アイフォン 容量 増やす。 iPhoneストレージの「その他」を削除して空き容量を増やす方法を解説!

iPhoneのアップデート

アイフォン 容量 増やす

App:iPhoneにインストールされているアプリの総容量• 写真:iPhoneに保存されている写真の総容量• メディア:iPhoneに保存されている動画/音楽の総容量• メール:「メール」アプリに保存されているメールの総容量• アプリごとの整理も可能 「iPhoneストレージ画面」では、iPhoneの全体的な容量の他にも インストールされているアプリごとの使用容量なども確認することができます。 画面を下の方にスクロールしていくと、 インストール済みアプリの一覧が表示されているかと思います。 一覧からアプリ名をタップすることで、その アプリの使用容量などの詳細データを確認したり、アプリの削除などの管理も行えます。 基本的には データのサイズが大きいアプリから順に表示されているので、もし上位に表示されているアプリで今は使っていない不要なものなどがあった場合には、 「Appの削除」や後述の 「Appを取り除く」機能を使ってiPhone容量を整理しておきましょう。 非使用のAppを取り除く機能 iOS11から実装された機能に 「非使用のAppを取り除く」という機能があります。 これは、 インストールされているアプリ内の重要なデータのみiPhone本体に保存したままアプリの本体だけ削除してしまうといった機能です。 文章だと少しややこしく感じますが、 要は「ダウンジャケットや羽毛布団なんかのかさばる衣類や寝具を、圧縮袋に入れて小さく折りたたんで保管しておく」ってイメージです。 これが結構便利な機能で、 「今は使ってないけどまた使うかもしれないしアンインストールするのはちょっとためらわれる…」なんてアプリを 一旦最小限のサイズに圧縮して保存しておくことができるんです。 各アプリごとに「取り除く」こともできますし、 「iPhoneストレージ画面」内の 「非使用のAppを取り除く」というボタンをタップすれば、 使用頻度の低いアプリを自動で判断して一括で圧縮してくれたりもします。 旅行先で写真を撮ってたら 急にiPhone本体の容量が足りなくなった!なんて状況になった場合は、この機能を使うことで 急場しのぎですが対処することが可能なので、ぜひ覚えておいてください。 ちなみに、 ほんとにデータが消えないのか心配って方。 「iPhoneストレージ画面」内の 「写真を最適化」をタップすれば、 現在保存されている写真データを少し解像度の低い状態(画質などが少し落ちる)に変換してくれます。 解像度を下げると言っても、 写真データをズームアップした際にすこし粗さが目立つかなと言った程度で、普通に見る分には特にわからないレベルの変換なので、写真の画質にはこだわりたい!って方でなければオススメの機能です。 ちなみに iCloudの容量が十分に残っている場合には、 iCloud上に元の高画質のデータが保存されますので安心して使用できます。 まとめ 今回は iPhoneの容量の確認方法と関連する便利な機能について簡単にまとめてみました。 保存容量というのは、iPhoneを使う上で何をするにも必要になるため常に気にしておきたい部分です。 ぜひこれを機に確認方法や容量がなくなった時の対処法などを把握しておいてくださいね。

次の

16GBのiPhoneの空き容量を増やす方法!

アイフォン 容量 増やす

iPhoneの空き容量の確認方法 まずはiPhoneの空き容量を確認しましょう。 なお、ここで紹介するiPhoneのストレージ容量確認画面では、 具体的にどんなデータが容量を消費しているのかもわかります。 空き容量を効率的に確保するために、合わせて容量を圧迫しているデータの種類もしっかりチェックしましょうね。 iPhoneの容量をチェックする手順 1設定を開く 2「一般」をタップ 3「iPhoneストレージ」をタップ ここでは以下のような棒グラフの画面が表示されます。 棒グラフの右上にある「使用済み」を見ると、16GB中13. 2GBを消費していることがわかりますね。 この画像だと残り2. 8GBしかないので、場合によってはiPhoneの動作が遅くなっているかもしれません。 「使用済み」の下の棒グラフは、 どんな種類のデータが容量を消費しているかを表しています。 この棒グラフに表示されるデータの種類は、主に次の通りです。 「非使用のアプリを取り除く」について iOS11以降のiPhoneでは、 アプリ本体だけを削除できるようになりました。 アプリ内に保存されたデータはそのままiPhoneに残るため、利用再開する時にもアプリを取り除いた時と同じ状態で復帰できます。 アプリを取り除く手順は、 都度操作する方法と約1ヶ月使わなければ自動的に取り除く方法があります。 ホーム画面で取り除いたアプリを見ると、アプリ名の横にクラウドマークが表示されます。 アイコンをタップすると再インストールが始まるので、利用再開する時はWi-Fiに接続してからアイコンをタップしましょう。 なお、すでにiPhone内に未使用期間の長いアプリがある場合は、iPhoneストレージ画面に「非使用のアプリを取り除く」をONにする案内が表示されます。 この表示にある「使用」をタップするだけで、自動的にアプリを取り除く設定ができます。 アプリを完全に削除する方法 アプリの削除はホーム画面から簡単に操作できます。 1度削除するとアプリ内のデータも全てなくなるので、データが消えて困るアプリは「Appを取り除く」方で容量を空けましょう。 写真を減らして容量を確保する iPhoneで写真や動画をたくさん撮影すると、写真アプリのデータで容量が圧迫されます。 特に バースト機能で連写した写真や動画はかなりのデータ量になりますね。 写真アプリの容量を減らすには、主に次の3つの方法があります。 不要な写真や動画を削除する• iCloudに預ける:5GBまで無料• Googleフォトに預ける:圧縮OKなら容量無制限 iCloudとGoogleフォトは同じようなものに感じますが、 iCloudは5GB以上になると有料になってしまいます。 iCloudの容量と月額料金 容量 月額料金 5GB 無料 50GB 130円 200GB 400円 1TB 1,300円 2TB 2,500円 一方、 Googleフォトは写真・動画を高画質なまま圧縮して預ければ、容量無制限です。 預け終わった写真はまとめてiPhoneから削除できるので、無料でたっぷり預けたい方はGoogleフォトを利用しましょう。 なお、Googleフォトのアプリ本体は約170MBです。 アプリをインストールする容量がない方は、先に解説した「アプリを取り除く方法」で、Googleフォトの容量を一時的に確保しましょう。 「最近削除した項目」からも削除しないと空き容量を増やせないので、写真・動画を削除する時は注意してくださいね。 iCloudに写真を預けて容量を確保する手順 iCloudではiPhoneのストレージ容量が少なくなると自動的に本体の写真を削除してくれて、写真で容量を圧迫されている方は楽に容量を確保できます。 しかし、5GB以上は月額料金がかかるので注意しましょう。 1設定を開き最上段のApple IDをタップ 2「iCloud」をタップ 3「写真」をタップ 4「iCloud写真」をONにする 5「iPhoneのストレージを最適化」を選ぶ これで容量を圧迫している写真はiCloudに保存されます。 なお、iCloudだけに保存されている写真も写真一覧の サムネイルサイズの画像はiPhone内に残ります。 「空き容量を増やす」をタップ• メディアを減らして容量を確保する 続いてメディアファイルを減らしてiPhoneの容量を増やす方法を見ていきましょう。 メディアとして表示されるデータは、ミュージック内の音楽ファイルやApple TVアプリにダウンロードされた映画等の動画ファイルです。 なお、ミュージックの設定内にある「ストレージを最適化」で4〜16GBの容量を指定できます。 あらかじめ容量を指定しておくと、それ以上の容量になった時に 聞いていない曲を自動的に削除してくれて便利です! 音楽でストレージが圧迫されている方は、今後のために4GBあたりに設定しておくといいでしょう。 Apple TVアプリのダウンロード済み動画を削除する手順 Apple TVアプリでは、iTunesストアから購入した映画や動画が保存されています。 映画1本で4GB前後の容量を消費するので、見終わった動画は削除しましょう。 1Apple TVアプリを開き「ダウンロード済」をタップ 2「編集」をタップ 3削除する動画にチェックを入れて「削除」をタップ 4「ダウンロードを削除」をタップ Apple Booksを減らして容量を確保する Apple Booksファイルは、ブックアプリにダウンロードされた本やPDFファイルです。 音楽や動画ほど容量は消費しませんが、読み終わったものは削除して容量を確保しましょう。 1ブックアプリを開き「ライブラリ」をタップ 2「コレクション」をタップ 3「ダウンロード済み」をタップ 4「編集」をタップ 5「すべてを選択」をタップ 6ゴミ箱マークをタップ 7「ダウンロードを削除」をタップ これでダウンロードされた本とPDFが削除できました。 なお、 「すべての場所で削除」をしてしまうと、iCloudからも削除されてしまいます。 今後読み直す可能性が全くないファイル以外は、ダウンロードの削除に留めておきましょう。 その他を減らして容量を確保する iPhoneストレージ画面で、「その他」のデータが1番多く容量を圧迫しているのではないでしょうか? 「その他」の中には次のようなデータが含まれています。 電源の再起動:キャッシュ等の一時ファイルが消去できる• 最新のiOSにしてiPhoneのを復元:アップデートファイルが消去できる この2つの方法をとれば、その他が消費する容量を減らして容量の確保ができます。 iPhoneの電源を再起動する手順• スリープボタンを長押しする iPhone X以降のモデルでは、音量ボタン+サイドボタンを長押ししましょう。 電源OFF画面のボタンをスライドする• スリープボタン or サイドボタン長押しで電源を点ける これでiPhoneの再起動は完了です。 iPhoneストレージを確認して、その他が減っているかチェックしましょう。 iPhoneを復元は最終手段に! 電源の再起動でその他のデータが減らない場合は、システムやアップデートデータで容量を圧迫しています。 この場合は iPhoneを復元すると容量が確保できる可能性があります。 とはいえ、iPhoneの復元はデータのバックアップも必要で時間がかかってしまいますよね。 復元やバックアップ方法は以下の記事で解説していますが、他の方法で容量を増やすことができなかった時の最終手段にした方がいいかもしれません。 iPhoneストレージの空き容量まとめ 今回はiPhoneのストレージの空き容量の確認方法と、容量不足の時の解決方法をお伝えしました。 iPhoneはストレージサイズが購入時に選べますが、少ない容量ではすぐいっぱいになってしまいます。 最新のiOSでは「iPhoneストレージ」を見れば、どのデータを減らせばいいのか一目瞭然です!.

次の

16GBのiPhoneの空き容量を増やす方法!

アイフォン 容量 増やす

最新iPhoneのストレージ容量 現在Apple公式ストアで販売されている iPhoneのストレージ量は64GB〜512GBです。 モデル 64GB 128GB 256GB 512GB 11 Pro Max 119,800円 — 135,800円 157,800円 11 Pro 106,800円 — 122,800円 144,800円 11 74,800円 79,800円 90,800円 — XR 64,800円 69,800円 — — SE 44,800円 49,800円 60,800円 — 発売中のiPhoneのストレージと価格は以上のようになっています。 少し前から比べるとストレージ容量が増えたにも関わらず格段に安くなっているのが特徴です。 ポイントは 64GBと128GBのストレージは2倍の容量なのに5,000円の差しかないこと。 『iPhone 11』『iPhone XR』『iPhone SE(第2世代)』の購入を考えている方は128GBをよくチェックしてください。 はこちら• 予算に余裕がある方は256GBがおすすめ• 少しでも安くした方は64GBでも十分• 128GBがあるモデルなら絶対に128GB• 32GBはおすすめしません 結論から言うとおすすめの容量は以上です。 現在の最新iPhoneには32GBモデルが無いので安心ですが、中古のiPhoneを考えている方は 最低でも64GBを選びましょう。 また、パソコンを持っていない方は 256GBがおすすめです。 64GBだと動画と音楽を入れるとあっという間に容量が一杯になってしまいます。 そしてiPhone 11やiPhone SEなど128GBがあるモデルは 絶対に128GBがおすすめです! ちなみに2020年に登場するは全てのモデルが128GB以上になると言われています。 256GBが高いと感じる人は128GBモデルがあるiPhoneがおすすめ 256GBモデルが良いのはわかっていますが、価格が高くなるのが難点ですよね。 その為、256GBモデルが高いと感じる方は ラインナップに128GBモデルがあるiPhoneがおすすめです。 iCloudの料金• 5GB:無料• パソコンに写真を取り込む習慣がない方や、MacやiPadなど他のApple製品とデータを共有したい場合にも便利。 例えばiPhone 11 Proの256GBを購入する場合と64GBを購入する場合では16,000円の差額があります。 iCloudの200GBプランに加入すると月400円なので、64GBモデルを購入してiCloudの有料プランに加入するのも良い選択肢です。 有料プランは毎月料金が必要• データの保存、読み込みに通信が必要• 外出先だと通信容量を気にする必要がある• 映画や電子書籍の保存はできない iCloudは便利ですが使い方によっては合わない場合もあるので、自分の使い方にあった選択が必要です。 写真であればAmazonプライム会員だと無制限で保存可能。 写真のデータ量が多い方はAmazonプライムがおすすめです。 iPhoneの容量選びが大切な理由 iPhoneの容量選びが他のスマホと比べて特に大切な理由を紹介します。 iPhoneは AndroidのようにSDカードを挿入するなど外部ストレージを追加することができません。 本体の容量を増やすことができないので、ストレージが一杯になるとパソコンやクラウドにデータを移す必要があります。 またアプリなどは渋々削除しなければなりません。 容量不足解消の方法もありますが 手間が掛かる上劇的に回復させることは難しいのでお勧めできません。 ストレージの大きいiPhoneは後で紹介する 便利な使い方もできるので容量選びは非常に大切です! ストレージ不足で起こる現象 iPhoneのストレージが一杯になると アプリ内のキャッシュを勝手に消されるという面倒なことになります。 これは私の実際の体験談なのですが、ゲームアプリを起動した時のダウンロード時間が4分ぐらい掛かっていました。 簡単にいうと『ゲームアプリの初期ダウンロードが半日おきに起こる』という現象です。 これだとゲームアプリを開くにもとてつもなく時間がかかりますし、何よりWi-Fi環境でなければ通信量の問題でできません。 この不便な現象の原因はiPhoneのストレージを一杯で使っていた為、 iOS11のキャッシュを自動で削除する機能によりゲームのダウンロードデータが勝手に削除されていたのです。 iPhoneの容量の選び方 iPhoneのストレージの選び方とメリット、便利な使い方について紹介します。 ストレージの目安 まずはこれくらいの容量があればどの程度のデータが収まるのかを紹介します。 写真 ストレージの中の多くを写真で使用している方も多いと思います。 iPhoneでも十分綺麗な写真が撮れるのでカメラとして使っている方も多いはず。 関連 写真の形式は「JPEG」や「PNG」が一般的ですがiPhone 8以降は 高画質で 軽量な「HEIF(ヒーフ)」という新形式が採用されています。 5MBぐらいです。 30fpsと60fpsを比べると60fpsの方が滑らかな映像が撮影できます。 1GBは1024MBなので4K60fpsで撮影すると64GBだとすぐに一杯になります。 アプリ アプリの容量はそのアプリによってサイズが全く異なるので参考になりません。 現在iPhoneを使っている方は以下の方法でアプリのサイズを確認し参考にするのが良いです。 iPhoneのストレージは以下の方法でチェックすることができます。 現在のストレージ容量を確認すると大体の感覚が掴めるかなと思います。 必要なデータ容量が最も多いのは写真などを除くと『ゲーム』です。 モンスターストライクなどの大きいサイズのゲームとなると1GB程必要なります。 またアプリ自体の容量が少なくても内部にデータが溜まることがサイズが大きくなるのが『LINE』や『Instagram』『Twitter』などのSNSアプリです。 読み込んだ画像データなどが蓄積され 気づくとゲームよりも大きなサイズになっていることも多いです。 内部のキャッシュを削除することで容量を軽くすることができますが、次に読み込みする時に遅くなったり、削除する手間が面倒だったり、アプリによっては一度アプリ自体を削除するしか方法がなかったりするので手間が掛かります。 初めから大きなストレージのiPhoneを選ぶのが良いです。 ストレージの選び方 最近のスマホは以前のように2年おきに買い替えるのではなく、できるだけ長く使った方がお得な場合が多いです。 性能面での進化も頭打ちしてきており、2年前の機種と最新機種のスペックが大きく違うわけでもなく、快適に使用することができます。 ストレージの容量不足だけが不満で買い替えるのは非常に勿体ないのです。 また、ストレージに関しては長く使うとどうしても溜まってしまい、小まめににパソコンにデータを写したとしても限界があります。 もちろん写真や動画を撮らなくて、アプリにも必要最低限しか入れないという方は64GBで全く問題ないですが、最近はになるだけで、プライムビデオが無料で使用でき豊富な映画やアニメ、ドラマを手軽にダウンロードできるサービスもあります。 通勤時間やちょっとした隙間時間にダウンロードした動画見ることができると本当に便利です。 空き容量があればこんな使い方もできるので 容量は自分が必要な容量より少し多い容量を選ぶとかなり快適に使えます。 予算に余裕がある方は256GBがおすすめ• 少しでも安くした方は64GBでも十分• 32GBはおすすめしません• 128GBが1番おすすめ 高容量iPhoneの便利な使い方 最後に容量が大きいiPhoneだからこそできる便利な使い方を紹介します。 ストレージ容量が大きいと どんな使い方ができるのかを紹介しているので参考にしてください。 外出先で映画が見られる などオンデマンドサービスでは手軽に映画やドラマ、アニメの視聴が可能です。 しかし出先で利用するとなると莫大な通信量が必要になったり、新幹線などではそもそも電波が安定していません。 そんな時iPhone内のストレージにダウンロードしておけば 『通信』を気にする必要がありません。 また最近のは録画した番組をスマホに簡単に送ることもできます。 録画した番組をiPhoneに保存しておけば移動時間や隙間時間に番組を楽しむことができます。 退屈な時間を過ごすのは非常に勿体無いので容量の大きいiPhoneがあれば退屈な時間がなくなります。 出先で映画が見られる• 通信量を気にする必要がない• 通信しないのでバッテリーの消費を抑えられる• ストレージ内にデータがあるので遅延がない• 大量の番組を持ち運べる 旅行先で写真のバックアップできる iPhoneのカメラは非常に優れていますが、やはり綺麗に撮れる一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラを使用している方は多いと思います。 特に旅先では一眼レフなどでたくさんの写真を撮るのではないでしょうか。 そんな時心配になるのが撮った写真データが消えないかですよね。 SDカードなどのフラッシュストレージは突然壊れるリスクがあるモノです。 日数の多い旅行で撮りためた写真が消えてしまっては相当なショックを受けると思いますが、パソコンを持っていくのはかなりの荷物になり現実的ではないです。 空き容量の多いiPhoneがあれば出先でも簡単にデータのバックアップが可能です! iPhoneのバックアップではなく、iPhoneでバックアップするのはあまり知られていないですが、Appleが販売している『Lightning — SDカードカメラリーダー』を使用すると SDカード内の画像データをiPhoneに非圧縮でそのまま保存することが可能です。 一眼レフカメラなどで撮った写真を簡単にiPhoneに取り込める• SDカード内に写真を残しておけばバックアップになる• RAW形式の写真も取り込み可能• 非圧縮で取り込める• SDカード差し込むだけで写真アプリに取り込まれる• iPhoneで取り込んだ写真をSNSにアップできる iPhoneを持ち歩くということはストレージを持ち運んでいることと同じです。 さらにiPhoneはストレージだけでなくパソコンと同じようなことができます。 バックアップだけでなく、取り込んだ写真を編集・SNSにアップなど様々な用途で使用できます。 パソコンを持ち運ぶのは荷物になりますがiPhoneは必ず持ち運ぶモノなので邪魔になることはありません。 写真が好きなユーザーは高容量iPhoneを選ぶメリットが特にあります。 オフラインでの可能性が広がる インターネットに繋がっていてこそiPhoneの力を発揮できますが、通信制限を気にしている場合や、電波が弱い場所などオフラインで使うこともありますよね。 オフラインで快適に使用する為にはストレージ容量が特に大切です。 先ほど紹介した動画を持ち運ぶ他に、音楽プレイヤーとして使用したり、漫画や小説をダウンロードし電子書籍として使用することもできます。 iPhoneに空き容量があればオフラインでの可能性がさらに広がるので本当におすすめです。 快適なiPhoneを生活を送る為にもストレージは重要なポイントということです。 もちろんお金も大切ですが毎日使うモノなのでぜひ高容量モデルを買ってみてはいかがでしょうか。 はこちら iPhoneの購入はオンラインがおすすめ! 新型iPhoneを発売日に手にするには事前予約が大切です!忘れずに予約するようにしましょう! またiPhoneをキャリアで購入する場合は 絶対に各キャリアの公式オンラインショップでの購入がおすすめです。 知らないと損することになるのでオンラインショップについてのメリットもあわせて紹介します。 オンラインショップのメリット ショップで並ぶ必要がない iPhoneの予約はソフトバンク・au・ドコモの各キャリアのショップのほか、家電量販店などの店頭でも予約・購入ができますが、 店頭は常に混雑しており待ち時間も長いです。 オンラインならパソコンやスマホからどこからでも予約・購入が可能で24時間手続きができ、 予約・購入にかかる時間は15分程です。 待ち時間がなく24時間注文できるのはかなりのメリットです。 手数料が無料 通常ショップで新規契約・機種変・MNPをすると手数料が2,000円〜3,000円必要になりますが、 オンラインショップで新規契約・機種変・MNPをすると手数料は無料です! 待ち時間もなく、手数料が安いのでオンラインショップはかなりメリットが大きいのです。 頭金が必要ない キャリアのショップや家電量販店では店頭ごとに金額の違いがありますが購入時に 3,000円〜10,000円の頭金が必要です。 古いiPhoneからのデータ移行• SIMカードの挿入• 開通手続き 以前からiPhoneを使っている方は難しい作業ではありませんし、説明書を見ながら簡単に行うことができるので不安に思うことはありません。 料金体系などを質問できない ショップであればスタッフの詳細を聞くなど対人で手続きを進めることができますが、オンラインは自分で調べて契約を行う必要があります。 わかりやすくまとめられていますが、携帯料金のプランは複雑で不安があった時に質問できないのはデメリットですね。 しかし、 もしわからなければチャットや電話で問い合わせることができるので、そこまで不安に思うことはありません。 オンラインショップ限定のキャンペーンを開催していることもあるのでぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。

次の