ご教示のほどよろしくお願いいたします。 「ご多用(たよう)中とは存じますが」とは?意味と使い方を知る

「ご教示願います」は上司に使える敬語?意味と例文、「ご教授」との違いを解説!

ご教示のほどよろしくお願いいたします

この記事の目次• なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご教示の意味は「教え示すこと」 ご教示の意味は「知識や方法などを教え示すこと」 「ご教示」はビジネスメールで使われることがほとんどで、会話ではもっとシンプルな表現「教えて頂きたいのですが…」「教えていただけますか?」などを使います。 ご教示のほど〜意味は「教えてくれるように・教えてもらうように」 「ご教示のほど〜」の意味は「教えてくれるように〜」あるいは「教えてもらうように〜」 「のほど」にはとくに深い意味はありません。 また「ご教示」のもとになる単語は「教示」であり、尊敬語なのか謙譲語なのかイマイチはっきりとしない「ご」をつかって敬語にしています。 「(自分が相手に)教えてもらうよう」と考えるのであれば 謙譲語の「ご」• 「(相手が自分に)教えてくれるよう」と考えるのであれば 尊敬語の「ご」 となります。 「ご教示の程」というように漢字を用いてもOKですし、「ご教示のほど」と平仮名にしてもOK。 ご教示の程〜の「のほど」ってどんな意味? ここで「ご教示の程」の「のほど」は限定を避ける言い方で、とくに深い意味はありません。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 「〜のほど」はたとえば、• ご査収のほどお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取るよう、お願い」• お取り計らいのほどお願い申し上げます 意味「物事をうまく進めてくれるよう、お願い」• ご検討のほどお願い申し上げます 意味「検討してくれるよう、お願い」• ご了承のほどお願い申し上げます 意味「了解してくれるよう、お願い」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 「お願い致します」は「よろしくお願い致します」「お願いいたします」としてもOKですし、「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」を使い「何卒よろしくお願い致します」としても丁寧。 あるいは同じ意味の「お願い申し上げます」とも言い換えできます。 ご教示の程よろしくお願い致します の意味は「教えてくれるよう、お願いします」• ご教示 = 教えること• のほど = 「〜してもらうよう」あるいは「〜してくれるよう」の意味• すると「ご教示の程よろしくお願い致します」の意味は… 「教えてくれるよう、お願いします」 「教えてもらうよう、お願いします」 のように解釈できます。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ただし謙譲語にも「お・ご」を使い始めると文章が「お・ご」だらけになって読みにくくなります。 文章のバランスを考えて使い分けしましょう。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 ご教示の程よろしくお願い致します の使い方 つづいて「ご教示の程よろしくお願い致します」の使い方について。 おもに問い合わせのビジネスメール結び締めに使うフレーズであり、決まりきった使い方のみ。 使い方「問い合わせビジネスメール結び締め」 「ご教示の程よろしくお願い致します」の使い方 おもに問い合わせや質問をともなうビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「ご教示の程よろしくお願い致します」• 例文「ご教示のほど何卒よろしくお願い申し上げます」• 例文「ご教示のほど何卒よろしくお願い致します」 のようにして質問すると丁寧です。 具体的にはたとえば、就職活動で企業に問い合わせするビジネスメールのとき。 -ビジネスメール例文- このたびは今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示のほど何卒宜しくお願い致します。 みたいにメール結びとして使えます。 まぁ、ようするに「教えてね!よろしく」という意味なのです。 「ご教示のほどお願い申し上げます」としても丁寧 ところでビジネスシーンでは、 「ご教示の程よろしくお願い致します」としても丁寧ではありますが… 「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご教示のほど 何卒よろしくお願い致します」 あるいは「お願い致します」とおなじ意味の「お願い申し上げます」をつかい、 「ご教示のほど 何卒 よろしく お願い申し上げます」としても丁寧です。 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! ビジネスメールの結び締めをより丁寧にするためのコツ。 「ご教示の程よろしくお願い申し上げます」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご教示の程〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご教示の程〜」 「たびたび恐縮ではございますがご教示の程〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご教示の程〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご教示の程〜」 「たびたび恐れ入りますがご教示の程〜」• お手数=お手間 「大変お手数ではございますがご教示の程〜」 「お忙しいところお手数お掛けしますがご教示の程〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご教示の程〜」• 不躾な質問とは存じますが=失礼な質問とは思うのですけど 「不躾な質問とは存じますがご教示の程〜」 「ご教示ください」でもOKだけど…もう少し丁寧に! 「ご教示ください」とする人も中にはいますが…私はオススメしません。 「〜してください」は「〜してくれ」の尊敬語「くださる」の命令形であるため敬語としてはOK。 目下のヒトにたいする言葉づかいや、社内あてのメールであれば問題ありません。 ですが「〜してください」は結局のところ命令形であるため、どうしても強い表現です。 もっと丁寧なフレーズがあるのですからそちらを使うのが無難。 とくに目上のヒトや取引先に何かをお願いするときには相手への気づかいが必要です。 【参考】 「ご教示」「ご教授」の意味と違い 「ご教示」と似たようなフレーズには「ご教授」があります。 これって何が違うのでしょうか? それぞれの基本となる意味をまとめると、• 「ご教示」の意味:(何かを)教え、示すこと• 「ご教授」の意味:(学問など専門的なことを)伝え、教えること となりますので、教えることの内容によって「ご教示」と「ご教授」とを使い分けます。 たとえば、• 敬語の使い方を専門的に教えてほしい時には「ご教授ください」• 東京駅までの行き方を尋ねたければ「ご教示ください」 を使えばいいということになります。 ビジネスメールでよく使われるのは 「ご教示」の方ですね。 これはビジネスシーンで知りたい内容が芸術や学問ではないためです。 ちなみに「ご教示」はビジネスメールで使われることがほとんどで、会話ではもっとシンプルな表現「教えて頂きたいのですが…」「教えていただけますか?」などを使います。 いっぽうで学生が先生に質問するのであれば 「ご教授」を使うのが正しい、ということになります。 ご教示のほど・くださいますよう・頂きますよう・ご教示いただければ幸いです の違い ところで「ご教示」の使い方というか続くフレーズには、 「ご教示 くださいますようお願い致します」 「ご教示 のほどお願い致します」 「ご教示 頂きますようお願い致します」 「ご教示 いただければ幸いです」 というように主に4つあります。 これって何が違うのでしょうか? 「ご教示 いただければ幸いです」 の意味は 「教えて もらえたら嬉しいなぁ・幸せだなぁ」 となり「ご教示くださる」なのか「ご教示いただく」なのか「ご教示のほど」なのか「ご教示いただければ〜」なのかでニュアンスが違います。 どれを使っても丁寧ではありますが使い分けについても考えてみます。 もっとも丁寧なのは「ご教示いただければ幸いです」 いろいろと考えてはみましたがこれまで示した例文はどれも丁寧であり、使い分けする必要性はありません。 強いて言うのであれば「ご教示いただければ幸いです」がもっとも丁寧なお願い・依頼のフレーズ。 これまでと同じようにビジネスメール結び締めとして使います。 以下の例文をご参考にどうぞ。 例文「ご教示いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い致します」• 例文「ご教示いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い致します」• 例文「お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご教示いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い致します」 ビジネスメールによく使うのは「ご教示のほど」 「ご教示いただければ幸いです」がもっとも丁寧なフレーズではありますが… ビジネスメールでもっともよく使われるのは「ご教示のほどお願い申し上げます」「ご教示のほどお願い致します」です。 親しい取引先や上司・社内の目上などに対する普段のビジネスメールで、無駄にかしこまった敬語フレーズを使う必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分けは難しい せっかくですので「ご教示いただきますようお願い」「ご教示のほどお願い」の違いを考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 で結論としては使う語によって「くださる」がよいのか「いただく」がよいのか、相性がありなんとも言えません。 結び・締めに使うフレーズとしては「くださいますよう」のほうが一般的で、お礼に使うフレーズとしては「いただきありがとう」を使うのが一般的です。 ただし本来であればどれも丁寧な敬語であり、使い分けする必要はありません。 ご教示の程よろしくお願い致しますのビジネスメール さいごに「ご教示の程よろしくお願い致します」を使ったビジネスメールや文書の例文を紹介します。 私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。 この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示のほど何卒宜しくお願いいたします。 メール署名 【補足】 1 恐れ入りますが=恐れ入る+丁寧語「ます」で「すみませんが…」の意味。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。 参考となる書き方:• 突然のご連絡、大変失礼をいたします。 株式会社就活・開発担当の就活と申します。 この度は貴社ホームページを拝見し、連絡を致しました。 さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。 お忙しい中恐れ入りますが、 ご教示のほど何卒よろしくお願い致します。 メール署名 【補足】 1 恐れ入りますが=恐れ入る+丁寧語「ます」で「すみませんが…」の意味。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。

次の

Foobar2000 で音が出ない

ご教示のほどよろしくお願いいたします

「ご教示ください」の意味は「知識や方法を教えてください」 ご教示」は、「 ごきょうじ」と読みます。 「ご教示ください」は 「教示」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」、「くれ」の尊敬語である「ください」をつけた言葉です。 「教示」は「 知識や方法などを教え示すこと」を意味しています。 「ご教示ください」は相手に敬意を示す表現のである「ご」に、「ください」という尊敬語 「がついている言葉なので、「相手に教わりたい」という場面で使用される言葉です。 例えば、ビジネスシーンなどのかしこまった場面で、やり方がわからないというときに質問したり、対処の方法について尋ねる場合など「知識や方法などを教えてください」という意味で使われます。 また、「ご教示」は「指示を仰ぎたい」というような アドバイスを求める場合にも使う言葉です。 例文 「何かお気づきの点があればご教示のほどよろしくお願いいたします」 「お忙しいところ申し訳ありませんが、請求書の作成方法についてご教示いただきたく存じます」 「お時間のあるときにぜひお目にかかりご教示いただければ幸いです」 「今後の売上向上に向けて改善点があればご教示いただけますでしょうか」 「ご教授ください」の意味は「学問・技術・技能などを教えてください」 「ご教授ください」は、「 ごきょうじゅください」と読みます。 「ご教授」は、 「教授」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」をつけ、「くれ」の尊敬語である「ください」をつけた言葉です。 「教授」の意味は、 学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用のことです。 また、 大学、高等専門学校などの教育機関で、専門の学術、技芸を研究し教える人、その官名または職名という意味もあります。 「ご教授ください」は、「 専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用され、 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 例えば、楽器やスポーツなどの習い事に関する場面などです。 「ご教授」は、短時間でさっと教えられるような内容に使うものではない為、例えばメールなどで、「ご教授いただきたいのですが」と軽く質問してしまうと失礼にあたる場合があるで、 メールや文章で使用する場合は注意が必要です。 例文 「この道を極めたいならプロのご教授を願うべきたど考えました」 「一人暮らしを始めるので私に料理の基礎をご教授いただけませんか?」 「これからも末永くご教授願いたく存じます」 「先生方のお陰で、上位入賞という目標を果たせました。 今後ともご教授賜りますようお願いいたします」.

次の

「ご教示ください」の例文・意味と使い方・読み方・返信方法・類語

ご教示のほどよろしくお願いいたします

[スポンサードリンク] 基礎 意味 — 「あなたは今忙しい状況だと思われるが、」を丁寧に表現した敬語。 「あなたは今忙しい状況だと思われるが、」を丁寧に表現した敬語。 ビジネスの場面で相手に何かお願いをする時に「ご多用中とは存じますが、何卒よろしくお願いします。 」と表現して使われる決まり文句。 ご多用:お忙しい、ご多忙 存じますが:思われますが、思いますが 上手に使うには — 要望を出す時の最後に使う。 「貴方様は今お忙しいのだろうけれど、どうか私の要望を聞き入れてください。 お願いします。 」を簡潔に表現した敬語です。 「ご多忙とは存じますが」と同じ意味合いで使われます。 仕事でメールや電話を通じて、取引先や外注先、お客様に対して使う機会の多い表現です。 この表現を使うことで、「こちらでお願いをしたけれど、あなたが忙しい中にも関わらず無神経にしたわけではありません。 」という意思が相手に伝わるので、少しでも人間関係でトラブルを抑えるために使われます。 また相手がそんなに忙しくないことが明らかに分かっていても、あえて使われる表現です。 それだけ相手にお願いをするための表現として、無難に使えるからです。 基本的な表現として、「ご多用中とは存じますが、よろしくお願いします。 」であり、様々なパターンとして、「ご多用のところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。 」、「ご多用のことと存じますが、何卒よろしくお願いします。 」などがあります。 表現する際の注意点は、「ご多用中のところ」と言ってしまうことです。 「中」と「ところ」では同じ「状況」を意味するので、2回表現してしまっています。 「ご多用中とは」、もしくは「ご多用のところ」のいずれかで表現するようにしてください。 使い方/例文 「ご多用中とは存じますが、」でお願いする時に 11月の上旬頃にお会いすることは可能でしょうか?どうしても直接お話しないといけない要件がございます。 ご多用中とは存じますが、よろしくお願いします。 到着次第、ご確認くださいませ。 ご多用中とは存じますが、何卒よろしくお願い致します。 今月末にビジネスの基礎についてのセミナーを、2階会議室にて開催します。 社外の方からのご参加も受け付けております。 ご多用中とは存じますが、奮ってご参加くださいませ。 今月の会議の内容についての打ち合わせをそろそろしたいと思っております。 昨夜の件でご多用中とは存じますが、ご検討のほどよろしくお願いします。 「ご多用のところ」でお願いする時に 少し疑問に思う点があったため、先日メールをお送りしました。 ご多用のところ恐れ入ります。 よろしくお願い致します。 こちらで注文した数と実際に届いた品の数が一致しておりません。 ご多用のところ大変恐縮ですが、ご確認の程宜しくお願いいたします。 先日頂いた資料について分からないところがあり、問い合わせをさせて頂きました。 ご多用のところ、大変申し訳ありません。 よろしくお願いします。 「ご多用のことと存じますが」でお願いする時に 諸事ご多用のことと存じますが、何卒ご承引くださいますようよろしくお願い申し上げます。 突然ですが、明後日に飲み会を開くことになりました。 各位ご多用のことと存じますが、ご検討のほど、よろしくお願い致します。 お返事いただけますことお待ち致しております。 ご多用のことと思いますが、宜しくお願い致します。

次の