糖尿病 お 見舞い。 糖尿病の方のお見舞いは何がいいでしょうか?

糖尿病の方のお見舞いは何がいいでしょうか?

糖尿病 お 見舞い

果物は一般的には「体にいい」イメージがありますが、一方で糖尿病の方には果物はダメ!ということも聞いたことが あるかと思います。 では糖尿病の患者さんは、果物とどうやって付き合っていけばよいのでしょうか。 【果物に含まれる栄養素の真実】 果物は食物繊維、ビタミン、ミネラル、ビタミンCなどを栄養素として含んでいます。 「体にいい」イメージがあるので、50代ぐらいになり健康意識が高まってくると果物を積極的に食べ人が増えてきます。 しかしここに落とし穴があります。 実は糖尿病、あるいは糖尿病予備軍が増えてくるのも50代の方々なので、健康によさそうだからとい ってやみくもに果物を取りすぎると、糖尿病の悪化に繋がるのです。 文追加そして、糖尿病の悪化に繋がるのは、果物に含まれる 糖質です。 【果物に含まれる糖質とは?】 果物に含まれる糖類には 単糖類(ブドウ糖、果糖、ガラクトース)と二糖類(砂糖、乳糖、麦芽糖)があります。 単糖類の果糖が実は最も甘みが強くこれはハチミツなどにも含まれています。 果糖は血糖値を上げにくいのですが、 、、、脂肪になりやすいという性質があります。 研究によって果糖をたくさん摂取すると糖尿病になったり、肥満になりやすいこともわかっています(Schulze MB,et al. :JAMA. 292:927-934,2004) 果糖が肝臓で脂肪の合成を促進させてしまう結果中性脂肪が増え、インスリン抵抗性が上昇してしまいます。 インスリン抵抗性が上昇するということは簡潔に 説明すると「 糖尿病の治療がしづらくなる、、、=糖尿病が悪化しやすい」ということです。 研究では果糖飲料のほうがブドウ糖飲料より糖尿病が悪化しやすいという結果も出ています。 では、具合例をみていきましょう。 【果物に含まれる糖質の種類】 果物に含まれる糖質には果糖、砂糖、ブドウ糖があります。 代表的な果物に含まれる糖質は以下のとおりです。 この中で 一番炭水化物が含まれているのはバナナです。 このように果物は糖質がたくさん含まれています。 では基本食べないほうがいいのか?、というとそうではありません。 浜松大学と農研機構果樹研究所の共同研究では 毎日温州みかんを3個ほど食べる人は糖尿病のリスクが57%低下するといった研究報告もなされています。 なぜ果物が糖尿病を悪化すると言う報告がある中、全く逆の糖尿病が良くなるという報告もあるのでしょうか? それは、「果物の食べ方に違いがある」と言われています。 【果物の正しい食べ方とは?】 WHO 世界保健機関 、FAO 国際連合食糧農業機関 では生の果物や野菜を一日に400g以上を摂取することを推奨しています。 日本人の成人の果物の摂取量は一日平均100グラム。 一日200グラムを目安に果物を食べると、糖尿病の発症リスクも軽減されることが期待できます。 ただしこれは糖尿病でない方です。 糖尿病の方は果物は空腹状態で食べると血糖値が上がりにくいので、 果物は食事の最初に食べるのがおすすめです。 摂取量としては 一日100gが最善であると考えます。 食後に果物を食べると血糖値が著しく上昇してしまいます。 食後血糖値の上昇を抑えるに食べる順番が重要で、果物は食事の最初に食べることです。 最後に果物100gって?という方のために目安をお示ししておきます。 ミカン:1個、リンゴ・洋ナシ:2分の1個、ブドウ:2分の1房、カキ、モモ:1個 です。 果物はおいしいですが、食べ過ぎは要注意です、果物を上手に食べて、食べ過ぎず、かつ無理に我慢せずに、付き合うようにしましょう。 あなたにとって、よい糖尿病ライフを!.

次の

糖尿病におすすめの飲み物&お茶一覧!【まとめ】

糖尿病 お 見舞い

果物は一般的には「体にいい」イメージがありますが、一方で糖尿病の方には果物はダメ!ということも聞いたことが あるかと思います。 では糖尿病の患者さんは、果物とどうやって付き合っていけばよいのでしょうか。 【果物に含まれる栄養素の真実】 果物は食物繊維、ビタミン、ミネラル、ビタミンCなどを栄養素として含んでいます。 「体にいい」イメージがあるので、50代ぐらいになり健康意識が高まってくると果物を積極的に食べ人が増えてきます。 しかしここに落とし穴があります。 実は糖尿病、あるいは糖尿病予備軍が増えてくるのも50代の方々なので、健康によさそうだからとい ってやみくもに果物を取りすぎると、糖尿病の悪化に繋がるのです。 文追加そして、糖尿病の悪化に繋がるのは、果物に含まれる 糖質です。 【果物に含まれる糖質とは?】 果物に含まれる糖類には 単糖類(ブドウ糖、果糖、ガラクトース)と二糖類(砂糖、乳糖、麦芽糖)があります。 単糖類の果糖が実は最も甘みが強くこれはハチミツなどにも含まれています。 果糖は血糖値を上げにくいのですが、 、、、脂肪になりやすいという性質があります。 研究によって果糖をたくさん摂取すると糖尿病になったり、肥満になりやすいこともわかっています(Schulze MB,et al. :JAMA. 292:927-934,2004) 果糖が肝臓で脂肪の合成を促進させてしまう結果中性脂肪が増え、インスリン抵抗性が上昇してしまいます。 インスリン抵抗性が上昇するということは簡潔に 説明すると「 糖尿病の治療がしづらくなる、、、=糖尿病が悪化しやすい」ということです。 研究では果糖飲料のほうがブドウ糖飲料より糖尿病が悪化しやすいという結果も出ています。 では、具合例をみていきましょう。 【果物に含まれる糖質の種類】 果物に含まれる糖質には果糖、砂糖、ブドウ糖があります。 代表的な果物に含まれる糖質は以下のとおりです。 この中で 一番炭水化物が含まれているのはバナナです。 このように果物は糖質がたくさん含まれています。 では基本食べないほうがいいのか?、というとそうではありません。 浜松大学と農研機構果樹研究所の共同研究では 毎日温州みかんを3個ほど食べる人は糖尿病のリスクが57%低下するといった研究報告もなされています。 なぜ果物が糖尿病を悪化すると言う報告がある中、全く逆の糖尿病が良くなるという報告もあるのでしょうか? それは、「果物の食べ方に違いがある」と言われています。 【果物の正しい食べ方とは?】 WHO 世界保健機関 、FAO 国際連合食糧農業機関 では生の果物や野菜を一日に400g以上を摂取することを推奨しています。 日本人の成人の果物の摂取量は一日平均100グラム。 一日200グラムを目安に果物を食べると、糖尿病の発症リスクも軽減されることが期待できます。 ただしこれは糖尿病でない方です。 糖尿病の方は果物は空腹状態で食べると血糖値が上がりにくいので、 果物は食事の最初に食べるのがおすすめです。 摂取量としては 一日100gが最善であると考えます。 食後に果物を食べると血糖値が著しく上昇してしまいます。 食後血糖値の上昇を抑えるに食べる順番が重要で、果物は食事の最初に食べることです。 最後に果物100gって?という方のために目安をお示ししておきます。 ミカン:1個、リンゴ・洋ナシ:2分の1個、ブドウ:2分の1房、カキ、モモ:1個 です。 果物はおいしいですが、食べ過ぎは要注意です、果物を上手に食べて、食べ過ぎず、かつ無理に我慢せずに、付き合うようにしましょう。 あなたにとって、よい糖尿病ライフを!.

次の

糖尿病におすすめの飲み物&お茶一覧!【まとめ】

糖尿病 お 見舞い

こんにちは。 今年の夏に糖尿病から合併症のために旦那が入院をしました。 事情が知らない方からはお菓子などの食べ物を頂きましたが本当に困りました。 本人は食べたがるし勿論完全管理のため一切食べるのは駄目で持って帰るのも大変でした。 一番有り難かったのは他の方も申し上げているように「現金」でした。 テレビを見るのにテレビカードを使っていたのですがこれがバカにならない金額だったのと、やはりお返しにお金がかかりましたので本当に助かりました。 どうして現金は嫌なのですか?貰う立場ではこれほどありがたい物は無いです。 まして「物」だとこれだ、と言うもの考えにくいのではないですか。 まして制限を受けられている糖尿病ならです。 本も他の方が書いておられましたが、うちも網膜症になっていてほとんど「読む」ことが出来なかったです。 まして一週間くらいで退院されるのでしたら「気の利いたもの」でも「荷物」になって「邪魔」なんです。 現金が一番無難です。 では >お見舞金を渡すような間柄でもないですし どのような間柄で、品物と金銭の線引きをしていますか? 私はお見舞いは結婚してから20年以上ずっとお見舞金として出しています。 独身時の友人のお見舞いは、品物でした。 それが当たり前みたいな考えでした。 自分は何度も入院の経験がありますが、独身時代の入院は友人から品物を頂きました。 既婚者になったからは品物のお見舞いは頂いたことは無いですし、自分もお金にしています。 何が欲しいと言い合える仲なら品物でも良いと思いますが、何を差し上げてよいかわからないときはお金が無難だと思います。 退院した時は快気祝いとしてお返しの事を考えると、頂いた金銭の金銭の中からお返しの品が買えるので助かります。 品物でお見舞いを頂く事が多いとマイナス出費があって正直言って参ります。 糖尿病患者の30~50パーセントの人が網膜症になっているようですが、その方は目の方はどうでしょうか? 読み物も目が疲れないか心配です。

次の