端末保証オプション」を付けると過失による損害を補償してくれますが、 バッテリー交換は保証対象になりません。 そして、一般的にモバイル端末のバッテリーは2年以上は持ちません。 このため、専用端末を使ったギガ無制限のポケットWiFiは「2年使って乗り換える」べきです。 2年使うなら「どんなときもWiFi」 5つの「ギガ無制限ポケットWiFi」サービスは、 最初の2年間の利用料金はどれも同じくらいの料金になります。 「ずっと定額」「最安」を謳っているWiFiサービスも、隠れコストによって最初の2年は安くならないのです。 そうであれば、実績と情報量から「どんなときもWiFi」をおすすめします。 現状では、 「迷ったらどんなときもWiFi」です。 何気に安くて乗り換えやすい「めっちゃWi-Fi」 料金的にも契約の縛りでも特徴があるのが「めっちゃWi-Fi」です。 「2年契約自動更新」が多い中でめっちゃWi-Fiは「最低利用期間2年」の契約形態なので、2年経過後はいつ解約しても違約金が不要です。 また、解約時の専用端末返却不要や利用期間中の専用端末交換が5,000円と、専用端末に関わるコストがもっとも安いサービスです。 「最低利用期間2年」であることから、契約更新月を意識する必要がなく、一番「2年後に乗り換えやすい」のがめっちゃWi-Fiです。 端末保証を付けて2年使うなら「よくばりWiFi」 この「最初の2年間の利用料金」に「端末保証オプション」を付けた場合は「よくばりWiFi」が最も安くなります。 「よくばりWiFi」は端末保証オプションを付けると「最大2か月間無料」の特典が適用され、この特典によって「端末保証オプションを付けると2年間で最安」となります。 無制限ポケットWiFiに端末保証オプションを付けて契約するなら、最初の2年間が最も安くなるのは「よくばりWiFi」です。 覚悟を持って3年以上使うなら「MUGEN WiFi」 「ずっと定額3,280円」の最安を謳っている「MUGEN WiFi」ですが、実は最初の2年間はほとんど安くなりません。 「MUGEN WiFi」が安くならない理由は、他社には無い隠れコスト「初期設定手数料 3,000円 」や解約時の「端末返却手数料 1,080円 」が存在するからです。 月額料金は確かに安いですが、結局は手数料によってコストが上がり、最初の2年間は他のサービスと変わらない料金となります。 よって「2年間の利用」において「MUGEN WiFi」はおすすめできませんが、もし「3年以上、ずっと使う!」というのであれば、「ずっと月額3,280円」は効いてきて最安になります。 「覚悟を持って3年以上、ずっと使うぞ!」という方にはMUGE WiFiは安くておすすめです。 ギガ無制限ポケットWiFiを詳しく比較する 各社の初期費用・月額費用・解約時費用 5社の初期費用・月額費用そして解約時に必要となる手数料などをまとめると以下のようになります。 費用項目 費用・特典 どんなときも Wi-Fi よくばり Wi-Fi MUGEN Wi-Fi 限界突破 Wi-Fi めっちゃ Wi-Fi 初期費用 契約事務 手数料 3,000円 3,800円 3,000円 0円 3,000円 初期設定 手数料 - - 3,000円 - - ルーター 代金 無料 無料 無料 無料 無料 月額費用 1年目 2年目 3,480円 3,450円 3,280円 3,500円 3,480円 3年目以降 3,980円 3,450円 3,280円 3,500円 3,480円 端末保証 オプション 400円 380円 500円 500円 なし 解約時 端末返却 手数料 - - 1,080円 - - 月額料金の仕組み 多くのサービスが「ずっと定額」で3年目以降も安くで使える料金体系になっています。 その中で先発サービスの「どんなときもWiFi」だけが3年目から料金が上がる点に注意してください。 MUGEN WiFiの隠れコスト 「ずっと定額3,280円」と最安に見える「MUGEN WiFi」ですが、上記のように他社にはない隠れコスト「初期設定手数料」「端末返却手数料」が存在する点に注意してください。 費用項目 総額費用 端末保証なし どんなときも Wi-Fi よくばり Wi-Fi MUGEN Wi-Fi 限界突破 Wi-Fi めっちゃ Wi-Fi 初期費用 総額 3,000円 3,800円 6,000円 0円 3,000円 月額費用 2年総額 87,000円 86,250円 82,000円 87,500円 87,000円 解約時費用 - - 1,080円 - - 2年総額 90,000円 90,050円 89,080円 87,500円 90,000円 実質月額 2年平均 3,600円 3,602円 3,563円 3,500円 3,600円 2年総額・実質月額はあまり変わらない 2年間の総額や実質月額はどのサービスもあまり変わらないことがわかります。 最初の2年間だと、どのサービスも大体「月額3,600円」です。 限界突破WiFiが少し安くて「月額3,500円」になるくらいです。 費用項目 総額費用 端末保証あり どんなときも Wi-Fi よくばり Wi-Fi MUGEN Wi-Fi 限界突破 Wi-Fi めっちゃ Wi-Fi 初期費用 総額 3,000円 3,800円 6,000円 0円 3,000円 月額費用 2年総額 97,000円 88,090円 94,500円 100,000円 - 解約時費用 - - 1,080円 - - 2年総額 100,000円 91,890円 100,500円 100,000円 - 実質月額 2年平均 4,000円 3,676円 4,020円 4,000円 - よくばりWiFiの「最大2か月無料」特典 「よくばりWiFi」は端末保証オプションを付けると「最大2か月間無料」の特典があります。 端末保証オプションを付けることで、利用開始月とその翌月の2か月間の月額料金・オプション料金が無料になる特典です。 この特典があることで、「端末保証オプションを付けて2年間使う」場合には「よくばりWiFi」が最安となります。 「よくばりWiFi」以外はどれも変わらず「月額4,000円程度」となりますね。 「めっちゃWiFi」は端末賠償金が安い 「端末保証オプション」は専用端末を壊してしまった場合に「端末賠償金を支払わずに新品・リフレッシュ品に交換してくれる」というサービスです。 つまり「端末賠償金が免除」されるサービスです。 「めっちゃWiFi」には端末保証オプションがありませんが、その代わりに端末賠償金が他社よりも安く設定されています。 他社の端末賠償金が18,000円なのに対して「めっちゃWiFi」は「端末賠償金5,000円」と設定されています。 契約・解約条件の比較 5社のサービスの契約形態をまとめます。 サービス 契約形態 どんなときもWiFi 2年契約自動更新 よくばりWiFi 2年契約自動更新 MUGEN WiFi 2年契約自動更新 限界突破WiFi 2年契約自動更新 ただし 3年目からは「1年契約自動更新」 めっちゃWiFi 最低利用期間2年 基本的には「2年契約自動更新型」ですが、「限界突破WiFi」と「めっちゃWiFi」には特徴があります。 「限界突破WiFi」は最初の2年間は「2年契約自動更新」ですが3年目からは「1年契約自動更新」となり、12か月ごとに契約更新月が訪れることになります。 解約しやすい、ということですね。 「めっちゃWiFi」は「最低利用期間2年」なので3年目以降の縛りがありません。 3年目以降はいつ解約しても契約解除料 違約金 が発生しない、ということです。 契約解除料 違約金 の比較 では、契約期間中の途中解約で請求される契約解除料 違約金 を比較してみます。 利用期間 契約解除料金 どんなときも Wi-Fi よくばり Wi-Fi MUGEN Wi-Fi 限界突破 Wi-Fi めっちゃ Wi-Fi 0か月目~12か月目 19,000円 18,000円 30,000円 18,000円 9,800円 13か月目~24か月目 14,000円 12,000円 25,000円 18,000円 9,800円 25か月目 契約更新月のため無料 26か月目以降 9,500円 9,500円 9,500円 5,000円 0円 MUGEN WiFiは異常に高額な違約金 「MUGEN WiFi」は途中解約の契約解除料 違約金 が異常に高く設定されていることに注意してください。 「MUGEN WiFi」は「ずっと定額3,280円」の最安をアピールしていますが、この高額な契約解除料 違約金 や他社にはない隠れコスト「初期設定手数料」「端末返却手数料」が存在します。 限界突破WiFiは契約更新月が3か月間ある 契約解除料 違約金 なしで解約できるのは「契約更新月」だけです。 この「契約更新月」は一般的に1か月間です。 「限界突破WiFi」はこの「契約更新月」が3か月間設定されています。 めっちゃWiFiは契約解除料 違約金 が安い 「めっちゃWiFi」は「最低利用期間2年」「3年目以降は縛りナシ」という特徴がありますが、最初の2年間の途中解約での契約解除料 違約金 も他社より安く設定されています。 端末保証オプションは付けるべきか? 2年間の料金を比較すると「最初の2年間の総額はどこも変わらない」ということがわかります。 また、これに端末保証オプションを付けると「よくばりWiFi」がもっとも安く使えることがわかります。 では、端末保証オプションは付けるべきなのでしょうか? ここでは「つけるべき理由」と「つけてもあまり意味がない理由」を述べます。 端末保証オプションは付けるべき理由 各社の端末保証オプションは月額380円から月額500円で提供されるオプションサービスなので、2年間の総額では大体9,000円から12,000円になります。 この「9,000円から12,000円」で何を補償してくれるか、というと以下の保証になります。 自然または過失による破損・水没など クラウドSIMの仕組みを使ったギガ無制限ポケットWiFiの端末は専用端末、 あなた専用の端末です。 「壊れたらアマゾンで同じものを買えばいいや!」とはならないのです。 端末保証オプションは付けてもあまり意味がない理由 一方で、各社の 端末保証オプションは「バッテリー交換は保証対象外」です。 一般的にモバイル端末のバッテリーは2年が限度と言われていますし、実際にWiMAXルーターやスマホなどでも「2年間は大丈夫、3年間使うと厳しい」と感じます。 この場合、バッテリーが劣化した場合は端末保証オプションに加入していたとしても「端末賠償金を支払って新品交換」となります。 よって、クラウドSIMの仕組みを使ったギガ無制限ポケットWiFiのサービスは 「2年使って乗り換える」ことをおすすめします。 ギガ無制限ポケットWiFiを選ぶ基準をまとめる ギガ無制限ポケットWiFiは「2年使って乗り換えるべき」 ギガ無制限のポケットWiFiは「2年使って乗り換えるべき」です。 クラウドSIMを使ったサービスでの専用端末は、文字通りあなた専用の端末です。 壊れたりしても「同じものを買えばいいや!」とはなりません。 そして端末保証オプションをつけても「バッテリー交換は保証対象外」です。 このことから、クラウドSIMを使った専用端末のサービスは「2年使って乗り換えるべき」です。 2年使うならどこも同じくらいの料金 「2年使って乗り換える」なら5社のサービスはどこもほとんど同じ2年間の総額料金です。 2年間の利用を前提としたリスクを考えると「契約解除料 違約金 」が異常に高く設定されているMUGEN WiFiはおすすめできません。 2年間の料金が変わらないから、実績と情報で他社より先行している「どんなときもWiFi」をおすすめします。 端末保証オプションをつけるなら 「端末保証オプションを付けて2年間使う」なら、「よくばりWiFi」が最も安く使えます。 「よくばりWiFi」は端末保証オプションを付けると「最大2か月間無料」の特典が付くからです。 「端末保証オプションを付けて2年間使う」なら「よくばりWiFi」をおすすめします。 ただし、「よくばりWiFi」は他社と違い「ソフトバンク回線のみ」のサービスとなります。 エリア的に心配がある場合は、やはり「どんなときもWiFi」をおすすめです。 限界突破WiFiはあまりおすすめポイントがない 「限界突破WiFi」の魅力は「契約更新月が3か月間ある」「3年目からは1年契約自動更新になる」という点です。 ただし、上記で述べたようにギガ無制限のポケットWiFiは「2年使って乗り換えるべき」なので、この点から3年目以降に特徴のある「限界突破WiFi」は特徴がありません。 「どんなときもWiFi」はこんなサービス 「どんなときもWiFi」のメリット・デメリット メリット• 3年目からは料金が高くなる 2年で乗り換えるべき 「どんなときもWiFi」の料金の特徴 どんなときもWiFiは唯一「口座振替払い」ができます。 ただし口座振替払いの場合は月額料金が少し高くなるうえに振替ごとに振替手数料200円が別途加算されます。 「どんなときもWiFi」は2年使って乗り換えるべきでしょう。 海外利用時の料金 海外利用時には別途利用料金が必要です。 現地で専用端末の電源を入れなおすことで、自動的に現地のSIM情報がダウンロードされ利用可能になります。 また「1日」とは国際標準時間0時 日本時間AM9時 で区切られ、日本時間や現地時間ではありません。 海外利用時は「海外あんしん補償」 「どんなときもWiFi」を海外で利用しているときに「盗難・紛失」にあった場合には、標準で「海外あんしん補償」が適用されます。 これは別途オプション加入不要の標準サービスです。 この場合、新品交換ではなく「中古品Aランク」の専用端末を送ってもらえます。 「どんなときもWiFi」の特徴 「どんなときもWiFi」は他社を先行してすでに半年以上のサービス実績があります。 後発他社は「どんなときもWiFi」をターゲットにして料金設定して安さをアピールしていますが、最初の2年間の総額ではどこもほとんど変わりません。 他社の差別化は「3年目以降がお得」な料金体系になっていますが、残念ながら 専用端末のバッテリーが3年以上は不安があります。 そのため、「2年使う」という条件では 実績で「どんなときもWiFiを2年使って乗り換える」がもっともおすすめとなります。 初期費用 事務手数料 が少し高くて3,800円• ソフトバンク回線のみ 「よくばりWiFi」の料金の特徴 よくばりWiFiの支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなります。 ですが、やはりレンタルの専用端末に補償を付けてもバッテリー劣化は保証対象外であることから、「よくばりWiFi」も2年使って乗り換えるべきでしょう。 海外利用時の料金 海外利用時には別途利用料金が必要です。 現地で専用端末の電源を入れなおすことで、自動的に現地のSIM情報がダウンロードされ利用可能になります。 また「1日」とは国際標準時間0時 日本時間AM9時 で区切られ、日本時間や現地時間ではありません。 「よくばりWiFi」の特徴 2年総額はあまり安くない 初期費用が高い 「どんなときもWiFi」と同等サービスながら、ほんの少しだけ価格を安くして差別化しています。 「ずっと定額3,450円」ですが、初期費用が他社よりも800円ほど高いために2年間の総額はどこも同じ程度になります 安くありません。 端末保証オプションを付けるなら2年総額最安 「よくばりWiFi」の特徴は 端末保証オプションを付けた場合の「最大2か月間無料」特典です。 端末保証オプション 月額380円 を付けると、利用開始月とその翌月の月額料金およびオプション料金が無料となることから、端末補償をつけると2年間で最安となる点がメリットです。 通信サービスはソフトバンク回線のみ 一方で、通信サービスを見ると他社が3大キャリア利用可であるのに対し、よくばりWiFiは「ソフトバンク回線のみ」と約款に明記してあります。 「どんなときもWiFi」でも都市部ではほとんどソフトバンク回線となりますが、ソフトバンク回線が弱い山間部や海上などでの利用は弱いでしょう。 山・海は特に注意が必要、これを考えるとやはり「どんなときもWiFi」を選ぶべきでしょう。 他社にはない隠れコスト「初期設定手数料」「端末返却手数料」がある• 途中解約時の契約解除料 違約金 が異常に高い• おそらく、この手のギガ無制限ポケットWiFiのコストは「月額3,600円」が採算ラインなのでしょう。 そのうえで「どうやって安く見せるか?」に各社の工夫が出ているだけのように感じます。 契約途中の契約解除料 違約金 も高い また、「MUGEN WiFi」は他社よりも契約解除料 違約金 が高額に設定されています。 利用期間 契約解除料金 どんなときも Wi-Fi よくばり Wi-Fi MUGEN Wi-Fi 限界突破 Wi-Fi めっちゃ Wi-Fi 0か月目~12か月目 19,000円 18,000円 30,000円 18,000円 9,800円 13か月目~24か月目 14,000円 12,000円 25,000円 18,000円 9,800円 25か月目 契約更新月のため無料 26か月目以降 9,500円 9,500円 9,500円 5,000円 0円 このように、月額料金も実際にはあまり安くならないうえに解約時の違約金も非常に高いことから、「ずっと月額3,280円」の最安料金も魅力がなくなってしまう料金体系になっています。 端末保証オプションにもワナがある 「MUGEN WiFi」には月額500円の端末保証オプションがありますが、この月額500円は他社と比べると少し高いですね。 さらに、「端末保証オプション」は契約時のみ加入可能でこれは良いのですが 「途中解約はできない」という規定があります。 そして「一度補償を受けると12か月以内の再度の補償には20,000円が必要」と規定されています。 他社の端末保証と比べて、「オプション料が少し高い」「途中解約はできない」「2度目からは20,000円必要」という点に注意してください。 海外利用時の料金 海外利用時には別途利用料金が必要です。 現地で専用端末の電源を入れなおすことで、自動的に現地のSIM情報がダウンロードされ利用可能になります。 「MUGEN WiFi」の海外利用代金は、「どんなときもWiFi」の同地域での利用料金に比べると少し安く設定されています。 「MUGEN WiFi」の海外利用時の「1日」とは、日本時間基準となります。 他社が国際標準時間基準である点とは違いがあります。 「MUGEN WiFi」の「30日おためし全額返金保証」 「MUGEN WiFi」は他社にない独自サービスとして「30日おためし全額返金保証」を提供しています。 「サービスの申し込み日から30日以内」に返品発送 消印有効 であること• 「解約理由・決済番号」を事前にフォームで連絡 この場合においてサービス契約を解除できますが、「全額返金保証」にはなりません。 契約事務手数料3,000円は支払必要• 返却手数料1,000円を支払必要• 箱の破損や説明書等の欠品があれば20,000円請求• 30日を超えると契約解除料 違約金 となる 異常に高い このように、あまり条件は良くありませんが「万が一」の場合には利用すると良いでしょう。 ただし、「MUGEN WiFi」を含む通信事業者には「初期契約解除制度」が義務付けられています。 これは「端末受け取りから8日以内なら無条件で契約解除可能」という法律です。 「初期契約解除制度」なら契約事務手数料と端末返送の送料を負担する程度で、「箱の破損が~」「欠品が~」などの制約がないため、「万が一」の場合には「初期契約解除制度」の利用を優先的に検討すべきでしょう。 「MUGEN WiFi」の特徴 「MUGEN WiFi」は「ずっと定額3,280円」と安さをアピールしている割に、「少しワナが多いかな?」という印象を受けます。 「初期設定手数料・端末返却手数料などの隠れコスト」「異常に高い契約解除料 違約金 」「端末保証オプションの条件が良くない」などにより、リスクが高い料金設定だと感じます。 「限界突破WiFi」はこんなサービス 「限界突破WiFi」のメリット・デメリット メリット• 専用端末がムダに大きくて重い スマホ型端末 「限界突破WiFi」の料金の特徴 限界突破WiFiの支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなります。 そのかわりに通常3,000円程度の「初期費用 事務手数料 無料」であることから、やはり2年間の総額は他社とほぼ同じです。 端末補償オプションも月額500円と他社よりも高くなります。 これは他社と違って限界突破WiFiの専用端末はスマホ型の端末であることからでしょう。 海外利用時の料金 海外利用時には別途利用料金が必要です。 現地で専用端末の電源を入れなおすことで、自動的に現地のSIM情報がダウンロードされ利用可能になります。 また「1日」とは国際標準時間0時 日本時間AM9時 で区切られ、日本時間や現地時間ではありません。 「限界突破WiFi」の契約の特徴 「限界突破WiFi」の通信サービス 国内通信サービス 海外通信サービス 「限界突破WiFi」の専用ルーター• 端末保証オプションがない 「めっちゃWiFi」の料金の特徴 「めっちゃWiFi」は「どんなときもWiFi」と同じ「月額3,480円」ですが、「ずっと定額」という差別化がされています。 端末賠償金が5,000円 「めっちゃWiFi」では端末保証オプションが提供されていません。 そのかわり、端末故障・紛失時の「端末賠償金5,000円」と他社よりも圧倒的に安く設定されています。 他社は18,000円から20,000円ほどが必要となります。 よって「端末保証オプションには加入しない」という人も、「めっちゃWiFi」なら万が一の場合にも他社よりも圧倒的に安く端末交換してもらうことができます。 他社での「端末保証オプション」はバッテリー交換には対応していなかったり、実質的に2年間で1回しか端末保証が受けられなかったり、という制約もあります。 「めっちゃWiFi」はそんな面倒なことは置いておいて、「端末が壊れたら・無くしたら・バッテリーが劣化したら5,000円で交換」というシンプルな仕組みになっています。 最低利用期間2年 他社が「2年契約自動更新」であるのに対し、「めっちゃWiFi」は「最低利用期間2年」となっています。 3年目からは縛りナシということです。 しかも、最初の2年以内の契約解除料 違約金 も他社よりもずっと安い「9,800円」となっています。 「めっちゃWiFi」の契約の特徴 「めっちゃWiFi」の通信サービス 国内通信サービス 海外通信サービス 「めっちゃWiFi」の専用ルーター 超まとめ!ギガ無制限のポケットWiFi選び方 ギガ無制限ポケットWiFi各社の特徴 「ギガ無制限ポケットWiFi」5社のワンポイント特徴を記載します。 サービス 特徴 どんなときもWiFi• 5社の中でもっとも実績と情報がある• 3年目からは月額料金が上がるので「2年使って乗り換える」 なにげにいろいろ安い、端末賠償金が安いのもいいですね。 ギガ無制限のポケットWiFiは2年使って乗り換えるべき! まず最初に、「最近はやりの ギガ無制限ポケットWiFiは2年使って乗り換えるべき」なのです。 クラウドSIMという特別な仕組みを使って国内・海外でのギガ無制限通信を実現しているポケットWiFiの専用端末はあなた専用の端末です。 専用端末が壊れた・無くした場合など、WiMAXなどのように「アマゾンで同じものを買えばいいや!」とはなりません。 「端末保証オプション」を付けると過失による損害を補償してくれますが、 バッテリー交換は保証対象になりません。 そして、一般的にモバイル端末のバッテリーは2年以上は持ちません。 このため、専用端末を使ったギガ無制限のポケットWiFiは「2年使って乗り換える」べきです。 2年使うなら「どんなときもWiFi」 5つの「ギガ無制限ポケットWiFi」サービスは、 最初の2年間の利用料金はどれも同じくらいの料金になります。 「ずっと定額」「最安」を謳っているWiFiサービスも、隠れコストによって最初の2年は安くならないのです。 そうであれば、実績と情報量から「どんなときもWiFi」をおすすめします。 現状では、 「迷ったらどんなときもWiFi」です。 端末保証を付けて2年使うなら「よくばりWiFi」 この「最初の2年間の利用料金」に「端末保証オプション」を付けた場合は「よくばりWiFi」が最も安くなります。 「よくばりWiFi」は端末保証オプションを付けると「最大2か月間無料」の特典が適用され、この特典によって「端末保証オプションを付けると2年間で最安」となります。 無制限ポケットWiFiに端末保証オプションを付けて契約するなら、最初の2年間が最も安くなるのは「よくばりWiFi」です。 覚悟を持って3年以上使うなら「MUGEN WiFi」 「ずっと定額3,280円」の最安を謳っている「MUGEN WiFi」ですが、実は最初の2年間はほとんど安くなりません。 「MUGEN WiFi」が安くならない理由は、他社には無い隠れコスト「初期設定手数料 3,000円 」や解約時の「端末返却手数料 1,080円 」が存在するからです。 月額料金は確かに安いですが、結局は手数料によってコストが上がり、最初の2年間は他のサービスと変わらない料金となります。 よって「2年間の利用」において「MUGEN WiFi」はおすすめできませんが、もし「3年以上、ずっと使う!」というのであれば、「ずっと月額3,280円」は効いてきて最安になります。 「覚悟を持って3年以上、ずっと使うぞ!」という方にはMUGE WiFiは安くておすすめです。

次の

【注意】縛りなしWiFiが故障・紛失・水没し、後悔する前におすすめしたい2つの対策

どんなときもwifi 縛りなしwifi

【どんなときもWiFi】と【縛りなしWiFi】は2019年に格安のモバイルWiFi(ポケットWiFi)としてサービスを開始しています。 この2つのサービスは、今までのモバイルWiFiルーターの料金の常識を覆しかなり格安です。 そして「どんなときもWiFi」と「縛りなしWiFi」共に2019年前半には注文が殺到し納期が遅れるという状況に陥ったほどの人気ぶりでした。 「どんなときもWiFi」と「縛りなしWiFi」はそれぞれサービスに大きな特徴があり、料金以外でも比べてみる価値があることから、両サービスをじっくり比較してみました。 これからモバイルWiFiをお申し込みされる方は、是非【どんなときもWiFi】と【縛りなしWiFi】の魅力も知っていただきたいと思います。 そして【どんなときもWiFi】と【縛りなしWiFi】の比較表をご確認いただき、これからご注文される候補にあげてみるのもいかがでしょうか。 そしてそれを無料で提供する代わりに契約期間を決め月額料金が高くしている傾向にあります。 「どんなときWiFi」と「縛りなしWiFi」のように、モバイルWiFiルーター端末はレンタルにすることにより、月額料金が抑えられる可能性は高くなりますが、端末種類が選べないという欠点もあります。 2、通信容量制限なし 現在比較的料金が安いモバイルWiFiのプランには、月額利用通信量の制限を設けているところが多くあります。 例えば、現在圧倒的にシェアーの高いKDDI系のWiMAX回線の料金が安いプランには、月間7GBの制限がかかっています。 しかし「どんなときWiFi」と「縛りなしWiFi」は格安にもかかわらず、通信容量制限がありません。 利用エリアが一番広い(トリプルキャリア)• 海外利用もこれ一台• 最短当日発送、翌日到着• 端末は選ぶことができない• 原則クレジットカードが必須• いつでも解約でき違約金もかからない• SoftBank回線とWiMAX回線のどちらかを選択• 最短当日発送、翌日到着• 端末は選ぶことができない• クラウド上のSIMサーバーに必要なSIM情報があります。 利用者はWiFiルーターからのリクエストに応じて、SIM情報をここから自動で取得します。 よってどの国・地域でもSIMカードの差し替えは必要なく通信が行えます。 日本国内においては、「au」「docomo」「SoftBank」のそれぞれの回線から、自動で最適な通信回線を選択します。 クラウドSIMは次世代の通信技術です。 どんなときもWiFiと縛りなしWiFiの比較からみたサービスの特徴 比較から見た「どんなときもWiFi」のサービスの特徴 どんなときもWiFiの回線は国内の場合、au、docomo、SoftBankから自動で選択してくれるというものです。 よってどんなときもWiFiの人口カバー率は最強となります。 また携帯電話で利用している回線を通信で利用することで、WiMAX回線では苦手なビル内や地下街、地下鉄内等でもつながりやすくなります。 そしてどんなときもWiFiの 一番の大きな特徴は利用制限がないことです。 よってYouTube等の動画や映像配信サービスで映画等、消費容量が大きい映像はいくら観ても速度制限がかかりません。 ご自宅が光回線を通したくても工事が出来ないような方には、特に最適なサービスとなります。 但しどんなときもWiFiは 契約期間が2年となり、それ以降は月額料金も500円高くなることから、このタイミングで乗り換えを行った方がよいかの検討をすべきでしょう。 このタイミングであれば解約違約金もかからないことから検討は必須です。 またSoftBank回線は、WiMAX回線では苦手なビル内や地下街、地下鉄内等でもつながりやすくなります。 回線の速さより安定を求めるのであれば、WiMAX回線よりSoftBank回線をおすすめします。 縛りなしWiFiの料金は、2020年2月現在、通信容量制限なしのプランで、これ以上安いところは見つかりませんでした。 料金面では最安値となります。

次の

【どんなときもWiFi VS 縛りなしWiFi】徹底比較|どっちがいいか?その理由

どんなときもwifi 縛りなしwifi

本サイトは、 一人暮らしにおすすめなインターネット契約を、 現在一人暮らし実践中の私が、様々な角度で紹介しています。 一人暮らしであるあなたのインターネット契約選びに、是非ご参考いただけると嬉しいです。 あなたは一人暮らしでamazonプライムビデオを視聴したいと思ってますね? だけど、一人暮らしにおすすめと言われるポケットwifiでは、amazonプライムビデオが本当に見れるのか?不安になってますよね? なぜなら、ポケットwifiには基本的に通信制限があるので、amazonプライムビデオなんて視聴したら、それだけで通信量を使い切ってしまうのでは?と思ってますよね? そこで今回は、amazonプライムビデオを視聴することができて、通信制限を受けることなく、使い続けることができるポケットwifiがあるのか調査します。 この記事を参考にすることで、あなたは一人暮らしの中で、最適なポケットwifiを見つけることができます。 amazonプライムビデオを視聴できるのは「どんなときもwifi」 amazonプライムビデオを満足できるほど視聴できるポケットwifiは・・・ ズバリ! 「どんなときもwifi」です。 >> その理由は・・・、 どんなときもwifiは、「ポケットwifi初の完全無制限」だからです。 もちろん、その他のポケットwifiでも、amazonプライムビデオを視聴することは可能です。 しかし、映画を見終わったあと、その日、使えるポケットwifiのデータ量を使い切っている可能性があります。 一人暮らしの中でインターネット(ポケットwifi)は様々な使われ方をしているため、amazonプライムビデオだけで通信制限にぶつかるようでは役に立ちませんよね? また、データ量を気にして、低画質で視聴する人もいますが、それは視聴できてると言って良いものなのか迷うところです。 原因としては、どうしてもインターネットを利用している人の人数に影響を受けてしまうからです。 よって上記表のように時間帯によって、通信速度は上下するものなんです。 amazonプライムビデオを見るための条件 amazonプライムビデオは、どんなときもwifiで視聴できるとご紹介しましたが、実際のところ、どうなんでしょうか? amazonプライムビデオを視聴できるネット環境を、通信速度とデータ量に分けてご紹介します。 通信速度 画質の種類 必要なネット環境(速度) SD(標準画質) 普通に綺麗 0. 7Mbps HD(高画質) すごく綺麗 3. 5Mbps UHDとHDR(最高画質) すごく綺麗の、さらに4倍綺麗 15Mbps以上 amazonプライムビデオを視聴するには3種類の画質(SD、HD、UHDorHDR)から選択することができます。 そして、それぞれ 0. 7Mbps、3. 5Mbps、 15Mbps以上といった通信速度が必要になります。 この通信速度が出せない場合、画像が悪くなったり、止まったりしてしまいます。 ココで上記でもご紹介している、どんなときもwifiの通信速度は、全時間帯において、amazonプライムビデオを視聴するのには充分な通信速度が得られているのが分かります。 データ量 画質の種類 データ容量(2時間視聴した場合) SD(標準画質) 普通に綺麗 約1. 2GB HD(高画質) すごく綺麗 約3. 6GB UHDとHDR(最高画質) すごく綺麗の、さらに4倍綺麗 約11. 6GB 映画1本2時間とした場合、上記表のようなデータ量が必要になります。 一般的に、ほぼ無制限と言われるポケットwifiでも、1日3GBまでや、3日で10GBまでといった限界値が設定されています。 もちろん、スマホ画面で視聴するのであれば、標準画質でも良いと思います。 しかし、映画ですよ?迫力のある映画等は特に大画面で見たくなるものです。 私の場合、我慢できずシーリング型プロジェクターをamazonプライムビデオを視聴するためだけに購入しまうほどです。 天井のシーリングライトにカモフラージュ! 場所を全く取らないプロジェクター! >> こうなると、標準画質という訳にはいかず、可能な限り高画質で視聴したくなるものですよね? 上記でもご紹介した、どんなときもwifiは、ポケットwifi唯一の完全無制限で使えるポケットwifiなので、思いっ切り高画質でamazonプライムビデオを楽しむことができるんです。 どんなときもwifiについて、下記記事で詳細にご紹介しています。 しかし、あなたは言うほどamazonプライムビデオを視聴しない可能性もありますし、他のインターネット利用の方が多かったりするかもしれません。 そこで一人暮らし4年目の私が、「どんなときもwifi」も含め、あなたにおすすめなポケットwifiを3つをご紹介します。 是非、ご参考くださいね。 2019年3月にサービスが開始されたばかりのポケットwifiです。 現在、数あるポケットwifiの中では、一番人気もあり、端末も品切れ、予約待ちになるほなんです。 それでは、どんなときもwifiをデメリットとメリットに分けて分かり易くご紹介します。 メリット:ポケットwifi初の「完全無制限」 どんなときもwifiは、新しい次世代の通信方式「クラウドSIM」により、 ポケットwifi初の完全無制限を実現しました。 amazonプライムミュージックはもちろん、amazonプライムビデオを高画質・大画面で視聴するには、高速通信&完全無制限でなければいけません。 よってamazonプライムビデオまで楽しみたい方は、どんなときもwifiを選ぶようにしましょう。 そして、使ってみると分かるメリットとして、完全使い放題によるストレス解放です。 例えば、1日3GBという通信制限があると、あなたは残りの通信量が気になり、頻繁に残りの通信量をチェックするようになるんです。 つまり、このストレスって、結構ハンパないんです! そんな通信制限に伴うストレスが一切ないのも、大きなメリットですよね。 下記記事で、私のお友達のレビューも掲載してますのでご参考ください。 >> また、どんなときもwifiのルーターは、バッテリーも持ちも良く、バッテリー残量をチェックするストレスからも解放されるんです。 >> デメリット:年縛り契約(解約料金) どんなときもwifiのデメリットは、年縛り契約により発生する解約料金です。 1年未満に解約した場合:19,000円• 1年以上~2年未満:14,000円 私のお友達も言っていたのですが・・・、 「万が一、どんなときもwifiを解約したときは、解約料金は【勉強代】と思う事にするよ!」 よって、あなたも、この考え(解約料金=勉強代)になるのであれば、どんなときもwifiは、大変おすすめのインターネット契約です。 どんなときもwifiがおすすめな人とは・・・ 1. 完全無制限で使いたい(速度制限なし!) 2. どこでも繋がりたい (クラウドSIM) 3. こちらも2019年1月にサービスが開始されたばかりのポケットwifiです。 それでは、縛りなしwifiも、メリット、デメリットに分けて、分かり易くご紹介します。 現在のインターネット契約には、どんなときもwifiも含め、ほぼ「年縛り」が存在します。 つまり、指定された契約期間(2年~3年)を利用せずに解約してしまうと高額な解約料金が請求される仕組みになっています。 そうなると気になるのは利用料金ですよね? 各種縛りが無い分、高額なんじゃないの?って思いますよね? それが、月々の利用料金は最安値級(3,300円)なんです。 ちなみに短期間で解約する可能性を気にするなら、解約までの総額費用は間違いなく現状、最安値になります。 (料金が安いため) デメリット:完全使い放題じゃない 縛りなしwifiを、数カ月後解約することになるとしたら、その最大の理由は、「完全使い放題じゃない」なのかもしれません。 現状、どんなときもwifi以外のポケットwifiは、完全使い放題ではないため、ある程度、データ量を使ってしまうと通信速度に制限がかかってしまいます。 もちろん、通信制限がかかるには「1日3GBや、3日で10GB 」と、充分過ぎるデータ量はあるものの・・・、 一人暮らし生活は、インターネットの通信量が日々、増えて行くものです。 今回ご紹介した、amazonプライムビデオを高画質で視聴したくなるニーズは、一人暮らしではすぐにやって来るとい言っても過言ではありません。 初期費用0円、解約料金0円は、もうあたり前! 1. ポケットwifi最安値!月額3,300円 2. いつでも解約できる(年縛りなし) 3. 現状としては、縛りなしwifiよりも、月額料金が380円高いだけ・・・、 その他の条件が全て縛りなしwifiと同じ条件になってしまったので、今さら感のあるポケットwifiです。 しかし、縛りなしwifiがサービスをやめてしまった時などに備えて、選択肢は多く持っておくことにしましょう。 「縛りなしwifi」と「SPACE wifi」を徹底比較した記事も書いてますのでご参考ください。

次の