関ジャニ ブログ。 ∞&∞er-関ジャニ∞×章大×忠義ー

【関ジャニ∞のブログ】レンジャー日記を読む方法【ジャニーズウェブ】

関ジャニ ブログ

大学4年生の皆さん、そうでない皆さん、 卒論の時期ですね。 私も無事提出しました! 大学には音楽業界についての論文を提出したのですが、 本当はについての論文が書きたかった…! ので、に提出しちゃおうと思います。。 私は大学の4年間、簿記だったり経済学だったりだったり、あとはとかWebデザインとかも… まぁ要はビジネスについてのお勉強をしてました。 その中で専攻していたのがなので 「の」について分析したいと思います! …と、その前に! もしかしたら「」という言葉自体、 初めて聞く方もいらっしゃるかもしれないので 一応説明しておくと、 とは、簡単に言えば「商品が売れるためにはどうしたらよいか」を考えることです! 今回の場合だと、商品は「」になります。 ですが、今回は「が売れるためには」というよりは 「これまでがどのようにして売れてきたのか」を の観点から考察していきたいと思います。 では、早速本題に入っていきたい…ところですが、 その前にもう一つ! 注意事項として 一、タイトルに「卒論」と記載されておりますが、当方、から卒業する予定は全くございません! 一、私はのデビュー当時からのファンではなく、また業界関係者でも何でもない為、事実と異なる記述がある可能性があります 一、の知識についても未熟な点が多々あるので確証のない、一考察としてお読みください 一、これはこのテーマで卒論が書きたかった私による完全なる自己満ブログです 以上の点をどうかご了承ください。 「プロダクト・・マネジメント 通称: 」といって、 その事業が会社においてどの位置にあるか、という分析方法です。 そのポジションの種類は全部で4つ、 少ない投資で大きな収益を得ることが出来る安定したポジションの 「金のなる木」 今のジャニーズでいえば嵐や 、 売り出し真っ最中でお金もかかるけどちゃんと結果も出してくれている 「花形」 今ならキンプリやストスノとかかな 、 いっぱい投資して頑張って売り出してるんだけど なかなか利益が得られない「問題児」、 そして投資も少なければ利益も少ない「負け犬」 と分かれています。 表にするとこんな感じ。 より画像を拝借しました。 ここ最近はとの 華々しいデビューが話題になっていますが、 のデビューといえば デビュー会見はレコード会社の屋上、 衣装はペラッペラの法被1枚、 更には雨漏りしてるスタジオで撮影した白ホリバックのMV…。 そしてデビューシングル「」の初動 関西限定 は3. 8万枚…。 まぁ見事なまでに 負け犬だったわけですよ…。 そんな負け犬たちがどうやって金のなる木まで這い上がってきたのか、 ここから先は私的にのターニングポイントとなったのではないかと考える部分を分析していきたいと思います。 デビュー 上記にもある通り、は負け犬デビューだったわけですが、 しかし、的にはかなりトのあるデビューであったと思います。 そこで、の基礎中の基礎でどの商品を売り出すときにも必ずと言っていい程行われる 「 STP」と「 ・ミックス」という考え方を使って分析していきたいと思います。 「STP」とは、Segmentation、Targeting、Positioningの頭文字を取ったもので、 まず最初にアイドル業界やファン層といった市場を細かく分け Segmentation 、 次にその中で売り込みのターゲットにする客層を絞り込みます Targeting。 そしてそのターゲットにどういう位置づけで売り込むのかを決める Positioning 、 という考え方です。 特にはこのPositioningが明確に出来ていたと思います。 ここでは、STPでターゲットとポジションを決めた後に 具体的にどんな製品で、どれくらいの価格で、どのような宣伝で、どういった販売方法で 売り出していくのかを決めていきます。 この4Pでも他のアイドルとは違う、面白い分析ができます。 普通、アイドルの特徴といえば、 カッコイイ・イケメンとかダンスが上手いとか若いとか そんなところでしょうか。 ですが、はそういった見た目やスキルの部分ではなく、 お茶の間の目にも分かりやすいキャター性だったりパーソナルな部分を 売りにしていることが分かります。 次にPrice 価格 ですが、 CDやチケットの価格などは 基本的に相場が決まっているので ここでは割愛させていただきます。 そしてPromotion 広告・宣伝 、 これも他のジャニーズと同様、テレビやラジオなどの出演が主となりますが、 他と比べるとまぁ推しは弱い。 笑 でも「関西人」を売りにしたことが功を奏し、 関西での仕事を優先的に貰えていたのは 他のジャニーズと違う点ですよね。 最後にPlace 流通 では、 デビューシングル「」を例にすると、 「関西限定販売」という大きな特徴がありました。 まぁ関西限定発売の1ヶ月後に全国発売されているので 先行販売という位置づけなのでしょうが、 売り方としてはあまり賢明とは言えません。 初動記録が分散してしまう上に、1度目のデビューは流通チャネル 流通経路 がかなり狭まってしまった結果になりました。 と、ここまで話を進めていく中で、 「他のアイドルとは違う」「他のジャニーズとは違う」などといった表現が度々みられたと思います。 そう!そうです! それこそがが売れた要因の一つと私は思います! この「他とは違う」のがにおいてめちゃくちゃ大事なんです! 用語では「差別化 を図る 」と表現します。 ライバルと差別化をし、 消費者に 「何か他とは違う…!」と思わせるのは アイドルにおいても大事なことだと思います。 1度目の47府県ツアー デビューした後も大阪を全面に出した楽曲をリリースし、 正統派アイドルとして活躍する先輩や同世代を横目に 低空飛行を続け、3年後… 2007年に ジャニーズ初の47府県ツアー「 えっ! ホンマ!? ビックリ!! TOUR 2007」を開催し、 約5ヶ月間にわたり、113公演のライブを行います。 この選択もまだ市場シェアが少ないにとっては正解だったと思います。 テレビのメリットとしては、1回の出演で多くの人に見てもらうことができる。 しかし、リーチ 発信者から視聴者までの距離 が長く、視聴者にちゃんと届いているのかが分かりにくいのがデメリットでもあります。 その点、ライブでは一度に見せられる人数は限られていて、数をこなさなければならないけど その分お客さんとの距離が近く、生の反応が分かる。 地道だけどテレビよりは確実性がありますよね。 また、通常ジャニーズのライブではファンクラブに入っていないとチケットを取る事が出来ませんが、 47府県を回り、地元にもやってくるということで そのハードルが少し低くなったと思われます。 「LIFE~」のリリース以前も ライブではバンド演奏をしていましたが、 シングルとして世に出すことで、 「ってバンドできるんだ!」「ただのたグループじゃないんだ!」 という印象を与えたことでしょう。 アイドルではコンセプトを変えたり路線変更をしたりすることはよくあることですが、 あくまでも彼らは変えたのではなく、足すという形で 既存のファンにも、新規にもアプローチをしたのが なかなか普通では出来ないことをやっているなぁと感じます。 ここでは という理論のお話をしたいと思います。 これもまた Strengths 強み 、 Weakness 弱み 、 Opportunities 機会 、 Threats 脅威 の頭文字を取ったものなんですが 笑 、 簡単にいえば、 の強み・弱み・ ビジネス チャンス・ライバル 競合 に分けて として伸ばすべきものと克服すべきものを考える方法です。 参照 これをざっとエイトに当てはめるとこんな感じですかね。 これに「バンド」が足されると 新しく 強みが増え、正統派J-ROCKをやることで 弱みもカバー、 さらにいい意味で世間のイメージを裏切る 機会になり、 ライバル達とも差別化が図れる。 彼らは 現状に満足せず、自分達の強みを増やして 高みを目指していたことが分かります。

次の

最後の卒論。~ジャニーズの負け犬だった関ジャニ∞が金のなる木に成長したわけ~【前編】

関ジャニ ブログ

バラエティ色がめちゃめちゃ強くって、ぜひファン以外にも見て欲しい番組。 というか私がそうだった。 ファンじゃなかったのに、見ていたらいつの間にか毎週この番組を楽しみにするようになった。 なので、今日は他にもそんな人が増えたら嬉しいな〜〜という願いも込めて、クロニクルの中で私がおすすめの回を紹介します。 全てはここから始まる。 初企画ともあって、ただのボールをめっちゃ怖がるかわいい30代ズが見られます。 この人たちは確実にジャニーズのバラエティ班なのだな〜〜と思った。 わちゃわちゃしすぎ。 第二弾までがゲストなしなので、7人の関係性が堪能できるのは2回分しかない。 ただのドッヂなのになんでこんなに面白いんだろう。 放送時間なんてCMカットしたら実質20分そこらしかないのに、かなり内容がぎゅっと詰まってて笑える。 誰とも相談しない分 配役がめっちゃかぶってくるから登場シーンから爆笑で、必死に笑いをこらえている(というかこらえきれてない)エイトが最高。 ベースとなる物語はどちらも「桃太郎」なのに、やってることは2回目なのに、初回と変わらぬ面白さ!!せっかく配役も変えたのに結局誰かとかぶってしまって笑っちゃうエイトそれぞれの笑い顔がたまらない。 外野のリーと例えがすごい(笑)本当にこの回は面白かった。 かと思えばヒナちゃんの考え中のコメントにもめちゃくちゃ笑わされた。 いやホントにこの2人の存在は大きい。 ザ・バラエティなヨコヒナが見られる神回。 でもほっこり見えるのはファン目線だからかもしれない(笑) そんな回はこちら。 わりとファン向きです。 クロニクルとしては第二回目の放送で、私はこれを見ていた頃エイト1人1人の区別すらままならなかったけど単純にバラエティとして面白かった。 安田大先生がいかにぶっ飛びキャラかが分かる。 元々はリアクション芸が豊富な大倉くんターゲットのイタズラ企画コーナーだったんだけど、第三弾ですばるくんが新ターゲットとなった。 いつもはヤジをとばしたり悪ノリしたりしてるすばるくんだけど、いざ自分が標的となったらこうなるんだ、って感じ(笑)かわいいおじさんの姿がおさめられてます。 本当に全国放送じゃないのがもったいない。 この面白さ、もっといろんな人に伝わらないかな〜〜。

次の

関ジャニ∞ 人気ブログランキングとブログ検索

関ジャニ ブログ

Say! JUMP(Hey! Say! BEST:薮宏太? 木雄也 伊野尾慧 八乙女光 有岡大貴 Hey! Say! 7:岡本圭人 山田涼介 中島裕翔 知念侑李 森本龍太郎) NYCboys(中山優馬 山田涼介 知念侑李 高地優吾 中島健人 菊池風磨 松村北斗) Kis-My-Ft2(北山宏光 千賀健永 宮田俊哉 横尾渉 藤ヶ谷太輔 玉森裕太 二階堂高嗣) FiVe(中江川力也 上里亮太 牧野紘二 石垣大祐 佐藤ゆうき) Question? (淀川由浩 藤家和依 石垣大祐 伊郷アクン 後藤泰観 岸孝良) B. Shadow(高地優吾 中島健人 菊池風磨 松村北斗) スノープリンス合唱団(森本慎太郎 岸本慎太郎 中村嶺亜 栗田恵 大塚祐哉 堀之内竜也 岡田蒼生 羽場友紀 橋本涼 井上瑞稀 千野葵) M. (野田優也 武内幸太朗 越岡裕貴 松崎祐介 福田悠太 辰巳雄大 加藤幸宏 江田剛 川村陵 前田紘利T. 松本幸大 山本亮太 林翔太 池田優 小野寺一希) ジャニーズJr. 、昔ジャニーズにいた人も。 blogmura. html• Say! JUMP Hey! Say!

次の