マラト サフィン。 年間900万円!?世界一の選手が教える有名テニスアカデミー大解剖

ボリス・ベッカー

マラト サフィン

テニス選手 生年月日:1980年1月27日 国籍:ロシア 出生地:モスクワ 経歴:母は元テニス選手。 13歳でスペインにテニス留学し、1997年プロに。 2000年4月バルセロナ・オープンで優勝。 同年全仏オープンでベスト8入り。 同年9月全米オープンで優勝し、4大大会での初タイトルを獲得。 同年は7大会で優勝し、11月には初のATP世界ランキング・シングル1位に。 2002年、2004年全豪オープン準優勝。 2005年全豪オープン初優勝。 2008全英オープン ベスト4。 2009年引退。 193センチの長身を生かした強烈なが武器で、を得意とした。 妹のディナラ・サフィナもテニス選手。 2011年ロシア下院議員に当選し、政治家に転身した。 出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」 最新 世界スポーツ人名事典について の解説 職業・肩書 政治家,元テニス選手 ロシア下院議員 国籍 ロシア 生年月日 1980年1月27日 出生地 ソ連ロシア共和国モスクワ ロシア 経歴 母は元テニス選手。 13歳でスペインにテニス留学し、1997年プロに転向。 2000年4月バルセロナ・オープンで優勝。 同年全仏オープンでベスト8入り。 同年9月全米オープンで優勝し、4大大会での初タイトルを獲得。 同年は7大会で優勝し、11月には初のATP世界ランキング・シングル1位に。 2002年、2004年全豪オープン準優勝。 2005年全豪オープン初優勝。 2008全英オープン ウィンブルドン ベスト4。 2009年引退。 193センチの長身を生かした強烈なサーブが武器で、クレーコートを得意とした。 妹のディナラ・サフィナもテニス選手。 2011年ロシア下院議員に当選し、政治家に転身した。 出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」 現代外国人名録2016について.

次の

マラト・サフィンとは (マラトサフィンとは) [単語記事]

マラト サフィン

🎾本記事のサマリー• 四大大会11勝を上げ、その全ては赤土の全仏6勝、芝の全英5勝。 クレーとグラスという相反するサーフェス両方で強さを発揮したため最強論が未だ語られる選手。 26歳の若さで突然の現役引退を表明。 に選出されており、母国スウェーデンでは「テニス神様」と崇められている。 イケメンメモ:引退後は複数のアパレルブランドを経営、現在は下着ブランドが有名。 ボリス・ベッカーとのライバル関係が有名。 フェデラーが同賞を受賞したアワードで見せた涙は、憧れ続けたエドバーグの名を冠した賞だったからこそ。 2014年から2015年までフェデラーのコーチを務めた。 イケメンメモ:ストックホルムの投資会社ケース・アセット・マネジメントの共同経営者兼取締役として、約640億円の資産を運用している。 イケメンメモ:引退後は不倫、離婚、脱税、事業失敗とスキャンダラスな転落人生を歩んだが、2014年よりジョコビッチのコーチとして名声を取り戻した。 四大大会8勝・を達成。 晩年2005年の全米オープンでは35歳で全米OP決勝に進出しフェデラーと好ゲームを演じた。 2006年に引退し、20年間のキャリアに幕を閉じた伝説的選手。。 2017年5月より、ジョコビッチのコーチに就任。 イケメンメモ: 実力、人気、ルックスの三拍子が揃っており、女性に絶大な人気を誇った。 男子1990年の頃のロック・スターさながらの金髪ロン毛と派手なウェアでテニス界を席巻したが、実はカツラだったことを後年に 衝撃の自伝『OPEN』で告白。 97年に女優のブルック・シールズと結婚するも、2年で離婚。 その後シュテフィ・グラフと交際し、2001年に再婚した。 その才能からすればGS2勝は物足りなさを感じるものの、サンプラスやフェデラーなど時のNo1と名勝負を繰り広げ、 記録より記憶に残る名選手と言える。 試合中に怒り狂い、大声を上げながらラケットを叩きつける姿はサフィンの代名詞。 イケメンメモ:ロシア下院の国会議員に当選して政治家に転身、またイスラム教徒としてモスクに姿を見せている。 チャーミングな笑顔とユーモラスなキャラクラーで女性ファンならず男性ファンをも虜にした。 2000年代の男子テニス界屈指のイケメン。 現在はに選手として参加し、相変わらずの人気ぶりを発揮。 し、現役にして既にレジェンド。 が有名で、テニス界1ファンに愛されるスーパースター。 イケメンメモ:元テニス選手のミルカ・バブリネックと結婚し、双子の娘・双子の息子を持ち家族を非常に大切にしていることで有名。 その人気や評価は最早テニス界に留まらず、サッカー界ではメッシ、ゴルフ界では最盛期のタイガー・ウッズらと同格。 フェデラーの場合、競技実績のみならず、その人間性やスポーツマンシップも優れており、スキャンダルが無いクリーンな存在としてを結んでいる。 当時のフェデラー・ナダルの2強時代に3番手まで登りつめた。 錦織以上の小柄な体躯ながら、リターンを軸とした安定したプレーで長期間に渡りTOP10選手として活躍。 ATPツアーファイナルは6年連続出場するも、2016年はTOP20から陥落。 その後もツアー早期敗退が続いており、鉄人の引退も囁かれている。 イケメンメモ:若き日のフェレールのイケメンぶりは半端ではなく世界中の女性に超人気だったが、2015年に長期の交際期間を経て結婚。 趣味はFCバルセロナの熱心なサポーターと、読書。 特に小説を好み、自身の人格形成や自己研鑽のために多くの本を読み、テニス選手としてだけではなく、一人間としての成長にも重きを置く人格者。 シングルスでは全仏09ベスト4、ダブルスではATPワールドツアー・ファイナル2013ダブルス優勝などの実績がある。 イケメンメモ:同じマドリード出身のイケメン選手 フェリシアーノ・ロペスとは大親友の仲。 両親はマドリードでレストランを経営しており、実家の裏庭にはハードコート2面を有する裕福な家柄。 そのイケメンぶりで数々の美女モデルや女優らと浮名を流している。 未だ未婚。 2016年全仏ダブルスで優勝。 日本では競技実績より、そのイケメンぶりがフォーカスされてきた。 イケメンメモ:2015年にモデルのアルバ・カリーリョと結婚。 BIG4時代にウィンブルドン準優勝を含む全ての四大大会でベスト4の実績を残している。 格下には滅法強く取りこぼしが少ないが、TOP5選手には滅法弱いという特徴がある。 であり、競技の枠を越えた世界的なスター選手。 イケメンメモ:情熱的なプレースタイルとは一転、その性格は非常に温厚。 幼少から両親とコーチである叔父トニー・ナダルより厳しい教育を受けおり、非常に謙虚で誠実な人間として知られている。 また雷を怖がるほど臆病な一面も有する。 幼少の頃から一貫してマヨルカ島に暮らし、スターとなった現在も地元を練習拠点とし家族と共に静かに暮らしている。 ナダルの一族はマヨルカで事業を営んでおり、名家として知られている。 にも登場している。 でアルマーニ、カルバン・クライン、トミー・ヒルフィガーなど世界的なファッションブランドの広告塔に起用されてきた。 2014年にブレイクし、ツアー3勝・ウィンブルドンべスト4入りを果たすも、その後は調子を落とした。 2017年にブリスベン国際優勝、全豪ベスト4など復活を遂げ今後に期待。 イケメンメモ:女子テニスの女王セリーナ・ウィリアムズ、マリア・シャラポワらとの交際経験があるが、それぞれ2012年の序盤と中盤と時期が近かったためかつて三角関係にあった。 10代の若手選手としてはA・ズベレフと並んで次世代のTOP選手として期待されている。 2016年はツアー3大会目にして、メンフィスOP決勝に進み錦織に敗れた。 現在世界ランクは53位。 イケメンメモ:2016年には同じテニス選手のRaquel Pedrazaと2年の交際を経て19歳の若さで結婚し、現在は1児の父。 両親共にプロテニス選手だが、母親のキャシー・メイがツアー8勝を上げた元世界TOP10選手。 A・ロディック以降、世界王者を輩出できていない、 かつてのテニス王国アメリカの最終兵器として、全米の期待を一身に背負う超新星。 2015年にはを受賞し、2016年のサンクトペテルブルグOPでは全米優勝直後のワウリンカを破ってツアー初優勝。 現時点で錦織世代以下の若手の中で世界王者に最も近い選手。 2017年5月にはし、世界TOP10へランクイン。 兄のミーシャもプロテニス選手。

次の

レジェンド~新人まで!男子テニス イケメン ランキングベスト15【永久保存版】

マラト サフィン

テニス選手 生年月日:1980年1月27日 国籍:ロシア 出生地:モスクワ 経歴:母は元テニス選手。 13歳でスペインにテニス留学し、1997年プロに。 2000年4月バルセロナ・オープンで優勝。 同年全仏オープンでベスト8入り。 同年9月全米オープンで優勝し、4大大会での初タイトルを獲得。 同年は7大会で優勝し、11月には初のATP世界ランキング・シングル1位に。 2002年、2004年全豪オープン準優勝。 2005年全豪オープン初優勝。 2008全英オープン ベスト4。 2009年引退。 193センチの長身を生かした強烈なが武器で、を得意とした。 妹のディナラ・サフィナもテニス選手。 2011年ロシア下院議員に当選し、政治家に転身した。 出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」 最新 世界スポーツ人名事典について の解説 職業・肩書 政治家,元テニス選手 ロシア下院議員 国籍 ロシア 生年月日 1980年1月27日 出生地 ソ連ロシア共和国モスクワ ロシア 経歴 母は元テニス選手。 13歳でスペインにテニス留学し、1997年プロに転向。 2000年4月バルセロナ・オープンで優勝。 同年全仏オープンでベスト8入り。 同年9月全米オープンで優勝し、4大大会での初タイトルを獲得。 同年は7大会で優勝し、11月には初のATP世界ランキング・シングル1位に。 2002年、2004年全豪オープン準優勝。 2005年全豪オープン初優勝。 2008全英オープン ウィンブルドン ベスト4。 2009年引退。 193センチの長身を生かした強烈なサーブが武器で、クレーコートを得意とした。 妹のディナラ・サフィナもテニス選手。 2011年ロシア下院議員に当選し、政治家に転身した。 出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」 現代外国人名録2016について.

次の