あなたの番です オラウータンタイム。 あなたの番です特別編。菜奈は毒殺!翔太菜奈の日記を見つける

『あなたの番です』オラウータンタイムの意味は?田中圭の推理姿がカワイイ!

あなたの番です オラウータンタイム

Contents• ブルとオランウータンタイムの意味を、それぞれ紹介! ドラマあなたの番です内で頻繁に使用される「 ブル」「 オランウータンタイム」 秋元さんが明言したわけではないので絶対こうとは言い切れませんが、 ほぼ確定だろうと思われている意味があるので紹介します。 ブルの意味は的中・正解 「ブルだと思う」「ブルだった!」 翔太がことあるごとに言うこのセリフ。 使うタイミング等を考慮してみても、「 的中」「 正解」を表していると考えてほぼ間違いないです。 むしろ、正解以外の意味が見当たりません。 オラウータンタイムは推理の始まりを示す? 菜奈と翔太が推理をはじめる前に口にする、「 オランウータンタイム」 推理のかけ声的な意味合いを持つのは察せるんですが……ネット上でも、どういう意味なの?と物議をかもしていました。 いろいろと調査した結果、 オラウータンタイムの意味としては• ブルはダーツ用語で、意味は推理の的中• オランウータンタイムの元ネタはモルグの殺人で、意味は推理のはじまり これは個人的な推測ですが、 オランウータンタイムには奇想天外!的な意味も含まれているんじゃないかなーと思います。 確か1話だったと思うのですが、翔太が菜奈に「真実はいつもオランウータンだよ」と言うシーンがあるんですよね。

次の

あなたの番です

あなたの番です オラウータンタイム

スポンサーリンク あなたの番ですオラウータンタイムの意味は? 1話から何度も耳にしている、 翔太 田中圭さん)の「オラウータンタイム、スタート!」のセリフ。 毎回衝撃的な場面が続いているので、 被害者のことばかり、気を取られてしまってました。 菜奈ちゃんが「 オランウータンタイムスタート!」の合図で推理を始める場面がありました。 2話では、管理人・床島の死を自殺とした警察の判断に、翔太が疑問を持ちます。 「こんな身近で事件が起こるなんてなかなかないんだから、推理する、し甲斐があるよ。 」と続けます。 「やめよう、不謹慎だよ。 」と忠告する菜奈ちゃんに「 真実はいつもオランウータンだよ、分かるでしょう?」と、翔太が言います。 ミステリー好きの二人は、これまでも違和感があったり、怪しいなあと思ったりした人がいたら、こうして推理をしてきたことがわかります。 実はこの 「オラウータン」という言葉、とても重要なキーワードになっているんです。 色々と調べてみましたところ・・・。 ちゃんとした元ネタがありました。 「モルグ街の殺人」というタイトルで、1841年に発表されたアメリカの作家「エドガー・アラン・ポー」の短編小説の作品です。 語り手、意外な犯人、結末で推理を披露するという、 ミステリー小説の原型となった小説だと言われています。 この小説に登場するのは、天才的な才能を持つ探偵のオーギュスト・デュパン。 パリのモルグ街の一軒屋に住む母親と娘が、 ある日の深夜、命を奪われてしまうところから、スタートするストーリーです。 警察は現場の様子や近所の人の証言などから捜査を進めますが、なかなか事件の真相に辿り着けません。 いきなりネタバレになってすみませんが、この小説の中に出てくる事件の犯人は、 オラウータンです。 菜奈ちゃんと翔太が持っている文庫本の中に「モルグ街の殺人」があります。 もしかしたら「あなたの番です」の作品は、「モルグ街の殺人」をなぞって作られているのではないでしょうか? なぜかというと、犯行後の状況が同じなんですよ。 例えば、第1話で管理人の床島さん(竹中直人さん)は、逆立ち状態で、階上からコードで吊るされて庭へ落ちていってしまいました。 「モルグ街」の小説では、 娘さんが暖炉の煙突に逆立ち状態で見つかっています。 第2話では、藤井(片桐仁さん)が嫌っていたDr. 山際が、頭部を切断された後に、山林へ遺棄されてしまいます。 この場面も、小説では、同じような状態で裏庭で見つかっているんです。 2つとも、内容は似ていますね~。 他にもなぞっているのかな?と、思わせる場面が、探せばあるかな?と思い見返してみました。 すると、なぞっているのではないですが、ストーリーの中で、度々ミステリー小説が映し出されていて、その中にこの小説があるんですね~! 第1話で、前の管理人 竹中直人さん)が、菜奈ちゃん&翔太の自宅にある、段ボールに詰めてあった小説を写真に撮っていましたが、その中にもありました~。 意図的に見せているんでしょうか?制作側の遊び心なのでしょうか^^ なので、「あなたの番です」は、こういったミステリー小説を題材にしているのがよく分かります。 今後のドラマの展開としては、2クール続くので「モルグ街の殺人」の小説以外にも、似た内容の小説をなぞってくる可能性があります。 スポンサーリンク 田中圭のオラウータンタイムに視聴者の声は? 「オラウータン」のキーワードに、ドラマを見てる人たちも気になってるんですね~! 今さらなんだけど… この休養中に3日間かけて 『あなたの番です』を全話観た。 — ちゅーはんたー mukoira こんな細かいところまで見てる方がいるんですね~!! 気になったので、私も見返してみました。 本棚の真ん中に「モルグ街の殺人」あり、隣には、これまでの起こった事件に関連するミステリー小説が置いてあります。 19話では、翔太が自宅に飾ってある、菜奈ちゃんが完成したパズルで、青く塗られたパズルの欠けた部分から、菜奈ちゃんが犯行日(牡羊座のラッキーデー)を推理したと思われる紙が出てくる場面がありました。 犯人は手塚家の本棚の本のことまで知りつくしており、なぞらえて犯行に及んでると思うのですが・・・。 もし気になった方は、オープニングも注目してみてください。 翔太が菜奈ちゃんと、オラウータンタイムしあう姿が特別編以降は、見れなくなりましたね(T_T) 菜奈ちゃんが、第1章で犠牲となったのは、事件を解決しようとして動き回っているのを邪魔に思った誰かが、菜奈ちゃんを殺めたのだと思います。 これだけ予想だにしない展開が、続いてくると、 田中圭さんのオラウータンタイムの考察は、かなり難しくなるのかな?と思いましたが・・・。 「反撃編」より、304号室に新たに引っ越してきた二階堂忍(横浜流星さん)が、犯人探しに協力してくれることになりました。 どーやんは、黒島ちゃんと同じ大学の院生で、AIの知識を活かして独自に捜査を始めます。 15話(8月4日放送)では、二階堂が、 菜奈ちゃんを殺めた犯人は、現時点で赤池夫妻、 浮田、児嶋 佳世の4人も手にかけた可能性が高いという結果をAI分析で出しています。 焦って感情的になる翔太に、どーやんが「お守り代わり」として、スマホにインストールしてくれた「AI菜奈ちゃん」も登場! 18話でも、翔太のオラウータンタイムは、「AI菜奈ちゃん」と一緒に行われました。 どーやんのAIファイルも、黒島ちゃんの犯人確率は、89%という結果が・・・。 19話では犯人をおびき寄せようと、黒島、尾野ちゃん、江藤祐樹、西村の4人に手紙を送り、707号室のホテルで待っていた、翔太。 なのに、ラストでいきなりどーやんが翔太を羽交い絞めにしようとしました。 これだと、二階堂くんが実は黒幕犯人のように見えるものの・・・w ゚o゚ w どーやんは、黒島ちゃんを犯人と思いたくなかったものの、AIの捜査分析で高確率のデータが出たために、敢えて翔太をこのように羽交い絞めにしたのでした。 黒島ちゃんの告白により、黒島ちゃんの犯人確定となりましたが、本当に黒島ちゃんのことが好きだった、二階堂君が可哀想な結末となりましたね。 そして、翔太のオラウータンタイムは、あまり意味がなかったような終わり方になったと思います。 20話最終回のラストは、赤池のおばあちゃんが、屋上で吊るされて悲鳴を上げてる終わり方でしたし、もしかして黒島ちゃん以外にも他に犯人がいるのでは?と思わせるような終わり方でした。 スポンサーリンク あなたの番です続編は? 「あな番」の放送終了後、続編の期待の声が多数あがっているそうです。 個人的には今回のドラマを見ていて、 ヒッチコックの映画「サイコ」を思いだしました。 「ヒッチコック」は、精神に異常をきたした人間による連続事件を、芸術の領域にまで高めたサイコスリラーの傑作なんですよね~。 この映画は、続編のサイコ2があります。 サイコ2は、犯人は心の病の治療を受けて、完治したことで、釈放される所から始まるんです。 「あなたの番です」も、黒島ちゃんの病が治療で治れば、当然釈放されるでしょう。 サイコ2では、心の病で過去に罪を犯した人が、治療後釈放された場合、世間やみんなは、同じ人間として対応できるのか、という深いテーマがあります。 サイコ2の場合、被害者の親族や世間はそれを許さず様々な嫌がらせを繰り返してゆくことになり、結局は再び事件が起こってしまいます。 はたして今回の犯人は誰なのか、という深いテーマと共に事件が展開していくのです。 「あな番」に続きがあるなら、サイコ2にも負けない、面白い展開を期待したいと思います。 そして、ぜひこの続編は、翔太のブル的中が見事に当たってほしいなあ、と思います!.

次の

「あなたの番です」オランウータンタイムの意味が明らかに!?第2章は謎解き!

あなたの番です オラウータンタイム

ネタバレ・感想(前半) 手塚菜奈(原田知世)と 翔太(田中圭)は、15歳年の離れた新婚夫婦。 幸せいっぱいの2人は、引っ越し作業に張り切っていた。 仲良しファミリーや親切なカップル、幸せそうなお年寄りなど、すれ違うマンションの住民たちも皆いい人そうで、「思い切って買って良かった」と新生活に胸を膨らませる2人。 作業が一段落した頃、管理人の 床島比呂志(竹中直人)が訪れる。 床島は無遠慮に部屋に上がり込んで室内の写真を撮り、隅々までチェック。 床島の態度に、菜奈は気圧されるばかり。 その後、菜奈と翔太は同じ3階の住人に引っ越しの挨拶へ行く。 301号室の 尾野幹葉(奈緒)から、このあと毎月1回開かれるマンションの住民会があるので、そこで他の住民にも紹介すると言われる2人。 住民会への出席は、各部屋1人ずつ。 ジャンケンで負けた菜奈が出席することに。 マンションの地下スペースで開かれる住民会。 参加しているのは、以下の住人たちだった。 101号室 久住譲(袴田吉彦) 103号室 田宮淳一郎(生瀬勝久) 104号室 石崎洋子(三倉佳奈) 201号室 浮田啓輔(田中要次) 202号室 黒島沙和(西野七瀬) 203号室 シンイー(金澤美穂) 301号室 尾野幹葉(奈緒) 304号室 北川澄香(真飛聖) 402号室 榎本早苗(木村多江) 403号室 藤井淳史(片桐仁) 502号室 赤池美里(峯村リエ) そしてマンションの管理人である床島(竹中直人)。 住民たちは新入りの菜奈に興味津々。 住民会の議題は、ゴミ置き場の清掃係を決めることだった。 面倒な仕事だけに誰も自分から引き受けようとせず、結局、投票で決めることに。 そして、ひょんなことから「人間誰しも、アイツ殺したいなあと思う瞬間がある」と言い出す床島。 住民たちは戸惑いながらも、今まで自分が消えてほしいと思った人間について話し始める。 床島は住民たちに、お互いに殺したい人間を発表し合うことを提案する。 ntv. html <前半感想> 冒頭、マンションに引っ越してきた手塚菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)のラブラブぶりがすごかったですね~ 放送されるやいなや、ネット上で田中圭が可愛い!と大変な騒ぎとなっていました(笑) 本当に殺人事件が発生するのか?と思うほど、ラブコメ一杯のオープニングでした。 しかし、 マンションの管理人である床島(竹中直人)が登場して雰囲気が一変します。 めちゃくちゃ嫌味で俗物な人物を演じた竹中直人に拍手!一気に緊張感が漂ってきました。 そして、ついに住民会で「交換殺人」の舞台がスタートします。 床島が「人狼ゲームに飽きたでしょ」と言っていたのは、ゲーム感覚だから抵抗が無いことを強調しているのでしょうか? また、いくらミステリー好きだからといって、 菜奈が冷静に交換殺人のことを説明する場面にはギョッとしました。 いきなり、初対面の人々を前に発言する菜奈がすごいというか、可愛い見かけとかなりギャップがありますよね。 なお、菜奈が引いた紙には「 こうのたかふみ」という男性の名前が書いてありました。 この名前を誰が書いたのか、後述する考察に記載していますので併せてご覧ください。 ネタバレ・感想(後半) 不気味さが漂う住民会が終わり、マンションの部屋へ戻った菜奈は、翔太から婚姻届を出しに行こうと言われる。 しかし、埋まらない15歳の年の差により、翔太の自分を好いてくれる気持ちが変わるかもしれない、という寂しさからどうしても結婚に踏み切れない菜奈だった。 菜奈は夕食の買いだしのため部屋を出た。 行きがけにゴミの集積所のダストシュートにゴミを入れようしたところ、 全身穴だらけの熊のぬいぐるみが捨ててあるのに気がつく。 気持ち悪さを感じながら、ゴミを捨てて足早にその場を立ち去る菜奈だった。 夕食の買いだしに行く途中、402号室の榎本早苗(木村多江)に声をかけられる。 早苗からスーパーへの道を教えてもらうなど、いろいろな話を聞いて良好な関係になれそうな2人。 しかし、その二人を見つめている男「 細川朝雄(野間口徹)」が、菜奈の後をつけはじめた。 その頃、マンションの入口に張られた掲示板「清掃係のお願い」の張り紙を見て、憎々しげに画鋲を突き刺す、401号室の木下あかね(山田真歩)の姿があった。 住民会に欠席中に、木下あかねは清掃係にさせられていたのだった。 夕方、304号室の北川そら(田中レイ)は管理人室の窓を覗きこんでいた。 すると、(201)号室の柿沼遼(中尾暢樹)と妹尾あいり(大友花恋)に暗いから家を帰るように声をかけられる。 そらが家にもどる途中、なぜか 廊下には横倒しになった車椅子が転がっていた。 そして、外階段に出たそらは、焦りながら階段を駆け下りてきた203号室のジンイー(金澤美穂)とクオン(井阪郁巳)、イクバルそして複数のマスクをつけた男たちと鉢合わせする。 駐車場では、402号室の榎本早苗(木村多江)が、夫の正志(阪田マサノブ)の指示を受けながら、慣れない車庫入れをしている最中だった。 菜奈と夕食を終えた翔太はソファーにダイブしたときに、偶然、ソファー の下にカギ束を見つける。 昼間に管理人の床島が来たときに落としたかもしれない、と翔太は管理人室に届けにいくことにした。 翔太が管理人室の前に到着した時、 微かにチェーンをひきずるような不思議な音が聞こえたが、気に留めずにドアを叩いた。 反応が無く、ドアの鍵が開いていたので中に入ってみると誰もおらず、なぜか机の上には白いシュシュが置いてあった。 部屋に戻ってから、改めて床島に電話をするが通じない。 しかも、部屋のどこかからケータイの着信音が聞こえてくるのだった。 ベランダから音が聞こえてくるように思い、二人は恐々とカーテンを開けてみた。 すると、ベランダの外に、 パラボラアンテナのコードで逆さに吊るされている床島の姿があった!! 思わず腰をぬかす菜奈と翔太。 すると、目が覚めた床島はカッと目を見開き暴れだした途端、 地面に落下して絶命する。 そして、いつの間にかマンション入口の掲示板には「管理人さん」とかかれたメモがピン止めされていた・・・ <後半感想> 穴だらけのぬいぐるみ、菜奈を尾行する怪しい男、横倒しになった車椅子、慌てて階段を降りてきた男たち、そして管理人床島の死・・・ もう、恐ろしい伏線だらけで背筋がぞっとしました。 一つ一つ見ていきましょう。 1)キャスト紹介画像の赤丸 オープニングのキャスト紹介画像で、以下の7名の人物に「赤丸」が付いていました。 302号室 菜奈(原田知世) 302号室 翔太(田中圭) 103号室 田宮(生瀬勝久) 202号室 黒島(西野七瀬) 402号室 榎本(木村多江) 501号室 佐野(安藤政信) 管理人 床島(竹中直人) この「赤丸」には何らかの意味があると推察します。 まず、この中で、マンション管理人の床島(竹中直人)は死亡しました。 この7人が交換殺人の鍵を握っている可能性があるのではないでしょうか? 2)ネームプレートの意味 管理人の床島が、入居している人全員に配っているというネームプレート。 半ば強引に菜奈に渡しているのですが、本当に全員に配っているのか怪しいです。 と、いうのが、このネームプレートは、301号室の尾野幹葉(奈緒)のドアには飾ってありますが、304号室の北川親子の家には飾っていないからです。 3)オラウータンタイムとは? 推理小説が趣味の2人が、マンションで会った住人の人物像を分析するとき、「オラウータンタイム」という言葉を使っています。 なぜ、「 オラウータンタイム」なのか、正確なところは分かりません。 ただ、手がかりの一つとして、菜奈と翔太の引越し荷物の中の エドガー・アラン・ポーの短編推理小説「モルグ街の殺人」があります。 この小説の犯人が「 オラウータンだった」というエピソードからとった可能性が考えられます。 他にも、荷物の中にはミステリー小説がたくさん映っており、これらの小説の中にヒントが隠されているかもしれません。 4)住民会の欠席者 住民会に参加しなかった5名です。 不参加なので交換殺人に関係していないかのように見えますが、殺害された管理人に対する動機はいずれも持っている可能性が考えられます。 501号室 佐野豪(安藤政信) 401号室 木下あかね(山田真歩) 204号室 西村淳(和田聰宏) 102号室 児嶋佳世(片岡礼子) 404号室 江藤祐樹(小池亮介) 5)「交換殺人」という言葉を最初に発した人物は菜奈 前述しましたが、意外にも「 交換殺人」と言う言葉を最初に伝えたのが菜奈でした。 新入りの彼女にしては、かなり大胆な発言をしていることに違和感があります。 菜奈も、何らか事件に関わっている(あるいは黒幕の一人?)可能性が出てくるのではないでしょうか? 6)くじびきに書かれた「 こうのたかふみ」を書いたのは誰? 菜奈が開いたメモは三角折りで、縦書きで「こうのたかふみ」と記載されていました。 明確に「三角折り+縦書き」だった、 田宮淳一郎(生瀬勝久)が書いた人物とみてよいでしょう。 交換殺人ゲームは住民会からスタートします。 1話目の住民会のシーンは、後々、とても重要になってきます。 ぜひ、あえて見直してみてください。 7)菜奈を尾行する人物 菜奈を尾行するのは、ストーカーの細川朝男(野間口徹)以外に、もう一人存在します。 菜奈が買い物に外出したとき、ちらっとだけ黒い服が映りました。 ちなみに、細川朝男の服はグレーのチェック柄なので、別の人物であることが分かります。 8)管理人室にあったシュシュ 管理人室にあった白いシュシュは誰のものなのでしょうか? 尾野幹葉(奈緒)が付けていそうなイメージですが、特定はできませんでした。 これからヒントが出てくるかもしれないので要チェックです。 9)転がっていた車椅子 転がっていた車椅子の柄から、502号室の赤池幸子(大方斐紗子)のものだと思われます。 転がっているのは、管理人の殺人に車椅子を使った可能性があります。 10)階段を駆け下りてきた人物 203号室のジンイー(金澤美穂)とクオン(井阪郁巳)、イクバルそして複数のマスクをつけた男たちが、焦って階段を駆け下りてきます。 2階の住人なのに、なぜ、3階より上の階から駆け下りてきたのか? レイと鉢合わせてぎょっとしているのはなぜ? という視点でみると、黒幕ではないにせよ、管理人殺害の実行犯の可能性も考えられますね。 11)カギを見つけたのは偶然なのか? 翔太がソファーの下の鍵を見つけますが、果たして偶然だったのでしょうか? あまりにも不自然な位置にあるので、菜奈が意図的に置いた、もしくは、翔太はそこに鍵があるのを知っていたのかもしれません。 そうなると、この夫婦は交換殺人事件に関与しているのではないか?と疑念が湧いてきます。 ちなみに、同様に一人ひとり殺されていく展開の「そして誰もいなくなった(作:アガサクリスティ)」の犯人像は、強い正義感と死を見ることに快楽を感じる二面性の持ち主でした。 この観点から見ると、善良な二人が犯人の可能性もゼロではないと思います。 ーーーー いかがでしたでしょうか? ミスリードの伏線の可能性もありますが、一応、押さえておいたほうがいいと考えた事項をご紹介しました。 なお、以下のリンクは、秋元康さんの過去のサスペンスドラマ作品から、結末について推理した記事です。 秋元作品の傾向を知る手がかりになれば、幸いです。 あなたの番です ネタバレ(1話)と感想のまとめ 以上、1話目のネタバレ・感想と伏線からの考察をご紹介しました。 先の見えないハラハラ・ドキドキの連続で、かなり刺激の強い作品であることは間違いないでしょう! 次週が待ち遠しいですね! <あわせて読みたい>.

次の