上白石萌歌 ハッピーエンド。 上白石萌音おすすめの曲ランキングTOP10

i [初回限定盤][CD][+DVD]

上白石萌歌 ハッピーエンド

上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星とキャストを一新して再映画化。 』が公開し、全国に胸きゅんを届けています。 この度、公開を記念して、本作の主演を務め、主題歌も担当した上白石萌音さんと内澤崇仁(androp)さんによるアコースティックライブ付き舞台挨拶イベントが行われ、主題歌の「ハッピーエンド」を熱唱しました! 日時:3月28日(木) 会場:新宿バルト9 登壇:上白石萌音 内澤崇仁(androp) 温かい拍手に乗って上白石萌音さんが登場。 上白石さん;こんばんは!両隣と監督が居ないのはとっても違和感を感じておりますが・・・この後、内澤さん来てくれますし、生で歌えると言うことで、嬉しく思っています。 (反響を)結構頂いています。 有難い限りです。 SNSで小学生の息子さんと観てくれたお母さんが、お子さんに「僕葵ちゃんと住みたい!柊聖いいな~」って言ってくれたそうで、とっても嬉しいです。 と、SNSも含めて色々盛り上がっているそうです。 本作で、あちこちキャンペーンで各地をめぐって 上白石さん:総じて、ごはんがおいしかったですね。 特に博多の屋台。 店主のお父さんとお母さんと仲良くなりましたし、大阪の焼き肉屋さんではサラリーマンのおいちゃんと仲良くなりました!各地で仲良しが出来ました。 出身地の鹿児島にも凱旋した時に 上白石さん:登壇してすぐ、「お帰り!」って言われて、どーって涙が、、私にとっての初日は鹿児島かなと思ったぐらいです。 と、キャンペーンも楽しんだご様子。 ここで、andropの内澤崇仁さんが呼び込まれ、 上白石さん:デビューしたての7-8年前短編の主題歌をandropさんが手掛けて下さいました。 内澤さん:僕らもそれが初めての主題歌でした。 完成披露の時に楽屋で初めてお会いしました。 上白石さん:その後もLIVEに行かせて頂いたり、で2年前に、『ストーリーボード』という曲を提供していただきました。 6曲ぐらい作ってくださっていて、その中に今回の「ハッピーエンド」の元になる曲があったんです。 最後まで迷って、 内澤さん:仮歌も入れていたんだよね。 上白石さん:今回LDKの曲を歌わせていただけることになったので、バチンってこの曲をお願いしました。 内澤さん:当時も、ある程度形になっていたのですが、LDKの主題歌と言うことで、映画の思いとか初めてキスシーンもあると聞いていたんで、葵の多いも入れないと。 どんなやつとチューするんだ!と観てから歌詞を作りました。 映画を観て 内澤さん:ハラハラドキドキして観ているうちにキラキラを受け取りまして。 凄くいい映画でした。 上白石さん:3年焦がれた曲に、どうしてこんな乙女な歌詞がかけるのか。 大好きです。 内澤さん:最後に萌音さんが歌った時に、さらに映画が良くなることを考えて創りました。 と、力強く語る内澤さん。 ここで、「ハッピーエンド」を生で初披露することに、 上白石さん:緊張しましたね!!もう一回歌いたいですね。 本当に素敵な曲を創っていただいて、幸せです! この曲、4月5日から配信が決定! 最後に・・ 上白石さん;映画を観終わった後の彼らの未来が想像できるようなキラキラした作品。 エンドロールの最後の最後まで楽しんでいただけたらと思います。 コミックス累計発行部数は1088万部を突破し、愛され続ける超人気少 女コミック「L? DK」(講談社「別冊フレンド」刊)。 2014 年に実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」が その年のユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会的な現象を巻き起こしました。 DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。 』 公式HP: 公式Twitter: @loveldk #ドンしてキュンするLDK 【ストーリー】 高校3年生の西森葵(上白石萌音)には、学校のみんなには言えないある秘密があった。 それは学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野遥亮)とナイショで付き合って、さらには同居をしていること。 葵が柊聖の家で起こしてしまったボヤ騒ぎで、部屋をダメにしてしま い、柊聖はなんと葵の家で暮らすことに!最初はからかったり、ちょっかいばかりかけてくる嫌なやつ。

次の

上白石萌音おすすめの曲ランキングTOP10

上白石萌歌 ハッピーエンド

』の主題歌「ハッピーエンド」。 そこで今回、実は7年前まで遡るという2人の出会いから、映画を観た女子中高生たちをキュンキュンさせている「ハッピーエンド」の制作秘話まで、2人にたっぷりと語ってもらった。 私が14歳のときに初めて主演させていただいたショートームービーの主題歌をandropさんが担当してくださったんです。 内澤:「ニケとかたつむり」(2012年)っていう作品です。 上白石:くすぐったい(笑)。 内澤:andropにとっても、自分たちの楽曲を主題歌に起用していただくのは初めてのことでした。 andropさんは私がお仕事を始めてから、初めてお会いしたアーティストさんなんですよ。 なので、とにかくミーハーになってました(笑)。 ずっと曲を聴いていたから、内澤さんが喋る声を聞いたときに「わ! この声だ!」って思ったのを覚えてます。 でも、それを全然うまく伝えられず……。 お会いできてうれしいですとかも言えなくて、ただただ立ちすくんでいた記憶があります(苦笑)。 内澤:そのとき、妹の萌歌さんもいらっしゃって、「どっちがお姉ちゃん?」って聞いた記憶があります(笑)。 上白石:すごい覚えてます。 多分、それが唯一の会話(笑)。 内澤:そうでしたね(笑)。 上白石:その後、andropさんがライブで鹿児島にいらしたときに家族で観に行って。 内澤:そうそう。 僕らが初めて鹿児島でライブするってときにいらしてくれて。 ご両親から鹿児島の地酒をいただいて、一緒に記念写真を撮りました(笑)。 上白石:私も、鹿児島のライブは人生で初めてのライブハウスでした。 内澤:そうだったんですか!? 何か、ご縁がありますね(笑)。 上白石:本当ですね(笑)。 なので、私の中ではandropさんの存在はすごく大きくて、ショートームービーの主題歌だった「Merrow」という曲もいまだにずーっと聴いているくらい、常に大切な曲です。 あの曲を聴くと、あのころ純粋にお芝居が楽しくて、毎日新しいものばかりでキラキラしてっていうのがスッと戻ってくるんですよね。 もちろん、それ以降も楽曲は聴いていますし、ライブにも呼んでいただいたりして。 振り返ってみると、私の心がいつも潤っていたのは内澤さんの声によってだったかもしれないっていうくらい、ずっと聴いてました。 最近リリースされた「Koi」もずーっと楽屋で流してます。 内澤:ありがたい…。 上白石:本当いい曲ですよね。 すごい好きです。 内澤:ありがとうございます(照)。 』では、主題歌の「ハッピーエンド」でお二人がタッグを組まれることに。 これはどういう流れで決まったんですか? 上白石:実は、「ストーリーボード」のタイミングでいただいたデモの中に、この「ハッピーエンド」もあったんです。 内澤:そうでしたね。 そのときも、萌音さんが「ハッピーエンド」も好きですっていうふうにおっしゃってくださっていて。 僕もいつか形にしたいなって想いがすごくあったので、今回お話をいただいたときは「あ、やっとできる」と思って力が入りました。 本当、念願叶ってという感じで。 上白石:私も今回主題歌を歌わせていただくってなったときに、真っ先にこの曲のことが浮かんだんです。 ただ、あれから2年も経っているので、絶対に誰かの元にいってるんじゃないか、と。 あれだけいい曲だから、2年間も放っておくわけがないと思ったんですよ。 でも、聞いてみたら、歌えますって言われて。 萌音さんのために作った曲ですから。 上白石:いや〜ん(笑)。 すごくうれしいです。 とはいえ、当時はまだ映画のお話もなかったと思います。 今回は映画の主題歌になるということで、デモから変更した部分もあるんですか? 上白石:映画をご覧になって書いてくださったんですよね? 内澤:そうですね。 映画を観させていただいて、葵(上白石の役名)の気持ちに寄せつつ、でももともとは萌音さんのための曲なので、萌音さんの想いも乗せやすいものがいいなっていうふうには思っていました。 上白石:そうなんです! 何でですか? きょうはそれを知りたくて(笑)。 私は今回の曲を初めて聴いたとき、撮影中の葵としての気持ちを全部言い当てていただいたというか、「要するにこういうことです!」って思ったんです。 相手役の杉野(遥亮)さんは、「萌音ちゃんが書いたのかと思った。 それぐらい、どこをとっても葵っぽい」と言っていて。 私も本当にそう思いました。 なので……どうやって書いたんですか? 内澤:どうやってって……一生懸命書きました(笑)。 あと、今回は初めてのキスシーンがあるとおうかがいしていたので。 萌音さんが中学生のころを知ってる立場としては、ついにここまできたかという思いが半分、相手は一体どんな奴なんだっていうのが半分(笑)。 上白石:あはは。 でも、<魔法のキス>っていう歌詞も入ってて。 内澤:そうですね。 <ハンバーグ>というのも映画を観て入れた言葉ですし、<好きで好きで大好きなの>も葵に寄せた部分ですね。 デモのときはもう少し大人っぽい歌詞だったんですよ。 上白石:こういうことを日記とかに書いてそうですもん、葵は(笑)。 あと、音色とかアレンジも全然違いますよね。 内澤:そうですね。 イントロをつけたり、サビの広がりをもうちょっと華やかにしたりとかは、映画に合うように変えていきました。 それから、今回の曲のストリングスなんですけど、萌音さんのショートームービーのサントラを手掛けた岡村美央さんにお願いしたんです。 上白石:え? え? え? そうなんですか!? 内澤:そうなんです、実は。 萌音さんだから、岡村さんしかいないなって思って最初から決めてました。 上白石:何て言うことでしょう……。 (取材が)終わったらすぐにもう1回聴きます! ああ、何か本当にすごい……。 本当に感慨深いです。 「ストーリーボード」のときも、初めて聴いたときにそれまで味わったことがない感動があったんですけど、今回それと同じ感動があったんです。 身震いするようなあの感覚を2度も味わえたことがうれしいですし、特に「ハッピーエンド」は2年間ずっと思い続けた曲でもあるので。 あと、すごく思うのが、この「ハッピーエンド」は「ストーリーボード」と呼応しているような感じがするんです。 アンサーソングと言っていいのか分からないですけど、「ストーリーボード」が男の人目線で、それに答えているのが「ハッピーエンド」っていう。 内澤:そうなんですよ! この2曲はやっぱり生まれた時期も一緒だったりするので、僕も2曲をくっつけたいなと思っていて。 それで、「ストーリーボード」は男の目線、「ハッピーエンド」は女の子目線っていうのはどうかなっていうのがあったんですよね。 上白石:それを一番に思いました。 歌詞も結構リンクしてますし、それぞれのタイトルにある<ストーリー>とか<ハッピーエンド>とかも出てくるのが粋だなぁって(笑)。 だから、「ストーリーボード」の想いが、「ハッピーエンド」で結実しているというか。 いろんな意味で、まさにハッピーエンドだと思います。 インタビューは後編へ続きます(ザテレビジョン・取材・文=片貝久美子).

次の

i [初回限定盤][CD][+DVD]

上白石萌歌 ハッピーエンド

左:萌歌さん 右:萌音さん まず年齢ですが、姉の萌音さんと妹の萌歌さんは 2歳差のため、双子ではありません。 くりっとした目をしているのが妹・萌歌さん。 これから変わる可能性もあるので変動要素ではありますね。 きりっとしているのが妹・萌歌さん。 目もそうですが、萌歌さんの方がより濃い目でハンサムな顔という印象を持ちやすいかもしれません。 二人並んでも、足元こそ写っていないものの全ての写真で萌歌さんの方が身長が高いことが分かります。 ぱっと見、小柄な姉・萌音さんの方が妹っぽく感じますよね。 姉・上白石萌音のプロフィール 【生年月日】1998年1月27日 【出身地】鹿児島県 【身長】152cm 【趣味】読書/音楽を聴くこと/歌うこと・踊ること 【資格】英語検定2級/スペイン語検定6級 【デビュー】2011年:第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞受賞 【所属レーベル】ユニバーサルJ 姉の上白石萌音さんは、子供の頃から歌ったり踊ったりすることが好きだったそうで、お母さんの勧めで小1から鹿児島市内のミュージカルスクール「マリアミュージカルアカデミー」に通っていたそう。 中1の時、スクールの先生に勧められて受験した2011年の第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』で 審査員特別賞を受賞し、グランプリを受賞した妹・萌歌さんと共に東宝芸能へ所属しています。 萌音さんは2014年公開の映画 『舞妓はレディ』で800名超の中からオーディションで選ばれ、主人公の舞妓見習い・春子役で映画初主演を果たしましたが、 劇中歌での透明感のある歌声もかなり話題になりましたよね。 そんな姉・萌音さんの代表作は以下の通りです。 』宮水三葉 役 女優に限らず、声優や歌手としても活躍が目立つのは姉・萌音さんの方かもしれません。 上白石萌歌のプロフィール 妹・上白石萌歌のプロフィール 【生年月日】2000年2月28日 【出身地】鹿児島県 【身長】163cm 【学歴】大学 在学中 【趣味】歌唱、走ること、写真を撮ること、散歩、美術館めぐり 【デビュー】2011年:第7回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリ受賞 【所属レーベル】ソニー・ミュージックレコーズ 妹の萌歌さんは、小学5年生だった2011年、姉の萌音さんと同じく第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』に応募。 萌音さんは審査員特別賞でしたが、萌歌さんが史上最年少の10歳で44,120人の中から グランプリに選ばれ、同じく東宝芸能所属となりました。 同年、ファッション雑誌『ピチレモン』の専属モデルとして2011年9月号から活動をしています。 こうしてみると、妹である萌歌さんの方がショーレースには強いことが分かりますね。 最近では大ヒットした「3年A組」や「ぎぼむす」が記憶に新しいですよね。 上白石萌音・上白石萌歌、姉妹仲は良いの? 同業で年も近いということで、二人の関係性はどうなのかも気になるところ。 二人の姉妹仲の良さについては、妹・萌歌さんのインスタグラムから垣間見ることができました。 幼少期の姉妹の写真付きですが、ハーフっぽい顔つきですでに出来上がってますね。 全世界の、全妹のなかでわたしが1番幸せだ!いつもありがとう」と、姉の萌音さんに感謝を述べています。 お姉さんが大好きなことが伝わってくる文章ですよね。 上白石萌音・萌歌姉妹、人気の違いはある? 仲良しでそっくりな上白石姉妹ですが、見慣れてくると顔のタイプは少し違うことが分かります。 最初見分けつかないくらい似てる気がしてたけど見慣れると意外と顔違うな……。 多分名前が似てるから混乱するんだ……。 今後姉妹共演も増えれば、見分けがつくようになる方も増えるかもしれませんね!.

次の