ラグビー 日本 代表 韓国 人。 「ラグビーW杯」日本のマナーに対する海外の反応。称賛の理由3つ紹介【いい話】|ブログと育つ

具智元の経歴や現在の所属はどこ?韓国籍でなぜラグビー日本代表になれた?

ラグビー 日本 代表 韓国 人

2019年9月20日に東京スタジアムにて行われた対ロシア戦にて。 (写真:AFP/アフロ) 9月20日、今回で第9度目となる ラグビーW杯が幕を開けた。 今回の日本での開催が、同杯史上アジアでは初の開催となり、同日に東京スタジアム(東京都調布市)で行われた対ロシア戦に日本は30対10で勝利。 9月28日は対アイルランド戦(於 小笠山総合運動公園エコパスタジアム/静岡県)、そして10月5日には対サモア戦(於 豊田スタジアム/愛知県)が控えており、多くのファンが決勝トーナメント進出を待ち望んでいる。 ところでW杯前にも話題となったのが、日本代表選手31人のうち、15人が外国出身だったことだ。 日本に帰化していない外国籍の選手も7人おり、そのことに疑問を持つ日本人はいまだに多い。 日本国籍でなければ代表選手にはなれない野球やサッカーなどのスポーツと違い、ラグビーは国籍にとらわれない独自の選考基準があり、それはラグビーというスポーツのルーツと深く関係している。 著書(中央公論新社)をこの8月に上梓したばかりのノンフィクションライター山川徹氏に話を聞いた。 山川 徹(やまかわ・とおる) ノンフィクションライター。 1977年、山形県生まれ。 東北学院大学法学部法律学科卒業後、國學院大學二部文学部史学科に編入。 著作に、『捕るか護るか? クジラの問題~いまなお続く捕鯨の現場へ~』(2010年、技術評論社)、『カルピスをつくった男 三島海雲』(2018年、小学館)などがある。 国籍よりも居住地を重視 ラグビーをよく知らない人にとってまず不思議なのが、「日本代表なのになぜ外国人選手がいるのか?」という問いではないだろうか。 その理由は、ラグビーというスポーツが生まれた歴史にあると山川氏は語る。 「ラグビーは、19世紀初めにイングランドで誕生したスポーツです。 その後、ウェールズやスコットランド、アイルランドなどにも広がっていき、パブリックスクールや大学でも盛んに行われました。 当時は大英帝国が版図を拡大していた時代ですから、ラグビーを経験したエリートたちは世界各国に散らばり、生活するようになります。 そのような背景があるからこそ、選手の国籍よりも、彼らが生活している国や地域の協会を重視する『所属協会主義(地域主義)』と呼ばれる考え方が生まれ、現在まで続いているとされています」 ラグビーW杯を主催する国際競技連盟である「ワールドラグビー」(本部はアイルランドのダブリン)が規定する現状のルールでは、以下の3つの条件のうちいずれかひとつでも満たせば、自身の国籍とは異なる国の代表選手としてもプレーできる。 出生地がその国 2. 両親、祖父母のうち1人がその国出身 3. その国で3年以上、継続して居住。 または通算10年にわたり居住 ちなみに「3」については、今回のW杯後、「3年以上の居住」が「継続した10年以上」に変更されることが決定している。 2000年には、「1人の選手は1カ国の代表にしかなれない」とのルールが変更がなされており、それ以前には、条件さえ満たせば、1人の選手が複数の国の代表としてプレーすることも可能だった。 実際、たとえば現在日本代表のヘッドコーチを務めているジェイミー・ジョゼフは、ニュージーランドと日本の代表経験を持つ。 ほかのスポーツにはないこうしたラグビーのルールは、上述したような歴史によるところが大きいわけだ。 スポーツは、「ナショナリズム」と共に語られるケースが多い。 一般の人が自分の母国を応援することは、素朴な感覚として納得できる。 外国人選手が日本ラグビーに与えた影響とは 山川氏によれば、過去、日本代表になった外国人選手で最も多いのはトンガ人で、3割以上にも及ぶという。 トンガとは、ニュージーランドの北東に位置し、南太平洋に浮かぶ王国。 面積約720平方キロメートル(長崎県対馬市、北海道石狩市と同等)、人口10万8000人(埼玉県富士見市、愛媛県西条市と同等)という小規模な島国だ。 1875年に建国されたトンガ王国は、イギリスの保護領を経て1970年に独立し、イギリス連邦加盟国となった。 トンガも、イギリスからラグビーが伝えられた国なのだ。 そして、戦後初めて日本代表となった海外出身選手が、1980年にトンガから来日したノフォムリ・タウモエフォラウ氏。 山川氏の著書でも詳しく述べられているように、当時23歳のノフォムリ氏は、すでにラグビーのトンガ代表として活躍中だったが、ソロバンを学ぶため大東文化大学に留学したのだという。 ノフォムリ氏は、1985年10月19日のフランス戦で、初めて日本代表選手に選出。 さらに、1987年に開催された記念すべき第1回W杯(ホスト国はオーストラリアとニュージーランド)においても日本代表入りを果たした。 留学後すぐノフォムリ氏の前に立ちはだかった壁が「食」と「言葉」だった。 しかし、それ以上に納得できなかったことが、日本特有の体育会的文化そのものだったのだという。 「ノフォムリさんの話で非常に興味深かったのが、日本の厳しすぎる先輩後輩の上下関係をどうしても理解できなかったと語っていたことです。 やがてガマンができなくなったノフォムリさんは、大東大ラグビー部の上級生たちを一喝したんです。 『むしろ、年上の者が年下の面倒を見るべきだ』と。 1980年代の大学の体育会系文化のなかでは誰も疑問に思っていなかった理不尽な習慣を変えたのが外国人留学生だったというところが、面白いと感じました。 外国人留学生を通して海外文化の視点が入ってきたとき、『日本のこの部分はおかしい』という発想が生まれたわけです。 これは大きなインパクトですよね」.

次の

具智元の経歴や現在の所属はどこ?韓国籍でなぜラグビー日本代表になれた?

ラグビー 日本 代表 韓国 人

2019年のスポーツイベントと言えば、ラグビーワールドカップです。 今回は日本での開催で、PRなども多く見られます。 会場となる新国立競技場も、その形がはっきりと分かるようになってきました。 前回大会での日本代表の活躍は、まだ記憶に新しいかもしれません。 普段あまりラグビーをご覧になられない方の中には、ラグビー日本代表に外国人選手が多い印象を受ける方も少なくないでしょう。 サッカー日本代表だと、過去にはブラジルから帰化したラモス瑠偉氏、呂比須ワグナー氏、三都主アレサンドロ氏らがいました。 彼らと比べると、ラグビー日本代表の外国人選手はその人数も多く感じるでしょう。 中には、帰化選手で戦力強化を図っているのではないかと、穿つ人もいるかもしれません。 現在、リーチ・マイケル選手をはじめ、ラグビー日本代表の外国人選手9人が帰化しており、日本国籍を取得しております。 その中で、日本代表には、具智元(グ・ジウォン)選手という期待の若手選手がいるのですが、彼の国籍は韓国です。 こう聞くと、頭に「?」マークがたくさん出ていることかと思います。 今回は、このラグビー日本代表の外国人選手が多い理由と、期待の若手選手である具智元選手について紹介したいと思います。 プロフィール• 名前:具智元(グ・ジウォン)• 生年月日:1994年7月20日• 出身:韓国ソウル• 身長:184cm• 体重:122kg• ポジション:PR(プロップ)• 経歴:日本文理大学付属高校 icon-angle-double-right 拓殖大学 icon-angle-double-right Honda 具智元選手は、韓国のソウルの生まれです。 父であるドンチュン(東春)さんは、韓国代表の伝説的な選手でした。 ドンチュンさんは、日本のHondaでも活躍し、現在はラグビー韓国協会理事を務めています。 具智元選手は、兄の影響で小学6年生のときからラグビーを始めました。 兄と共にニュージーランドのウェリントンカレッジへ留学した後、中学2年の時には鈴鹿、そして中学3年の時は大分へと移りました。 ニュージーランドへの留学は父からの勧めでした。 それから、環境のいい日本でのプレーを父から勧められて日本に移ったのだそうです。 具智元選手は、韓国ではラグビーをプレーしたことがないそうです。 日本文理大学付属高校時代に花園出場は叶いませんでしたが、高校時代から注目される存在でした。 拓殖大学時代の2014年には、当時日本代表ヘッドコーチだった、エディ・ジョーンズ氏から練習生として召集されました。 しかし、怪我により合宿は不参加となりました。 しかし、その才能は確かなもので、大学時代にはサンウルブズでのプレーも経験しています。 具智元選手は、右PRでのスクラムを得意としています。 日本代表のジョセフヘッドコーチからは、プレーよりも、自分の考えをしっかり主張できるようになることを求められているそうです。 日本同様に、韓国も上下関係をしっかり守る文化であることから、具智元選手は遠慮がちなのだそうです。 そんな具智元選手は、日本に来る前はいじめられないか心配していたそうです。 しかし、日本に来て以来、嫌な思いはしたことがないと言います。 さらに、大分で出会ったラーメンが気に入ったようで、とんこつラーメンが好物です。 現在は、兄も所属するHondaでプレーしています。 5年間暮らし、ラグビーを本格的に始めた場所でもある大分は「韓国よりも古里のような感じ」。 高校時代は寮から1時間半歩いて「南国ラーメン」に毎週通ったそう。 「帰る頃にはまたお腹が減るので寮のご飯を食べてました」。 リーチ・マイケル選手はニュージーランド出身ですが、2013年に帰化されて日本国籍を取得しました。 日本国籍ではないのに、なぜ日本代表としてプレーすることができるのか。 このような疑問を持たれるでしょう。 その理由は、ラグビーが英国発祥のスポーツであることと、ラグビー独特の文化が関係しています。 ラグビーでは、ある国の代表チームでプレーするのにルールがあります。 以下の3つの条件の内、1つでも満たせば出場資格が与えられます。 生まれが日本• 両親または祖父母のうち1人が日本出身• 36カ月以上日本に継続して住んでいる 加えて、以下の条件でも出場資格が与えられます。 日本国籍を取得し、7人制ラグビーの日本代表としてセブンズワールドシリーズに4選以上出場すること• 日本に10年居住していること 3年以上住めば、出場資格が与えられます。 しかし、2020年12月31日からは、5年以上に条件が変更されます。 また、他国の代表歴がないことも条件となります。 実は、現在の日本代表・ジェイミージョセフヘッドコーチも日本代表でした。 しかし、その前はニュージーランド代表としてもプレーした経歴があります。 現在は、ルールが変更されて他国での代表歴は認められていません。 他の多くのスポーツでは国籍主義をとりますが、ラグビーはこのように異なったルールを採用しています。 これには、歴史的な背景があります。 ラグビーは英国発祥のスポーツですが、多くの国と地域に広がってきました。 主に英国の旧植民地が中心で、それらの地域に英国人たちが出向いてラグビーを広めました。 そうして出向いた英国人達がコーチとしてだけでなく、その国の選手としてもプレーできるように、このようなルールが考え出されたのです。 日本代表だけが特別なのではなく、オーストラリアやニュージーランドにも、フィジーやトンガをルーツに持つ選手達がいます。 国籍や民族的な背景に縛られることなく、条件を満たせばプレーする国を選べるというのは、ラグビー独特の文化です。 父、兄ともにHondaでプレーしているというのは、深い縁を感じますね。 父のドンジュンさんは、息子が日本代表に選ばれたことをとても喜んでいるそうです。 国籍や民族に関わらず、条件さえ満たせば好きな国でプレーできるという、ラグビーの特徴的な部分を知ることができました。 日本代表のユニフォームを自ら選んで戦う彼らに、大きな声援で後押ししたいものです。

次の

具智元【ラグビー】がかわいい!韓国人でなぜ日本代表?

ラグビー 日本 代表 韓国 人

日本で開催されているラグビーのワールドカップ(W杯)で、世界ランク9位の日本が優勝候補で同2位のアイルランドを19-12で破った一戦が、中国や台湾でも反響を呼んでいる。 写真は日本代表ユニフォーム。 日本で開催されているラグビーのワールドカップ(W杯)で、世界ランク9位の日本が優勝候補で同2位のアイルランドを19-12で破った一戦が、中国や台湾でも反響を呼んでいる。 台湾メディアの中国時報(電子版)は29日付の記事で、「W杯史上最大の番狂わせ!日本がアイルランドに勝利」と題し、「世界最強のアイルランドが、グループリーグでホスト国に逆転負けを喫した」「この日本の勝利はラグビー界に衝撃を与えた。 日本は過去、公式戦でアイルランドに全敗しており、いずれも大差を付けられていた」などと伝えた。 また、中国版ツイッター・微博()では複数のアカウントが日本の勝利を伝えており、ネットユーザーからは「すごいな日本チーム」「素晴らしい試合だった」「まさかアイルランドに勝つとは」「日本は毎回番狂わせを起こしている。 前回大会は南アフリカに勝った」「確かに意外だった。 サプライズだ。 おめでとう」「ラグビーって欧米人にしか向いてないと思ってた。 すごいすごい」といったコメントが寄せられている。 中国メディアのは、「日本はラグビーで決して新参者ではない」とする記事で、「アジアの中では日本のラグビーの実力は飛びぬけている。 ラグビーが日本に伝わったのは100年以上前で、1926年にラグビー協会が設立された。 日本のラグビーに対する重視は普通ではなく、現在、日本にはおよそ12万5000人のラグビー人口がいる。 前回のW杯では南アフリカを破る番狂わせを演じた上、3勝を挙げた」などと伝えた。 一方、中国については「『貧困弱小』という言葉でしか表現できない」とし、「五輪種目でなかったことから、その発展は放任されてきた。 2016年のリオデジャネイロ五輪で7人制ラグビーが五輪種目に加わるとようやく発展が加速。 中国女子は18年のジャカルタ・アジア大会で銀メダルを獲得し、現在はの出場権を獲得するために奮闘している。 しかし、ラグビーは以上に競技人口の基礎が欠けている。 もし発展させようとすれば、公的な機関のリードや支援に加えて、人々の理解や参加がなければならない」と指摘した。

次の