ローコスト住宅 坪単価。 ローコスト住宅の相場!値段・価格と平均費用の内訳は?-リフォらん

超ローコストハウスメーカー厳選6社まとめ!【坪単価30万円台~】

ローコスト住宅 坪単価

・自社工場で大量生産 ・建材業者から一括仕入れ するなどして、 原価を大幅に下げることができます。 人件費を節約している 3つ目の理由は、 「人件費を節約している」ということです。 規格住宅は、間取りや仕様を何通りかのプランから選ぶ方式のため、 毎回の打ち合わせに設計士が立ち会う必要がありません。 また、材料や設備の規格・仕様がある程度決まっており、大部分の施工作業がパターン化・マニュアル化できるため、 大工さんの手間も少なくなります。 このように、 「できるだけ人を使わなくて済む」ようになるため、人件費のコストを削れるのです。 広告宣伝費をかけない 4つ目の理由は、 「広告宣伝費をかけない」ということです。 大手ハウスメーカーが、 ・プラン提案や見積もりが遅い ・質問や相談に対する返信が遅い といった 事態が少なくありません。 実体験としては、とあるローコスト系ハウスメーカーから見積書をなかなか出してもらえず、 数回連絡をしてやっと出してもらえた、ということがありました。 このように、ローコスト系メーカーと付き合う上では、 ある程度の根気や辛抱強さが必要になるかもしれません。 間取りや仕様に制限がある 4つ目のデメリットは、 「間取りや仕様に制限がある」ということです。 ローコスト住宅は、間取りやデザイン、仕様を何通りかのプランから選ぶ 「規格住宅」であることがほとんどです。 そのため、 完全オリジナルの注文住宅に比べて、 業者名 坪単価 坪単価 順位 耐震性能 断熱性能 気密性能 20万円〜50万円 1位 - 27位 - 25万円~45万円 2位 20位 19位 - 28. 8万円~60万円 3位 16位 27位 - 30万円~80万円 4位 16位 15位 - 30万円~50万円 4位 - 15位 - 30. 3万円~56万円 5位 - 15位 - 31. 1万円〜38万円 6位 - 27位 - 33万円〜73万円 7位 - 23位 - 34. 5万円~51. 5万円 8位 6位 28位 - 35万円~55万円 9位 17位 15位 - 35万円〜55万円 9位 - 21位 - 35万円~80万円 9位 4位 7位 - 35万円〜70万円 9位 18位 10位 10位 35万円~ 9位 - 28位 - 36万円〜75万円 10位 19位 6位 11位 40万円~69万円 11位 17位 5位 8位 40万円〜100万円 11位 - 11位 4位 40万円~140万円 11位 2位 21位 - 40万円~100万円 11位 - 14位 - 40万円~60万円 11位 19位 18位 - 40万円〜50万円 11位 17位 19位 12位 40万円〜60万円 11位 2位 16位 - 40万円〜60万円 11位 - 17位 11位 40万円~100万円 11位 17位 24位 - 40万円〜80万円 11位 - 10位 10位 40万円~80万円 11位 11位 8位 - 42万円~50万円 12位 6位 27位 - 43万円〜50万円 13位 - 10位 7位 43. 2万円~75. 6万円 14位 - 19位 - 45万円~60万円 15位 - 24位 - 45万円~60万円 15位 - 15位 - 45万円~85万円 15位 6位 13位 - 45万円~80万円 15位 17位 19位 - 45万円〜70万円 15位 17位 6位 2位 48万円〜70万円 16位 17位 28位 10位 50万円〜80万円 17位 2位 5位 6位 50万円~70万円 17位 18位 20位 - 50万円〜70万円 17位 17位 2位 3位 50万円~90万円 17位 - 25位 - 50万円〜60万円 17位 21位 17位 - 50万円〜80万円 17位 9位 15位 - 50万円〜 17位 - 27位 - 50万円〜65万円 17位 17位 29位 - 50万円~70万円 17位 12位 21位 - 50万円〜65万円 17位 - 29位 - 50万円~80万円 17位 17位 19位 13位 50万円〜90万円 17位 - 19位 - 51万円~60万円 18位 - 15位 - 52万円~93万円 19位 - 27位 - 55万円~90万円 20位 8位 27位 5位 55万円~150万円 20位 2位 9位 - 55万円~75万円 20位 12位 19位 - 55万円〜65万円 20位 5位 4位 - 55万円〜80万円 20位 17位 3位 9位 60万円〜75万円 21位 - 15位 - 60万円〜 21位 - 26位 - 60万円~100万円 21位 1位 12位 14位 60万円~110万円 21位 5位 27位 - 60万円~80万円 21位 - 10位 - 60万円~150万円 21位 3位 15位 14位 60万円~250万円 21位 2位 18位 - 60万円〜80万円 21位 - 16位 - 60万円〜70万円 21位 - - - 60万円〜80万円 21位 - 15位 - 61万円~95万円 22位 17位 29位 - 62. 5万円〜105. 8万円 23位 - 7位 - 65万円~80万円 24位 - 15位 - 65万円〜75万円 24位 - 4位 1位 66. 6万円~200万円 25位 7位 18位 - 70万円~150万円 26位 10位 27位 - 70万円~90万円 26位 13位 8位 - 70万円~100万円 26位 - 21位 - 70万円~90万円 26位 - 1位 - 70万円~150万円 26位 5位 15位 - 70万円~200万円 26位 14位 22位 14位 75万円〜90万円 27位 15位 27位 -.

次の

平屋の価格や坪単価を徹底解説。相場やローコスト住宅の価格

ローコスト住宅 坪単価

注文住宅の依頼先を検討するにあたって、 ハウスメーカーの坪単価は知っておきたいところです。 代表的なハウスメーカーの坪単価を 下記の表にまとめてみました。 公表坪単価と、問い合わせによって作成しています。 坪単価の他にも、簡単にではありますが ハウスメーカー各社の特徴をまとめています。 各社で力を入れているポイントは様々です。 坪単価だけでなく、各社の特徴をよく比較して、 ご自身にぴったりなハウスメーカーを見つけてください。 2019年1月に追加、更新。 新しい情報が入り次第更新します。 ハウスメーカー 坪単価 万円 採用構法 特徴 29~50 木造 適正価格がウリのアイダ設計が提供するブラーボシリーズには「555万円」の価格帯があります。 床面積に応じて、価格が変わってきますので、間取りを変更しても価格に影響を受けにくく、カーテンなど、生活必需品が揃っています。 材料費を抑えた分を建築家へ回せる。 諸経費全てを入れた総額が明確なので、資金計画がたてやすいです。 外観はレンガ貼りが特徴で、家全体の高級感があり、素敵なお家デザインです。 住宅の研究開発に力を入れ、無借金経営が特徴。 太陽光発電を得意として、売電で住宅ローンを相殺する使用も有り。 他社でオプション使用の高クオリティーの設備が、自社工場(HRD社)で開発、製造していることにより標準仕様で手に入ります。 外装はキレイが続く材料を使用。 大手2社が手がているので、若い会社ですが、安心感はあります。 建物の強度、耐火、劣化、遮音、空気・温熱環境も高い基準で設計されています。 品質と予算管理は信頼できるでしょう。 タイル外壁が標準仕様というのが特徴で、費用を抑え、他と差をつけられるお家を建てられます。 三重県・愛知県・岐阜県・奈良県を中心に展開しています。 在来軸組工法の注文住宅を得意としています。 2016~ZEH住宅を標準とし、「年単位」のランニングコストパフォーマンスが高いのが評判です。 輸入住宅風のデザインから純日本家屋風のデザインを得意としています。 輸入住宅を扱っており木製サッシが特徴的です。 木の高級材料に興味があるあなたにはおすすめ!アフターも長期保証。 柱を必要としない広い間取り、天井高が特徴。 工場生産をして現場で素早く組み立てますので、工期が短く、高品質のお家を建てれます。 ファッションをするように、インテリアもセレクト可能。 マニュアル化された仕様や施工方法なのでメンテナンスが楽です。 コンクリート造の欠点である工期の長期化や、プレキャスト生産なので、壁や床の構造強度のばらつきを抑え、高品質を維持しています。 従来の天井高より、約30cm高いと言われています。 高い坪単価はモデルハウスでの坪単価になります。 間に業者をはさまないので、中間コストがかからず、その浮いた費用を品質の為に貢献。 住宅性能も最高等級のまま。 スキップフロア、インナーテラスが、お子様を持つ家族に大好評!甲信越、北関東東北などの寒冷地にお住まいのあなたにおすすめ。 日本製品では体感できないこだわりのある独特なライフスタイルを実現したいあなたにはおすすめです。 高品質と技術力に自信があるので、実現できる保証です。 鉄骨ラーメン構造で従来より、広い間取りを設計できるのが、特徴です。 開放感好きなあなたにはおすすめです。 その背景には、パナソニックによる独自の性能や工夫が詰め込まれています。 血統書のついた国産檜の無垢材を構造材に使用しています。 最高級檜を使用していますので、建物の品質は大変高く、長持ちします。 省エネルギー効果が大変高く、快適な住まいの実現と、ランニングコストを抑えられるといった特徴があります。 建具・設備を提供してきた実績を持つ、リクシルが中心になって動いていますので、省エネに非常に強い住宅を提供しているのが特徴です。 その背景には仕入れ単価、広告費を抑えるといったカラクリがあります。 住宅のクオリティーを下げずに、低コストは富士住建です。 土地、建物を一緒に販売することにより、土地探しの無駄な時間を短縮できるといったメリットがあります。 安く、高性能な住宅を手に入れたいあなたへ。 デザイン性の高い輸入住宅に、日本の性能をプラスして提供していますので、日本にいながら欧米の雰囲気を味わえます。 こだわりのあるあなたにおすすめです。 その自信から、60年無料体験システム ロングライフシステム を採用しているのが特徴です。 外壁を火災に強い、ALCコンクリートを採用しています。 厳しい環境を乗り切るための性能だけでなく、グッドデザイン賞を30年連続で取得するなど、デザイン面でも実績があるのが特徴です。 その背景には、外部で活躍している建築士、インテリアコーディネーターが打ち合わせに同席する仕組みにあります。 細かいディテールまで、話合えます。 全館空調を取り入れることで、冷暖房費を40%カットし、花粉などをカットし、室内の空気を奇麗に保てる第二、第三の特徴があります。 有名な家電量販店ヤマダ電機の100%子会社ということもあってIOT、スマートハウスなど次世代住宅に強い特徴があります。 同時に高気密、高断熱は当たり前に力を入れていて、快適な住まいを提供しています。 大々的な広告活動をしていないので、ローコストに近い住宅提供を実現しています。 フランチャイズ(FC)のメリットをいかし、品質を維持しつつ省コストを実現。 2006年から住宅事業を展開し、まだ若い会社ですが、親会社が一部上場企業と安心感は大。 ロイヤルSSS構法を打ち出し、美しく、力強い木造住宅を提供。 共同仕入れ、施工、中間マージンがかからないので、ローコスト住宅を実現。 また、坪単価は「だいたいこのくらいで家が建ちますよ」 という目安なので、 最終的に支払う金額とは異なります。 建てる人それぞれの要望に合わせて坪単価は変動しますし、 建築費用以外の金額が含まれていないため、 坪単価からハウスメーカーを選ぶと、希望予算をオーバーしてしまうこともあります。 最良のハウスメーカーを見つけるために、何をすればよいか 希望予算から、効率良くハウスメーカーを見つける手段として、 『複数のハウスメーカーから、同一価格でプランを提案してもらう』 という方法がおすすめです。 この方法でハウスメーカーを選ぶと、 価格が同一なので、各社の特徴やプランを比較しやすくなりますし、 土地や諸費用などの金額も考慮した上で、 プランを提案してもらうことができるので、 予算をオーバーすることなく、計画通りの家づくりができます。 何より、最良の提案をしてくれるハウスメーカーが見つかり、 同じ出費でより良い家を建てられることが魅力です。 この方法は、 『タウンライフ』というサービスを利用すると簡単に実践可能です。 家にいながら提案依頼ができるので、 効率良く情報を集めながら、より多くのハウスメーカーを比較できます。 通常のハウスメーカー選びに、タウンライフをプラスするだけで、 このようなメリットがあります。 〇 信頼できる情報をもとに、迷うことなく住宅会社を選べるようになる。 ご利用された方々からは、 ・「要望通りの間取りが出来て、理想の家が建ちました。 」 ・「子育てや家事の合間に家づくりを進めることが出来ました。 」 ・「複数社から提案を受け取ることができたので、自分に合ったプランに出会えました。 無料で気軽に利用できるサービスです。 おすすめ関連記事•

次の

小さい平屋・超ローコスト住宅を建てる!500万円〜・1LDKなど

ローコスト住宅 坪単価

良い家をなるべく安く建てたいというのは、一戸建て住宅の建設を夢見る誰もが思っていること。 近年、若年層の収入低下などの要因もあり、「年収300万円台でも建てられる家」や「1000万円台で建てられる一戸建て」などといったキャッチコピーをうたった「ローコスト住宅」の人気が高まっています。 では、ローコスト住宅のハウスメーカーなら、 1000万円台で新築一戸建ての家を建てることができるのでしょうか? 結論から言えば、可能です! 私の周囲でも、年収300万円台で立派な一戸建て住宅を建てて、家族みんなが幸せに笑顔で暮らしている友人がたくさんいます。 彼らは確かに、坪単価が70万円以上する有名な大手ハウスメーカーで家を建てることはしませんでしたが、しっかりと情報収集や工夫をしながら信頼できるハウスメーカーを見つけ、素敵な家を手に入れました。 もちろん、「安かろう、悪かろう」で住み心地の悪い家を安価に購入しても、家を買う目的である「幸せな暮らし」は実現できませんので、ある程度の時間と手間をかけて、家づくりを進めていく必要があります。 その具体的な方法を考えてみましょう。 家の広さは35坪前後• 坪単価は20〜40万円台• 物件価格は1000万円台 というのが目安とされています。 比較対象として、大手有名ハウスメーカーの価格帯平均がどのようになっているかというと、一戸建て1棟の建築にかかる費用は、 約2500〜3500万円程度が相場となっているようです。 延べ床面積は、さすがにお金をかけるだけの財力がある分、大きめで 40〜50坪以上。 一つの指標である坪単価で言うと、 70〜90万円以上という、かなり高めの金額設定となります。 このようにローコスト住宅と大手ハウスメーカーでは、かなり費用に差が出てくることがわかります。 なぜローコスト住宅は価格を抑えて、安く家を建てられるのか? ローコスト住宅は様々な工夫をして、一戸建て住宅のコスト削減を行うことで、1000万円台という低価格を実現しています。 家を建てるのに使う部材や設備を大量に一括購入することで単価を安くしたり、設計や施工の工程・システムをとことんまで合理化することでコストを抑えたり、事前に用意されたモデルプランの中から間取りを選ぶ方式を採用するなど、その取組は多岐にわたります。 その状況下で、一戸建て住宅をローコスト化する方法の一つが建設に必要な部材の調達費用を安くすることです。 独自のルートで必要な部材を大量発注することで、単価を安く仕入れることが可能になります。 また、部材の品質についても、法律で定められた耐湿性や耐久性の基準をギリギリ満たすようなものにすることでコスト削減が可能です。 さらに、値が貼るような素材や部材を使わないようにしたり、装飾品や塗料なども統一するなどして、様々な面でローコスト化を図ります。 建物や間取り自体をシンプルなモノにすることで、無駄が減り、部材の節約にもつながります。 また、一般的に部屋を細かく仕切らず、オープンな間取りにすると設備費の節約につながります。 壁やドア、照明、コンセントなどの材料費はもちろん、それを設置する人件費も低く抑えることができるわけです。 また、細かい部分ですが水回りをコンパクトにまとめることで必要な配管も短くなり、それもコスト削減につながる事例です。 例えば、床や壁などの塗装を自分たちで行ったり、設備なども安価なものを自分たちで仕入れ、設置や配管のみをお願いするといった手法もあります。 DIYなどが得意であれば、一戸建てを建てた後に自分でウッドデッキを増設するといったことも可能。 1000万円台住宅を手に入れる裏ワザの一つかもしれません。 ローコスト住宅の価格相場をハウスメーカーの坪単価で比較してみる ローコスト住宅といえば、1000万円台でも建てられる家、坪単価は30〜50万円台というのが一つの基準になっていますが、実際のところはどうなのでしょう。 ローコストメーカーとして代表的なハウスメーカーと平均坪単価をまとめていくつかピックアップしてみました。 アイフルホーム 坪単価=25〜55万円• アエラホーム 坪単価=20〜50万円• アキュラホーム 坪単価=35〜50万円• クレバリーホーム 坪単価=30〜50万円• セルコホーム 坪単価=30〜60円• タマホーム 坪単価=25〜60万円• 富士住建 坪単価=40〜60万円• 横尾材木店 坪単価=35〜55万円• ヤマト住建 坪単価=40〜60万円• ユニバーサルホーム 坪単価=40〜50万円• レオハウス 坪単価=25〜55万円 ローコストをウリにしているハウスメーカーでも、最も安価なプランとその中でも最上位のプランでは、それなりの開きがあります。 最上位のプランでは、ほぼ注文住宅に近い形で自由度の高い家づくりが可能になっている場合もあり、その価格帯であれば、一つ上のグレードにあるハウスメーカーを選ぶという選択肢も出てくるでしょう。 ローコスト住宅を扱っている各ハウスメーカーのプランや価格設定などをしっかりと抑えて比較検討するために、最低限の情報収集として各ハウスメーカーのカタログはしっかり揃えておきましょう。 などを使った住宅カタログの効率的な集め方は、こちらの記事をぜひ参考にしてください。 合わせて読みたい ローコスト住宅が本当に総額1000万円台で建つのか、価格をシュミレーションしてみる 地域によっても異なりますが一戸建て住宅の平均的な延べ床面積は35坪程度になるかと思います。 そこに諸経費が7%プラスされたとすると1400万円の7%=98万円。 合わせると 1400万円+98万円=1498万円となります。 となると、1000万円台で一戸建て住宅を建てるには、土地代やオプション費用などを約500万円以内に収める必要があるということです。 もし、すでに土地があるという場合には、土地代が必要なくなりますので、それなりに余裕のあるプランが建てられそうですが、土地も一緒に購入となると、地域によっては1000万円台という予算内でおさめることはかなり難しくなるのかも知れません。 ローコスト住宅で一戸建て注文住宅を建てるメリット ローコスト住宅の最大のメリットは、「1000万円台という安価な料金で一定の設備が整った一戸建て住宅を手に入れることができる」ということでしょう。 しかし、「安さ」の面ばかりがクローズアップされがちですが、ローコスト住宅の魅力はそこだけではありません。 ローコスト住宅に含まれる様々な機能や要件の中で、「これは良い」と思えるようなポイントや希望する機能などが含まれていれば、それこそ「ローコスト住宅を購入する大きなメリット」となるでしょう。 例えば、間取りは用意されたプランの中から選ぶ「規格型」のローコスト住宅の場合、自由な間取りを作ることができるという「注文住宅」のメリットは失われます。 しかしその分、最新の設備やエアコン、床暖房、太陽光などの様々な設備がオプションではなく「標準で装備されている」といった恩恵を受けられる場合もあり、間取りの不自由さを我慢できるのであれば、設備の多さは大きなメリットになる訳です。 このように、ローコスト住宅は「注文住宅」のように、すべてを希望どおりにすることは叶いませんが、ある部分の不自由さに目をつむれば、他に大きなメリットが隠されている場合も少なくありません。 合わせて読みたい ローコスト住宅のハウスメーカーで家を建てるデメリット 安価な価格で一戸建て住宅を建てられるという大きなメリットがあるローコスト住宅ですが、当然、そこには気をつけなければならないデメリットもあります。 【注意】チラシの価格は「本体価格」のみで一戸建ての総額ではない ローコスト住宅のハウスメーカーが出しているチラシやCM、ホームページを見ると、びっくりするような安い金額で家を建てられるように見えますが、そこには当然理由があります。 1000万円以下で表示されている住宅価格の大半は、家の本体価格のみで、他にかかる諸経費の料金は加算されていないのが一般的です。 諸経費とは、一戸建て住宅を建てる際に必要な、ローン手数料や登記費用、司法書士への依頼費用などのこと。 一般的に一戸建て住宅の諸経費は、物件価格の5〜8%といわれていますので、例えば900万円の本体価格の場合、一番安くても45万円の諸経費がかかることになります。 「シンプルな家である分、オプションをつけたくなる」という誘惑 ローコスト住宅は、1000万円台の低価格で満足できる仕様の一戸建て住宅を手に入れられるメリットがありますが、値段が抑えられている分、余計な部材や設備は削られている場合も多々あります。 シンプルに必要最低限の設備だけがついていて、あとは自分たちで調達してカスタマイズしていくという楽しさもありますが、それらをハウスメーカーに依頼するとなるとすべてオプション品ということになります。 そのオプション費用も本体価格、諸経費に加えて一戸建て住宅の総額に反映されますので、もしオプション品をつけすぎるとなると、当然、支払い総額も増額していくことになります。 一般的に、通常の住宅よりコストがかかる二世帯住宅の場合「玄関を2つつけるのはオプション」など、ローコストハウスメーカーによって対応が異なるので注意しましょう。 合わせて読みたい 部材のローコスト家による耐久性や品質の問題 ローコスト住宅の中には、耐久性や品質について、大手ハウスメーカーが作る一戸建て住宅に比べて劣っていると言われる場合があります。 確かに、コストを抑えるために、基準にギリギリ適合する部品を仕入れて使用したりといった工夫はありますので、その点で問題が起こることは絶対にないとは言い切れないでしょう。 耐久性や品質に問題があれば、それは欠陥住宅ということにもなりかねません。 せっかく建てた一戸建て住宅が欠陥住宅で、その後の修繕や改修にお金がかかってしまっては、何のためのローコスト住宅か分かりません。 そういった失敗をしないためには、しっかりとローコスト住宅をお願いするハウスメーカーの資料を読みこんだり、担当営業に話を聞いたり、実際に建てられた家を見たりと、自分の目と耳で情報収集を行うことです。 ローコスト住宅のハウスメーカーも、部材の仕入れを工夫してコストを落としている会社もあれば、費用のかかる宣伝やモデルハウスにお金をかけないようにしている会社など、様々です。 自分の目で見て、しっかりと判断すれば、何の問題もない立派なローコスト住宅を作ってくれるハウスメーカーや工務店にきっと出会えるでしょう。 間取りや外観の自由度は下がるけれど、「規格型」にもメリットはある ローコスト住宅でも完全自由設計で家づくりができる会社もありますが、費用を抑えるとなるとやはり、「規格型」の一戸建て住宅という選択になる場合も多い思います。 「規格型」とは、予め決められた間取りや外観などのプランから希望に沿ったものを選ぶというもの。 部材の種類や色が選べるなど、多少のカスタマイズ性はありますが、基本的には「すでに決められたものから選ぶ」ことになります。 確かに、一級建築士の友人などからは、「実は一番暮らしやすいのは、規格型住宅のような間取り」というような話を聞くことがあります。 注文住宅で、こだわりにこだわり抜いた間取りでも、いざ実際に暮らしてみると「あれ?なんだか予定していたのと違う」ということは出てこないとは言えないでしょう。 こだわって作った間取りとはいえ、「試しにその間取りの家に住んでみた経験」がない以上、所詮机上の空論です。 ならば、モデルハウスなどで実際に購入予定の間取りの家の中を歩いてみて、実際に暮らした時のことを想像することもできる「規格型」のローコスト住宅は、「自由ではない」というデメリットがある反面、「ごく一般的で、平均的で、汎用性があって失敗が少ない」というメリットにもなると言えるのかも知れません。 購入後のメンテナンス費用も考えておこう ローコスト住宅では、安価な部材などを利用してコストを下げます。 かといって、それによって修繕や改修が増えて、結果的に家のメンテナンス費用が増大してしまっては、コストダウンも単なる徒労に終わります。 そういったトラブルを避けるためには、チラシや宣伝による「安価な価格」だけに注目せず、しっかりとそのハウスメーカーが建てる家の内容や、コンセプト、基準などを明確にして、チェックすることが必要だということです。 まとめ:ローコスト住宅のメリットを最大限に活かすには、ハウスメーカー選びを慎重に ローコスト住宅の最大のウリは安さです。 その安さを維持したまま、安心して暮らせる良い家を建てられさえすれば、何の問題もない訳です。 重要なのは、そういった企業努力をしっかりとしてコストダウンをしつつ、ハウスメーカーとしてプロの仕事をきっちりと行う会社を探し当てるということです。 なぜ、そのハウスメーカーの建てる家は安く建てることが出来るのか?その家の良い点は何か、いまいちな点は何か?購入する側が納得するまでしっかりと説明してくれるようなハウスメーカー、そして営業マンがいれば、信頼して家づくりを一緒に行うことができるでしょう。 注文住宅を建てる費用をできるだけ安くしたいなら、ハウスメーカーの見積もりを徹底的に比較して、コスト削減できる部分を探して、工夫していくことが必要です。 そのためにはぜひ、「注文住宅の見積もりを3社比較する方法」を試してみてください。 詳しくは、こちらの記事にまとめてありますので、合わせてどうぞ。

次の