いただけ ます と 幸い です。 「気に入っていただけて」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

「楽しんでください」を敬語で伝える際の正しい使い方

いただけ ます と 幸い です

いざ使うという場面で迷わないように、正しい意味をきちんと知っておくことが大切です。 いただきます 頂きます の意味 「いただきます」は、「もらう」の謙譲語+ますとなり、「もらいます」を丁寧な敬語表現にしたものです。 「〇〇いただきますようお願いいたします」のように使用し、へりくだってお願いするような場面で使われます。 「〇〇して欲しい」の丁寧な言い方というイメージです。 いただけます 頂けます の意味 「いただけます」は、「いただけ/ます」と分割することができます。 上記と同様に「もらう」の謙譲語「いただく」と、可能形「〜できる」の「〜ける・れる」が付いた形で「いただけ」となり、さらにプラスして「ます」という文になります。 「〇〇いただけますか?」のように使用し、「〇〇できるならして欲しい」の丁寧な言い方というイメージです。 「いただけます」がより丁寧 それぞれの意味からもわかるように、どちらも丁寧な表現であり、お客様や目上の方に向けた言葉として適切です。 微妙なニュアンスの違いですが、「いただけます」の方が「可能ならばお願いしたい」という意味のため、「いただきます」よりも、よりへりくだった表現であるといえます。 日常的に使用されている言葉ですが、ちょっとしたニュアンスの違いによって、受け取る側の印象が変わってくることもありますので、気を付けて使用するようにしましょう。 「メールをご確認いただけますか」 「メールを確認して頂くことは可能ですか」というお願いしたい時に使われる表現です。 ここでは「いただけます」を使っていますが、「いただきます」を使った場合は、「メールを確認していただきますようお願い致します」のように使用し、「いただきますよう~」という表現を使うことが多いです。 「お水を一杯いただけますか」 「お水を一杯もらうことは可能ですか」という意味で、上記の例文同様お願いしたい時に、より丁寧に柔らかい印象を与える表現です。 「いただきます」を使う場合、問いかけの文となりますので、「お水を一杯いただきたいのですが、よろしいですか?」のように使用します。 「書類の内容をご確認いただけますか」 「書類の内容を確認してもらうことは可能ですか」という意味で使われています。 「出来たらお願いしたい」という気持ちが表現されていて、とても柔らかで丁寧な文です。 「いただきます」を使った場合「書類の内容をご確認していただきますようお願いいたします」のようになります。 間違った使い方 接客や電話応対などで、よく耳にする言葉でも、敬語の使い方として間違っている場合があります。 間違っているのに使ってしまいがちな言葉の例文と、間違いの理由、言い換えについて例文を交えて見ていきます。 「〜いただけますでしょうか」 「いただく」と「でしょうか」に分解できます。 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 「〜でしょうか」は「です」の疑問形です。 謙譲語+丁寧語の組み合わせは二重敬語と呼ばれており、日本語としては誤りです。 周りくどい表現のためできるだけ避けるのが無難です。 「〜いただけますかが正しい」 上記の「~いただけますでしょうか」を正しい文に言い換えると「~いただけますか」となります。 例文として「ご確認していただけますか」、「〇〇を一ついただけますか」のように「もらう」の謙譲語「いただく」を使い、語尾を「~ますか」にして疑問文にしています。 いただけますかの類義語 「いただけますか」の類義語にはどのようなものがあるでしょうか。 ここでは特に使用頻度の高い「くださいます」と「よろしかったでしょうか」について解説します。 なんとなく敬語を使うのではなく、意味や正しい使い方知っておくことが大切です。 「くださいます」 「くださる」は「与える」の尊敬語で、語尾を変化させて「くださいます」となります。 目上の方がしたことについて敬語で表現するときに使います。 「部長が〇〇をくださいました」「部長が〇〇をくださった」のように使います。 「よろしかったでしょうか」 「よろしいでしょうか」の方が正しい言い方であるとされていますが、過去にあった事柄について再確認する場合に使う言葉として誤りではありません。 レストランなどで、注文したメニューを再確認するような際には、現在の事実についての再確認となりますので「よろしかったでしょうか」ではなく「よろしいでしょうか」を使います。 まとめ 「いただけます」、「いただきます」について詳しく見てきました。 ちょっとしたニュアンスの違いで相手に与える印象が変わってくるということを認識することが大切です。 相手を敬う気持ちが強すぎて二重敬語になってしまわないように、敬語の意味と使い方を意識して使うようにしましょう。

次の

「気に入っていただけて」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

いただけ ます と 幸い です

わたしも6の回答されてる方と同様の意見です。 この先輩が日本語を理解していない理不尽な男とされていては黙ってるわけには行きません。 この場合、考慮するのは、 1 当事者間の距離感と 2 内容にあると思います。 1 については、職場の先輩と新入社員。 外部ではありません。 2 は、おそらく仕事上の質問。 社外宛であれば、回答するかしないかを相手に委ね、へりくだったニュアンスを伝えるのには、幸いですとは便利な言葉なんでしょう。 私も使います。 ただし、注意したいのは、親しい関係になればこの他人行儀ともとれる、また、もっと親しい関係と思ってもらっている相手に対してこちらから距離を作ることにもなりかねません。 今回質問された方は回答もらえないと困るわけですよね? 先輩からしたら、答えなくてもいいのか?自分は親しいつもりだがそんな距離感なのか?しかも社内。 みたいなかんじだったかもしれませんね。 激怒されたとありますが、それは大げさでしょう。 ビジネスマナー講師をしております。 その立場からご回答申し上げます。 おそらくなのですが、 なぜ、怒られているのかわからないご状況からして、 言葉遣いそのものだけの問題ではなさそうです。 以下を確認いただけますと、何かもっと問題となっていることに気づくことができるかもしれません。 1・そもそも、返事を求めてはいけない内容なのではないか。 (目上の方に返事をしろというのが、問題) 2・厳密に言えば「お返事」とは言わず。 「ご返事」が正しいという考えをおもちのため、「お返事」という言い方が無礼だと(先輩は)お思いになったのではないか。 *「お返事」とか「お座り」とかは、幼稚園生などに使う言葉と思っている社会人も、結構いらっしゃいます。 3・「幸いです」と、任意で返事を求めるような内容ではなく、しっかりと業務を遂行するためには、先輩から情報を得るべき内容だったのではないか。 *その場合は、「ご連絡願います。 お手数ですがよろしくお願いいたします」程度のしっかりとしたご依頼をするべきだったのかもしれません。 いずれにしても、言葉だけの問題ではなさそうです。 先輩のおっしゃる言葉の真意を理解できなかったのであれば、正直にお話し、ご指導をいただいたほうが良いでしょう。 今後のためです。 Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 「次手を以て平田先生の高免を得れば幸甚である。 」(芥川龍之介「平田先生の翻訳」) 「重ね重ねの御無禮を御海容下さらば幸甚に存じます。 」(太宰治「文盲自嘲」) 「推理をたのしみながら愛読をたまわれば幸甚です。 」(坂口安吾「明治開化 安吾捕物帖 読者への口上」) 「發熱せざれば幸甚に御座候。 」(水上瀧太郎「貝殼追放」) この場合、「ご参考になれれば」はやや不自然で、「ご参考になりますれば」「ご参考になるようでしたら」「ご参考いただけたら」などでいかがでしょう。 メールなど今様の文体としては「幸いです」で十分でしょう。 「この記事が何らかのお役に立てれば幸いです。 aozora. aozora. html なお、思うという意味での「存じます」は、聞き手を意識した演説や対話調の文章にのみ使われるものです。 「謙譲語Bの「存じる」のほうは、聞き手のいるときに限り、文末で丁寧語「ます」を伴って使うのが普通です。 」(菊地康人「敬語」講談社学術文庫) 書簡文体では「幸甚」が多いでしょう。 「次手を以て平田先生の高免を得れば幸甚である。 」(芥川龍之介「平田先生の翻訳」) 「重ね重ねの御無禮を御海容下さらば幸甚に存じます。 」(太宰治「文盲自嘲」) 「推理をたのしみながら愛読をたまわれば幸甚です。 」(坂口安吾「明治開化 安吾捕物帖 読者への口上」) 「發熱せざれば幸甚に御座候。 」(水上瀧太郎「貝殼追放」) この場合、「ご参考になれれば」はやや不自然で、「ご参考になりますれば」「ご参考になるようでしたら」「ご参考いただけたら」など... A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... いつも一生懸命、勉強頑張っておられますね。 >「教えていただければ幸いですが。 」と「教えていただければ幸いです。 」の区別は何でしょうか。 「語尾」のところの微妙な「が」はどうも理解できません。 日本語って、語尾に含める意味合いとか、難しいだろうと思います。 「教えていただければ幸いですが」の「が」には、 「(もし、ご都合よろしければ)教えていただければ幸いですが・・(教えていただけなくても、仕方がないですが、教えていただけるならばうれしいです)」 ・・・のような、ちょっと相手の都合とかを気にした、遠慮も入った、そんな意味が含まれていると思います。 それに対して 「教えていただければ幸いです」 というのは、できれば教えてください。 教えていただければうれしいです、 ということをストレートに表現していると思います。 >具体的な会話の場面を挙げていただけないでしょうか。 (例1) いつも忙しそうにしているAさんと、どうしても分からないことを教えてもらいたいBさんがいるとします。 Bさん「Aさん、すみません。 どうしてもここが分からないのです。 お忙しいとは存じますが、教えていただければ幸いです」 (教えてもらったら、うれしいです) Bさん「Aさん、すみません。 どうしてもここが分からないのです。 お忙しいとは存じますが、教えていただければ幸いですが・・・」 (お忙しいようですので、無理でしたらよろしいのですが、もしできれば教えていただきたいです・・・) といった感じでしょうか。 しかし、上の例の場合はあまり差はないと思ってもいいでしょう。 (例2) 息子の帰りを心配している母親に、近所の奥さんが話をしている。 近所の奥さん「息子さん、すぐに帰ってきますよ」 母親「そうだといいんですが・・・」 (そうだといいんだけれども、そうじゃなかったら、どうしよう) といった、心配な気持ちが「が・・」に表れています。 このように、文末の「が」には、いろいろな意味があると思います。 ご参考になればうれしいです。 (これも、ご参考になればうれしいのですが、とかの言い方もありますよね) ご参考になればうれしいのですが、だと、参考になればうれしいけれども、 もしも参考にならなかったらごめんなさいね、というちょっと遠慮した気持ちを表せます。 いつも一生懸命、勉強頑張っておられますね。 >「教えていただければ幸いですが。 」と「教えていただければ幸いです。 」の区別は何でしょうか。 「語尾」のところの微妙な「が」はどうも理解できません。 日本語って、語尾に含める意味合いとか、難しいだろうと思います。 「教えていただければ幸いですが」の「が」には、 「(もし、ご都合よろしければ)教えていただければ幸いですが・・(教えていただけなくても、仕方がないですが、教えていただけるならばうれしい...

次の

幸いですの意味・敬語表現・ビジネスシーンでの使い方

いただけ ます と 幸い です

「いただけます」の意味とは? 「いただけます」とは「できます」の敬語 「いただけます」という言葉は「ご覧いただけます」「お使いいただけます」など、日常で頻繁に使われています。 この場合の「いただけます」という言葉には「~することができます」という意味があります。 「いただけます」はひらがなで書く場合は補助動詞としての役割をします。 「ご連絡をいただけますか?」「お越しいただけますか?」など、メインとなる動詞を丁寧に表現する場合の言葉です。 この場合の「いただけます」を自分や自分の身内に対して使うことはなく、相手への敬語として使うのが一般的です。 漢字の「頂けます」は食べられるか否か 一方「頂けます」と漢字で書くと「食べることができます」「飲むことができます」という意味となります。 この場合の「頂けます」は「自分が食べる・自分が飲む」という意味なので、自分に対して使います。 「この水はきれいなので頂けます」「特にアレルギーはないので頂けます」など、食べたい・飲みたいという欲求よりも自分がそれを食べることや飲むことができるか否か、という判断の意味で使う言葉です。 「いただけます」と「いただきます」の違いは? 「していただきます」は強制力を持つ 「いただけます」という言葉は補助動詞として使う場合、相手の行動について使います。 「いただけます」と似た「いただきます」は相手へ行動をある程度強制する言葉です。 「いただけます」が行動を起こすかどうかの判断を相手に委ねることに対して、「いただきます」は行動を起こすことをこちら側が決めています。 「ご出席いただけます」は出席するかどうかを決めるのは相手であり、基本的には出席も欠席も自由です。 「ご出席していただきます」は出席をしてください、と言っているのと同じで基本的に欠席は認められないというこちら側の意思を相手に伝えています。 漢字の「頂きます」は「食べます」の意味 「頂けます」と似た言葉に「頂きます」があります。 食事の始めに手を合わせて言う「いただきます」と意味は同じで、「頂きます」は「食べます・飲みます」という意味となります。 「頂く」という言葉を動詞として使う場合は謙譲語なので、食べたり飲んだりするのが自分や自分の身内の場合にのみ使います。 自分や自分の身内以外の人が食べたり飲んだりする場合は、「召し上がる」という敬語を使うことが多いでしょう。 「いただけます」の用法と使い方 「いただけますか」で疑問文に 「いただけます」という言葉は相手に「あなたは~することができます」と伝える言葉ですが、疑問形にして相手にその意思があるかどうかを確認することもできます。 「ご出席いただけますか?」と言えば「出席することはできますか?」と言っていることになります。 これは相手が出席できるかどうかがわからないときに使える疑問文です。 状況や相手との関係によっては、ある程度出席することがわかっていて、その確認、または「ぜひ出席して欲しい」という気持ちを表す言葉として使われる場合もあります。 「ご確認いただけますでしょうか」で依頼系に 相手に何かの行動を促すときに「~してください」という一方的な言い方をせず、「~していただけますか」と敢えて依頼系でお願いすることがあります。 これは「ご確認いただけますでしょうか」「お名前をおっしゃっていただけますでしょうか」など、「確認する」「名前を言う」という行動をしてもらうことが決まっていても、相手に強要する言い方をしないというビジネスマナーのひとつです。 「いただけますようお願いいたします」は間違い 「いただけます」という言葉は「いただけます」または「いただけますか」「いただけますでしょうか」など、変化させることができますが、ベースとなっているのはすべて「判断は相手に委ねる」ということです。 そのため「いただけますようお願いいたします」という使い方は誤りとなります。 相手に何かの判断をお願いしたい、何かを頼みたい場合は「~していただきますようお願いいたします」「~のほどお願い申し上げます」などが良いでしょう。 「いただけます」の例文• 「この席ではパソコンをお使いいただけます」• 「お電話はエレベーター前であればお話いただけます」• 「当日よりご利用いただけます」• 「このお店では新鮮な魚料理を召し上がっていただけます」• 「サンプルであればすぐにご覧いただけます」 「いただけます」の類語 「頂けますと幸いです」は相手に敬意が伝わる 相手に何かをお願いしたい場合は「いただけます」以外の言葉でも、気持ちを表すことができます。 たとえば「頂けますと(いただけますと)幸いです」という言い方は大変丁寧で、相手への敬意が良く伝わる言葉です。 ただし、相手の状況によっては意図に沿ってもらえない可能性もあります。 「お願いできればと存じます」は大げさ過ぎない類語 「頂けますと幸いです」という言い方では、相手との関係上大げさ過ぎる場合も出てくるでしょう。 その際には「お願いできればと存じます」に言い換える方法もあります。 「~してくださいませんでしょうか」は柔らかい依頼表現 「いただけます」という言葉を相手に投げかけることで、何かを依頼することがあります。 「ご連絡をしていただけますか?」と言えば、それは暗に相手へ「連絡をしてください」と言っているのと同じです。 そのため相手への配慮として、「ご連絡をしてくださいませんでしょうか」または「ご連絡をお願いできませんでしょうか」などと言い換えると良いでしょう。 まとめ 「いただけます」という言葉はとても便利に使える敬語です。 そのためつい多用してしまって、ふとその使い方に疑問を感じることがあります。 「いただけます」の使い方に自信がないときは、その「いただけます」が何に使われているのかを考えてみましょう。 相手に決断や選択を委ねる場面であれば「いただけます」は概ね誤りなく使えるので、その点を基準に考えてみるとわかりやすいかもしれません。

次の