アジ 捌き 方。 アジの捌き方(写真と動画で詳しく解説)|お料理まとめ

アジの簡単な捌き方 3枚おろし 刺身の作り方

アジ 捌き 方

 アジのさばき方(2) 【 水洗い】とは、ウロコ、内蔵、エラを除去し、血合いや粘膜等の汚れを洗い流すという意味です。 アジだけではなく、殆どすべての魚に共通する下処理です。 普通はこれに「頭を落とす」が含まれるのですが、アジの場合は頭付きで塩焼きや煮つけにする事も多く、そういう料理なら頭を付けたままにして水洗いします。 アジの水洗い 料理によって処理の仕方が違いますが、エラとウロコの除去は全ての料理で共通しています。 ウロコの処理 アジは見たところウロコが無いように見えますが、細かなウロコがありますので、ウロコ引きや出刃包丁で引いて落とします。 エラを取る 腹を上にしてエラブタを包丁でこの様に押える するとエラ蓋が開きます。 エラの曲線に沿って包丁を入れて 口の下にあるエラの付け根を切る 次に首側のエラの付け根を切る これでエラが取れます ワタを出して水洗いする ここから料理目的によってやり方が違ってきます 三枚におろして使う 刺身系や骨などを避けて食べたい料理はすべて三枚おろしにします。 その場合は腹を真っすぐに切り開いて内臓を出します。 切り開らいて 内臓を出し きれいに水洗い 粘膜、血合いを残さないようにします。 姿のまま料理する場合 姿焼き、姿煮、姿揚げ等の料理は、腹を切らないで内臓を出すか、切る場合でも、直線に切らない方がいいです。 加熱による調理で切り口から形が崩れるのを防ぎ、料理が出来上がって盛り付けたときに、見た目が良くなるからですね。 ハラを切らずにワタを出すには「つぼ抜き」という方法などもありますが、 上で説明した、エラを切り取るときに、そのままエラブタの横から指を差し込み、人差し指を使ってワタを掻き出すようにすれば簡単にワタを出せます。 水道水をあてて洗いながらやるといいでしょう。 そのまま血合い等も洗い流してください。 うまく出来ない。 きれいに中を洗えない。 そういう場合は「隠し包丁」といって反対側を斜めに切り、そこから内臓を出して洗う方法もあります。 次のページで紹介します。

次の

アジのさばき方(2) エラとワタを出して洗う

アジ 捌き 方

新鮮な魚をスーパーや市場で見かけると・・・つい買いたくなっちゃうのですが、丸々だと捌き方に困ったりしませんか? 最近は、スーパーなどで見かける魚はすでに下処理されているものが多く、自分でさばく機会がなかなかないため、忘れてしまいます。 でも、改めておさらいしてみると、案外と簡単に出来ちゃったりするんですよ。 今回、ご紹介するのはアジの捌き方です。 小あじは、そのまま調理したりしますが、少し大きくなってくると下処理が必要になってきますね。 20センチ程度の美味しそうなアジが売っていたので購入し、塩焼きにしようと思います。 アジの捌き方で困っているなら、解決方法がわかりますので、ぜひ、読んでみてくださいね。 アジの捌き方の簡単なやり方をマスターしよう 地域によっても違うと思いますが、私の周りの主婦は魚を捌いたことがない人ばかりです。 私も苦手意識を持っていたので、丸々の魚には距離を置いていましたが・・・、魚を捌けるってだけで、ワンランク上の主婦になったような気が 笑 初めての方でも簡単にアジが捌けるよう分かりやすく解説していきますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。 それでは、準備するものから見ていきましょう。 アジを捌くときに用意するもの 【材料】• アジ 【道具】• まな板• キッチンペーパー 魚を捌くといっても、特別な道具は必要ありません。 もし、気になる方は手袋してくださいね。 準備ができたら、さっそくキッチンスタート! アジの捌き方を簡単にする手順 1. 包丁をアジに対して垂直に置き、尾の方から滑らせて鱗(うろこ)を取ります。 次に「ぜいご」というのですが、この部分は硬いので、写真のように尾の方から包丁で削いでいきます。 反対側も同様に捌きます。 腹側を上に向けます。 この部分 えらぶた を開けると、エラが見えます。 包丁を根元2点に入れて・・・えぐり取るか、写真のように手でも簡単に取れます。 取れました! 9. 頭側から腹に向かって5センチほど包丁で切り込みを入れます。 切り込みから内臓を包丁でかき出します。 あとは流水できれいに洗い、キッチンペーパーでよく拭いてください。 アジの捌き方のポイント だいたい、このような流れが一番やりやすいと考えて、私は捌いています。 そう感じた方は、まずは、小ぶりなアジから始めてみましょう。 大きなアジほど、処理が大変ですからね。 それに、小さいアジほど、包丁ではなく手を使えば何とかなりますし。 また、魚によって違ってきたりしますが、基本的には、今回の捌き方を覚えていれば結構、色んな魚が捌けますよ。 魚を捌くのは難しいという先入観がありますが、実際にやってみると意外と簡単に感じるはずです。 アジを捌けるようになれば、さらに料理が面白くなります。

次の

三枚おろしのやり方とは?アジをさばく練習をしてみよう!|BE

アジ 捌き 方

アジフライのさばき方 アジフライ用のさばき方は2種類ある まず、先に知っておいて欲しいのが、 アジをフライにするさばき方は2種類あること。 背開きでフライにする• 三枚おろしでフライにする 地域によっては腹開きもあるようですが、全国的に背開きが主流になっているので、ここでは割愛します。 見た目的にも背開きで作った方が美しいですね。 そして2つめの手法が、アジを三枚おろしにしてフライにする方法です。 どちらの方法が正しいというのは無いので、自分にあった調理法をえらべば良いでしょう。 調理法 難易度 時間効率 背開き 難しい 悪い 三枚おろし 簡単 良い 簡単ですが2つの方法を比較してみましたので参考にしてください。 どちらを選択するかは時間と難易度をかんがえて選択すれば良いですね。 ぜいご取りのポイントゆっくりで良いので力を入れずに「包丁を動かして」取って行きましょう。 ウロコを落とす ゼイゴを取り除いたら、次はウロコを落とす作業です。 ちなみに、ウロコ取り、ぜいご取りは逆にしても構いません。 アジのウロコは簡単に取れますので注意点はありません。 専用のウロコ取をつかっても良いですし、包丁を使用しても良いでしょう。 ただ、ウロコを落とす作業はヒレでケガをすることが多いので注意してください。 参考 3. 頭を落とし内臓を取り除く ゼイゴ、ウロコを処理したら、いよいよ包丁を使った作業に入ります。 通常のあたまの落とし方でも構わないのですが、今回はちょっと違った方法を紹介します。 この手順のほうが時間短縮にもつながるので、アジをフライにする際にはおすすめ。 この方法だと腹を切らなくても内臓まで一緒に取り除くことが可能です。 まずは腹ビレ(お腹にあるヒレ)の根元付近に包丁をいれます。 下の画像を参考に。 ここの注意点は「軽く切り込みを入れる程度」にすること。 切ってしまわないように注意してください。 切り込みを入れるだけです。 軽く包丁をいれた状態を横から見てみましょう。 続いて通常の頭をおとすのと同じように包丁をいれますが、 真ん中の骨に当たった時点で包丁を止めてください。 骨を切らずに骨で止めるんです。 その後、反対側にも包丁を入れていきます。 骨だけですよ? 内臓をきってしまわないように注意。 頭は胴体から完全に離れていますが、内臓は頭の方についている状態。 この状態にすると頭を引っ張ると内臓まで付いてきます。 頭と内臓をいっしょに取り除くことで、まな板が汚れないし生ごみもまとめることが出来るのでお勧めです。 水洗いする 後は筒状になったアジのお腹の中を水洗いしましょう。 ここで血合いも綺麗にあらっておくと良いですね。 歯ブラシがあると綺麗に取れます。 [adsense] お腹のヒレを切る! さて、下処理は完了しましたが、開く前にお腹の方のヒレをカットしておきましょう。 これは開いた後もとることができますが、調理バサミがあるのなら先にカットしておいたほうがラク。 せっかくここまでしてフライを作るのですから、ストレスなく、そして子供も安心して食べられるようにしたいですもんね。 下の画像のヒレになります。 カットしちゃいましょ。 腹骨の部分は少し固いので力がいります。 あまり力を入れすぎて怪我をしないよう注意。 続いて反対側を開いていきましょう。 このままでは骨が付いているんでね。 普通の三枚おろしの感覚で大丈夫です。 こちらも同じく、真ん中の骨から先は刃先を軽く下向きに。 上で説明したように腹骨の部分が少し固いので、力を入れる必要がありますが怪我には注意してください。 開いて行き、包丁を縦に入れて骨と身を切り離します。 あわてずに丁寧に。 後は腹骨を取りのぞけば作業完了。 これで完了。 お子さんに食べさせる場合は、さらに気になる部分をカット。 ちょうど真ん中に骨があるので、出ている部分は調理ばさみでカットしておきましょう。

次の