ケノン 保湿。 ケノンでシミが「増える」「濃くなる」可能性と8つの対策(シミ画像あり)

ケノンとアトピーと私

ケノン 保湿

光脱毛に対して得体のしれない不安を抱いている方も少なくないでしょう。 ですが、光の種類そのものが原因でシミができるわけではありません。 シミにもいろいろな種類がありますが、よく知られているのが「紫外線によるシミ」です。 「紫外線によるシミ」は肌にあるメラノサイトという細胞から生成されたメラニンによってできるシミです。 しかし、光脱毛(少なくともケノンは)の光には紫外線は含まれていません。 脱毛器のフィルター部分で紫外線を含む有害な波長はカットされているからです。 つまり、光脱毛によるシミは紫外線が原因ではありません。 ケノンによってシミができるとすれば、それはやけどによる色素沈着です。 ケノンは家庭用脱毛器の中ではトップクラスの脱毛効果が見込めます。 ですが、出力が高いゆえに使い方を誤ると、シミが増えたり濃くなることも(まれにですが)あるのです。 気を付けるべきは「やけどによるシミ」というわけです。

次の

ケノンはほくろに使うと危険?対策方法やリスクまとめ

ケノン 保湿

ケノンを使用する際、気になるのは「特殊な状態の肌相手に使用が出来るのかどうか」でしょう。 具体的には「敏感肌」や「アトピー」などの皮膚のトラブルを抱えている人はケノンを使用できるのかどうかですね。 今回はそんなお悩みに答えるべくまとめていきたいと思います。 更に注意書きには「ステロイド剤使用中の人」も脱毛器の使用を禁じられているので、アトピー性皮膚炎の治療のためにステロイド剤を使用している人は更にダメ、ということになってしまいます。 端的に言ってしまえば、敏感肌やアトピーなどの皮膚疾患を抱えている人はケノンを使ってはいけない、という結論になります。 しかし、ユーザーの中にはこれらの注意書きを読まずに使用を行った人もいます。 そして、何の支障もなく使えたというユーザーも確かに存在します。 そこで実際のところ「アトピー、敏感肌の人のケノン使用」について、調べてみました。 ・サポートセンターの回答 実際にサポートセンターへと問い合わせた人によりますと Q. 「アトピー肌なのですが、ケノンを使用できますか?」 A. 「皮膚科の先生に相談してみてください。 」 との回答が返ってきたそうです。 厳密に禁じてはいませんが、特にアトピー性皮膚炎を患っている人は皮膚科の医師に相談し、判断を仰いだ方が良いようですね。 ・パッチテストを行う まずは自分の肌にケノンを使っても大丈夫なのか調べてみましょう。 目立たない部分へケノンの光脱毛を行ってみて、支障がないのかどうかを確かめてみてください。 時間がたっても何の影響も見られない場合は、ケノンでの脱毛を進めてください。 ・照射レベルとショット回数を設定する レベルは1、ショット回数は6回に設定して、出来る限り出力を抑えて照射を行いましょう。 これで何の支障もないなら、照射レベルをちょっとずつ上げたり、ショット回数を徐々に少なくして、脱毛効果を上昇させましょう。 ・照射前、照射後のアイシングはしっかりと 照射前と照射後に行う肌の冷却はかなり念入りに行いましょう。 赤みや腫れを防ぐほか、肌の乾燥や火照りを防いでくれます。 ・保湿ケアは念入りに 照射後の肌は乾燥しやすくなってしまいます。 保湿クリームやボディローションなどを用いて、いつもより念入りな保湿ケアを行いましょう。 ・肌の調子が悪い場所には使用しない 肌に湿疹がある、皮がむけている、カサカサになっているなどの肌トラブルを抱えている場合は、肌のバリア機能が低下しているため、使用を控えてください。 火傷になってしまったり、赤みや痒みが出るなど、アトピーや敏感肌を悪化させてしまう可能性が高くなってしまいます。 ・使用間隔を必ず守る 敏感肌の人やアトピー性皮膚炎の人は肌が弱いため、短い間隔でケノンを使用してしまうと肌の状態を悪化させてしまう可能性があります。 なので、使用後2週間は必ず間隔をあけてください。 ・ステロイド剤の使用を一時中断する ケノン使用前は、ステロイド剤の使用をやめましょう。 ステロイド剤は肌表面の免疫機能の働きを抑えてしまうため、ケノンで肌にダメージを与えてしまうと、肌のトラブルが起きやすくなってしまいます。 更にステロイド剤は光を吸収しやすい性質を持っており、過剰に光を吸収することで火傷の原因にもなりかねません。 また、ステロイド剤の副作用として多毛作用があるため、脱毛効果が実感しにくくなってしまいます。 ケノンの「安全上の注意」にもステロイド剤使用中のケノン使用を禁じる旨が書いてあります。 少なくともケノン使用の直前にはステロイド剤を使用してはいけません。 ・あくまで自己責任で脱毛する ケノンは「敏感肌」や「アトピー性皮膚炎」などの人が光脱毛を行うことを推奨していません。 むしろどちらかというと禁じている方です。 なので、ケノンを使用したことで肌の調子が悪くなった際にはケノンの公式にクレームを入れたりすることはやめましょう。 あくまで自己責任での使用を心がけてください。 ただし、使用に関して公式は推奨していないので、完全に自己責任となってしまうことを留意した上で使用を行うようにしましょう。 万が一それで皮膚トラブルに見舞われたとしても、公式にクレームを入れることはやめた方が良いですし、早急に皮膚科へと相談へ行った方が良いと思われます。 ライター kanさん 20代 女性.

次の

【ケノンの背中のやり方】○○を使って1人で簡単にできる方法を公開

ケノン 保湿

強い=リスクもある 他の脱毛器でブラウンのシルクエキスパートっていうのもあるんだけど、それも10段階に照射レベルが分かれています。 ただ、シルクエキスパートとケノンが違うのは 自動調節か手動かってところ。 シルクエキスパートは自分でレベル調節はできず、肌色を機械が読み取って、最適なレベルで照射します。 ケノンは自分でレベル調節できるけど、その分肌に合っていないレベルで照射する可能性もあるから、弱かったり強かったりする。 安全面や効果において、パワーのあるケノンが、10段階も照射レベルを選べるという点がちょっとひっかかります。 カートリッジの種類が多く、強力なものもある ケノンには5種類のカートリッジがあります。 画像より• スーパープレミアム プレミアム• エクストラ• ラージ• ストロング• 美顔スキンケア 種類があるのはいいんだよ。 気になるのはストロングカートリッジとカートリッジを変えたときのレベルの選択。 ストロングカートリッジは、『ヒゲ・Vライン等頑固な部位におすすめ』されていて、『他のケノンのカートリッジよりも強力』です。 それに、それぞれ最大の照射回数が違ったり、出力に差があったりしてる。 カートリッジの違いを踏まえた上で、照射レベルの選択をできるのかってとこが特に気になるし、怖いなと感じる。 照射レベルをエクストラで10にして使って大丈夫だったからと言って、スーパープレミアムでレベル10で照射したら火傷するかもしれない。 脱毛サロンのスタッフにお手入れしてもらうのと違い、自分で使うとなると、どこまで気をつけられるのか。 脱毛は1回では終わらない。 時間がかかる。 正しく根気よく続けてこそ結果が出る。 これを頭に叩き込んでおこう。 日々の保湿ケアをきちんとする 肌が乾燥していることで、脱毛効果は思ったように出なくなります。 どうして乾燥していてはいけないのか。 肌が保湿されていることでどんなメリットがあるのか。 【肌を保湿することでこんなメリットが】 脱毛効果が高まる 肌の水分量が不足していると、レーザーの熱が毛根にうまく吸収されません。 脱毛効果が薄れるだけでなく、乾燥した肌に熱を照射し続けることで肌トラブルのリスクも高まります。 保湿された肌はレーザーの熱を効率的に毛根に吸収するだけでなく、より強い照射をすることができるため脱毛効果も高まります。 施術時の痛みを軽減できる 肌が保湿されていると、肌のバリア機能が効果的に働きます。 レーザーの熱という外部刺激に対して肌を守る力が作用するため、痛みを軽減することができます。 火傷のリスクを抑えられる 保湿によって肌のバリア機能が正常に働くことで、熱による刺激にも強い肌をつくることができます。 レーザー脱毛は高い出力の熱を毛根に照射することで脱毛を実現しているため、火傷のリスクが伴います。 しかし、保湿することで肌へのダメージを和らげることができ、火傷や肌への炎症リスクを抑えることにつながります。 より ね。 医療脱毛でもサロン脱毛でも保湿はすすめられているし、ミュゼで脱毛したら、スタッフさんは必ず仕上げに保湿してくれます。 特に、ケノンで照射するときのパワーを強くすればするほど、保湿は必須。 肌ダメージはパワーが強いほど大きいです。 そして、いつもならボディクリームやボディミルクでもいいんだけど、ケノン使用後当日は、油分の少ないものを使おう。 脱毛は毛穴の中の毛根に作用するので、油分が多い保湿剤だと油分が毛穴につまり、効果が薄まってしまう可能性があります。 なので、保湿剤を使い分けながら脱毛していきましょう。 どうやって冷やすのか? Q. 冷やすのは一回ですか? A. いいえ違います。 一発一発の照射毎に、つど前後冷却を行ってください。 また、広い範囲をまとめて冷却してから、連続照射していっぺんに終わらせようとしないでください。 数秒間を置くだけで、体温により冷却効果は失われてしまいます。 打ってから冷やすんですか? A. いいえ違います。 保冷剤で照射する部位を先に冷却してください。 約10秒前後充分に冷却し、間を置かずすぐに照射を行ってください。 )照射後も同様に、約10秒前後冷却してください。 付属の保冷剤はなぜ必要なのですか? A. 本製品は肌への刺激を最小限に抑えていますが、ご利用いただく際には肌をいたわる必要があります。 光を照射する前後に、保冷剤などでしっかりと肌を冷却しながら行ってください。 冷却が足りない場合や冷却方法を誤ると、刺激を感じたり、肌へのダメージが生じる可能性がありますのでご注意ください。 より なので冷却が不十分だったり、面倒でやらなかったりすることで、火傷などの肌トラブルにつながる可能性がぐんと上がります。 公式で冷却時間は10秒前後となっているので、10秒前後冷やします。 照射する際は正しい使い方をしよう。 結果を急ぎすぎない 評価が高く、口コミが多いからと言って、すぐに効果が出るものだと期待すること 脱毛の中でも、一番効果が早く現れやすいと言われている医療脱毛でも、1回で毛が全部なくなったりしません。 脱毛サロンや医療脱毛で使っているような、業務用脱毛器は1000W以上の電力を使います。 ケノンをレベル10で使ったからといって、すぐに毛が生えなくなったりしません。 そして結果を急ぎすぎるあまり、 しっかり光があたった方が効きそうだから、肌に押し付けて照射した方がいいよね など、間違った使い方に走ってしまい、結果、火傷などの肌トラブルを起こすことがあります。 レベル10で毛をなくす!って思っても、そのレベル10は肌にも作用します。 剛毛だからレベル10じゃなくて、照射レベルは肌の色で決めます。 照射レベル=NOT毛の濃さ• 照射レベル=YES肌の色 脱毛脱毛って思ってたら毛の方に目が行きがちだけど、 照射レベルって肌の色のことなんで要注意です! どうしてもレベル10で使いたい場合は、 必ず足なら足の1か所 1照射 だけあてて、翌日まで様子を見てから使いましょう。 ムダ毛がなくなっても、火傷であざになってしまった足は望んでいなかったはずですからね。 もしケノンで火傷してしまったら? ひどい場合は病院に行ってください。 「この程度でも行った方がいいのかな?」 と迷ったら医療機関を受診しましょう。 火傷の対策については を参考にしてください。

次の