デリバリー おすすめ。 出前・宅配・デリバリーアプリのおすすめ人気ランキング13選【軽食からレストランまで厳選】

出前・宅配・フードデリバリーアプリ10種を比較!おすすめアプリは?|デリバリー配達ナビ

デリバリー おすすめ

しかし昨今、スマートフォンやパソコンで出前を取れる ネットデリバリーサービスが増えています。 新型コロナウイルスの感染拡大を予防する観点から外出を自粛する中で、ネットデリバリーサービスの利用を検討している人もいるでしょう。 ネットデリバリーは、大手チェーン店が独自に展開しているものと、さまざまなジャンルの飲食店の出前を取りまとめて受け付けるものに大別されます。 この記事では、後者の取りまとめタイプのネットワークサービス(便宜上「取りまとめ型ネットデリバリー」と呼びます)を選ぶ上でチェックしたいポイントと、それを踏まえたおすすめサービスを紹介します。 スマホやパソコンで出前を取ろう! 自宅や職場に届けてくれる? 「エリア」と「店舗」をチェック その名の通り、取りまとめ型ネットデリバリーは「届け先近辺の飲食店の出前をまとめて受ける」サービスです。 そのため、届け先によって出前の可否、可能な場合は対応する店舗が変わります。 自宅だけではなく、出先でも注文できることが魅力といえる……のですが、見方を変えると 住所(届け先)によっては出前に対応していない可能性があるということです。 通常、ネットデリバリーは住所地を入力するか位置情報を提供すると、届け先で利用できるかどうか、利用できる場合は出前に対応する店舗を絞り込んで表示してくれます。 現時点では、都市部で対応店舗が多い傾向にありますが、住所によっては都市部でも対応店舗が少ない場合もあります。 逆に、地方では対応店舗がなかったり少なかったりする傾向にありますが、住所によっては対応店舗が多い場合もあります。 本格的に利用する前に、届け先の住所で絞り込んで、対応する店舗をしっかりチェックしましょう。 ネットデリバリーは住所によって対応店舗に差が出やすいです。 今後の充実に期待したいところです(画像は「dデリバリー」で都内の筆者自宅周辺と、静岡県内の実家周辺を検索した結果の比較) 現金オンリー? カードもOK? ポイントは? 「支払い方法」をチェック 取りまとめ型ネットデリバリーの多くは、店舗への代金支払いを代行するサービスも行っています。 そのため、従来の出前と同様に届け先での「現金払い」はもちろん、事前に「カード払い」「スマホ(キャリア)決済払い」「ポイント払い」することもできます。 ただし、いずれの取りまとめ型ネットデリバリーも、どの支払い方法に対応するかどうかは店舗に決定権があります。 そのため、 店舗によって対応する代金支払い方法が異なります。 店舗の個別ページに対応する支払い方法が明記されている他、サービスによっては1つのカテゴリーとして「カード(現金以外の支払い方法)で支払える店舗」が用意されていることもあります。 「カードで支払ってポイントをためたい」「ためたポイントで出前を取りたい」という人は、出前を取ろうとする店舗がどのような支払い方法に対応しているかチェックしましょう。 同じ地域の出前に対応する、同じジャンルの店舗でも、「現金とポイント」にのみ対応する店舗もあれば、「現金、ポイント、カード、キャリア決済」とほぼ何でも対応している店舗もある 最低注文金額もチェック! 出前を取る場合は、 最低注文金額と 手数料や配送料にも注意が必要です。 店舗によっては、ある程度まとまった金額を注文しないといけなかったり、一定金額以上注文しないと別途配送料がかかったりする場合もあります。 とりわけ、1人暮らしをしている場合は、なかなか厳しいです……。 ただし、最低注文金額が低い上、配送料のかからない店舗も探せば見つかる場合があるので、諦めずに検索してみることをおすすめします。 ほぼ全ての取りまとめ型ネットデリバリーは「注文時点での所要時間」あるいは「予想到着時間」を出してくれます。 おおよその届く時間は予想できます。 一部のサービスでは、これらに加えて 地図などでデリバリーの模様をチェックできます。 トラブルが発生した場合でも、状況を把握しやすいのでおすすめです。 「Uber Eats」では、配達までの進捗を地図と合わせて確認できます おすすめのデリバリーサービスはこれ! チェックすべきポイントを確認した所で、おすすめの取りまとめ型ネットデリバリーを3つ紹介します。 出前館/LINEデリマ/dデリバリー 出前館が手がける「出前館(でまえかん)」は、2000年にサービスを開始した取りまとめ型ネットデリバリーの老舗的存在です。 加盟店は飲食店だけではなくネットスーパーや酒屋もカバーしており、全国で2万店舗以上の加盟店を擁しています。 代金の支払い方法は、現金払いの他、カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners)、スマホ決済(Amazon Pay、Apple Pay、LINE Pay)、キャリア決済(auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)、Tポイント払い、請求書払いに対応しています(使える支払い方法は店舗によって異なります)。 決済代金に対して「Tポイント」がたまることも魅力です。 注文は、Webサイトの他、スマホアプリで受け付けています。 LINEデリマは、「LINE」アプリから利用します。 代金の支払い方法は現金払いの他、LINE Payやカード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners)に対応します(使える支払い方法は店舗によって異なります)。 決済代金に対して「LINEポイント」もたまります。 LINE Payで支払う場合は、代金の一部または全部にLINEポイントを充当することもできます(一部店舗を除く)。 代金の支払い方法は現金払いの他、ドコモのキャリア決済「ドコモ払い」やカード(Visa、Mastercard、請求書払いに対応します(使える支払い方法は店舗によって異なります)。 決済代金に対して「dポイント」もたまります。 ドコモ払いを利用する場合は、代金の一部または全部にdポイントを使うこともできます(一部店舗を除く)。 飲食店だけではなく酒屋もカバーしています。 出前だけではなく、対応していれば店頭での受け取りも選択できます。 代金の支払い方法は、現金払いの他、カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners)、請求書払いに対応しています(使える支払い方法は店舗によって異なります)。 決済代金に対して「楽天ポイント」がたまることも魅力です。 代金の一部または全部に楽天ポイントを使うこともできます(一部店舗を除く)。 注文は、Webサイトの他、スマホアプリで受け付けています。 先述の2サービスと比べると対応しているエリアは限られますが、対応エリアであれば中小規模の店舗もしっかりとカバーしている印象です。 出前だけではなく、対応していれば店頭での受け取りも選択できます。 他のサービスが原則として店舗が自ら配達するのに対して、Uber Eatsは原則として「配達パートナー」と呼ばれる独自の配達員が配達を請け負います。 自ら配達するという利点を生かして、リアルタイムで配達状況を確認できることが大きな魅力です。 代金の支払い方法は、現金払いの他、カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners)やLINE Payに対応しています(使える支払い方法は店舗によって異なります)。 注文は、Webサイトの他、スマホアプリで受け付けています。

次の

出前・宅配・フードデリバリーアプリ10種を比較!おすすめアプリは?|デリバリー配達ナビ

デリバリー おすすめ

正直好みもあるので、どのチェーンも同じくらい魅力的です。 あとは支払い方法の選択肢や、クーポン、好きなメニューがあるかどうか、などで決めればいいと思います。 各デリバリーピザチェーンの特徴はこれ! ピザーラ:他社とのコラボ企画やクォーターピザなどに特徴あり! 当サイトが一番に推すのが「ピザーラ」です。 特徴はアニメや映画などとのコラボ企画が多く、小さなお子さんにも大人気であることです。 ピザ生地は「ハンドトス」(通常のパン生地)、「イタリアン」(耳までチーズ)、「スーパークリスピー」(薄いクリスピータイプ)の3種類から選択でき、ご自身の好きな食感で選ぶことができます。 和風ピザからコテコテのイタリアンまで幅広いメニューから選択でき、「クォーターピザ」(1枚の記事に4種類の具が載っている)メニューが多いのも魅力です。 また、「サイドメニュー」は今回紹介するデリバリーピザチェーンの中でも最も多く、パスタ(8種類)やサラダ、チキンなどみんなでワイワイ楽しむにはぴったりのメニューがそろっています。 支払いは現金、カード以外にも最近話題になった「PayPay」にも対応しています。 独自の「ピザーラポイント」を貯めることもでき、それが貯まれば商品が安くなります。 とにかくメニューが多く、さまざまな年代の人が楽しむことができるピザがあるのが、ピザーラ最大の特徴だと言えるでしょう。 また、ピザーラにはというスペイン料理の「パエリア」専門のデリバリー店が併設されているところもあり(運営が一緒)、一緒にパエリアを注文することもできます。 電話で聞いてみるといいでしょう。 個人的にはこのパエリア大好きです。 ピザハット:スマホキャリア決済も可能で現金がなくても注文できます! ピザハットのピザメニューは他社と比較してやや少ないものの、既存会員へのサービスが手厚く、注文回数に応じて「レギュラー会員」「ゴールド会員」「VIP会員」というランクが付きます。 ランクによってお得なクーポンや「ランク限定キャンペーン」の実施など、他社には見られない「お得意様」を大切にする姿勢が見られます。 支払い方法は各社の中で最も多く、現金、カード、QRコード決済以外にもスマホキャリア決済が可能です。 スマホで注文してそのまま毎月のスマホ料金の支払いと一緒にしてもらうことができ、クレジットカードを持っていない人でも大丈夫です。 ピザハットでは、ピザの生地を5種類の中から選ぶことができます。 ふっくらパンピザ:ボリュームがあるパン生地• ハンドトス:手で持ちやすいイタリアン生地• スペシャルクリスピー:薄いクリスピータイプ• ゴールデンチーズクラスト プラスM¥280・L¥410):耳の部分にチーズが入っている• パリッと!熟成ソーセージクラスト プラスM¥280・L¥410 :耳の部分にソーセージが入っている ピザを美味しく食べるためには、生地が重要で、それもいろいろチョイスできるのは大きな強みであると言えます。 ドミノ・ピザ:7種類のピザ生地から選択!お持ち帰りできればさらにお得! ドミノ・ピザはピザ数、サイドメニュー数ともに豊富で、デリバリーピザとして十分な基準にあります。 もし、お近くにお店がある場合、デリバリーではなく店頭で受け取り、ご自身で持ち帰ることができれば、「2枚目無料」など実質半額でピザを購入することができます。 特筆すべきは7種類(!)のピザ生地を選択できるところにあります。 パンピザ• ハンドトス(レギュラー)• ウルトラクリスピークラフト• チーズバースト• チーズンロール• ミルフィーユ• トリプルミルフィーユ これだけあれば、自分好みの食感を味わうことができますよね。 ナポリの窯 上記3社ほどの知名度はありませんが、最近エリアを急拡大しているピザチェーンです。 「ナポリピザ」という中はモッチリ、外側がパリッとしている生地にこだわっているため、選べる生地は1種類のみです。 しかし、その具に合ったピザの大きさや形にしているため、ピザにこだわっている印象がとても強いです。 Mサイズ、Lサイズだけではなく、メニューによってはそれより大きいXLサイズがあるのも、大勢でピザを食べたい人にとってはうれしいサービスです。 飲食店の他社とのコラボにも積極的です。 このような、1人前のピザをイートイン、あるいは持ち帰りで食べてもらうような試みも始めています。 正統派で奇をてらったピザは少ないのですが、その分外れは少ないと言えそうです。 支払い方法は、オーソドックスに現金かカードのみになります。 まだまだこれから、既存のチェーンに切り込んでいくデリバリーピザチェーンになりそうです。 大手チェーンにはない魅力も!地元密着宅配ピザを探してみよう 「4大デリバリーピザチェーン」についてのまとめは以上になりますが、ひょっとするとみなさんのお住まいの近くに、地元密着型のデリバリーピザ店があるかもしれません。 ピザヨッカー 「ピザヨッカー」は筆者が住んでいる千葉県北西部密着型のデリバリーピザ店です。 店舗数は4店舗と少ないのですが、住居の近くにあるため重宝しています。 メニュー26種類+ランチ限定4種類• サイドメニュー15種類 やはり、4大チェーンに比べると少ないのですが、価格は安く、Lサイズの一番高いメニューでも3600円です。 また、具の盛り方も豪快で、コスパがよく、「出前館」などのデリバリーアプリにも登録されているので、ピザ注文のローテーションに入れています。 ただ、人員も限られていることもあり、4大チェーンのように「30分以内に」は難しいこともあるようです。 しかし、1000円以上の注文で届けてくれるので、1人暮らしの人でも安心です。 こういう小回りの利くサービスがあるのも、地元密着型のいいところです。 ピーターパンのパン美味しいです。 地元民は愛着がわくはずです。 全国チェーンはどうしても全国共通のレギュレーションが必要ですが、地元密着型の場合、地域のニーズに合わせたサービスや食材の購入、メニューの開発などができます。 もし、デリバリーアプリに4大チェーン以外のピザ店があれば、一度注文して、サービスや味を比較しても面白いと思います。 宅配ピザおすすめ比較ランキング まとめ.

次の

【バンコク・宅配】バンコクの私的おすすめフードデリバリーまとめ(随時更新)

デリバリー おすすめ

【プロモコードあり】カナダ・バンクーバーのデリバリーサービスおすすめ3選! 2020. カテゴリー Sponsored Link 皆さんこんにちは。 COVID-19(コロナウイルス)が世界中に大きな影響を与えていますが 皆様の住んでおられる地域はいかがでしょうか? 私の住むバンクーバーでは不要不急の外出は控えるようお達しがでています。 レストランやバー、カフェ、映画館や美容室など、 生活に必要不可欠でない店舗はすでに休業要請がだされており、 スーパーや薬局、銀行など、生活に必要なサービスは営業しています。 ただ!レストランやカフェなどは、イートインスペースはあけられませんが、 テイクアウトとデリバリーはOKとされているため、 多くのレストランはテイクアウトとデリバリーのみで営業しています。 というわけで、今日はカナダ・バンクーバーでデリバリーといえばココ! という会社を3つ紹介したいと思います。 バンクーバーでデリバリーを頼める大手3つの会社・サービス バンクーバーでデリバリーを頼むなら、 この3社に登録しておけばほぼ全てのレストランを カバーできると言っても過言ではないでしょう。 また、お店独自でデリバリーサービスを提供しているところもありますが、 多くのレストランはこの3社のうちどれかまたはいくつかと提携しています。 それでは1つ1つ見ていきましょう。 どんな料理が食べたいかを選ぶと、お店のリストが出てきます。 例えばsushiを選ぶとこのようにお店が並んでいます。 配達までの時間や配達料、評価なども見れます。 Dashpassという、アマゾンのプライム会員的な制度もあります。 99で配達料が全て無料になるというもの。 1週間に1、2回は必ず頼むという人にはいいかも。 パソコン上の見た目はこんな感じです。 そしてこのサイトもカテゴリー別で探すことができるので、 Sushiを選んでみるとこんな感じです。 99〜あるので、 頼みやすいことは頼みやすいです。 カテゴリー別になっていないので、検索する必要があります。 例えば「sushi」で検索するとこんな感じ。 デリバリー無料のお店もあります。 デリバリーとテイクアウト、どっちがお得? さて、言うまでもないような気もしますが、 デリバリーとテイクアウトは、どちらがお得なのでしょうか? デリバリーはそのお店に行くまでの交通費と比べて、 安ければデリバリーの方がお得に感じるかもしれません。 徒歩10分で行けるお店でデリバリーをするのは、 配達料分テイクアウトの方がお得な気がするでしょう。 さてここで気をつけたいのが、デリバリーサービス上のメニューの価格。 実は、お店の値段より少し上乗せされていることがあります。 これはお店にもよるかもしれませんが、私がいくつか見たお店では 1メニューにつき1ドルほど上乗せされているところが多かったです。 これはもちろんサービスを提供する側として タダでするわけにはいかないので加算されるのは納得。 デリバリーを頼む時は運んでくれる人にチップを支払う必要もあります。 その点、お店に直接注文してテイクアウトにすると、 10%Offなどの割引をしてくれるところもあるので、 結構値段感はかわってくるかもしれません。 というわけでざっと計算すると、 私の家の近くのレストランで1メニューのみを頼んだ場合、 結局デリバリーにすると、テイクアウトより5〜8ドル高くなりました。 ただ、今の時期はStay homeが叫ばれているので、 リスクをとるよりお金を払って安心を買うことも1つの手。 (配達員が感染していたら元も子もないですが) 車がある人は自分でお店に電話してテイクアウトとして注文し、 ピックアップしにいった方が安くて安全かもしれませんが、 今の時期はなるべく家にいることを心がけるのが吉。 また、これは最近メディアの記事で読んだのですが、 あるデリバリーサービスはお店側から手数料を25%とっているらしく、 Localのレストランを応援しよう!といっていつつも レストラン的には利益があまり出なくてさんざんということでした。 本当に応援するつもりで購入するなら、 テイクアウトにしてお店にチップを払うのが一番還元できそうです。

次の