結婚相手 匂い。 匂いで相性が分かる?お互いが理想の相手か見分ける方法!

運命の結婚相手と出会うには「直感」がキーポイント!

結婚相手 匂い

特に、男性は結婚するまではなかなか「夫としての自覚」が芽生えないという人も多くて、同棲生活はしたけれども結局、相性が良くなかったという夫婦も多いんです。 最悪の場合、浮気や金銭トラブルで「離婚」となってしまった夫婦も。 最近は離婚が多すぎて、裁判所での「離婚慰謝料」も低額化している時代。 公正証書で「給与差押」なんてされた男性も多く、せっかくの幸せがいっぱいなはずの結婚生活が「不幸」に染まるのは避けたいですよね。 「異性の匂い」にも着目 結婚生活で大事なことって、色々ありますよね。 最もよく言われるのが3つ。 性格 でもこれって、結婚しても「相性」がうまくいかない理由があるんです。 それが「匂い」なんです。 異性の相性で最も大事だと言われるのも「匂い」。 例えば、一緒に生活していて「嫌な匂い」と感じる異性の場合は、 DNA婚活で失敗している可能性もあるということなんです。 DNA COMPASS調べだと、女性は「鼻で恋をする」らしいんです。 しかも、結婚生活に大事なのが「生理的嫌悪がない」ということ。 By:DNA COMPASS いくら性格が良くて、収入が良くて包容力があっても「生理的嫌悪」があれば、結婚生活はうまくいかない可能性が高まるんです。 なので、お試しでも「DNA婚活」で相手を探してみるのも一つの手ですよね。 ただ、DNA婚活で異性と出会える場は増えてきている状態。 できれば、きちんと相談に乗ってくれるところで「DNA婚活」をしてくださいね。 まとめ ちなみに男性は、女性の匂いでフェロモンを感じることは、Lomero過去記事『』でもご紹介済み。 男性も、異性を「匂い」で判断しているときもあるんです。 婚活だけじゃなくて、恋愛でも「匂いの相性」が大事になる時代もきそうですよね。 【参考】 DNA婚活.

次の

結婚前にチェックしておきたい相性6選

結婚相手 匂い

恋愛相手とは異なり、長い人生をともにする結婚相手については多くの方が慎重になるもの。 しかし、結婚の前に好きになるという過程がある以上、顔が好みであるという理由がまずはじめてにくる場合も少なくありません。 しかし、「結婚相手は顔で選んではいけない」「人間大切なのは顔ではない」などそれを諫める言葉をよく耳にしますね。 そして、良い相手を選びたいなら、視覚ではなく、嗅覚、においで選ぶのが正解だとする説もあるのです。 ここでは、結婚相手を顔ではなく、においで選ぶと良い理由。 においを利用した婚活サービスの内容、日本人にとってのその有用性を考えてみたいと思います。 マイナビウーマン アンケート (外部リンク) 結婚相手に求める条件としては、性格、経済力、生活習慣の一致など他にさまざまな点を考慮にいれているでしょうが、やはり多くの方にとって単純に好みの顔であるということも無視はできない要素であったことがうかがえます。 顔で選ぶと、遺伝子的に相性の悪い相手を選びやすい ところがここで問題が。 なんと、顔の好みで選ぶと遺伝子的には相性が悪い相手を選びやすい、という衝撃の実験例があります。 ほとんどの脊椎動物にはMHC(Major Histocompatibility Complex=主要組織適合遺伝子複合体)と呼ばれる遺伝子領域がありますが、このうち人のMHCがHLAと呼ばれています。 そしてHLAは男女の相性に大きな関わりがあるといわれています。 MHCは免疫に関わりが深い遺伝子で、移植や病気の予防の面で重要視され、研究が進められています。 つまり、マウスの実験ではで交尾の相手としてできるだけMHCが異なる相手を選び、より強い子孫を残しているらしいと考えられるわけです。 以上の2点を踏まえると、HLAが不一致な相手のほうが、子作りを考えた場合、良い相手なのではないかと予想されるわけです。 つまり、顔だけで相手を選ぶと、遺伝子的な相性はよくない可能性が高いかもしれないという調査結果なのです。 その根拠は男性のTシャツのにおいを使っての実験。 この実験では2日間男性が着用し続けたTシャツを使用したとのこと。 さらに、日本ではなく、スイスの大学での実験なので、かなりはっきりとにおったと思われまずが、においをかいだ女性たちは、HLAが不一致率の高い男性のものほど良いにおいと感じたそうです。 つまり、においの場合は、人間の女性も遺伝子的な相性の良い相手を選びやすいというわけです。 因みに、思春期になると女性は自分の父親を嫌うことがありますが、それは父親とはHLA一致率が非常に高いからとも言われています。 そしてその父親と近いにおいの男性は避けられる傾向があるそうです。 逆ににおいが好きと感じる相手とはセックスの相性もよいという説もあります(これは科学的な根拠はありませんが)。 もしそうなら、必然的に妊娠率も高まりそうですね マウスの研究結果によると、彼らは自分にとって遺伝子的に相性の良い相手を自然と選びだしていると考えられました。 しかし、人間にはそれはとても難しいですね。 においは、そんな人間にも辛うじて備わっている、頭ではなく、動物としての本能でより良い子孫を残すための判断の道具と考えてよいのかもしれません。 そうと分かっていても、なかなか相手のにおいをかぐという機会自体なく、普通では活用するのは難しいかもしれませんね。 しかし、科学的根拠が積み重ねられている中、実際ににおいを幸せな結婚へとつなげようと、においを使った婚活サービスがスイス、アメリカ、カナダ、イギリスなど海外では2007年、10年ほど前からすでに登場しています。 イギリス、アメリカでは実際にTシャツのにおいだけで相手を選ぶ画期的な相手探しのパーティー「フェロモン・パーティー」が行われたそうです。 男性が二日間着たTシャツの匂いをクンクン!? 話題の「DNA婚活」を体験 (外部リンク) 本当に相性の良い相手がみつかるかどうかはともかくとして、興味を惹かれるサービスではあります。 何故なら、黄色人種の多くは、体臭は強くありません。 それに、日本人は極めてワキガ率が低いにも関わらず、体臭を極端に嫌っており、無臭でいるためにかなりの努力をはらっています。 そのため、男性でも、特に若い方はほとんど体臭がほとんど感じられないことが多いのです。 よって、そもそもにおいなどしないし、においをかぎ分ける能力自体、なれていない分、退化してしまっている方も少なくないように思います。 そう考えると、日本人ではにおいだけで理想の相手をひきあてるのは難しいといえるでしょう。 実際に、日本のにおい婚活体験記事ではにおいが分かりにくかったという意見も少なくありませんでした。 しかし、それでも、においという動物的感覚を試してみる。 このことは、悪くはないように思います。 顔の好み、相手の年収、学歴、仕事など、どうも自分は頭で考えすぎてしまっているなと思う方は、そっと相手のにおいをかいてみてはいかがでしょうか。 本能が思いがけない幸せの扉を開いてくれることがあるかもしれません。

次の

幸せになりたいなら、結婚相手は“顔”ではなく、“におい”で決めるの正解!?|今どきウェディングの最新情報と結婚準備完全ガイド「Pridal

結婚相手 匂い

ヒカキンの結婚について ヒカキンも今年で30歳を迎え、年齢的にも 結婚について気になる視聴者も多いようです。 「結婚してるの?」「相手は?」「子供がいるって本当?」など、様々な噂も飛び交っています。 やはりこれに関しては、最近SNSなどで相手がいそうな匂いを感じるので、そう思った方もいたのでしょう。 結論から先に言うと、ヒカキンは 結婚してないし勿論子供もいません笑 レジェンド葛西さんと結婚しました。 というのは冗談で、知り合いの結婚式でお会いしました(笑)レジェンドオーラ分けてもらいました😎 — HIKAKIN😎ヒカキン 【YouTuber】 hikakin ヒカキン自身は結婚願望はあると、過去に話していたことがあります。 あれだけの仕事量をこなしている今、すぐに結婚というのは難しいでしょうから 実現は数年先になるかもですね。。 炎上の内容としては、上の画像通りです。 まぁ本人的には軽い気持ちで言ったのだと思いますが、まさかこんなことで炎上とは・・wヒカキンほどの人気者は大変ですね。 (個人的にはこれだけ稼いで優しい聖人なんだから、奥さんはそれくらい余裕でしても良いでしょwって感想です。 お金持ってて、猫もいる。 — ミレイ smacomic ほんと可愛いよ… ヒカキン好き大好き💕 本当に結婚したい…。 w(でもヒカキンのスペックを考えると間違いないですよね) ちなみに「結婚式」というキーワードが検索されていましたが、友達の結婚式の話ではなく、 実際にヒカキン本人が結婚式を挙げていますよね。 カテゴリー•

次の