いちご 飴 の 作り方 簡単。 いちご飴の作り方でパリパリにするには?固まらないなど失敗しないコツは?

【失敗しない】いちご飴の作り方。簡単レシピ

いちご 飴 の 作り方 簡単

いちご飴作り方をご紹介!SNSで人気のスイーツ 今、SNSでは、韓国の屋台風の 「いちご飴」が大流行中! いちご飴とは、簡単に言うと、昔ながらのりんご飴のりんごをイチゴで作ったもののことです。 また、その一方、自分で作るいちご飴も流行っていて、インスタグラムやYouTubeなどでは、作り方もたくさん紹介されています。 今回は、そんないちご飴の作り方を解説しています。 下記は、鍋で作る場合にあると便利な「料理用のデジタル温度計」ですので、あわせてチェックしてくださいね。 ・いちご飴のレシピ• いちごは洗って、水気を取っておく。 いちごのヘタを取り、竹串に刺す。 鍋に砂糖と水を入れ、中火にかける。 沸騰してきたら、弱火にする。 150~160度程度まで加熱し、薄い黄色になるまで煮詰める。 火からおろし、いちごにまんべんなく絡めていく。 クッキングシートを敷いたバットや皿に置く。 そのまま常温で冷やし固めれば、出来上がり! いちごは、3個~5個程度つなげて刺すと、屋台やお店のものみたいで、可愛く作れます。 あっという間に完成するので、とても楽しいですよ。 ・いちご飴のレシピ(電子レンジを使う場合)• いちごは洗って、水気を取っておく。 いちごのヘタを取り、竹串に指す。 マグカップに砂糖・水を入れて混ぜる。 電子レンジで加熱(500Wで約8分)し、薄い黄色になったら取り出す。 竹串に刺しておいたいちごをマグカップに入れて、飴を絡ませる。 クッキングシートを敷いたバットや皿に置く。 固めるまで常温で冷やせば、出来上がり! 電子レンジから出した後は、すぐに固まってきてしまうので、スピーディに作るのがポイントです。 深めのマグカップを使うと、飴を絡ませやすいですよ。 いちご飴の作り方:砂糖と水は4:1がポイント いちご飴をうまく作るポイントは、 砂糖4:水1という割合を、必ず守ることです。 この分量を間違えると、砂糖がしっかりと固まらずに失敗してしまいます。 全体の量があまり少ないと作りにくいので、 砂糖200g:水50㏄もしくは、砂糖400g:水100㏄がおすすめです。 いちごを1パック使う場合、砂糖200gで、十分な量ですよ。 ちなみに、計量カップがない場合は、大さじを使って測ってくださいね。 また、砂糖は上白糖ではなく、グラニュー糖が1番作りやすいです。 屋台のいちご飴のように色を付けたい場合は、鍋やレンジで加熱する際に、食紅を少々入れてください。 いちご飴の作り方で失敗する原因とは? 砂糖と水の割合以外にも、いちご飴を作る際に失敗する(固まらない)原因として考えられることは、いくつかあります。

次の

【失敗しない】いちご飴の作り方。簡単レシピ

いちご 飴 の 作り方 簡単

もくじ• まず、いちごを洗ったあと、しっかり水気を取り、竹串を刺します。 次に、鍋に水、砂糖、はちみつをよく混ぜてから強火で熱し、沸騰したらコンロから下げておきましょう。 そして、その鍋をかたむけ、いちごの串を回しながら蜜につけていきます。 最後に、クッキングシートの上に5分ほど置いておくと、固まって完成です。 何故固まらないのでしょうか。 原因としては、いちごの水分がきちんと取りきれてないこと、水飴をしっかり煮詰めれてないこと、水飴の温度が低いことがあげられます。 まず、いちごの水分が残ったままだと、水飴がきちんと絡まらず、いつまでたっても水飴状態でパリパリに固まりません。 この対策としては、はじめにいちごの水分をしっかりと拭き取っておくことが重要になります。 くれぐれもいちごをつぶしてしまわないように、優しくですがしっかり水分を拭き取るようにしましょう。 次に、水飴を煮詰めるときは、なるべく触らず、弱火~中火でじっくり煮詰めることがポイントとなります。 混ぜすぎると温度も下がり、ツヤのない水飴になってしまいますので、フツフツと沸騰するまでじっくり煮詰めましょう。 およそ10分に詰める、これが目安です。 最後に、水飴の温度が低すぎると、水飴は固まらないので、目安としては150~160度の温度で温めるようにしましょう。 失敗しないようにするには、どうすればいいのでしょうか。 まず、水飴が固まらない問題については、先ほど紹介したように、いちごの水分をしっかり拭き取ること、じっくり水飴を煮詰めること、煮詰めるときは低温ではなく150~160度で煮詰めること、これらに気を付けておけばクリアできるでしょう。 次に、砂糖を煮詰めたにも関わらず、食べてみるとじゃりじゃりした食感が残ってしまうのは、煮詰めているときに混ぜる回数が多いことが問題なので、あまり混ぜすぎず、鍋の中はあまり触りすぎずに煮詰めることが大事です。 ポイントとしては、煮詰めている間にほんのり飴色になるくらい煮詰めること! そして混ぜすぎないこと! これであまり失敗しなくなるでしょう^^ いちご飴の作り方で、コツを伝授! いちご飴を上手に作るためのコツを伝授したいと思います! それは、先ほどから散々申してまいりましたが、いちごの水分をしっかり取ること、そして鍋で水飴を煮詰めているときはあまり触らずかき混ぜないこと! これらは本当に重要なコツとなります。 また、いちごのヘタを取っておくこと、これもコツのひとつです。 これでいちご飴が食べやすくなります。 それと、竹串を使用するのもひとつのポイントです。 つまようじだと、水飴をつけるときにヤケドしてしまうこともあり、竹串の方が安全性が高いと言えます。 さらに、食べやすさも竹串の方が食べやすいと思いますよ。 しっかり水分を取って、ヘタも取り除いておきましょう。 次に、耐熱容器に砂糖50g、水大さじ1を混ぜて入れ、ラップをせずに500wの電子レンジで3~4分加熱します。 加熱が終わったら、その水飴にいちごを絡め、アルミホイルを敷いたお皿に並べ乾かします。 冷え固まったらいちご飴の完成です。 ご自宅でも気軽にできる方法なので、試してみてくださいね! 皆様の参考になれば幸いです^^.

次の

いちご飴の作り方でパリパリにするには?固まらないなど失敗しないコツは?

いちご 飴 の 作り方 簡単

お祭りなどの屋台で売っているいちご飴やりんご飴。 ツヤツヤに、キラキラ…写真映えするフルーツ飴を自宅で作り、SNSに写真を投稿する人が急増中。 ということで、フルーツ飴を販売している「MR. MASH ミスターマッシュ 」を取材した。 今回は、おうち時間にもぴったり!フルーツ飴の作り方をご紹介。 MASHのりんご飴「APPLE CANDY」は、独自のデザインもあって、屋台で売っているりんご飴とは違った印象を受ける。 MASH・小泉むつみさん: しずくをイメージして、見てかわいいりんご飴を作っています。 みなさんいろいろなところで写真を撮って楽しんでくれています お客さんの目の前で作ってくれるパフォーマンスが人気のこの店。 りんご飴の他にも、これまでの概念を覆す、スゴい いちご飴も販売。 5月までは、綿菓子の中に包まれているようないちご飴の販売も行っていた。 進化したフルーツ飴で笑顔を届ける「MR. MASH」が、おうちで楽しめる「いちご飴の作り方」を伝授。 用意する材料は、グラニュー糖(いちご1個に対し大さじ2杯)、お湯(適量)、水あめ(適量)、いちご(大きめのほうが作りやすい)、竹串 フルーツは事前によく冷やしておく MR. MASH・小泉むつみさん: 飴を作る前にフルーツをよく冷やしておいてください。 ぬるいままだとフルーツ自体が柔らかくなっちゃっているので。 冷やしてキュッとしてあげた方が串も抜けにくいですし、おいしく仕上がります 作り方もシンプル。 まずはグラニュー糖とお湯を鍋に入れ、強火で温めていく。 量の目安は、いちご1個に対しグラニュー糖大さじ2、お湯は鍋に入れたグラニュー糖全体がしっとりする程度。 フォークと卵焼きフライパンで効率よく 続いては、水あめを入れる。 MASH・小泉むつみさん: フォーク全体に絡みつく程度。 ただあんまりにも入れ過ぎてしまうとベタベタになってしまう ーーなんでフォークを使ったんですか? MASH・小泉むつみさん: スプーンですと、中々固まって溶けにくいんですが、フォークだと間があるので溶けやすい そして、使っている鍋にもポイントが… MR. MASH・小泉むつみさん: たまご焼きの鍋なんです。 大きすぎると飴をいくら作っても広がってしまうので、これくらいのたまご焼きの鍋。 お掃除も簡単なテフロン製の鍋が、端にも寄せやすくて、作りやすいと思います そして、結晶化しないよう、混ぜずに軽く揺らしながら水分を飛ばしていく。 ーー水あめとして使える目安は? MASH・小泉むつみさん: このまま置いておいていただくと、黄色からきつね色くらいに変わっていく、そこが火の止めどころです 色が変わり、飴の香りが立って来たら火を止め、フルーツをつけていく。 その時、飴は大変熱くなっているのでやけどに注意。 子どもと作る際は軍手を使うと安心。 MASH・小泉むつみさん: 端の方に飴を全部集めたらクルッと一周 あっという間に完成。 調理する部屋の温度を低くしていれば、すぐに固まる。 外はパリパリ、中はジューシー 仙台放送・梅島三環子アナウンサー: 簡単にできましたけど、ツヤツヤ、ピカピカできれいですね!コロンとしていて愛らしいですよね。 いただきます。 おいしい!パリパリの飴と、中のいちごのジューシーさがよく合いますね。 初めて作りましたが、簡単で材料も複雑じゃないですよね MR. MASH・小泉むつみさん: やけどだけ気をつけて、おうち時間を楽しんでいただければと思います いちごのほかには、ぶどうなどもオススメ。 一本の串に連ねて刺す際は均等に飴がつくよう、なるべく隙間や段差を付けないのがポイント。 生活の変化で注目を集めるフルーツ飴。 ぜひ皆さんも楽しんでみてはいかがでしょう。 (仙台放送).

次の