金の時計2020年5月。 伝統技法「塵地螺鈿」が描く宇宙 『カンパノラ』エコ・ドライブから限定モデル登場 2020年5月発売 [CITIZEN

【金の時計座の2020年運勢】性格/恋愛/結婚/金運/仕事をゲッターズ飯田が鑑定【五星三心占い】

金の時計2020年5月

また2020年の運勢についても以下の記事に掲載しているので合わせて確認してみてくださいね。 それでは、金の時計2019年の運勢について見ていきましょう! 金の時計2019年の運勢(全体運) 2018年末からようやく運気の良さを実感し始め、気持ちが楽になっている金の時計。 プレッシャーから解放されたり、能力や魅力に気がついてもらえたりする機会も増えて、「これまで頑張ってやってきてよかった」と思えた人も多いでしょう。 そんな2018年を経て、2019年は「準備の年」に入ります。 ここは2020年からの「幸運の年」と2021年の「開運の年」に向かうための重要な時期ですが、堅苦しく考えないで大丈夫。 遊ぶ機会や楽しい期間がどんどん増えていくので、思い切り満喫することが大事です。 ただ、この年はとにかく好きが出やすいので、真剣に遊ぶためにも万全の準備と念入りな確認作業が必須。 遊びに行った先で「スマホがない」「財布をなくした」「鍵がない」など、普段なら絶対にやらない失敗を連発しやすくなるでしょう。 特に、時間にルーズになりやすいので、遅刻、寝坊、連絡ミスと言ったドジにも気をつけてください。 ですが、失敗は人の優しさや親切を知ることができる貴重な経験を得る機会でもあります。 誰かに助けてもらった経験により他人の失敗に寛容になれたり、他にもいろいろなことが許せたりするようにもなりますから落ち込まないように。 むしろ、失敗を面白い話のネタにするくらいの気持ちで、受け止めておくようにしましょう。 ただ、金の時の「人に振り回されやすい」性格は、「準備の年」はさらに加速して、隙を生みやすいので用心を。 人に流され歯止めがきかなくなり常識はずれの行動に走ったり、強引な人からの誘いを断れなかったりして、無用なトラブルに巻き込まれてしまう危険もあるので、「ダメなことはダメ」とはっきり断る強い意志を持ちましょう。 特に、接待や宴会、会社の親睦会などのお酒の席は要注意で、強いお酒をがぶ飲みしたり、一気飲みをしたりして大失態をしでかすこともあるので調子に乗るのはほどほどに。 スポンサーリンク 新年早々、1月は今後の人生を大きく変えるほど大事な月。 ここでどう動き、頑張るかが2020年、2021年の運気や幸せを左右することになりますから、何事も気を引き締めて取り組むこと。 資格取得やスキルアップを目指して動き出すのもこの時期がいいでしょう。 新しい出会いを求めて行動を起こす必要もあるので、1月はスケジュール帳がいっぱいになる程予定を詰め込んでください。 また、1月に覚悟したことは将来の重要な指針となり影響も大きいですから、ここで掲げた目標や流れをカンタンに変えてはだめ。 遅くとも、2月までには現実的な目標をしっかり立てるようにしてください。 「時計」は気持ちがぶれやすいため周囲の強い意見に流されやすく、特に2019年は誘惑や甘い話も多くなりますから、目的を見失わないよう注意して。 目標を紙に書いて部屋に貼るなど、常に目につくようにしておくといいでしょう。 「準備の年」は筋トレに例えると、トレーニングを開始した3〜4年前の「チャレンジの年」から、鍛えた筋力の効果がではじめた「解放の年」の2018年を経て、いったん、筋肉をクールダウンさせる年。 筋トレしている人ならよく分かると思いますが、クールダウンとはよりいい筋肉をつけるためにストレッチをしたり体をほぐしたりして筋肉を休ませること。 筋肉は激しいトレーニングをすると疲労が溜まってしまい、そのあとのパフォーマンスの精度が落ちてしまいます。 運気も同じで、「準備の年」は2020年からスタートする2年間の開運期に最高の状態で筋力(=実力や能力)を出し切るための調整期間。 焦らないことが大事です。 1年をかけて、これから自分の力を十分に発揮するためにはどうすれば良いのか、これまで努力した姿を上手に見せるには何をすべきなのかを考えていく時期だと思ってください。 そのためには日々の努力や勉強ももちろん必要ですが、準備や調整のため「人生を楽しむ」ことをテーマにして、自分を輝かせることを優先するといい年になるでしょう。 スポンサーリンク また、2019年はいろいろな人と交流を深め、自分の魅力を発揮できる場所を作るなどの根回しも必要で、それをするかしないかで2〜3年後の状況が大きく変わってきます。 運気的にも2019年の10月、12月あたりから不思議な縁がひろがりはじめ、これまでの人脈の中で旧友や懐かしい人とのつながりも出てきます。 しばらく会っていなかった人からいい情報を入手したり、素敵な縁を繋いでもらえることもあるので、同窓会に参加したり、懐かしい仲間を自ら集める会を主催してみるといいでしょう。 この時期はすでに次の「幸運の年」の運気の流れが入り込んできますから、些細なことは気にせず全力で行動を起こして人脈づくりに専念するように。 あなたの味方になってくれる協力者もどんどん集まってきますから、自分に足りないことや至らない部分はそれらが得意な人にお願いし、カバーしてもらえる方法を考えておくといいでしょう。 そして、何より大悦なのはいろいろな人と仲良くなることなので、サービス精神をフルに発揮させて自分も周りも楽しめるよう心がけること。 周囲から「面白い人ですね」と言われるよう、前向きに過ごせれば、2020年から始まる幸運の波がさらに大きくなるでしょう。 ただ、運気が良くなっている時期は、注意すべきこともあります。 金の時計は2018年から輝き始める運気に入っているため、その光によってくる虫のような人も現れます。 他のタイプならば、「何を都合のいい時だけ」とあしらえますが、金の時計は「自分でよければ何か手助けしましょうか」と、ついつい近づかない方がいい人にまで手を差し伸べて、自分の時間を使いすぎてしまうことが多いタイプ。 他人に優しいのはとてもいいことですが、都合のいい時だけ集まってくる人のなかには悪意ある人やあなたを利用しようとしているだけの人もいるので、周囲の評判や評価に耳を傾けることも必要。 「人としてどうなの」と思う人とは、一定の距離をおく割り切りも忘れないようにしてください。 もう1点、この時期は事故に遭いやすい運気もあるので、車やバイクの運転をするとき、自転車に乗るときはくれぐれも注意してください。 さらに、避けたほうがいいのは転職、引っ越し、大幅なイメチェンなどの大きな決断や変化をすることで、この時期に無理に何かを進めたり、決めたりしないように。 2018年の流れで仕方なくやらなくてはいけない場合の身、1月と2月までならギリギリ動いていいですが、その他の月は現状維持で、「どうしたら楽しめるか」を考えて過ごしていきましょう。 関連記事 金の時計の2019年の恋愛、結婚運の詳しい内容はこちら!.

次の

【2020年五星三心占い】金の羅針盤座は素直にチャレンジする心を大切に

金の時計2020年5月

五星三心が【金の時計座】の人の基本性格• 五星三心の中で最も親切でやさしい• 差別・区別をしないので幅広い人脈を持っている• 気持ちがブレやすい• 情にもろいため、好きになる相手は「かわいそうな人」が多い• マイペースな人に憧れを抱きやすい 五星三心の中で最もやさしい星の持ち主であり、人と壁をつくることが少ないタイプ。 年齢や立場に関係なく、 自由な発想で人間関係を築ける人です。 恋愛では自由な発想を持っているため出逢いのチャンスはありますが、交際期間が長すぎると迷い始めてしまうので、結婚するなら「この人だ!」という勢いや交際期間が短いほうが良いでしょう。 金の時計座の2020年運勢 2020年の全体運 「 幸運の年」では これまでの努力が報われますので、人脈や人間関係が整い、あなたの元に色々な人が集まり協力してもらえる一年になりそうです。 疎遠になっていたり縁が切れてしまった人とも、自然と繋がることもあるでしょう。 2020年は学んだり吸収するよりも、自分の力を出すことに集中したほうがいい時期です。 遠慮してしまうと幸運を逃してしまう場合があるので、褒められたり報酬を手にするときには素直に受け取りましょう。 2020年の恋愛運 2020年の上半期は、すでに出会っている人との縁が強くなりそうです。 気になっている相手がいる場合は年始頃に好意を伝えてみましょう。 2020年 下半期には運命の出会い運が始まるため、その時期初めて出会う人に注目してみると良い出会いがあるでしょう。 特に気になる相手が現れない場合、パーティーなど人が集まる所に積極的に参加してみましょう。 その際は派手な服装よりも、清楚さを心がけると運命的な出会いを引き寄せられそうです。 2020年の結婚運 結婚を決めるには最高の年です。 恋愛から結婚のスピードが最も速いタイプなので、2018年から交際しているカップルは年内に結婚が決まるなど、関係が順調に進みそうです。 結婚に縁のある人との出会いもあるのが下半期に入ってからなので、 人脈を広げる努力をしてみるといいでしょう。 恋人がいない人でも、2020~2021年は結婚へ話が進む可能性が高いので、2020年の出会いに注目してみましょう。 2020年の仕事運 2019年までは「転職したい」と考えた人も多かったと思いますが、2020年は思いのほか忙しくなったり求められることが増えるようになるでしょう。 実力を出し切り、人脈を使って 自分にできる限界まで挑戦してみることで、予想外の成果が出せるでしょう。 職場に不信感がある人は、秋以降に転職活動をすると良いでしょう。 厳しい結果になった人は、過去を振り返って真剣に取り組めば2020年末以降、立場や状況が大きく変わるでしょう。 他のタイプの2020年の運勢.

次の

金の時計2020年の運勢!これまでの努力が報われる年

金の時計2020年5月

運気の波を乗りこなす「金の時計」。 この記事は【金の時計】2020年の運勢を掲載しています。 令和2年になる2020年を金の時計の方はどのように過ごしていけばいいのか、指針にしていただけると幸いです。 金の時計2020年の運勢 人のために尽くしてきた「対価」を受け取れる幸せな1年間 遠慮せずに自分の個性や魅力、能力を全力でアピールして <幸運の年>はこれまでの努力が報われる年です。 特に、金の時計座にとって、人脈や人間関係が整い、あなたのもとに様々な人が集まり協力してもらえる1年間になるでしょう。 また、距離があいてしまった人や縁が切れてしまっていた人と、不思議と再びつながることもあるようです。 そのため、周囲の人に力をそそいできたり、人徳があったりする人ほど、大きな幸せやチャンスに恵まれる機会が増えます。 いい意味で忙しく、充実した時間を過ごせるでしょう。 2020年は学びや新たなことを吸収するよりも、自分の能力を発揮することに集中したほうがいい時期に入ります。 <幸運の年>の運を味方につけるには、まず目の前のことに全力で取り組むこと。 そこで自分の力を思い切り出して、実力を試してみることです。 周囲の様子をうかがって遠慮するのはやめてください。 金の時計座は<幸運の年>になっても、自分よりも他人のために時間を費やし、力をそそぎ過ぎてしまうことが多々あります。 報酬を受け取ったり、実力を評価されたりするのを避けてしまうこともありますが、今年は自分の頑張りを正しく認めてもらうことです。 そんな<幸運の年>にもっともしてはいけないのは「遠慮」です。 今年はあなた自身に注目が集まり、これまでの報酬を手にするときに「わたしは要らないですから、ほかの方に」と遠慮して譲ってしまうと、運はどんどん流れて逃げてしまい、いつまでも幸運を実感することができません。 欲張る必要はないですが「今年は認められてほめられる自分を受け入れよう」と決めておくこと。 その態度が周囲を安心させ、協力や手助けをしてもらえる機会が増えていくでしょう。 <幸運の年>といってもあなた自身で幸運を感じられるのは、運気が高まってくる後半の9月から年末になるので、前半は思ったほど運気のよさを感じられないかもしれません。 そのかわり、人との交流が頻繁になります。 前半のうちに人と会う時間をできるだけつくって自分の夢や希望を語ることで、あなたの将来に役立つ縁をつないでくれる人をかんたんに見つけられるでしょう。 このように、この時期はじっと待つだけで自然と幸せがやってくるわけではありません。 まず自分はなにを得て、どんなふうに幸せをつかみたいのかしっかり自覚して行動することが大事。 そのためには、2年前と4年前に立てた目標に自分がどれだけ近づいているか、いまいちど考え直してみるといいでしょう。 そして、自力で努力したり学び足りないことを補足したりするよりは、専門知識のある人やその道のプロを頼るようにしてください。 誰に協力してもらうべきか考えることも大事で、いい勉強になるでしょう。 また、金の時計座の最大の武器は人脈です。 ほかのタイプ以上に人とのつながりが強く他人のために行動し、ときには人に振りまわされて、自分の幸せを逃してしまった人もいるでしょう。 でも、今年はあなたに協力し手助けしたいという気持ちで慕ってくる人が多くなります。 年齢や立場を気にせず少し図々しくなったほうが、相手も「これまでの恩返しができる」と喜んでくれますから、「相手のため」と思って素直な気持ちでお願いごともしてみましょう。 特に、前半はこれまで築いてきた人脈が大いに役立つでしょう。 困ったり不安になったりしたときは、誰かに相談して知恵を借りれば、思わぬ情報を入手できそうです。 ただ、<幸運の年>は注目を集める年なだけに、あなたが必要とされる機会が増えることも。 思いのほか忙しくなってしまうので、すべきことの優先順位を間違えないよう心しておきましょう。 そして、過去にあなたを救ってくれた人が困りごとを抱えている様子があれば、あなたから積極的に手を差し伸べるようにしてください。 今後の運命を変えるために大事なのは、後半にある「新しい出会い」です。 10月と12月にはこれまで縁がなかったような人と出会ったり、仲良くなれたりする機会が巡ってきます。 昔の縁も大事ですが、いまの時期だけはあえて新しい人脈づくりに力をそそいでおくようにしましょう。 そうすることで、<開運の年>である2021年以降、あなたの今後にとって必要となる大切な人との出会いに恵まれるでしょう。 金の時計座は権力のある人や偉そうな人苦手とするところがありますが、いまだけは多少のことには目をつむり、いろいろな人に会い連絡先を交換しておいてください。 なかでも<解放の年>だった2018年の後半に重大な決断をして幸運をつかんだ人は、今年になると、さらに大きな幸せがやってくるはず。 ただ、<幸運の年>はこれまで積み重ねてきたことの度合いによって、手にできる幸せにも大きく差が開いてしまう年。 前半はその「積み重ねの答え」が出るということです。 つまり、良くも悪くもここでいったん過去が清算されることになります。 満足できる幸運を得られた場合はしっかり受け止めましょう。 一方、満足できない場合はこれまで正しい方向に努力していなかったのかもしれません。 そんな現状を打破するためには、後半に入った8月、10月、12月にこれまでのやり方や生活環境を思い切って変えて、軌道修正する必要があると覚えておいてください。 ただ、金の時計座にとってここでネックになるのは「人脈が切れない」ということ。 人脈が幸運につながるタイプですが、逆に足かせや不運の原因にもなってしまう人たちです。 10月になってもいい運気を感じられない場合は、これまでの縁をすべて断ち切ってでも環境を変える覚悟をすること。 そのとき、もっとも縁が切れにくくなるのが、あなたを振りまわす「親友という名の悪友」です。 10~11年前、または20~21年前の<乱気の年>と<裏運気の年>に出会っている友人の場合は、親しくしていても悪友の場合があるので心を鬼にしてでも縁を切るか離れるようにしてください。 また、今年は両親と離れて独立することも大事。 それぞれ家庭の事情はあるとは思いますが、社会に出たら、いちどは親もとから離れて生活することが本来の運気や才能を開花させることになると知っておいてください。 今年はできるだけ憧れの人や尊敬できる人、「将来あの人のようになりたい」と思い、ロールモデルにしている人の近くにいることも大切。 さらに、成功している人や幸せそうに暮らしている人の習慣や言葉の選び方、礼儀佐保などをじっくり観察して少しでも自分のものにする努力をすると運気の流れがよくなります。 ほかにも、上品な言葉使いを心がけるだけでも運命が好転しますから、その人の見習いた いと思うところはすすんで吸収するようにしましょう。 繰り返しになりますが、今年のうちに人間関係をキッチリ整理できるかどうかで、来年の<開運の年>に多くの影響が出てきます。 「友人と縁を切ってまで幸せになりたくない」と思うかもしれませんが、誰かを踏み台にするわけではありません。 運の順番であなたの努力の「対価」が巡ってくるだけなので、幸運を受け取ることに罪悪感を覚える必要はないのです。 今年と来年は人生のご褒美だと思って「自分を幸せにする人づきあい」を思い切り楽しむようにしましょう。 関連記事•

次の