了解 です 敬語。 「了承を得る」の意味とは?「承諾を得る」と「了解を得る」との違いも

「了承」の意味の例文・使い方・了解との違い・類語|済み/敬語

了解 です 敬語

ビジネスでは、クライアントや取引先、また部署の上司などと交渉する機会が多いと思います。 そして、職種や業界によっては、相手からの許可を得て初めて、仕事が進んだり取り組めたりすることも多いのではないでしょうか? 相手からの許可を得たことを敬語で言う際、「了解を得る」「了承を得る」などと表現する方も、多いと思います。 よく使う言い方なので、聞きなれている印象はありますが、ちょっと待って下さい。 「了解」と「了承」の1文字が異なるだけでも、敬語としての意味やニュアンスは大きく異なるものなのです。 敬語が上手く使えないと、相手に失礼だと思われたり、社会人としての常識に欠けていると思われたりするかもしれません。 そこで、今回は相手からの許可を得ることを敬語で表現する際、「了解を得る」と「了承を得る」ではどちらが正しいのか、考えていきたいと思います。 まずは、「了解を得る」について考えていきたいと思います。 そもそも、「了解」とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?コトバンクによると、「物事の内容や事情を理解して承認すること。 つまり、「了解」と「了承」は、それぞれ同じような意味を持つ言葉ということになります。 しかし、「了解」を敬語で使うことには、賛否両論があるようです。 「了解致しました」などの敬語は、一般的なものとして浸透してきています。 ですが、年代によっては「目上の人に使う言葉ではない」と認識している人もいるそうです。 特に、ご高齢の方に多いようなので、相手の年代次第では、「了解致しました」などの敬語は使わない方が良いでしょう。 とはいえ、今回の場合は「了解を得る」という敬語がテーマです。 社内の上司などに、社外の顧客やクライアントから許可をもらっていることを伝える場合の「了解を得る」であれば、特に問題はないでしょう。 これらの背景から、上司の指示や社外の相手との会話の中では、「了解致しました」という敬語はあまり使わない方が無難だと言えるでしょう。 一方で、クライアントなどの社外の人物から許可を得ていることを、上司などの社内の人間に伝える際に「了解を得ている」などと表現することは、特に問題はないと考えられます。 続いて、「了承を得る」という敬語について考えていきましょう。 「了承」という言葉は、「了解」という言葉と、意味はほぼ同じであると上記でご紹介しました。 しかし、言葉のニュアンスとしては了解とは異なっており、上司などの目上の人が、部下などの目下の人の意見や要望を聞き入れる言葉とされています。 また、発注者やクライアントが、受注者と話す際に使う言葉でもあります。 このことから、「了解を得る」と同様に、上司などの社内の人間に対して、取引先などの社外人間からの許可を得ていると伝える際に「了承を得ている」を敬語として使うのは、間違いではないと考えられます。 いかがでしたでしょうか?今回は、「了解を得る」「了承を得る」のどちらが敬語として正しい使い方なのか、意味やニュアンスを元に考えてみました。 結論から言うと、会社の内部の人間に対して、クライアントなどの外部の人物から許可を得ていることを伝える際は、「了解を得ています」「了承を得ています」どちらの敬語を使っても、問題ありません。 ただ、「了解」は相手の年代や考え方によっては、失礼だと感じる人がいるということを、忘れないようにしましょう。 また、「了承」は本来、目上の人が目下の人に対して使う言葉だということも、頭の片隅に入れておきたいものです。 「了解」と「了承」は響きや意味が似ており、少々ややこしい言葉です。 しかし、「あれ?こんな時は了承って言って良いのかな?」などと迷った時でも、それぞれの言葉の意味やニュアンスを覚えておけば、正しい敬語が使えるようになりますよ。

次の

「了解です」の使い方・失礼・しましたとの違い|敬語/相手別

了解 です 敬語

了解いたしましたという言葉は敬語なのでしょうか? それとも上司に使うと失礼になってしまうのでしょうか? そこで了解いたしましたという言葉の正しい使い方を確認していきましょう! ビジネスの場面や、そのほかの場面でも、相手に対して分かった、理解したという意味でつかわれる言葉は多いですよね。 その言葉の一つが「了解いたしました」という言葉。 会社での電話応対や上司などに対して頻繁に使っている人も多いのではないでしょうか? ただ、この「了解いたしました」という言葉、意外と間違って使っている人が多いんです! ここでは、了解いたしましたという言葉の正しい使い方について見ていきましょう。 了解いたしましたは敬語なの?• 了解いたしましたは失礼?上司に使わない方がいい?• 了解いたしましたの正しい使い方とは?• まとめ• 丁寧語• 尊敬語• 謙譲語 と3つに分けることが出来ます。 了解いたしましたという言葉は敬語の中の丁寧語 了解いたしましたという言葉はその敬語の中でも丁寧語にあたります。 丁寧語であれば、誰にでも使用しても失礼には当たらないというイメージがあります。 しかし実は了解いたしましたという言葉に関しては、他の同じ意味を持つ敬語とは使い方が全くと言っていいほど違ってくるのです。 その為、きちんと意味を知ったうえで正しい使い方をしなければ、相手に対して逆に失礼にあたることもあるのです。 了解いたしましたは失礼?上司に使わない方がいい? 了解いたしましたという言葉は、敬語の中でも丁寧語に当たります。 丁寧語ならビジネスの場面でも誰に対しても使用しても失礼に当たらないというイメージがありますよね。 しかし、了解いたしましたという言葉に関しては違うのです。 了解いたしましたという言葉を上司やお客様に使うのには要注意! 同じような意味の敬語で• その件に関しては了解いたしました。 後で確認します。 了解いたしました。 後でゆっくり話を聞かせてください。 というように使います。 まとめ ビジネスの場面で、良く若い人が電話口や上司に向かって「了解いたしました」という言葉を使っているところを目にすることもあります。 確かに了解しましたという言葉は敬語にあたるので、一見使用方法に間違いがない印象を与えます。 しかし、了解という言葉には相手を敬ったり、尊敬したりする意味が含まれないため、本来立場が上の人に使うべき言葉ではないのです。 ただ、最近では会社内では了解しましたという言葉を普通に使っているため、いう人もいわれる人も特に失礼に感じないという事が増えているため、当たり前に使われていることも多いようです。 言葉の意味とは時代とともに変化していくもので、了解いたしましたという言葉に関しても徐々に丁寧に言う言葉として浸透しつつあります。 しかし相手によっては失礼に感じ、丁寧に言った言葉のはずが、逆にその言葉が原因で叱られるという事もあるので注意が必要です。 特にビジネスの場面で使用する言葉は、きちんと意味を知ったうえで正しく使うようにしましょう。

次の

「了解です」の使い方・失礼・しましたとの違い|敬語/相手別

了解 です 敬語

日頃よく使いよく聞く言葉のなかには、日本語として、敬語として間違っているものがあります。 日頃から使っていないと、なかなか変換出来ないものです。 あなたの敬語の変換は大丈夫ですか。 「わかりました」という意味の敬語の変換ビジネスマナーについて、見ていきましょう。 まずは敬語の変換として「承知いたしました」が挙げられます。 敬語を使っていれば丁寧な印象を与える! 敬語の変換をして同意するときは「わかりました」ではなく「承知いたしました」を使ってください。 敬語変換の時、より丁寧な言い回しになるでしょう。 相手により良い印象を与えるために変換した敬語を使うようにしてください。 知っているのと知らないのとでは、印象が変わります。 ビジネス上で、「分かりました」という意味合いで使われる言葉に、「了解しました」「承知しました」「了承しました」「かしこまりました」などがあります。 その意味と使い分け方を理解できていますか。 では、「わかりました」という意味の敬語ビジネスマナーについて、見ていきましょう。 「かしこまりました」は自分を下げて敬意を伝える敬語変換! 相手に敬意を示したいなら「かしこまりました」、部下が上司に対して、返事をする場合は、「かしこまりました」「承知いたしました」を使うようにしましょう。 目上の人には前述の表現にするよう、敬語変換マナーとして徹底しましょう。 「かしこまりました」と「承知しました」の違いとは? 「かしこまりました」や「承知しました」はビジネス研修で、お客様に対して使うように指導されます。 わかりましたのNG敬語は「了解しました」.

次の