アイラブ歌詞髭男意味。 たかがアイラブユー 歌詞 Official髭男dism ※ cclab.collaborativeconsumption.com

たかがアイラブユー

アイラブ歌詞髭男意味

Contents• 『恋はつづくよどこまでも』の主題歌はOfficial髭男dism ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の主題歌はOfficial髭男dismの 『 I LOVE…』です。 ヒ髭ダンのI LOVE…って恋つづのために書き下ろしたらしい。 それ知ってから歌詞に注目して聴いたら感動し過ぎて髭ダンもLOVEになった。 tenparimusume 『恋はつづくよどこまでも』のストーリー紹介 ドラマ『恋はつづくよどこまでの』は、 佐藤健さん演じる天堂先生。 そして天堂先生に一目惚れをしたことをきっかけにナースとなった、 上白石萌音さん演じる七瀬とのラブストーリー。 天堂先生は、容姿も仕事の腕もピカイチで周りの誰からも一目置かれるエリート医師です。 患者に対しては真摯に向き合いますが、完璧主義者で仕事ぶりは冷徹なまでに完璧。 一方対照的な七瀬は、勇敢に恋に立ち向かい、無謀ながら天堂先生に想いを伝えつづけ 「勇者」と言われています。 魔王と勇者のラブコメディとなっているドラマです。 主題歌のI Love…の歌詞が天堂先生とリンクしていると話題 主題歌の『I Love…』の歌詞が 天堂先生の心情とリンクしていると話題です。 「I Love なんて 言いかけてはやめて I Love I Love 何度も」の歌詞を天堂先生の気持ちとシンクロさせると胸がいっぱいになる。 それが次回、ついに七瀬ちゃんに伝えられるのであればそれはもう号泣回確定だ。。。 七瀬から『わたしが先生を笑わせます』と言われた時の天堂先生の表情。 七瀬に心動かされてるのが分かりますよね。 そして七瀬にキスしたくなるような仕草もありました。 嫉妬、寂しさ、そして愛する気持ち・・・。 そして、光を与えてくれた七瀬に好きという気持ちを贈りたい。

次の

Official髭男dism「I LOVE…」は誰かを愛する素晴らしさを教えてくれる名曲

アイラブ歌詞髭男意味

楽曲の基本情報 今回紹介していく 「I LOVE…」は、人気沸騰中の国内バンド、Official髭男dismのシングル曲。 また同楽曲は上白石萌音と佐藤健が共演するTBSドラマ 「恋はつづくよどこまでも」主題歌の表題曲であり、そのために書き下ろされたナンバーになります。 つまり楽曲に込められたメッセージを真に読み取っていくためには、大まかな ドラマの理解が必須なのですが、、、これに関してはOfficial髭男dismさん本人がコメントを残しています。 それが以下。 今回、「I LOVE…」という曲を作りました。 リスナーの皆さんにとっての大切な存在を思い浮かべながら聞いていただけたらうれしいです。 この前情報だけで、楽曲の雰囲気に共通する愛の深さが伝わってくる。 MVでも世界中に存在するたくさんの愛の形が描かれていましたね。 髭男が綴る 「広義的な愛 LOVE 」はどのように表現されているのでしょうか。 さっそく楽曲考察に移っていきましょう。 楽曲名「I LOVE…」とは まずは楽曲タイトルについて 「I LOVE」とはシンプルに和訳すると 私は愛している。 という意味になります。 楽曲タイトルとしての「I LOVE」も間違いなく上記の意味であるのですが、語尾に敢えて付けられた 「…」が奥ゆかしさを感じさせますね。 愛ひいては感謝の歌。 藤原さんはそれをどのように言語化したのでしょうか。 スポンサーリンク 歌詞 僕が見つめる景色のその中に 君が入ってから 変わり果てた世界は いつも卒なくこなした日々の真ん中 不思議な引力に逆らえず崩れてく I Love なんて 言いかけてはやめて I Love I Love 何度も 高まる愛の中 変わる心情の中 燦然と輝く姿は まるで水槽の中に飛び込んで溶けた絵の具みたいな イレギュラー 独りじゃ何ひとつ気付けなかっただろう こんなに鮮やかな色彩に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I Love その続きを贈らせて 見えない物を見て笑う君の事を 分かれない僕が居る 美しすぎて目が眩んでしまう 今も劣等感に縛られて生きている I Love I Love 不恰好な結び目 I Love I Love 手探りで見つけて I Love Your Love 解いて 絡まって 僕は繰り返してる 何度も レプリカばかりが飾られた銀河 カーテンで作られた暗闇 嘆く人も居ない 鼠色の街の中で I Love その証を抱き締めて 喜びも悲しみも句読点のない想いも 完全に分かち合うより 曖昧に悩みながらも 認め合えたなら 重なる愛の中 濁った感情の中 瞬きの僅かその合間に 君がくれたプレゼントはこの やけに優しい世界だ イレギュラー 独りじゃ何ひとつ気付けなかっただろう こんなに大切な光に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I Love その続きを贈らせて 受け取り合う僕ら 名前もない夜が更けていく 作詞作曲:藤原聡 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 僕が見つめる景色のその中に 君が入ってから 変わり果てた世界は いつも卒なくこなした日々の真ん中 不思議な引力に逆らえず崩れてく I Love なんて 言いかけてはやめて I Love I Love 何度も まず前提として、冒頭文でも述べたように 親から子供に向けての愛 という視点を軸にして歌詞の考察を進めていきます。 生きている景色に君が入ってきた瞬間、つまりは君がこの世に生まれてきてくれた瞬間、僕の世界は一変する。 1番では 僕から見た君の輝き が強く強調されて描かれており、自分を変えてしまうほどの影響力を持つ存在の大きさ、ひいては 出会えたことの喜びがこれでもかと言うくらい凝縮されています。 不思議な引力で君へ吸い込まれる僕は、いつも君のことばかり考えている。 それくらい君に対する愛は絶対的なもの。 これから展開されていく歌詞はさらに愛に溢れています。 歌詞を追っていきましょう。 サビ1 高まる愛の中 変わる心情の中 燦然と輝く姿は まるで水槽の中に飛び込んで溶けた絵の具みたいな イレギュラー 藤原さんは楽曲について 「人生を彩る全ての大切な存在へ」とコメントを残していましたが、まさに 「彩る」という言葉通りに色彩的な表現で心情の表現がなされています。 特に秀逸的なのは 水槽の中に飛び込んで溶けた絵の具 という歌詞表現であると個人的に思っており、本来「透明」であった水の中に「色鮮やかなインク」が混じった。 インクが滲んだようなジャケット写真の伏線回収ですね。 こんなにも燦然 キラキラした 存在がいるなんて、僕にとっては本当にイレギュラー。 予測の範疇を超えた愛おしさは、まさに人生の例外。 独りじゃ何ひとつ気付けなかっただろう こんなに鮮やかな色彩に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I Love その続きを贈らせて ここの歌詞に関しては• 子供に対する愛情• パートナーに対する感謝 のどちらに当てはめても筋が通る、とにかく感謝と愛情に溢れた内容だなと感じました。 君にとっては普通のことかも知れない。 だが僕にとっては君の存在が、ひいては当たり前に一緒にいてくれる家族の存在が心から嬉しいものなのだ。 なんせ家族は人生に色を与えてくれた特別な存在なのだから。 ここでふと感じたことが1つ。 それは藤原さんが綴る色彩的な愛情表現ってとても素敵だなと。 というのは別楽曲でも 素敵な解釈ですね! ただ2番は僕は違う解釈でした。 もっと切なさを感じてるのかなと。 自分が見えなくなってしまった世界を感じれられる子供に対し、眩しいくらいの純粋さを感じ、それが分からない自分自身に劣等感を感じている。 なんとか君の世界観に近づきたくて君との間にある結び目を見つけて解いては絡まる、そんな事を繰り返してる。 大人たちが作ったレプリカだらけの世界、人工的に作られた暗闇、まるで白黒みたいな無機質な世界かもしれないけど、自分があなたを愛してることが生の証なのだとかんじて、あなたを抱きしめる。 という理解でした、その方がラスサビにつながるかなと。 とにもかくにも想像力かきたてるいい歌詞ですよね! 素敵な解釈ですね! いろんな解釈ができそうです。 僕は大前提としてなぜI LOVE YOUとはっきり言えないのか、と言う疑問が残ります。 子が親に対してI LOVE YOUとはっきり言えないなんてことはないと思います。 僕はプリテンダーで言われるのと同じく不倫の歌だと思ってます。 もしくは教師や生徒など世間的に歓迎されないような関係。 はっきりI LOVE YOUと言ってしまえない苦悩があると感じます。 どう言う関係なのか、不格好な結び目を解いて、絡まって、、、 逆に名前のある夜は誰と過ごしているのだろうとか考えます。 このI LOVE…とプリテンダー、イエスタデイも不倫の歌だと思ってます。 藤原さんは法の前に人として愛してしまうことと現実の世界での狭間の心情を歌っているからヒットするのだと思います。 今世間からめちゃくちゃ叩かれる不倫ですが、それを含めながら楽曲に乗せてヒットさせ、国民的歌番組である紅白で歌ってしまう藤原さんはさながらバンクシー的な天才感を感じます。 雑誌などのパブリックコメントも仕掛けの様な気がしてなりません。 ちなみに不倫は当事者同士の問題で肯定も否定もしませんが、反倫理的行為であって、反社会的行為とは言わないかと。

次の

たかがアイラブユー 歌詞 Official髭男dism ※ cclab.collaborativeconsumption.com

アイラブ歌詞髭男意味

「愛してる」またはそれ準じた言葉の類いを投げ合ってきたけど 想いの密度とか意味合いからは目をそむけてきた 僕の愛は君にはどんな風に届いたんだ?お気に召したかな? って考え出したらとても不安になってしまうよ それでもつないだありきたりな言葉の先には あり得ないと思っていた奇跡があった たかがアイラブユー ラブユー 常套句のNEED YOU NEED YOU それでも僕ら相も変わらず愛を叫ぶ たかがアイラブユー ラブユー 聞き飽きたNEED YOU NEED YOU お互いのI アイ が首をもたげあって生まれていく どうしても分かり合えない愛のトラブルを怖がってきたけど 流れるニュースの大半は愛なき往復ビンタ だから手をつないで喧嘩をしよう最高の妥協点で会おう 卒業アルバムみたいにいつか笑えるように 傷跡隠した意地やプライドのメイク落としたら あり得ないほどハッピーな世界になった たかがアイラブユー ラブユー 常套句のNEED YOU NEED YOU 言葉にいつも いつも必ず愛を混ぜる たかがアイラブユー ラブユー 聞き飽きたNEED YOU NEED YOU お互いの哀を愛で照らしあって歩いていく サイケデリックでやっぱり怖くて でも 相容れなくたってwith LOVE あり得ないと思っていた奇跡があった たかがアイラブユー ラブユー されどアイラブユー 常套句のNEED YOU NEED YOU だけどI NEED YOU それでも僕ら相も変わらず愛を叫ぶ たかがアイラブユー ラブユー されどアイラブユー 聞き飽きたNEED YOU NEED YOU だけどI NEED YOU お互いのI アイ が首をもたげあって 生まれていく されどアイラブユー だけどI NEED YOU たかがアイラブユー 聞き飽きたNEED YOU されどアイラブユー だけどI NEED YOU 「たかがアイラブユー」と言うタイトルにはどんな意味があるのでしょうか。 「たかが」というのは、それほどのものじゃない、と言って重要に考えない様を表す言葉。 アイラブユー=私はあなたを愛しています。 という言葉は人々にとって最高の言葉だと思うのですが、私たちはこの言葉を耳にしすぎて、大して感動したりしません。 そんな風に思われるようになってしまった様を「たかが」と言っているのだと思います。 アイラブユーって言ったくらいで、僕の愛情は伝わりっこない、そう思ってしまうのも仕方ないかもしれません。 愛を伝えることの難しさに、少し諦めのようなものも感じられますが、主人公は彼女に愛を伝えることができたのでしょうか? 解釈 いろんな言葉を使って、愛してることを伝えてきた。 言葉で言うのは簡単で、どこかそれに甘えてしまっている自分がいる。 言えば言うほど、言葉の意味が軽くなっていって、ちゃんと伝わってないかもしれない。 「それに準じた言葉」とは、愛してるの他に、大好き、大切に思ってる、ずっと一緒にいようなどでしょうか。 どの言葉も、愛してることを伝えようとする言葉ですが、人間は悲しい生き物で、「愛してる」と言えば言うほど言葉の重みを感じなくなっていきます。 初めて言われた「愛してる」と、毎日言われ続ける100回目の「愛してる」とでは、どうしても後者の方が感動は少なくなるような気もします。 よく考えてみれば、100回目の「愛してる」の方が素晴らしい事のはずなのに。 1回言うだけじゃ足りないし、言い過ぎても慣れてしまって伝わらない。 だから主人公は「それに準じた言葉の類」も使ってきました。 そして、言葉だけではダメで、伝える事の難しさから目をそむけてきました。 主人公が彼女に向けて放った言葉は、どんな風に彼女の中に届いていたのだろう。 言葉がありきたりすぎて、その想いの深さには気づけていないかもしれない。 そんな風に主人公は不安を感じているのです。 それでもつないだありきたりな言葉の先には あり得ないと思っていた奇跡があった 解釈 愛が憎しみに変わることを恐れていたけど、ニュースで出てくる事件は、押し付けるような一方的なもの。 相手を尊重する気持ちがあれば折り合いをつけられる。 喧嘩して仲直りして、何年か後には笑えるはず。 主人公が恐れている「分かり合えない愛のトラブル」とは、愛してるが故の憎しみのようなものではないでしょうか。 愛してることをわかって欲しい、自分と同じ分だけ愛して欲しい、それを相手に押し付ける形になってしまうと、気持ちはすれ違っていきます。 愛してる人と一緒に死のうとする人、嫉妬して誰かを恨む人。 それが事件にまで発展し、男女関係のもつれなどと言ってニュースで流れる。 愛することが人をそうさせてしまうのはとても悲しいし、怖いことでもあります。 でも主人公はそれが「往復ビンタ」のように一方的なもので、本当の愛では無いということに気づきました。 喧嘩は、それぞれの意見が対立してぶつかり合うことですが、手をつなぐように相手を思いやりつつ、本音を言おうと言っています。 そうすればお互いが納得できる結論に達することができるはずです。 「妥協」という言葉はあまりいいイメージはありませんが、いくら好き同士でも、違う人間が一緒に過ごしていくわけだから、意見が合わない事は絶対にあります。 それを「最高の妥協点で会おう」と言って、努力する姿勢を見せる主人公は、とても頼もしいと思います。 傷跡隠した 意地やプライドのメイク落としたら あり得ないほどハッピーな世界になった 解釈 全部さらけ出して素直になったら、楽園にいるような、幸せを感じた。 好きな人には、自分の悪いところや弱いところは見せたくないですよね。 幻滅されるんじゃないかとか、冷めるんじゃないかとか不安になるから当然です。 でもそれは自分を取り繕うことで、どんどん疲れてしまうし、それをさらけ出そうとしても恐怖でなかなか勇気が出ません。 主人公はそんな意地やプライドを拭い取って、彼女に本来の自分をさらけ出しました。 そして彼女がそれを受け入れてくれたことで、思ってもいないほど自由になれたのでしょう。 好きな相手に対し素直でいられる事で、傷も癒されるような気持ちになったのだと思います。 たかがアイラブユー ラブユー 常套句のNEED YOU NEED YOU 言葉にいつも いつも必ず愛を混ぜる たかがアイラブユー ラブユー 聞き飽きたNEED YOU NEED YOU お互いの哀を愛で照らしあって歩いていく 解釈 好きすぎて、自分の気持ちがコントロールできなくなりそうで怖い。 その気持ちは、彼女にはわかってもらえないかもしれないけど、構わず愛を注ぐ。 そうやって信じて伝えていれば奇跡は起こる。 「サイケデリック」とは、幻覚剤によってもたらされる心理的感覚や、様々な幻覚などのこと。 つまり主人公は彼女にひどく夢中になっているということなのでしょう。 そのせいで自分の心が壊れるんじゃないかと怖いのだと思います。 その恐怖は彼女にはわかってもらえず、自分一人で抱えていくとしても、負けずに彼女に愛情を注いでいくと言っているのです。 そうやって健気に愛を伝え続けていれば、いつか必ず彼女にも本気の愛が伝わる。 そんな奇跡が起きたのでしょう。 たかがアイラブユー ラブユー(されどアイラブユー) 常套句のNEED YOU NEED YOU(だけどI NEED YOU) それでも僕ら相も変わらず愛を叫ぶ たかがアイラブユー ラブユー(されどアイラブユー) 聞き飽きたNEED YOU NEED YOU(だけどI NEED YOU) お互いのI(アイ)が首をもたげあって生まれていく (されどアイラブユー だけどI NEED YOU) たかがアイラブユー 聞き飽きたNEED YOU (されどアイラブユー だけどI NEED YOU) 解釈 ありきたりな言葉に、深い愛情が込められている。 僕には君しかいない。 最後の部分で、アイラブユーが「たかが」と「されど」で歌われています。 「愛してる」って言葉はありきたりすぎて、何も感じなくなったりする言葉だけど、言い続けていれば、本当の意味が伝わる。 だから「されどアイラブユー」なのだと思います。 「NEED YOU」についても、誰もが使う決まり文句だけど、そこに愛(I)が着くと、その二人だけの言葉になります。 そして、「僕には君が必要だ」と言う、唯一無二の彼女への愛が伝わるのではないかと思います。 まとめ 言葉の重みを考えさせられる歌詞でした。 言葉というのは不思議で、場所やタイミング、言う人、受け止める人によって、同じ言葉でも伝わり方が全然違ったりします。 だからこそ、「愛してる」という素敵な言葉も、軽んじてしまったりするんですよね。 それでも本来の意味が伝わることを信じて言い続けるってかっこいいと思いました。

次の