ゆうちょ atm 硬貨 入金。 ATMご利用時間・料金ーゆうちょ銀行

ATMに硬貨(小銭)は入金や引き出しは可能?ゆうちょ・三菱UFJ・みずほ・三井住友・りそな銀行を徹底解説!

ゆうちょ atm 硬貨 入金

ゆうちょ銀行ATMでは硬貨の預け入れができる ゆうちょ銀行の硬貨預入について知っている方はここはすっ飛ばして読んでください。 ゆうちょ銀行は通帳またはカードを使えば、 一部のATMで硬貨を預け入れることができます。 郵便局内にあるATMは硬貨を預け入れることができる仕様になっていますが、スーパー・デパート内や出張所などの場所に設置している無人ATMには硬貨を預け入れることができません。 硬貨を入れるところがないATMでは使えないということです 硬貨は預け入れだけではなく引き出しも可能です。 どんな種類の硬貨を何枚まで預け入れできるのか 「10円以上200万円以下、紙幣・硬貨とも全金種お取扱い可能。 紙幣は計200枚、硬貨は計100枚まで」とゆうちょ銀行のサイトに記載されています。 ちなみに私が利用したゆうちょ銀行内のATMでは「旧500円玉はご利用できません」と記載がありました。 今どき旧500円玉を持っている人はあまりいないとは思いますが、古い貯金箱から小銭を取り出してATMに預ける人は事前に確認が必要です。 硬貨を大量にATMへ入金したときの私の失敗談 さて、大迷惑だった今回の事件の本題です。 今までATMで硬貨を預け入れすることは何度もあり、今回もいつものように硬貨の預け入れをしようとしました。 特に何も考えることはありません。 硬貨の種類と金額は• 硬貨の入れ口付近には「 20枚以上の硬貨のご入金は機械の故障の原因になりますので~」と書かれていましたが、26枚だったので大丈夫だろうと思って入金してみることにしました。 入金はいつもどおりできました。 通帳にも1,430円入金の記帳がされました。 …が、その後のATMの処理に問題が発生しました。 硬貨を入れたときは「ガガガガガ、ジャラジャラジャラ…」という音を出しながら処理されますが、それが今回行ったATMではやたら長かったんです いつもと違うATM利用。 全部の硬貨が処理されるまでおそらく5分ぐらい待ちました。 その5分の待ち時間のあいだにATMには長蛇の列が…!後ろを見て焦った! 幸いATMは2台設置してあったので、残りの1台でなんとかATM行列はさばかれていましたが、1台しか設置されていなかったら後ろの人たちに恨みを買うレベルの処理の遅さです。 ちなみに通帳は先に出てくるので、ATMで硬貨の入金処理が終わるまで待たずにその場立ち去ることは可能です。 でも私は後ろに並んでいる人に迷惑をかけるので、処理が終わるまでその場にいます 気持ち的には一刻も早くその場を去りたい。 たった26枚の硬貨の入金のはずが、ATM側の硬貨の処理に時間がかかり、並んでいた人に大迷惑をかけてしまったので、今度は面倒でも窓口で入金することにします。 窓口でも硬貨の入金はひと手間かかりますが手数料は無料です。 ATM行列を作って恥ずかしい思いをするよりはマシでしょう。 ゆうちょ銀行ATMは小銭の出し入れができて便利 最近は大手銀行よりもネット専業銀行のほうが金利が高いので、私はネット専業銀行をメインバンクとして利用しています。 しかし、ネット専業銀行のデメリットは小銭の出し入れができないことです。 例えば、楽天銀行のキャッシュカードでゆうちょ銀行ATMを利用しても硬貨の出し入れはできません。 自社のATMを持っていないネット専業銀行では硬貨の取り扱いがないのです。 ですから、1円単位で預貯金の引き出しができるゆうちょ銀行はやっぱり便利なのです。 全国各地で使えて、転勤族の私としては全国どこでも引っ越しになっても、生活圏内にあるので絶対手放せない銀行です。 硬貨の出し入れがATMで手軽にできるので重宝していますが、あまりにも多い枚数の入出金は今後控えることにします。 処理に時間がかかって白い目で見られますし、ATM機械のこしょうにもなります。 小銭貯金は窓口で処理してもらいましょう!(強調) 以上が私のゆうちょ銀行ATMに硬貨入金したときの失敗談でした。 500円玉を集めて10万円貯まる本というのがありました。 こういうのも面白そう。

次の

ATMでの小銭入金をゆうちょ銀行でやったら疲れるし時間がかかった

ゆうちょ atm 硬貨 入金

ゆうちょ銀行のATMでお金を入金しようとする場合、特に申請などをしていない場合、 1日の上限金額は50万円と設定されています。 引き出しする場合の上限も同様です。 これは、ATMを使った不正利用を防ぐためのセキュリティーの一環として設定されているものです 例えば、盗まれたカードなどで暗証番号を特定されてしまうと、ATMだと顔バレせずに下ろしたりすることが可能です。 そんなときに、入出金の上限が定まっていれば、被害を少なく抑えることができます。 入金額の設定上限はいくらまで可能? 何も設定しない場合、ATMで入金できる限度額は50万円でした。 これは、ゆうちょ銀行の窓口で利用上限額の手続をすれば、最高200万円まで引き上げることが可能です。 お店などをされている方で、日々の売上金が50万を超すような場合、設定を変更して置けば、窓口で並んで処理時間待たなくても入金処理ができるようになります。 以上、ゆうちょ銀行のATMの入金限度額についてご説明させていただきました。 入金限度額についてですが、• 初期設定では50万円までしか入金できない• 窓口で届け出ると200万円まで変更可能• ATMを使わない場合、上限の設定はなし• 金融機関ごとで限度額はまちまち ということでした。 私の場合、支払いに必要なお金をゆうちょ銀行からおろし、余った分を地方銀行の口座に入れようとしたら、限度額がゆうちょ銀行より低かったため、入りきりませんでした。 結局残った分をゆうちょ銀行に戻したという悲しい過去もあります。 近くにあると便利なゆうちょ銀行ですが、50万円以上の入金を行う可能性があるならば、ぜひ窓口で限度額上限の変更手続きをお試しください。 関連ページ ゆうちょATMは全国どこにでもあるので、便利ですよね。 他行のキャッシュカードでも引き出しができるとあって、利用する人は多いのではないでしょうか。 土日祝日でも稼働しているATMが多く、お出かけのときにお金を引き出したくて立ち寄る人もいると思います。 しかし、引き出し手数料がかかるのではないかと気になります。 そこで、ゆうちょATMの引き出し手数料が、土日祝日は有料なのかどうか調べてみました。 今まで、ゆうちょATMで小銭を引き出したり入金したりできないと思い込んでいましたが、先日ゆうちょATMに小銭を出し入れできるところを発見しました。 小銭の引き出しも入金もできそうだと感じましたが、やったことがないので不安になりました。 そこで、ゆうちょATMで小銭を引き出したり入金したりすることは可能なのか、くわしく調べてみました。 他の銀行からゆうちょ銀行に振り込みをしてもらうために、自分の口座の支店名・支店コードを伝えようと思ったら、どこにも書いていなくて困ったことがあります。 実は簡単に調べる方法があります。 というわけでゆうちょ銀行の支店名・支店コードをどうやったら調べられるのかまとめてみました。 ゆうちょ銀行は、ATMでお金を引き出す際キャッシュカードがなくても通帳だけで利用できるので便利ですよね。 しかし、記入する欄がいっぱいになっていて焦った経験はありませんか? そこで今回は、ゆうちょの通帳がいっぱいになってしまった時どうしたらよいか、詳しく解説します。 ゆうちょの貯金口座にお金がいくら残っているのか、気になったことはありませんか? 特に、公共料金やクレジットカード支払いの引き落としがある場合は、残高が足りているのか不安になりますよね。 確認のためATMに出向くのは面倒だから、手軽にできたらいいな、と感じる方も多いでしょう。 そこで、ゆうちょの貯金の残高照会をする方法をご紹介します。 先日、私名義のゆうちょの口座が休眠口座になっていると母から連絡がありました。 長い間使っていないと休眠口座になるのは知っていましたが、具体的に何年で休眠口座になるのかは聞いたことがなかったので、気になりました。 そこで、ゆうちょの口座は何年経つと休眠口座になるのか調べてみました。 休眠口座を復活させられるのかどうかについてもご紹介します。 自分のゆうちょ銀行の口座に預け入れしたいけど、やり方が良く分からなくて・・・ 預け入れの方法を忘れてしまった方、これから初めて預け入れをする方にも分かりやすいように、「ゆうちょ銀行への預け入れの方法」を説明していきます。 今回は「ATMを使った、ゆうちょ銀行への預け入れの方法」について触れていきます。 ゆうちょ銀行同士の振り込みは振込手数料が無料になります! 今回はゆうちょ銀行の振込手数料が無料になる条件についてまとめて見ました。 、みなさん郵便貯金の通帳はお持ちでしょうか。 郵便貯金の口座は、なんと振込手数料が無料!なんです! というわけで、今回は郵便貯金の振込手数料が無料になる条件についてご紹介したいと思います。 私もよくゆうちょ銀行のATMを利用するのですが、振込をしようとしたときに「いったいいくらまで振込ができるんだろう?」心配になったことがあります。 ATMって大きいところでなければ聞く人もいなくて困っちゃうんですよね! というわけで、今回はゆうちょ銀行のATM振込限度額をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

500円玉貯金の入金方法は?手数料やゆうちょ、銀行窓口やATMごとの方法を解説!

ゆうちょ atm 硬貨 入金

500円玉貯金の入金方法ってどうやるの? 500円玉貯金って誰もが一度はやったことがあると思うのですが、 貯金することはできても入金方法が分からない…なんてこと、よくありますよね。 そこで、この記事では500円玉貯金の入金方法について詳しくお伝えしていきます。 ゆうちょ・郵便局や銀行窓口での500円玉貯金の入金方法、またATMでの入金方法や500円玉貯金の入金手数料などもご紹介していきますよ。 また、500円玉貯金の入金は恥ずかしい…なんて方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。 そんな方のために、 恥ずかしいと思わない!500円玉貯金の入金方法についても詳しくお伝えしていきましょう。 それではまず、500円玉貯金の入金方法として、ゆうちょ・郵便局での入金方法からご紹介していきますので、ぜひじっくり読んでみてくださいね。 もくじ• 500円玉貯金の入金方法(ゆうちょ・郵便局) 500円玉貯金の入金方法として、まずはゆうちょ・郵便局での入金方法を詳しくお伝えしていきます。 まず、 ゆうちょ・郵便局で500円玉貯金を入金する場合は、以下のものを用意していきましょう。 入金したい500円玉• ゆうちょ・郵便局の通帳、またはキャッシュカード なお、貯金してきた500円玉は、貯金箱から出した状態で、袋などに入れて持っていくとスムーズです。 そして、ゆうちょ・郵便局の窓口に行き、小銭を入金したい旨を窓口の方に伝えるようにしましょう。 すると、ゆうちょ・郵便局の窓口の方から、入金の際に必要となる用紙を受け取ることができます。 その入金用紙に氏名などを記載し、貯金してきた500円玉の個数を数えてもらいましょう。 その後、ゆうちょ・郵便局の方が500円玉の合計金額を伝えてくれますので、その金額を入金用紙に記載します。 これだけで500円玉貯金のゆうちょ・郵便局での入金方法は終了です。 とっても簡単ですし、だいたい10分もあればゆうちょ・郵便局での500円玉貯金の入金は終了しますのでおすすめです。 それでは次に、500円玉貯金の入金方法として、三井住友銀行やUFJ、みずほ・りそななどの銀行窓口での入金方法を詳しくお伝えしていきましょう。 スポンサードリンク 500円玉貯金の入金方法(銀行窓口) 500円玉貯金の入金方法について、ここでは銀行窓口で入金を行う方法について詳しくお伝えしていきます。 まず結論から先にお伝えすると、 500円玉貯金の入金を銀行窓口で行う場合も、先にお伝えしたゆうちょ・郵便局で入金する方法と大して変わりません。 三井住友銀行やUFJ、みずほ・りそななどの銀行窓口で貯金してきた 500円玉を入金する場合も、前述のゆうちょ・郵便局で入金する方法を参考にしてみてくださいね。 ですから、まずは入金したい 500円玉と各銀行の通帳・キャッシュカードなどを準備して、銀行窓口へ向かうようにしましょう。 なお、あまりにも大量の 500円玉貯金をしていた場合は、少し時間がかかってしまうこともあります。 そのため、大量の 500円玉を入金したいという場合は、あらかじめ 5 00 円玉を入金したい銀行に電話で連絡してから行った方が良いかもしれませんね。 それでは次に、 500円玉貯金の入金方法としてATMを利用したい場合の方法について、詳しく説明していきましょう。 スポンサードリンク 500円玉貯金の入金方法(ATM) 500円玉貯金の入金方法として、ここではATMを利用する場合についてお伝えしていきます。 「500円玉貯金をATMでも入金することができるの?」と思われる方もいらっしゃると思います。 しかし、結論からいえば ATAMからでも 500円玉貯金を入金することができるんです。 これなら 500円玉貯金を銀行窓口などで入金するのが恥ずかしい、といった方でもハードルが低く済みますね。 また、ATMから 500円玉貯金を入金すれば、 500円玉の個数を計測するのも早いのでおすすめです。 ですが、 500円玉貯金をATMから入金する場合は、注意点があります。 それは、 大量の 500円玉貯金を入金する場合は、ATMは利用できないということ。 そのため、100枚以上の 500円玉貯金を入金する場合は、ATMではなく銀行窓口を利用するようにしましょう。 また、硬貨以外のゲームコインなどが混ざっている場合はATMが停止してしまうことがあります。 ですから、 500円玉貯金をATMで入金したい場合は、• 500円玉貯金の枚数が少ないこと• 確実に硬貨のみであること これらを確認しておくことが大切です。 そのため、 500円玉貯金をATMから入金する場合は、 定期的に 500円玉貯金を入金できるような方におすすめの方法といえるでしょう。 それでは次に、 500円玉貯金の入金手数料についてお伝えしていきます。 スポンサードリンク 500円玉貯金の入金手数料 500円玉貯金の入金手数料について、ここでは詳しく説明していきましょう。 500円玉貯金の入金手数料は、結論からいえば、以下によって変わってくるのです。 500円玉貯金を入金する銀行• 500円玉貯金を入金する枚数 それぞれについて、より詳しくお伝えしていきます。 たとえばですが、「三菱東京UFJ銀行」の窓口で 500円玉貯金を入金したいとします。 その場合、三菱東京UFJ銀行では 500円玉が500枚ごとに、500円(税別)の入金手数料が発生します。 また、同様に「みずほ銀行」で 500円玉貯金を入金する場合は、 500円玉が501枚以上になると800円(税別)の入金手数料が発生します。 そのほか、「三井住友銀行」で 500円玉貯金を入金する場合は、500円玉が501枚から1000枚の間で800円(税別)の入金手数料が発生します。 このように、どの銀行で 500円玉貯金を入金しても、 500円玉の枚数が多ければ、それなりの入金手数料が発生してしまいます。 しかし、 500円玉貯金の入金手数料が無料のところもあります。 それは、「ゆうちょ・郵便局」です。 ですから、もし入金手数料が気になる場合は、 500円玉貯金はゆうちょ・郵便局からの入金が一番おすすめ、ということができますね。 とはいえ、 500円玉貯金の入金は大量であればあるほど、少し恥ずかしい気がしてしまうかもしれません。 そんな方におすすめの 500円玉貯金の入金方法をまとめてご紹介していきましょう。 スポンサードリンク 500円玉貯金の入金は恥ずかしい? 500円玉貯金の入金は恥ずかしい、という方には、やはり 「ATMからの 500円玉貯金の入金方法」が一番おすすめです。 しかし、ATMを利用して 500円玉貯金を入金する場合は、入金できる枚数が限られてしまうことがネックでもあります。 そのため、何度かに分けてATMから 500円玉貯金を入金するのが一番良いでしょう。 また、「子どもや孫に頼まれて…」と言い訳を一つ用意しておくのも良いかもしれません。 ここまでご紹介してきた、 500円玉貯金の入金方法や入金手数料などを参考にしながら、ぜひ 500円玉貯金をうまく入金してみてくださいね。 それではまた!.

次の