太閤 山 と 関係 の ある 戦役 は 次 の うち どれ か。 【福岡県民なら常識!?】会話のネタにもなる!雑学クイズ9選

四国攻め

太閤 山 と 関係 の ある 戦役 は 次 の うち どれ か

日本城郭協会(東京都品川区)が、平成29年4月6日「城(46)の日」に、石垣山城を「続日本100名城」に選定しました。 既に、平成18年発表の「日本100名城」には小田原城が選定されています。 【(公財)日本城郭協会 公式HPより抜粋】 その続編となる「続日本100名城」は、前回選定に入っていない城郭が対象で、全国の100城が選定されています。 石垣山は、本来「笠懸山」と呼ばれていましたが、天正18年 1590 豊臣秀吉が小田原北条氏を水陸15万の大群を率いて包囲し、その本陣として総石垣の城を築いたことから「石垣山」と呼ばれるようになりました。 この城が、世に石垣山一夜城または太閤一夜城と呼ばれるのは、秀吉が築城にあたり、山頂の林の中に塀や櫓の骨組みを造り、白紙を張って白壁のように見せかけ、一夜のうちに周囲の樹木を伐採し、それを見た小田原城中の将兵が驚き士気を失ったためと言われています。 しかし、実際にはのべ4万人が動員され、天正18年4月から6月まで約80日間が費やされました。 秀吉は、この城に淀君ら側室や千利休、能役者を呼び茶会を開いたり、天皇の勅使を迎えたりしました。 この城は、関東で最初に造られた総石垣の城で、石積みは近江の穴太衆による野面積みといい、長期戦に備えた本格的な総構えであったといわれ、度重なる大地震にも耐え、今日まで当時の面影が大変よく残されています。 この地は国立公園区域及び国指定史跡に指定されています。 面積 約5. 9km先「板橋」交差点左折、約350m先「ターンパイク入口」交差点左折、約260m先の新幹線高架手前を右折、約70m先を右折し道なり約1. 8km ・小田原厚木道路から 小田原厚木道路「小田原西IC」で降り国道135号方面へ約860m先の新幹線高架手前を右折、約70m先を右折し、道なり約1. 8km 注意 西湘バイパス「早川IC」又は国道1号「早川口」交差点から国道135号を経由する場合、国道135号「早川」交差点は右折禁止です。 「早川」交差点約70m手前を左折、直後の交差点を右折、再び直後の交差点を右折し「早川」交差点を横切ってください。 幅員狭くバス等不可.

次の

文系学問/一問多答

太閤 山 と 関係 の ある 戦役 は 次 の うち どれ か

生涯 [ ] 名前 [ ] 同時代史料に出る実名()が 秀満で、当初は 三宅弥平次と称し、後には 明智弥平次とも名乗っている。 俗伝として光春の名でも知られ、 明智光春や満春の名でも登場する。 左馬助(左馬之助)の通称も有名。 俗伝では幼名は岩千代、改名して 光俊とも 言い、 光遠と名乗った時期があるとする説もあるが、その他にも複数の別名が流布している。 出自 [ ] 三宅氏説 [ ] 秀満は当初、三宅氏(三宅弥平次)を名乗っていた。 三宅氏は明智光秀の家臣として複数の名前が確認できる。 また俗伝では、明智光秀の叔父とされる明智光廉が三宅氏を名乗ったとも言われる。 一説には父の名を三宅出雲、あるいは美濃の塗師の子、の子孫と称したの国人・三宅徳置の子という説もある。 明智氏説 [ ] 『』などによると、秀満(同史料では「光春」)は明智氏の出身とされる。 明智光秀の叔父である明智光安の子(「明智氏一族宮城家相伝系図書」によると次男)であり、光秀とは従兄弟の関係にあったとされている。 別号として三宅氏を名乗った時期もあるとされている。 遠山氏説 [ ] 期に阿部直輔によって謄写校正された『恵那叢書』(鷹見弥之右衛門著)によると、明智光春(秀満)の父・光安が主であると同一人物とされており、それを参考にして遠山景行の子である遠山景玄が明智光春と同一人物、そして明智光春が秀満ではないかとの説が出されている。 遠山景玄は3年()で戦死しているが、この説によると史料の不整合もあり誤伝であるという。 また遠山景行の妻が主三宅高貞の娘であるため、遠山景玄の母に相当する三宅氏の跡を継いだという補説もある。 その他 [ ] 『細川家記』には塗師の子であると書かれており、『』ではの子であったと伝えているが、いずれも信用できない。 前半生 [ ] 秀満の前半生は『明智軍記』を始めとする俗書でのみ伝わっているが、それは 秀満の出自を明智氏と断じていることに留意する必要がある。 明智氏説では、明智嫡流だった明智光秀の後見として、にいた父・光安に従っていたが、2年()にとの争いに敗北した道三方に加担したため、義龍方に攻められ落城。 その際に父は自害したが、秀満は光秀らとともに城を脱出し浪人となったとする。 後半生 [ ] 6年()以降に光秀の娘を妻に迎えている 『陰徳太平記』。 彼女はの・に嫁いでいたが、村重がに謀反を起こしたため離縁されていた。 その後、秀満はを名乗るが、それを文書的に確認できるのは、天正10年(1582年)4月である。 天正9年()、を預けられて 、津田宗及が当城を訪れた際に、これを饗応している。 天正10年まで在城したとされている(『御領主様暦代記』)。 このとき直政は目録の通り請取ったことを返事したが、光秀が秘蔵していたの脇指が目録に見えないがこれはどうしたのかと問うた。 すると秀満は、「この脇差は光秀秘蔵のものであるから、死出の山で光秀に渡すため秀満自ら腰に差す」と答えたとされる。 14日の夜、秀満は光秀の妻子を刺し殺し、自分の妻も刺殺した後、、煙硝に火を放ってしたとされる(『川角太閤記』)。 秀満の父は秀満が死去した後に間もなく丹波横山で捕らえられ、7月2日、粟田口でにされたとあり、『言経卿記』では、この父の年齢を63歳としている。 で戦死した城代は秀満の遺児であったとする説がある。 逸話 [ ] 入江長兵衛の子供に憑いた狐を退治する秀満。 『和漢百物語』「左馬之助光年」• 光秀は亀山を出発する前に謀反を起こす決意を告げ、一同が黙っていた中で秀満がまずこれを承諾したために、残る四人も承諾したとされる(『信長記』)。 また別の末書によると、光秀は29日に亀山に戻り、はじめ秀満に謀反の相談をしたがその諌止にあい、次に利三ら四人に相談したが四人とも反対した。 そのため光秀は躊躇したが、翌日6月1日になって、さらに秀満に事の次第を告げたところ、秀満はすでに四人にも語った上はもはや躊躇すべきではないとし、謀反を起こさせたとしている。 退去の際、秀満軍が天主や本丸に放火したとされてきた(『秀吉事記』『太閤記』)。 しかし、フロイスの書状によると安土城はが焼いたと述べている。信雄はらと秀満の去った安土にすぐに入ったのであり、『兼見卿記』に安土城の焼失を15日のこととしていることから考えると、安土城を焼いたのは秀満ではなく信雄であろうとされている。 の湖上を馬で越えたという「 明智左馬助の湖水渡り」伝説が残されている。 光秀の敗死を知った秀満は坂本に引き揚げようとしたが、大津で堀秀政の兵に遭遇した。 秀満は名馬に騎して湖水渡りをしたということになっている。 狩野永徳が墨絵で雲竜を描いた羽織を着用し、鞭を駒にあてて琵琶湖を渡したというものもある。 騎馬で湖水を渡ったという逸話の初出は『川角太閤記』であるが 、真偽は不明である。 坂本城を敵に囲まれて滅亡が迫る中でも逸話がある。 坂本城に一番乗りしようとした武士に入江長兵衛という者がいた。 秀満は長兵衛と知己があり「入江殿とお見受けする。 この城も我が命も今日限り。 末期の一言として貴殿に聞いてもらいたい」と声をかけた。 長兵衛は「何事であろう」と尋ねると「今、貴殿を鉄砲で撃つのは容易いが、勇士の志に免じてそれはやめよう。 我は若年の時より、戦場に臨むごとに攻めれば一番乗り、退却の時は殿を心とし、武名を揚げることを励みとしてきた。 つまるところ、我が身を犠牲にして、子孫の後々の栄を思っての事だった。 その結果はどうであろう。 天命窮まったのが今日の我である。 生涯、数知れぬ危機を潜り抜け、困難に耐えて、結局はかくの如くである」と述べた。 そして「入江殿も我が身を見るがよい。 貴殿もまた我の如くになるであろう。 武士を辞め、安穏とした一生を送られよ」と述べた(『』)。 秀満は今日の我が身は明日の貴殿の身だと、一番乗りの功名を挙げても武士とは空しいものと言いたかったのである。 そして秀満は話を聞いてくれた餞別として黄金300両の入った革袋を投げ与えた。 秀満の死後、長兵衛は武士を辞め黄金を元手に商人となって財を成したと伝わる。 光秀がを招いて茶会を2度ほど催しているが、その際に饗応役を務めており、文化人としての知識もあったようである(『』)。 佩用していたとされるが、「明智拵」として現在に伝わっている(蔵)。 刀身は無銘であり簡素な拵ながらこの時代の実用の打刀様式を伝える数少ない品として、貴重な歴史資料とされている。 明智秀満を題材とした作品 [ ] 小説• 『』シリーズ() - 明智左馬介が主人公。 明智秀満を演じた人物 [ ]• NHK• 『』 1965• 『』 1973年• 『』1981年• 『』1983年• 『』1989年• 『』1992年• 『』1996年• 『』2006年• 『』2014年• 『』2020年• その他• 『』 2013年、テレビ朝日• 『鬼武者1、鬼武者3』 カプコン、鬼武者シリーズ 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 283. , p. 282. , p. 127. 201, 風間洋「明智光秀関係人名辞典」. 天寧寺所蔵『福知山市史』通史編• , 長谷川弘道「明智光秀の近江・丹波計略」. , p. 280. 252. 253. 254. , p. 213. , p. 214. 『刀剣』〈カラーブックス 175〉、1969年、52-53頁。 参考文献 [ ]• 塙保己一 原編, 太田藤四郎 補編『続群書類従 第20輯 下 合戦部』続群書類従完成会、1958年。 『明智光秀』〈人物叢書〉、1958年。 二木謙一 校注『明智軍記』、1995年。 永井寛『明智光秀』、1999年。 二木謙一編 『明智光秀のすべて』 新人物往来社、1994年。 『川角太閤記』• 『武家事紀』• 『備前老人物語』 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 近代デジタルライブラリー• ホノルル美術館.

次の

ホトトギスの漢字表記は何種類ある?

太閤 山 と 関係 の ある 戦役 は 次 の うち どれ か

北海道 ハマナス 青森 リンゴ 岩手 キリ 宮城 ミヤギノハギ 秋田 フキノトウ 山形 ベニバナ 福島 ネモトシャクナゲ 茨城 バラ 栃木 ヤシオツツジ 群馬 レンゲツツジ 埼玉 サクラソウ 千葉 ナノハナ 東京 ソメイヨシノ 神奈川 ヤマユリ 新潟 チューリップ 富山 チューリップ 石川 クロユリ 福井 スイセン 山梨 フジザクラ 長野 リンドウ 岐阜 レンゲソウ 静岡 ツツジ 愛知 カキツバタ 三重 ハナショウブ 滋賀 シャクナゲ 京都 シダレザクラ 大阪 サクラソウ・ウメ 兵庫 ノジギク 奈良 ナラノヤエザクラ 和歌山 ウメ 鳥取 二十世紀ナシ 島根 ボタン 岡山 モモ 広島 モミジ 山口 ナツミカン 徳島 スダチ 香川 オリーブ 愛媛 ミカン 高知 ヤマモモ 福岡 ウメ 佐賀 クスの花 長崎 ウンゼンツツジ 熊本 リンドウ 大分 ブンゴウメ 宮崎 ハマユウ 鹿児島 ミヤマキリシマ 沖縄 デイゴ Q2.福岡県の鳥は? 正解は、「ウグイス」でした! 公募によって決められたそうですが、選ばれた理由はおそらく 県花が梅だからですよね。 笑 というのも、有名なことわざに、 「梅に鶯(うぐいす)」ってありますよね。 「あの二人はまさに梅に鶯だね!」みたいな言い方もしますが、「梅に鶯」とは、 梅の花が咲く枝にウグイスが止まっている光景が非常に絵になることから生まれた言葉です。 「仲がよくとてもお似合いだね!」とか「2つのものが調和している」とかそんな意味です。 なので、「あの二人はまさに梅に鶯だね!」というのは、「あの2人は本当にお似合いのカップルだね!」という意味になります。 それぐらい梅とウグイスは深い関係にあるわけです。 ちなみに他の選択肢のキジは「岡山県」、メジロは「大分県」、ノグチゲラは「沖縄県」の県鳥です。 福岡県久留米市は、色鮮やかな花をたくさん付けることで知られていますし、海外でも人気のクルメツツジの発祥の地でもあります。 福岡のつつじの名所には、• 香椎花園• 大濠公園• 西公園• 舞鶴公園• 皿山公園• 宮地嶽神社• 鎮国寺• 宗生寺• 福岡市植物園• 油山市民の森• 花畑園芸公園• のこのしまアイランドパーク• 浮岳幸花樹園• 八所宮 などが数多くあり、つつじが県花に選ばれれる理由も納得ですね! ちなみに他の選択肢のくすは「岡山県」、ひのきは「長崎県」、フェニックスは「宮崎県」の県木です。 ちなみに、選択肢にあった「南の風」は長崎県の県民歌です。 いざゆけ若鷹軍団 ちなみに、他の選択肢にあった「いざゆけ若鷹軍団」は、 福岡ソフトバンクホークスの公式球団歌です! 福岡で聞いたことない人はまずいないと思います。 どこに行っても流れてますからね。 それぐらい有名な歌です。 ちなみに僕は、ソフトバンクホークスの選手の顔と名前も一致しないぐらい、野球は全然詳しくないのですが、この曲は聞くだけでテンションあがります。 笑 「あ、バーゲンやってる!」って。 新日本三大夜景に選定されているのは、• 山梨県笛吹川フルーツ公園から望む笛吹市の夜景• 若草山から望む奈良市の夜景• 皿倉山から望む北九州市の夜景 の3つです。 皿倉山は、北九州の人で知らない人はいないぐらい有名な山ですので、福岡県民ならぜひ覚えておいてほしいですね! 英彦山 Wikipedia 引用 Q8.1587年に現代の博多の町の基礎となる「町割り」を行なったのは誰? 正解は「豊臣秀吉」でした! ご存知でしたか? 歴史好きな方なら常識だと思いますが、 意外と知られてないんじゃないですかね。 黒田官兵衛を選んだ方は残念でしたね笑 博多の街を作ったのは豊臣秀吉だった!? 福岡市を地図で見るとよくわかると思いますが、 町が綺麗な碁盤の目状に配置されているんですよね! この街並みを作ったのが、豊臣秀吉の 「太閤町割り」 と呼ばれる区画整理事業なんですよね。 しかも、豊臣秀吉が行った復興事業は、 街並みの整備だけではじゃないんです。 楽市楽座と呼ばれる政策で、商人が自由に商売できるように、 武士から入るのを禁止して、商業活動を保護しました。 これによって、博多の街は急速に復興していき、 日本有数の商業地へと発展してきたわけです。 Q9.大濠公園の大きな池の正体は? 正解は、「福岡城の外堀」でした! 福岡市のほぼ真ん中に位置する「大濠公園」は、福岡の人なら誰しもが一度は訪れたことのある場所の1つではないでしょうか。 この場所は、かつて福岡藩初代藩主・黒田長政が築いた 福岡城の外堀として使われていました。 現在のような湖になる前は、 ボラなどの海の魚もたくさん生息していたそうですね。 明治維新で福岡城が廃城になり堀が徐々に埋め立てられていきました。 その結果、水の循環が滞り、環境悪化が懸念されたため、この大濠を埋め立てる計画もあったのだとか。 他にも、遊園地化計画もあったそうですが、最終的には「大濠を活かそう」と公園にする計画に決まり、1929年(昭和4年)に開園したそうですね!.

次の