産み分け 排卵日 推測。 産み分け病院選びで必ず確認すべき5つのポイント

男の子の産み分け

産み分け 排卵日 推測

2019. 29 病院 pregnancylab 産み分け病院選びで必ず確認すべき5つのポイント 赤ちゃんの産み分けをしている場合、専門的見地からアドバイスをしてくれる医療機関は強い味方です。 病院では、 超音波検査やホルモン検査など、個人では出来ない方法で排卵日を特定してくれます。 また、 産み分けゼリーなどのグッズを使用するときも、医師の指導があれば安心して使えますよね。 病院を使った産み分けで、少しでも成功率を上げたいのであれば、 受け入れ体制が整っていて、指導もきっちり行ってくれるところを選びたいものです。 今回は、 産み分けをする病院を選ぶ際に、気をつけるべき5つのポイントを見ていきたいと思います。 産み分けで病院を利用する、ということ 産み分けで医療機関を利用する最大のメリットは 、排卵日をより正確に知ることができる、という点です。 基礎体温表を使って排卵日を推測しようとしても、 測り間違いがあったり、生理不順でグラフが複雑になったりと、排卵日が分からないこともあります。 また、排卵検査薬による検査にも、検査薬が排卵日の前後にも反応を示すため、一般の方には結果がわかりにくいというデメリットがあります。 このようにして排卵日を逃してしまうと、次に産み分けをするチャンスはまた一ヶ月後で、時間だけが過ぎ、 結果は出ないことが多いです。 病院では、個人では難しい産み分けを専門機器によって手助けし、結果が出るように導いてくれます。 病院選びのポイントは、話しやすく、情報提供をしてくれること。 病院での産み分けを検討している場合、以下の5つのポイントを必ず確認しましょう。 子供ができるまでの間、お世話になるところですので、なるべく気さくで、話しやすい医師のいる病院を選ぶようにしましょう。 そうすることで、通院がストレスにならなくなります。 産み分け成功の秘訣は、夫婦が、自分たちがしていることを正しく理解し、正確な方法で取り組んでいることです。 病院で行う検査や指導内容を、分かるまで細かく説明してくれる医師を選びたいところです。 というのも、現在日本では産み分けに対して、 生命倫理の問題が問われているからです。 せっかく指導をしてもらっていても、子供は男でも女でも可愛いものですよ、などと説教をされてしまうと、気持ちよく通うことができませんよね。 病院を選ぶ際には、なるべく、産み分けに対して理解のある医師がいるところを選びましょう。 費用の説明がきちんとされておらず、全てが終わった後で、 また、いかなる病院においても 「混み具合」というのは重要です。 あまりに待ち時間が長いのも嫌になってしまいますが、適度に待合室に人がいて、評判が良いことがわかる病院を選びましょう。 病院に通わず、完全に自宅で産み分けを行った場合でも、 成功率は男女約80%だと言われているので、確率としてはそれほど変わりません。 では結局のところ、病院ではなく自分で産み分けをした方が早いということなのでしょうか。 自分で行うことに自信がない人は、排卵日の判断は病院に任せよう 既に前述したように、病院での産み分けのメリットは、排卵日をより正確に知ることができる点です。 排卵日を知ることは、現在日本でできるどんな産み分け法にとっても、基本部分となっています。 病院では、エコー検査で卵胞の大きさを確認したり、ホルモン血液検査を行ったりと、自分では不可能な専門的な検査を受けることが出来ます。 いくらグッズを揃えてみたところで 、排卵日を間違えれば効果がありません。 自分たちでの産み分けに自信がないご夫婦は、病院に行き、説明を聞いてみるのも良いでしょう。 排卵日の検査は病院で。 自宅では産み分けグッズを活用しよう 病院を利用することに決意しても、全てを病院に委ねる必要はありません。 特に 産み分けグッズに関しては、排卵日の特定さえ出来れば、あとは監修の必要なくご自宅で使用することが可能です。 産み分けゼリーを使ってみよう 例えば 産み分けゼリーであれば、病院またはインターネットで購入し、ご自宅での産み分け法として使用することができます。 ゼリーには、子供の性別に応じた以下の2種類があります。 溶かして、セックスの前に膣内に注入するだけ 産み分けゼリーは、メーカーによっては異なる場合もありますが、基本的には以下の使用手順になります。 1.産み分けゼリーを準備する 2.膣内に注入する 3.約5分待ってから性行為を行う.

次の

2人目はぜひ…女の子・男の子が欲しい!医学的根拠に基づいた産み分け術|Milly ミリー

産み分け 排卵日 推測

病院で産み分けする際にする具体的なこと3つ ただ、病院で産み分けといっても具体的にすることは主に以下の3つとなります。 1.サプリメントを飲む 男の子の希望の場合は専用のカルシウム剤を飲むように言われます。 が、 正直これはあまり意味がないように感じます。 というのも、巷では 「女の子を産み分けたいなら野菜や魚を食べると良い。 」 「男の子を産み分けたいならお肉を食べると良い。 」 などというウワサが流れていたりまもするのですが、これ、残念ながら 科学 的な根拠はないそうです。 食べ物ではヒトの体内におけるpHは変わらず、一定に保たれているといわれているためです。 産み分けの確率を少しでも上げようと実践している方は少なくないのですが、 女の子を産み分けたいから野菜・魚中心に食べる。 男の子を産みたいから肉中心に食べる、という行為はあまり根拠のないものとなります。 つまり、サプリも口から摂取するものなので、産み分けにはあまり影響がないと考えられます。 2.排卵日の特定 排卵日の特定は産み分けをする上で影響があると考えられています。 なぜなら、 排卵日の2日前と排卵日当日で膣内のphが変わるから。 そもそも赤ちゃんの性別は、射精されて卵子に最初にたどりついた精子が男の子になるY精子か、女の子になるX精子かで決まるのですが、 膣内がアルカリ性に近いと、よりY精子の方が到達しやすく、 膣内が酸性だとX精子が卵子に届きやすくなります。 そのため、女の子を産み分けたい方は排卵日2日前に性行為を、男の子を産み分けたい場合は排卵日当日に性行為をするというタイミング法を勧められます。 ただ聞いたところ簡単なように聞こえますが、この排卵日を特定するためには毎朝決まった時間に基礎体温を正確につける必要があり、なかなか時間がかかる&確実に記録する自信がない…という方も多いです。 基本的には産み分けの病院でも記録したものをもとに推測してもらうということをするのですが、希望があれば超音波検査で排卵日を推測してもらうこともできます。 3.産み分けゼリーの使用 最後に産み分けゼリーの使用です。 これは 食べ物やサプリメントなどとは違い、膣内にゼリーを直接入れて環境を整えるものなのでぐっと効果があると言えます。 杉山産婦人科であれば、自分の院で出している「ピンクゼリー」「グリーンゼリー」の使用を勧められますが、病院にによって勧められるゼリーは異なるようです。 (ちなみにピンクゼリー・グリーンゼリーはお湯で緩めてから使用しなくてはいけなかったりと何かと面倒な上、成功率も高くないので個人的にはおすすめしません。 笑) 結局産み分け病院でも特殊なことはしない。 以上のように、病院では主に3つのことをしますが、どれも病院でしかできないような特殊なことではありません。 正直全部家でできます。 どうしても産み分けがしたくて、少しでも確率を上げるために排卵日を特定したいけどうまく自分でできる自信はない。 という方にはおすすめですが、お金を払い、通ってまでするほどの価値はないと個人的には思います。 この3つの産み分け方法は病院じゃなく、家でもできる! 先にも述べたように、この 3つの産み分け方法は病院ではなくて家でもできます。 (私はこれは無意味だと思っていますが)男の子を産み分けるためのサプリメント(「リンカル」というカルシウム剤)もネットでの購入ができますし、排卵日推測も毎日基礎体温をつけたり、排卵検査薬を使うことで可能です。 また、産み分けゼリーに関してもネットで色々と出ています。 (おすすめは全産み分けゼリーの中で成功率が一番高く、容器も中身も国産のです。 ) 【口コミ】私が体験した産み分け方法 余談ですが、私が実際にした産み分け方法はこちら。 1.排卵日を大まかに測定 第1子がいて毎朝同じ時間にゆっくりと性格に体温を測って記録~なんてことはできず、更に数ヶ月妊娠を延ばす心の余裕もなかったので(早く子供欲しいとの一心。 笑)基礎体温はつけませんでした。 ただ大体次回生理予定日の14日前が排卵日ということなので、女の子の場合は排卵日2日前=次回生理予定日の16日前としておおまかに測定。 排卵日2日前前後に性行為をするようにしました。 中国式カレンダーを利用する 少し非科学的な方法にはなってしまいますが、中国式カレンダーを利用するのも1つの手です。 中国式カレンダーは生年月日と受胎日から産み分け予測をするもの。 非科学的とはいえ、特にアジア人では90%当たると言われいます(信憑性ははっきりとありませんが。 笑) 中国式カレンダーはから確認できます。 一人っ子政策で男の子の産み分けをしていた中国ですので、ある程度の裏付けはあるのではないかと言われています。 ちなみに私は1人目は産み分けをしませんでしたが、中国式カレンダーで事後診断してみると男の子でばっちり当たっていました。 笑 3.SEXのやり方を工夫する SEXのやり方を工夫することで産み分けの確率をあげることもできます。 というのも 女性がオーガズムに達すると膣内がアルカリ性に近づくため、男の子が産まれやすくなるそうなんです。 というわけで女の子を産みたい私はあっさりとしてもらうようにしました。 また、男性側の精子を薄めることで、女の子を産みやすくなるため、本番の1日前や2日前には必ず精子を出してもらうようにしました。 (男の子を産み分けたい方は3日~1週間禁欲してもらうのが良いです。 ) 4.産み分けゼリーの使用 最後に産み分けゼリーの使用。 今は産み分けゼリーにも色々とでていますが、一番のおすすめかつ私が使用したのがです。 詳しく解説すると長くなるので別の記事にもしましたが、 使いやすさ・安全面・そして何より成功率の高さが圧倒的に高いというところでベイビーサポートが圧勝でした。 産み分け病院で知られる杉山産婦人科で勧められるのはピンクゼリーですが、お湯で溶かして数回分保存して使わなくてはいけないこと、成功率が高くないというところでおすすめできません。 記事にもしているので、少しでも産み分けにある方はぜひ見てみてくださいね。 男の子用・女の子用どちらもあります。

次の

2人目はぜひ…女の子・男の子が欲しい!医学的根拠に基づいた産み分け術|Milly ミリー

産み分け 排卵日 推測

現在、二児11歳・2歳の母です。 1人目は結婚して3年。 そろそろ子供が欲しいねと、ゆるーい妊活を始め、半年位で妊娠。 多分あの日だろうな、あの日しかないな、との予測はついていました。 その日は生理終了日から間もない頃。 排卵までは程遠いので、まさかあの日で妊娠するとは!といった感じでした。 排卵日よりとうに前なので、これは絶対に女の子だ、と確信。 予想通り、女の子でした。 そして、その子が小学生になり、なんとなく手が離れてしまったようで寂しい気分になり、子供は1人っ子で良いかな、と思っていたのですが、私の年齢もギリだし、やっぱり2人目チャレンジをしてみようと、今回はやや気合いの入った妊活スタート。 次は男の子が欲しいと思い、あらゆる産み分けの文献を検索しまくり。 とりあえず、少々生理不順だったので、自分の排卵日を特定しようと基礎体温計と排卵検査薬を準備。 面倒臭がりな私は基礎体温計は測るだけで勝手に記録してくれるもの。 排卵検査薬は国産の物をドラッグストアで購入。 あとは生理、排卵予定日を推測してくれるアプリ。 とりあえず三ヶ月間やってみて、なんとなく排卵日を特定してみる。 そして子作りチャレンジ。 男の子希望なので、その排卵日(であろう)1日のみ。 とにかく、その1日に気合いを入れる。 主人は1時間位前にコーヒーを飲んで準備してもらう。 義務感ではなく、なるべく楽しむように(笑) 時には、仕事帰り時間が不規則な主人なので、朝、子供を送り出してからチャレンジしようと思っていたら、学校から「(娘)ちゃんが嘔吐したので、お迎えに来てください。 」なんて事もあり、なかなか思うようにはならず。 新年には近所の神社に初詣に行って、とにかく男の子を授けて下さい、と神頼み。 (この時、おみくじ引いたら大吉。 ) そんな事をやって10ヶ月後、やっとこさ妊娠。 そのチャレンジ直後、なんとなく妊娠出来るんじゃないかな、と直感しました。 その後、性別が判明。 念願の男の子と確定。 嬉しかったです。 すっごく。 産み分けの教訓としては、とりあえず、やれる事はやってみる。 自力も良し、病院で指導してもらうも良し。 やる事やって、授かった命はどちらでも良いと愛おしく思う事! 子供は神様からの授かり物です!!.

次の