親父 の 番屋。 毛深股

ガチムチ親父

親父 の 番屋

男性のアロマオイルマッサージは、またまだ壁があるのも事実です。 男性によるアロマオイルマッサージ、 興味があるがちょっと抵抗があるという 貴男、 勇気がなくて一歩踏み出せないという 貴男へ いやし神成では、他店では味わえないあなただけの為に用意した最高のおもてなしのお時間を約束します。 温かく大きな手と優しく包みこむ心からのおもてなし 至福の時・癒しの時間をお楽しみください。 「仕事ばかりの毎日・人間関係への不満・自分は…不安」を抱えたあなた… 」 そんな男性ならではのストレスを抱えながら今日も頑張ってるあなたへ 当店は、男性セラピストの 大きな手による心地よい温もりと手技で 癒やし,ときめき,わくわくどきどきな 至極のお時間 を体感いただき 身体だけでなく、心までも安らぐ、最上級の親父マッサージで癒やしをご提供します。 いやし神成 店主 神成 葵天 ご利用上の禁止事項! 1. 当店の設定内容にないプレイの強要及び施術者の拒む行為の強要について。 当店の認めていない場所 発展場・公共施設・野外)での手つなぎ等一切のプレイの強要ついて。 ビデオ・写真撮影行為の強要について。 ご自宅やホテルへ伺った際の隠し撮り行為は以後出入り禁止! 4. プライバシーの侵害・ストーカー行為。 重度の【心臓病・心臓に病気がある人・糖尿病・骨粗鬆症・高血圧・皮膚病の人・皮膚にかぶれ・湿疹がある人】このような方! リンパマッサージはしてはいけない、しないほうがいい方のご利用。 ただし、症状の軽度の方はご相談ください。 飲酒後・食後直後・感染病の方のご利用。 スタッフと個人的に接触する行為は固くお断りいたします。 (発覚した際は以後のご利用をお断りいたします。 ) 8. 薬物使用者・泥酔者等のご利用はお断り致しております。

次の

いやし神成 東京 上野浅草系親父マッサージ【個室・出張サロン】

親父 の 番屋

健三郎さんの体験談です。 親父の体(その壱) 初めまして。 私は50代の男ですが、自分自身の親父との事を お話したいと思います。 私が小学4年生の時に自宅で親父とプロレスごっこをして遊 んでいるときに、親父の足を蹴って逃げていたら すぐに追っかけてきて捕まった瞬間、押し倒されて無理矢理 私の口の中に親父の唾 液を入れてきました。 私は、そのことが物凄く ショックで、すぐに洗面所へ行き 何度も何度も口を漱ぎました。 その日は、とにかく親父の顔を見るのも嫌なくらいに出来るだけ 近くに寄らないように避けていたのですが、次の日になって、自分の 中で何かが変わってしまったように、親父に対する見方が変わって しまったのです。 今まで経験したことのないような気持ちが芽生えて きたのです。 その出来事以来、私はとにかく親父のことが気になって 気になって仕方なくなり、その気持ちが段々エスカレートして 親父の体に興味を 持ってしまったのです。 私の親父は、昔から大酒飲みで、仕事から帰って風呂に入る と、必ず日本酒を飲んで、ぐでんぐでんになって寝るという毎日でした。 夏のある 日、私が寝ようと思い、 自分の部屋に行く途中で、親父が ぐでんぐでんになりブリーフ1枚で寝ているとこ ろを見てしまったのです。 親父は、少々の音では絶対に起きないくらいのおおイビキ をかいて寝ていました。 親父の下半身に目をやると、水色のブリーフにはちんぽの形 がくっきりと浮き出て いました。 私は、理性を失ったように、親父の傍へ行き、そっとブリーフの上から撫 でてみました。 親父はまったく起きる気配も無く、 イビキをかいて寝ているので、勇気をだしてゆっくりとブリーフを 下ろしてみると、そこには半分皮を被った大きな物がありました。 私は、自分の親父のちんぽを触ることに罪悪感がありましたが、 その罪悪感よりも、欲望のほうが勝ってしまい、じっくりと皮を剥いたりして悪戯を してしまったのです。 それ以来、親父が酒を飲んで 寝てしまうのを待って、親父の体に悪戯するのが習慣になってしまったのです。 ある 日の夜、親父が風呂に入っているときに、そっと覗き見をしていたら、親父がちんぽ や尻を洗っているのを見て、今度は 無性に親父のアナルを見たくて、たまらなくなってしまい親父が寝て いる時に、パンツをずり下げ尻を開いて、アナルを見てしまいました。 親父のアナル は、とても綺麗なものでした。 私はじっくりと見た後に又パンツを上げて、何も無 かったかのように自分の部屋へと帰って行きました。 それを言われた瞬間、私は次の言葉が出なかった のを憶えています。 いけないことだと思いながらも、好きになって しまった親父は、私が20歳の時に病気で他界してしまいました。 私の中では、これが親父との一番の思い出になってしまったのです。 健三郎 [PR].

次の

お宝体験談集2

親父 の 番屋

健三郎さんの体験談です。 親父の体(その壱) 初めまして。 私は50代の男ですが、自分自身の親父との事を お話したいと思います。 私が小学4年生の時に自宅で親父とプロレスごっこをして遊 んでいるときに、親父の足を蹴って逃げていたら すぐに追っかけてきて捕まった瞬間、押し倒されて無理矢理 私の口の中に親父の唾 液を入れてきました。 私は、そのことが物凄く ショックで、すぐに洗面所へ行き 何度も何度も口を漱ぎました。 その日は、とにかく親父の顔を見るのも嫌なくらいに出来るだけ 近くに寄らないように避けていたのですが、次の日になって、自分の 中で何かが変わってしまったように、親父に対する見方が変わって しまったのです。 今まで経験したことのないような気持ちが芽生えて きたのです。 その出来事以来、私はとにかく親父のことが気になって 気になって仕方なくなり、その気持ちが段々エスカレートして 親父の体に興味を 持ってしまったのです。 私の親父は、昔から大酒飲みで、仕事から帰って風呂に入る と、必ず日本酒を飲んで、ぐでんぐでんになって寝るという毎日でした。 夏のある 日、私が寝ようと思い、 自分の部屋に行く途中で、親父が ぐでんぐでんになりブリーフ1枚で寝ているとこ ろを見てしまったのです。 親父は、少々の音では絶対に起きないくらいのおおイビキ をかいて寝ていました。 親父の下半身に目をやると、水色のブリーフにはちんぽの形 がくっきりと浮き出て いました。 私は、理性を失ったように、親父の傍へ行き、そっとブリーフの上から撫 でてみました。 親父はまったく起きる気配も無く、 イビキをかいて寝ているので、勇気をだしてゆっくりとブリーフを 下ろしてみると、そこには半分皮を被った大きな物がありました。 私は、自分の親父のちんぽを触ることに罪悪感がありましたが、 その罪悪感よりも、欲望のほうが勝ってしまい、じっくりと皮を剥いたりして悪戯を してしまったのです。 それ以来、親父が酒を飲んで 寝てしまうのを待って、親父の体に悪戯するのが習慣になってしまったのです。 ある 日の夜、親父が風呂に入っているときに、そっと覗き見をしていたら、親父がちんぽ や尻を洗っているのを見て、今度は 無性に親父のアナルを見たくて、たまらなくなってしまい親父が寝て いる時に、パンツをずり下げ尻を開いて、アナルを見てしまいました。 親父のアナル は、とても綺麗なものでした。 私はじっくりと見た後に又パンツを上げて、何も無 かったかのように自分の部屋へと帰って行きました。 それを言われた瞬間、私は次の言葉が出なかった のを憶えています。 いけないことだと思いながらも、好きになって しまった親父は、私が20歳の時に病気で他界してしまいました。 私の中では、これが親父との一番の思い出になってしまったのです。 健三郎 [PR].

次の