アウディ r8。 【動画】中古車だってちゃんと磨けば新車並みに輝く!9年落ちのアウディR8を丁寧に洗って磨く動画

走行性能 > Audi R8 Coupé > アウディジャパン

アウディ r8

アウディR8の維持費が気になる人は多いみたいです このサイトはYahoo! ブログのサービス終了で移転をしてきているのですが、その中でも最もgoogle検索で引っかかっていた記事になります。 ブログ全体で1日100名ほどのgoogle検索からの訪問者数で、うち10名ほどがコンスタントに訪問していただいていました。 このため、Yahoo! ブログサービス終了と共に本記事が消えるのは忍びない、またこの訪問者数をそのまま捨ててしまうのはもったいない、ということで移転後も残しており、一部に追記などリライトを行っています。 新車の発売からある程度時間が経過すれば、高価なスーパーカーも中古として購入可能な価格帯へと落ちて来ますが、問題なのは経年でメンテナンス費用もかかるようになってくることにあります。 中古価格は下がりますが、部品価格は下がらないのが整備の世界でもあります。 そこで皆さんが気になっている点が、1,000万円を越えるスーパーカーを中古で安く買えたとしても、維持するのにはいったいどれくらいの費用がかかるのかというところであります。 だから、検索件数が多いのだと・・・ 試乗記などは新車時のものであり、足回りはどうだとかエンジンはどうのということの記載はあれど、購入を真剣に考える人が一番知りたいランニングコストに関しての記載はまずありません。 そんな高額な車を買う人なら、10万や20万円くらいチマチマ計算しないで済むくらいの収入があるよ・・・ 月収が100万とか200万円で、100万円くらいは整備代金として常にキャッシュでポ~ンと支払える余裕が無いと、、、と言われてしまうのがオチ。 本当にそうなのでしょうか!? もっとも新車時はまず故障することは無いですし、不具合があっても全て新車保証で対応してくれます。 メンテナンスパックに入っていれば、オイル交換なども追加費用がかかることは無く、新車購入時にだいたいのメンテナンスコストは予想ができるものです。 ですから1stオーナーは、ディーラーのお任せ整備です。 中古アウディR8を安く購入してもかかる整備費用 さて、話を戻しまして「アウディR8」はどのくらいの維持費がかかるのでしょうか? ここでは、先日アウディR8の試乗会で営業さんにイロイロと聞いて来たお話を元に記事を構成していきます。 ここでちょっとR8を復習しましょう。 知らない人に簡単に解説… アウディという会社は独フォルクワーゲンの資本の元で傘下に入っています。 現在の大抵の自動車会社というのはホンダ以外はグループを形成しており、どこかのグループに組み込まれています。 そのフォルクスワーゲングループと言われるのが、傘下にある「ポルシェ」「アウディ」「ランボルギーニ」「ベントレー」「ブガッティ」「シュコダ」「セアト」などとなります。 つまりはランボもVWの傘下なのですね。 同じようにフェラーリは伊フィアット社の傘下にあります。 この関係で、アウディのアルミボディの技術を使ってランボルギーニのメカニズムを組み込んだモデルがR8となります。 同様に、兄弟車としてランボルギーニには同じV10エンジンを搭載するガヤルドがあります。 ここで、ランボルギーニの維持費はフェラーリ同様に高い・・・というのが一般的な見方。 では「R8」はランボルギーニなのか?それともアウディなのか?! ランボルギーニならベンツの数倍の整備費用がかかります、逆にアウディであれば維持費においてSLと大差ないということに。 結論から言ってしまうと、「ランボルギーニ」だそうです。 ただし、部品代や工賃は「アウディ」になります。 つまりは維持費としてはSL以上、ランボ未満ということになるようです。 R8ではガヤルドとは同じ部品が使われている部分が多いのですが、ランボだと専用価格になっているそうです。 なおかつ工賃はアウディ価格。 これが、ランボルギーニの正規ディーラーへガヤルドを整備に出すのとは若干費用は安くなるとのこと。 ランボルギーニでは年間の販売台数がガヤルドとムルシエラゴを合わせても120~130台程度。 対するR8の年間販売台数は70台程度ではありますが、ディーラーは他のA4やA6の整備でも利益を出しますので工賃が段違いとなるわけです。 この部分に関しては安心材料ではあるかと思いますが、それでもR8の整備は専用工場で専任の整備士でなければできないようになっています。 その他に、定期メンテナンスではどのくらいかかるのでしょうか? オイル交換は1年ごとで3万円、これはガヤルドと大差ありません。 その他のオイル類もガヤルドと変わらないようです。 問題はクラッチで3万キロで交換、これが70万円するそうです。 2~3年、もっても4年くらいで交換の必要が出てくるとのこと。 このあたりは、500馬力を受け止めるのですから当然でしょうか。 トランスミッションは2ペダルMTなので、エンジンのダイレクト感はバツグンに良く、普通のATのようにラフなアクセル操作をしてしまうとガックンガックンといった動きになってしまいます。 試乗会では、久々に忘れていたMTのダイレクト感を堪能しました。 Rトロニック(ガヤルドでいうところの「eギア」)をATモードで運転をしていますと、信号待ちなどで時間が経過しますとフェラーリと同じようにギアがニュートラルに入ってしまいます。 これは、おそらくはクラッチを保護するための機能のようで、信号待ちでは意識してニュートラルに入れた方がクラッチは長持ちするみたいです。 基本はMTですから、クラッチの摩耗を早めてしまいます。 気軽に足として使える車ではあるようですが、こういったところはやっぱりスーパーカーなんだなと感じさせてくれます。

次の

アウディR8を中古で購入、気になる整備費用を公開

アウディ r8

あらかじめご了承ください。 詳しくはAudi正規ディーラーまでお問い合わせください。 VHost www. audi. jp Version 99. 0 Build 20200608051239 Frontend 99. 0 Rendertime 20200612064608 StaticVersion 20200608051239 Activated Scopes Context Scopes VHost www. audi. jp Version 99. 0 Build 20200608051239 Frontend 99. 0 Rendertime 20200612161013 StaticVersion 20200608051239 Activated Scopes Context Scopes• 販売店は販売価格を独自に定めていますのでお問い合わせください。 リサイクル料金が別途必要になります。 車両本体価格、オプション価格は変わる場合があります。 詳しい内容は、Audi正規ディーラーまでお問い合わせください。 またオプション装備を含むものもあります。 一部お取扱いのないディーラーもございますので、ご了承下さい。

次の

走行性能 > Audi R8 Coupé > アウディジャパン

アウディ r8

アウディジャパンは、フラッグシップスポーツの「R8クーペ」の一部仕様、装備を2019年8月24日に変更し、同日より受注を開始した。 納車は同年12月以降を予定している。 今回の変更点は自然吸気V10の5. 2リッターエンジンを過去最高の620psとし、7速Sトロニックトランスミッションと組み合わせている。 電子制御油圧多板クラッチ式のクワトロフルタイム4輪駆動システムは走行状況に応じて駆動トルクを自動で配分、極限の状況では前輪または後輪のいずれかに100%トルクを伝達することも可能。 低負荷時には片バンクを休止させるシリンダーオンデマンドも採用され、アクセルオフでエンジンを駆動系から切り離すコースティングモードも備えている。 エクステリアは前後にLEDライトを標準装備。 さらにレーザーハイビーム、前後にダイナミックターンインディケーターを搭載した。 ロー&ワイドなシングルフレームグリルとかつての「スポーツクワトロ」をイメージさせる細いスリットを採用。 縦に分割されたエアインレットなどにより、より精悍な印象となった。 リヤまわりについてもボディ幅いっぱいにエアアウトレットが広がり、リヤディフューザーには楕円形の大型エキゾーストパイプをインストールするデザインとした。 また、サイドウインドウ部とボディサイドにサイドブレードを2分割することでミッドシップスポーツらしさを強調させている。 従来モデルでは2グレードだったラインアップはベースグレードを整理し、ハイパフォーマンスグレードのみとした。 同日、R8のV10エンジン搭載モデル、デビュー10周年を記念した特別仕様車「R8 デセニウム」の受注を10台限定で開始した。 アウディジャパンは、フラッグシップスポーツモデルの「R8 クーペ」をベースに開発したレーシングカー「R8 LMS GT4」を、2018年7月12日に発売した。 GT4は、GT3とTCRとの中間に位置する、近年注目されているレースカテゴリー。 「R8 LMS GT4」は「R8 クーペV10」をベースに開発されたレーシングカーで、市販モデルのR8と60%以上もの構成部品が共通となっている。 また生産も同じドイツ ベーリンガーホフ工場で行われるため、この相乗効果により、価格や維持費をリーズナブルに設定することが可能となった。 同年7月18日には「R8 クーペ」にスマートフォンインターフェイスと接続ケーブルを標準装備して、価格を11万円改訂した。 アウディジャパンはフラッグシップスポーツのR8をフルモデルチェンジし、2016年3月26日から受注を開始し、同年7月5日に全国24店舗ののアウディスポーツストアを通じて発売した。 日本向けは初年度が限定100台とされている。 新型R8のボディは、アルミと炭素繊維複合材料 CFRP を組み合わせた新世代のスペースフレームを採用し、ミドシップスポーツらしいプロポーションを引き継ぎながら、より低く、よりワイドで、より筋肉質なデザインに一新した。 アウディのフラッグシップスポーツに相応しい迫力と先進性を視覚的に表現している。 ドライバーとの一体感を一層高めている。 搭載エンジンは2機種で、標準モデルには最高出力を540psにパワーアップしたV型10気筒エンジンが、またR8 V10プラスにはハイパワーバージョンとして610ps仕様のエンジンが搭載される。 エンジンには気筒休止システムのほか、アクセルペダルから足を離したときにはエンジンと駆動系を切り離すコースティング機能を備えることで、燃費性能を向上させている。 駆動系は電子制御油圧多板クラッチを採用した新開発のクワトロフルタイム4輪駆動システムで、前後のトルク配分をより素早く、より幅広い範囲で制御する。 トランスミッションは7速Sトロニックのみの設定となる。 アウディTTなどにも採用されたバーチャルコックピットは、12. 3インチのTFT液晶ディスプレイに、速度計や回転計だけでなくナビゲーションシステムなどの情報も表示し、走行モードによって表示を切り換える。 新型R8は左右にそれぞれに37個ものLEDを備えたLEDヘッドライトを標準で備えるほか、R8 V10プラスにはドライバーの視界を格段に広げるレーザーハイビームを搭載。 また最新世代のMMIを装備し、携帯電話回線 LTE を通じてインターネット上からさまざまな情報をリアルタイムに入手できるアウディコネクトも標準装備した。 アウディジャパンは、2シーターミッドシップスポーツカーR8について、2013年4月10日に発売した。 大きな変更点はギアボックスで、従来のRトロニックと呼ぶシングルクラッチのシーケンシャルトランスミッションに代わり、素早い変速とダイレクトな動力伝達を可能とする新開発の7速Sトロニックトランスミッションを搭載した。 3秒を記録し、マニュアルトランスミッションを凌ぐ加速性能と省燃費性能を実現した。 エクステリアは新形状のLEDヘッドライトやリヤコンビネーションランプのほか、フロントバンパーやラジエーターグリル、ミラー、ディフューザー、エグゾーストパイプなどの形状が変更されている。 またリヤのR8バッジも新しくなった。 インテリアはセンターコンソールまわりにハイグロスブラックパーツを配し、パワーウインドウスイッチなどにはアルミニウム調パーツを採用、シフトパドルも新形状として、操作性と質感を高めた。 メカニズム面ではブレーキシステムにも変更が加えられ、より放熱性に優れ軽量な外周が波形をしたウェーブブレーキディスクを搭載。 キャリパーは新しいロゴを配したブラックキャリパーとなった。 ちなみにR8クーペは6速マニュアルトランスミッションの選択も可能だが、R8スパイダーは7速Sトロニックのみの設定となる。 2014年10月7日には、ル・マン24時間耐久レースを冠し、オールLEDヘッドライトやレーザーハイビームを搭載した特別仕様車「LMXクーペ」を世界限定99台のうち日本に6台導入した。 アウディジャパンは2シーターミッドシップスポーツカーR8について、2013年4月10日より発売した。 大きな変更点はギアボックスで、従来のRトロニックと呼ぶシングルクラッチのシーケンシャルトランスミッションに代わり、素早い変速とダイレクトな動力伝達を可能とする新開発の7速Sトロニックトランスミッションを搭載した。 3秒を記録し、マニュアルトランスミッションを凌ぐ加速性能と省燃費性能を実現した。 エクステリアは新形状のLEDヘッドライトやリヤコンビネーションランプのほか、フロントバンパーやラジエーターグリル、ミラー、ディフューザー、エグゾーストパイプなどの形状が変更されている。 またリヤのR8バッジも新しくなった。 インテリアはセンターコンソールまわりにハイグロスブラックパーツを配し、パワーウインドウスイッチなどにはアルミニウム調パーツを採用、シフトパドルも新形状として、操作性と質感を高めた。 メカニズム面ではブレーキシステムにも変更が加えられ、より放熱性に優れ軽量な外周が波形をしたウェーブブレーキディスクを搭載。 キャリパーは新しいロゴを配したブラックキャリパーとなった。 ちなみにR8クーペは、4. 2FSIクワトロと5. 2FSIクワトロで6速マニュアルトランスミッションの選択も可能だ。 アウディが本格的なプレミアムスポーツカーのジャンルに参入するモデルとして開発されたR8は、日本では2007年7月に発表され、9月から発売された。 R8の名はルマン24時間レースで勝利を重ねたレーシングカーに由来する。 アウディはレース活動の中から独自の先進的な技術をいくつも開発してきたが、R8にはそうしたアウディの技術の蓄積が反映されている。 1930年代にアウディが実用化したミッドシップレイアウトを始め、1980年代にWRCを、1990年代にはDTMを席巻したクワトロシステム、さらには1990年代初頭からのアルミスペースフレームによるボディ技術、そしてV型8気筒のガソリン直噴エンジンなどが、R8に盛り込まれている。 外観デザインはいかにもミッドシップレイアウトのスポーツカーらしいもので、シングルフレームのグリルを踏襲しながらも、新しいアウディデザインの流れを指し示すものとされている。 リヤには透明のカウルが設けられ、V型8気筒エンジンが見えるような作りとされている。 8kgm のパワー&トルクを発生し、Rトロニックと呼ぶシーケンシャルトランスミッションと組み合わされる。 左ハンドル車だけの設定だ。 2008年7月にはHHDナビゲーションの機能を大幅に向上させたほか、インテリアの仕様を一部変更。 2009年2月にはV型8気筒エンジン車に6速MT車を追加し、4月にはV型10気筒5. 2リッターエンジンの搭載車を追加設定した。 2010年2月にはシリーズの頂点に立つモデルとして、V型10気筒エンジンを搭載したオープンモデルのR8スパイダーを追加設定。 同年10月には装備を充実化させた。 アウディが本格的なプレミアムスポーツカーのジャンルに参入するモデルとして開発されたR8は、日本では2007年7月に発表され、9月から発売された。 R8の名はルマン24時間レースで勝利を重ねたレーシングカーに由来する。 アウディはレース活動の中から独自の先進的な技術をいくつも開発してきたが、R8にはそうしたアウディの技術の蓄積が反映されている。 1930年代にアウディが実用化したミッドシップレイアウトを始め、1980年代にWRCを、1990年代にはDTMを席巻したクワトロシステム、さらには1990年代初頭からのアルミスペースフレームによるボディ技術、そしてV型8気筒のガソリン直噴エンジンなどが、R8に盛り込まれている。 外観デザインはいかにもミッドシップレイアウトのスポーツカーらしいもので、シングルフレームのグリルを踏襲しながらも、新しいアウディデザインの流れを指し示すものとされている。 リヤには透明のカウルが設けられ、V型8気筒エンジンが見えるような作りとされている。 8kg-m のパワー&トルクを発生し、Rトロニックと呼ぶシーケンシャルトランスミッションと組み合わされる。 左ハンドル車だけの設定だ。 2008年7月にはHHDナビゲーションの機能を大幅に向上させたほか、インテリアの仕様を一部変更した。 2009年2月にはV型8気筒エンジン車に6速MT車を追加し、4月にはV型10気筒5. 2リッターエンジンの搭載車を追加設定した。 アウディが本格的なプレミアムスポーツカーのジャンルに参入するモデルとして開発されたR8は、日本では2007年7月に発表され、9月から発売された。 R8の名はルマン24時間レースで勝利を重ねたレーシングカーに由来する。 アウディはレース活動の中から独自の先進的な技術をいくつも開発してきたが、R8にはそうしたアウディの技術の蓄積が反映されている。 1930年代にアウディが実用化したミッドシップレイアウトを始め、1980年代にWRCを、1990年代にはDTMを席巻したクワトロシステム、さらには1990年代初頭からのアルミスペースフレームによるボディ技術、そしてV型8気筒のガソリン直噴エンジンなどが、R8に盛り込まれている。 外観デザインはいかにもミッドシップレイアウトのスポーツカーらしいもので、シングルフレームのグリルを踏襲しながらも、新しいアウディデザインの流れを指し示すものとされている。 リヤには透明のカウルが設けられ、V型8気筒エンジンが見えるような作りとされている。 8kg-m のパワー&トルクを発生し、Rトロニックと呼ぶシーケンシャルトランスミッションと組み合わされる。 左ハンドル車だけの設定だ。 2008年7月にはHHDナビゲーションの機能を大幅に向上させたほか、インテリアの仕様を一部変更した。 アウディが本格的なプレミアムスポーツカーのジャンルに参入するモデルとして開発されたR8は、2007年7月に発表され、9月から発売された。 R8の名称はここ数年ルマン24時間レースで勝利を重ねてきたレーシングカーの名前に由来するが、そのDNAをしっかり受け継いで作られたクルマである。 ルーツをたどれば100年を超える歴史を持つアウディは、レースを走る実験室としてとらえ、さまざまなモータースポーツシーンで活躍してきた。 そうした中から独自の先進的な技術をいくつも採用してきたが、今回のR8にはそうしたアウディの技術の蓄積が反映されている。 たとえば1930年代にアウディが実用化したミッドシップレイアウトはそのひとつだし、1980年代にWRCを、1990年代にはDTMを席巻したクワトロシステム、さらには1990年代初頭からのアルミスペースフレームによるボディ技術、そしてV型8気筒のガソリン直噴エンジンなどが、R8に盛り込まれている。 外観デザインはいかにもミッドシップレイアウトのスポーツカーらしいもので、シングルフレームのグリルを踏襲しながらも、新しいアウディデザインの流れを指し示すものとされている。 リヤには透明のカウルが設けられ、V型8気筒エンジンが見えるような作りとされている。 左ハンドル車だけの設定だ。

次の