マイン=スフィア。 キーワード(3)MindSphere(マインドスフィア)

剣槍弓が非常識すぎて盾の悪魔が天使です

マイン=スフィア

「 フランクフルト」はこの項目へされています。 その他の用法については「」をご覧ください。 紋章 地図 基本情報 : 行政管区: 郡: 郡独立市 : 標高: 海抜 112 m 面積: 248. 一般に フランクフルトと通称される。 ヘッセン州最大の都市で人口は72万人(2016年)であり 、ドイツ全体で、、、に次ぐ。 以来、フランクフルトはドイツの中心都市の一つであった。 794年には初めて文献に記録され、中世盛期のであった。 13世紀のに参加している。 1806年までの選挙が行われる諸侯会議が開催された地であり、1562年以降は皇帝のもこの都市で挙行された。 1816年からの議会がフランクフルト自由都市で開催され、1848年から49年にかけてはが開催された。 1866年のにより都市国家としての独立を喪失し、に併合された。 フランクフルトの人口は、1875年に10万人、1928年には50万人を超えた。 現在のフランクフルトは国際金融の中心地であり、国内の工業と商業の中心でもある。 ドイツを代表するの一つに数えられており 、、、、、、、 ()、 ()(ヘラバ)の本社がある。 工業・産業・交通の要衝でもある。 は、世界最大の会場の一つである。 は世界最大級のであり、についてもヨーロッパ最大級のであるがある。 また、道路においてもフランクフルト・ジャンクションはドイツで最も自動車交通量が多いジャンクションの1つである。 フランクフルトの () は、データ転送量において世界最大の中継点である。 フランクフルトの伝説 ドームヒューゲルの入植地の名前は、に初めて文献に記録された際、 Franconofurd, または Francorum vadus とおよびで記述されている。 どちらもの徒渉地を意味する。 おそらく、現在ののやや上流側の川底に岩があり浅瀬になっていたために、通常の水位の状態であれば、現在よりはかなり川幅があったと思われるを歩いて渡ることができた。 この徒渉地は、になると戦略的意味はなかったが、から領内を通る街道は、マイン川河口域の湿地を迂回してドームヒューゲルを通っていた。 が撤退した後、頃にドームヒューゲルはに占領された。 頃フランク人がアレマン人に替わってマイン川下流域の覇権を掌握した。 おそらく新しい領主は、この徒渉地を重要な交易路として利用した。 このため、交易相手はこの徒渉地を「フランケンフルト」と呼んだ。 年代記作者の ()は、1014年から1017年に、によるこの街の創設に関する現在まで知られている伝説を記述している。 それは、と関連している。 — ティートマール・フォン・メルゼブルク、『年代記』VII, 75 実際には、カール大帝はとマイン地域で戦ったことはない。 また、勝利した王によって捕らえられたザクセン族の定住地であるとする誤ったフランクフルト=ザクセンハウゼンの名前の成立史についても、単なる伝説である。 これらは、おそらくに北ドイツで蜂起したザクセン族鎮圧のための遠征直前に立ち寄った史実が、口承によって様々な話と混じり合った事に由来すると思われる。 フランクフルトの名前と創設に関する他の伝説は、現在ではあまり知られていない。 それは特に初期にフランクフルトの重要性を神秘的に高めるために利用された話である。 のは、15世紀にフランクフルトの同意語として「ヘレノポリス」という地名を用いた。 この地名は、18世紀まで他の人文主義者によって時折使われていた。 この地名の由来は明らかではない。 ヘレノポリスは、の息子でから逃走したがこの地を居と定め創設した街であるという。 別の著者は、の母に由来するとも記述している。 トリテミウスの神話は、フランクフルトの名前の由来も明らかにしている。 それによれば、紀元130年頃 Hogier 公 Francus が古いヘレノポリスの街を再興し、自らの名前にちなんで Frankenfurt と名付けたという。 元来の名前 Franconofurd は中世に Frankenfort または Frankinfort、近世に Franckfort および Franckfurth と変化した。 そして遅くとも19世紀の初めには、Frankfurt という表記が確定した。 名前に添えられた「アム・マイン」は「マイン川沿いの~」を意味しており、同名の別都市との区別のため最も古くは14世紀から、しばしば付けられるようになった。 日常的には、と混同する恐れがない限りは、「フランクフルト」と短縮される。 表記方法もしばしば見られ、鉄道関係では Frankfurt Main という表記も残っている。 さらに FfMなどの略号も用いられる。 地理 [ ] フランクフルト市内の最高地点に立つベルガー・ヴァルテ 位置 [ ] フランクフルト・アム・マイン市は、南西ドイツの南東麓マイン川下流の両岸に位置し、ドイツで最も重要な経済圏を形成している。 これにはドイツ最大の都市林であるフランクフルター・シュタットヴァルトが含まれる。 市域は東西23. 4km、南北23. 3kmの広がりを持つ。 自然構造物で最も高い地点は、市区ベルガー・リュッケンのベルガー・ヴァルテ(直訳すると「山の監視所」)のある位置で、 212. 6 m である。 一方最低地点は、市区のマイン川の河原で、海抜 88 m である。 本市は、からライン=マイン地域にいたるの北端にあたる。 現在の市域の地理上の重心、すなわち地理的中心点は、ボッケンハイム区のフランクフルト西駅付近で、歴史的市街地の外側にある。 隣接する郡と市町村 [ ] フランクフルトは、西は(、、、、、、、)、北西は(、、)、北は(、)、北東は(、)、南東は、南は()、南西は(、、、)と境を接している。 地質学 [ ] フランクフルトの市域は、大部分がウンターマインエーベネ(マイン川下流域盆地)西部に属す。 市の東部はハーナウ=ゼーリゲンシュタット盆地、最北部はヴェッテラウである。 地質学的には、本市の市域内には後期からに形成されたとの4つのが見られる。 最も高い段丘は、タウヌス山地の岩石で構成されており、市内ではベルガー・リュッケンでのみ見られる。 高さ 170 m から 120 m の上の段丘には、市北部から北東部の市区が存在している。 ここから北西はニッダ川へ、南はボルンハイマー・ハングやレーダーベルク付近を急斜面で下る。 ザクセンハウゼン南のミュールベルクやザクセンホイザー・ベルクもこの段丘にあたる。 中央の段丘は 100 m から 115 m の高さにある。 これは、市域内ではたとえばケルスターバッハ川の川岸や、旧市街の断崖状の川岸がこれにあたる。 高さ 95 m から 90 m の下の段丘は、になって形成された。 これは、マイン川の両岸に沿っている。 ここには、街の歴史の出発点となったドームヒューゲル(聖堂の丘)やカルメリッターヒューゲル(カルメル会の丘)がある。 ボッケンハイム区(バザルト通り)やシュタットヴァルトといった市内の限られた場所に、のフォーゲルスベルクでできた下の地層を見ることができる。 この層の厚さは 14 m 程度である。 気候 [ ] 最も古い気温の測定値は1695年12月のもので、アヒレス・アウグストゥス・フォン・レルスナーの年代記に記録されている。 1826年以後は、異なる測候所での継続的な測定値が存在している。 現在フランクフルトには、の測候所が多くある。 これには、の測候所も含まれており、その測定記録は1949年にまで遡る。 フランクフルトおよびライン=マイン地域は、ドイツで最も温暖な気候に属するオーバーライン地溝の北端に位置する。 年間平均気温は 9. このためフランクフルトの気候は総じて穏やかである。 11月から1月までの時期には平均1から2時間しか晴天にならない。 冬の時期における1日の最高気温の平均値は、1月で約 3. 雪は1月に平均7日間降る。 積雪が 10 cm を超えることは滅多になく、ほとんどはすぐに消える。 しかし市の北西部のタウヌス山地だけはしばしば雪が積もる。 にわか雨や突然の豪雨でやや変わりやすいものの、毎日7時間から8時間の日照が得られる時期である。 夏は、特に市内中心部では蒸し暑くなる。 最も気温が高い月は7月から8月で平均気温は 17. 観測史上最低気温は1929年1月の -21. 1971年から2000年までの平均気温は 0. 市内中心部では、環境の違いにより気温はフルークハーフェン区(空港付近)よりも約 0. 風向きは主に西風である。 1971年から2000年の統計で最も降水量が多いのは 7月で 65 mm、最も少ないのは 2月で 37 mm であった。 0 39. 2 5. 6 42. 1 10. 4 50. 7 14. 5 58. 1 19. 5 67. 1 22. 3 72. 1 24. 8 76. 6 24. 8 76. 6 20. 1 68. 2 14. 0 57. 2 7. 7 45. 9 5. 0 41 14. 4 57. 3 29. 2 29. 8 1. 9 35. 4 4. 1 39. 4 8. 4 47. 1 11. 7 53. 1 13. 7 56. 7 13. 4 56. 1 10. 1 50. 2 6. 0 42. 8 2. 1 35. 8 0. 0 32 5. 8 42. 4 mm inch 42. 5 1. 673 37. 1 1. 461 47. 6 1. 874 42. 8 1. 685 60. 2 2. 37 60. 6 2. 386 64. 9 2. 555 52. 9 2. 083 50. 0 1. 969 54. 6 2. 15 51. 8 2. 039 55. 7 2. 193 520. 7 20. 5 平均降雨日数 9. 8 7. 1 9. 3 8. 5 9. 8 10. 3 9. 3 7. 8 8. 1 9. 3 9. 7 9. 9 108. 9 出典: 平均気温 — ドイツ気象庁 DWD 市の構成 [ ] フランクフルト・アム・マイン市は、46のシュタットタイル(市区)に分割されるが、市区の番号は 47 まである(23は技術的な理由から欠番となっているのだが、プラウンハイム区に充てられることもある)。 これらはさらに 121 のシュタットベツィルク(市街区)、448のヴァールベツィルク(選挙区)、6,130のブロックで構成されている。 行政上、市は 16のオルツベツィルク(管区)に分けられ、それぞれに代表者としての地区長を有する地区議会がある。 1970年代に合併した旧町村は、それぞれ合併前の領域がそれぞれの管区を形成している。 人口が最も少ない市区はフルークハーフェン区、面積が一番狭い市区はアルトシュタット区である。 最も大きな市区は面積、人口ともにザクセンハウゼン区であり、人口で見るとこれにノルトエント区、ボッケンハイム区が続く。 2010年12月31日現在の46市区の人口 No. 51 3,569 1,201 33. 7 02 イネンシュタット 01 イネンシュタット I 1. 52 6,558 2,433 37. 1 03 バーンホーフスフィアテル 01 イネンシュタット I 0. 53 2,187 810 37. 0 04 ヴェストエント南 02 イネンシュタット II 2. 47 17,544 3,369 19. 2 05 ヴェストエント北 02 イネンシュタット II 1. 67 9,120 2,217 24. 3 06 ノルトエント西 03 イネンシュタット III 3. 07 29,086 5,048 17. 4 07 ノルトエント東 03 イネンシュタット III 1. 69 26,733 5,439 20. 3 08 オストエント 04 イネンシュタット IV 5. 40 27,271 7,229 26. 5 09 ボルンハイム 04 イネンシュタット IV 2. 66 27,613 6,279 22. 7 10 グートロイトフィアテル 01 イネンシュタット I 2. 20 5,810 1,888 32. 5 11 ガルス 01 イネンシュタット I 4. 22 27,358 11,215 41. 0 12 ボッケンハイム 02 イネンシュタット II 8. 04 35,529 9,091 25. 6 13 ザクセンハウゼン北 05 ジュート 4. 24 30,901 6,632 21. 5 14 ザクセンハウゼン南 05 ジュート 34. 91 26,680 4,935 18. 5 15 フルークハーフェン 05 ジュート 20. 00 人口はザクセンハウゼン南に合算されている 16 オーバーラート 05 ジュート 2. 74 13,040 3,264 25. 0 17 ニーダーラート 05 ジュート 2. 93 23,310 6,831 29. 3 18 シュヴァーンハイム 06 ヴェスト 17. 73 20,303 3,596 17. 7 19 グリースハイム 06 ヴェスト 4. 90 22,944 8,163 35. 6 20 レーデルハイム 07 ミッテ=ヴェスト 5. 15 17,850 4,767 26. 7 21 ハウゼン 07 ミッテ=ヴェスト 1. 26 7,311 2,172 29. 7 22 23 プラウンハイム 07 ミッテ=ヴェスト 4. 55 15,845 3,269 20. 6 24 ヘデルンハイム 08 ノルト=ヴェスト 2. 49 16,480 3,155 19. 1 25 ニーダーウルゼル 08 ノルト=ヴェスト 7. 22 16,352 3,611 22. 1 26 ギンハイム 09 ミッテ=ノルト 2. 73 16,636 4,048 24. 3 27 ドルンブッシュ 09 ミッテ=ノルト 2. 38 18,677 3,535 18. 9 28 エッシャースハイム 09 ミッテ=ノルト 3. 34 15,009 2,703 18. 0 29 エッケンハイム 10 ノルト=オスト 2. 23 14,371 3,686 25. 6 30 プロインゲスハイム 10 ノルト=オスト 3. 74 14,022 3,563 25. 4 31 ボナメス 10 ノルト=オスト 1. 24 6,394 1,339 20. 9 32 ベルカースハイム 10 ノルト=オスト 3. 18 3,435 586 17. 1 33 リーダーヴァルト 11 オスト 1. 04 4,935 1,137 23. 0 34 ゼックバッハ 11 オスト 8. 04 10,280 2,083 20. 3 35 フェッヒェンハイム 11 オスト 7. 18 16,030 5,629 35. 1 36 06 ヴェスト 4. 73 14,061 5,257 37. 4 37 ニート 06 ヴェスト 3. 82 18,079 5,354 29. 6 38 ジンドリンゲン 06 ヴェスト 3. 98 9,009 2,136 23. 7 39 ツァイルスハイム 06 ヴェスト 5. 47 12,138 2,677 22. 1 40 ウンターリーダーバッハ 06 ヴェスト 5. 85 14,536 3,585 24. 7 41 ゾッセンハイム 06 ヴェスト 5. 97 15,767 4,273 27. 1 42 ニーダー=エルレンバッハ 13 ニーダー=エルレンバッハ 8. 34 4,637 526 11. 3 43 カルバッハ=リートベルク 12 カルバッハ=リートベルク 6. 90 9,463 1,510 16. 0 44 ハルハイム 14 ハルハイム 5. 02 4,363 435 10. 0 45 ニーダー=エシュバッハ 15 ニーダー=エッシュバッハ 6. 35 11,516 1,992 17. 3 46 ベルゲン=エンクハイム 16 ベルゲン=エンクハイム 12. 54 18,098 2,794 15. 4 47 フランクフルター・ベルク 10 ノルト=オスト 2. 16 7,341 1,732 23. 6 フランクフルト・アム・マイン市 248. 33 688,191 167,194 24. 一部 インネンシュタットIV• 一部 ミッテ=ヴェスト• 一部 ジュート• 一部 ノルト=ヴェスト 市町村合併 [ ] 1866年までフランクフルト・アム・マインの市域は、現在の市区でアルトシュタット、インネンシュタット、バーンホーフスフィアテル、グートロイトフィアテル、ガルス、ヴェストエント、ノルトエント、オストエント、リーダーヴァルトおよびザクセンハウゼン(都市林「フランクフルター・シュタットヴァルト」を含む)の「シュタットベツィルク」(都市管区)と、ボルンハイム、ハウゼン、ニーダーウルゼル(と折半)、ボナメス、ニーダー=エルレンバッハ、ドルテルヴァイル、オーバーラート、ニーダーラートの 8つの村からなる「ラントベツィルク」(周辺管区)で構成されていた。 による併合後は、フラクフルト都市クライスが形成された。 1877年から都市クライスの町村が、1910年からは1855年に形成されたフランクフルト郡の町村も、徐々にフランクフルト市に合併されていった。 最後の合併が完了したのは1977年であった。 かつてフランクフルトに属していた8つの村のうち、ドルテルヴァイルだけは、市域から外れた。 街の景観 [ ] フランクフルト旧市街地図。 マイン川北側の緑色のラインがシュタウフェンマウアー。 黄色と黒の線が堡塁跡でその内側が旧市街。 堡塁の線沿いに緑色で塗られている箇所が「ヴァルゼルヴィトゥート」と呼ばれる条例によって公園として保護されている。 旧市街アルトシュタットと街の中心イネンシュタット [ ] 他のドイツの大都市同様フランクフルトの街の様子はで大きく様変わりした。 それは爆撃による甚大な被害とそれに続く近代的な復興によるもので、旧市街中心部の街並みも他の古い大都市のそれとは異なり、自動車優先の道路網や近代建築で構成されるものとなった。 かつての、中世盛期以後戦禍や大火の被害を受けなかったドイツ最大の稠密な旧市街は、もうわずかにしか残されていない。 約 3,000棟の木組み建築の中で無傷のまま遺されているのは、ファール門近くのヴェルトハイム邸 1棟だけである。 19世紀半ばからまでの間には、すでに新しい貫通道路の建設(ブラウバッハ通り)や区画全体の解体(ユーデンガッセ)が行われていた。 歴史的な旧市街の遺構は、ドイツで最も有名な都市広場の一つであるレーマーベルク付近でしか見ることはできない。 アルトシュタット区(直訳すると「旧市街」区)の区境に沿って 12世紀に建造された市壁、いわゆるシュタウフェンマウアー(の壁)があった。 この壁は、現在のノイエ・マインツァー通り - カイザー通り - ロスマルクト - ツァイル - 通りにおおむね沿って建造されていた。 アルトシュタットには、フランクフルト大聖堂や有名ながある。 17世紀のフランクフルトの姿を詳細に描いたの版画がある。 現在のイネンシュタット区(直訳すると「内市街」区)は、1333年からノイシュタット(直訳すると「新市街」)として拡張された旧市街の一部で、19世紀に大規模な改造を受けた。 17世紀から旧市街を囲んでいた大きな堡塁を持つの都市防衛施設は取り壊され、堡塁の鋸歯型の遺構は旧市街を取り囲む環状の公園施設に造り替えられ、フィッシャーフェルトが建設された。 のは新しい建築物を印象づけるような規則を設けた。 施主に対してを採用するよう要求したのである。 フランクフルト古典主義建築の例として、1820年から1825年に建設され1944年に一部が破壊された旧市立図書館が挙げられる。 この建物は2005年に「文学館」として元の姿に復元された。 鋸歯状施設内を巡る遊歩道には建造物を建設することは、1827年の ()と呼ばれる条例によって禁止された。 この規則は、市が認可したいくつかの例外(、シャウシュピールハウス、など)を除いて、現在も遵守されている。 1678年から1681年にツァイルの入口に建設されたバロック様式のカタリーナ教会は、の一家と親密な関係にあった。 現在この教会はフランクフルト最大の教会である。 パレー・クヴァルティーア・プロジェクトで再開発されたツァイル 19世紀末にハウプトヴァッヘは市の中心地へと発展した。 ツァイルは中央オフィス街となった。 21世紀になると、フランクフルトはツァイルをショッピング街にする大規模な再開発を行った。 エッシェンハイム門とツァイルとの間にあった1956年に建設されたフランクフルトで最初期の高層ビルであるフェルンメルデホーホハウスを解体し、その跡地および周辺を再開発するというものである。 2009年2月にテレコムの跡地にショッピングセンター MyZeil がオープンした。 また、オフィスとホテルが入った2棟の高層ビルが建設された。 さらに、1737年から1741年に建設され、1944年に破壊されたトゥルン・ウント・タキス宮殿が元の姿とほぼ同様に復元された。 これらパレー・クヴァルティーアと名付けられた一連のプロジェクトは、2010年半ばに完了した。 そのすぐ北側の場所では、1953年に建設されたフランクフルター・ルントシャウの社屋であるルントシャウ=ハウスが解体され、住宅およびオフィス用地とされた。 25ヘクタールの広さのこのエリアは、傘下のオランダのデベロッパー MAB によって再開発がなされた。 より新しい再開発としては、2010年の大聖堂とレーマーベルクとの間のフランクフルト市技術局の解体がある。 ドーム=レーマー=プロジェクトの一環で、ここには旧市街の歴史的背景を踏まえた約 40棟の建物が建設され、少なくともそのうちの 8棟は元の姿に忠実な木組み建築で復元されることとなっている。 古典主義・ドイツ産業革命期(グリュンダーツァイト)地区 [ ] 1830年頃から、堡塁施設の外側にヴェストエント、ノルトエント、オストエント(直訳するとそれぞれ「西側」「北側」「東側」)といった市区が建設された。 の建設後、堡塁施設のすぐ西側に接してそれ以前にあった3つの駅(ヴェストバーンヘーフェ=西(諸)駅と総称されていた)の敷地跡に、1890年代にバーンホーフスフィアテルが建設された。 この3つの市区およびマイン川対岸に位置するザクセンハウゼンが住宅地として大きく発展した。 フランクフルト市民は新鮮な空気を欲したのであった。 建設はまず、エッシャースハイマー・ラントシュトラーセやボッケンハイマー・ラントシュトラーセといった郊外へ通じる道路沿いから行われた。 1866年までの開発は、無計画に行われた。 堡塁施設付近の曲がりくねった道路からその様子が現在も見て取れる。 プロイセン時代になって初めて製図板の上で格子状の道路網が設計されるようになった。 この時代に典型的な多角形の広場が建設され、視界を広く取るために障害となる教会の建物などが壊された。 建物は通常、5階から6階建ての密集したブロックの形式で建設され、それ以前の古典主義建築はその大部分が破壊され、建て替えられた。 しかし地域的な特徴として、1880年になっても多くの場所で控えめな後期古典主義建築が優勢であり、、、といった同じ頃に発展した都市でこの時代以降に流行した過度に「ヴィルヘルム風」趣味の住居は流行しなかった。 1877年と1895年に合併したボルンハイムとボッケンハイムはこの都市景観の中に組み込まれ、新しい道路が造られ、フランクフルト市電がつながった。 その特徴は今日に至るまで遺されている。 20世紀の初めに建築責任者フランツ・アディッケスの下で、現在も通行量の多いフランクフルト・アレーリングが造られた。 この道路は泡沫会社乱立時代(1870年代)に発展した地区間を緊密に連結している。 この道路はおおむねフランクフルトの古い領邦境界線に沿って通っている。 この時代に典型的なのが、建物の質や機能の東西格差であった。 19世紀から20世紀への転換期に、バーンホーフスフィアテルは贅沢なオフィス街、ヴェストエントは上品な富裕層の住宅地であったのに対して、ノルトエントからボルンハイムを経てオストエント一帯は中産階級や労働者たちの地域になっていた。 こうした関係は第二次世界大戦以後逆転した。 特に1960年代、70年代にオフィスを建設するためにバーンホーフスフィアテルやヴェストエントの帝国時代の建物が取り壊され、建て替えられるようになってから、中心地は徐々に東に移動していった。 とりわけノルトエントやボルンハイムは、「スツェーネフィアテル」(先端の地域)としてにさらされている。 オストエントでの新庁舎建設やガルス市区付近でのオイローパフィアテルおよびスカイライン・プラザの建設は、泡沫会社乱立時代に開発された地区のさらなる発展を予見させるものである。 この街には、堡塁施設跡の他にも多くの庭園が造られた。 ノルトエント東区には、たとえば、ヒムリッシェン・フリーデンスの中国風庭園を含むベトマン公園がある。 ノルトエントには、ホルツハウゼン公園やギュンタースブルク公園がある。 また、ヴェストエント北区の西部にはグリューネブルク公園がある。 この公園内にはの教会や韓国風庭園がある。 パルメンガルテン(庭園)は1871年に設立された熱帯・温帯植物園である。 約 2500 種類の植物が栽培されており、パパゲーノ音楽劇場やパルメン=エクスプレス公園鉄道などのアトラクションがある。 そのすぐ隣には大学の植物園がある。 これら3つの互いに隣り合った庭園は、フランクフルト中心街に近接した広大な緑地を形成している。 オストエントのオスト公園は1907年に造られたフランクフルト初の市民公園で、隣接する工業地域の労働者たち住民の憩いの場となっている。 ヘーヒストと周辺市区 [ ] 20世紀の初めまで、市は何段階にもわたってイネンシュタットの北に位置する地区を合併していった。 いくつかの市区は 1866年までにすでに自由都市フランクフルトの領邦内に組み込まれていたが、以前にはフランクフルトと関わりのない地域も合併の対象とされていた。 1914年頃にフランクフルトはドイツで最も面積が広い都市となった。 は、1920年代にアレーリングの外側に位置する新しい地区に広大な(住宅地)を建設した。 北部のプラウンハイム住宅地、レーマーシュタット住宅地、ヴェストハウゼン住宅地、東部のボルンハイマー・ハング住宅地、南部のヘラーホーフジードルングやハイマートジードルングがこれにあたる。 市域は1928年にさらに拡大した。 市の合併は、フランクフルト市を文化的に豊かにした。 ヘーヒストの旧市街は現在も大変良好に保存されており、1972年からは保護文化財に指定されている。 フランクフルト市で最も古い建物であるユスティヌス教会はここにある。 最後の合併は1972年と1977年に市の北東部について行われた。 これらの市区の一部は、現在も田舎風の特徴を残している(カルバッハ、ハルハイム、ニーダー=エシュバッハ、ニーダー=エルレンバッハ、さらに東部のベルゲン=エンクハイム)。 マイン川から見たヘーヒスト 緑地帯 [ ] 1994年に制定されたフランクフルト緑地帯は、中心街を環状に取り巻くである。 を害するような建設は認められていない。 の一部は、広大なでの「レギオナルパーク・ラインマイン」に切れ目なくつながっている。 広さ 4,902 ha の「フランクフルター・シュタットヴァルト」も緑地帯に含まれる。 この森は市街中心部にある森としてはドイツ最大級の森の一つであり、シュヴァーンハイム区、ニーダーラート区、ザクセンハウゼン区、オーバーラート区の南部およびフルークハーフェン区北部に広がっている。 この他、シュヴァンハイマー・デューネ、ニッダタール、ニッダパーク、ロールベルク、フートパーク、エンクハイマー・リート、ゼックバッハー・リート、フェッヒェンハイマー・マインボーゲン、数多くの小庭園が緑地帯に含まれる。 歴史 [ ] フランクフルト歴史博物館前のカール大帝像 フランクフルト・アム・マインは、2月22日にがの聖エンメラム修道院宛の文書に初めて記述されている。 この文書にはラテン語で次のように書かれている: "… actum super fluvium Moin in loco nuncupante Franconofurd"、すなわち「マイン川の畔にフランクフルトと名付けられた村がある」ドームヒューゲルの集落はから継続的に存続していることが証明されている。 この村は、おそらくの軍事基地となり、時代にの王宮所在地となった。 にフランクフルトはしばしばの最も重要な王の居城であり、の開催地となった。 フランクフルトはにとなった。 のは、フランクフルトを恒久的なの選挙開催地に指定した。 しかしそれ以前のからすでにほとんどの王の選挙がこの街で行われている。 からは皇帝のも、の最後のの戴冠に至るまで、フランクフルトで挙行されるようになった。 、旧帝国の滅亡に伴い、フランクフルトは領主司教の支配下に置かれ、自らの領邦であったレーゲンスブルクおよびとともに内で独立領邦を形成した。 にダールベルクはレーゲンスブルクをバイエルン公に割譲し、これと交換にとを得た。 これらとフランクフルト市やアシャッフェンブルク地方を併せて、1810年からまでの短期間ではあるがを創設した。 体制の崩壊により、フランクフルトは1813年12月14日に戦勝連合国によってフリードリヒ・マクシミリアン・フォン・グリュンダーローデの支配下に置かれた。 1848年のパウルス教会でのフランクフルト国民議会 ではフランクフルトの併合を目論んだが、6月8日に会議はフランクフルトを内の自由都市とすることを決定した。 これによりフランクフルトは、、と並ぶ 4つの自由都市の一つとなった。 この伝統的な都市自由権は近代に至るまで存続した。 ドイツ連邦の連邦議会はフランクフルトで開催された。 、ドイツでが起こった。 招集されたはフランクフルトので開催された。 のでは、フランクフルトは連邦に忠実であった。 公式な立場はオーストリアや皇帝の側であったが、経済や外交的理由からとの連携を支持するべきだとの意見が古くからあった。 この街は7月18日にプロイセンのライン軍によって占領され、重い軍税を課された。 10月2日にプロイセンはこの都市を併合し、これによりこの都市の独立は失われた。 フランクフルトはヘッセン=ナッサウ州ヴィースバーデン県に編入され、軍税の支払いはその後免除された。 にプロイセンは、上級市長を市の代表者とする市参事会制度をフランクフルトに布いた。 、はをもって公式に終結した。 プロイセンによる併合は、市の急速な人口増加を伴う工業都市への発展にとって有利であった。 フランクフルトは、からまでの間に何段階にもわたって周辺の町村を合併し、その面積を 70 km 2 から 135 km 2 に拡大した。 これによりフランクフルトは20世紀の初めには、短い期間ではあったが、ドイツで最も広い都市となった。 急速な人口増加に伴い市は公的なを整備していった: 多くの学校やマイン川の橋、上水道、下水道、近代的な職業消防隊、屠殺場および食肉加工場、マルクトハレ、路面電車、駅、港などが含まれる。 その後の工業化はまず、ボッケンハイム区や、マインツァー・ラントシュトラーセあるいはザクセンハウゼン・ラントシュトラーセといった街道沿いで進行し、からに工業地域を伴う東港が整備された。 新たに開発されたこの工業地区の面積は、19世紀末時点でのマインツ側北岸の全市域面積に匹敵するほど広大なものであった。 フランクフルトの伝統的な産業である鋳造や金属加工あるいは活字鋳造や印刷業の他に、化学工場や、の国際電子博覧会以降は電子産業もこの街に進出した。 、フランクフルト市民の寄附によって総合大学が創設された。 第二次世界大戦の空爆でほぼ完全に破壊されたフランクフルト中心部(1945年) フランクフルトは、による破壊を免れたが、プロイセンに属すヘッセンとバイエルンとの国境にあたるその立地のために、食料品や日用品の不足に苦しめられた。 のの際には暴動が起き、時には市街戦が行われる状況が末まで続いた。 1920年代にフランクフルトは文化的隆盛を迎えた。 特に演劇や、近代的キッチンの祖型として国際的に名高いを含む都市計画新フランクフルトプログラムがその代表である。 にで第1回が開催された。 の時代には、11,134人のがフランクフルトから追放され、殺害された。 これにより、密集した中世の街並みはまでに失われ、1950年代の復興において古い街並みが復元されることはなかった。 アルトシュタットの多くの部分には、この時代に建設された簡潔で近代的な合目的建造物や合理的道路配置が今日も遺っている。 1945年初頭にはベルサイユ宮殿から移動し(SHAEF)はフランクフルトに司令部を置いた。 終戦後、の軍事政府はこの街を本拠地とした。 その後、フランクフルトにトリゾーン(米英仏管理地域)の統治機関が置かれた。 5月10日、連邦の首都を定める選挙でフランクフルトは、が推すに敗れた。 だが、フランクフルトには既に国会議事堂が建てられていた。 この建物は現在ヘッセン放送が使用している。 戦後フランクフルトは経済の中心地となり、にの所在地となった。 人口推移 [ ] 人口推移グラフ フランクフルトの人口推移については、19世紀になるまでは不正確な推定値に基づくしかない。 1810年頃から国勢調査や公式な統計調査がなされるようになった。 中世のフランクフルトは人口約1万人の中規模都市であった。 17世紀に2万人、18世紀に中頃に3万人、1810年頃に4万人を超えた。 自由都市フランクフルトが終焉した1866年までに市の人口は9万人を超えたが、このうち約 78,000人が堡塁施設の内側に住んでいた。 現在そこに住んでいるのは約 7,000人である。 1875年、フランクフルトの人口は 10万人を超えた。 1880年頃にこの街はドイツの10大都市の1つとなった。 1910年の人口は 414,576人で、ドイツで9番目、プロイセンで4番目に大きな都市となった。 第二次世界大戦前に人口は 553,464人にまでに増加した。 第二次世界大戦中には、4,800人以上の一般フランクフルト市民と 12,700人以上のフランクフルト兵士が命を落とした。 また、約3万人のフランクフルト在住ユダヤ人のうち約 12,000人がによって殺害された。 1945年末のこの街の人口は約 358,000人で、戦争により住民の約半数が亡くなった。 その後人口は、1951年に戦前の1939年の状態に復し、1963年に 691,257人の史上最大数となった。 周辺への人口移動によって1986年までに人口は 592,411人と減少したが、その後再び増加して、 2010年12月31日現在の人口は1986年から14. この間の最後の5年間は平均で1年あたり約 7,000人の増加が見られた。 こうした折り返し傾向は、独居世帯の不釣り合いな増加や、住宅地の増加と関連している。 2009年12月31日の調査に基づき統計および選挙住民局が2010年12月に算定した「フランクフルト2030年人口予測」の計算では、フランクフルトの人口は2020年までに約 725,000人に増加し、その後2030年までにわずかに減少して723,000人となると予測されている。 これは副人口(ドイツでは主な住所と別に副住所を登録できる)を併せた全人口に対する推定値である。 市の調査によれば、2012年6月30日現在の人口は、700,256人で、初めて70万人を超えたことになる 宗教 [ ] フランクフルト大聖堂 聖バルトロメウス教会 フランクフルトには数多くの宗教団体や、公式には宗教団体と認められていない世界観を共有するグループが存在している。 しかし、フランクフルト市民の多く、特にや、などは、組織的に連携しているわけではない。 現在の大聖堂の場所には、7世紀からすでに小さな教会があった。 12世紀末から急速に数多くの教会や礼拝堂が、あるものは市民の喜捨により、あるものは教団の下部組織として、建設された。 1533年、フランクフルトでもがなされた。 しかし、1548年の以後、の参事会教会と修道院がカトリック教会組織に復した。 これは、カトリック教徒である皇帝との衝突を避け、市の特権(特にと皇帝選挙の開催権)を護るためであった。 1555年の以降1806年まで、わずかに残ったカトリック教徒に対して市民権は例外的にしか与えられなかった。 フランスから亡命したは、1554年にドイツで最初のユグノー派の街を造った。 は、1786年からフランクフルトに教会を有していた。 1866年に改革派教会と教会は合同し、 ()と呼ばれるが形成された。 1933年にフランクフルト・アム・マイン福音主義領邦教会は国からの圧力により、ヘッセン福音主義領邦教会およびナッサウ福音主義領邦教会と統合され、ヘッセン=ナッサウ福音主義州教会になった。 この合同教会は後の1947年に EKHN という名称の州教会に生まれ変わった。 これとは別に、1976年にフランクフルト市に合併したベルゲン=エンクハイム地区の教会共同体は、 ()に属している。 18世紀、さらには19世紀、20世紀の移住者によって、カトリック教徒が教徒に迫る勢いで増加した。 フランクフルトのカトリック教徒は、1917年までは一つの組織にまとめられていたが、その後次第に多くの小教区を形成していった。 この街のカトリック教会は主にリンブルク司教区に属すが、ベルゲン=エンクハイムはフルダ司教区に、1972年に合併した市区であるハルハイム、ニーダー=エルレンバッハ、ニーダー=エシュバッハ区はマインツ司教区に属す。 宗教改革導入以降しばらく、フランクフルト・アム・マインは伝統的にルター派が優勢な都市であった。 しかし、2007年発行の統計書によると、教徒の住民は1990年から2006年の間に220,000から143,555人 外国籍3,040人を含む に減少し、ローマ・カトリック教徒の住民が206,100から155,171人 外国籍43,333人を含む の減少に踏む止まったので、カトリック勢力が優勢な都市に変わった。 キリスト教徒を全部合わせても住民の5割以下に過ぎない現実がある。 カトリック、プロテスタントの 2大宗派の他に、、、やその他のキリスト教系宗教団体がフランクフルトに存在している。 これには、、、が含まれる。 フランクフルトのは、1150年に初めて記録されている。 中世では 1241年と 1349年の 2回、フランクフルトのユダヤ人は迫害の犠牲になっている。 1462年から1796年までユダヤ人はに住むことを強いられた。 1806年になってやっと彼らは他の宗教信者と同等に扱われるようになった。 フランクフルトは、ドイツで最も早い時期にあたる1864年にユダヤ人に対して無制限の同等性を認めた街である。 1930年頃、フランクフルトには約 28,000人のユダヤ人が居た。 国家社会主義の時代、そのほとんどが追放され、あるいは殺害された。 大規模だったシナゴーグはによって破壊された。 11,134人のフランクフルトのユダヤ人がホロコーストによって殺害された。 終戦時、この街で生き延びることができたユダヤ人は約 160人だけであった。 終戦直後からすぐに、東欧から追放されたユダヤ人たちによって新たなユダヤ教組織が形成された。 現在この街のユダヤ教団は約 7,200人が所属するドイツでも大規模な教団の1つである。 フランクフルト最大のシナゴーグはヴェストエントシナゴーグである。 1959年にザクセンハウゼン区に建設された Ahmadiyya Muslim Jamaat の ヌール・モスクは、フランクフルトで最初のであり、ドイツでも最初期のものの一つである。 その後フランクフルトには様々なのモスクが建設されていった。 (モルモン教)はヨーロッパ中央地域の本部をフランクフルト・アム・マイン(エッケンハイム)に置いている。 さらにエッケンハイムとヘーヒストの2つの教会組織を有している。 フリードリヒスドルフのフランクフルト寺院は、1987年に建設された当時としてはドイツ初のモルモン教寺院である。 フランクフルトの市外ではあるが、に、1964年からヨーロッパで唯一の教団の祈祷所がある。 この他、フランクフルト中心街には、1845年に創設され、1000人以上の会員を有するの自由宗教団がある。 行政 [ ] フランクフルト市庁舎 フランクフルト基本条例とヘッセン州自治体法がこの街の骨格を定めている。 フランクフルトは、2013年現在、との連立野党と上級市長ペーター・フェルトマンによって運営されている。 2012年7月1日にそれまでの上級市長ペトラ・ロートが引退を宣言し、ペーター・フェルトマンがこの職に就任した。 の候補者であったフェルトマンはCDUの候補者でヘッセン州内務大臣のボリス・ラインに対して、2012年3月15日の決選投票で 57. ラインは、3月11日の一次選挙の時点ではフェルトマンの票を上回っていた。 議会 [ ] フランクフルト市の市議会は、93議席からなる。 政党別議席数は以下の通りである 政党 得票率 議席数 30. 金と青の爪、嘴、舌で威嚇している。 解説: フランクフルトの鷲は単頭の帝国鷲であり、その起源は13世紀に遡る。 帝国都市として帝国に依存していることを示す徴として鷲は冠を被っている。 1841年に彫刻家エドゥアルト・シュミット・フォン・デア・ラウニッツが現在の紋章のデザインを作成した。 1920年代にはグラフィックデザイナーのハンス・ライスティコフによる過激なまでに簡略化されたバージョンが用いられた。 当時の上級市長ルートヴィヒ・ラントマン(1924年 - 1933年)は時代精神に従い、鷲のこうした的デザインを採用したのであった。 しかしこのデザインは市民には不評であった。 1936年には古い紋章が再び使用されることとなった。 第二次世界大戦後、1936年に確定された紋章は1952年の基本条例で公式に制定されたが、新たに異なる鷲の表現方法も試みられた。 ライスティコフの鷲は現在では、フランクフルト市の栄誉メダル、市史研究所の旗、フランクフルト・アム・マイン消防スポーツクラブの紋章などの特殊な場合に限って用いられている。 姉妹都市 [ ] フランクフルト・アム・マインは、以下の都市と姉妹都市関係を結んでいる。 (、)1960年• (、)1966年• (、)1970年• (、)1988年• ()1990年• ()1990年• (、)1991年• (、)1991年• (、)2011年• 2012年• 、 2015年 また、1967年に当時は独立した自治体であったニーダー=エシュバッハとフランスのとの間で姉妹自治体協定が結ばれた。 友好都市は以下の都市がある。 (、)1979年• (、)1980年• (、)1989年• (、)1990年• (、)2005年 2006年から中国南部の都市との間で経済協力振興がなされている。 2007年からは、もこれに加わっている。 市の財政 [ ] フランクフルトは、1980年代のCDUの上級市長ヴァルター・ヴァルマンおよびヴォルフラム・ブリュックの下で行った大規模な公共建設政策により、市の負債は8億4千万(1977年)から22億5千万ユーロ(1989年)に増加した。 さらにSPDと緑の党の連合からなる市当局はこの負債を1993年に最大の34億ユーロにまで膨れあがらせた。 これにより、フランクフルトはドイツの大都市(都市州を除く)の中で最も高額な負債を抱えた街となった。 このため、市の監査局は負債をこれ以上増大することを禁じ、市は1994年から予算の強化を開始した。 その後、営業税の大幅増税、支出の削減、そして当面の良好な経済発展により、負債は明らかに減少した。 フランクフルトの2006年の年間負債額は人口1人あたり約 2200ユーロでドイツの15大都市の中で6位( 約 17,000、 約 16,000、 約 13,000、 約 3,800、 約 2,700)である。 良好な税収と財政黒字によって負債は2010年末までに 9億8300万ユーロに減少した。 2008年6月13日に市は、2007年1月1日のを公開した。 それによれば、フランクフルト市は125億2千万ユーロの資産があるが、そのうち118億ユーロが固定資産である。 市はその所有物にたとえば以下のものを挙げている: 1145 km の道路、 44,266 の土地、約 1800棟の建物、58. 6 km の路線、椰子庭園の約 2500種の植物、動物園の約 580種4500頭の動物、4902 ha シュタットヴァルトなどである。 すべての建物の中で最もが高いのは5800万ユーロの大聖堂である。 市の自己資本は 82億9000万ユーロで、自己資本率は 66. 債務は18億ユーロで、これは主として年金に充当するための引当金(12億ユーロ)である。 2007年と2008年に市は、年間の黒字を 5億ユーロ以上とする目標を達成した。 しかしその後、金融危機のために税収は年間 4億ユーロ以上減少した。 市は2009年にわずかながら黒字に転じた製造業の2010年、2011年に期待をしたが、少なくとも翌2013年まではネガティブな結果を予測している。 主な理由は、フランクフルト市の最も重要な財源である営業税の伸びである。 2008年の営業税は史上最高額の 16億4千万ユーロであった。 これによりフランクフルトはミュンヘン(19億ユーロ)に次いでドイツで最も営業税収入の多い都市となったが、ミュンヘンの人口はフランクフルトのほぼ 2倍ある。 2010年の営業税収入は13億ユーロ、2011年の予算では11億ユーロと推定されている。 経済と社会資本 [ ] フランクフルトのバンケンフィアテル(銀行街) 2001年に作成されたのランキングリストによれば、フランクフルトはヨーロッパで最も生産力(一人あたりの)の高い街(、、をおさえて)である。 この街は現在、ヨーロッパで最も裕福で、ポテンシャルの高い街の一つである。 それは、この街に国際的企業の支店・代理店が多くあることにもつながっている。 の年次研究(ヨーロピアン・シティー・モニター 2009)では、フランクフルトは国際コンツェルンにとってヨーロッパで最適な街の3位(、パリに次ぐ)に20年前からランキングされている。 フランクフルトはヘッセン州にとって最も重要な中心都市である。 生活費が世界で最も高い都市に関する調査が報道部によって 2011年12月に行われ、フランクフルトはドイツで1位、世界で10位に位置づけられた。 労働 [ ] フランクフルトには 622,600人の就労者がおり 、このうち約 49万人が社会保険を義務づけられた被雇用者である。 フランクフルトはドイツで最も労働密度が高く、通勤者の多い街である。 2010年現在のこの街への通勤者は1日あたり 325,485人で、この街から他の街に通う通勤者は 68,080人であった。 500社以上約 75,000人がで働いており、この空港はドイツ最大の職場となっている。 業種別では金融・保険業が最大の業種で、約 72,800人が務めている。 社会保険を義務づけられた全日制労働者の平均月額給与は、2010年現在 3,619ユーロで、2000年よりも約 600ユーロ上昇している。 報酬は職種によって明らかに異なっている: 接客業や単純なサービス業の給与は 2000ユーロ以下であるのに対し、IT関連では 4,500ユーロ、金融関連では 5,400ユーロを超える。 こうした高額給与所得者はわずかに約 46,700人ほどである。 一方、約 26,000人の失業者がいる。 この街の高い経済力は、平均を超える収入をフランクフルトで稼いだ通勤者を通して、近隣、特にフォルダータウヌス地方の市町村の金庫も潤沢にしている。 このためドイツの豊かな郡トップ 5の中に隣接する郡が 2つランクされている: を郡庁所在地とするとを郡庁所在地とするである。 さらにフランクフルトは、人口1人あたりあるいは就労者1人あたりのおよびGDPがドイツの大都市の中で最も高い街である(2007年現在)。 生活 [ ] の2012年の調査によれば、フランクフルトは生活の質が高い世界の都市ランキングで 7位に位置づけられた。 ドイツでフランクフルトよりも上位であったのは、の4位とで 6位であった。 エコノミストの同種の調査(2011年)では、フランクフルトは 18位で、ドイツでこれよりも上位だったのはの 14位だけであった。 Wealth Report(2013年)は Quality of Life 部門でフランクフルトを 5位に挙げている。 犯罪 [ ] 人口 20万人以上のドイツの都市の中で、フランクフルトは人口あたりの犯罪が最も多い。 2011年の犯罪頻度は、人口10万人あたり 16,137件であった。 犯罪統計においてこの街はトップの座を占めており、メディアは時にこの街を「犯罪の首都」 や、「ドイツで最も危険な街」 と報じる。 フランクフルト警察署は、機関紙の中であらゆる犯罪の頻度を他の大都市と比較しながら公開している。 ドイツで最も多い通勤者を有するこの街では、日中には市民に加えて毎日 26万人が滞在している。 さらに訪問客や旅行客、すなわち年間約150万から 250万人に及ぶメッセの客や約5300万人に達する空港利用客が市域に存在している。 荷物の窃盗、パスポート犯罪、入国管理法違反や航空交通法違反などである。 市の機関や委員会も、犯罪統計に解説を付けた公報を発行している。 犯罪種別ごとに細分化された考察すると、フランクフルトは犯罪とがドイツで1番多く、、単純な、がトップグループにある事がわかる。 や銀行口座の詐欺は、実際の犯行現場とは無関係に当該銀行の本店所在地に記録される。 判明した麻薬犯罪や不正乗車の件数が多いのは、空港や交通の乗換駅での強力なチェックの結果である。 地元企業 [ ] フランクフルトほど様々な分野(化学コンツェルン、広告代理店(たとえばのドイツ本部やの支社など)、ソフトウェア会社、コールセンターなど)の国際的リーディングカンパニーが数多く集まっている街は、ドイツでは他にほとんどない。 、DBフェルンフェアケールAG、その他のの主要部門や子会社のDBネッツAGといった旅客交通の中枢がガルスのDBセンターに集まっている。 また、フランクフルトはを擁し、長年にわたって「世界の薬局」として重要視されてきた。 このヨーロッパ3大化学・医薬品企業の1つの所在地がインドゥストリーパーク・ヘーヒストである。 食品コンツェルンのやのドイツセンターやドイツ最大の・グループであるラーデベルガーグループの本社もフランクフルトにある。 さらに4大会計監査会社の1つであるは、ヨーロッパ本部をフランクフルトに置いている。 プライスウォーターハウスクーパースはドイツセンターをフランクフルトに置いており、は支店を、は下部組織をエシュボルン区の市境付近(フランクフルト市外)に有している。 この他にも大規模な経営コンサルタントや国際法律事務所のいくつかがフランクフルトを拠点としている。 金融業 [ ] フランクフルト・アム・マインは、重要な金融都市・証券取引の街であり、ヨーロッパの代表的なの一つに数えられている。 の調査によると、世界23位の金融センターと評価されている。 に発表された「」では、世界11位と評価された。 フランクフルトには、およびの他に、ドイツの 4大銀行 が本社を構えている: 、、(ドイツ復興金融公庫銀行)、である。 ドイツ銀行 とコメルツ銀行 はユニバーサルバンクであり、世界中に支店を有している。 KfW銀行グループの主業務はやの支援であり 、DB銀行はの中心となる存在である。 DB銀行の子会社であるウニオーン・インヴェストメント、DVB銀行、ライゼ銀行もフランクフルトに本社があり、さらにドイツで2番目に大きな信用協同組合であるフランクフルター・フォルクスバンクもこの街を本拠地としている。 公立あるいは半公立の金融機関では、 ヘラバ)、Deka銀行、レンテン銀行、フランクフルト貯蓄銀行がフランクフルトに本店を置いている。 ドイツ最大の もフランクフルトに本社がある。 これに加えて、SEB AG、バンクハウス・メッツラー、ハウク・ウント・アウフホイザー、デルブリュック・ベトマン・マッファイ、BHF銀行、コーリアルクレジット銀行といった重要な民営銀行のいくつかが本社やドイツ本部をフランクフルトに置いている。 また、エシカルバンク(社会貢献度の高い企業に低金利で長期の融資を行う銀行)のやの支店もフランクフルトにある。 2010年末現在、154行の外国銀行がフランクフルトにドイツ本部を置き、さらに40行が事務所を構えている。 が運営する証券市場、とを有するフランクフルトはヨーロッパで2番目に大きな証券市場であり、ドイツの証券取引の大部分を担っている。 時価総額で見た市場規模では、ドイツ取引所は世界最大の証券取引所運営企業である。 さらに国際的なである、、の3社はフランクフルトにドイツ本部を置いている。 この3社はこの業界の「ビッグ・スリー」と称される機関である。 国際金融センターとしてのフランクフルトの重要性は近年さらに高まっている。 EIOPA や、EU金融市場のシステミックリスクを早期発見、予防、撲滅を目的とする ESRB をはじめ、数多くの超国家的金融機関がフランクフルトで設立されている。 さらに2013年からは、欧州中央銀行内の欧州銀行監督機構が、ユーロ圏の 6000以上の銀行を統括して監督する。 DZ銀行 建築・不動産業 [ ] フランクフルトには約 11,300社の建築・不動産業者があり、29,900人が働いている(2008年現在)。 1999年には 36,000人以上がこの職種に就いていた。 大手企業としては、DTZツァーデルホーフ、Jones LangLaSalle、BNPパーリバス・レアル・エステイト、ビルフィンガー・ベルガー、ホーホティーフ、ポル・ドイチュラント、テケム、ナッサウイシェ・ハイムシュテッテ、ABGフランクフルト・ホールディングス、ワイス・ウント・フライターク、ヴィザク、Ed. チュープリン、アルバート・スペアー・アンド・パートナーがある。 不動産所得税の課税対象となる取引の売上高は、2008年現在で 40億ユーロを上回った。 夕暮れのツァイル 小売業 [ ] インネンシュタット区の全長 600 m のツァイルは、フランクフルトで最も有名で、最も売上高の高いショッピング街である。 の調査(2012年7月17日現在)によると、1時間あたり最大13,120人がこの街を訪れた、ドイツで最も人通りの多いショッピング街であった。 また、ツァイルは2009年にドイツの小売り商業地の賃貸評価額で2位となった。 店主は、最高で 1 m 2 あたり265ユーロの賃借料を支払うこともある。 2009年2月、パレー・クヴァルティーアに新しいショッピングセンター「マイツァイル」がオープンした。 ツァイルにの価格帯の店が好んで出店するのに対して、近くにあるゲーテ通りは高級ショッピング街として知られている。 2012年の調査では、ゲーテ通りは 1時間あたり 1,520人が訪れるドイツで 5番目に人通りが多い高級ショッピング街であった。 この他のフランクフルトの重要なショッピング街としては、ドイツ最大級のショッピングセンターの一つであるノルトヴェストシュタットの「ノルトヴェストツェントルム」、ベルゲン=エンクハイムの「ヘッセン=センター」、フランクフルト市内ではないものの、隣接するズルツバッハの市境沿いにある「マイン=タウヌス=ツェントルム」がある。 この他の市区にもショッピング街がある。 ボルンハイムのベルガー通り、ザクセンハウゼンのシュヴァイツァー通り、ボッケンハイムのライプツィガー通り、のケーニヒシュタイナー通り、インネンシュタットからノルトエントに通じるエーダー・ヴェークなどである。 さらに 2011年から新たに「スカイライン・プラザ」の建設が始まった。 これは、オイローパフィアテルの旧貨物中央駅跡地に建設されるショッピングセンターで、完成後には 180店舗が出店予定である。 自動車製造業 [ ] フランクフルトには多くの外国自動車メーカーのヨーロッパ本部やドイツ本部がある。 たとえば、(やを含む)やなどである。 隣接する市町村では、にはやがあり、にはがある。 さらに近隣のにはや本社がある。 日本の自動車メーカーであるは、にデザインセンターを有している。 にはの北ヨーロッパ本部と開発デザイン部門や、のヨーロッパ販売センターがある。 さらに自動車部品製造業も盛んである。 は、生産、管理、開発の拠点をフランクフルト、エシュボルン、シュヴァルバッハ、カルベン、バーベンハウゼン、フリートベルクに有している。 これらの自動車メーカーおよび自動車部品製造業者は、ライン・マイン・ネッカー自動車クラスターに参画している。 ITおよびテレコミュニケーション産業 [ ] および部門の企業もフランクフルトには多くある。 大資本と連携している企業として、、フィナンツ・インフォマティーク、DBシステル、ルフトハンザ・システムズがある。 テレコミュニケーションサービスのやレベル 3 コミュニケーションズ、テレコミュニケーション設備のは、フランクフルトにドイツ本部を置いている。 ドイツのは、フランクフルトにある DENIC が管理している。 (ヨーロッパタワー)にある国際ネットマネジメントセンター INMC は、の国際電話および国際データネットワークの運営、保守を行っている。 フランクフルトに本社を構えるデック 13 インタラクティヴ、ケーン・ゲームス、(クライテック)は、いずれも評判の高いコンピュータ・ゲームの開発会社であり、やの本社もこの街にある。 IT系企業が特に多く集まっているのが、ハーナウアー・ラントシュトラーセ、マインツァー・ラントシュトラーセ、グートロイト通り沿いの旧工業地域である。 より広域のフランクフルト大都市圏では、、、、、に集まっている。 フランクフルトは、ライン=マイン=ネッカー IT クラスターの一部をなしている。 業界団体、規制委員会 [ ] 化学工業連合会 VCI 、光学工業連合会、ドイツ機械・設備製造連合会 VDMA 、電子技術規制委員会を有する電気技術・電子・情報技術連合会、ドイツ調理師連合会、ドイツ通信販売連合会、自動車工業連合会 VDA といった業界団体がフランクフルトにある。 VDA は、2年毎にをフランクフルトで開催している。 を組織しているドイツ書籍協会もフランクフルトに本部がある。 公益科学技術協会である DECHEM科学技術、バイオテクノロジー協会 e. は、数多くの賞を授与し、メッセ・フランクフルトとともに科学技術、環境保護、バイオテクノロジーの世界最大の見本市(アヘマ)を3年に1度開催している。 労働組合 [ ] ドイツ労働組合連合会に属す金属業界労働組合、農業環境業界組合、教育・研究者組合 GEW の本部がフランクフルトにある。 この他、機関車運転手労働組合もフランクフルトに本部を持つ。 見本市 [ ] フランクフルトは見本市で世界的に知られており、その起源は「メッセ(Messe)」と呼ばれる大規模な定期市にある。 メッセは日本では大市とも呼ばれ、年市(Jahrmarkt)と呼ばれる定期市の中で最大規模の催しを指す。 当時のメッセは商品を直接売買する現物市であり、がこの街にメッセ開催の特権を与えた。 その保護の下でフランクフルトには毎年ヨーロッパ各地の交易品が集まり、1330年には春のメッセも開催された。 内で2番目に大きなメッセ開催都市であるとフランクフルトとの間は、ヴィア・レギアという広域幹線道路で結ばれていた。 18世紀以降に衰退した時代があったが、19世紀にはドイツ各地で工業博覧会が開催され、メッセという語は見本市も指すようになり、第二次世界大戦後には市の伝統と再び結びついた。 これに加えて、、、アヘムやアンビエンテが開催されている。 一方、近年は「テンデンス」と呼ばれている伝統的な秋の見本市は、その重要性を失いつつある。 フランクフルトモーターショー(2005年) 新たな経済発展 [ ] の依頼を承けた経済研究グループは、毎年、世界で最も重要なビジネスセンターがどこであるかという調査を行っている。 この調査でフランクフルトは2007年に第7位となった。 このランキングには国内よりもグローバルであることが求められるため、ドイツの他の都市よりも高いランキングとなっている。 この街の経済発展におけるグローバル化の重要性はフランクフルト経済が1980年代からの数十年で経験した大きな構造変化にも現れている。 対象企業 30社のうち、1988年から 5社が、1990年から1996年には 6社がフランクフルト・アム・マインにあった。 このうち 3社が銀行(、、)、3社が工業系企業(、、)であった。 しかし2007年半ばからフランクフルトのDAX対象企業は3社だけになった。 このうち2社が銀行(コメルツ銀行とドイツ銀行)、サービス系企業が1社()である。 構造変化は、1980年代にまず、フランクフルトで伝統的に強い金属業界や電子業界で起こった。 ハルトマン・ウント・ブラウン、フェライニクテ・ドイチェ・メタルヴェルケ、デマグ、ナクソス=ウニオーン、アドラーヴェルケ、VDOといった会社が、多くは吸収・合併の後、フランクフルトの工場を閉鎖したり、本社を移転したりした。 かつてドイツで 2番目に大きな電子機器コンツェルンであった は、1982年に債務超過の末にに吸収され、長年にわたる経済的衰退の結果、1996年に解体された。 メタルゲゼルシャフトは、GEAグループに吸収された後、2005年にに移転した。 インドゥストリーパーク・ヘーヒスト フランクフルトは、世界最大級の化学・医薬品産業の所在地であるにもかかわらず、この街に本社を置く大企業はない。 ヘキストAGは1970年代から1980年代には売上高世界第2位の化学・医薬品企業であった。 しかし1977年に代表取締役ユルゲン・ドルマンの下で多くの企業に分割され、それぞれ異なる企業と合併して本社が移転した。 の、の、のなどである。 かつてのヘキストの工場跡地であるインドゥストリーパーク・ヘーヒストは、現在でもヨーロッパで最も広い化学工場用地トップ3の1つであり、1990年代よりもさらに多くの従業員が働いている。 かつて最大の染料メーカーの1つだったフェッヒェンハイムのカッセラAGは、1995年にヘキストAGと合併した。 この事業部門はヘキスト分割に伴って、1997年にクラリアントに属すこととなった。 マインクールの旧カッセラ工場は、その後アレッサケミーGmbH の本社として存続している。 この企業名アレッサケミー AllessaChemie は、カッセラ Cassella の(綴りを逆向きに並べ替えたもの)である。 デグサは2001年に本社をに移し、の・コンツェルンに編入された。 はに伴い、2000年にグループ本社をに移転した。 ただしグループ開発およびその他の中心的な部門、ならびに子会社のDBネットやDBシステルはフランクフルトに残っている。 フランクフルトの高い営業税、高い事務所家賃、高い地価により、企業の周辺自治体への移転が助長された。 ドイツ銀行は1990年代に新しい計算機センターをエシュボルンに建設し、BHF銀行も1997年にに計算機センターを設立した。 2013年に発表されたフランクフルト・アム・マイン商工会議所による景気に関するアンケートによれば、以後、ほぼすべての経済分野で市場は回復傾向にある 2011年9月26日にチコナの新しい生産工場がオープンした。 これはケルスターバッハからインドゥストリーパーク・ヘーヒストに移転したものである。 購買力 [ ] 構造変化にもかかわらず、2006年から2007年の住民1人あたり、あるいは就業者1人あたりの は、ドイツの大都市の中でその地位を保ち続けている。 生活の質や移住誘引力も上述の通り高い状態にある。 古典的な産業の衰退は、フラポートやドイツ取引所といったサービス業の進展や、自動車産業・IT産業分野の国外大企業のヨーロッパ本部あるいはドイツ本部設置によって相殺されている。 一方、この街は金融分野とは全く異なる、の研究都市として発展しようと努力している。 人口増加、失業率、住民あるいは就業者1人あたりのGDPといった指標において、フランクフルトは強力な地位を占めている。 収入はドイツで最も高い水準にある。 高所得の労働者は、主にフランクフルトに隣接する、住宅密度の高いフォルダータウヌス地方の郡部(特に、、、)に住んでいる。 それにもかかわらず、フランクフルトの2012年現在の購買力指標は 117. 5 と平均よりも高い値を示している(ホーホタウヌス郡およびマイン=タウヌス郡のそれは、それぞれ 137. 7、146. 3、ヘッセン州全体では 107. 4 である)。 観光業 [ ] 観光業もフランクフルトにとって有力で成長力の大きい分野である。 ビジネス客や見本市を訪れる人の他、世界中からますます多くの観光客が集まるようになっている。 2007年にフランクフルトを訪れた人は約 250万人で、ベルリン、ミュンヘンに次いで 3番目に多かった。 2009年の訪問者数は 300万人、2010年は 340万人で、、、に次いで4位であった。 人口1人あたりの訪問者数ではフランクフルトがトップであり、統計上は市民1人あたり5人のゲストを迎えたことになる。 交通 [ ] フランクフルト・アム・マイン市はヨーロッパの中央に位置することから、ヨーロッパで最も重要な交通の中継地点の一つとなっている。 鉄道、道路交通、内陸水運、航空が、ここで互いに交差している。 の調査(2009年)によれば、フランクフルトは世界で 8番目に社会資本(航空、公共旅客交通、渋滞状況を含む)が豊かな都市であった。 これは、、、、、といった国際都市よりも上位である。 ドイツではミュンヘン(2位)、デュッセルドルフ(6位)が上位にいる。 世界初の航空会社 は、1909年にフランクフルトで設立された。 フランクフルト空港 空港 [ ] この街は世界最大級の空港の 1つであるを有している。 乗降客数は、ロンドンの、パリのに次いで3番目に多い。 2010年には 5,300万人の乗降客と 220万トンの貨物がこの空港を通過した。 は、その名称から勘違いされるが、フランクフルトにあるわけではなく、西に約 120 km 離れた()にある。 ドイツで 11番目に乗降客数が多いこの空港は、2007年に 400万人が利用した。 フランクフルト=エーゲルスバッハ飛行場もフランクフルトではなく、17 km 南のにある。 道路 [ ] フランクフルト空港に近いフランクフルト・ジャンクションで連邦 A5号線( - )と A3号線( - )が交差している。 このジャンクションは1日に約 32万台が通行するドイツで最も通行量の多いアウトバーン・ジャンクションである。 この他のアウトバーンとしては、西のから東のに至る A66号線が通り、短いがメッセ会場やインネンシュタットへの連絡路として重要な A648号線、からエーゲルスバッハへ南北に貫く A661号線がある。 西のA5号線、北東のA661号線、南のA3号線が、フランクフルトを取り巻くアウトバーン・リングを形成している。 このアウトバーン・リングは2008年10月1日に制定されたウムヴェルトツォーネ(都市環境整備地区)の境界をなしている。 この街に通じる連邦道は、B3号線、B8号線、B43号線、B44号線がある。 市が所有する道路は 1145 km に及ぶ。 フランクフルトには人口 1,000人あたり 715台の自動車があり、ドイツの大都市の中で最も自動車密度の高い街である。 都市アウトバーン(一部は連邦アウトバーン、あるいはアウトバーン風に拡張された連邦道や州道である)が、市内を通っている。 多くの長距離バス路線がフランクフルトと他の都市(ベルリン、ハンブルク、、ミュンヘンなど)とを結んでいる。 フランクフルト中央駅 鉄道 [ ] 鉄道交通では、によってヨーロッパで最も鉄道旅客の多い都市の一つとなっている。 ドイツ鉄道は、フランクフルトをドイツで最も重要な乗換駅と位置づけている。 13路線が乗り入れており、高速鉄道網の最も重要な接続駅となっている。 フランクフルト中央駅は、1日に約 35万人が利用する。 これは、(1日の利用客数約 45万人)に次ぎ、と並んでドイツで 2番目の数である。 また、駅の面積では、、と並んで、ヨーロッパ最大規模である。 この駅を発着する最も長い行程を走る列車は、 - 間を結んでいる。 2002年から、行きの新しい ICE路線が営業を開始し、両都市間の移動時間を 75分に短縮した。 さらに、Rhealys プロジェクトとして、行きの高速鉄道路線もある。 乗客は、フランクフルト中央駅ととの間をわずか 4時間で旅することができる。 は、フランクフルト市内にある高速鉄道網にとって極めて重要なもう一つの駅である。 この駅はフランクフルト南駅とともに、キャパシティーの限界まで運用されている中央駅の負担軽減に寄与している。 貨物鉄道交通における重要性は後退している。 ドイツ鉄道は、フランクフルト西部にあった広大な貨物中央駅を1996年に閉鎖した。 空いた土地は、隣接するメッセ・フランクフルトが一部利用している。 さらにオイローパフィアテルという新しい街区が生まれている。 東駅には現在も、小規模な操車場があり、運用されている。 フランクフルトの近郊鉄道路線図 公共近距離交通 [ ] フランクフルトおよび周辺地域の公共近距離交通は、、一部が 化された市電、、市バスおよび多くのからなる。 Sバーンの8つの駅のうち、7駅がその中にあるシティー・トンネルがインネンシュタットの地下を通っている。 中央駅、ハウプトヴァッヘ、コンスタープラーヴァッヘおよび南駅は、Sバーンおよび Uバーンがともに地下で乗り換えることができる。 この街のローカルな交通機関の運行会社で最大なのが、フランクフルト交通会社 VGF である。 ローカルな交通運行会社 traffiQ GmbH は、近郊交通機関のコーディネイトを行っている。 この会社は、地域交通と統一料金の管理を行うライン=マイン交通連盟のパートナーである。 フランクフルト空港に、1994年に全長 3. 8 km の全自動交通システム「スカイライン」が設けられた。 この路線は、2つのターミナルを結んでおり、遠距離交通駅と将来できる第3ターミナルとの間に新しい路線が造られる予定である。 フランクフルト空港のスカイライン 内陸水運 [ ] フランクフルトは、内陸水運では、を経由して重要な工業地域であるやと結ばれている。 また、を経由して南東部とも結ばれている。 フランクフルトには、西港を住宅・オフィス地区に転換した後も、東港、フルスハーフェン(=川港)・グートロイト通り、インドゥストリーパーク・ヘーヒスト港がある。 自転車道 [ ] マインの川岸には多くの自転車道が通っている。 ヘッセン自転車道 R3号線(ライン=マイン=キンツィヒ自転車道)は、「シュペートレーゼライターの轍」のモットーの下、、、に沿ってを経由してのに至る。 マイン自転車道は、およびの水源からマイン川がライン川に注ぐ合流地点のまで延びている。 D-ルート5(ザール=モーゼル=マイン)は、から、、、マインツ、フランクフルト・アム・マイン、、を経てとの国境までたどる(全長 1,021 km) 電子的コミュニケーション [ ] についてもフランクフルトは重要な街である。 ドイツ最大の DE-CIX と. de に対するドメインを管理する DENICがこの街にある。 トータルの平均データ量で、DE-CIX は世界1位である。 病院 [ ] フランクフルト・アム・マインには、27の病院がある。 下水道 [ ] フランクフルトのの配管システムは、道路の地下を約 1,600 km にわたって張り巡らされている。 1877年に、に最初の下水道が設けられ、1897年に最初のが稼働を開始した。 フランクフルトとハンブルクが、こうした方法での危険を克服しようと試みた大陸で最初の 2つの街である。 国の施設と組織 [ ] 1957年からはフランクフルトに本部を置いている。 1998年から、EU加盟国でユーロ圏に属す国々の金融政策に責任を持つがこの街に置かれた。 2004年からヨーロッパの保険を監督する機関(2004年から2011年までは CEIOPS、それ以後は )の本部がこの街にある。 この他に、ドイツ復興金融公庫銀行(KfW銀行グループ)本社や事務所(の一部)がある。 フランクフルトはまた、の所在地である。 司法機関では、ヘッセン州を管轄するフランクフルト高等裁判所、ヘッセン州労働裁判所、フランクフルト・アム・マイン地方裁判所、フランクフルト・アム・マイン社会裁判所、フランクフルト・アム・マイン労働裁判所、フランクフルト・アム・マイン行政裁判所、フランクフルト・アム・マイン区裁判所がある。 また、2003年末に廃止されるまで連邦懲罰裁判所があった。 フランクフルト・アム・マイン警察本部は、ヘッセン州に7つある警察本部の1つである。 フランクフルトは、ヘッセン州財務局の所在地である。 また、ヘッセン州社会生活保護庁もフランクフルトにある。 1874年に創設された職業消防庁と28の自衛消防団からなるフランクフルト消防隊は、10箇所の消防署に別れて所属している。 フランクフルトには、日本()を含めて92のがある。 各国の首都を除けば、これ以上の外国公館を有する都市はニューヨークとハンブルクだけである。 中国とロシアはフランクフルトにを開設した。 エッケンハイムのアメリカ合衆国総領事館は世界最大のアメリカ合衆国領事館である。 メディア [ ] 新聞、その他の印刷メディア [ ] フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング編集局ビル 世界で最も早くから新聞が刊行されていた都市の一つであるフランクフルトは、2つの全国的な新聞社の本社所在地である。 リベラル=保守系の F. は、編集局と出版局をガルスのマインツァー・ラントシュトラーセ沿いに有している。 左翼リベラル系のは、2005年7月からザクセンハウゼンにある。 さらにフランクフルトでは、ベルゼン=ツァイトゥング(株式市場新聞)も刊行されている。 重要な(保守系)地方紙が、フランクフルター・ノイエ・プレッセ FNP である。 この新聞を刊行しているフランクフルター・ゾシーエテート出版社は F. の出版社のすぐ隣にある。 フランクフルトでは、日刊紙の姉妹紙としてロシア語の週刊紙 MK-ドイチュラントが刊行されている。 日刊紙の他にいくつかの雑誌もフランクフルトのメディア状況を彩っている。 ジャーナル・フランクフルトは、この街のイベント、祭、地元の豆知識などが掲載された最もよく知られた雑誌である。 と FNP と同じようにジャーナル・フランクフルトの編集局もガルス区にある。 ボッケンハイム区のエコ=テスト出版社は「エコロジー関連雑誌」に特化している。 最もよく知られているのは、同名のテスト雑誌「エコ=テスト=マガツィーン」である。 同じくボッケンハイムに、風刺雑誌「タイタニック」の編集局がある。 経営協議委員会(「アーバイツレヒト・イム・ベトリープ」)や職員協議会(「デア・ペルゾナールレーテ」)に関する専門誌が、フランクフルトのヘッデルンハイム区にあるブント出版社から出版されている。 ラジオ、映画、テレビ [ ] フランクフルトで最も古い放送局は、1924年に設立された南西ドイツ放送サービスAG(現存するとは別)である。 現在はその後継企業であるが、この街のラジオおよびテレビの最も重要な報道機関である。 また、ARDシュテルンプンクトもある。 この会社は、共同制作した番組(たとえば「ダス・エルステ」)を高速ネットワークを介して送信局に提供している。 アメリカ軍の放送局 も1945年8月からフランクフルトに本部を置いていた。 しかし、兵力の削減に伴って、フランクフルトの AFN施設は閉鎖された。 2004年10月以降、AFNのヨーロッパ向け放送は、から送られている。 アメリカ合衆国のメディア・コンツェルン は、フランクフルト=インネンシュタットのノイエ・マインツァー通りにドイツ・スタジオを有している。 これらに加えて、RTLグループのラジオスタジオもある。 フランクフルトのマインFMなどの、ラジオ専門放送局もある。 さらに、民間ではあるが営利企業ではないラジオ放送局ラジオXもある。 この放送局はコンスタブラーヴァッヘの近くにある。 この地域で最も古く、最も大きなラジオ局ヒットラジオ FFH は、1989年にフランクフルトで設立された。 この放送局は 2001年以降フランクフルトと境を接するから放送を行っている。 フランクフルトには若者向けの情報番組や音楽番組を放送している iM1-TV の放送センターがある。 ダルムシュテッター・ラントシュトラーセにはホーム・エンターテイメント社や映画会社 のドイツ・センターがある。 さらにのドイツ映画部門もフランクフルトにある。 ラジオ・ボブは、フランクフルト・ルントシャウの社屋内にマーケティング部門を置いている。 フランクフルトには通信社(メッセタワー内)やの本部もある。 は研修センターをフランクフルトに置いている。 教育と研究 [ ] フランクフルト大学ヴェストエントキャンパスの IG. ファルベンハウス フランクフルト・アム・マインには、2つの総合大学と数多くの専門単科大学がある。 この街で最も有名で、最も古い大学が、(フランクフルト大学)である。 この大学はボッケンハイム、ヴェストエント、リートベルク、ニーダーラート大学病院の 4つのキャンパスからなる。 1971年にいくつかの先行機関から設立されたフランクフルト・アム・マイン専門大学は、応用工学と経済学を重点分野とする大学である。 ザンクト・ゲオルゲン哲学・神学大学は、フランクフルトで最も古い私立大学である。 この大学はドイツ支部によって運営されており、1926年からザクセンハウゼンにある。 この他に多くの単科大学がある。 フランクフルト金融・マネジメントスクールは、かつての銀行アカデミーと銀行学単科大学から創設された大学で、フランクフルト=オストエントにキャンパスがある。 2001年に開校した FOM経済・マネジメント大学 FOM はヴェストエントに学習センターを有している。 2003年に設立されたプロヴァディス国際経営およびテクノロジースクールはインドゥストリーパーク・ヘーヒストにある。 マネジメント国際スクールは2007年からザクセンハウゼンに学舎を有する。 芸術分野では、国立造形芸術大学(シュテーデルシューレ)がある。 この大学は、1817年にヨハン・フリードリヒ・シュテーデルによって創設され、その後、市の所有を経て、1942年に国立の造形芸術大学に昇格した。 他の高名な芸術大学としては、1878年に創設された私立の学校 Dr. ホーホのコンセルヴァトリウム(音楽アカデミー)を起源とするがある。 2003年9月までは、の専門単科大学であるフランクフルト・アム・マイン図書館学学校もあった。 これは学問の場としての図書館で高度なサービスを行うための実務に関する教育・研究を行う専門単科大学であった。 この大学は、2003年9月に閉鎖された。 フランクフルトには、マックス・プランク学術振興協会の欧州法制史研究所、研究所、脳研究所などがある。 総合大学を緊密な関係にあるフランクフルト先端学問研究所は、物理学、化学、生物学、神経学、情報学の論理的基礎研究に対する研究所で、民間がスポンサーになっている。 フランクフルト市民大学は、私企業としてフランクフルト市が組織しているもので、フランクフルト=オストエントに本部を置いている。 ゲームス・アカデミーもフランクフルトに下部組織を有している。 文化と見所 [ ] 賞、栄誉 [ ]• 名誉市民権(この街最大の栄誉)• ゴルデネス・ブーフ(黄金の書)に登録• フランクフルト・アム・マイン市名誉章(1952年から毎年、最大5名まで)• フランクフルト・アム・マイン市市民賞(2002年から毎年、最大5名まで)• フランクフルター・グリュンダー賞(2001年から)• フランクフルト・アム・マイン市ゲーテ章(1947年から毎年、芸術分野で功績のあった人物に贈られる)• フランクフルト市ゲーテ賞(1927年から、当初は毎年、後に3年に1度、ゲーテの誕生日に贈られる。 賞金 5万ユーロ)• 賞(2001年から3年毎)• インテグレーション賞(毎年、個人または団体に贈られる。 賞金1万5千ユーロ)• 国際高層ビル賞(毎年、デカ銀行の後援による。 賞金5万ユーロ)• 賞(3年に1度、ベックマンの誕生日に絵画、グラフィック、彫刻、建築分野の奨励と優れた功績を称揚するために授与される)• 賞(2年に1度、化学、物理、応用工学分野の優れた功績に対して贈られる)• フランクフルト・アム・マイン市レーマー章(無給の栄誉職を長く務めた人物に贈られる。 10年、15年、20年の3段階がある)• スポーツ章(スポーツでのタイトル獲得者や、スポーツ分野での名誉職を務めた人物に贈られる)• 賞(1977年から3年に1度、哲学、音楽、演劇、映画分野での優れた功績に対して贈られる。 賞金5万ユーロ)• 賞(2年毎に人権活動の促進に対して贈られる。 賞金1万ユーロ)• 章(2年毎にグループ活動や住民活動に対して贈られる。 賞金1万ユーロ)• 記念賞(毎年、優れた学術論文に対して贈られる。 賞金2,500ユーロ)• 学術賞(毎年、フランクフルトの市史研究に関する優れたプロジェクトに対して贈られる。 見所 [ ] アルトシュタット [ ] この街で最も重要な3つの見所がアルトシュタットに集まっている。 カイザードーム(大聖堂)、レーマーベルク、パウルス教会である。 特徴的な後期の西塔を持つの聖バルトロメウス大聖堂は、皇帝の選挙と戴冠が行われた場所である。 この大聖堂からレーマー(市庁舎)に通じる道はケーニヒスヴェーク(王の径)と名付けられている。 新たに戴冠した皇帝が、市庁舎への宴のために行列を連ねた通りである。 現在(2013年)、大聖堂前には、や時代の出土品が発掘された ()がある。 ()は、アルトシュタットの中心となっている広場で、14世紀の市庁舎(レーマー)、初期ゴシック様式の旧ニコライ教会、戦争で破壊された後に再建された広場東側の一連の建造物などがある。 地元クラブ(や)がタイトルを獲得した際には、市庁舎バルコニーで祝勝イベントが開かれる。 の際にも、ファンとともにこれを祝った。 は、1786年に取り壊された中世の跣足教会に替えて、1789年から1833年に建設された教会で、1944年までの中央教会として使用された。 パウルス広場はオープンカフェで賑わう。 レーマーベルクとリープフラウエンベルクとの間にノイエ・クレーメ通りがある。 1944年に破壊された後、1954年に新設されたクラインマルクトハレ(訳は「小市場」。 屋内市場)は、平日には150以上のテナントであらゆる種類の食材が売られている。 この他に、アルトシュタット西部にはの生家がある。 現在では閑静な通りのコルンマルクト(訳「穀物市場」)は、中世にはこの市のメインストリートであった。 ゲーテの生家 マイン川沿い、マイン川の橋 [ ] の両岸は、フランクフルト市内で最も魅力的な地域に発展してきている。 ムゼウムスウーファー(博物館堤)の拡張、川岸施設の刷新、旧フランクフルト西港の住宅・産業地域への改変といったプロジェクトが行われ、建築上見所の多いマイン川の橋などがある。 アルテ・ブリュッケ(直訳すると「古い橋」、1222年にはすでに文献に記録されている)は、何世紀もの間、この町で最も重要な建造物であった。 2006年にマイン川の中州に展示ホール「ポルティクス」が建設された。 1869年に開通した歩行者専用橋のアイゼルナー・シュテークは、この街の象徴的建造物の1つである。 この橋の北詰にあるザールホーフとカトリックのレオンハルツ教会はにまで遡る文化財建築である。 イネンシュタット東部のマイン川の橋から見たアルトシュタットとスカイラインは、フランクフルトを表現する画像としてよく用いられる。 イネンシュタットの東側、マイン川の両岸にそれぞれ大きなビーチ・クラブが設けられた。 ゲーテとマリアンネ・フォン・ヴィレマーがデートした場所として文学史に名を遺すゲルバーミューレは現在、行楽地のレストランとなっている。 自然保護地域「シュヴァンハイマー砂丘」は、ヨーロッパで数少ない内陸の1つで、シュヴァーンハイム区西部のマイン川近くにある。 総面積は 58. 5 で、絶滅の危機に瀕した珍しい種を含め多くの動植物が棲息している。 オイローパ塔(Europaturm) フランクフルトは、ヨーロッパでは数少ない印象的なを持つ街であり、このためのをもじって「マインハッタン」とも呼ばれる。 特に多くのが、インネンシュタット西部の銀行地区、バーンホーフスフィールテル東部、ヴェストエント南部に密集している。 最初の高層ビルは1950年代に建設され、1970年代中頃から高さ 150 m を超えるも建造されるようになった。 1953年からフランクフルトの都市建設計画も高層ビルの規定に取り組んだ。 1998年に高層建築構造計画が起草され、2008年に最終決定がなされた。 これは、高層ビルを一定の区画に集中させグループとして取り扱うことを意図したもので、オストエント区の欧州中央銀行新庁舎や中央駅前のバーンタワーといった例外はあるものの、実際に運用された。 1950年代から新規建造物の高さは高くなっていった。 1951年に造られたジュニア=ハウスは高さ 35 m、1953年に開館した AEGホーホハウスは 45 m であった。 1956年には、ハウプトヴァッヘのフェルンメルデホーホハウスが高さ 69 m でこの街の最も高い建物であった。 1960年代には、ホテル・インター=コンチネンタル 67 m 、チューリッヒ=ハウス 68 m といった同じような高さの建物が建てられた。 ジュニア=ハウスとホテルを除き、これらの建物は後に取り壊され、より高い建物に置き換えられた。 ザクセンハウゼン区のヘニンガー塔は高さ120 m で、カイザードーム西塔 95 m を超えたフランクフルトで最初の建物であった。 1960年代に建てられたこの他の高層ビルとしては、たとえば BHF 銀行ホーホハウス 82 m やライン=マイン=センター 84 m がある。 1972年になるとゲーテ大学の AfE 塔が高さ 116 m で最も高い建物であり、1974年に 142 m のシティー=ホーホハウスが建造された。 最初のが 1976年にオープンした 159 m のプラザ・ビューロ・センターであり、1978年に建設されたのジルバー塔は高さ 166 m で当時のドイツ連邦共和国で最も高い建物であった。 とヘラバ=ホーホハウスにより、都市中心部の高層ビル密度は高まった。 1980年代に建てられた建造物は、それまでの高さを超えることはなかった。 この時代の最も有名な建物が 1984年に完成した高さ 155 m のである。 この建物は、地元ではゾル・ウント・ハーベンと呼ばれている。 1990年代には、第2次高層建築ジェネレーションが新たな記録を樹立していった。 メッセ塔は1991年に高さ 257 m でヨーロッパで最も高い建物となり、1997年には高さ 259 m のが建てられた。 この時代の、やはり 200 m を超えた他の建物としては、DZ銀行のやがある。 マインタワーは、屋上プラットフォームに一般人が立ち入りできるフランクフルトで唯一の高層建築である。 ジャパン・センターの 25階にはレストランが、オイロテウムの 22階にはバーがある。 不定期に開催されるヴォルケンクラッツェン=フェスティヴァル(摩天楼祭)の期間中には他の高層建築も一般に開放される。 21世紀には、フランクフルトに他の高層建築が建設された。 、、スカイパー、ガリレオ、ネクスタワーやヴェストハーフェン・タワーなどである。 2011年現在、フランクフルトには高さ 150 m 以上の建物が 12 棟あり、ドイツ高い建物ベスト8がこの街にある。 さらに欧州中央銀行新庁舎とタウヌス塔の2つの超高層建造物が建設中である。 この街でもっとも高い建物は、1978年以降テレコムの放送通信塔であるオイローパ塔(フランクフルト市民からは「ギンハイマー・シュパーゲル」と呼ばれる)で、高さは 337. 5 m である。 オイローパ塔には、回転レストランやディスコなどのビジターエリアがあったが、資金不足から1999年以降閉鎖されている。 ザクセンハウゼン [ ] 1192年に初めて文献に記録されているマイン川南岸のザクセンハウゼンは、フランクフルト方言で「ドリップデバッハ」(川の対岸)と呼ばれている。 この呼び名はイネンシュタットを指す「ヒップデバッハ」(川のこちら側)に対する呼び名である。 中世からここには主に漁師、農民、職人が住んでおり、粗野な言葉遣いや生活態度で知られていた。 18世紀から19世紀にかけて次第に裕福な市民も住むようになった。 やがてザクセンハウゼンの旧市街は人気の飲食店街となった。 しかし、アメリカ軍駐屯地が閉鎖された後、この街は訪れる人の減少に苦しんだ。 これ以後、空き家や荒廃した建物が目立つようになっていった。 それでも伝統的な、一部はとても古くから続くリンゴ酒酒場が残った。 市は、この地区の復興に尽力した。 その結果、飲食店の他に小さなオフィスやアトリエが開設され、日中も活気が高まっている。 ザクセンハウゼンのマイン河岸で他を圧する建物が、1875年から1881年に建設された教会である。 また、マイン川に沿って博物館が点在している。 ザクセンハウゼンでは第2土曜日ごとに、ドイツ最大級のが開催される。 ザクセンハウゼン北部シュヴァイツァー広場周辺の古い家屋は、小売店やレストランが混在する人気の住宅地となった。 「アドルフ・ヴァーグナー」や「ツム・ゲマールテンハウス」といったリンゴ酒酒場の他にモダンなカクテルバーも営業している。 また、南部には、1960年代に建設された「レルヒェスベルク」などの高級住宅街がある。 さらに、ザクセンハウゼン旧市街の東側にあった旧屠畜場跡に、1990年代以降新しい住宅地ドイチュヘルン地区が建設され、人気の住宅地に発展した。 新しい地域の象徴的建造物が、高層ビルのマイン・プラザである。 この他、ザクセンハウゼンの区域内には、シュタットヴァルト内にドイツで最も高い木造建造物の 1つであるゲーテ塔や、「」で知られる旧穀物倉庫のヘニンガー塔がある。 ヘニンガー塔 中央駅とバーンホーフスフィアテル [ ] 1888年にオープンした中央駅は長距離列車の本数や乗降客数で、ヨーロッパ最大級の駅の 1つである。 巨大な 5つの、様式を留めて保存された駅舎、見切れないほどの地上および地下施設は、見応えのある強い印象を示す構造物である。 バーンホーフスフィアテル(訳「駅周辺地区」)は、文化のるつぼである。 ここにはオフィスや異なる文化圏の様々な種類のレストランが混在している。 タウヌス通りをはじめとする歓楽街だけでなく、それ以外でもバーンホーフスフィアテルは 24時間活動している街である。 この地区は国際的な交通の要衝であることが都市にもたらす問題点の典型例でもある。 通勤客や銀行員、国際的なメッセ参加者、日帰り客が作る人の流れのすぐ傍らに、物乞い、アルコール中毒者、薬物中毒者がたむろしている。 中央駅の出入り口から直接目にできるカイザー通りは、市ので、多彩な文化の小売店、泡沫会社乱立時代の古い建物からなる歓楽街のすぐ隣に近代的な銀行の高層ビルが建っている。 シュテーデル美術館 博物館とギャラリー [ ] この街は多彩な文化プログラムを提供している。 大小 60館以上の美術館、博物館、展示場からなるユニークな博物館群もその 1つである。 これらは主にマイン川の両岸に位置している。 ムゼウムスウーファー(博物館堤)の原型となった、1968年にティル・ベーレンスによって計画されたフランクフルトの緑地・マイン河岸コンセプトは、1980年代初めから実際に緑地が巡らされ、現在も継続されている。 マイン川のザクセンハウゼン側にあたるムゼウムスウーファーには、、リービークハウス美術館、コミュニケーション博物館(かつての郵便博物館)、ドイツ建築博物館 DAM 、ドイツ映画博物館、世界文化博物館、実用芸術美術館(かつての工芸美術館)といった有名な美術館や博物館が並ぶ。 美術館やギャラリーとしては、シュテーデル美術館(絵画) 、リービークハウス美術館(彫像) 、近代芸術美術館 MMK 、シルン芸術ホール 、ドイツ建築博物館 DAM 、ドイツ映画博物館 、ドイツ実用芸術美術館 がある。 歴史博物館としては、修道院内の考古学博物館 、歴史博物館(市史) 、ユダヤ博物館 がある。 技術系の博物館としては、コミュニケーション博物館 、フランクフルト軽便鉄道博物館 、フランクフルト交通博物館(路面電車) 、エクスペリミンタ 、フランクフルト歴史鉄道協会の 、ホーホフート技術コレクション がある。 ノルトエント地区の EXPLORA は視覚と錯覚の博物館である。 ここには多くのの絵、、や新しい形の視覚効果を体験することができる。 は世界的に有名な自然科学の博物館であり、に登録されているから出土したを見ることができる。 民族学の博物館としては、世界文化博物館がある。 芸術活動には、シルンの向かいにあるフランクフルト芸術協会 、シュテーデルシューレ(国立絵画芸術大学シュテーデルシューレ)の他、多くの私立芸術ギャラリーや入れ替え展示室がある。 ギャラリーは異なる専門分野に分かれた古典芸術から現代芸術に至るまでさまざまなものがある。 入れ替え展示室は多くの芸術家や若い芸術研究者が利用しており、たとえばザクセンハウゼン地区の展示ホールやボルンハイム地区の展示スペース EULENGASSE 65 などがある。 アルテ・オーパー 1880年に開館したは、戦後1981年にコンサートホールとして再建された。 は、その名の示すとおり「かつてのオペラ座」、現在はコンサートホールであり、によるオペラは市立劇場内で上演される。 ドイツ語でもAlte Oper、Oper Frankfurtと、混同しやすい。 この他のコンサートホールとしては、ウンターリーダーバッハ地区のヤールフンデルトハレ、ボッケンハイム地区の祝祭ホール、の放送ホールがある。 ノイエ・マインツァー通りの「ディ・コメディエ」 と事務棟の「フリッツ・レーモント劇場」 は、この街で有名な 2つの大衆劇場である。 フォルクステアーター・フランクフルトは、古典的な方言劇の他に古典劇や現代劇を方言に翻案した作品を上演している。 よく似たコンセプトの劇団が、俳優ミヒャエル・クヴァスト主宰のフリーゲンデ・フォルクスビューネである。 ザ・イングリッシュ・テアトルはヨーロッパ最大の英語劇場である。 近代舞台芸術(パフォーマンスやダンスなど)のためのフランクフルト最大で広く知られている劇場がボルンハイムのモウゾントゥルム芸術ハウスである。 演劇グループやアンサンブルのためのステージとなっているのが、ガルス地区にある旧アドラーヴェルク社のガルス・テアーター、グートロイトフィアテルの近代演劇のためのランドゥングスブリュッケン・フランクフルトおよびケラーテアーター・フランクフルトである。 劇場を有する劇団としては、ボッケンハイム地区カファ・エクツェスのディ・ドラマティシェ・ビューネ、ノルトエント地区のミヒャエル・ヘルルのシュタルブルク・テアーター、オストエント地区ナクソスハレのテアーター・ヴィリー・プラムル、ボッケンハイム地区のフライエ・シャウシュピール・アンサンブル、ハウゼン地区ブロットファブリークのフランクフルター・アウトーレン・テアーターがある。 テアーターハウス・フランクフルトは、たとえば「グリューン・ゾーセ」などの数多くの子供演劇アンサンブルが上演されており、ノルトヴェストシュタットの青少年演劇センターやパルメンガルテンのパパゲーノ音楽シアターとともにフランクフルトの活発な子供演劇シーンを形成している。 また、特殊な子供劇場としては、1975年から2005年まで活動していたクラップマウル人形劇場があった。 パパゲーノ音楽シアター 音楽団体・音楽家 [ ] 2つの対照的な、とがフランクフルト市を拠点に活動している。 ともフランクフルトに本拠地がある。 合唱団では1818年に創設されたフランクフルト・チェチーリア合唱団、フランクフルター・ジングアカデミー、フランクフルター・カントライが知られる。 のモーゼス・ペルハム、のトム・シュリューター、の、の、のや、グループのもフランクフルトで結成された。 フランクフルト書籍見本市 [ ] 15世紀にはすでに開催されていたフランクフルト書籍見本市は世界最大の書籍見本市として、単なる経済活動にとどまらず、重要な文化行事でもある。 毎年この見本市の期間には、数多くの付随行事が行われ、そのクライマックスとしてドイツ書籍販売組合の平和賞授与がパウルス教会で開催される。 バッチュカップ ナイトライフ [ ]• バッチュカップ(ロッククラブ)• スヴェン・フェートのコクーン・クラブ(テクノクラブ)• ギブソン・クラブ• ジャズケラー・フランクフルト(ジャズクラブ)• キング・カメハメハ・クラブ(ディスコ)• リビング XXL• U60311(ディスコ)• ヴェルヴェット・クラブ スポーツ [ ] フランクフルトは多くのスポーツクラブのホームシティーである。 (、)• (サッカー、)• (サッカー、)• (女子サッカー、)• レーヴェン・フランクフルト(、アイスホッケー・オーバーリーガ)• (、)• トゥルンゲマインデ・ボルンハイム(種々のスポーツ、ヘッセン州最大のスポーツクラブである)• FTG フランクフルト(98種目の競技が用意されている)• TSG ノルトヴェスト 1898 フランクフルト・アム・マイン(18種目)• (、、、)• フランクフルト・フライヤーズ()• フランクフルター RG ゲルマニア 1869(競技) フランクフルトで毎年開催される重要なスポーツイベントに以下のものがある。 フランクフルト・シティー・トライアスロン(、8月)• (、10月)•

次の

【盾の勇者の成り上がり】マイン(マルティ)への処罰で胸がスッキリ|大漫画時代

マイン=スフィア

金や快楽のためでもない。 英雄に忠誠を誓った騎士団と、隣人を守る冒険者が、果てしない鍛錬を繰り返す。 体力(精神)を消費する鍛錬は、合理的かつ規則正しい軍隊へと変貌させた。 体表の奴隷刻印が彼らの正しい心を助長し、管理する。 貴族の制御、軍隊の制御、情報の制御。 上層部の汚職は一掃されクリーンに統制された。 そして情報の制御は、甘粕のコントロールも可能にした。 だが私にはまだ、やらなければならない事が残っている。 最後に課せられた使命は、私の遺伝子、甘粕様とLAN直結する事。 それが、私に残された最後のミッション。 世の中には語り伝えきれないものがある。 伝えなきゃいけないことがある。 紡いでは繋げる命がある。 メルロマルク第一王女。 王位継承権第一位。 マルティ=S=メルロマルク。 四聖勇者が召喚され一つ目の波まであと数日。 彼らは自重しながら好き勝手に行動していた。 そんな四聖勇者のこれまでの日常に注目してみよう。 ~剣の勇者=クリストファー・ヴァルゼライド~『犠牲者物語』 光が決して照らすことのない闇の牢獄。 手首に繋がれた手錠が石天井から吊り下がり、座ることさえ許されない。 静謐の空間。 たまに聞こえるのは、虚しく擦れる鎖の音。 エクレール=セーアエットは無力だ。 刻一刻と衰弱していく肉体。 水も食料も与えられない一人の時間。 暗闇の中、無駄な自問自答を繰り返す彼女。 この問答に答えなどない。 あるのはただの無限にはまる落とし穴。 意味もなく同じ問答を繰り返す。 それしか出来ないから。 それしか考えられないから。 挫けぬ為に、折れない為に、自分を見失わない為に。 軍靴の音が鳴り響く。 僅かに灯る篝火。 石作りの牢獄が、どもまでも音を浸透させる。 「……ぁ、」 視界に映る柵の向こう側で止まった男。 暗闇に慣れた目を気遣ったのか篝火を柵から離れた位置まで灯す。 「……よく耐えたエクレール=セーアエット。 君は自由だ」 手錠を外され、暖かな毛布が包み込む。 解放された安堵からか、疑問が浮上する。 私を支えるこの男は何者なのだろうか? 「困惑しているだろう。 大丈夫。 私は剣の勇者。 貴女の無実は証明されている。 そして、こうなった原因を槍の勇者が対処している。 貴女には見届ける権利がある。 無理にとは言わない。 辛いのならこのまま眠るがいい。 だが、後悔しない道を選ぶのは貴女自身だ」 気付けばその手を握っていた。 了承と受け取った剣の勇者は、優しく抱きかかえ立ち上がる。 負担を極力与えない歩き方。 暖かく雄々しい腕。 そして、篝火に照らされた双眸。 闇に慣れた目が篝火の光さえ拒絶する。 だがその眼は、光に焼かれようと瞬き一つすることなく黄金の炎を目に焼き続けた。 のちに彼女は、剣の勇者の右腕としてその腕を高めていく。 剣の勇者も容赦ないが、アレはどちらかと云えば軍人気質。 策略、政策はその道のプロより劣ってしまう。 確かにラインハルトは誰の邪魔もしていない。 彼は怒声が飛び交う環境で、耳元に囁くように語っているだけなのだ。 周りが五月蠅くて誰も聞こえない。 槍の勇者が何故この様な場所に?と訝しむ者もいるがそれだけ。 そんないつもと同じ状況で、オルトクレイ=メルロマルク32世は酷く憔悴していた。 「えー勇者様方の要望により奴隷制度の見直しを検討する」 まあ当然甘い蜜を吸ってきた貴族と、今まで問題なく運営してきた制度を変えることに対する反対意見が出るわ出るわ。 「王よ。 女王不在時に如何なものかと。 ………………そうしたいなぁーはぁ~。 だってマシュは天使なんだから(お目目ぐるぐる 「勇者様も勇者様です。 そんなこんなで、議論はまたもや国王の一言により槍の勇者の案が可決された。 当然反発する者が大勢いる。 ならば、アドバイザー呟き人件ラインハルトくんは一体何処にいるのか? 「……国王。 次の議題に」 「う、うむ……」 王様は耳元で囁かれた声に胃がさらに痛くなる。 そう、ラインハルトはオルトクレイ=メルロマルク32世の右斜め後ろの直ぐ傍に自己主張しないよう控えている。 ただ彼は呟くのだ。 国王だけに聞こえるように、静かに、適確に、脳を震わせる美声(諏訪部順一)をお届けする。 なにより常に抜刀状態の黄金の槍が近くにいる者の魂を震え上がらせる。 「——————本日はここまでとする!まずは奴隷制度から取り掛かれィ!これは勇者様の願いでもある!」 『ハッ!!』 「ならば私も手を貸そう。 これで、奴隷狩りはなくなる。 その被害者も救われるだろう。 卿ら私の手足として励むがいい」 『ハッ!ありがたき幸せ!槍の勇者様!』 ——————!!?しまった。 ラインハルト殿はあくまで私に対する アドバイス 命令 で約束を守っていた。 だが、可決され、これは勇者様の願いでもあると王である私が言ったのだ。 ラインハルト殿は自由に手も口も挟んでくる!むしろ今の発言で奴隷制度見直しの全権は槍の勇者様握ったも同然じゃん! 王様は今日も胃を押さえる。 ミレリア……早く戻ってきて!! のちにこの数々の改革は、『英知の賢王』が復活したと喜ぶ女性の声が響き渡った。 地獄を体験した。 第一波でお母さんお父さんが死んだ。 生き延びた私たちは復興を誓った。 死んだ人たちのために、家族のために。 地獄を体験した。 村の生き残りが騎士に殺され幼い私たちは奴隷として売られた。 地獄を体験した。 大きな屋敷の地下にある牢屋で、毎日鎖で宙吊りにされて鞭に打たれた。 地獄を体験した。 一緒に買われた友人のリファナちゃんは風邪を引いても毎日毎日鞭で打たれる。 気を失っていた。 地下まで響き渡る破壊音。 振動までも伝わってくる。 地上が五月蠅い。 「あ……」 綺麗な人。 痛みさえ忘れて私はその人を見つめていた。 薄汚れた牢屋で幻想的で非現実的な出来事に、口が勝手に紡ぎ出していた。 「勇者……様ですか?」 叫びと渇きで枯れ果てた喉を懸命に動かす。 「わたしは……どうなっても構いません。 だからッリファナちゃんを助けてくださいッ」 友達を……家族を助けたい。 「お……願いします。 リファナちゃんを、リファナちゃんをどうかッ」 「いいだろう。 もとよりそのつもりだ。 だが、この状況で自分よりも他人を優先する破滅性。 優しさともとれる行動。 それは強さだ。 ……卿は、この世界で初めて出会う強き者だ。 よいな、決してその感情を忘れるな。 懐いた渇望の欠片を手放すな。 それこそが卿の強さなのだ」 怪しく光る黄金の瞳がラフタリアを映し出す。 「私の手を取れ。 その魂を成長させろ。 卿が望むならば、もう二度とその手から零れる事はない。 されど修羅の道。 強制はしない。 リファナ嬢とこれからも平和に生きていく事もできる。 私は後者をオススメするが?」 差し出された大きな武人の手。 か弱く幼い肉体は繰り返された拷問と絶食でもう枯れ果てている。 肉体を動かすだけの燃料は失われている。 肉が足りない。 体力も失い。 病魔が追い討ちする。 視界が霞む。 ——————せ 頭が痛い。 吐き気もする。 ——————ばせ 体が痛い。 力を込めた箇所が千切れそう。 ——————のばせ それでも。 余命間近の限界を超えた肉体がエネルギーを燃やす。 ラフタリアは生物としての限界を超え、その強固な精神と魂の力から僅かに絞り出した雫をエネルギーに、手を届かせた。 「——————これにて契約は交わされた。 今は安心して眠るがいい」 耳元で囁かれた諏訪部順一ボイス。 その美声と吐息にラフタリアの肉体がビクンと快楽に喜ぶ。 そして、彼の物として初めて与えられた命令に魂が歓喜し、静かに眠りについた。 ~弓の勇者=甘粕正彦~『魔王の犠牲者物語』 ~盾の勇者=マシュ・キリエライト~『平和な物語』 「ワーッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッッッ!!!!!!!!!!」 「弓の勇者様!此方ノルマ完了しやした!」 「おぉおおおお!!そうかァ!!ならば更なる開拓よオ!!この地は荒れ果てている。 俺の力で良さげな土と改良したおかげでどうにかなるはずだ!!まずは耕すのだあああああああああ!!貴様ら俺に続けエエエエエエエエエエエエエ!!」 『オオオオオオオオオオオオオオオオッ!!』 ムチムチ筋肉のマッチョ面たちが、熱く照らされた太陽の中上半身裸で汗を流していた。 汗は全身を濡らし、筋肉にデコレーションされた汗が太陽光によりテカテカと光り輝いている。 男たちは健やかに肉体労働に勤しんでいた。 これで国は豊かになる。 誰も困ることがない。 男たちが汗を流すには十分すぎる理由だ。 さて、彼らが何をしているのか? 耕している時点でお察しかもだが、畑を耕している。 それも広大に荒れ果てた大地を耕している。 甘粕は人のいない魔獣が住む上質な土と、この地の粗悪な土を改良。 全力で野菜造りをしていた。 「トマァトオオオ!!トウモロコシィイイイイイ!!イモイモイモイモイモオオオオオオオオオオオタルゥ!!」 弓の力で改良された種を蒔いていく。 勇者の武器を十全に使いこなしているのは、何気に甘粕だったりする。 え?空にあるのにどうやって素材を吸収させているかだって? 甘粕の神の杖なんだから甘粕が食べれば解決だろ(暴論 「アマカスさまぁ~此方準備完了でーす」 「おおマイン!!流石だな!!貴様らァ!!飯の時間だ!!飯の前の感謝の合唱を忘れるな!!」 『ありがとうございますマインの姉御!!いただきます!!』 「はいいただきます。 しっかりと噛んで食べてくださいね」 一人一人に水の入ったコップを手渡していくマイン・スフィア。 この地区担当は甘粕含め五十人。 他のところも弓の勇者に付き従う仲間たちが飯を炊いて元気づけている。 勿論、この地区担当マインが飯からキンキンに冷えた水まで用意した。 「飯を食いながらで構わん聞いてくれ。 俺たちは明日の朝旅立つ。 お前たちに教えられることは教えた。 これで、この国の食糧問題は解決する。 レジスタンスも解散だ!!」 「そ、そんな!?俺達にはまだ弓の勇者様が必要です!」 「あんたがこの国を引っ張ってくれよ!?」 「勇者様!!」 「 喝ッ!!………………この国は弱い。 小国として脆弱で、必要な軍備を整えるだけで民はここまで飢えてしまう。 誰も悪くはない。 この国の王に話を通し、国と民が強力してここまで作物が育つことができたのだ。 ゆめこの事実を忘れるな。 波がまであと二日……波の予測は困難を極める。 やれることはやらねばな」 こうして弓の勇者御一行は、翌朝別れの激励をし勇者の力でメルロマルクに転移した。 小国の王から少なくない謝礼金を頂いた甘粕。 甘粕とマインで二人きりの街探索。 他のメンバーは装備やら消耗品の買い物で別行動中。 甘粕は新しい発見はないかと眼光を走らせる。 傍から見たらただの危ない人もマインにとっては「あぁ……アマカス様今日も素敵」ポイント。 「!!アマカスさんお久しぶりです。 マインさんもお久しぶりです。 城下町にいるのは珍しいですね」 「マシュではないか。 久しぶりだな。 なに、同じ"ぱーてぃーめんばー"の買い物帰りだ。 終わり次第また旅立つ」 「それでしたら最近入手した情報にサーカステントのような場所でガチャが出来るというのをゲットしたのですが一緒に行きませんか?」 「"がちゃ"だと?ほお……面白そうだ。 リアルに考えればあれは金を払い。 ランダムに排出された奴隷を従わせていたのなら納得だ。 要らない仲間を売れば金になるのはまた奴隷商に売り飛ばしていたのだな」 「アマカスさん……夢がないです」 奴隷商に案内されお目当てのガチャを見つける。 「こちらが銀貨100枚で一回挑戦、魔物の卵くじです。 ハイ」 「100枚か……相場の半額か。 だが子育てを考えるとどうだ?」 「ですが、卵から育てた方が懐き易いはずですし……育成をやったことがないので少し楽しみです」 「ハハハ!!それもそうか。 店主よ、一回挑戦だ。 十連もいいが、単発勝負も醍醐味だ」 甘粕とマシュは好きな卵を一つ掴み取る。 「ああ店主よ、魔物使役は必要ない。 男手一つで飼い慣らしてこその日本男児」 「それなら私もいいです。 自分の手で大事に育てていきたいので」 「これはこれは変わったお客様ですね。 ハイ」 奴隷商は孵化器らしき道具を開く。 甘粕とマシュは卵を孵化器に入れた。 「孵る数字が刻み始めました」 「ますます育成"げーむ"ぽいじゃないか。 ではな店主。 商売繫盛するのだぞ」 「槍の勇者様の御蔭でそれは色々ありましたので、これからも健全にクリーンに商売していきます。 ハイ」 「あ、そういえばラインハルトさんが手を加えたのでしたね。 気を付けてくださいね」 「ありがとうございます。 盾の勇者様」 そうして、卵を一つづつ抱えた盾の勇者、弓の勇者は二日後の波に備え別れたのであった。 ~今回の犠牲者~ 剣の勇者により、エクレール・セーアエット 光の亡者。 槍の勇者により、ラフタリア 爪牙。 弓の勇者により、マイン・スフィア なんだこれ? 盾の勇者により、本日も平和。

次の

フランクフルト・アム・マイン

マイン=スフィア

MindSphereは、多様なデバイスおよび企業システムの接続プロトコルオプション、産業用アプリケーション、高度な分析、そしてシーメンスのオープンなPaaS(Platform-as-a-Service)機能とAWSクラウドサービスへのアクセスを活用した最先端の開発環境を提供します。 MindSphereのこれらの機能がモノとデジタル世界と結び付け、ビジネスを成功に導く強力な産業用アプリケーションとデジタルサービスを提供します。 MindSphereのオープンなPaaS機能により、産業用アプリケーションを開発・配布するパートナーエコシステムが充実します。 ぜひシーメンスのパートナーの経験や洞察をご活用ください。 IoT戦略を進める上で、お客様の開発作業は不要です。 シーメンスはビジネスに的を絞ったソリューションを提供し、製品、生産、およびパフォーマンスのデジタルツインによるクローズドループイノベーションを促進します。 MindSphereパートナーエコシステムにご参加ください MindSphereパートナーとなって、お客様の事業の生産性と効率性向上に向けたデジタルエンタープライズへの変革をサポートしませんか? オープンなAPIと拡張可能な開発環境を使用した、セキュアでオープンなクラウドベースのIoTオペレーティングシステムで動作するパワフルなアプリケーション開発にご協力ください。 対象分野へのアプリケーションや専門サービス販売による収益が期待できます。 MindSphereパートナープログラムについてご紹介します シーメンスは、さまざまなタイプや規模のMindSphereパートナーを対象とした魅力的なパートナープログラムを提供しています。 MindSphereパートナープログラムによって技術、販売、そして利益といった総合的なメリットがもたらされ、MindSphereで動作するアプリケーションやサービスをさらに充実できます。 これによってパートナーの顧客は、実際のビジネスにおける問題や機会に対応するための潜在的なIoTテクノロジを実現できるようになります。 Selected startups will benefit from specialized support, promotion, strong customer involvement and access to MindSphere to scale their solution globally. With an easy and low risk access to the best-in-class IoT solutions and our MindSphere ecosystem startups can push their business to the next level. We have lift off.

次の