トーマツ ブラック。 監査法人はブラックなのか?転職する人が多い理由は別のところにある!

有限責任監査法人トーマツ|コーポレート:会社案内|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

トーマツ ブラック

大手監査法人のトーマツが募集していた440人の早期退職に600人が応募し、9月末に退職していたことが3日わかった。 退職者数は募集枠のおよそ1. 5倍で、対象者総数の1割にも及んだ。 一方で、法人側としては辞めて欲しい、パートナーら幹部クラスは65歳まで年1500万円の不労所得を保証しても応募は少なかった。 肩たたきせずとも殺到 トーマツの早期退職は、7月末まで募集されていた。 一般の監査業務担当者などを対象にした募集枠が400人、パートナーなどの幹部枠が40人だったが、一般の応募が予定数を大幅に上回った。 一方で、幹部枠は目標に満たなかった。 大手監査法人では昨年秋、新日本が400人の早期退職を募集し、「会計士大リストラ時代」が始まった。 2006年にスタートした「内部統制制度」などに対応するため、国は会計士試験の合格者数を大幅に増やし、監査法人も採用を拡大したが、制度が落ち着いてしまうと人がだぶつき、試験合格者の就職難まで発生しているからだ。 ただ、「新日本は枠を埋めるために相当な肩たたきをした」(50代社員)というのに対し、トーマツでは「殺到」という結果となり、大きな違いが出た。 なぜなのか。 トーマツのある幹部に聞いた。

次の

トーマツ早期退職募集に30代会計士600人殺到

トーマツ ブラック

本記事の目次• 有限責任監査法人トーマツについて 有限責任監査法人トーマツは、1968年(昭和43年)5月に設立され、東京都港区港南2-15-3品川インターシティC棟に本社を構える、「國井 泰成」が代表を勤める非上場企業です。 主な事業内容は監査・保証業務事業、リスクアドバイザリー事業、ファイナンシャルアドバイザリー事業、コンサルティング事業、海外ビジネス支援事業などがあります。 法人では人材育成としてさまざまなカリキュラムによって、知識やスキルの習得だけでなく、健全な経済社会の発展に貢献し、高い志を兼ね備えた監査などのプロフェッショナルの育成に取組んできます。 法人に対して、業務に関することや勤務地異動など本人の将来についての希望を伝える自己申告制度もあるので、自分の考えを法人に伝える機会があります。 法人では女性活躍を重要テーマの一つとして掲げたおり、具体的には女性管理職の比率を20%まで引き上げる、パートナー・ディレクターに占める女性割合を10%にすることなどがあります。 この女性活躍に関する数値目標を達成するために、産前産後休暇や育児休暇、短時間勤務、在宅勤務などの制度を設けています。 このような制度を設けることにより、仕事を続けたい女性が結婚や出産により退職する以外の選択肢を選択することができるようになります。 また、法人には保養所を設けているため、出産後、子供を企業内の保養所に預けることにより、安心して働くことができ、出産後ワークライフバランスを取ることができず、仕事を続けたくても続けられないといった職員を減らすことができます。 休日休暇には土曜、日曜、祝祭日、年末年始、年次有給休暇、受験有給休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、夏期休暇、トーマツ休日などがあります。 有限責任監査法人トーマツの会社情報 企業名 有限責任監査法人トーマツ 本社所在地 〒108-6221東京都港区港南2-15-3品川インターシティC棟 支店住所 全国に多数、海外に多数 HPのURL 設立年月日 1968年(昭和43年)5月 代表取締役 國井 泰成 役員 代表:國井 泰成 上場・非上場 非上場企業 電話番号 03-6720-8200 FAX番号 03-6720-8205 決済月 3月 売上高 1,047億300万円 従業員数 6,787人 男女比 1:1 CM動画 有限責任監査法人トーマツの事業内容 主な事業内容は、監査・保証業務事業、リスクアドバイザリー事業、ファイナンシャルアドバイザリー事業、コンサルティング事業、海外ビジネス支援事業などです。 経営理念とビジョン 経営理念 経済社会の公正と守り、率先してその発展に貢献する ビジョン 経営管理高度化により適切にリスクてテイクし、企業の持続的成長をサポートするためのサービスを提供する 年収と年度別・年齢別年収 年収(平均年収、年度別平均年収、年齢別平均年収) 年収は422万円~954万円で、平均年収は793万円です。 年度別平均年収、年齢別平均年収は現在調査中です。 給与制度・福利厚生 初任給も調査致しました。 大学・大学院卒:28万円(固定時間外25時間分含む) では、給与制度やひと月の残業時間、有給消化率、離職率はどうなっているのでしょうか? 給与制度 有限責任監査法人トーマツの平均勤続年数は17. 2年です。 【給与制度】 昇給:年1回、賞与:年3回 【月間残業時間】 48. 5時間 【有給消化率】 56% 福利厚生や社内制度 福利厚生としては各種社会保険、スポーツクラブ、各種宿泊施設割引、保養所、定期健康診断などがあります。 社内制度はカフェテリア制度、育児・介護補助制度などがあります。 人事制度は評価制度には細かい設計や規定がされているみたいですが、結局のところは上司の印象によるものが大きいです。 また、資格の有無については評価の対象にはならないと言っていたが、ふたを開けてみると資格がないと評価が悪くなっているので、結局は必要ということになります。 出典元: 会社評判・口コミ・ブラック企業度合いは? 残業時間は0. 1時間単位でつけることができ、残業代はしっかり出ます。 9時半始業だが、9時出社の場合も30分時間外勤務として残業をつけることができます。 また、トップが残業に対して是正の方針を語っています。 間接業務はアウトソースできてる部分もあり、加えてグローバルでバックオフィスを標準化するなど、業務を効率化し、残業をなくす施策がとられていると思います。 短い時間でいかに要点を捉えれるかの要件定義力です。 ボスが多忙で時間をとって話す時間が少ない中でいかにバリューを出すかという点について力がつきました。 また英語をメール等で頻繁に使うため英語での理解力がついたと思われます。 多くのクライアントを要しており安定しています。 リスクの高いクライアントとは契約解除し法人が今後も生き残れる体制を構築している 監査報酬が低くくても品質重視した監査をしておりクライアントにとっては安く委託できています。 出典元: ブラックな口コミは? 仕事量は減っていないのに、時間数に対する規制のみが厳しくなっています。 他社にコンプライアンスなどを問うている立場上、そもそも残業無くして行く取り組みが必要です。 トップレベルではそういう話が出ているが、現場は定時の17時半を過ぎても変わらず働き続けている人ばかりです。 結構遅い時間まで働いている人も多いです。 制度や意識など改善が必要と思われます。 かつては期末の時期だけ忙しい業界だったが今は年間を通して忙しい状態が続いています。 毎日終電まで仕事をしている人や、休日出勤をしている人も多く、長く勤め上げるのは体力的に難しいと感じる人も多くいます。 仕事量が減る努力はしていても目に見えて減る状況にはないです。 出典元: 会社の著名人は? 現在調査中 有限責任監査法人トーマツの採用情報 採用人数、インターン 採用人数は60人程度で、インターンはインターンは大学生・大学院生を対象に8月~2月に随時開催され、報酬などについては交通費の支給はありますが、宿泊費、昼食代の支給はありません。 出身大学の傾向・学歴 大学、大学院卒業以上 有限責任監査法人トーマツのまとめ いかがでしたか?「有限責任監査法人トーマツ」はあなたの将来稼ぎたい年収でしたか? 年収チャンネルでは、大企業の年収、ベンチャー企業の年収を随時調査しております。 お探しの企業がある方は以下からお探しください。

次の

監査法人はブラックなのか?転職する人が多い理由は別のところにある!

トーマツ ブラック

【スポンサードリンク】 ブラック企業ってどういう企業か?個人的に考える ブラック企業というと、色んな話題になっている企業のことが頭に浮かびそうですよね。 で、大体そういう企業で共通している点は多い。 世間的な認識と、自分の中でのブラック企業と言われる要素を以下のように挙げてみました。 ・とにかく労働時間が長く残業代がほぼ出ない ・上司からのパワハラ、セクハラなどのプレッシャーがすごい ・転職市場で評価されるようなスキルが身につかない ・給料がとにかく安い ・社長や上司がとにかくワンマンでドスがきいている ・有給はまず取れない ・学生たちが入りたがるような人気企業とは程遠い ・仕事内容に全くやりがいを感じない ・誰にも相談できず、上司も「とにかくやれ!」の一点張り 個人的には、どれかにあてはまると「ブラック」というわけではなく「ほとんどにあてはまるとブラック」だと思っています。 代表的なイメージは長時間労働ですよね。 でも、例えば朝の9時に出勤して毎日夜23時頃まで残業するのが習慣化しているのは結構辛いですけどこれに残業代がちゃんと出れば結構救われます。 なんだかんだで、お金がモチベーション維持に重要なので「長時間だけど残業代は青天井」みたいな企業はブラックではないのかなと。 ちなみにこれ、部門によって違いますが監査法人があてはまります。 繁忙期でなくても22時~23時退社というのはざらにあるのですがこの業界は残業代が比較的つけやすい。 なので、「きついな~」と思っていても月末の給与明細を楽しみに頑張れるということもあるのです 笑 給料が安いというのも、上記と関係がありますね。 残業代が出ず激務でも、外資系金融のように基本給とボーナスがびっくりするほど高い場合もブラックとは思えないですよね。 転職市場でも、監査法人や外資金融で仕事していたことは大きく評価されますし。 ようするに、ブラック企業の自分の中での認識って「金も、人間関係も、仕事内容も良いと思えるところが一つもない」みたいなほぼ全部そろっている状況だと思います。 なので、監査法人はホワイトとまではいきませんが、「ホワイトよりの茶色」ぐらいじゃないでしょうか 笑 まあ、この辺は大手とそれ以外の法人でだいぶ異なってくると思いますが・・。 監査法人みたいなクライアントに常駐する職種は離職率が高い傾向がある で、監査法人がブラックではないと証明(?)されたところで法人を辞めて他の事業会社や金融機関などに転職する人がどうしてこんなにも多いのでしょうか? その一つには、コンサルティングファームなどと同じで監査の場合はアサインベースでクライアント先に常駐してクライアントのために仕事をするというスタイルになっているからというのが一つの要因です。 こういった、アサインベースの組織の場合はクライアント先で仕事をしていることが多いために最初は新鮮ですけど数年経つと「ああ~、なんか自社にインパクトを与える仕事をしてみたいな」と思うようになってくるのです。 だから、事業会社の経理や財務などに転職していく人が結構いるんですよね。 【スポンサードリンク】 アサインベースの監査法人だから、自分の会社に思い入れがないのが理由 また、アサインベースだと「愛社精神」がほとんどなくなります 笑 もちろん、自分がBig4で働いていた時はそのネームバリューに最初こそ新鮮でしたけどやはり自分のオフィスで仕事をすることがなく基本的に自分のデスクもないため「常に他の会社で働いている」という感覚になります。 で、その結果として事業会社にいるよりも自分の会社に対して全く思い入れがなくなるわけです。 事務所に訪れるのとか、月に1度あるかないかという時もありましたからね~。 監査法人勤務者は組織依存ではなく、職種依存なんだよね そんな感じで、特に「会計士」という比較的食っていく分には強い資格を持っている高度な専門職であるということも含めて法人で働いている人は組織に依存している感覚が事業会社のそれよりも少ないと思うんですよね。 だから、監査法人間での移籍とか全然ありますし。 極端なことを言うと、「ちょっと他のBig4の様子が気になるな」ぐらいのレベルで監査からアドバイザリーなど職種を変えて他法人に移籍する人もいるのではと思います。 まあ、この業界で最終的に自分たちを支えているのは「会計士だぞ!」というちょっとしたプライドと「そこそこ良い報酬」であることは間違いないと思うのでそれを満たしてくれる事業会社に転職するというのは全く持って自然というわけですな~。 会計士の転職支援サービス(無料)は以下の公式サイトから確認できます。

次の